用 者 を 部 下 に も っ た 管 理 職 が 多 い こ と が 確 認

Top PDF 用 者 を 部 下 に も っ た 管 理 職 が 多 い こ と が 確 認:

無 期 雇 用 者 向 け 管 理 者 研 修 役 職 に 就 く 者 若 しくは 部 下 を 持 つ 無 期 雇 用 者 及 び 今 後 無 期 雇 用 を 希 望 する 者 の 内 当 社 が 認 めた 者 については 管 理 職 として 役 立 つものとして クルー エージェントの 差 異 に

無 期 雇 用 者 向 け 管 理 者 研 修 役 職 に 就 く 者 若 しくは 部 下 を 持 つ 無 期 雇 用 者 及 び 今 後 無 期 雇 用 を 希 望 する 者 の 内 当 社 が 認 めた 者 については 管 理 職 として 役 立 つものとして クルー エージェントの 差 異 に

【雇用エージェント向け研修】 対象は、正社員エージェント・契約エージェント・パートエージェント・派遣エージェントする。 研修は対象全員受講する「基本研修」従事している業務内容により定める「個別研修」する。 なお個別研修については、当社施設内で就労するは就業時間内、当社施設外で就労するは業務時間外自 宅等で受講するものする。

15 さらに読み込む

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

水 野 総 務 部 長 には これから 市 長 選 参 院 選 などで 選 挙 長 職 務 代 理 者 開 票 管 理 者 職 務 代 理 者 を 務 めていただくことになりますが これまでの 多 く 職 場 で 培 った 経 験 を 活 かし 選 挙 事 務 でもご 活 躍 いた だきますよう お

事務局 議事録については、事前送付しご確認いただいている、不足 な点や不明な点あれば指摘して欲しい旨の説明行っ。 また、前回の委員会で議事録の表記方法「とおり」「通り」 漢字改める説明し、公文書の表記上適切でないこと確認 できため、現行どおりひらなで「とおり」表記すること 説明し理解求め
さらに見せる

6 さらに読み込む

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

1 2 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 又 はこれと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 するものと 国 土 交 通 大 臣 が 認 定 した 者 なお これと 同 等 以 上 の 資 格 を 有 する 者 とは 次 のものをいう 1 級 管 工 事 施 工 管 理 技 士 これらと 同 等

④ 配置予定の主任技術又は監理技術あっては直接的かつ恒常的な雇用関係必 要であるので、その旨明示することできる資料求めることあり、その明示 なされない場合は入札参加できないことある。 (6) 競争参加資格確認申請書(以下「申請書」いう。 )及び競争参加資格確認資料(以 「資料」いう。)の提出期限の日から開札の時までの期間、文部科学省から建 設工事の請負契約係る指名停止等の措置要領(平成18年1月20日付け 17文 科施第345号 文教施設企画部長)(以下「指名停止措置要領」いう。 )基づく 指名停止受けてないこと。
さらに見せる

38 さらに読み込む

これにより,フリック 入 力 ならではの 素 早 い 操 作 がアイ ズフリーの 状 況 下 で 可 能 になるだけでなく,フリックキー ボードをベースとしたキー 配 列 により, 従 来 のフリック 入 力 を 利 用 してきたユーザがスムーズに 理 解 移 行 できるこ とが 見 込 まれる.

これにより,フリック 入 力 ならではの 素 早 い 操 作 がアイ ズフリーの 状 況 下 で 可 能 になるだけでなく,フリックキー ボードをベースとしたキー 配 列 により, 従 来 のフリック 入 力 を 利 用 してきたユーザがスムーズに 理 解 移 行 できるこ とが 見 込 まれる.

アイズフリーで速記できる 「方向のみ」のフリック入力手法 井川 洋平 1 宮下 芳明 1, 2 文字入力方式としてのフリック入力は,キー押下繰り返すトグル入力より軽負担で素早い操作行えるため,タ ッチスクリーン搭載のスマートフォン広く普及している.フリック入力では,タッチ位置で子音選択し,フリッ ク方向で母音決定することで文字入力していく,タッチする際はその位置見て確認する必要あり,アイズ フリーでの速記は多くの誤入力伴う.そこで,著者らは入力プロセス子音母音の二段階分け,それぞれフ リックの「方向のみ」で指定する手法提案する.アイズフリーでの素早い入力可能なるだけでなく,従来のフ リック入力ユーザスムーズ理解・移行できる点特徴である.
さらに見せる

6 さらに読み込む

遠 赤 外 線 足 温 器 の 効 果 と 有 用 性 の 検 討 足 浴 と 比 較 した 生 理 的 効 果 曲 できない 患 者 体 動 に 制 限 のある 患 者 にも 用 いるこ とが 可 能 である 足 温 器 には 足 浴 にはない 利 点 があ ることが 理 解 できる 足 浴 の

遠 赤 外 線 足 温 器 の 効 果 と 有 用 性 の 検 討 足 浴 と 比 較 した 生 理 的 効 果 曲 できない 患 者 体 動 に 制 限 のある 患 者 にも 用 いるこ とが 可 能 である 足 温 器 には 足 浴 にはない 利 点 があ ることが 理 解 できる 足 浴 の

 血圧(拡張期血圧、収縮期血圧)、SpO 2 、脈拍において、 足浴足温器の各時間による比較については、関連の ある2群の差の検定(対応のある t 検定)行っ。 皮膚血流量、皮膚表面温度、深部温度に関しては、 全てのデータ正確測定できなかっため、独立2 群の差の検定(スチューデントのt検定)行っ。 足浴足温器の各経時的変化の比較に関しては、一 元配置分散分析行い、有意差のあるものは更に多重 比較検定として Dunnett 法行っ。Dunnett 法は、 加温直前基準値
さらに見せる

12 さらに読み込む

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 関 する 相 談 苦 情 の 申 出 等 ( 以 下 相 談 等 という )があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された

(合理的配慮の提供) 第3条 職員は、法第7条第2項の規定基づき、その事務又は事業行う当たり、 障害から現に社会的障壁の除去必要している旨の意思の表明あっ場合 おいて、その実施伴う負担過重でないときは、障害の権利利益侵害すること ならないよう、当該障害の性別、年齢及び障害の状態応じて、社会的障壁の除 去の実施について必要かつ合理的な配慮(以下「合理的配慮」いう。)の提供し なければならない。これ当たり、職員は、別紙定める留意事項留意するもの する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった

病 虫 害 は アフ ラムシ,ヨトウムシを 少 数 確 認 したが 予 防 的 に 行 った 防 除 でほぼ 防 ぐことが 出 来 た 本 年 は 同 品 種 同 ハウス 内 であっても 天 候 定 植 場 所 排 水 灌 水 等 管 理 によって 変 化 が 大 き く その 品 種 毎 にあった

連携機関  定植後、気温は6月下旬まで、平年比べ低かっ。その後平年並み推移し、急な気 温の上昇とともにチップバーン等、多く発生し。  6月中旬、7月上、中旬の降水量は平年比べて高く、外から浸透し雨により、灌水ムラ 生じ苦労し

9 さらに読み込む

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

後 にまで 及 んでおり(このような 外 部 研 究 資 金 を 以 下 契 約 理 由 研 究 という ) かつ その 者 が 退 職 後 も 引 き 続 き 研 究 代 表 者 となることを 研 究 所 が 認 める 場 合 とし 理 事 室 の 命 を 受 けて 発 議 書 ( 別 に 定 め

2 後まで及んでおり(このような外部研究資金以下「契約理由研究」いう。)、かつ その退職後引き続き研究代表なること研究所認める場合し、理事室の 命受けて、発議書(別定める様式よる。)により発議するとき限るものする。 4 フェロー採用希望の発議行っ研究センター長等は、研究所又は研究センターとっ
さらに見せる

15 さらに読み込む

どでにぎやかにおしゃべりしている 旅 行 者 たちが 随 所 にみうけられた ま た, 時 期 的 なところとは 直 接 関 係 しないが, 前 年 にビザなし 渡 航 が 解 禁 さ れたこともあってか,タイ 語 でたのしそうに 会 話 している 旅 行 者 たちもま た 多 々 確 認 されたと

どでにぎやかにおしゃべりしている 旅 行 者 たちが 随 所 にみうけられた ま た, 時 期 的 なところとは 直 接 関 係 しないが, 前 年 にビザなし 渡 航 が 解 禁 さ れたこともあってか,タイ 語 でたのしそうに 会 話 している 旅 行 者 たちもま た 多 々 確 認 されたと

定的評価すべきものいえよう。 第 2 , 4.6 は,通訳人の言語運用能力について「日常における通常一 般の会話さほど程度異にするものではない」,これは「特 別の場合除いて」という条件付されている。しからば, 5.4 上記の よう被告人の状況理解および意思伝達の正確性により重点おい判断 おこなっ理由として, 4. 6 いう「特別の場合」該当する状況で あっからだかんがえることできる。実際のところ, 5. 4 において は,被告人の自白等の直接証拠は存せず,間接事実の存否,信用性および 推争点なってところであり,これら吟味するため,被告 人の状況理解および意思伝達の正確性重視しという説明ありうる。 しかし, 4.6 においては,この「特別の場合」について具体的な記述はな されておらず,先行研究では,当該事案において,被告人の心理状況 詳細かつ具体的確認する必要のある部分あっという指摘なされて いる 39) 。また,近年においては,冒頭で既述しとおり,司法通訳関す る研究急速進展しており,それらの内容からするならば,実際の司法 通訳人の能力1990年代比較して,相当程度向上しているもの認識 され 40) ,かつ,通訳内容について鑑定なされベニース事件 41) などの存 在などからするならば, 5.4 の判断は,以前比して通訳の正確性重視 している近時の潮流の延長線上位置づけられるものかんがえること できる。したがって, 5. 4 のような事案 4.6いう「特別の場合」該 当するただちに結論づけることは困難であり,今後の判例の動向など ふまえつつ,より慎重な検討なされるべきであろう。
さらに見せる

54 さらに読み込む

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の

労 務 管 理 情 報 退 職 時 に 求 められる 主 な 事 務 手 続 き 従 業 員 が 退 職 する 際 には 雇 用 保 険 や 社 会 保 険 をはじめとして 様 々な 手 続 きが 必 要 となります そこで 以 下 では 退 職 時 に 発 行 すべき 書 類 と 退 職 時 の

確かそうですね。ラインによるケアで従業員の問題発見し管理監督の意見 吸い上げ、対策打っていく必要ありますからね。 社労士 いまお話あっ2つのケア基本なります、その他「事業場内産業保 健スタッフ等によるケア」というものあります。産業医、衛生管理、保健師 総務部長 従業員や管理監督に対し支援することやメンタルヘルスケア実施に関する企 画立案、事業場外資源のネットワーク形成やその窓口なることなど想定し てます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

*1 コミュニティサイト 運 用 管 理 体 制 認 定 制 度 ユーザー 投 稿 等 により 形 成 されるコミュニティサイトの 健 全 な 利 用 環 境 が 整 備 維 持 され ることを 目 的 とした 認 定 制 度 です EMA が 策 定 した 認 定 基 準 コミュニティサイト 運

*1 コミュニティサイト 運 用 管 理 体 制 認 定 制 度 ユーザー 投 稿 等 により 形 成 されるコミュニティサイトの 健 全 な 利 用 環 境 が 整 備 維 持 され ることを 目 的 とした 認 定 制 度 です EMA が 策 定 した 認 定 基 準 コミュニティサイト 運

なお、本認定制度おいて EMA の認定基準適合しアプリケーションについては、認定範囲 含まれることなります。既に一部携帯電話事業から発表されているスマートフォンおけ るフィルタリングにおいて反映される予定です。詳細については携帯電話事業各社のホームペ ージにてご確認下さい。

5 さらに読み込む

2 多 様 な 診 療 行 為 に 対 し 患 者 や 保 険 者 への 請 求 の 可 否 を 明 確 にし 病 院 職 員 に 情 報 を 提 供 すること 3 業 務 に 必 要 となる 院 内 システムを 理 解 し 入 力 などデータ 処 理 を 迅 速 かつ 正 確 に 行 うこ と 4

2 多 様 な 診 療 行 為 に 対 し 患 者 や 保 険 者 への 請 求 の 可 否 を 明 確 にし 病 院 職 員 に 情 報 を 提 供 すること 3 業 務 に 必 要 となる 院 内 システムを 理 解 し 入 力 などデータ 処 理 を 迅 速 かつ 正 確 に 行 うこ と 4

8 病棟クラーク業務 病棟クラークの配置は、3病棟、4病棟、5病棟、6病棟する。 (1) 会計計算業務(自病棟のみ)業務 ①請求関わるカルテの記載内容やオーダ・実施記録の入力内容などの確認 ②オーダ内容、実施内容の変更、伝票・バーコード等による会計入力 ③公費負担医療制度等についての適否確認、患者等への指導・援助 ④請求係る書類作成の進捗状況管理

21 さらに読み込む

*1 コミュニティサイト 運 用 管 理 体 制 認 定 制 度 ユーザー 投 稿 等 により 形 成 されるコミュニティサイトの 健 全 な 利 用 環 境 が 整 備 維 持 され ることを 目 的 とした 認 定 制 度 です EMA が 策 定 した 認 定 基 準 コミュニティサイト 運

*1 コミュニティサイト 運 用 管 理 体 制 認 定 制 度 ユーザー 投 稿 等 により 形 成 されるコミュニティサイトの 健 全 な 利 用 環 境 が 整 備 維 持 され ることを 目 的 とした 認 定 制 度 です EMA が 策 定 した 認 定 基 準 コミュニティサイト 運

なお、本認定制度おいて EMA の認定基準適合しアプリケーションについては、認定範囲 含まれることなります。既に一部携帯電話事業から発表されているスマートフォンおけ るフィルタリングにおいて反映される予定です。詳細については携帯電話事業各社のホームペ ージにてご確認下さい。

7 さらに読み込む

2 オンラインの 新 規 登 録 ( 同 P.3 関 係 ) Q3 調 査 票 の 取 得 を 押 してもオンライン 回 答 票 (PDF)が 表 示 されません 以 下 の 点 をご 確 認 ください dobe Reader のバージョンを 確 認 してください バージョンⅩ 以 下 をご 利 用

2 オンラインの 新 規 登 録 ( 同 P.3 関 係 ) Q3 調 査 票 の 取 得 を 押 してもオンライン 回 答 票 (PDF)が 表 示 されません 以 下 の 点 をご 確 認 ください dobe Reader のバージョンを 確 認 してください バージョンⅩ 以 下 をご 利 用

A 回答のXMLファイル(De********_回答データ.xml)添付して送信してくだ さい。 (********は調査対象 ID の数字部分入ります) なお、エクセルファイル(調査票入力ツール)は添付しないでください。 Q15 回答送信後、受付状況画面は表示されます、受付完了メール「調査票回 答受付できません。管理情報不正です」というメッセージ出てます A 回答のXMLファイル(De********_回答データ.xml)添付して送信してくだ
さらに見せる

6 さらに読み込む

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 ( ) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 や 苦 情 等 について お 取 引 内 容 に 関 するご 確 認 ご 相 談 はお 取 引 店 または 金 融 商 品 営 業 部 金 融 商 品 管 理 課 ( ) 苦 情 につきましては 営 業 統 括 部 お 客

(2016.4) 証 券 特 定 口 座 約 款 第1条(約款の趣旨) (1) この約款は、お客さま(個人のお客さま限ります)株式会社東邦銀行(以下、「当行」いいます。)において開設する特定口座(租税 特別措置法(以下「法」いいます。 )第 37 条の 11 の 3 第1項規定する特定口座係る特定口座内保管上場株式等(特定口座係る振替 口座簿記載または記録される上場株式等いいます。なお、この規定において「上場株式等」は法第 37 条の 11 第2項規定する上 場株式等のうち、国債ならびに地方債および投資信託いいます。以下同じ。)の譲渡係る所得計算等の特例の適用受けるため、当該 特定口座に関する事項および当行の権利義務関係明確するための取り決めです。また、国債地方債総称して、以下「公共債」 いいます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員

正当な理由相当するのは、障害に対して、障害理由として、財・サービスや各種機会 の提供拒否するなどの取扱い客観的見て正当な目的の行われものであり、その目 的照らしてやむを得ない言える場合である。県においては、正当な理由相当するか否か について、具体的な検討せず正当な理由拡大解釈するなどして法の趣旨損なうことな く、個別の事案ごと、障害、第三の権利利益(例:安全の確保、財産の保全、損害発生 の防止等)及び県の事務又は事業の目的・内容・機能の維持等の観点鑑み、具体的場面や状 況応じて総合的・客観的判断すること必要である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職 員 に 対 して 合 理 的 配 慮 の 提 供 を 適 切 に 行 うよう 指 導 すること 2 監 督 者 は 障 害 を 理 由 とする 差

4 合理的配慮は、障害等の利用想定して事前行われる建築物のバリアフリー化、 介助等の人的支援、情報アクセシビリティの向上等の環境の整備基礎として、個々 の障害に対して、その状況応じて個別実施される措置である。したがって、各場 面における環境の整備の状況により、合理的配慮の内容は異なることなる。また、障 害の状態等変化することあるため、特に、障害の関係性長期にわたる場合等 は、提供する合理的配慮について、適宜、見直し行うこと重要である。
さらに見せる

8 さらに読み込む

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

と 二 障 害 者 等 から 不 当 な 差 別 的 取 扱 い 合 理 的 配 慮 の 不 提 供 に 対 する 相 談 苦 情 の 申 し 出 等 があった 場 合 は 迅 速 に 状 況 を 確 認 すること 三 合 理 的 配 慮 の 必 要 性 が 確 認 された 場 合 監 督 する 職

(不当な差別的取扱いの禁止) 第2条 職員は、法第7条第1項の規定基づき、その事務又は事業行う当たり、障 害(身体障害、知的障害、精神障害(発達障害含む。 )その他の心身の機能の障害 う。以下この要領において同じ。 )理由として、障害(障害及び社会的障壁により継 続的日常生活又は社会生活相当な制限受ける状態あるもの。以下この要領て同じ。 )でない不当な差別的取扱いすることにより、障害の権利利益侵害 してはならない。これ当たり、職員は、別紙定める留意事項留意するものする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目 次 第 1 章 インストールの 前 に 1 レッツ 原 価 管 理 Go!をインストールする 前 の 確 認 事 項 運 用 形 態 の 確 認 必 要 システム 要 件 の 確 認 データベース 環 境 の 確 認 データベースについて 1-4

目 次 第 1 章 インストールの 前 に 1 レッツ 原 価 管 理 Go!をインストールする 前 の 確 認 事 項 運 用 形 態 の 確 認 必 要 システム 要 件 の 確 認 データベース 環 境 の 確 認 データベースについて 1-4

 「選択中のサーバー」欄直接サーバー名 又は IPアドレス 入力すること可能です。   例)「LETS-PC」「192.168.100.123」 ※サーバー選択時「サーバーアクセスできません」メッセージ表示され場合、  サーバー:パブリックのドキュメント\LetsDataのプロパティの確認行って下さい。    ①セキュリティタブEveryone 又は ユーザーフルコントロール付与されているか    ②共有タブ→詳細な共有→アクセス許可Everyone 又は ユーザーフルコントロール     付与されているか
さらに見せる

47 さらに読み込む

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる

1. 入 所 できる 基 準 と 確 認 書 類 保 育 所 と 認 定 こども 園 の 保 育 所 部 分 に 入 所 できる 児 童 は その 家 庭 が 下 記 のいずれかの 状 況 に 該 当 し かつ 同 居 の 親 族 等 がその 児 童 を 保 育 することができないと 認 められる

《 目  次 》       1.入所できる基準確認書類・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P1   2.入所までの流れ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P2   3.申し込みにあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P3   4.申し込み必要なもの・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P4   5.保育料について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P4   6.その他留意点について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P5   7.各種保育サービス・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P6   8.認可保育所・認定こども園一覧表・・・・・・・・・・・・・・・・P7   9.会津若松市保育所・認定こども園マップ・・・・・・・・・・・・・P8~9   10.【参考】平成 24 年度保育料表・・・・・・・・・・・・・・・・・・P 10 11.記入例・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P 11~13
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...