熱を加えるしくみを開発したんだ

Top PDF 熱を加えるしくみを開発したんだ:

報道機関各位 平成 29 年 7 月 10 日 東北大学金属材料研究所 鉄と窒素からなる磁性材料熱を加える方向によって熱電変換効率が変化 特殊な結晶構造 型 Fe4N による熱電変換デバイスの高効率化実現へ道筋 発表のポイント 鉄と窒素という身近な元素から作製した磁性材料で 熱を加える方向によって熱

報道機関各位 平成 29 年 7 月 10 日 東北大学金属材料研究所 鉄と窒素からなる磁性材料熱を加える方向によって熱電変換効率が変化 特殊な結晶構造 型 Fe4N による熱電変換デバイスの高効率化実現へ道筋 発表のポイント 鉄と窒素という身近な元素から作製した磁性材料で 熱を加える方向によって熱

2)特異な現象の発見という学術的な成果 本研究で開発材料は、電気抵抗(あるいはホール抵抗)にはほとんど異方性が無いに もかかわらず、磁気効果だけに異方性が現れます。この現象は、材料が金属であること、さ らに室温で観測されること考えても極めて特異な現象です。この結果は、異常ネルンスト効 果が、勾配で生じ伝導キャリアの流れがローレンツ力で横方向に曲げられるという単純 な描像だけでは説明できないこと示しており、学術的にも興味深い成果です。同じような結 晶構造もつ Fe-Al 不規則合金薄膜で同様の実験行いましが、図 3 に示すようにこのよ うな異方性は確認されませでし。そのため、本研究の特殊な現象の要因として、鉄原子 および窒素原子に特有の強い軌道混成から生じる電子相関が関係ていると考えられます。 この詳細は解明されておらず、未知の物理が潜んでいる可能性もあるため、今後のさらなる 研究課題として進展が期待されます。
さらに見せる

7 さらに読み込む

本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換 ) 等の技術開発を一体的に行うことで 未利用熱エネルギーを経済的

本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換 ) 等の技術開発を一体的に行うことで 未利用熱エネルギーを経済的

「新規光学設計における超高精度積層技術の開発」 、 「次世代遮用ポリマーの開 発」及び「次世代遮フイルムのフイルム加工技術の開発」 「次世代遮窓材の評価 技術の開発とその商品設計」について研究開発行い、中間目標の達成目指す。 前年度に製作新規積層装置活用、反射波長 850~1400nm である革新的次世 代遮フィルムの製膜及び新規ポリマー重合のスケールアップ目指し課題の明確 化行う。また粘着層含め、革新的次世代遮フィルムに必要なフィルム加工一体 化連続工程で試作実験行い、得られフィルムの実用特性評価することでフ ィルム加工におけるスケールアップの課題明確化する。さらに省エネ効果の実証と て、壁の流入まで考慮高精度な省エネ効果測定手法の確立進め、遮フ ィルムの性能と実際の省エネルギー効果との関係明らかにする。
さらに見せる

22 さらに読み込む

全熱交換器 全般 省エネ換気により 快適な節電をご提案! より快適に より効率的に そうした居住空間の要求に対応するため全熱交換器にもますます高い期待がかけられています エコノは 理想の換気をコンセプトに開発し 全熱交換率の高い回転型エレメントを採用した全熱交換器 新鮮な空気を室内に供給 汚れた室内

全熱交換器 全般 省エネ換気により 快適な節電をご提案! より快適に より効率的に そうした居住空間の要求に対応するため全熱交換器にもますます高い期待がかけられています エコノは 理想の換気をコンセプトに開発し 全熱交換率の高い回転型エレメントを採用した全熱交換器 新鮮な空気を室内に供給 汚れた室内

抑えています。また、ダクトワークによる空調行なうため空調 換気扇にみられる外部からの音の侵入もありませ。 ⑤ファン、フィルタ、制御盤など全てユニット内に組み込んでいますの でダクトワークだけで使用いただけます。また、加湿器、冷温水コ イル組み込んEH型エコハンユニットも対応可能です。 ⑥搬入口の狭い既設ビル等への納入、組み立て施工の利便性も考慮

16 さらに読み込む

関しては 自動車 住宅等幅広い分野において大きな課題となっている 本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換

関しては 自動車 住宅等幅広い分野において大きな課題となっている 本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換

(4)フレキシブル有機電材料およびモジュールの開発 以下の研究開発により、中間目標の達成目指す。「高機能導電性ポリマーの開発」 では、励起効率の高い材料に高いキャリア移動度付与する開発進める。「CNT お よび周辺材料の開発」では、分散、配向状態制御する材料開発に加え、新たな添加 剤開発の方針定める。 「無機電材料利用電変換材料の開発」では、ナノ粒 子化無機材料と有機材料のハイブリッド化進め、諸課題への技術開発とフレキシビ リティ付与のための指針得る。 「フレキシブル電変換モジュールの開発」では、印 刷用電材料、プロセス、モジュール構造の開発と試作による性能試験進める。 (5)実用化に適し高性能なクラスレート焼結体の研究開発
さらに見せる

11 さらに読み込む

〈研究論文〉メカノケミカル処理した原料を用いたスピネル生成反応の熱分析

〈研究論文〉メカノケミカル処理した原料を用いたスピネル生成反応の熱分析

ス ピ ネ ル 生 成 に よ る 発 量 に 対 応 す る 面 積 は , 850℃までは DTA 測定温度が高くなるにつれて大き くなっ.このことはこの区間におけるスピネルの生 成量と直接対応ていると考えられる.一方,さらに 高温の 900 ℃では熱量は減少.これは,今回の解 析では恒温過程に移行直後の DTA 信号の最小位 置,すなわち恒温後約 10~60 分後反応開始点と考 えているが, 900 ℃で恒温場合,900℃までの昇 温過程ならびに恒温直後から開始点までの間に一定量 の試料がスピネルへと転移ているため,発熱量が小 さくなっと考えられる.熱量換算ところ,ど の試料についても大きな値となっ.これは,粉砕に
さらに見せる

5 さらに読み込む

住まい方を考慮した住宅の最適断熱遮熱計画に関する研究 [ PDF

住まい方を考慮した住宅の最適断熱遮熱計画に関する研究 [ PDF

での快適性のこと考慮に入れると、全ての開口部 Low-E ガラスにするのが望ましい。表-9 には、その他 の生活パターン(生活 B∼生活 J)において、各開口 部計画採用場合の回収年数算出。各開口 部計画に対する回収年数は生活パターンによって異な り、30 年以内での回収希望する場合には、居住室の 開口部のみ複層ガラスにするのがよいパターンが多 い。しかし、回収年数に対する考え方は個人によって 異なるので、今後は、個人の生活パターンや希望回収 年数考慮に入れ最適遮計画が重要となってくる。 6. 住まい方計画
さらに見せる

4 さらに読み込む

九州を中心とした暖地向けイチゴ苗蒸熱処理防除マニュアル2017

九州を中心とした暖地向けイチゴ苗蒸熱処理防除マニュアル2017

はじめに 施設利用イチゴの促成栽培では、最近は化学合成農薬に対する抵抗性の発達に より、病害虫の防除が困難になりつつあります。そのため熱処理はじめとして物理的・耕種 的な防除方法が開発されていますが、これまでに九州沖縄農業研究センターでは、処理 方法として蒸処理による防除装置、(株)FTH との共同研究により開発てきまし。こ れはによりイチゴ苗の表面に寄生ている、うどんこ病菌、ナミハダニなど病害虫同時に 殺菌殺虫できることが特徴です。このたび、平成 26 年度農林水産業・食品産業科学技術研 究推進事業(26069C 蒸処理は化学農薬無しで徹底消毒!クリーンなイチゴ苗から始ま る防除体系構築)による、福岡県、佐賀県農業試験研究センター、熊本県農業研究セン ター、(株)FTH、エモテント・アグリ(株)、三好アグリテック(株)との共同研究で、詳細な場内 試験、現地実証試験行い、それぞれの分野で研究開発の核となっていただい方に本マ ニュアル執筆いただくことで、蒸処理核と防除マニュアル作ることができまし
さらに見せる

36 さらに読み込む

Indyを利用したメール送信機能開発

Indyを利用したメール送信機能開発

・TIdAttachment の Create メソッド  まず、TIdAttachment 使用する め に は、 前 章 の ソ ー ス の Uses 節 に IdAttachmentFile 追加する。そして、 メール送信処理の前に TIdAttachment の Create メソッド呼び出す。  Create メ ソ ッ ド は、 第 1 引 数 に TIdMessage コ ン ポ ー ネ ン ト の MessageParts プロパティ指定する。 第 2 引数には添付ファイルのパス設定 する。添付ファイルのパスは、絶対パス、 相対パスどちらでも使用できる。また、 添付ファイル名には日本語名使用する ことも可能である。【ソース 4】  ソース 4 のロジックで、実際に送信 メールにファイルが添付されるか確 認てみよう。
さらに見せる

10 さらに読み込む

研究開発項目 2: 遮熱技術の研究開発従来技術では到達困難であった高い性能を有する革新的遮熱材料を開発する 具体的には 透明性 遮熱性及び電波透過性を兼ね備えた住宅 ビル窓材向け遮熱材料や調光ガラス 建築物の壁材として使用可能な高耐久性遮熱コーティング材料などの遮熱材料を創出する 研究開発項目 3:

研究開発項目 2: 遮熱技術の研究開発従来技術では到達困難であった高い性能を有する革新的遮熱材料を開発する 具体的には 透明性 遮熱性及び電波透過性を兼ね備えた住宅 ビル窓材向け遮熱材料や調光ガラス 建築物の壁材として使用可能な高耐久性遮熱コーティング材料などの遮熱材料を創出する 研究開発項目 3:

6 本プロジェクトでは、未利用の活用という共通目的有しつつも、競争 的に開発行う部分が生じるので研究項目間の情報管理徹底する。一方、 調査・基盤技術の成果は全ての研究項目に有益なため共有するなどて、全 体としてのシナジー効果発揮させるマネージメント行うよう留意する。 なお、電 換材料の開発のように、設定目標に対して多くのアプロ ーチが想定される研究開発項目においては、実施者間の競争による研究の進 展に期待体制構築する。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1% デンプン溶液 ml を酵素反応が活発であると考えられる に加熱し土 g を加える 3 土を加えた 1% でんぷん溶液を 1 日間 に保つ 毎日, デンプン溶液を ml 採取し, ろ過し, ろ液を煮沸して分解生成物を得た 分解生成物は密栓して冷蔵庫に保管した 5 1 日目に, ヨウ素デンプン反応

1% デンプン溶液 ml を酵素反応が活発であると考えられる に加熱し土 g を加える 3 土を加えた 1% でんぷん溶液を 1 日間 に保つ 毎日, デンプン溶液を ml 採取し, ろ過し, ろ液を煮沸して分解生成物を得た 分解生成物は密栓して冷蔵庫に保管した 5 1 日目に, ヨウ素デンプン反応

〈土の違いについて〉 実験結果で最も驚いのは,海砂のデンプンの 分解速度が想像ていよりもはるかにはやく, 山の土では遅かっことである。これは,糖栄 養とする微生物とデンプン分解て糖に変える 微生物の共存する割合の違いが影響ているので はないか。つまり,海砂はデンプン分解する能 力の高い微生物が生息,糖消費する微生物が 少ない。一方,山の土はデンプン分解する生物 と糖多く消費する微生物が混在ている。また, 川の土では,デンプン分解する生物は生息する が,糖消費する生物は少なく,校舎横の土では デンプン分解する能力の高い生物が生息,糖 消費する生物も生息すると考えられる。 〈実験条件について〉
さらに見せる

5 さらに読み込む

レアメタル使用量を低減した超硬工具の開発

レアメタル使用量を低減した超硬工具の開発

タングステンの使用量減らしながら超硬合金工具と同 等性能達成する方法として、超硬合金とサーメットの複 合化検討。切削に寄与する刃先部は超硬合金のまま にて耐摩耗性、耐欠損性維持、それ以外の部分は焼 結温度や収縮特性が比較的超硬合金に近く、切削応力によ る変形に耐える強度持つ W 添加量増加させサーメッ トとすることで、削減率目標満たす省 W 工具が開発でき ると考え。超硬合金とサーメット複合化工具製 造する上で、製造プロセスとして切屑処理に必須の三次元 チップブレーカー付与できることが重要となる。三次元 チップブレーカーとは、写真 2 に示すような切削工具表面 の複雑な凹凸形状のことであり、これが切屑分断するこ とで長く伸び切屑が設備の自動運転や被削材に悪影響 与えるの防いでいる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

地場産品を活用した新製品開発事業の取組み

地場産品を活用した新製品開発事業の取組み

・ 製麹:麹も手作業。大吟醸は麹つくりに 2 日かかる。麹は夜中に手作りする。今回は殺 菌中で麹室は見られなかっ。 ・ 仕込み:3 回に分けて仕込む。1 回ずつ水分吸わせながら行う。仕込みは、年明けから 4 月いっぱいまで。酒の種類によって何回も行う。室(むろ)は 30 度以上ないとダメ。麹が 発酵すると 43 度になる。ある程度の温度は必要。例えば、1 ㌧仕込むときは酒母が全体の 7%。2 割麹、8 割米。タンクに入っているときは、かき混ぜ、分析・温度決定・いくら発 酵がすすんか、それにより温度決める。発酵は酵母の種類によって日数などが変わっ てくる。うちの仕込みタンクに分析器がないので、ひとつひとつ計って管理ている。み りんは 30 度で発酵する。酒は 15 度。そのため室温下げる施設が必要になる。うちの保 冷機は能力がない。だから冬に仕込む。例えば、暑い時期に仕込むと温度管理用の冷房装 置が必要になる。 ・・冷凍設備費分コスト高になる。
さらに見せる

60 さらに読み込む

通信容量を拡大した高度化光ビーコンの開発

通信容量を拡大した高度化光ビーコンの開発

しかし、光ビーコン自身が放射ているDL光の路面など からの反射光ノイズとして受信てしまう課題があっ。 その対策としてDL光の主要な周波数成分である1024kHz と512kHz(DL信号がマンチェスタ符号のため)効率よ く除去できるフィルタ回路の設計が必要となっ。反射DL 光の周波数成分含む高周波成分カットするローパス フィルタ(図4右)に加え、1024kHz付近と512kHz付近 集中的に減衰させるトラップ回路(図4左)用いるこ とで対応。その際、ローパスフィルタとトラップ回路 でともに使用するコイル共用する(図4下)ことで限ら れ部品実装スペース有効活用するとともに部品コスト も削減。さらに、256kbpsのUL受信エリアの上流端 が64kbpsのUL受信エリアの上流端よりも上流側になるよ うに、各回路定数調整うえで、実装
さらに見せる

5 さらに読み込む

NTTが開発した通信用レーザー技術を応用し医療用光源を新たに製品化

NTTが開発した通信用レーザー技術を応用し医療用光源を新たに製品化

2 【本製品の特徴】 今回製品化光源( 図1 )は、NTTが通信用に開発高速光偏向素子KTN(図2)ならびに高速波長 可変レーザー技術応用ものであり、製品化されている光源としては世界最速です。本製品組み込 OCTシステムでは、診断時間の短縮だけでなく、生体組織の高精細かつ高速の断層像の撮影が可能 なことから、リアルタイム3D画像の取得など通じR&D分野での臨床研究応用、さらには医療診断技術 の画期的進展への貢献など、さまざまな用途への展開も期待されます。なお、波長は、冠動脈検査用の OCTで用いられている1.3μm帯となります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

「おかしん」4月号を発行しました。 岡崎信用金庫

「おかしん」4月号を発行しました。 岡崎信用金庫

吉原 毅氏 講演会  平成30年3月5日㈪、城南信用金庫顧問の吉原 毅氏の講演会「日本の農業支えるソーラー・シェ アリング・システム」当金庫本店大ホールで開催 まし。同システムは、農地に太陽光発電設備 設置、発電事業と農業両立させるというもので、 取引先企業の経営者ら約130名が参加され、講演後、 参加者と熱心な質疑応答が行われまし

8 さらに読み込む

「おかしん」3月号を発行しました。 岡崎信用金庫

「おかしん」3月号を発行しました。 岡崎信用金庫

 新しい日名支店は、みなさまの大切な資産お守りするため全自動貸金庫設置まし。大開口ガラス 使用外観はシンプルながら開放的で親しみやすく、店内もアプローチデッキからエントランスホール まで木目仕上げで統一するなど、ご来店いただくお客様に居心地よく快適に過ごして頂ける店舗となって おります。

8 さらに読み込む

Delphi/400を利用したはじめてのWeb開発

Delphi/400を利用したはじめてのWeb開発

46 同様に Web アプリケーションが作成で きることがおおいに嬉しかっ。これま での IntraWeb は、主に社内ネットワー クアプリケーションとして使用されてき が、機能が追加されバージョンが上 がっことで、Web アプリケーション としての活用が見込める存在となっ。  今回の事例は照会のみのアプリケー ションであっが、登録やメール送信、 CGI などもこのアプリケーションに組み 込むことが可能である。今後の Web 開 発にぜひとも役立てていただきたい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

タチウオを原料とした魚醤油の開発

タチウオを原料とした魚醤油の開発

4 考察 今回検討酵素剤による発酵熟成法によると, いくつかの酵素剤組み合わせることにより,アミ ノ酸系の旨味や甘味の増強図ることができ.伝 統的な手法で作られ国内外の魚醤油の中には,酸 味や塩味に偏りの感じられるものもあるが,酵素剤 使うことにより,味のバランスの良い魚醤油作 ることが可能になると思われる.さらに,発酵に有 用な微生物群使用することにより呈味性の向上が 期待できる.
さらに見せる

5 さらに読み込む

8地域でともに支えあうしくみを充実する

8地域でともに支えあうしくみを充実する

年間延べ人数(正職員)  昭和58年3月非核平和都市宣言に伴い、新たな平和への誓い込めて「寝屋川市戦没者追悼式」開催 するとともに、恒久平和の啓発のため、引き続き「遺族会」の運営支援行う。  また、恒久平和の啓発のため、引き続き、広島・長崎で原爆の被害受け被害者の生存者(被爆者) によって結成する「原爆被害者の会」の運営支援行う。

20 さらに読み込む

8地域でともに支えあうしくみを充実する

8地域でともに支えあうしくみを充実する

・「生活困窮者自立支援法」に基づき、経済的に困窮、生活維持することができなくなるおそれのある 生活困窮者に対し、個々の状況に応じ自立相談支援(必須事業)、住居確保給付金の支給(必須事業)、 一時生活支援( 任意事業)、就労準備支援(任意事業)実施、生活困窮状態からの早期自立支援する。 ・生活困窮者の早期発見、早期支援実施するため、庁内会議(生活困窮者自立支援事業庁内会議)開催 、関係部署と連携図る。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...