生活保護法に基

Top PDF 生活保護法に基:

生活保護法の指定を不要とする旨の申出書 生活保護法等に基づく指定介護機関制度について|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

生活保護法の指定を不要とする旨の申出書 生活保護法等に基づく指定介護機関制度について|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

介護保険第42条の2第1項本文の指定( 同第8条第21項規定する地 域密着型介護老人福祉施設係る指定及び同第78条の15第2項規定 する指定期間開始時有効指定を除く。) 介護保険第78条の12において読み替えて準用する同第71条第1項の規

3 さらに読み込む

生活保護法及び中国残留邦人等支援法の指定を不要とする別段申出書 長崎市│居宅サービス事業者等の申請(届出)書様式

生活保護法及び中国残留邦人等支援法の指定を不要とする別段申出書 長崎市│居宅サービス事業者等の申請(届出)書様式

申  出  書 生活保護第 54 条の2第2項ただし書並びに中国残留邦人等の円滑な帰国の促進 及び永住帰国後の自立の支援に関する法律第 14 条第 4 項の規定基づき、生活保護 第 54 条の2第2項並びに中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自 立の支援に関する法律第 14 条第 4 項による指定介護機関としての指定を不要とする 旨申し出ます。

1 さらに読み込む

生活保護法の一部改正に伴う指定医療機関の指定事務に係る留意事項等について

生活保護法の一部改正に伴う指定医療機関の指定事務に係る留意事項等について

6 第2項第6号関係 開設者が、生活保護の規定による検査が行われた日から聴聞決定予定日(当該検査の結 果づ き生活保護の規定による 指定の取消しの処分係る 聴聞を行うか否かの決定 を することが見込まれる日として都道府県知事が当該開設者当該検査が行われた日から 10 日以内、検査日から起算して 60 日以内の特定の日を通知した場合における当該特定の日 をいう。 )までの間生活保護の規定による指定の辞退の申出をした者(当該指定の辞退 について相当の理由がある者を除く。 )で、当該申出の日から起算して5年を経過しないも のであること。
さらに見せる

10 さらに読み込む

●生活保護法等の一部を改正する法律案

●生活保護法等の一部を改正する法律案

附則次の見出し及び二項を加える。 (検討等) 16 厚生労働大臣は、平成二十九年行われた第八条第一項の基準(以下この項及び次 項において「保護の基準」という。)の検証の際用いられた手法による保護の基準 の改定よつては、保護の基準が要保護者の最低限度の生活の需要を満たす十分な ものでなくなること等が懸念されていること鑑み、生活保護等の一部を改正する 法律(平成三十年法律第▼▼▼号)附則第一条第一号掲げる改正規定の施行後一年 以内保護の基準の改定の方法等の在り方を見直し、保護の基準の改定等の必要な 措置を講ずるものとする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務 特定個人情報保護評価書の公表について|豊島区公式ホームページ

生活に困窮する外国人に対する生活保護に関する事務 特定個人情報保護評価書の公表について|豊島区公式ホームページ

③システムの名称 総合保健福祉システム(生活保護)、システム共通基盤(団体内統合宛名)、中間サーバー ●事務全体の概要  生活困窮する外国人に対する生活保護の措置について(昭和29年5月8日社発第382号厚生省社会 局長通知)基づき、生活保護準じて、生活困窮する世帯からの相談・申請を受け、困窮の程度 応じて生活・住宅・教育・医療・介護扶助等の保護を行う。
さらに見せる

4 さらに読み込む

指定介護機関の手引き (yte) 福岡市 生活保護法による医療・介護機関等の指定及び届出

指定介護機関の手引き (yte) 福岡市 生活保護法による医療・介護機関等の指定及び届出

目 次 第1 生活保護の概要 -------------------------------------------------------------------------------------------------- 1 1 生活保護制度の目的 ----------------------------------------------------------------------------------------------- 1 2 生活保護の基本原理、原則 ------------------------------------------------------------------------------------ 1 3 保護の種類と方法 -------------------------------------------------------------------------------------------------- 2 4 福祉事務所 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------- 2 5 指定介護機関 -------------------------------------------------------------------------------------------------------- 2 指定介護機関担当規程 -------------------------------------------------------------------------------------------- 3 第2 介護扶助制度の概要 ----------------------------------------------------------------------------------------------- 4 第3 介護扶助の給付 ----------------------------------------------------------------------------------------------------- 5 1 介護扶助の給付事務の全体像(概要) ------------------------------------------------------------------------- 5 2 介護扶助の要介護認定 --------------------------------------------------------------------------------------------- 7
さらに見せる

45 さらに読み込む

生活保護法による

生活保護法による

5 第2項第6号関係 申請者が、生活保護の規定による検査が行われた日から聴聞決定予定日(当該検査の結 果基づき生活保護の規定による指定の取消しの処分係る聴聞を行うか否かの決定をす ることが見込まれる日として都道府県知事が当該申請者当該検査が行われた日から 10 日 以内、検査日から起算して 60 日以内の特定の日を通知した場合における当該特定の日をい う。)までの間生活保護の規定による指定の辞退の申出をした者(当該指定の辞退つい て相当の理由がある者を除く。)で、当該申出の日から起算して5年を経過しないものである こと。
さらに見せる

32 さらに読み込む

生活保護法及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による

生活保護法及び中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による

- 33 - 可を受けた都道府県知事若しくは指定都市若しくは中核市の市長又はこれを設置した都道府県若しくは指定 都市若しくは中核市を管轄する都道府県知事若しくは指定都市若しくは中核市の市長との間、診療報酬 関して協定を締結したときは、当該指定医療機関又は医療保護施設係る診療報酬は、当該協定よる。た だし、当該協定による診療報酬が健康保険第76条第2項の規定による厚生労働大臣の定め、同第85 条第2項及び第85条の2第2項の規定による厚生労働大臣の定める基準若しくは同第86条第2項第1 号の規定による厚生労働大臣の定め(前項該当する指定医療機関あっては、当該定めのうち診療報酬が 最低となる定め)若しくは同第88条第4項の規定による厚生労働大臣の定め又は高齢者の医療の確保 関する法律第71条第1項の規定による厚生労働大臣の定め、同第74条第2項及び第75条第2項の規 定による厚生労働大臣の定める基準若しくは同第78条第4項の規定による厚生労働大臣の定める基準の 例による場合比べて同額又は低額である場合限る。
さらに見せる

37 さらに読み込む

生活保護法指定医療機関等の手引き(平成28年3月版)

生活保護法指定医療機関等の手引き(平成28年3月版)

3 前 項 の 規 定 よ り 第 1 項 の 指 定 を 受 け た も の と み な さ れ た 別 表 第 2 の 上 欄 掲 げ る 介 護 機 関 係 る 同 項 の 指 定 は 、 当 該 介 護 機 関 が 同 表 の 下 欄 掲 げ る 場 合 該 当 す る と き は 、 そ の 効 力 を 失 う 。 4 第 4 9 条 の 2 ( 第 2 項 第 1 号 を 除 く 。 ) の 規 定 は 、 第 1 項 の 指 定 つ い て 、 第 5 0 条 か ら 前 条 ま で の 規 定 は 、 同 項 の 規 定 よ り 指 定 を 受 け た 介 護 機 関 ( 第 2 項 本 文 の 規 定 よ り 第 1 項 の 指 定 を 受 け た も の と み な さ れ た も の を 含 む 。 ) つ い て 準 用 す る 。 こ の 場 合 お い て 、 第 5 0 条 及 び 第 5 0 条 の 2 中 「 指 定 医 療 機 関 」 と あ る の は 「 指 定 介 護 機 関 」 と 、 第 5 1 条 第 1 項 中 「 指 定 医 療 機 関 」 と あ る の は 「 指 定 介 護 機 関 ( 地 域 密 着 型 介 護 老 人 福 祉 施 設 及 び 介 護 老 人 福 祉 施 設 係 る も の を 除 く 。 ) 」 と 、 同 条 第 2 項 、 第 5 2 条 第 1 項 及 び 第 5 3 条 第 1 項 か ら 第 3 項 ま で の 規 定 中 「 指 定 医 療 機 関 」 と あ る の は 「 指 定 介 護 機 関 」 と 、 同 項 中 「 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 ( 昭 和 2 3 年 律 第 1 2 9 号 ) 定 め る 審 査 委 員 会 又 は 医 療 関 す る 審 査 機 関 で 政 令 で 定 め る も の 」 と あ る の は 「 介 護 保 険 定 め る 介 護 給 付 費 審 査 委 員 会 」 と 、 同 条 第 4 項 中 「 指 定 医 療 機 関 」 と あ る の は 「 指 定 介 護 機 関 」 と 、 「 社 会 保 険 診 療 報 酬 支 払 金 又 は 厚 生 労 働 省 令 で 定 め る 者 」 と あ る の は 「 国 民 健 康 保 険 団 体 連 合 会 」 と 、 前 条 第 1 項 中 「 指 定 医 療 機 関 」 と あ る の は 「 指 定 介 護 機 関 」 と 読 み 替 え る も の と す る ほ か 、 必 要 な 技 術 的 読 替 え は 、 政 令 で 定 め る 。
さらに見せる

100 さらに読み込む

生活保護法の一部改正に伴う指定助産機関及び指定施術機関の指定事務に係る留意事項等について

生活保護法の一部改正に伴う指定助産機関及び指定施術機関の指定事務に係る留意事項等について

5 第2項第6号関係 申請者が、生活保護の規定による検査が行われた日から聴聞決定予定日(当該検査の結 果基づき生活保護の規定による指定の取消しの処分係る聴聞を行うか否かの決定をす ることが見込まれる日として都道府県知事が当該申請者当該検査が行われた日から 10 日 以内、 検査日から起算して 60 日以内の特定の日を通知した場合における当該特定の日をい う。 ) までの間生活保護の規定による指定の辞退の申出をした者 (当該指定の辞退つい て相当の理由がある者を除く。 ) で、 当該申出の日から起算して5年を経過しないものである こと。
さらに見せる

8 さらに読み込む

指定医療機関等の手引き (yte) 福岡市 生活保護法による医療・介護機関等の指定及び届出

指定医療機関等の手引き (yte) 福岡市 生活保護法による医療・介護機関等の指定及び届出

医 2 ) 般疾病医療 ------------------------------------------------------------------------------------ 1「 学校保健 ------------------------------------------------------------------------------------------ 第 指定申請と届出について ------------------------------------------------------------------------ 指定申請 --------------------------------------------------------------------------------------- 医 1 ) 選定基準 ------------------------------------------------------------------------------------------

80 さらに読み込む

生活保護法による

生活保護法による

5 第2項第6号関係 開設者が、生活保護の規定による検査が行われた日から聴聞決定予定日(当該検査の結 果基づき生活保護の規定による指定の取消しの処分係る聴聞を行うか否かの決定をす ることが見込まれる日として都道府県知事が当該開設者当該検査が行われた日から 10 日 以内、検査日から起算して 60 日以内の特定の日を通知した場合における当該特定の日をい う。)までの間生活保護の規定による指定の辞退の申出をした者(当該指定の辞退つい て相当の理由がある者を除く。)で、当該申出の日から起算して5年を経過しないものである こと。
さらに見せる

33 さらに読み込む

生活保護法による

生活保護法による

5 第2項第6号関係 開設者が、生活保護の規定による検査が行われた日から聴聞決定予定日(当該検査の結 果基づき生活保護の規定による指定の取消しの処分係る聴聞を行うか否かの決定を することが見込まれる日として都道府県知事が当該開設者当該検査が行われた日から 10 日以内、検査日から起算して 60 日以内の特定の日を通知した場合における当該特定の日 をいう。)までの間生活保護の規定による指定の辞退の申出をした者(当該指定の辞退 について相当の理由がある者を除く。)で、当該申出の日から起算して5年を経過しないも のであること。
さらに見せる

47 さらに読み込む

生活保護に関する実態調査_第2-2-(1) 生活保護に関する主要指標とその動き

生活保護に関する実態調査_第2-2-(1) 生活保護に関する主要指標とその動き

また、発見の契機については、 「照会・調査」が最も多く、不正 の内容については、 「稼働収入の無申告」が最も多いものとなって いる。 ② また、今回、当省で、監査実施結果報告書、 「被保護者調査」 (平 成 23 年度以前は「福祉行政報告例」又は「被保護者全国一斉調査」 ) 及び「厚生労働省による都道府県・指定都市に対する生活保護 施行事務監査かかる資料の提出について」 (平成 12 年 10 月 25 日付け社援監第 18 号厚生省社会・援護局監査指導課長通知) づく生活保護施行事務監査資料を、調査対象とした 102 福 祉事務所について、不正受給に関する分析を行った結果、次のよ うな状況がみられた。
さらに見せる

48 さらに読み込む

改正個人情報保護法の施行に向けた最新動向

改正個人情報保護法の施行に向けた最新動向

第1条 この法律は、高度情報通信社会の進展伴い個人情報の利用が著しく拡大していること鑑み、個 人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護 に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかするとともに、個人 情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の 適正かつ効果的な活用 が新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現資するものであるこ とその他の 個人情報の有用性配慮 しつつ、 個人の権利利益を保護 することを目的とする。
さらに見せる

42 さらに読み込む

目次 1. 個人情報保護法の改正 2. 個人情報保護法の施行に向けた動き (1) 個人情報保護委員会 (2) 改正と政令案等のポイント

目次 1. 個人情報保護法の改正 2. 個人情報保護法の施行に向けた動き (1) 個人情報保護委員会 (2) 改正と政令案等のポイント

第1条 この法律は、高度情報通信社会の進展伴い個人情報の利用が著しく拡大していること鑑み、個 人情報の適正な取扱いに関し、基本理念及び政府による基本方針の作成その他の個人情報の保護 に関する施策の基本となる事項を定め、国及び地方公共団体の責務等を明らかするとともに、個人 情報を取り扱う事業者の遵守すべき義務等を定めることにより、個人情報の 適正かつ効果的な活用 が新たな産業の創出並びに活力ある経済社会及び豊かな国民生活の実現資するものであるこ とその他の 個人情報の有用性配慮 しつつ、個人の権利利益を保護 することを目的とする。
さらに見せる

21 さらに読み込む

社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会におけるこれまでの ( 目次 ) これまでの各回における議題の 特に議論いただきたい点 を基に整理 < 第 2 回部会関係 > (2-1) 自立相談支援のあり方について 1 1 自立相談支援のあり方全般 2 自立相談支援事業に生活困窮者をつなげる仕組み

社会保障審議会生活困窮者自立支援及び生活保護部会におけるこれまでの ( 目次 ) これまでの各回における議題の 特に議論いただきたい点 を基に整理 < 第 2 回部会関係 > (2-1) 自立相談支援のあり方について 1 1 自立相談支援のあり方全般 2 自立相談支援事業に生活困窮者をつなげる仕組み

個人の命関わるものや子ども関わるものなど、いくつかの条件 該当すれば個人の同意がなくても段階を踏んで介入することが必要。 法律による法定協議会の設置や、生命の危険が予想される場合など、 一定の条件を設定した上での情報共有や守秘義務についての法的 枠組みが考えられないか。

10 さらに読み込む

生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について 長崎市│社会保障・税番号(マイナンバー)制度

生活に困窮する外国人に対する生活保護の措置について 長崎市│社会保障・税番号(マイナンバー)制度

但し、保護の申請者又はその世帯員が急迫した状況あるため、左の各号規定する手 続を履行する暇がない場合は、とりあえず第19条第2項或は第19条第6項の規 定準じて保護を実施し、しかる後左の手続を行つて差し支えないこと。 生活困窮する外国人で保護を受けようとするものは、出入国管理及び難民認定(昭 和26年政令第19号。以下「入管」という。)基づく在留カード又は日本国との平 和条約基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例(平成3年法律第 71号。以下「入管特例」という。)基づく特別永住者証明書記載された当該生活 困窮者の住居地を管轄する保護の実施機関に対し、申請者及び保護を必要とする者の国籍 を明記した保護の申請書を提出するとともに有効なる在留カード又は特別永住者証明書を 呈示すること。
さらに見せる

4 さらに読み込む

水質環境基準水質環境基準は 人の健康を保護し 生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準として 環境基本法に基づいて定められており 人の健康の保護に関する基準 ( 健康項目 ) と 生活環境の保全に関する基準 ( 生活環境項目 ) があります (1) 人の健康の保護に関する環境基準 ( 健

水質環境基準水質環境基準は 人の健康を保護し 生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準として 環境基本法に基づいて定められており 人の健康の保護に関する基準 ( 健康項目 ) と 生活環境の保全に関する基準 ( 生活環境項目 ) があります (1) 人の健康の保護に関する環境基準 ( 健

生物特A 生物Aの水域のうち、生物A欄掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生 育場として特に保全が必要な水域 0.03 mg/l 以下 生物B コイ、フナ等比較的高温域を好む水生生物及びこれらの餌生物が生息する水域 0.03 mg/l 以下 生物特B 生物Bの水域のうち、生物B欄掲げる水生生物の産卵場(繁殖場)又は幼稚仔の生

6 さらに読み込む

個人情報保護法等の改正に伴う指針の見直し

個人情報保護法等の改正に伴う指針の見直し

個人情報保護委員会事務局の回答 (昨年11月30日) 「例えば、私立大学、研究所、ひとつの主体とみなすことができる 共同研究、学会(学会所属する医師等も含む)等が、学術研究の 用供する目的で個人情報を取り扱う場合は、個人情報保護第4 章の規定は適用されません。」

56 さらに読み込む

Show all 10000 documents...