河川管理施設の整備に関する事項

Top PDF 河川管理施設の整備に関する事項:

が適正に整備されていない状況がみられた これらの河川事務所等は その主な理由について 都道府県に対し 河川法施行令第 5 条に規定する河川現況台帳の記載事項 ( 主要な河川管理施設の概要等 ) が変更される場合は資料を提供するよう依頼しているが 都道府県から主要な河川管理施設の概要に係る資料が提供さ

が適正に整備されていない状況がみられた これらの河川事務所等は その主な理由について 都道府県に対し 河川法施行令第 5 条に規定する河川現況台帳の記載事項 ( 主要な河川管理施設の概要等 ) が変更される場合は資料を提供するよう依頼しているが 都道府県から主要な河川管理施設の概要に係る資料が提供さ

- 206 - が適正に整備されていない状況がみられた。 これら河川事務所等は、その主な理由について、都道府県に対し、河川 法施行令第5条に規定する河川現況台帳記載事項(主要な河川管理施設 概要等)が変更される場合は資料を提供するよう依頼しているが、都道府県 から主要な河川管理施設概要に係る資料が提供されないため、河川現況台 帳(一級河川(指定区間) )に必要な事項が記載されていないとしている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目 次 1. 流域の概要と河川の現状と課題 旭川水系下流ブロックの概要 河川の現状と課題 治水の現状と課題 利水の現状と課題 河川環境の現状と課題 7 2. 河川整備計画の目標に関する事項 整備計画の対象区間及び期

目 次 1. 流域の概要と河川の現状と課題 旭川水系下流ブロックの概要 河川の現状と課題 治水の現状と課題 利水の現状と課題 河川環境の現状と課題 7 2. 河川整備計画の目標に関する事項 整備計画の対象区間及び期

1.2.1 治水現状と課題 ························································ 4 1.2.2 利水現状と課題 ························································ 6 1.2.3 河川環境現状と課題 ···················································· 7 2. 河川整備計画目標に関する事項 ················································ 12
さらに見せる

20 さらに読み込む

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備または管理に関する事項

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備または管理に関する事項

理由 桐生新 伝建地区及び周辺地区 い 伝統的建造物保存修理事業 並 整備 合わ た環境整備 行うこ 一体性 あ 歴史 ち く 能 た 路地 周知 こ そ 地域 歴史や伝統 関 理解 深 こ 歴史的風致 維持及び向上 寄

20 さらに読み込む

平成 26 年 9 月 11 日 ( 木 ) 平成 26 年度第 4 回 大阪府河川整備審議会 資料 1-4 春木川水系河川整備計画 ( 変更原案 ) ( 参考資料 ) 目次 第 1 章河川整備計画の目標に関する事項 第 1 節流域及び河川の概要 流域の概要

平成 26 年 9 月 11 日 ( 木 ) 平成 26 年度第 4 回 大阪府河川整備審議会 資料 1-4 春木川水系河川整備計画 ( 変更原案 ) ( 参考資料 ) 目次 第 1 章河川整備計画の目標に関する事項 第 1 節流域及び河川の概要 流域の概要

治水施設による対応には限界があることから、雨が降っても河川に流入する量を減らすため流出抑制にも積極的に取り組みます。 具体的には、ため池は雨水貯留機能を有することから、大阪府農林部局、岸和田市及び関係団体等と連携し、流域内に多数点在するため池雨水貯留機能保全やため池管理者に対して大雨に備えるため水 位低下を呼びかけるなど、治水へため池活用手法を検討していきます。また、道路・公園・学校グラウンド等公共施設を利用した雨水貯留施設設置を施設管理者に働きかけるとともに、住宅等開発行 為に伴い事業者に設置を指導して暫定的に設置された調整池等流出抑制施設を、恒久的に存続させる制度を検討していきます。その他、水源涵養・保水機能維持ため農地・森林保全や、河川氾濫や浸水 が起こった場合でも、被害が軽微となるまちづくりに向けて、家屋耐水化や望ましい土地利用を誘導する等制度検討を行います。さらに、地域住民に対して各戸貯留施設設置により流出量を低減させるな どの意識を向上させる啓発活動を進めていきます。
さらに見せる

39 さらに読み込む

特定教育・保育施設の設置者及び特定地域型保育事業者の業務管理体制の整備に関する事項の届出について

特定教育・保育施設の設置者及び特定地域型保育事業者の業務管理体制の整備に関する事項の届出について

設置者・事業者が社会福祉法人、学校法人、特定非営利法人、株式会社等であって、 既に関係各法規定に基づき、その監事又は監査役(委員会設置会社にあっては、監査 委員会)が法及び法に基づく命令遵守状況を確保する内容を盛り込んでいる監査を 行っている場合には、その監査をもって子ども・子育て支援法に基づく「業務執行状 況監査」とすることができます。

10 さらに読み込む

目次 1 趣旨 ( 独 ) 鉄道建設 運輸施設整備支援機構本社情報ネットワーク管理業務の詳細な内容及びその実施に当たり確保されるべき質に関する事項 実施期間に関する事項 入札参加資格に関する事項 入札に参加する者の募集に関する事

目次 1 趣旨 ( 独 ) 鉄道建設 運輸施設整備支援機構本社情報ネットワーク管理業務の詳細な内容及びその実施に当たり確保されるべき質に関する事項 実施期間に関する事項 入札参加資格に関する事項 入札に参加する者の募集に関する事

(4) 契約形態及び支払 ア 契約形態は、業務請負契約とする。 イ 当機構は、業務請負契約に基づき、請負者が実施する本業務について、契約 履行に関し、(独)鉄道建設・運輸施設整備支援機構本社情報ネットワークシス テム運用管理業務調達仕様書に定めた内容に基づく監督・検査を実施するな どして適正に実施されていることを確認した上で、適正な支払請求書を受領した 日から 30 日以内に、毎月、契約金額を支払うものとする。確認結果、確保される べき対象業務質が達成されていないと認められる場合、又は達成できないおそ れがある場合、当機構は、確保されるべき対象業務達成に必要な限りで、 請負者に対して本業務実施方法改善を行うよう指示することができる。請負 者は、当該指示を受けて業務実施方法を改善し、業務改善報告書を速やかに 当機構に提出するものとする。業務改善報告提出から 3 か月範囲で、業務改 善報告書内容が、確保されるべき対象業務質が達成可能なものであると認め られるまで、当機構は、請負費支払を行わないことができる。なお、請負費は、 本件業務開始以降サービス提供に対して支払われるものであり、請負者が行う 準備行為等に対して、請負者に発生した費用は、請負者負担とする。
さらに見せる

154 さらに読み込む

十勝川右岸圏域河川整備計画 - 目 次 - 第 1 章. 対象圏域と河川の現状 1 第 1 節対象圏域の概要 1 第 2 節圏域内河川の現状 5 1. 治水の現状と課題 8 2. 河川利用及び河川環境の現状と課題 12 第 2 章. 河川整備計画の目標に関する事項 17 第 1 節計画対象区間 17

十勝川右岸圏域河川整備計画 - 目 次 - 第 1 章. 対象圏域と河川の現状 1 第 1 節対象圏域の概要 1 第 2 節圏域内河川の現状 5 1. 治水の現状と課題 8 2. 河川利用及び河川環境の現状と課題 12 第 2 章. 河川整備計画の目標に関する事項 17 第 1 節計画対象区間 17

〔風土・文化〕 寛文 6 年(1666 年)に松前藩が「ビロー場所」を設けて十勝アイヌと交易を始めたが十勝開発 始まりとされる。明治 2 年に北海道開拓使庁が設置され、初めて十勝国が置かれ、7 郡 51 村とな る。同 16 年、晩成社 ばんせいしゃ 移民団 い み ん だ ん 一行が下帯広村(オベリベリ)に入植、開墾クワを下ろした。同 19 年北海道庁が設置、十勝は釧路郡役所管轄になり、同 30 年に河西支庁が設置された。昭和 7 年、河西支庁を十勝支庁と改称、同 23 年には釧路支庁から足寄 あしょろ 、陸別 りくべつ 2 村を編入、同 31~32 年 町村合併で 1 市 16 町 3 村、平成 18 年町村合併で 1 市 16 町 2 村となり、現在に至っている。 帯広を中核都市として発展する十勝地方は、わが国を代表する畑作・酪農地帯であり、食料基地 として重要な役割を果たしているが、入植当初より春先強風による風害に悩まされ、このため多 く耕地 こ う ち 防風林 ぼうふうりん が広く造成されてきた。こうした背景を持つ十勝地方では、大規模に広がる農地と 縦横に走る耕地防風林が特徴的な景観を形成している。
さらに見せる

29 さらに読み込む

目 次 1. 流域及び河川の概要 1.1 流域の概要 1.2 河川の概要 1.3 河川の現状と課題 治水の現状と課題 水利用及び河川環境の現状と課題 1.4 河川整備に関する住民の意向 2. 河川整備計画の目標に関する事項 2.1 河川整備の基本理念 2.2 河川整備計画の対

目 次 1. 流域及び河川の概要 1.1 流域の概要 1.2 河川の概要 1.3 河川の現状と課題 治水の現状と課題 水利用及び河川環境の現状と課題 1.4 河川整備に関する住民の意向 2. 河川整備計画の目標に関する事項 2.1 河川整備の基本理念 2.2 河川整備計画の対

一方、近年局地的短時間集中豪雨により、親水施設付近では強い雨がふっていない 場合でも、上流から洪水で急激に水位が上昇することが考えられるため、利用者安全 を確保することが課題となっている。 また、山崎川沿いにはサクラが多く植えられ、開花時期には一面がピンク色に染まっ て「さくら名所百選地」にも選ばれている。サクラは市民に親しまれ、瑞穂区役所ではイ ンターネットなどでサクラ情報コーナーを設けて、広く市内外に情報発信している。し かし、一部には樹木植えられていない区間もあり、住民からは植樹、特にサクラ植樹 要望もあるが、敷地制限などから困難な状況であり、今後改修にあたっては配慮が 必要である。このように市民からは良好な河川景観形成について要望が多い一方、ゴミ 投棄によって良好な景観が損なわれている現実もある。
さらに見せる

52 さらに読み込む

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第6章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

平成23年度~:市単独事業 平成25年度~:史跡購入費国庫補助 平成29年度~:歴史活き活き!史跡等総合活用整備事業  城下町核である松本城南・西外堀は、現在は埋立てられて堀 跡にある建物により、天守眺望ができず城郭として歴史的景観 が損なわれている。この外堀復元整備により堀として連続性が 確保され、周辺から国宝天守眺望改善を図る。また、城郭を 構成する建造物を復元し、本来有るべき姿とすることで、史跡魅 力を高める整備を進める。更に、この場所は観光客が松本城を訪れ る重要なアクセス方向に位置しており、城郭として歴史的景観が 向上し、周辺城下町と一体となった回遊性向上が図られる。
さらに見せる

19 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

 歴史的風致維持向上施設とは、本市における歴史的風致維持及び向上に必要な公共施 設等であり、その整備と適切な管理によって、長野市固有歴史まちづくりを推進してい く効果が見込めるものである。このため、その整備は、歴史的風致を構成し、かつ、その 保全に寄与するもので、本計画期間内に確実に実施されるものを対象とする。

56 さらに読み込む

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

第7章 歴史的風致維持向上施設の整備及び管理に関する事項

 歴史的風致維持向上施設とは、本市における歴史的風致維持及び向上に必要な公共施 設等であり、その整備と適切な管理によって、長野市固有歴史まちづくりを推進してい く効果が見込めるものである。このため、その整備は、歴史的風致を構成し、かつ、その 保全に寄与するもので、本計画期間内に確実に実施されるものを対象とする。

58 さらに読み込む

Microsoft Word - 【事業研究会 論文】河川管理施設における遠隔監視制御システムの有効性について

Microsoft Word - 【事業研究会 論文】河川管理施設における遠隔監視制御システムの有効性について

施設維持管理(点検・整備)については,操作員等 日常点検他,専門業者による定期点検,不具合発 生時には臨時点検整備を行い復旧させている. 信濃川河川事務所が管理する河川管理施設は,図-2 に示すとおり,一番古い施設で設置後62年が経過してお り,既に 40年以上を経過した設備数が30を超えている. 特に電気設備である機側操作盤関係は,経過年数に比 例して不具合が顕著となる傾向にあり,機側操作盤が故 障した場合は,手動ハンドルにより扉体開閉操作を行 う必要があり時間も労力もかかる.
さらに見せる

6 さらに読み込む

河川整備計画(案)

河川整備計画(案)

河川が本来有している動植物生息・生育・繁殖環境及び良好な水質保全に努めます。 3.3 その他河川整備を総合的に行なうために必要な事項 3.3.1 河川情報提供等に関する事項 河川整備目標を実現するためには、長期間を要することや、整備水準を上回る洪水が 発生した場合には甚大な被害が発生することが予想されます。特に、橋津川水系東郷池 周辺は、浸水常襲地域であり、東郷池水位や降雨量、橋津川水門や東郷ダム操作状況 について住民関心が非常に高い地域です。このため、リアルタイム降雨量や水位等 情報をインターネットにより配信することにより、早期避難を促し被害軽減に努めます。
さらに見せる

26 さらに読み込む

目次 1. はじめに 河川の概要 河川管理上留意すべき事項 河川の区間区分 河川維持管理目標 河道流下断面の確保 (1) 堆積土砂の掘削 ( 区間共通 ) (2) 樹木伐開 ( 区間共通

目次 1. はじめに 河川の概要 河川管理上留意すべき事項 河川の区間区分 河川維持管理目標 河道流下断面の確保 (1) 堆積土砂の掘削 ( 区間共通 ) (2) 樹木伐開 ( 区間共通

赤平市や南富良野町では、河川さまざまな機能を活かして、住民が川とふれあう自 然体験や環境学習場として活用できる「水辺楽校」を地域と連携して整備した。 滝里湖やかなやま湖周辺は、湖畔豊かな自然とふれあえる場として、関係機関と連 携してキャンプ場等環境整備を行い、多く人々が利用している。また、関係自治 体、住民等と連携して水源地域活性化ため行動計画である「水源地域ビジョン」 を作成している。引き続き、地域と連携しながら貴重な水辺空間等として利用される よう取り組みを推進する必要がある。
さらに見せる

42 さらに読み込む

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

公の施設の指定管理者の指定の手続き等に関する指針(細目的事項)

②官民連携担当は、PFI事業手法検討に資するよう、事業担当部局に 対してガイドライン周知や研修を行うなどPFI事業啓発や、相談 対応を行うなどPFI事業手法検討支援を行います。 ③なお、本市における公共施設維持管理や更新等にあたっては、『大 阪市公共施設マネジメント基本方針』に基づき、効率的・効果的に進め ていくことが全庁的に求められているため、市設建築物における取組み 推進を担っている調整部局(都市整備局)及びインフラ部門調整部 局(建設局)、総合政策部局(政策企画室)と官民連携担当と間で緊 密な連携を図りながら、方針基本的な考え方一つである「民間活力 導入」取組みを進めていきます(図表2-2) 。
さらに見せる

44 さらに読み込む

業務管理体制の整備に関する届出について

業務管理体制の整備に関する届出について

(2)法令遵守規程(業務が法令に適合することを確保するため規定)について 法令遵守規程には、 事業者従業員に少なくとも法及び法に基づく命令遵守を確保するた め内容を盛り込む必要がありますが、 必ずしもチェックリストに類するものを作成する必要 はなく、例えば、日常業務運営に当たり、法及び法に基づく命令遵守を確保するため注 意事項や標準的な業務プロセス等を記載したものなど、 事業者実態に即したもので構いませ ん。
さらに見せる

3 さらに読み込む

河川愛護モニターの募集について ~ 那賀川 桑野川及び派川那賀川の河川愛護モニターを募集します ~ 国土交通省では 地域住民の方々のご協力のもとで 河川整備 河川利用又は河川環境に関する地域の要望を十分に把握し 地域との連携をさらに進め あわせて河川愛護 思想の普及啓発及び河川の適正な維持管理に資す

河川愛護モニターの募集について ~ 那賀川 桑野川及び派川那賀川の河川愛護モニターを募集します ~ 国土交通省では 地域住民の方々のご協力のもとで 河川整備 河川利用又は河川環境に関する地域の要望を十分に把握し 地域との連携をさらに進め あわせて河川愛護 思想の普及啓発及び河川の適正な維持管理に資す

活動内容は、次事項をモニターとして河川管理者に連絡(一月に1回定期と随時) することが主です。 ① 近隣方々から河川利用や河川状況に関し、特段要望を認めた場合 ② 河川環境が損なわれる、または河川利用上障害となるような事象を認めた場合 ③ ごみ等投棄、河川流水や施設等について、異常を発見した場合

6 さらに読み込む

河川整備基金助成事業

河川整備基金助成事業

これまでに弊協議会では、市民が帯広川流域全体を持続的に利活用するために、帯広市内閣 府認定「環境モデル都市」計画中に位置付けられる「かわまちづくり」協議会(仮称)が必要 と考え、その設立準備ため「かわまちづくり」勉強会を行ってきた。市民主導により帯広市 を東西に横断する帯広川流域全体を一体的に考えるため組織を民産学官連携で立ち上げるこ とを意図したが、一昨年、帯広市が理解を示さないことから発展的に解散した。しかし、帯水協 を含む民間組織等と間では、帯水協試案である、以下①から④まで目標を共有して活動を 行なっている。①市中心部から集積した住宅地である西部地区を繋ぐ遊歩道あるいはサイクリ ングロードとして帯広川堤防天端等を車道と完全に分離した形で活用する、これは②大火災や震 災時避難路および水害時土嚢設置あるいは貯蔵場所としても活用し得る。③日常草刈、 清掃など点検・維持活動は、河畔町内会等地域主体で行い、あわせて水質異常や危険箇 所などを河川管理者へ通報することとし、さらに④河畔林は「帯広森」計画回廊部分として 位置づけて市民憩い場として活用を図るものとする。これらを具体化するために今年は非公 式勉強会を 2 回行い、次年度は行政へ働きかけを改めて行うこととした。また、種々会合 など機会あるごとに、この考え方について議論を深めた。また、町内会を含む民間団体と連携 強化や個々組織における財務体質強化、さらに若い人材発掘が急務であると考えられた。
さらに見せる

26 さらに読み込む

河川維持管理計画 < 猪名川 > 平成 31 年 3 月 国土交通省近畿地方整備局 猪名川河川事務所

河川維持管理計画 < 猪名川 > 平成 31 年 3 月 国土交通省近畿地方整備局 猪名川河川事務所

1.2 流域自然的、社会的特性 (自然的特性) 猪名川流域気候は、瀬戸内型気候区に属し、全体的に温暖である。平地部は海岸気候を示して いるが、北部山間地帯では内陸的な特性を示し、夏は比較的涼しいが、冬期は積雪が年に数回で、 寒気が強くなる。降水量は、山間部で約 1,400mm、平野部で約 1,300mm と近畿地方では最小雨域を 形成している。しかし、紀伊半島に上陸して北東進する台風、または梅雨末期に南西方向から湿潤 な気流が入ってくる際に、しばしば紀伊山地多雨域にも匹敵する大雨が降ることがある。一般的 に、山間部では台風、平野部では梅雨前線と関連が大きい。
さらに見せる

52 さらに読み込む

目 次 1. 子吉川水系河川整備計画 ( 大臣管理区間 ) 事業再評価の流れ 1. 事業の概要 3. 社会情勢等の変化 4 4. 事業の投資効果河川整備計画 8 当面事業 ( 概ね6ヵ年 ) 9 事業実施による被害軽減効果 1 5. 費用対効果分析 河川改修 ( 全体事業 残事業 ) 11 河川改修

目 次 1. 子吉川水系河川整備計画 ( 大臣管理区間 ) 事業再評価の流れ 1. 事業の概要 3. 社会情勢等の変化 4 4. 事業の投資効果河川整備計画 8 当面事業 ( 概ね6ヵ年 ) 9 事業実施による被害軽減効果 1 5. 費用対効果分析 河川改修 ( 全体事業 残事業 ) 11 河川改修

※1.被害額は、「治水経済調査マニュアル(案)(平成17年4月 国土交通省河川局)」)に基づき、「メッシュ内資産額×浸水別被害率」で算出するが、ここでは、被害額を250mメッシュにある家屋戸数、被 害率を250mメッシュ毎浸水深に置き換えて被害額を表している。 【 【 被害額 被害額 ※ ※ 1 1 】 】 16戸 16戸 × × 3m=48戸・m 3m=48戸・m 【 【 被害額 被害額 ※ ※ 1 1 】 】 6戸 6戸 × × 1m=6戸・m 1m=6戸・m 今回評価時場合(H17延床面積)
さらに見せる

21 さらに読み込む

Show all 10000 documents...