的確な情報開示を行い、経営の透明性を確保し

Top PDF 的確な情報開示を行い、経営の透明性を確保し:

原則 3-1 情報開示の充実 (1) 当社は 企業ビジョンを制定し公表しております 詳細は 当社ホームページに掲載しておりますので ご参照ください (2) 当社は 経営環境の激しい変化に対応すべく 経営の効率化 意思決定の迅速化や経営の透明性の確保が必要不可欠であると考えております そのため コーポ

原則 3-1 情報開示の充実 (1) 当社は 企業ビジョンを制定し公表しております 詳細は 当社ホームページに掲載しておりますので ご参照ください (2) 当社は 経営環境の激しい変化に対応すべく 経営の効率化 意思決定の迅速化や経営の透明性の確保が必要不可欠であると考えております そのため コーポ

1.業務執行、監査・監督について 取締役会は、取締役9名(うち社外取締役2名)によって構成され、原則として毎月1回開催、法令、定款、取締役会規程に定める取締役会付議 事項審議、重要業務執行決定行うとともに、取締役職務執行監督ております。また、取締役経営意思決定機能と業務執行機能 強化図るため、執行役員制度導入、取締役9名、執行役員14名(うち取締役5名が兼務)が就任ております。執行役員は、取締役会にお いて業務執行状況報告、確認、各カンパニーマネジメント会議等を通じて取締役会決定事項効率的かつ効果的に執行ております。 毎月取締役会開催他、取締役・監査役・執行役員が出席する年2回経営会議開催ております。社外取締役2名は東京証券取引所 定める独立要件満たしており、2名とも東京証券取引所定める独立役員として届出ております。さらに経営監視する体制充実させていくこ とが重要であると考え、経営に関する意思決定透明確保、取締役会によって恣意的判断がなされること防止するために、社外役員会 設置ております。社外役員会は公正で中立的判断可能とするため、社長、経営管理担当取締役ほか、社外取締役2名及び社外常勤監 査役1名取締役会決議により選任ております。取締役業務執行については、監査役会定めにより監査役監査対象とております。 監査役監査は、取締役会およびその他重要会議へ出席、重要書類閲覧、本支店・工場へ往査、内部監査室および会計監査人と連 携等活動行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

経営理念 安全の確保が社業の基盤 よいサービスと商品を社会に適正な価格で安定的に供給 取引先のニーズに迅速 的確に対応 社会的要請へ適応し環境に十分配慮 株主 そして役職員へのリターン充実を目指し企業価値向上を志向 行動憲章 経営理念 を実現する具体策としてこの 行動憲章 を定める 飯野海運グループ

経営理念 安全の確保が社業の基盤 よいサービスと商品を社会に適正な価格で安定的に供給 取引先のニーズに迅速 的確に対応 社会的要請へ適応し環境に十分配慮 株主 そして役職員へのリターン充実を目指し企業価値向上を志向 行動憲章 経営理念 を実現する具体策としてこの 行動憲章 を定める 飯野海運グループ

とらえ、積極的に事業展開てまいります。 不定期船部門では、ここ数年に亘り船腹需給ギャッ プにより市況が低迷ておりましたが、2017年3月期 までに船隊構造改革図り競争力強化に努めて まいりました。その結果としてスモールハンディと呼 ばれる3万トン船型中心とする当社不定期船隊は 新造高品質船に入れ替え果たし、船質が一段と向上 ております。今後につきましてはこの高品質船隊 活用うる貨物輸送(所謂クリーンカーゴといわれ る高品質船舶要求されるもの)も視野に入れ収益 体制構築たいと考えています。これら実行する うえで中期経営計画もう一つ重点戦略である「更 なる差別化追求」として、 「多様化する顧客ニーズ へ対応」が重要となります。当社海運業では長年石 油化学製品輸送に携わってまいりました。そこで得た お客様と密接つながり中、そのお客様方がお取 扱いになる液化製品以外ばら積み製品(肥料など) 輸送商談数多くいただく機会に恵まれています。 我々重要お客様物流飯野海運グループ全体 でご支援するため一部門としても安全運航に努めて いく所存です。
さらに見せる

58 さらに読み込む

経営理念安全の確保が社業の基盤よいサービスと商品を社会に適正な価格で安定的に供給取引先のニーズに迅速 的確に対応社会的要請へ適応し環境に十分配慮株主 そして役職員へのリターン充実を目指し企業価値向上を志向 行動憲章 経営理念 を実現する具体策としてこの 行動憲章 を定める 飯野海運グループ ( 以下

経営理念安全の確保が社業の基盤よいサービスと商品を社会に適正な価格で安定的に供給取引先のニーズに迅速 的確に対応社会的要請へ適応し環境に十分配慮株主 そして役職員へのリターン充実を目指し企業価値向上を志向 行動憲章 経営理念 を実現する具体策としてこの 行動憲章 を定める 飯野海運グループ ( 以下

-3 つ目重点強化策「安定収益基盤更なる強化」に ついて教えてください。  今回中期経営計画テーマは「攻め展開へ」と ていますが、安定収益積み上げもとても重要です。船 隊拡 大、市 況 リスク取っていくに は、ベ ースと なる安定収益厚くする必要があるからです。当社場 合、安定収益考えるうえで不動産業存在は欠かすこ とができません。 IEG14 期間に、飯野ビルディング 建 替え 行 いました。最 新 鋭 設 備 備え、高 品 質 サービス提供することに努めた結果、おかげさまで満 床で開業することができ、順調に稼働ています。   飯 野 ビ ル ディング が 軌 道 に 乗った いま、不 動 産 業 に お ける新しい 展 開考えていく時 期 になりました。そこ で「選 択と集 中 による収 益 基 盤 強 化」というスローガ ンもと、ターゲットエリアへ所有不動産集約考 えています。既 存 ビル に つ いては 再 開 発 や 資 産 入 替 検討、不動産業さらなる発展目指します。  海運業においては「 エネルギー船」という観点から拡 充進 めます。当 社 が 得 意とているオイル・ガス・
さらに見せる

56 さらに読み込む

jogms11号.indd

取引にあたっては第三者の取引と同様に決定しております 原則 3-1 情報開示の充実 (1) 会社の目指すところ ( 経営理念等 ) や経営戦略 経営計画 < 経営理念 > 顧客満足を第一としたプロフェッショナル集団として 新たな価値創造を通じて社会に貢献します < 経営戦略 経営計画 > 経営計画の

英語で情報開示・提供につきましては、現状当社における海外投資家比率は極めて低いことから、今後動向踏まえ、必要に応じて検 討て参ります。 【原則4-11 取締役会・監査等委員会実効確保ため前提条件】 当社事業へ精通(事業領域に係る国際的知見含む)、経営に関する豊富知見、高度専門等、業務執行取締役、非業務執行取締役 (監査等委員である取締役および社外取締役等)それぞれ職責果たすうえで必要資質が、取締役会適正規模も踏まえて取締役会にバラ ンスよく構成されるように留意ております。しかしながら、多様観点におきましては、女性取締役(監査等委員である取締役含む)は就任 ておりません。当社が取締役に期待するITに係る知識や経営に関する豊富知見等有する適任者、継続的に求めて参ります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3 医療機器業プロモーションコード 企業の行動基準 経営トップの責務 販売活動等に関して 守るべきこと してはいけないこと を具体的に列記したもの 4 医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン 会員企業に 本ガイドラインを参考に自社の 透明性に関する指針 を策定し 自社における行動基準と

3 医療機器業プロモーションコード 企業の行動基準 経営トップの責務 販売活動等に関して 守るべきこと してはいけないこと を具体的に列記したもの 4 医療機器業界における医療機関等との透明性ガイドライン 会員企業に 本ガイドラインを参考に自社の 透明性に関する指針 を策定し 自社における行動基準と

正常商慣習とは、必ずしも当業界において現に行われている商慣習いう ではなく、公正競争確保見地から是認される商慣習いい、最終的に は公正競争ゆがめるものであるかどうか見地から判断されます。 規約、施行規則及び運用基準は、景品類提供禁止、制限又は許容 ていますが、これは、当該景品類提供が、この正常商慣習に照らして適当 と認められる範囲超えるかどうか、すなわち、不当景品類提供に当たる かどうか明確に具現化たものです。
さらに見せる

32 さらに読み込む

国費投入の必要性 事業の効率性 事業の有効性 関連事業 事業所管部局による点検 改善 項目 評価 評価に関する説明 事業の目的は国民や社会のニーズを的確に反映しているか 被災者の資力やニーズを踏まえた効率的 効果的な住まいの確保策に関する調査等を行っている 地方自治体 民間等に委ねることができない事

国費投入の必要性 事業の効率性 事業の有効性 関連事業 事業所管部局による点検 改善 項目 評価 評価に関する説明 事業の目的は国民や社会のニーズを的確に反映しているか 被災者の資力やニーズを踏まえた効率的 効果的な住まいの確保策に関する調査等を行っている 地方自治体 民間等に委ねることができない事

関連する過去レビューシート事業番号  毎年度課題となっている復興施策や被災者支援関連調査適切に行い、結果地方公共団体に周知十分に活用されている。  予算執行においては、一般競争入札(総合評価方式)採用、競争透明確保図っている。 現 状 通 り 点 検 ・ 改 善 結 果

5 さらに読み込む

Vision 4 経営革新 卓越した教育研究を基盤として社会とともに成長する好循環の確立のため 大学経営を革新します 2030 年の大学の姿 教育 研究 社会との共創の好循環をより高い次元で実現するために 大学ガバナンスの開放性 透明性を高め 日本および世界の多様なステークホルダーと本学構成員との共

Vision 4 経営革新 卓越した教育研究を基盤として社会とともに成長する好循環の確立のため 大学経営を革新します 2030 年の大学の姿 教育 研究 社会との共創の好循環をより高い次元で実現するために 大学ガバナンスの開放性 透明性を高め 日本および世界の多様なステークホルダーと本学構成員との共

大学経営における好循環形成するため、社会情勢等踏まえた長期財政計画策定・見える化行 います。その上で、外部資金獲得強化大学全体パフォーマンス向上に繋げるため、成長が見込ま れるプロジェクトへ重点支援制度および大型プロジェクト研究へ長期的支援制度創設するとと もに、獲得た外部資金に応じたインセンティブ付与制度拡充ます。また、基礎研究領域等含 め大学全体に再配分する新た学内配分システム構築ます。さらに、新た自己収入確保策や、 部局提案型取組に対する教職員へインセンティブ付与制度など確立ます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

《地域の会》第180回「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」ご説明内容

《地域の会》第180回「柏崎刈羽原子力発電所の透明性を確保する地域の会」ご説明内容

• 福島第一は、4月1日から福島第一廃炉推進カンパニープレジデントが交代、新体制となった。引き続き、ステークホルダー方々と対話重ね、地域みなさま思いに配慮つつ、主体もって廃炉事 業責任果たしていく。 • 柏崎刈羽地域はじめとする新潟県みなさまお考えに誠心誠意お応え、地域に根差した企業となるため基本姿勢お示しするため、新潟本社行動計画「まもる・そなえる・こたえる」(以下、行動計画) 策定た(3月30日)。 本年4月より、この行動計画で示した5つ行動姿勢「安全向上」、「運営体制構築」、「防災支援」、「地域貢献」、「傾聴と対話」に基づき、地元本位経営実践ていく。
さらに見せる

72 さらに読み込む

原則 3-1 情報開示の充実 当社の情報発信に関する取り組みは以下の通りです (1) 経営理念及び中期経営計画を当社ウェブサイトや会社説明会資料等にて開示しています (2) コーポレート ガバナンスに関する基本的な考え方について 当社ウェブサイト及びコーポレート ガバナンスに関する報告書にて開示して

原則 3-1 情報開示の充実 当社の情報発信に関する取り組みは以下の通りです (1) 経営理念及び中期経営計画を当社ウェブサイトや会社説明会資料等にて開示しています (2) コーポレート ガバナンスに関する基本的な考え方について 当社ウェブサイト及びコーポレート ガバナンスに関する報告書にて開示して

   また、重大なる緊急事態が発生た場合は、職制上ルート等通じ、当社リスク管理担当責任者に報告されるとともに、必要に応じ当社   代表取締役はじめとする取締役に報告され、速やかで適切なる対応とることとする。 4.当社取締役及び子会社取締役等職務執行が効率的に行われること確保するため体制    次に定める項目により、当社取締役及び子会社取締役等職務執行効率確保する。    (1)当社取締役会における中期経営計画策定。中期経営計画に基づく年度計画策定・展開    (2)当社における取締役・執行役員・監査役構成員とする経営会議等会議体設置    (3)当社における職務権限・意思決定基準等に係る規程策定
さらに見せる

12 さらに読み込む

原則 3-1 情報開示の充実 (1) 会社の目指すところ ( 経営理念等 ) や経営戦略 経営計画当社の経営理念は ホームページに掲載しております 経営戦略 経営計画については 経営会議 取締役会の承認を受けて決定しており その内容をホームページに掲載しております (2) コーポレートガバナンスに関

原則 3-1 情報開示の充実 (1) 会社の目指すところ ( 経営理念等 ) や経営戦略 経営計画当社の経営理念は ホームページに掲載しております 経営戦略 経営計画については 経営会議 取締役会の承認を受けて決定しており その内容をホームページに掲載しております (2) コーポレートガバナンスに関

  (2) 定例取締役会毎月1回開催、重要事項決定ならびに取締役業務執行状況監督等行う。また取締役会機能より強化     経営効率向上させるため、毎月1回経営会議開催、業務執行に関する基本的事項や重要事項に係る意思決定機動的に     行うとともに、絞り込んだテーマについては、経営戦略会議設け、詳細議論と検討行う。   (3) 月次業績は、IT活用たシステムにより、その結果迅速にデータ化することで、取締役会が定期的にその結果レビュー実施     、効率化阻害する要因排除・低減するなど改善促すことにより、目標達成確度高め、全社的業務効率化実現する。 5.取締役および使用人職務執行が法令および定款に適合ていること確保するため体制
さらに見せる

12 さらに読み込む

はじめに各種の社会福祉施設では 運営方針の第一に利用者の安全 安心の確保と維持を掲げていますが ここでは施設職員の安全衛生の確保を対象として取組みを解説します 利用者の安心 安全を確保するためには まず職員自身が安全衛生の確保について正しい知識と的確な行動を身につける必要があるからです また 自分自

はじめに各種の社会福祉施設では 運営方針の第一に利用者の安全 安心の確保と維持を掲げていますが ここでは施設職員の安全衛生の確保を対象として取組みを解説します 利用者の安心 安全を確保するためには まず職員自身が安全衛生の確保について正しい知識と的確な行動を身につける必要があるからです また 自分自

(1)トップ経営姿勢 安全衛生はまずトップ厳しい経営姿勢に始まります。「働く人一人ひとりが大事 だ」、「一人もケガ人は出すまい」というトップ人間尊重決意から活動がはじまり ます。これはトップが人間尊重経営基本第一に据えて、職員家庭にまで 思いはせ、一人ひとり職員職業生活安全に、健康に全うさせることこそ企業 責任であることに気づくことが大切で、労働災害ゼロへ発想転換はまずトップか らということになります。
さらに見せる

72 さらに読み込む

理事長あいさつ 塩沢信用組合 理事長 拝啓平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 当組合では 経営の透明性から経営内容の情報開示を積極的に実施しております 当組合をご利用のお客様へ 少しでも分かりやすくお伝えするために 第四号 年金友の会特集 として作成いたしました 当組合は 親切ていねいな

理事長あいさつ 塩沢信用組合 理事長 拝啓平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 当組合では 経営の透明性から経営内容の情報開示を積極的に実施しております 当組合をご利用のお客様へ 少しでも分かりやすくお伝えするために 第四号 年金友の会特集 として作成いたしました 当組合は 親切ていねいな

  10 周年際に企画ました“月岡温泉 泉慶旅”は、2 班にわかれてバス 18 台、総勢 720 名大 旅行で、阿賀里や行く先々観光地で社長以下従業員が総出で私共迎えていただいたと記憶に残っ ており、懐かしい思い出となりました。 ● ● ● 年金友の会組織(会設立から現在まで)

8 さらに読み込む

すること等を勘案し検討します 2. 監査役候補 : 当社の企業理念 経営理念に基づき 取締役の職務を監査し 法令または定款違反を未然に防止すると共に 当グループの健全な経営と社会的信用の維持向上に努めること 中立的 客観的な視点から監査を行い 健全性確保に貢献できること等を勘案のうえ 検討します ま

すること等を勘案し検討します 2. 監査役候補 : 当社の企業理念 経営理念に基づき 取締役の職務を監査し 法令または定款違反を未然に防止すると共に 当グループの健全な経営と社会的信用の維持向上に努めること 中立的 客観的な視点から監査を行い 健全性確保に貢献できること等を勘案のうえ 検討します ま

【原則3-1. 情報開示充実】 (1)当社目指す経営理念は、「1.技術革新による全世界食文化継承と発展に貢献する。」「2.食品機械工業界におけるパイオニアとしてそ 精神継承ていく。」「3.安全で付加価値高い商品提供する。」「4.社員は我社強さ源である。」「5.事業全て面で正直であり、 誠実であり、倫理守る。」 5つから成り立っています。なお、中期経営計画につきましては、当社ウェブサイト「2018年3月期決算説明会資 料」に記載ております。https://www.rheon.com/common/sysfile/ir/ID00000355binary1.pdf
さらに見せる

13 さらに読み込む

原則 3-1 情報開示の充実 (i) 当社の経営理念や経営戦略については 当社ホームページ 決算説明会資料等にて開示しております (ii) コーポレート ガバナンスの基本方針は 本報告書 コーポレート ガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成 企業属性その他の情報 1 基本的な考え方 に記載して

原則 3-1 情報開示の充実 (i) 当社の経営理念や経営戦略については 当社ホームページ 決算説明会資料等にて開示しております (ii) コーポレート ガバナンスの基本方針は 本報告書 コーポレート ガバナンスに関する基本的な考え方及び資本構成 企業属性その他の情報 1 基本的な考え方 に記載して

(iii)業績及び主要経営指標勘案経営陣幹部で決定、取締役会において承認得ております。 (iv)取締役、監査役及び執行役員について、その経験、見識、専門等に加え、各々役割・責務果たし得る人物指名・選任ております。さ らに、社外取締役及び社外監査役については、会社法基準及び東京証券取引所独立役員基準に照らし当社から独立十分に確保できる こと個別に判断するとともに、当社経営理念理解・共有、取締役会等においてその豊富経験及び卓越た見識活かしていただける人 物指名ております。また、監査役指名については、監査役会同意得るとともに、取締役会において決議ております。
さらに見せる

12 さらに読み込む

理事長あいさつ 塩沢信用組合 理事長 拝啓平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 当組合では 経営の透明性から経営内容の情報開示を積極的に実施しております 当組合をご利用のお客様へ 少しでも分かりやすくお伝えするために 第三号 総代会特集 として作成いたしました 当組合は 親切ていねいな対応

理事長あいさつ 塩沢信用組合 理事長 拝啓平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 当組合では 経営の透明性から経営内容の情報開示を積極的に実施しております 当組合をご利用のお客様へ 少しでも分かりやすくお伝えするために 第三号 総代会特集 として作成いたしました 当組合は 親切ていねいな対応

信組ビア祭り 参加費一人 1,000 円、本店信栄会共催、くみ日事業 信栄会正副会長会 各会代表 2 名、情報交換、周年行事件、ビア祭り 献血ゆうあい号 11:30 ~ 12:30「信組センター・本部店」前 11 日 四信栄会  ゴルフコンペ 本店、石打、五日町、小出郷 4 信栄会合同コンペ 10 月 25 日 監事会・理事会 13:00「半期決算監査会」、15:00「理事会・第 5 回」

8 さらに読み込む

間を検討する 締約国が提出した 貢献 は 公的な登録簿に記録される 締約国は 貢献 ( による排出 吸収量 ) を計算する また 計算においては 環境の保全 透明性 正確性 完全性 比較可能性及び整合性を促進し 並びに二重計上の回避を確保する 締約国は 各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有して

間を検討する 締約国が提出した 貢献 は 公的な登録簿に記録される 締約国は 貢献 ( による排出 吸収量 ) を計算する また 計算においては 環境の保全 透明性 正確性 完全性 比較可能性及び整合性を促進し 並びに二重計上の回避を確保する 締約国は 各国の異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有して

・この協定は、衡平及び各国異なる事情に照らしたそれぞれ共通に有しているが差異ある 責任及び各国能力原則反映するよう実施する。 ・締約国は、気候変動へ世界的対応へ「自国が決定する貢献」(以下「貢献」という。)に 関し、この協定目的達成ため、関連条文に定める野心的取組実施、提出する。締約 国取組は、この協定実効的に実施するために開発途上締約国支援する必要認識 つつ、長期的に前進示す。
さらに見せる

5 さらに読み込む

市場透明性データの開示と統合に関するCESRのガイドラインと提言—動き始めたMiFIDレベル3プロセス—

市場透明性データの開示と統合に関するCESRのガイドラインと提言—動き始めたMiFIDレベル3プロセス—

取引が、規制市場ないしは MTF 規則外で執行される場合、実施規則第27条4項 は、取引行う双方当事者は、取引開示どちらが行うかについて取り決め行う必 要があると規定ている。そうした取り決めがない場合に、開示責任どこに負わせる か決めるため順位表(default list)も明示されている。実施規則第27条4項に沿 って、双方当事者は、当該取引が単一取引として開示されること保証するため 適切ステップ踏襲する必要がある。しかし、単一開示された取引が、統合プロセ ス途中で、複数回カウントされる場合には、取引情報が重複するというリスクはある。 このことは、取引金額人為的水増しという結果生み、そして、それが、トレン ド分析および価格形成プロセス全般に影響及ぼすことになる。また、水増しされた取 引金額が、規制市場、MTF および OTC 取引間間マーケット・シェアーと流動プー ルについて市場参加者による評価に歪もたらす可能もあり、その結果、証券会社 が不正確情報にもとづいて執行方針設定するということにもなりかねない。
さらに見せる

30 さらに読み込む

提言「臨床研究にかかる利益相反(COI)マネージメントの意義と透明性確保について」

提言「臨床研究にかかる利益相反(COI)マネージメントの意義と透明性確保について」

産学連携には、共同研究、受託研究、治験、技術移転、技術指導、大学発ベンチャ ー、奨学寄附金、寄附講座等、さまざま形態で取り組みがなされている。このよう 産学連携推し進める研究者には経済的利益がもたらされることから、COI状態は 日常的に発生する。しかし、研究費目的であっても、企業から資金提供等、企業と 研究者個人と関係が公表されることによって透明確保されなければ、研究結果 科学や倫理に疑義が生じやすい。特に、治験、臨床試験において産学連携が必 須であり、COI状態は恒常的に発生する。そのため、新薬臨床試験およびその実用化 にあたっては、倫理と科学十分に確保つつ、その有効と安全step by stepで検証するという慎重対応が必要とされる。このよう臨床試験は、製薬企業 等企業主導で行われる場合が大半であるが、製薬企業が採算点から敬遠する希 少難病治療薬(オーファンドラッグ)、医療機器開発研究、あるいは製薬企業異 なる薬剤比較試験等に関しては、臨床研究者主導で行われる場合も増えてきている。 さらには、降圧薬等生活習慣病に対する薬剤等においては、製薬企業と臨床研究者 が共同て、市販後に大規模臨床研究、いわゆるメガスタディ行うことも稀では い。そして、その成果発表は当該薬剤販売高も大きく左右するため、新薬開発 において大規模市販後臨床研究は常套的手法となりつつある。それとともに多額 研究費が必要となって企業支援得ることが多く、透明確保という視点でCOIに対す る一層配慮が求められる。また、治験においては、臨床データモニタリング、監 査等によってデータ信頼保証が必須プロセスとして義務付けられているが、新 薬市販後に行われる臨床研究者主導臨床試験においては、そのよう義務付けは現 時点ではなされていない。これら臨床研究においても、データ信頼保証
さらに見せる

25 さらに読み込む

2.1.1 透明性透明性は金正恩時代の最大の特徴といえる 2012 年 4 月のミサイル発射実験失敗後即時に声明を出して発射失敗を認めており 金正恩第 1 書記に対するいろいろな疑問にも適切な時期に答えてきた 張成沢事件を含む重大事案もその都度公開し 不必要な推測を防止した また 新しい傾向の一つと

2.1.1 透明性透明性は金正恩時代の最大の特徴といえる 2012 年 4 月のミサイル発射実験失敗後即時に声明を出して発射失敗を認めており 金正恩第 1 書記に対するいろいろな疑問にも適切な時期に答えてきた 張成沢事件を含む重大事案もその都度公開し 不必要な推測を防止した また 新しい傾向の一つと

金正恩第 1 書記は、幹部活動家ために人民がいるではなく、人民ために幹部活動家が いるだと指摘、幹部活動家に、人民と一つ釜食べながら苦楽共に、人民ため に粉骨砕身する真公僕になること求めた。また、生産と建設担う勤労者責任と役割 重く、生産量最大限に増加させることも求めた。金第 1 書記が提示た主体思想具現す る「我々式経済管理方式」も注目に値する。その核心は生産者大衆積極と責任喚起する ことにあり、そのために新た経営管理方法導入すべきだとする。すでに、工場、企業所、 協同農場において経営管理方法改善ており、今年からは経済管理方式について国統一的 指導が行われると見られる。2014 年 2 月 6 日、金第 1 書記は全国農業部門分組長大会で「< 社会主義農村テーゼ>高く掲げ、農業生産に革新起こそう」という談話発表た。 金第 1 書記は談話中で、農業部門最重要課題は農業生産決定的増加であると述べた。そ ために現実発展要請に応じて分組管理制正しく実施、農場作業員責任と創造意欲 発揮できるようにすること、農場作業員に土地管理と営農工程・生産計画遂行に関する業務 明確に課し、それに対する評価その都度行うこと、分組管理制内で実施た圃田担当責任制 も実情に合わせて正しく適用、農業生産向上させること指摘た。さらには、平均主義 的分配原則は社会主義分配原則と関連がなく、農場作業員生産意欲低下させるため有害で あると叱責た。分組では農場員ら労力日評価労働量と質に応じて適時正確に行い、分 組で生産た穀物うち国家が決定する一定量除いて農場作業員労力日評価に応じて現物 中心に分配するよう求めた。国として、国内食糧需要と農場作業員と利害関係、生活上要 求考量、穀類義務買上量合理的に決定て農業労働者が自信持てるようにすべきだ と述べた。
さらに見せる

18 さらに読み込む

はじめに クリニカル インディケーター (Clinical Indicator 臨床指標 ) は 病院の様々な機能や活動 診療の状況などを適切な指標を用いて表したものでありこの指標を分析し 改善することにより医療サービスの質の向上や透明性の確保を図ることを目的とするものです 平成 22 年度からは

はじめに クリニカル インディケーター (Clinical Indicator 臨床指標 ) は 病院の様々な機能や活動 診療の状況などを適切な指標を用いて表したものでありこの指標を分析し 改善することにより医療サービスの質の向上や透明性の確保を図ることを目的とするものです 平成 22 年度からは

平成22年度からは、厚生労働省において、国民関心高い特定医療分 野について、医療評価・公表実施、その結果踏まえた、分析・改 善策検討行うことで、医療向上及び質情報公表推進すること 目的とする「医療評価・公表等推進事業」が開始され、市立千歳市民 病院では、平成23年度実績臨床指標(3分野12項目)から作成ています。 平成25年度実績についてはクリニカルインディケータ・ワーキンググループ 設置、項目内容や算出方法など詳細について各部署等と検討重ね、 16分野 44項目指標作成ました。
さらに見せる

66 さらに読み込む

Show all 10000 documents...