移行するドメイン名と予定日

Top PDF 移行するドメイン名と予定日:

gtld ドメイン名移行の手順 Step1 移行可能なドメイン名であるかを確認します 移行可能なドメイン名.com.net.org.biz.info 等 Step2 現在の事業者にドメイン情報を確認します お申し込みの前に 現在ご契約の事業者に以下の内容をご確認ください の部分を 現在の事業者にお伝

gtld ドメイン名移行の手順 Step1 移行可能なドメイン名であるかを確認します 移行可能なドメイン名.com.net.org.biz.info 等 Step2 現在の事業者にドメイン情報を確認します お申し込みの前に 現在ご契約の事業者に以下の内容をご確認ください の部分を 現在の事業者にお伝

電話は、お申し込みいただいた So-net のユーザーID の連絡先にさせていただきます。 お申し込みから 1 か月経過してもご連絡がとれない場合には、お申し込みをキャンセルさせていただきます ので ご了承ください。 申込書でドメインの「So-net への移行」をお申し込みいただいた場合、So-net カスタマーサポートからドメイン 情 報(AuthInfo/AuthCode/レジストリキーなど)の確認の電話をさせていただく場合があります。 電話は、お 申し込みいただいた So-net のユーザーID の連絡先にさせていただきます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

nifty.com ドメイン名 /DNS の移行につきまして ( ビジネスメール ) 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

nifty.com ドメイン名 /DNS の移行につきまして ( ビジネスメール ) 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社

2018年10月10(水)から、2019年2月28(木)までの間、旧ドメイン「nifty.com」 ドメイン「nifcloud.com」は並行して稼働しております。この期間中に、必要な設定 をご確認のうえ移行が完了出来るよう、お願いいたします。 並行稼働ののち、 2019年3月1(金)をもちまして、旧ドメインの稼働環境を停止する予 定です。この期間中に設定変更が正しく完了出来ない場合、メールの送受信や、お客様ホーム ページがご利用いただけなくなる可能性がありますので、十分にご注意ください。
さらに見せる

17 さらに読み込む

目次 1. はじめに 2 2. ドメイン名の移行に伴う変更箇所について 3 3. スケジュールについて 4 4.DNS サーバー /DNS レコードの設定要否について 5 5. ドメイン名 DNS サーバーの管理元を確認する方法について 6 6.DNS サーバーの設定 7 7.DNS レコードの設定

目次 1. はじめに 2 2. ドメイン名の移行に伴う変更箇所について 3 3. スケジュールについて 4 4.DNS サーバー /DNS レコードの設定要否について 5 5. ドメイン名 DNS サーバーの管理元を確認する方法について 6 6.DNS サーバーの設定 7 7.DNS レコードの設定

2018年10月10(水)から、2019年2月28(木)までの間、旧ドメイン「nifty.com」 ドメイン「nifcloud.com」は並行して稼働しております。この期間中に、必要な設定 をご確認のうえ移行が完了出来るよう、お願いいたします。 並行稼働ののち、 2019年3月1(金)をもちまして、旧ドメインの稼働環境を停止する予 定です。この期間中に設定変更が出来ない場合、メールの送受信や、お客様ホームページがご 利用いただけなくなる可能性がありますので、十分にご注意ください。
さらに見せる

18 さらに読み込む

はじめにご確認ください 現在自社ドメイン ( 独自ドメイン ) を KDDI ビジネスメール およびお客さま用意の DNS でご利用のお客さまが Office 365 with KDDI: Exchange Online に移行される場合 ドメイン所有権確認のため お客さま用意の DNS にレコード

はじめにご確認ください 現在自社ドメイン ( 独自ドメイン ) を KDDI ビジネスメール およびお客さま用意の DNS でご利用のお客さまが Office 365 with KDDI: Exchange Online に移行される場合 ドメイン所有権確認のため お客さま用意の DNS にレコード

「 Office 365 with KDDI: Exchange Online 」 初期セットアップ ⑥継続利用する「お客さまのドメイン」を入力し「次へ」を選択。 ⑦ TXTレコード が表示されるのでその情報をテキストなどにコピーし、 自社用意のDNSにレコードを追記してください。

23 さらに読み込む

ドメイン名登録申請書

ドメイン名登録申請書

➡ http://www.internic.net/whois.html ご希望のドメイン(例:IIJ.COM)を入力、ラジオボタンの「Domain」を選択後、 「Submit」をクリックします。検索結果として「No match」または「Not found」 表示された場合は、そのドメインを登録できる可能性があります。 ◦第1希望のドメイン: . COM / . NET / . ORG / . BIZ / . INFO / . TOKYO ◦第2希望のドメイン: . COM / . NET / . ORG / . BIZ / . INFO / . TOKYO ◦第3希望のドメイン: . COM / . NET / . ORG / . BIZ / . INFO / . TOKYO ●既に登録済みのドメインのレジストラトランスファー・指定事業者変更(移行) ・ドメイン移転を希望する場合は、以下にご記入ください。
さらに見せる

9 さらに読み込む

お客さまが独自ドメイン名をご利用の場合 お客さまでドメインの所有権確認を所定の日数内に実施いただく必要があります ( ドメイン名取得代行 維持管理サービスをご利用の場合を除く ) また ご利用予定の DNS にて G Suite の設定が可能か ご確認の上お申し込みください お客さまが独自ドメインを

お客さまが独自ドメイン名をご利用の場合 お客さまでドメインの所有権確認を所定の日数内に実施いただく必要があります ( ドメイン名取得代行 維持管理サービスをご利用の場合を除く ) また ご利用予定の DNS にて G Suite の設定が可能か ご確認の上お申し込みください お客さまが独自ドメインを

※DNS サーバの切り替えは、「G Suite」の開通以降なりますので、あらかじめご了承く ださい。なお、設定可能なレコード数の最大値は、1 ゾーンに対して 300 レコードまで なります。301 以上のレコードは登録できません。 ※TTL 値はサーバ切り替えのための変更時など、特別な場合を除き、極力設定はお控えくだ さい。また、切り替えが終了しましたら、もとの値(86,400)に戻していただけますようお願 いします。短いままです DNS サーバに負荷がかかり応答に影響する場合があります。 ・DNS のレコード設定内容につきましては、お客さまにて十分ご確認の上ご設定ください。万
さらに見せる

10 さらに読み込む

Windows Server 2008/2008 R2 Active Directory環境へのドメイン移行の考え方

Windows Server 2008/2008 R2 Active Directory環境へのドメイン移行の考え方

※Windows Server 2008/2008 R2のライセンスにはダウングレード権が付属しており、 Windows Server 2003のライセンスとしても使用できます。 ※富士通PRIMERGYではWindows Server® 2008 R2ダウングレードサービス付き製品を期間 限定で提供しています。新しいDC用のサーバとしてPRIMERGYを採用する場合、

26 さらに読み込む

Windows Server 2012/2012 R2 Active Directory環境へのドメイン移行の考え方

Windows Server 2012/2012 R2 Active Directory環境へのドメイン移行の考え方

※ ADMT(Active Directory移行ツール)は、既存ドメイン環境からWindows Server 2012/2012 R2 Active Directoryへの移行を簡単、 安全、かつ高速に実現するツールです。 ※ 2017年6月、ADMTは開発が終了し、マイクロソフト社によるサポートは限定的な提供なることがアナウンスされました。そのため、 ADMTを使用した移行方法は推奨いたしません。詳細は次の情報をご参照ください。

26 さらに読み込む

ドメイン名に関する各種統計資料

ドメイン名に関する各種統計資料

378 1 ドメイン関連統計資料 1-1 gTLDレジストラ間のマーケットシェア状況 現在のレジストリ・レジストラモデルは、1999 年 4 月にICANNが共有レジストリシステ ム(Shared Registry System: SRS)でのテストベッドレジストラ 5 社を選定したことに始 まり、その後本格運用に入ったのであるが、ICANNが認定するレジストラの数は年々増加 しており、2009 年 2 月 10 現在では 959 社に上っている 1 。(そのうち、日本国内のレジ

50 さらに読み込む

日本語ドメイン名運用ガイド

日本語ドメイン名運用ガイド

named.conf ゾーンファイルを正しく設定し、DNS サーバを起動させたら、その動作を確認 します。ここでは、dig、nslookup コマンドを利用した確認方法を例しています。 dig の確認方法の例: % dig @ns1.example.jp xn--eckwd4c7c777u7mwo4bc84j.jp ; <<>> DiG 9.2.1 <<>> xn--eckwd4c7c777u7mwo4bc84j.jp ;; global options: printcmd

11 さらに読み込む

いまさら聞けない日本語ドメイン名

いまさら聞けない日本語ドメイン名

• bizの日本語ドメイン – 登録可能文字はjp同じ(jpの仕様を流用) • com / netの日本語ドメイン – 登録可能文字の明確な規定がない(みたい) – 漢字、ひらがな、カタカナは登録可

15 さらに読み込む

登録情報の不正書き換えによるドメイン名ハイジャックとその対策について

登録情報の不正書き換えによるドメイン名ハイジャックとその対策について

直接の攻撃対象している • 特定の閲覧者に対し、マルウェアの配布を図る – 不正書き換えの 隠蔽 を図っている • ネームサーバー情報の全部ではなく一部のみを書き換え • 1~2程度で元の登録情報に巻き戻し

21 さらに読み込む

ドメイン名の登録方針に関する動向

ドメイン名の登録方針に関する動向

また、ADNDRCのWebサイトには「Procedures for Inclusion on the Asian Domain Name Dispute Resolution Centre Administrative Panel 45 」というページがあり、パネリスト候 補者の評価システムが存在することが分かる。これは、他の 2 機関では見当たらないため、 ADNDRCの特徴の 1 つと言えるだろう。このパネリスト評価システムは、UDRP、UDRP Rules、ADNDRCの補則に則りドメイン紛争処理を行うための最低限の基準を定め維持 することや、ドメイン紛争処理に携わる専門家としての質の維持、向上等を目的として いる。パネリスト候補者なるための要件は、仲裁や知的財産に関する経験やIT関連の知 識といった裁定を行うにあたり最低限必要なるであろう経験、知見のみならず、年齢が 75 歳以下であることや、ADNDRC Panel Selection Committeeが認定する 1 セミナーに
さらに見せる

146 さらに読み込む

DNS Update ~ドメイン名全般~

DNS Update ~ドメイン名全般~

• 2018年10月30に追加議論が必要された点について初期報告書 の補足事項を公開、12月12までコメント受付中 – https://www.icann.org/public-comments/new-gtld-subsequent-procedures-supp-initial-2018-10-30-en • 最終報告書は2019年第3四半期公開予定

22 さらに読み込む

JPドメイン名の登録管理業務について

JPドメイン名の登録管理業務について

JP ドメインにおけるレジストリの役割 JP ドメインのレジストリである JPRS の主な役割には次のようなものがあり、JP ドメ インの登録管理業務における収入で運用しています。 なお、社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)が行う JP ドメイン 紛争処理方針(JP-DRP)の策定データエスクロー(後述)の統括は、JPRS がレジスト リとしての役割を果たす上での前提なるものであり、これらもまた JP ドメインの登録 管理業務における収入の一部により運用されています。
さらに見せる

13 さらに読み込む

6 仕様書 5 5(5)4 定住促進サイトを作成とあるが ドメインは別ドメインの利用と考えていいか ドメインについては 町ホームページと同じドメイン また別ドメインのどちらを提案していただいても結構です 別ドメインを利用する場合のサイト構成のイメージや職員による更新作業が可能な範囲についてご説明をお

6 仕様書 5 5(5)4 定住促進サイトを作成とあるが ドメインは別ドメインの利用と考えていいか ドメインについては 町ホームページと同じドメイン また別ドメインのどちらを提案していただいても結構です 別ドメインを利用する場合のサイト構成のイメージや職員による更新作業が可能な範囲についてご説明をお

14 仕様書 8 6(2)① 集中的なアクセスにも耐えられる構成あるが、現 行サイトにおいて、平均アクセス数最も集中的な アクセスがあった時のアクセス数はどれくらいか。 アクセス数については、月毎にとっておりますの で、アクセス数については、それをご参照ください。 最も集中的なアクセスについては日毎のアクセス 数管理をしておりませんので把握できていません。

5 さらに読み込む

cctld の概要と動向 2003 年 12 月 3 日 Internet Week 2003 ドメイン名に関する最新動向 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター是枝祐 Copyright 2003 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター 2003 年 12 月 3 日

cctld の概要と動向 2003 年 12 月 3 日 Internet Week 2003 ドメイン名に関する最新動向 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター是枝祐 Copyright 2003 社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター 2003 年 12 月 3 日

契約関係の有無が存在する理由 • ICANN設立以前は、IANAccTLD管理者の間には明確な 契約関係は存在していなかった。 • しかしながら、インターネットの安定的な運用を行うためには、 グローバルにつながったインターネットの一員として ccTLD運 用管理組織においても、レジストリとして安定・公平・中立に運 営されることがますます強く求められるようになった。

14 さらに読み込む

(8) その他本業務に必要な作業 5 稼働スケジュール平成 31 年 1 月 1 日から稼働する予定とする 年度途中での稼働となるため 安定且つ安全に移行できるスケジュールを提案すること 6 システム化の基本方針 (1)Web 型システム Web 技術により構築されたシステムの仕様を基本とする なお

(8) その他本業務に必要な作業 5 稼働スケジュール平成 31 年 1 月 1 日から稼働する予定とする 年度途中での稼働となるため 安定且つ安全に移行できるスケジュールを提案すること 6 システム化の基本方針 (1)Web 型システム Web 技術により構築されたシステムの仕様を基本とする なお

③OS のライセンスは本市が保有するライセンスを使用する(ただし、OS が Windows® Server 2012R2 又は Windows® Server 2016 の場合に限る) 。この 場合、OS のインストールは本市が実施する。 また、WindowsServer2016CAL、OracleDatabaseStandardEditionOne につ いては本市で保有するライセンスを用いる。

12 さらに読み込む

DNS Abuseと、DNS運用者がすべきこと ~ ドメイン名ハイジャックを知ることで、DNSをもっと安全に ~

DNS Abuseと、DNS運用者がすべきこと ~ ドメイン名ハイジャックを知ることで、DNSをもっと安全に ~

閲覧者へのマルウェア の注入 nikkei.com、 st-hatena.comなど 登録情報の 不正書き換え 日本国内における事例、 攻撃の隠蔽を図った 事例③:Fox-IT (2017年) アカウント情報の不正 入手 fox-it.com 登録情報の 不正書き換え サーバー証明書の不正発行 ・不正使用にドメイン ハイジャックを利用

37 さらに読み込む

移行についての概要 ジャーナルの移行はどのように進みますか? 2 つのシステムが共存するのですか? 新プラットフォームへのジャーナルコンテンツの移行は 2 段階で行われます 1 回目は 2016 年 11 月 14 日 ( 月 ) で 2 回目は 11 月 30 日 ( 水 ) を予定しています つ

移行についての概要 ジャーナルの移行はどのように進みますか? 2 つのシステムが共存するのですか? 新プラットフォームへのジャーナルコンテンツの移行は 2 段階で行われます 1 回目は 2016 年 11 月 14 日 ( 月 ) で 2 回目は 11 月 30 日 ( 水 ) を予定しています つ

お客様側で Shibboleth への移行に関するお手続きは必要ありませんが、Shibboleth 認証情報の特 定のためにご連絡させていただく場合もございます。 Oxford Academic Account ジャーナルコンテンツの新プラットフォームへの移行の一環として、現行の「My Account」も新 プラットフォームに移行されます。このプロセスにより、「My Account」から「Oxford Academic Account」へ名称が変更されます。

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...