災害発生直後の避難者への支援

Top PDF 災害発生直後の避難者への支援:

サポートニュース(Vol.2 5月10日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

サポートニュース(Vol.2 5月10日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

●援助費目 学用品費 給食費 校外活動・修学旅行参加費等 ●援助期間 申請日 成 9 月 日 ●申込方法 武蔵野市東日本大震災避難台帳記載済票 印鑑 振込口 分 も を持 参し 市役所 教育支援課 越しくだ い

8 さらに読み込む

原子力被災者への対応に関する当面の取組のロードマップ の進捗状況 平成 23 年 12 月 16 日原子力災害対策本部 5 月 17 日に決定した 原子力被災者への対応に関する当面の取組のロードマップ の進捗状況は 以下のとおり 1. 避難者等に対する支援の取組み (1) 一時立入りの実施 警戒区域

原子力被災者への対応に関する当面の取組のロードマップ の進捗状況 平成 23 年 12 月 16 日原子力災害対策本部 5 月 17 日に決定した 原子力被災者への対応に関する当面の取組のロードマップ の進捗状況は 以下のとおり 1. 避難者等に対する支援の取組み (1) 一時立入りの実施 警戒区域

2. ふるさと帰還に向けた取組み (1) 避難区域等見直しと区域解除後支援 ・ 原子力災害対策本部は、9月30日に、緊急時避難準備区域を解除した。 ・ 東日本大震災復興対策本部及び関係省庁とも連携し、①該当5市町村(広 野町、楢葉町、川内村、田村市、南相馬市)復旧計画実現、解除され た区域における除染、など、住民帰還に向けて万全対応を行っていく。 12月16日時点で、南相馬市では7つ小中高校が元校舎において授 業を再開。また、旧緊急時避難準備区域における応急仮設住宅を建設、約 140戸入居が開始された。JR常磐線は、久ノ浜駅‐広野駅間が運転を 再開しており、原ノ町駅-相馬駅間は12月21日に運転を再開する見込 み。楢葉町南工業団地では、1社が操業を再開し、引き続き、複数企 業が操業再開に向けた準備を行っている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

4 月 16 日 ~ 避難所支援 南阿蘇村社会福祉協議会では 発災直後より久木野総合福祉センターで避難者に対する支援や救援物資の対応などにあたった 衛星通信による電話設置 熊本地震 南阿蘇村災害ボランティアセンター立ち上げ 24 時間体制で避難所の対応 4 月 20 日 ~ 久木野総合福祉センター内

4 月 16 日 ~ 避難所支援 南阿蘇村社会福祉協議会では 発災直後より久木野総合福祉センターで避難者に対する支援や救援物資の対応などにあたった 衛星通信による電話設置 熊本地震 南阿蘇村災害ボランティアセンター立ち上げ 24 時間体制で避難所の対応 4 月 20 日 ~ 久木野総合福祉センター内

 一方、隣接する阿蘇地方 は、甚大な被災を受け、長期にわたる復興が必要で した。被害著しい南阿蘇村は、竹田市荻町から 高森町を経由するルートが唯一になっていました。  また、大分県は、他県等と協議により南阿蘇村を カウンターパート(支援対象)とした経過もあり、竹 田市社協は、活動コンセプト(基本的な考え方)を、 「竹田市が南阿蘇支援ボランティアベースキャンプ

9 さらに読み込む

原発避難者に対する支援の方法等の検討

原発避難者に対する支援の方法等の検討

Q11:離婚して、慰謝料と養育費をもらって生活している。養育費は収入に含めた方がよ いのか?また、養育費が支払われなくなった場合は、経済的困窮対象になるか? A:所得証明書収入に記載されない場合は、除外いたします。また、養育費が支払われなくな り、経済的困窮度が増した場合は、申請書申請理由欄に詳しく記入して下さい。内容を考 慮して審査いたします。

6 さらに読み込む

サポートニュース(Vol.6 7月15日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

サポートニュース(Vol.6 7月15日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

シバの女王の入場 ∼子どもバイオリンアンサンブル(ヘンデル) からたちの花 (山田耕作)、二十弦等独奏曲 彗星 アヴェマリア (シューベルト)、タイスの瞑想曲(マスネ) 幻想即興曲  (ショパン)、チヤルダッシュ (モンティ) 夜空のトランペット(N .ロツソ)、荒城の月   (瀧 廉太郎). ふるさと     全員で合唱 見上げてごらん夜の星を 全員で合唱[r]

6 さらに読み込む

サポートニュース(Vol.3 5月27日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

サポートニュース(Vol.3 5月27日号) 【避難支援】避難者登録制度の創設と避難者支援窓口の開設|武蔵野市公式ホームページ

東日本大震災に 武蔵野市に避難 い 皆様 情報提供ツール 成 5 月 7 日号 Vol.3 武 蔵 野 市 災 害 対 策 本 部 避難方 も 特定健康診査 歳以上 歳未満対象 後期高齢医療健康診査 歳以上対象 を受診 場合 あ ます

5 さらに読み込む

目 次 1 熊本地震の概要...1 (1) 熊本地震の諸元...1 (2) 被害状況 熊本地震に係る支援の概要...3 (1) 物的支援...3 (2) 人的支援 派遣業務の詳細...6 (1) 下水道災害復旧業務...6 (2) 避難者の健康相談 避難所の衛生対策業務...

目 次 1 熊本地震の概要...1 (1) 熊本地震の諸元...1 (2) 被害状況 熊本地震に係る支援の概要...3 (1) 物的支援...3 (2) 人的支援 派遣業務の詳細...6 (1) 下水道災害復旧業務...6 (2) 避難者の健康相談 避難所の衛生対策業務...

・特別な教育的支援を必要とする児童生徒や教職員支援及び教育活動に対する必要な助言 (支援を要する児童生徒情報・教職員被災状況把握、各学級で落ち着いて授業に参加できない 児童生徒支援、TT(チームティーチング)における補助的な立場として参加、始業前・休み 時間における児童生徒と触れ合い、指示出し方・教室環境に関する教員助言 等)
さらに見せる

26 さらに読み込む

特定被災区域について 東日本大震災による避難者への就学支援について|岡山市|小学校・中学校

特定被災区域について 東日本大震災による避難者への就学支援について|岡山市|小学校・中学校

茨城県:水戸市 日立市 土浦市 古河市 石岡市 結城市 龍ケ崎市 下妻市 常総市 常陸太田市 高萩市 北茨城市 笠間市 取手市 牛久市 つくば市 ひたちなか市 鹿嶋市 潮来市 常陸大宮市 那珂市 筑西市 坂東市 稲敷市 かすみがうら市 桜川市 神栖市 行方市 鉾田市 つくばみらい市 小美玉市 東茨城郡茨城町 同郡大洗町 同郡城里町 那珂郡東海村 久慈郡大子町 [r]

1 さらに読み込む

図 1 インドネシアの災害対応体制 ( インド洋津波災害発生時 ) ィスが設置され ようやく書類の識別や被災データ収集が始められた インドネシアのユドヨノ大統領は 地震 津波発生直後に 国家災害調整委員会 (Badan Koordinasi Nasional Penanggulangan Benca

図 1 インドネシアの災害対応体制 ( インド洋津波災害発生時 ) ィスが設置され ようやく書類の識別や被災データ収集が始められた インドネシアのユドヨノ大統領は 地震 津波発生直後に 国家災害調整委員会 (Badan Koordinasi Nasional Penanggulangan Benca

本論においては、インド洋津波災害において、国際支援を受入れたインドネシア事例に着目 する。インドネシアでは、津波によりスマトラ島北部インド洋沿岸地域が大規模な被害を受け た。なかでも、スマトラ島北端に位置するナングロエ・アチェ・ダルエサラーム州(以下、アチ ェ州)被害は大きかった。津波発生時、アチェはインドネシア政府と内戦状態にあり、外国人 立ち入りが禁止されていた。そのような経緯もあり、インドネシア政府は、災害発生直後は、 国際支援受入れを要請しなかったが、外交的な圧力もあり、国際支援を受入れた。その後、世 界各国から支援が提供されたが、それは混乱をもたらし、支援によりもたされた混乱は「第二 津波」とまでいわれた。国際支援受入機関として 2005 年 4 月にアチェ・ニアス復興庁(Badan Rehabitasi dan Rekonstruksi, BRR)が設置され、ようやく国際支援調整が可能になった。
さらに見せる

8 さらに読み込む

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書

武蔵野市災害時避難行動支援体制検討委員会報告書

武蔵野市災害避難行動支援体制検討委員会報告書 目 次 第1章 武蔵野市災害避難行動支援体制見直し経緯・・・・・・・・・・・・・・・・ 1 1 本市における災害避難行動支援体制構築必要性・・・・・・・・・・・・・・ 1 2 本市におけるこれまで取組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 第2章 被害想定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 1 首都直下地震等による被害想定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 第3章 災害避難行動支援体制現状と課題及び今後方向性・・・・・・・・・・・・ 14 1 避難行動要支援定義・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 2 避難ため情報伝達・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 3 避難行動要支援名簿・災害時要援護名簿作成・・・・・・・・・・・・・・ 18 4 発災時における安否確認体制構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 5 安否確認後避難支援体制構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 31 6 生活継続支援体制構築・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 34 7 個別計画策定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 38 8 避難行動要支援避難支援前提条件・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39 9 避難場所から避難先及び当該避難移送方法等・・・・・・・・・・・・・ 41 10 個人情報保護仕組みづくり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 42 第4章 さらなる避難行動支援ために取り組むべき事項・・・・・・・・・・・・・・・ 43 1 地震以外災害(台風・大雪・停電等)における対応・・・・・・・・・・・・・ 43 2 要配慮及び避難支援等関係を対象とした研修等実施・・・・・・・・・・・ 44 3 避難行動支援に係る地域づくり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45 4 民間団体等と連携・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46 5 防災訓練・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48 6 避難振り分け基準検討・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 49 7 各種連携ツール活用・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51 資料編・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 57 武蔵野市災害避難行動支援体制検討委員会設置要綱
さらに見せる

71 さらに読み込む

被災者支援総合交付金 ( 復興庁被災者支援班 ) 28 年度概算要求額 228 億円 復興 (27 年度予算額 59 億円 ) 事業概要 目的 被災者支援については 震災から 4 年半が経過し 避難生活の長期化や災害公営住宅等への移転など 復興の進展に伴う課題への対応が必要となっている 28 年度は

被災者支援総合交付金 ( 復興庁被災者支援班 ) 28 年度概算要求額 228 億円 復興 (27 年度予算額 59 億円 ) 事業概要 目的 被災者支援については 震災から 4 年半が経過し 避難生活の長期化や災害公営住宅等への移転など 復興の進展に伴う課題への対応が必要となっている 28 年度は

雇用で実施されてきた見守り活動についても交付金で支援。 ⑤ 仮設住宅提供今後方針を示した福島県について、県外避 難相談支援や自主避難方々情報提供を支援。 ○被災支援基幹的事業について、被災自治体において横断的な事 業計画を策定し、 交付金による一体的支援が行われることにより、各 地域実情に応じて、より効果的・効率的な被災支援活動展開が 期待される。
さらに見せる

16 さらに読み込む

避難所 避難路の確保 について明記 避難所の備蓄物資及び設備の整備 について明記 4 避難対策計画 ( 新設 ) 広域避難 について明記 地域に求められる役割 を明記 災害時要援護者への配慮 を明記 避難支援プランの策定等 を追記 緊急応援連絡体制の整備 について明記 社会福祉施設等の耐震性の確保

避難所 避難路の確保 について明記 避難所の備蓄物資及び設備の整備 について明記 4 避難対策計画 ( 新設 ) 広域避難 について明記 地域に求められる役割 を明記 災害時要援護者への配慮 を明記 避難支援プランの策定等 を追記 緊急応援連絡体制の整備 について明記 社会福祉施設等の耐震性の確保

1 被災把握 1 被災把握(新設) ・「被災把握ため調査体制整備」について明記 ・「避難把握ため窓口」について明記 2 避難生活確保,健康管理 2 被災メンタルケア(現行第17節) ・「こころケア対策(PTSD)」について明記 3 ボランティア活動支援 3 ボランティア団体等支援計画(現行第18節) ・「ボランティア団体と協力、連携」について明記 4 ニーズ把握・相談窓口設置・生活情報提供 4 ニーズ把握・相談窓口設置・生活情報提供(新設) ・「的確な情報窓口振り分け」について明記 ・「生活情報提供」について明記
さらに見せる

8 さらに読み込む

防災マニュアル 戸室 2 丁目自治会自主防災隊 自主防災隊組織図 任務と各役割 厚木市災害時要援護者支援制度実施要綱 要援護者支援体制について 戸室地区災害時における要援護者支援の活動プラン 要援護者への支援活動内容 災害時の要援護者支援に係る戸別訪問調査表 支援者連絡表 神奈川県立厚木高校避難所運

防災マニュアル 戸室 2 丁目自治会自主防災隊 自主防災隊組織図 任務と各役割 厚木市災害時要援護者支援制度実施要綱 要援護者支援体制について 戸室地区災害時における要援護者支援の活動プラン 要援護者への支援活動内容 災害時の要援護者支援に係る戸別訪問調査表 支援者連絡表 神奈川県立厚木高校避難所運

 事前に役員を決めておいても、その役員が参集できるとは限りません、従って  避難した、各丁目毎にまとまり、自治会役員及び自主防災隊員が主体に運営委  員会を設置する、設置された以後は、運営委員会自主運営とし、避難支援  は「公平」を原則とし災害方々には十分に配慮する(別に避難場所確保) 3 災害発生災害本部目的と任務

9 さらに読み込む

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

災害等の緊急時の利用者の避難 誘導 安全確保及び必要な通報等についてマニュアルを作成し 緊急時には的確に対応すること また 災害時に 市が緊急に防災拠点 避難場所等として本施設を使用する必要があるときは 市の指示により優先して避難者等を受け入れること (6) 廃棄物処理施設から発生する廃棄物の発生抑

(7) 隣接施設管理運営 併設された大野台エコーハイツと生活支援施設を一体的に管理運営し、両施設特性を 生かした福祉サービス提供を図ること。    災害緊急時利用避難、誘導、安全確保及び必要な通報等についてマニュアル   を作成し、緊急時には的確に対応すること。また、災害時に、市が緊急に防災拠点、避難   場所等として本施設を使用する必要があるときは、市指示により優先して避難等を受   け入れること。
さらに見せる

6 さらに読み込む

~ はじめに ~ 大阪市では 平成 21 年 11 月 自分や家族の力だけでは安全な場所へ避難できなかったり 避難所での生活において大きな困難がある周りの人の手助けや配慮が必要な要援護者の支援のための 大阪市災害時要援護者避難支援計画 ( 全体計画 ) を策定しました そこで 大阪市では大阪市老人福

~ はじめに ~ 大阪市では 平成 21 年 11 月 自分や家族の力だけでは安全な場所へ避難できなかったり 避難所での生活において大きな困難がある周りの人の手助けや配慮が必要な要援護者の支援のための 大阪市災害時要援護者避難支援計画 ( 全体計画 ) を策定しました そこで 大阪市では大阪市老人福

ウ. 避難所では、被災地から多く住民が集まってくるのでどこ施設から 避難であることが分かるゼッケン・緊急避難カード着用等を利用して、 混乱を防ぐ必要がある。 エ. 協力医療機関等と連絡を密にし、避難生活で体調を崩した入所等が でた場合には、迅速に必要な応急処置を行うとともに、受け入れ可能な医療 機関や他施設入院、入所協力依頼を行う。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2: 内容 ( 避難で Go ) アプリ 1 避難で Go( 仮称 ) 災害に遭遇してしまった被災者向けのアプリ 後述する 支える避難所運営 とデータ連携することで避難生活の負担軽減をはかる 1-1: 避難誘導支援機能 災害時に現在地からの最寄りの避難箇所を地図で教えてくれる 例えば地震ならば津波を

2: 内容 ( 避難で Go ) アプリ 1 避難で Go( 仮称 ) 災害に遭遇してしまった被災者向けのアプリ 後述する 支える避難所運営 とデータ連携することで避難生活の負担軽減をはかる 1-1: 避難誘導支援機能 災害時に現在地からの最寄りの避難箇所を地図で教えてくれる 例えば地震ならば津波を

自分避難場所を登録 はぐれた家族情報が渡る 避難所まで避難ができたら「どこ避難所にいます」を登録できるようにする 。自 分状態も登録できるようにする「元気です」「足を骨折」「頭が痛い」等。これに より、家族とはぐれてしまったり、合流できていない家族登録した相手にメール や メッセージを飛ばしたり、場所を地図で確認できるようにする。本機能はスマホや 携帯だけでなくWebで行えるようにし、携帯をもっていない場合でも他方から Web環境を借りて「どこ避難所にいます」を登録したり家族を確認できるように する。後述するアプリ「支える避難所運営」避難名簿にも自動で登録される ようにする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

非常災害対策計画 風水害 地震 火災 1 風水害 非常災害時の行動手段 警報発表 情報の収集 施設周辺の点検 職員の招集 参集 担当業務内容の確認や準備 施設の休業判断 職員や利用者への周知 施設外へ避難 施設内の安全な場所へ避難 家族への報告 健康ケアとメンタル対策 情報収集 テレビ ラジオ イン

非常災害対策計画 風水害 地震 火災 1 風水害 非常災害時の行動手段 警報発表 情報の収集 施設周辺の点検 職員の招集 参集 担当業務内容の確認や準備 施設の休業判断 職員や利用者への周知 施設外へ避難 施設内の安全な場所へ避難 家族への報告 健康ケアとメンタル対策 情報収集 テレビ ラジオ イン

○火災が発生したときは、利用を一時的に安全な場所に移し、火災状況により避難が必 要な場合は、順次、屋外避難する。 ○職員が不足している場合、地域協力も得て避難する。 ○避難終了後、速やかに利用、職員人員点呼を行い、逃げ遅れ有無を確認し、管理 に報告する。

9 さらに読み込む

避難行動要支援者 避難支援プラン(全体計画)(2月案)

避難行動要支援者 避難支援プラン(全体計画)(2月案)

提供 地域支援 領 簿 管理 個 避難支援計画書 作成 地域支援 主 協定団体、 民生委員 児童委員 領 市 意 簿 提供 地域支援 主 協定団体 民生委員 児童委員 意 簿 災害支援対象 要支援宅 訪問 避難行動及 避難生活 必要

43 さらに読み込む

目次 ( スライド No) 1. 原子力発電所における安全確保の取り組み 1 2. 原子力災害発生時における原子力事業者の支援の枠組み 2 (1) 原子力緊急事態支援センターによる支援 3 (2) 原子力事業者間協力協定に基づく支援 5

目次 ( スライド No) 1. 原子力発電所における安全確保の取り組み 1 2. 原子力災害発生時における原子力事業者の支援の枠組み 2 (1) 原子力緊急事態支援センターによる支援 3 (2) 原子力事業者間協力協定に基づく支援 5

[要員数:60名→300名、資機材(サーベイメータ)提供:60台→360台]  「原子力災害対策指針」を反映 (※1) し、緊急事態区分見直しや支援発動タイミン グ (※2) を早期化。 ※1 緊急事態における原子力施設周辺住民等に対する放射線影響を最小限に抑える防護措置を 確実なものとするため、原子力事業、国、地方公共団体等が原子力災害対策に係る計画を策定 する際や当該対策を実施する際等において、科学的、客観的判断を支援するために、専門的・技 術的事項等について定めたもの。
さらに見せる

11 さらに読み込む

もくじ 鎌倉市教育委員会の災害発生時における小中学校の基本的対応 非常災害時と大規模地震への対応について 災害発生時の対応について 一斉下校時の教職員の立哨について 大規模地震発生時の職員対応 ( 授業中 ) ( 休み時間中 ) 避難訓練年間計画 防災計画

もくじ 鎌倉市教育委員会の災害発生時における小中学校の基本的対応 非常災害時と大規模地震への対応について 災害発生時の対応について 一斉下校時の教職員の立哨について 大規模地震発生時の職員対応 ( 授業中 ) ( 休み時間中 ) 避難訓練年間計画 防災計画

 ◆緊急地震速報「緊急地震速報です。直ちに近く教室に入って机下にもぐりなさい。    体育館人は、真ん中に寄ってしゃ がみなさい。外人は、建物や遊具から離れて    しゃがみなさい。」 ○職員は、直ちに分担場所行き、校舎内は、出入り口を開ける。(各担当)   *ヘルメットは最寄りものを着用する。

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...