独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構

Top PDF 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構:

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

茨 城 県 栃 木 県 群 馬 県 埼 玉 県 (12) 千 葉 県 (12) 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 水 戸 医 療 センター 株 式 会 社 日 立 製 作 所 日 立 総 合 病 院 株 式 会 社 日 立 製 作 所 ひたちなか 総 合 病 院 総 合 病 院 土 浦

大阪大学医学部附属病院 市立豊中病院 大阪医科大学附属病院 関西医科大学附属枚方病院 東大阪市立総合病院 八尾市立病院 近畿大学医学部附属病院 独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 独立行政法人労働者健康福祉機構 大阪労災病院 市立堺病院 市立岸和田市民病院 公立大学法人 大阪市立大学医学部附属病院 大阪市立総合医療センター 大阪赤十字病院 独立行政法人国立病院[r]

7 さらに読み込む

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 九 州 がんセンターにおける 公 的 研 究 費 等 の 取 扱 いに 関 する 要 領 目 次 第 1 章 総 則 ( 第 1 条 第 2 条 ) 第 2 章 運 営 管 理 責 任 体 制 ( 第 3 条 第 7 条 ) 第 3 章 適 正 な 運

二 研究者等 当に所属する研究者及び当の公的研究費等の運営及び管理に関わる事 務職員を含めすべての者をいう。 三 不正使用 故意又は重大な過失による架空請求に係る業者への預け金、実体を伴わな い旅費、給与又は謝金の請求等、虚偽の書類によって関係する法令等及び国立病院機構 の定める規程等に逸脱して、公的研究費等を不正に使用又は受給する行為をいう。 四 コンプライアンス教育 不正使用を事前に防止するために、九州がんセンターが研究
さらに見せる

25 さらに読み込む

独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 2

独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 2

事例1 海外競合企業への技術情報の流出 Copyright © 2015 独立行政法人 情報処理推進機構 5 2014年3月、F社のフラッシュメモリーの研究データを不正に持ち出し、転職 先である韓国の半導体大手H社に提供したとして、F社と業務提携していた 半導体メーカー G社の元技術者が、不正競争防止違反(営業秘密開示) 容疑で逮捕された。

53 さらに読み込む

別 表 1 機 構 名 及 び 学 校 名 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 国 立 小 樽 海 上 技 術 学 校 国 立 館 山 海 上 技 術 学 校 国 立 唐 津 海 上 技 術 学 校 国 立 口 之 津 海 上 技 術 学 校 国 立 宮 古 海 上 技 術 短 期 大

別 表 1 機 構 名 及 び 学 校 名 独 立 行 政 法 人 海 技 教 育 機 構 国 立 小 樽 海 上 技 術 学 校 国 立 館 山 海 上 技 術 学 校 国 立 唐 津 海 上 技 術 学 校 国 立 口 之 津 海 上 技 術 学 校 国 立 宮 古 海 上 技 術 短 期 大

日本語表記 英語表記 独立行政人海技教育機構 Independent Administrative Institution Marine Technical Education Agency 国立小樽海上技術学校 National Otaru Maritime Polytechnical School 国立館山海上技術学校 National Tateyama Maritime Polytechnical School 国立唐津海上技術学校 National Karatsu Maritime Polytechnical School 国立口之津海上技術学校 National Kuchinotsu Maritime Polytechnical School 国立宮古海上技術短期大学校 National Miyako Maritime Polytechnical College 国立清水海上技術短期大学校 National Shimizu Maritime Polytechnical College 国立波方海上技術短期大学校 National Namikata Maritime Polytechnical College
さらに見せる

6 さらに読み込む

第 1 入 札 内 容 本 件 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 入 札 等 については 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 ( 以 下 機 構 という ) 一 般 契 約 事 務 取 扱 細 則 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 細 則 ( 調 ) 第 8 号 )に 定

第 1 入 札 内 容 本 件 に 係 る 入 札 公 告 に 基 づく 入 札 等 については 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構 ( 以 下 機 構 という ) 一 般 契 約 事 務 取 扱 細 則 ( 平 成 15 年 10 月 1 日 細 則 ( 調 ) 第 8 号 )に 定

情報公開について 「独立行政法人の事務・事業の見直しの基本方針」 (平成 22 年 12 月 7 日閣議決 定)に基づき、行政改革推進本部事務局から、独立行政法人が密接な関係にあると 考えられる法人と契約する際には、当該法人への再就職の状況や取引高などの情報 を公表することが求められています。 つきましては、当機構においてもこれに基づき関連情報を当機構のホームページ[r]

15 さらに読み込む

かかりつけ 医 以 外 に 臨 床 調 査 個 人 票 の 作 成 を 依 頼 する 場 合 は 事 前 に 病 等 への 確 認 をお 勧 めします 担 当 する 診 療 名 指 定 年 月 日 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 平 野 文 祟 機 構 九 州 労 災 病 門 司

かかりつけ 医 以 外 に 臨 床 調 査 個 人 票 の 作 成 を 依 頼 する 場 合 は 事 前 に 病 等 への 確 認 をお 勧 めします 担 当 する 診 療 名 指 定 年 月 日 独 立 行 政 法 人 労 働 者 健 康 福 祉 平 野 文 祟 機 構 九 州 労 災 病 門 司

州医療センター 福岡市中央区 地行浜1-8-1 皮膚科 平成26年12月19日 井星 陽一郎 独立行政法人国立病院機構九 州医療センター 福岡市中央区 地行浜1-8-1 消化器内科 平成26年12月19日 高尾 信一郎 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 内科 平成26年12月19日 綿屋 洋 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 呼吸器内科 平成26年12月19日 井上 久子 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 膠原内科 平成26年12月19日 山本 雄祐 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 循環器内科 平成26年12月19日 久保田 徹 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 循環器内科 平成26年12月19日 松浦 弘 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 外科 平成26年12月19日 伊東 啓行 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 外科 平成26年12月19日 定永 倫明 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 外科 平成26年12月19日 星野 祐二 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 外科 平成26年12月19日 二宮 瑞樹 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 外科 平成26年12月19日 宮城 知也 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 脳神経外科 平成26年12月19日 吉村 文秀 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 脳神経外科 平成26年12月19日 竹内 靖治 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 脳神経外科 平成26年12月19日 前田 充秀 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 脳神経外科 平成26年12月19日 山田 猛 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 神経内科 平成26年12月19日 川尻 真和 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 神経内科 平成26年12月19日 中垣 英明 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 神経内科 平成26年12月19日 山本 正洋 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 眼科 平成26年12月19日 向野 るり子 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 眼科 平成26年12月19日 西村 崇 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 総合診療科 平成26年12月19日 加藤 誠也 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 病理診断 平成26年12月26日 吉村 大輔 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 内科、消化器内科 平成26年12月19日 水谷 孝弘 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 消化器内科 平成26年12月19日 明石 哲郎 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 内科 平成26年12月19日 森園 周祐 福岡県済生会福岡総合病院 福岡市中央区 天神1-3-46 肝臓内科 平成26年12月19日 根井 耕治 医療法人財団 博愛会 博愛
さらに見せる

143 さらに読み込む

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 (フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は ( 有 料 )を 御 利 用 くだ

相 談 窓 口 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 救 済 制 度 相 談 窓 口 (フリーダイヤル) IP 電 話 等 の 方 でフリーダイヤルが 御 利 用 になれない 場 合 は ( 有 料 )を 御 利 用 くだ

医薬品副作用被害救済制度については、医薬品を適正な使用目的に従い適正に使 用したにも関わらず発生した副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や日常生 活が著しく制限される程度の障害等の健康被害を受けた方の迅速な救済を図るこ とを目的として独立行政法人医薬品医療機器総合機構 (平成 14 年法律第 192 号) に基づき、運用されているところです。

7 さらに読み込む

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

り 変 更 する 平 成 28 年 7 月 に 着 工 予 定 東 京 都 市 計 画 都 市 再 生 特 別 地 区 ( 大 手 町 一 丁 目 2 地 区 ) 別 紙 5 4 独 立 行 政 法 人 都 市 再 生 機 構 が 東 京 メトロ 日 比 谷 線 神 谷 町 駅 から 霞 ヶ 関 駅

① 慶應義塾大学病院(東京都新宿区) (例) クローンや膠原等の治療薬など ② 独立行政法人国立がん研究センター(東京都中央区) (例) 東京・神奈川等において研究開発が進む、IVR(画像下治療;画像 診断に用いる放射線技術を応用して行う治療の総称)等の低侵襲が ん治療、分子標的薬等を用いる個別化医療など

9 さらに読み込む

群 馬 社 会 保 険 群 馬 中 央 総 合 病 院 群 馬 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 沼 田 病 院 群 馬 邑 楽 館 林 医 療 事 務 組 合 館 林 厚 生 病 院 群 馬 利 根 保 健 生 活 協 同 組 合 利 根 中 央 病 院 埼 玉 医 療 法 人 社

群 馬 社 会 保 険 群 馬 中 央 総 合 病 院 群 馬 独 立 行 政 法 人 国 立 病 院 機 構 沼 田 病 院 群 馬 邑 楽 館 林 医 療 事 務 組 合 館 林 厚 生 病 院 群 馬 利 根 保 健 生 活 協 同 組 合 利 根 中 央 病 院 埼 玉 医 療 法 人 社

島根 社会医療法人仁寿会加藤病院 島根 雲南市立病院 島根 邑智郡公立病院組合公立邑智病院 島根 社会福祉法人恩賜財団済生会島根県済生会江津総合病院 島根 社団法人益田市医師会益田地域医療センター医師会病院 島根 出雲医療生活協同組合出雲市民病院

7 さらに読み込む

審 査 報 告 書 平 成 28 年 2 月 9 日 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 承 認 申 請 のあった 下 記 の 医 薬 品 にかかる 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 での 審 査 結 果 は 以 下 のとお りである 記 [ 販 売 名 ]

審 査 報 告 書 平 成 28 年 2 月 9 日 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 承 認 申 請 のあった 下 記 の 医 薬 品 にかかる 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 での 審 査 結 果 は 以 下 のとお りである 記 [ 販 売 名 ]

舌潰瘍 0 0 0 2 (1.0) 発現例数(発現割合(%)) 次に申請者は、海外製造販売後安全性情報において報告された口腔関連の有害事象は 1307 件 (936.0 件/10 万年、うち重篤 150 件)であり、ほとんどが非重篤の事象であったものの、舌腫 脹(154 件、うち重篤 84 件)については重篤な事象が一定数集積していたこと、また、投与部位 とは直接的な関連性は低いと考えるものの、咽頭浮腫(46 件、うち重篤 35 件)についても重篤な 事象が多く報告されていたことを説明した。さらに申請者は、重篤な舌腫脹及び咽頭浮腫が報告 された症例では、呼吸困難及び嚥下障害の併発が報告されていたこと(咽頭浮腫: 呼吸困難 6 件、 呼吸障害 1 件及び嚥下障害 4 件、舌腫脹: 呼吸困難 9 件及び嚥下障害 5 件)、転帰が死亡の報告は なかったことを説明した。その上で申請者は、重篤な舌腫脹及び咽頭浮腫の発現序について、 海外製造販売後安全性情報ではアナフィラキシー反応を認めた症例の一部に舌腫脹及び咽頭浮腫 を伴った症例が報告されていたものの、過敏性反応に関連しないと考えられる舌腫脹及び咽頭浮 腫も報告されていたことを説明した上で、本剤投与時に急性アレルギー反応が生じた場合には、 血管浮腫により舌腫脹及び咽頭浮腫が生じ、呼吸困難等を併発すると考えられること、一方で、 アレルギー反応様の症状を伴わない場合には、本剤の神経伝導遮断作用によると考えられる口の 感覚鈍麻や口の錯感覚、D 2 遮断作用によると考えられる口下顎ジストニアが舌腫脹及び咽頭浮腫
さらに見せる

88 さらに読み込む

審 査 報 告 書 平 成 25 年 9 月 24 日 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 承 認 申 請 のあった 下 記 の 医 薬 品 にかかる 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 での 審 査 結 果 は 以 下 のとおりであ る 記 [ 販 売 名

審 査 報 告 書 平 成 25 年 9 月 24 日 独 立 行 政 法 人 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 承 認 申 請 のあった 下 記 の 医 薬 品 にかかる 医 薬 品 医 療 機 器 総 合 機 構 での 審 査 結 果 は 以 下 のとおりであ る 記 [ 販 売 名

集積が必要であると考える。 機構は、以上の結果を踏まえ、第Ⅲ相臨床試験成績に基づき、スギ花粉によるアレルギー症状の軽減 について、本剤の有効性は示されたと考える。一方、減感作療法は長期の投与を要する治療であり、 その最終的な治療目標はアレルギー症状の寛解であると考えることから、製造販売後調査において、本 剤の長期投与時の寛解の達成率及び本剤治療終了後の寛解の維持率等について情報を収集する必要があ ると考える。また、これらについてより明確なエビデンスを医療現場に提供できるよう、製造販売後臨 床試験等の実施についても検討することが望ましいと考える。さらに、SLIT と SCIT の有効性の差違に ついて現時点で明確に結論することは困難であるが、当該情報は治療方法を選択する上で重要な情報と なると考えることから、今後検討することが望ましいと考える。
さらに見せる

33 さらに読み込む

独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 大 島 商 船 高 等 専 門 学 校 紀 要 第 48 号 覚 と 資 質 を 養 うことを 求 めているのである 地 理 歴 史 科 の 科 目 は 世 界 史 A 世 界 史 B 日 本 史 B 地 理 A 地 理 B の 6 科

独 立 行 政 法 人 国 立 高 等 専 門 学 校 機 構 大 島 商 船 高 等 専 門 学 校 紀 要 第 48 号 覚 と 資 質 を 養 うことを 求 めているのである 地 理 歴 史 科 の 科 目 は 世 界 史 A 世 界 史 B 日 本 史 B 地 理 A 地 理 B の 6 科

②この頃〔1866 年の改税約書調印〕からイギリス公使パークスは、しだいに幕府 の無力を見抜き、天皇を中心とする雄藩連合政権の実現を期待するようになった 〔pp28〕。 ③一方、フランス公使ロッシュは幕府支持の立場を続け、多額の借款を供与して 幕府の軍艦・武器の購入や横須賀製鉄所の建設費にあてることを計画し、また、 本国からの軍事使節団によって幕府軍を訓練したり、幕府中心の政権構想を提示 する な どし たの で 、イ ギ リス ・ フラ ンス 両 は 対 日 策 をめ ぐっ て 対立 し た。 〔pp28-pp29〕
さらに見せる

8 さらに読み込む

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構

୰ᑠᶵᵓ࣭ᑠつᶍ஦ᴗ⪅ᨭ᥼࢞࢖ࢻࣈࢵࢡϨ 56 Ẕᾢᾣᾔᾟᾁẕ 䕔ᑠ኎ᴗ䜲䞁䝍䝡䝳䞊䝅䞊䝖 ㄢ㢟 䜰䜽䝅䝵䞁౛ 䜲䞁䝍䝡䝳䞊䠃☜ㄆ஦㡯౛ 䐟 ᥇ ⟬ ᛶ ȷՠԼᲢ፭ᲣКƷ ų੷Ⴉોծ ȷ᫑ܲᲢ፭ᲣКƷ ų੷Ⴉોծ š੔ም౨ᚰƴؕƮƘ ųՠԼƷࢍ҄ȷગᡚ š͌λྙȷ૾ඥƷᙸႺƠ šˁλέȷӕࡽவˑƷ ųᙸႺƠ žՠԼКᲢ᫑ܲКᲣƷቫМྙƸ৭੮ƠƯƍLJƢƔᲹ ųƲǜƳྸဌ[r]

100 さらに読み込む

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

独 立 行 政 法 人 中 小 企 業 基 盤 整 備 機 構 ( 以 下 中 小 機 構 といいます )は 中 小 企 業 倒 産 防 止 共 済 の 各 種 事 務 手 続 きを 団 体 および 金 融 機 関 に 委 託 しています 共 済 契 約 者 が 共 済 金 の 貸 付 請 求 をす

2. について (1)中小機構は、登録取扱機関から共済金貸付請求書等の書類を受付け、共済金の貸付決定を行った 場合には、貸付請求をした共済契約者に次の書類を送付します。 ① 「中小企業倒産防止共済金貸付決定通知書(本人控)」(様式㊥ 311) ② 「共済金貸付契約証書(本人控)」(様式㊥ 312) ③ 「共済金貸付契約証書(機構)」(様式㊥ 313) ④ 「中小企業倒産[r]

8 さらに読み込む

本 レポートは 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 不 定 期 に 発 行 する 成 果 報 告 書 です 本 レポートの 入 手 並 びに 著 作 権 利 用 に 関 するお 問 い 合 わせは 下 記 あてにお 問 い 合 わせ 下 さい なお 本 レポートの

本 レポートは 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 不 定 期 に 発 行 する 成 果 報 告 書 です 本 レポートの 入 手 並 びに 著 作 権 利 用 に 関 するお 問 い 合 わせは 下 記 あてにお 問 い 合 わせ 下 さい なお 本 レポートの

⑨ 冷却材流路径 “冷却材流路径”には、冷却材流路の“内径 D i ( m)”及び“外径 D o ( m)”を入力する。 ⑩ 黒鉛スリーブ “黒鉛スリーブ”には、燃料コンパクト外面-黒鉛スリーブ内面間の“初期ギャップ幅( cm)” 及び黒鉛スリーブの“外半径( cm)”を入力する。 ⑪ 燃料コンパクト “燃料コンパクト”には、燃料コンパクトの“内半径( cm)”及び“外[r]

72 さらに読み込む

本 レポートは 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 不 定 期 に 発 行 する 成 果 報 告 書 です 本 レポートの 入 手 並 びに 著 作 権 利 用 に 関 するお 問 い 合 わせは 下 記 あてにお 問 い 合 わせ 下 さい なお 本 レポートの

本 レポートは 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 不 定 期 に 発 行 する 成 果 報 告 書 です 本 レポートの 入 手 並 びに 著 作 権 利 用 に 関 するお 問 い 合 わせは 下 記 あてにお 問 い 合 わせ 下 さい なお 本 レポートの

気タービンによる発電試験が実施されている。また,商用高温ガス炉発電プラント HTR-PM(出 口温度 750℃,蒸気タービン,熱出力 250MW×2 基)の建設が進められている 1-4) 。 高温ガス炉(VHTR を含む)の炉心には、黒鉛が構造物として用いられる。黒鉛は 3000℃ を超える温度においても溶融・蒸発することがなく、また、高温においても強度が劣化しない 優れた高温材料である。しかし、黒鉛を高温で使用するにあたっては、酸素、水蒸気、一酸化 炭素等による酸化に注意する必要がある。すなわち、高温ガス炉の冷却材ヘリウムガス中に極 微量含まれる不純物や事故時に侵入する空気によって、炉心の黒鉛構造物が酸化し、当初の 能を発揮できなくなる恐れがある。そのため、炉心に使用される黒鉛の酸化特性を評価するこ とが重要である 5-10) 。
さらに見せる

28 さらに読み込む

本 仕 様 書 は 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 甲 という )が 調 達 する ペーパーレス 会 議 用 ハードウェアの 調 達 に 関 して 受 注 者 ( 以 下 乙 という )が 調 達 する 内 容 及 び 実 施 すべき 業

本 仕 様 書 は 独 立 行 政 法 人 新 エネルギー 産 業 技 術 総 合 開 発 機 構 ( 以 下 甲 という )が 調 達 する ペーパーレス 会 議 用 ハードウェアの 調 達 に 関 して 受 注 者 ( 以 下 乙 という )が 調 達 する 内 容 及 び 実 施 すべき 業

7.2. 調整事項 乙が本業務実施にあたり、NEDO 情報基盤サービスの提供事業者との調整が必要と判断した 場合は、甲にその旨を連絡すること。甲は乙の連絡を受けて、当該事業者と乙が打ち合わせを う機会を設ける。なお、乙は当該打ち合わせに際し、資料等の作成について甲より依頼があった 場合はこれを引き受けること。

11 さらに読み込む

次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 します 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 ( 以 下 IPA という )では IPA 事 業 成 果 の 普 及 および 認 知 度 向 上 を 図 るため 積 極 的 な 広 報 活 動 を 展 開 しており

次 のとおり 参 加 意 思 確 認 書 の 提 出 を 招 請 します 独 立 行 政 法 人 情 報 処 理 推 進 機 構 ( 以 下 IPA という )では IPA 事 業 成 果 の 普 及 および 認 知 度 向 上 を 図 るため 積 極 的 な 広 報 活 動 を 展 開 しており

(1) 法人等(個人、法人又は団体をいう。 )が、暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律 (平成 3 年法律第 77 号)第 2 条第 2 号に規定する暴力団をいう。以下同じ。 )であるとき又は法人等の 役員等(個人である場合はその者、法人である場合は役員又は支店若しくは営業所(常時契約を締結す る事務所をいう。 )の代表者、団体である場合は代表者、理事等、その他経営に実質的に関与している者 をいう。以下同じ。 )が、暴力団員(同第 2 条第 6 号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。 )である とき
さらに見せる

12 さらに読み込む

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

本 報 告 書 は, 内 閣 府 からの 委 託 事 業 として, 独 立 行 政 法 人 日 本 原 子 力 研 究 開 発 機 構 が 実 施 した 平 成 23 年 度 福 島 第 一 原 子 力 発 電 所 事 故 に 係 る 避 難 区 域 等 における 除 染 実 証 業 務 の 成 果

測定前後での安心感について、「安心感は変わらない」と答えた協力者がもっとも多く、約半数を 占めた。一方、「安心感が高くなった」と「不安に感じるようになった」を比べると、安心感が高まっ たと答えたの方が 7 ポイント高い。 「安心感が高くなった」理由としては、「自分で測定できたから」がもっとも高く 38%の回答者が選択 している。「不安に感じるようになった」理由は、「少しでも被ばくしているとわかったから」と「被ばく 線量が高かったから」が約 4 割と同程度である。なお、「被ばく線量が高かったから」を選択した協 力者はいずれも、問 2(1)において「測定前よりも高いと感じた」と回答した協力者である。
さらに見せる

34 さらに読み込む

インドネシア 共 和 国 国 家 防 災 庁 (BNPB) インドネシア 国 国 家 防 災 庁 及 び 地 方 防 災 局 の 災 害 対 応 能 力 強 化 プロジェクト 業 務 完 了 報 告 書 平 成 27 年 11 月 (2015 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構

インドネシア 共 和 国 国 家 防 災 庁 (BNPB) インドネシア 国 国 家 防 災 庁 及 び 地 方 防 災 局 の 災 害 対 応 能 力 強 化 プロジェクト 業 務 完 了 報 告 書 平 成 27 年 11 月 (2015 年 ) 独 立 行 政 法 人 国 際 協 力 機 構

策定する地域防災計画策定マニュアルについては、プロジェクト開始当初は、開発調査において策定し たマニュアルを改訂することを想定していたため、 2012 年 3 月 26 日のワークショップにおいて、当マ ニュアルの説明を行った。しかし、「イ」の県・市レベルの地域防災計画作成に際しては、 BNPB 令 2008 年第 4 号「地域防災計画作成のためのガイドライン」に従うこととなっており、内容を確認し協 議を行った。本法令による地域防災計画は、実施計画に詳細な項目があるものの、災害時の運用計画と しては、対応項目が少なく、運用計画としての機能を十分に果たせないと考えられ、 BNPB 側で本法令 を大きく改訂することが検討されていた。しかし、 2011 年実施の全州を対象とした地域防災計画策定 プロジェクト、 2012 年実施の 33 県(各州 1 県)地域防災計画策定プロジェクトにおいて既存の本法令 を活用することが決定された。そのため、本プロジェクトで策定する地域防災計画においては既存の本 法令に合わせることを依頼されたが、本法令は、州と県・市の内容の区分が無く、県・市の地域防災計 画としては各災害管理フェーズにおける内容の不足、役割分担の不明確さ、アクションプランの位置づ けの曖昧さ等の問題が散見されることが確認できた。これらを指摘、協議した結果、本プロジェクトで 作成する地域防災計画策定マニュアルは、既存の BNPB 令 2008 年第 4 号の改訂に向けて、開発調査時 の内容等 JICA チームの提言を行うことで合意した。改訂に際しては、パイロット州で実際に地域防災 計画を策定して、その結果を本法令に反映させることとなった。
さらに見せる

151 さらに読み込む

Show all 10000 documents...