産業 中分類 ) 別製造品出荷額等 ………

Top PDF 産業 中分類 ) 別製造品出荷額等 ………:

戦略産業 本県において 今後成長が期待される医療福祉関連産業 新エネルギー関連産業 情報関連産業 自動車関連産業 航空機関連産業 具体的には 下記 1~5の戦略産業において 下段に挙げる日本標準産業分類の中分類産業に属するものを示す 1 医療福祉関連産業食料品製造業 (09) 繊維工業(11) パル

戦略産業 本県において 今後成長が期待される医療福祉関連産業 新エネルギー関連産業 情報関連産業 自動車関連産業 航空機関連産業 具体的には 下記 1~5の戦略産業において 下段に挙げる日本標準産業分類の中分類産業に属するものを示す 1 医療福祉関連産業食料品製造業 (09) 繊維工業(11) パル

具体的には、下記①~⑤の戦略産業において、下段に挙げる日本標準産 業分類分類産業に属するものを示す。 ①医療福祉関連産業 食料製造業(09)、繊維工業(11)、パルプ・紙・紙加工製造業(14) 、 化学工業(16) 、プラスチック製品製造業(18) 、窯業・土石製品製造業(21) 、 非鉄金属製造業(23) 、金属製品製造業(24) 、はん用機械器具製造業(25) 、 生産用機械器具製造業(26)、業務用機械器具製造業(27) 、
さらに見せる

8 さらに読み込む

中分類名 : モデルトリーマー小分類名 : 東京歯科産業 ( 株 ) アローモデルトリーマーカスタム700 ウイップミックス社 / 東京歯科産業ウイップミックス社 / 東京歯科産業 10 インチ型モデルトリーマー 12 インチ型モデルトリーマー モデルトリーマーの代名詞として実績のあるトリーマーが再

中分類名 : モデルトリーマー小分類名 : 東京歯科産業 ( 株 ) アローモデルトリーマーカスタム700 ウイップミックス社 / 東京歯科産業ウイップミックス社 / 東京歯科産業 10 インチ型モデルトリーマー 12 インチ型モデルトリーマー モデルトリーマーの代名詞として実績のあるトリーマーが再

■包装:1枚入 レンフェルト社/日本歯科商社 レンフェルト社/日本歯科商社 レンフェルト社/日本歯科商社 クリテフィックスディスク マラソンディスク インフィニティディスク 分類名: モデルトリーマー 小分類名: 交換ジスク

10 さらに読み込む

工業統計調査用産業分類及び商品分類の改訂について

工業統計調査用産業分類及び商品分類の改訂について

2. 日本表標準産業分類の改訂に伴う工業統計調査用産業分類の改訂概要  (1) 分類項目の配列     日本標準産業分類分類項目は、活動内容に従って、取得、加工・組立、流通、サービスの順に配列されている。     今回の改訂で、製造業の分類項目については、再編・新設された機械器具製造に係る分類項目が部品から最終製品への順に配列さ    れたことに対応して、電気機器製造に係る分類項目についても、同様な配列とするよう変更された。
さらに見せる

93 さらに読み込む

日本標準産業分類はこちら 産業廃棄物管理票交付等状況報告書について  福岡県庁ホームページ

日本標準産業分類はこちら 産業廃棄物管理票交付等状況報告書について 福岡県庁ホームページ

インタ ネッ 付随 ビ 業 映像 音声 文字情報 作業. 日本標準産業分類 大 中分類一覧 成 月改訂[r]

3 さらに読み込む

図表 6-1 大田区の製造業事業所数 従業者数 製品出荷額の推移 1 事業所数 従業者数 業 1500 所数 従業者数 人 事

図表 6-1 大田区の製造業事業所数 従業者数 製品出荷額の推移 1 事業所数 従業者数 業 1500 所数 従業者数 人 事

他都市、企業との連携・交流などである。 2.セミナー・講座(経営技術指導講習会)の特徴 (1)セミナー・講座(経営技術指導講習会)の概要 連合会が開設している講座・セミナーには、大きく分けて、技術指導講習会(「実践汎用 旋盤・フライス盤講座」、「CAD 製図初級講座(Auto CAD2007)」、「やさしい図面の見方講 座」、「NC プログラミング初級講座」)と経営系セミナー(「経営・マネジメントセミナー」) の 2 つがあるが、各企業の新入社員を集めて一緒に研修を行う新入社員セミナーもある。セ ミナーや講座に参加する企業はそれぞれの企業規模が小さいので、社内で教育することが難 しい。そのため連合会で取りまとめをし、カスタマイズしてセミナーを実施している。ち なみに、 2011 年度の新入社員セミナー(対象者は原則として、新卒者で、大田区内の企業に 就職した者で、期間は平日・昼の連続 3 日間)への参加者が多く、その理由は、景気が回復 しつつあったため、大田区の企業の採用数が昨年よりも多かったからである。大手企業が採 用を控えているため、中小企業で人を採りやすくなったという面も考えられる。新卒者は高 卒者とは限らず、高卒者と大卒者で、半々ぐらいである。最近は日本語が話せる国籍の新 入社員も見受けられる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

表 1 既存流通と直売所の営業効率性の比較 注 ) 直売所実績は 農林水産省 平成 21 年度農産物地産地消等実態調査 による注 ) 食料品スーパー コンビニの実績は 経済産業省 平成 19 年商業統計 による注 ) 商業統計における業態分類では, 食料品スーパーは小売販売額の7 割以上が食料品で売

表 1 既存流通と直売所の営業効率性の比較 注 ) 直売所実績は 農林水産省 平成 21 年度農産物地産地消等実態調査 による注 ) 食料品スーパー コンビニの実績は 経済産業省 平成 19 年商業統計 による注 ) 商業統計における業態分類では, 食料品スーパーは小売販売額の7 割以上が食料品で売

であり、店頭に陳列される商品の約7割 は地元産である。農協や生産者グループが運 営する直売所のメイン顧客は地元住民である が、第3セクターや地方公共団体が運営する 直売所のメイン顧客は観光客が多い。また、 農協と第3セクターが運営する直売所は売上 の規模や従業員・売場の生産性が大きく、比 較的安定していると言える。その一方で生産 者・生産者グループが運営する直売所は、単 位時間・単位面積あたりの売上高が他の主体 が運営する直売所よりも小さく、売場生産性 に課題があると考えられる。出荷農家1戸あ たりの平均収入は年間40~70万であり、ひ とつの直売所での販売のみでは安定的な農業 経営を実現するための収入を得ることが難し い状況である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

主な木材製品の出荷額の内訳を図6 に示しました 二〇一六年の出荷額約二 七兆円の内訳を割合で示していますが 一般製材 合板 集成材 木材チップ等は総務省による統計)1 (を パーティクルボード 繊維板等は経済産業省の統計)7 (を利用して 総合的に作成したものです 図3 (二月号

主な木材製品の出荷額の内訳を図6 に示しました 二〇一六年の出荷額約二 七兆円の内訳を割合で示していますが 一般製材 合板 集成材 木材チップ等は総務省による統計)1 (を パーティクルボード 繊維板等は経済産業省の統計)7 (を利用して 総合的に作成したものです 図3 (二月号

スギの国産針葉樹を使用した構造用合板︵床下地材:ネダ ノン︶が開発され生産量を増やしていますが、小径の原木を 効率よく利用できるので、環境面からも注目されています。 合板は、包装材料、輸送材料、ボート製造、楽器、家具

9 さらに読み込む

山口県の産業構造の特性 2 本県経済は 全国に比較して第 2 次産業の割合が大きなウエイトを占める 工業県 産業 3 部門別構成比 製造品出荷額等製造品出荷額等 全国第 18 位 シェア 2.2% 1 事業所当たり全国第 1 位 従業員 1 人当たり全国第 1 位 山口県 全 国 1.0 第 1 次

山口県の産業構造の特性 2 本県経済は 全国に比較して第 2 次産業の割合が大きなウエイトを占める 工業県 産業 3 部門別構成比 製造品出荷額等製造品出荷額等 全国第 18 位 シェア 2.2% 1 事業所当たり全国第 1 位 従業員 1 人当たり全国第 1 位 山口県 全 国 1.0 第 1 次

産業力・観光力の増強」に向けた主な取組① ◎産業基盤整備の推進 ◎産業基盤整備の推進 13,033,673 千円 幹線道路や物流拠点である港湾とのアクセス道路、港湾施設などの産業 幹線道路や物流拠点である港湾とのアクセス道路、港湾施設などの産業 幹線道路や物流拠点である港湾とのアクセス道路、港湾施設などの産業 幹線道路や物流拠点である港湾とのアクセス道路、港湾施設などの産業
さらに見せる

29 さらに読み込む

はしがき 石油化学産業は その下流にプラスチック製造業 合成繊維製造業 ゴム製品製造業等 多数の中小企業を抱える最上流に位置する産業であり 石油化学産業の競争力は その下 流の中小企業等の経営安定 競争力強化の観点から 非常に重要である 経済産業省では 我が国の石油化学産業をとりまく情勢が変化する中

はしがき 石油化学産業は その下流にプラスチック製造業 合成繊維製造業 ゴム製品製造業等 多数の中小企業を抱える最上流に位置する産業であり 石油化学産業の競争力は その下 流の中小企業等の経営安定 競争力強化の観点から 非常に重要である 経済産業省では 我が国の石油化学産業をとりまく情勢が変化する中

(2)石化産業の最近の動き 2010 年のエチレン生産量は 1,340 万トン、前年比+16%と増加した。能力は同+25%と増加し たことから、稼働率は一旦下がったことになるが、新設プラントの稼働の問題かと思われる。輸入 は 78 万トン、前年比▲18.5%と減少した。エチレン生産の増加に伴い、各誘導ともに生産が 増加しており、ポリエチレンでは同+19%の増加となった。この結果、ポリエチレンの輸入は 736 万トンにとどまり、前年比▲1%の減少となった。グレードでは HDPE が 350 万トン、前年比▲ 9.4%と大幅に減少したが、LLDPE が 248 万トン、同+12.6%、LDPE が 138 万トン、同+2.5%と なった。内需ベースでは+9%の増加であった。ABS を含む汎用樹脂全体の輸入量は 1,577 万ト ン、前年比▲4.8%と減少した。最も大きく減少したのが PVC であり、130 万トン、同▲24.4%と大 幅減となった。また、PP も 371 万トン、同▲7.1%と減少した。PTA は 664 万トン、同+6.2%と増 加が続いている。日欧米の景気低迷の影響から輸出環境が悪化したが、国内消費が堅調に推 移したことから、需要は好調であった。一方、プロピレンは生産が伸び悩んでいる。前年比 98% に減 少 、PP 生産 は僅かに 3%上昇 しただけである。メタノールを原料 としたオレフィン生 産が 2010 年から本格化している。2010 年にはエチレン1系列、プロピレン3系列が稼働した。特に石 炭系は内陸部にその資源があることから、オレフィン設備も内陸での建設になっている。
さらに見せる

225 さらに読み込む

大分類 製造業 ( 続き ) はん用機械器具製造業 ボイラ 原動機製造業 ポンプ 圧縮機器製造業 一般産業用機械 装置製造業 生産用機械器具製造業 農業用機械製造業 ( 農業用器具を除く ) 建設機械 鉱山機械製造業 繊維機械製造業 生活関連産業用機械製造業 基礎素材産業用機械製造業 金属加工機械製

大分類 製造業 ( 続き ) はん用機械器具製造業 ボイラ 原動機製造業 ポンプ 圧縮機器製造業 一般産業用機械 装置製造業 生産用機械器具製造業 農業用機械製造業 ( 農業用器具を除く ) 建設機械 鉱山機械製造業 繊維機械製造業 生活関連産業用機械製造業 基礎素材産業用機械製造業 金属加工機械製

その他の生活関連サービス業 旅行業 家事サービス業 衣服裁縫修理業 物品預り業 火葬・墓地管理業 冠婚葬祭業 娯楽業 映画館 興行場,興行団 競輪・競馬の競走場,競技団 スポーツ施設提供業 公園,遊園地 遊戯場 教育,学習支援業 学校教育 幼稚園 小学校 中学校 高等学校,中等教育学校 特別支援学校 高等教育機関 専修学校,各種学校 学校教育支援機関

5 さらに読み込む

チック,CNF) 等の活用に向けたものづくり産業の高度化を図ることが求められている 一方, 藍製品 や 木工 木製品, 食材 食品 等の地域産業は, 徳島市を中心に盛んであるものの, 従業者数, 出荷額ともに減少傾向にあり, 所得水準も低い これらの産業は, 経営基盤が脆弱な中小 零細企業や個人事業

チック,CNF) 等の活用に向けたものづくり産業の高度化を図ることが求められている 一方, 藍製品 や 木工 木製品, 食材 食品 等の地域産業は, 徳島市を中心に盛んであるものの, 従業者数, 出荷額ともに減少傾向にあり, 所得水準も低い これらの産業は, 経営基盤が脆弱な中小 零細企業や個人事業

活用コンソーシアム」を通じて,産学金官連携による本県の強みである 「LED」や「高機能素材」の新用途開発と本県のものづくりを担う専 門的人材の育成を図る。 さらに, 「阿波藍」を活用した木工や皮革,食品など,様々な藍の用途 開発に取り組む異業種連携組織「徳島藍ジャパンブルー推進協議会」を 通じて,国内外の市場の最先端で活躍するバイヤーや,高付加価値な製品 づくりを行うデザイナーを活用し, 「マーケットイン」型の応用製品の 開発や「LED」と組み合わせた海外展開を推進するとともに,徳島市と 連携して「藍製品」をはじめ「木工・木製品」 「食材・食品」の地域産 業の高付加価値化に向けた新商品の開発支援や域内消費の拡大,地域商 社(他の地方創生推進交付金との連携)や県内貿易振興団体を通じた販 路拡大に取り組む。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ロボット導入実証事業平成 28 年度概算要求額 30.0 億円 ( 新規 ) 製造産業局産業機械課 事業の内容 事業目的 概要 これまでのロボットは 製造業等の大企業の個別生産ライン用にカスタマイズされた大型のロボットが中心であり ロボット活用領域や業種の広がりも限定的でし

ロボット導入実証事業平成 28 年度概算要求額 30.0 億円 ( 新規 ) 製造産業局産業機械課 事業の内容 事業目的 概要 これまでのロボットは 製造業等の大企業の個別生産ライン用にカスタマイズされた大型のロボットが中心であり ロボット活用領域や業種の広がりも限定的でし

条件(対象者、対象行為、補助率) 国 民間企業 事業目的・概要  橋・トンネル社会インフラや石油プラント産業インフラは、今 後、建設後50年を経過するものが加速度的に増加する、そ れらの老朽化に対する十分な資金と高度な維持管理の専門知 識を有する人材の不足が大きな社会課題となっています。そのた め、既存インフラの状態に応じて効果的かつ効率的な維持管 理・更新を図る必要があります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

様式 1 号 ( 総括票 ) 事業活動温暖化対策計画書兼実施状況等報告書 1 事業者等の概要 氏名又は名称 横浜ゴム株式会社 長野工場 代表者名 氏名 皆川 浩 役職名 工場長 主たる事務所の所在地 長野県下伊那郡高森町吉田 548 主たる事業の分類 大分類 中分類 E 製造業 2499 他に分類さ

様式 1 号 ( 総括票 ) 事業活動温暖化対策計画書兼実施状況等報告書 1 事業者等の概要 氏名又は名称 横浜ゴム株式会社 長野工場 代表者名 氏名 皆川 浩 役職名 工場長 主たる事務所の所在地 長野県下伊那郡高森町吉田 548 主たる事業の分類 大分類 中分類 E 製造業 2499 他に分類さ

6の1 エネルギー起源二酸化炭素の排出抑制に係る目標の状況 3,726 t-CO 2 換算庫入れ生産量 74 単位 百万個 25 年度 2,786 t-CO 2 基準原単位 50.24 t-CO 2 / 百万個 3,614 t-CO 2 目標原単位 48.73 t-CO 2 / 百万個 求めた目標削減率 寄与度の合計から ※

8 さらに読み込む

図表 2 消費者アンケートでの流通経路 品目の分類 リユース品の流通経路 (6 分類 ) 1 リユースショップ 中古品販売店の店頭で購入 2 インターネットショッピングサイトにて購入 3 インターネットオークションで中古品を購入 4 フリマアプリで中古品を購入 5 フリーマーケット バザー等での購入

図表 2 消費者アンケートでの流通経路 品目の分類 リユース品の流通経路 (6 分類 ) 1 リユースショップ 中古品販売店の店頭で購入 2 インターネットショッピングサイトにて購入 3 インターネットオークションで中古品を購入 4 フリマアプリで中古品を購入 5 フリーマーケット バザー等での購入

話のリユースとしての需要拡大が影響していることが推察される 2 。 ○「カメラ・周辺機器」は、平成 24 年調査と比較すると、推計購入者数及び購入単価(円/人) のいずれも増加している。一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA)によれば、新品のカ メラ出荷台数の大部分はデジタルカメラであり、レンズ交換型(デジタル一眼レフ、ミラー レス)の出荷台数及び出荷金額ともに堅調に増加しており、金額ベースではレンズ一体型よ りも多くなっている。レンズ交換型のデジタルカメラ市場の拡大により、周辺機器への需 要も伸び、リユース市場が拡大していることも一因と考えられる。
さらに見せる

36 さらに読み込む

業種区分一覧表 業種区分一覧表 大中小業種分類日本標準産業分類等 1 ( 製造業 ) 1.1 食料品製造業 0113 野菜作農業 ( もやし製造業に限る ) 0131 穀作サービス業 ( 脱穀業 ライスセンターに限る ) 0132 野菜作 果樹作サービス業 ( 共同選果 選別場に限る ) 09 食料

業種区分一覧表 業種区分一覧表 大中小業種分類日本標準産業分類等 1 ( 製造業 ) 1.1 食料品製造業 0113 野菜作農業 ( もやし製造業に限る ) 0131 穀作サービス業 ( 脱穀業 ライスセンターに限る ) 0132 野菜作 果樹作サービス業 ( 共同選果 選別場に限る ) 09 食料

2 この業種分類と日本標準産業分類との対比表は、上記の判断を行うに当たり参考とすべき一応の目安を示したものであること。 3 日本標準産業分類、0131 穀作サービス業、0134 畜産サービス業(獣医業を除く。)、489 その他の運輸に附帯するサービス業、746 写真業、799 他に分類されないサービス業及び管理、補助的経済活動を行う事業所については、業種分類との対応関係が必ずしも 相互に一致しないことから、事業の実態に即した個別の判断が特に必要となるものであること。
さらに見せる

22 さらに読み込む

好まれていることがわかる 1990 年台後半から台頭し, 浅漬に続いて出荷額の多いキムチでは, 国内製造品の出荷額が韓国からの輸入品よりも大幅に多い 韓国からの輸入キムチは, 賞味期間内で * が増殖し, 酸味が段々強くなる発酵キムチである 一方, 国内製造品の多くは, 乳酸菌が増殖することなく,

好まれていることがわかる 1990 年台後半から台頭し, 浅漬に続いて出荷額の多いキムチでは, 国内製造品の出荷額が韓国からの輸入品よりも大幅に多い 韓国からの輸入キムチは, 賞味期間内で * が増殖し, 酸味が段々強くなる発酵キムチである 一方, 国内製造品の多くは, 乳酸菌が増殖することなく,

たとえば,漬物由来のバクテリオシン生産乳酸 菌は,漬物のスターターカルチャーとしての利用 が期待される。仕込み時に,その漬物由来のバクテ リオシン生産乳酸菌を加えることで,その漬物本 来の風味を保ち,日持ち向上剤やアルコール,塩分 の添加を抑えつつ,雑菌汚染の防止が期待できる。 このように,バクテリオシン生産乳酸菌を使用す ることで,品質を安定させることが難しい発酵漬 物を安定的かつ容易に製造できる可能性がある。 一方,漬物由来の乳酸菌のには優れた機能性 をもつものもあり,その機能性乳酸菌を利用した 機能性漬物の創出も期待される。将来的にバクテ リオシンによる菌叢の調整機構を自在に操ること が可能となれば,風味や保存性,機能性を高めた 漬物の創出も容易となるかもしれない。機能性を 付与した発酵漬物を安定的に製造できれば,漬物 市場の活性化にもつながる可能性がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 20 年 12 月 5 日 転売品に関する平成 18 年の参考データについて 近年 製造事業所においてサービス事業等製造以外の事業活動が増加傾向にあることに鑑み 平成 19 年工業統計調査 ( 平成 19 年 12 月末時点 ) から製造活動のアウトプットである 製造品出荷額 に加え 製造以外

平成 20 年 12 月 5 日 転売品に関する平成 18 年の参考データについて 近年 製造事業所においてサービス事業等製造以外の事業活動が増加傾向にあることに鑑み 平成 19 年工業統計調査 ( 平成 19 年 12 月末時点 ) から製造活動のアウトプットである 製造品出荷額 に加え 製造以外

間に断層が生じることになります。 そこで、平成 19 年調査結果を参考に、可能な範囲で 18 年の転売状況につい て聞き取りを行い製造出荷に占める転売の比率として別紙(ファイル) のとおり取りまとめました。

5 さらに読み込む

第 章木材産業と木材利用 増の約 2 兆 億円であった * ( 資料 -) このうち 製材業の製造品出荷額等は 億円 集成材製造業は 億円 合板製造業は 億 円 木材チップ製造業は 億円となっている * また 木材 木製品製造業の付加価値額 * は 億円 従業者数は 人となっている 我が国の木材産業

第 章木材産業と木材利用 増の約 2 兆 億円であった * ( 資料 -) このうち 製材業の製造品出荷額等は 億円 集成材製造業は 億円 合板製造業は 億 円 木材チップ製造業は 億円となっている * また 木材 木製品製造業の付加価値額 * は 億円 従業者数は 人となっている 我が国の木材産業

林野庁では、平成16(2004)年度から平成18 (2006)年度にかけて、曲がり材や間伐材を使用 して、集成材や合板を低コストかつ大ロットで安定 的に供給する「新流通・加工システム」の取組を実 施した。その結果、曲がり材や間伐材の利用量は、 平成16(2004)年の45万㎥から、平成18(2006) 年には121万㎥まで増加した。特に、同事業を契 機に、合板工場における国産材利用の取組が 全国的に波及し、これまでチップ材に用途 が限られていた原木が、合板用材として相応 の価格で利用されるようになった。
さらに見せる

11 さらに読み込む

医薬品 医薬部外品製造販売業者等における コンピュータ化システム適正管理ガイドライン 目次 1. 総則 目的 コンピュータ化システムの取扱い カテゴリ分類 適用の範囲 コンピュータ化システムの開発 検証及び運用管理

医薬品 医薬部外品製造販売業者等における コンピュータ化システム適正管理ガイドライン 目次 1. 総則 目的 コンピュータ化システムの取扱い カテゴリ分類 適用の範囲 コンピュータ化システムの開発 検証及び運用管理

システムの運用において操作者を識別、特定するために用いられるデータの組み合わせ、もしくは機 器とデータの組み合わせ、例えば ID とパスワードの組合せ。 システムアセスメント 開発対象とするコンピュータ化システムのバリデーションにおける検証内容や作成文書を決定す るために、システムのソフトウェアの複雑性や開発方法、当該システムにより製造される製品の安全性 や品質への影響の度合い、又は当該システムにより作成、保存される電子記録の重要度、供給者のシス テム開発過程での品質保証の状況を総合的に評価すること。
さらに見せる

19 さらに読み込む

大分類 製造業 ( 続き ) はん用機械器具製造業 ボイラ 原動機製造業 ポンプ 圧縮機器製造業 一般産業用機械 装置製造業 生産用機械器具製造業 農業用機械製造業 ( 農業用器具を除く ) 建設機械 鉱山機械製造業 繊維機械製造業 生活関連産業用機械製造業 基礎素材産業用機械製造業 金属加工機械製

大分類 製造業 ( 続き ) はん用機械器具製造業 ボイラ 原動機製造業 ポンプ 圧縮機器製造業 一般産業用機械 装置製造業 生産用機械器具製造業 農業用機械製造業 ( 農業用器具を除く ) 建設機械 鉱山機械製造業 繊維機械製造業 生活関連産業用機械製造業 基礎素材産業用機械製造業 金属加工機械製

プラスチック成形材料製造業(廃プラスチックを含む) ゴム製品製造業 タイヤ・チューブ製造業 ゴム製・プラスチック製履物・同附属製造業 ゴムベルト・ゴムホース・工業用ゴム製品製造業 なめし革・同製品・毛皮製造業 なめし革製造業 工業用革製品製造業 革製履物用材料・同附属製造業 革製履物製造業 革製手袋製造業 かばん製造業 袋物製造業 毛皮製造業 窯業・土石製品製造業 ガラス・同製品製造業 セメント・同製品製造業 建設用粘土製品製造
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...