法第5条(事業者の判断の基準となるべき事項等)

Top PDF 法第5条(事業者の判断の基準となるべき事項等):

1-1 中長期計画作成の関係法令 法第 14 条 ( 中長期計画の作成 )( 改正法 : 第 15 条 ) 特定事業者は 毎年度 ( 改正法 : 定期的に ) 経済産業省令で定めるところにより その設置している工場等について第 5 条第 1 項に規定する判断の基準となるべき事項において定められたエネ

1-1 中長期計画作成の関係法令 法第 14 条 ( 中長期計画の作成 )( 改正法 : 第 15 条 ) 特定事業者は 毎年度 ( 改正法 : 定期的に ) 経済産業省令で定めるところにより その設置している工場等について第 5 条第 1 項に規定する判断の基準となるべき事項において定められたエネ

2 「設計効率」欄には、当該設備新設時に報告した様式特定-9表3「設計効率」欄又は様式11 特定-9表3「設計効率」欄 に記入した数値を記入すること。 3 「設備から得られた電気エネルギー量」「設備から得られた熱エネルギーうち熱として活用された量」「設備に 投入したエネルギー量」「設備に投入した副生物エネルギー量」「設備に投入したバイオマス燃料エネルギー量」 欄には、「月別実績効率」「平均」欄に記入する発電効率算出に関して用いた新設時に想定する年間量を記 入すること。
さらに見せる

65 さらに読み込む

共通事項 使用する法令等の 略称 と正式名称 法 : 介護保険法( 平成 9 年法律第 123 号 ) 施行規則 : 介護保険法施行規則 ( 平成 11 年厚生省令第 36 号 ) 運営基準 : 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 ( 平成 11 年厚生省令第 38 号 ) 運営基準

共通事項 使用する法令等の 略称 と正式名称 法 : 介護保険法( 平成 9 年法律第 123 号 ) 施行規則 : 介護保険法施行規則 ( 平成 11 年厚生省令第 36 号 ) 運営基準 : 指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準 ( 平成 11 年厚生省令第 38 号 ) 運営基準

介護予防支援 ( 30 8 号) 担当職員は、利用希望及び利用についてアセスメント 結果、利用が目標する生活、専門的観点から目標具体策、 利用及びその家族意向、それらを踏まえた具体的な目標、その 目標を達成するため支援留意点、本人、指定介護予防サービス 事業、自発的な活動によるサービスを提供するが目標を達成 するために行うべき支援内容並びにその期間を記載した介護予防 サービス計画原案を作成しなければならない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

(1) 届出書類の受取り指定障害福祉サービス事業者 指定障害者支援施設等 ( 障害者自立支援法 ( 平成 17 年法律第 123 号 ) 第 34 条第 1 項に規定する指定障害者支援施設等をいう 以下同じ ) 又は基準該当障害福祉サービス事業者 ( 以下 指定障害福祉サービス事業者等 という )

(1) 届出書類の受取り指定障害福祉サービス事業者 指定障害者支援施設等 ( 障害者自立支援法 ( 平成 17 年法律第 123 号 ) 第 34 条第 1 項に規定する指定障害者支援施設等をいう 以下同じ ) 又は基準該当障害福祉サービス事業者 ( 以下 指定障害福祉サービス事業者等 という )

(一) 短時間に集中して支援を行うという業務形態を踏まえて短時間サービ スが高い単価設定なっている居宅介護に対し、重度訪問介護について は、同一箇所に長時間滞在しサービス提供を行うという業務形態を踏ま え、重度訪問介護従業1日当たり費用(人件費及び事業所に係る経 費)を勘案し8時間を区切りする単価設定しているものである。また、 8時間を超えるサービス提供を行う場合には、事業管理コストが逓減 することを踏まえ、8時間まで報酬単価 95%相当額を算定すること しているものである。したがって、同一事業が、1日に複数回重 度訪問介護を行う場合には、1日分所要時間を通算して算定する。この 場合1日は、0時から 24 時までを指すものであり、翌日0時以降 サービス提供分については、所要時間1時間から改めて通算して算定す る。また、1日範囲内に複数事業が重度訪問介護を行う場合には、 それぞれ事業ごとに1日分所要時間を通算して算定する。
さらに見せる

61 さらに読み込む

奈良県保健医療計画策定に係る調査 分析等業務委託 公募型プロポーザル説明書 1. 趣旨奈良県が 医療法第 30 条の4に定める医療計画を策定する際に 同計画に記載するべき事項について検討を行うに当たり 参考となる事項の専門的見地からの提案とそれに付随する業務を行う委託事業者を公募型プロポーザル方式に

奈良県保健医療計画策定に係る調査 分析等業務委託 公募型プロポーザル説明書 1. 趣旨奈良県が 医療法第 30 条の4に定める医療計画を策定する際に 同計画に記載するべき事項について検討を行うに当たり 参考となる事項の専門的見地からの提案とそれに付随する業務を行う委託事業者を公募型プロポーザル方式に

を受託として、同様手続を行うことします。 1 1 . 契 約 解 除 契約締結後であっても、企画提案書提出書類に虚偽記載が明らかになった場合、受 託に重大な瑕疵がある場合、業務遂行意思が認められない場合又は業務遂行能力がない 認められる場合は、契約を解除し、委託業者を変更することを妨げないものします。

7 さらに読み込む

【記載例】指定事業者事業実施計画書(法第37条関係) 事業用設備等に係る特別償却又は税額控除(法第37条関係) | いわき市役所

【記載例】指定事業者事業実施計画書(法第37条関係) 事業用設備等に係る特別償却又は税額控除(法第37条関係) | いわき市役所

◆ 指定事業事業実施計画期間 期間満了日 希望 指定 効期間 基 的 イコ ル ◆ 指定事業事業実施計画期間 期間開始日 指定申請 行 日 起算 概 ヶ 以降 次項 記載 得予定 日 前 日 任

4 さらに読み込む

緑茶の表示基準 目 次 第 1 趣旨第 2 適用範囲第 3 表示事項 1 義務表示事項 2 任意表示事項 3 有機農産物等に係る表示事項第 4 表示方法と表示すべき事項の具体的な示し方 Ⅰ 小売容器入り包装茶の場合 1 表示の方法 2 表示事項の具体的記載方法第 1 条目的第 2 条定義第 3 条表

緑茶の表示基準 目 次 第 1 趣旨第 2 適用範囲第 3 表示事項 1 義務表示事項 2 任意表示事項 3 有機農産物等に係る表示事項第 4 表示方法と表示すべき事項の具体的な示し方 Ⅰ 小売容器入り包装茶の場合 1 表示の方法 2 表示事項の具体的記載方法第 1 条目的第 2 条定義第 3 条表

1 内容量については、「○○g」、「○○ml」ように単位を明記して、商品主要面 目立つ位置に、その商品一般的な名称同じ視野に入るように記載する場合に、一 括表示部分内容量表示(「内容量」という項目名ごと)を省略することが可能で す。ただし、内容量を大きな袋隅に小さく記載するなど、主要面で表示が明瞭で ない場合には、一括表示部分内容量表示は省略できません。
さらに見せる

25 さらに読み込む

認定個人情報保護団体としての業務当協会は 認定個人情報保護団体の業務として 個人情報保護法第 47 条に規定されている下記の事項を行う 業務の対象となる個人情報取扱事業者 ( 以下 対象事業者 という ) の 1. 個人情報の取扱いに関する個人情報保護法第 52 条の規定による苦情の処理 2. 個人

認定個人情報保護団体としての業務当協会は 認定個人情報保護団体の業務として 個人情報保護法第 47 条に規定されている下記の事項を行う 業務の対象となる個人情報取扱事業者 ( 以下 対象事業者 という ) の 1. 個人情報の取扱いに関する個人情報保護法第 52 条の規定による苦情の処理 2. 個人

個人情報取扱いについては、において、「個人情報が、個人人格尊重理念下に慎重 に取り扱われるべきものである」されていることを踏まえ、個人情報を取り扱うすべては、その目的や 様態を問わず、個人情報性格重要性を十分認識し、その適正な取扱いを図らなければならない。 本指針では、趣旨を踏まえ対象事業における個人情報適正な取扱いが確保されるよう、遵守 すべき事項及び遵守することが望ましい事項をできる限り具体的に示しており、対象事業においては、 法令、「個人情報保護に関する基本方針」(平成16年4月2日閣議決定。以下「基本方針」 いう。)及び本指針趣旨を踏まえ、個人情報適正な取扱いに取り組む必要がある。
さらに見せる

47 さらに読み込む

1 課税開始の時期等について Q1 なぜ藤沢市が事業所税の課税団体となるのですか A 事業所税の課税団体となるのは 都 ( 特別区の存する区域に限る ) 地方自治法第 252 条の19 第 1 項の市 ( 政令指定都市 ) 首都圏整備法第 2 条第 3 項に規定する既成市街地または近畿圏整備法第 2

1 課税開始の時期等について Q1 なぜ藤沢市が事業所税の課税団体となるのですか A 事業所税の課税団体となるのは 都 ( 特別区の存する区域に限る ) 地方自治法第 252 条の19 第 1 項の市 ( 政令指定都市 ) 首都圏整備法第 2 条第 3 項に規定する既成市街地または近畿圏整備法第 2

この冊子は、「事業所税」に係わる質疑を取りまとめたもので、実務提要を 元に作成しております。 目 次 1 課税開始時期について(Q1∼Q6)・・・・・・・・・・・・・・2頁 2 事業所税は・・・・・(Q7∼Q9)・・・・・・・・・・・・・・4頁 3 使途について・・・・・(Q10)・・・・・・・・・・・・・・・・6頁 4 課税対象・・・・・・・(Q11∼Q29)・・・・・・・・・・・・6頁 納税義務・・・・・(Q30∼Q38)・・・・・・・・・・・10頁 6-(1)課税標準(資産割)・(Q39∼Q6)・・・・・・・・・・ 13頁 6-(2)課税標準(従業割)(Q7∼Q7)・・・・・・・・・・ 23頁 7 税率・・・・・・・・・(Q76)・・・・・・・・・・・・・・・28頁 8 免税点・・・・・・・・(Q77∼Q100)・・・・・・・・・・28頁 9 非課税・・・・・・・・(Q101∼Q12)・・・・・・・・・37頁 10 課税標準特例・・・・(Q126∼Q136)・・・・・・・・・46頁 11 減免・・・・・・・・・(Q137∼Q139)・・・・・・・・・49頁 12 申告納付・・・・・・・(Q140∼Q14)・・・・・・・・・1頁 13 共同事業および共同事業みなされる事業(Q146∼Q148)・2頁 14 消防用設備及び防災施設に関する事項(Q149∼Q161)・3頁 15 その他・・・・・・・・・・・・・・・・(Q162)・・・・・・7頁
さらに見せる

58 さらに読み込む

5102 横須賀市建築基準法施行取扱規則 関係法令等 法第 39 条 法第 40 条 昭和 30 年 12 月 15 日規則第 27 号 建築基準法施行取扱規則 を次のように定める 建築基準法等施行取扱規則 ( 平 12 規則 56 改称 ) ( 総則 ) 第 1 条建築基準法 ( 昭和 25 年法

5102 横須賀市建築基準法施行取扱規則 関係法令等 法第 39 条 法第 40 条 昭和 30 年 12 月 15 日規則第 27 号 建築基準法施行取扱規則 を次のように定める 建築基準法等施行取扱規則 ( 平 12 規則 56 改称 ) ( 総則 ) 第 1 条建築基準法 ( 昭和 25 年法

(昭 57 規則 37・全改、昭 63 規則 28・平 11 規則 38・一部改正、平 12 規則 56・旧 12 繰上・一部 改正、平 15 規則 53・平 17 規則 86・一部改正) (確認申請書に添付する書類) 11 省令7項申請書に添えるべき図書は、別表(ア)欄に掲げる建築物ごとに、 それぞれ同表(イ)欄に掲げる図書する。ただし、別表各項に掲げる図書に明示すべき事項を 省令1項表1及び表2並びに同4項表1並びに別表に掲げる図書うち他 図書に明示してその図書を省令1項又は4項申請書に添える場合において は、当該各項に掲げる図書全部又は一部添付を省略することができる。
さらに見せる

25 さらに読み込む

すべての事業者 ( 企業 ) の責務 省エネ法第 3 条告示第 57 号エネルギーの使用の合理化に関する基本方針 1 工場等においてエネルギーを使用して事業を行う者が講ずべき措置 (1) 工場等においてエネルギーを使用して事業を行う者は 次の各項目の実施を通じ エネルギー消費原単位の改善を図るものと

すべての事業者 ( 企業 ) の責務 省エネ法第 3 条告示第 57 号エネルギーの使用の合理化に関する基本方針 1 工場等においてエネルギーを使用して事業を行う者が講ずべき措置 (1) 工場等においてエネルギーを使用して事業を行う者は 次の各項目の実施を通じ エネルギー消費原単位の改善を図るものと

4 熱動力変換合理化 (4) 熱動力変換合理化 放射、伝導、抵抗によるエネルギー損失防止 (5) 放射、伝導、抵抗によるエネルギー損失防止 6 電気動力、熱変換合理化 (6) 電気動力、熱変換合理化 Ⅱ.エネルギー使用合理化目標及び・・・・ Ⅱ.エネルギー使用合理化目標及び計画的に取り組むべき措置 ・ 事業及び連鎖化事業が全体を俯瞰して取組むべき事項については前段に規定
さらに見せる

39 さらに読み込む

てカウントされる ( 法第 43 条第 4 項 第 5 項 障害者の雇用の促進等に関する法律施行令 ( 以下 令 という ) 第 10 条 規則第 6 条の 2) 法定雇用障害者数が 1 人以上となる事業主は 毎年 1 回 6 月 1 日現在の障害者の雇用に関する状況を公共職業安定所長に報告しなけれ

てカウントされる ( 法第 43 条第 4 項 第 5 項 障害者の雇用の促進等に関する法律施行令 ( 以下 令 という ) 第 10 条 規則第 6 条の 2) 法定雇用障害者数が 1 人以上となる事業主は 毎年 1 回 6 月 1 日現在の障害者の雇用に関する状況を公共職業安定所長に報告しなけれ

また、一定業種に属する事業主については、実雇用率算定基礎なる常時雇用する労働数から一定率 に相当する労働数を控除できる(附則 3 2 項 除外率制度)。障害就業が一般的に困難である 認められる業種について、障害雇用義務を軽減する趣旨であるが、平成 16 年に原則として廃止され、経過 措置として残っている。除外率が最も高いが船員による船舶運航事業 80%で、幼稚園 60%がこれ に次いでいる。産業大分類別でみる、建設業(20%)鉱業・採石業・砂利採取業(10~50%)については業種 全体が対象なっているほか、運輸業・郵便業(道路旅客運送業(55%)、鉄道業(30%)など)、教育・学習支援 業(幼稚園ほか、小学校(55%)、高等教育機関(30%)など)に除外率適用業種が多い(規則附則1 3・ 別表 4)。ちなみに、不動産業には除外率適用業種はない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

三法第三十四条の十六第一項の規定により 同条第二項第一号及び第二号に掲げる事項以外の事項について市町村が条例を定めるに当たって参酌すべき基準この省令に定める基準のうち 前二号に定める規定による基準以外のもの 2 設備運営基準は 市町村長 ( 特別区の長を含む 以下同じ ) の監督に属する家庭的保育事

三法第三十四条の十六第一項の規定により 同条第二項第一号及び第二号に掲げる事項以外の事項について市町村が条例を定めるに当たって参酌すべき基準この省令に定める基準のうち 前二号に定める規定による基準以外のもの 2 設備運営基準は 市町村長 ( 特別区の長を含む 以下同じ ) の監督に属する家庭的保育事

3 前項に規定する保育士算定に当たっては、当該小規模保育事業所B型に勤務す る保健師又は看護師を、一人に限り、保育士みなすことができる。 (準用) 三十二 二十四から二十六まで及び二十八規定は、小規模保育事業B 型について準用する。この場合において、二十四中「家庭的保育事業を行う(次 及び二十六において「家庭的保育事業いう。)」あるは「小規模保育 事業B型を行う三十二において準用する次及び二十六において「小規模 保育事業(B型)」いう。)」二十五及び二十六中「家庭的保育事業 あるは「小規模保育事業(B型)」二十八中「小規模保育事業所A 型」あるは「小規模保育事業所B型」する。
さらに見せる

19 さらに読み込む

< 目次 > 第 1 事業者選定基準の位置づけ... 1 第 2 事業者選定の方法 選定方法の概要 事業者選定の体制 共通事項... 1 第 3 審査の手順... 2 第 第一次審査 資格審査 実績等審査... 3 第

< 目次 > 第 1 事業者選定基準の位置づけ... 1 第 2 事業者選定の方法 選定方法の概要 事業者選定の体制 共通事項... 1 第 3 審査の手順... 2 第 第一次審査 資格審査 実績等審査... 3 第

(3)有識者委員会評価決定 有識者委員会は、合議により算出された参考得点案を付して国に報告する。 3.優先交渉権選定 国は、1.及び2.結果を踏まえ、二次審査参加得点及び順位を決定し、一位 二次審査参加を優先交渉権として選定する。また、二位二次審査参加を次点交 渉権として選定する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

審査結果 認可基準チェックシート参照 意見を求める事項 本件申請について審査した結果 児童福祉法に基づく認可基準に適合していること 設置者の基準に適合していると判断できることから 児童福祉法第 34 条の 15 第 5 項の規定に基づき 平成 29 年 4 月 1 日付で認可することについて意見を伺

審査結果 認可基準チェックシート参照 意見を求める事項 本件申請について審査した結果 児童福祉法に基づく認可基準に適合していること 設置者の基準に適合していると判断できることから 児童福祉法第 34 条の 15 第 5 項の規定に基づき 平成 29 年 4 月 1 日付で認可することについて意見を伺

保育事業を行う事業所(以下「地域型保育事業所」いう。 )ごとに、 19 1 項 3 号に掲げる小学校就学前子どもに係る利用定員(事業所内保育事業を行う 事業所(以下「事業所内保育事業所」いう。 )にあっては、その雇用する労働 監護する小学校就学前子どもを保育するため当該事業所内保育事業を自ら施設を 設置し、又は委託して行う事業主に係る当該小学校就学前子ども(当該事業所内保 育事業が、事業主団体に係るものにあっては事業主団体構成員である事業 雇用する労働監護する小学校就学前子どもし、共済組合(児童福祉 6
さらに見せる

5 さらに読み込む

Ⅱ. 法第 3 条の 2 等の適用についての考え方 1. 法第 3 条の2 第 1 項の考え方について本条は 購入者等が訪問販売に係る売買契約等についての勧誘を受けるか否かという意思の自由を担保することを目的とするものであり まず法第 3 条の 2 第 1 項においては 訪問販売における事業者の強引

Ⅱ. 法第 3 条の 2 等の適用についての考え方 1. 法第 3 条の2 第 1 項の考え方について本条は 購入者等が訪問販売に係る売買契約等についての勧誘を受けるか否かという意思の自由を担保することを目的とするものであり まず法第 3 条の 2 第 1 項においては 訪問販売における事業者の強引

② 契約を締結するつもりない意思表示をしている相手方について、その 場で勧誘継続や再度来訪による勧誘を禁止 することによって、消費意思自由を担保すべく、 「特定商取引に関する 律及び割賦販売一部を改正する法律(平成20年法律74号)」により、 特定商取引に関する法律(以下単に「いう。)規定による、勧誘 に先立って氏名や勧誘目的であること明示義務に加え、2が新 設された。なお、電話勧誘販売においては、17に上記②同様規律 が既に存在していたところ。
さらに見せる

5 さらに読み込む

36協定で定める時間外労働及び休日労働 について留意すべき事項に関する指針 (労働基準法第三十六条第一項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針)

36協定で定める時間外労働及び休日労働 について留意すべき事項に関する指針 (労働基準法第三十六条第一項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針)

 ただし、これら以外時間についても、使用指揮命令下に置かれている評価される時間について は労働時間として取り扱うこと。  なお、労働時間に該当するか否かは、労働契約、就業規則、労働協約定めいかんによらず、労働 行為が使用指揮命令下に置かれたもの評価することができるか否かにより客観的に定まるもの であること。また、客観的に見て使用指揮命令下に置かれている評価されるかどうかは、労働 行為が使用から義務づけられ、又はこれを余儀なくされていた状況有無から、個別具体的に判 断されるものであること。
さらに見せる

16 さらに読み込む

JA 共済における保険法施行への対応状況について 2. 改訂 見直しの概要 1) 告知義務 1 共済約款の改訂保険法 ( 第 4 条 第 37 条 第 66 条 ) では 契約者が 告知事項かどうかを判断したうえで自発的に告知すべきとする旧商法の規定を変更し 危険に関する重要な事項 ⅵ) のうち 保

JA 共済における保険法施行への対応状況について 2. 改訂 見直しの概要 1) 告知義務 1 共済約款の改訂保険法 ( 第 4 条 第 37 条 第 66 条 ) では 契約者が 告知事項かどうかを判断したうえで自発的に告知すべきとする旧商法の規定を変更し 危険に関する重要な事項 ⅵ) のうち 保

うち、 保険が告知を求めた事項が告知義務対象 された(質問応答義務) 。 これを受けてJA共済では、告知義務が質 問応答義務であるわかるよう告知事項定 義を変更するとともに、契約申込書・告知書 により告知を行うことについて共済約款上 明確化を図った。また、保険には特別な規 定はないが、これまで損害共済では重複契約 有無を契約締結時判断材料していた ことから、 「他共済契約」が危険に関する 重要な事項一つであることを共済約款に規 定している(表2) 。
さらに見せる

8 さらに読み込む

36協定で定める時間外労働及び休日労働 について留意すべき事項に関する指針 (労働基準法第三十六条第一項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針)

36協定で定める時間外労働及び休日労働 について留意すべき事項に関する指針 (労働基準法第三十六条第一項の協定で定める労働時間の延長及び休日の労働について留意すべき事項等に関する指針)

2 「労働数(満18歳以上)」欄には、時間外労働又は休日労働をさせることができる労働 数を記入すること。 3 「延長することができる時間数」記入に当たつては、次とおりすること。時間数は労 働基準32から32まで又は40規定により労働させることができる最長労働時 間(以下「法定労働時間」いう。)を超える時間数を記入すること。なお、本欄に記入する時間 数にかかわらず、時間外労働及び休日労働を合算した時間数が1箇月について100時間以上なつた 場合、及び2箇月から6箇月までを平均して80時間を超えた場合には労働基準違反(同119 規定により6箇月以下懲役又は30万円以下罰金)なることに留意すること。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成 30 年度に向けての構造図と法定計画等の位置づけ 健康増進事業実施者とは健康保険法 国民健康保険法 共済組合法 労働安全衛生法 市町村 ( 母子保健法 介護保険法 ) 学 健康日本 21 計画 特定健康診査等実施計画 データヘルス計画 法律 健康増進法第 8 条 第 9 条 第 6 条健康増進

平成 30 年度に向けての構造図と法定計画等の位置づけ 健康増進事業実施者とは健康保険法 国民健康保険法 共済組合法 労働安全衛生法 市町村 ( 母子保健法 介護保険法 ) 学 健康日本 21 計画 特定健康診査等実施計画 データヘルス計画 法律 健康増進法第 8 条 第 9 条 第 6 条健康増進

産期異常(早産、低出生体重児原因なることが国内外多数科学的知見によ り明らかなっている。 このうち、COPD は、WHO(世界保健機関)が「予防でき、治療できる病気」として啓発 運動を勧めることを提言しており、日本では「健康日本 21(二次)」に、今後取組むべき 深刻な病気として新たに加えられたところである。COPD は、タバコ煙を主する有害物質 を長期にわたり吸入し続けることで生じる肺炎症性疾患で、慢性的に咳、痰、労作時呼吸 困難などがみられ、診断や治療が遅れることで肺機能が短期間うちに著しく低下し、酸素 療法が必要なり、外出が不自由なり、寝たきりに近い生活に追い込まれることもある。
さらに見せる

73 さらに読み込む

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

身体障害者福祉法第15条に規定する医師の指定基準及び手続きについて (yte)

身体障害福祉 15 に規定する医師指定基準及び手続きについて 1 指定医師は 身体障害福祉に基づく「身体障害手帳」交付申請に必要な「身体障害診断書・意見 書」 を作成するとともに、 その障がいが身体障害福祉別表に掲げる障がいに該当するか 否か、 該当する判断される場合に、 その障がい程度等級を参考意見として記載していただき ます。
さらに見せる

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...