水の対策と雨水貯留浸透施設設置を行う

Top PDF 水の対策と雨水貯留浸透施設設置を行う:

2.2 各指針の位置づけ工水指針の位置づけと構成は 図 2に示すとおりであり 施設更新指針 および 耐震対策指針 を用いて 主に個別の工業用水道施設に対して 設備診断及び耐震性評価を行う 次に アセットマネジメント指針 を用いて 施設全体の診断 評価結果や財政収支見通しを踏まえた 資産管理の最適な将

2.2 各指針の位置づけ工水指針の位置づけと構成は 図 2に示すとおりであり 施設更新指針 および 耐震対策指針 を用いて 主に個別の工業用水道施設に対して 設備診断及び耐震性評価を行う 次に アセットマネジメント指針 を用いて 施設全体の診断 評価結果や財政収支見通しを踏まえた 資産管理の最適な将

工業用水道は、ユーザー企業へ工場操業に不可欠な工業用水供給する日本産業界 根幹担う産業インフラであり、その重要性は今後も不変である。しかしながら、工業用 水道施設多くは建設から 40~50 年経過し、老朽化による大規模な漏水事故が急増する 等、本格的な施設更新時期迎えつつある。加えて、東日本大震災による被害状況鑑 みる施設耐震化等災害対策早急に行う必要がある。
さらに見せる

7 さらに読み込む

雨水浸透ます支給制度のご案内

雨水浸透ます支給制度のご案内

岡崎市総合雨水対策計画 岡崎市雨水貯留浸透施設設置補助  気候変動により増加する大雨に対し、浸水 被害軽減するため、市民・事業者皆さん 市が協力して取り組むべき雨水対策示し た計画書です。

2 さらに読み込む

雨水流出抑制対策雨水浸透ます 技術資料 Technical Data

雨水流出抑制対策雨水浸透ます 技術資料 Technical Data

5. 施工 4.11 コンクリート製雨水浸透ます比較(参考) コンクリート製雨水浸透ます当社対応商品比較いたしましたので、参考としてご使用ください。尚、設計処理量算定に用いた 基本条件(図14及び表6参照)は、コンクリート製雨水浸透ます既存メーカーが発行している資料参考しています。表7では当社

16 さらに読み込む

第 5 下水道施設技術基準 1 下水道施設設置の協議等 (1) 下水道施設の設置については 開発行為及び道路位置指定の場合と建築事業の場合で提出する図面等が異なるので 下水道施設指導担当課と十分に協議をすること (2) 下水道施設設置のための道路占用許可申請は 下水道施設指導担当課が行うので 手続の

第 5 下水道施設技術基準 1 下水道施設設置の協議等 (1) 下水道施設の設置については 開発行為及び道路位置指定の場合と建築事業の場合で提出する図面等が異なるので 下水道施設指導担当課と十分に協議をすること (2) 下水道施設設置のための道路占用許可申請は 下水道施設指導担当課が行うので 手続の

(ウ)丸 型(内径 70cm 足掛金物付) 深さ:1.4m 超え 2.1m まで (エ)0号 人 孔(内径 75cm) 深さ:2.1m 以上 (5)管きょと人孔接続部耐震化 立川市下水道総合地震対策計画に定める重要な幹線等うち、本市指定する耐震化対 策路線(短期対策箇所)に人孔設置する場合には、管きょと人孔接続部に可とう性継 ぎ手設置する等、耐震性能有する構造すること。
さらに見せる

27 さらに読み込む

雨水道 入路第 5 章貯留施設の設計 表 5-1 貯留施設の構造形式による分類 HWL 放流管 HWL 放流水 雨 水 貯 留 排水ポン A 棟 B 進HWL 雨 水 側

雨水道 入路第 5 章貯留施設の設計 表 5-1 貯留施設の構造形式による分類 HWL 放流管 HWL 放流水 雨 水 貯 留 排水ポン A 棟 B 進HWL 雨 水 側

(2)表5-2は、各土地利用目的ごと制約条件、利用者安全性考慮して定めた標準的 施設配置条件から貯留限界水深示したものであるが、一般宅地空地利用する場 合には、特に利用者安全性配慮し、貯留限界水深は10cm程度標準する。 なお、貯留限界水深は敷地地表上に貯留する場合、表5-2が一般的考えられるが、 安全対策別途講ずると共に、維持管理が十分に行われる場合は、その値増加しても よい。
さらに見せる

47 さらに読み込む

2) 管理数量 下水道 終末処理場には汚水と雨水用の施設があります 管理数量は次のとおりで す 表 2-26 下水道 終末処理場の管理数量 施設名種別数量備考 下水道 ( 汚水 ) 下水道 ( 雨水 ) 汚水管きょ下水道終末処理場中継ポンプ場汚水低地排水ポンプ雨水管きょ雨水低地排水ポンプ雨水ゲート

2) 管理数量 下水道 終末処理場には汚水と雨水用の施設があります 管理数量は次のとおりで す 表 2-26 下水道 終末処理場の管理数量 施設名種別数量備考 下水道 ( 汚水 ) 下水道 ( 雨水 ) 汚水管きょ下水道終末処理場中継ポンプ場汚水低地排水ポンプ雨水管きょ雨水低地排水ポンプ雨水ゲート

起債償還については、毎年変更することはできませんが、管きょの更新費 は、実態把握することで、効率的な支出が可能です。昭和 40 年(1965 年)頃から 平成 15 年(2003 年)まで約 40 年間は、ほぼ毎年 10 ㎞以上管きょ整備行い、平 成 10 年(1998 年)には年間で 19.5km 整備しました。その後は整備率が上昇したこと で、年間整備延長は減少しましたが、維持管理延長が増大し、管きょ施設標準 耐用年数である 50 年超過している延長は、平成 27 年(2015 年)3 月現在、約 40km、 管理数量約 8%ですが、10 年後には約 120km、25%、20 年後には約 230km、47% なり、早急な老朽化対策が必要なります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

岡崎市総合雨水対策計画

岡崎市総合雨水対策計画

しかし、 平成 27 年9月に茨城県鬼怒川で発生した大水害ように気候変動による大雨 頻度が全国的に増加傾向にあります。このような大雨については、国からも「今後、施 設能力上回る洪水発生頻度が高まることが予想され、 行政や住民など各主体が 『施 設で防ぎきれない大洪水は必ず発生するもの』へ意識変え、社会全体で洪水氾濫に備

34 さらに読み込む

表紙から調査の概要まで 不老川流域雨水浸透施設設置要望及び湧水調査(報告書)|入間市公式ホームページ

表紙から調査の概要まで 不老川流域雨水浸透施設設置要望及び湧水調査(報告書)|入間市公式ホームページ

入間市 不老川 水質改善対策 し 浄化施設 設立 下水道 整備等 行 い 本調査 水量確保 視点 基礎調査 し 市内 湧 調査 既存 戸建 住宅対 象 雨水浸透施設設置 関す 住民意識調査 行う事 目的 し 本業務 緊急雇 用創出基金活用事業 し 行

7 さらに読み込む

5-2 許可申請図書について 法令で定められている内容 法令で定められた 雨水浸透阻害行為の許可を受けようとする者が提出しなければなら ない申請図書の内容は 表 のとおりである 図書の名称縮尺明示すべき事項根拠法令 雨水浸透阻害行為許可申請書 雨水浸透阻害行為変更許可申請書

5-2 許可申請図書について 法令で定められている内容 法令で定められた 雨水浸透阻害行為の許可を受けようとする者が提出しなければなら ない申請図書の内容は 表 のとおりである 図書の名称縮尺明示すべき事項根拠法令 雨水浸透阻害行為許可申請書 雨水浸透阻害行為変更許可申請書

検査は、許可受けた対策工事内容に合致しているか確認する。 現地工作物が申請設計計算結果に影響与えないか判断する観点から、特に、工事現場が設 計値として使用した現地条件(流出係数毎土地利用面積、直接放流域面積等)や対策施設条 件(オリフィス口径、対策施設規格等)検査する。

16 さらに読み込む

報告書一括 不老川流域雨水浸透施設設置要望及び湧水調査(報告書)|入間市公式ホームページ furo gawa yousui

報告書一括 不老川流域雨水浸透施設設置要望及び湧水調査(報告書)|入間市公式ホームページ furo gawa yousui

入間市 不老川 水質改善対策 し 浄化施設 設立 下水道 整備等行っ い 本調査 水量確保 視点 基礎調査 し 市内 湧 調査 既存 戸建 住宅対 象 雨水浸透施設設置 関す 住民意識調査行う目的 した 本業務 緊急雇 用創出基金活用事業 し 行った

108 さらに読み込む

4 第 1 節雪害対策 (1) 緊急輸送関係迅速かつ円滑な災害応急対策を行うためには 緊急輸送体制の整備が必要である このため スノーシェッドの設置 除雪体制の強化等の雪害に対する安全性の確保を図る (2) 避難収容関係ア公民館 学校等の公共施設は 雪崩のおそれがない場所へ設置する イ避難施設等にお

4 第 1 節雪害対策 (1) 緊急輸送関係迅速かつ円滑な災害応急対策を行うためには 緊急輸送体制の整備が必要である このため スノーシェッドの設置 除雪体制の強化等の雪害に対する安全性の確保を図る (2) 避難収容関係ア公民館 学校等の公共施設は 雪崩のおそれがない場所へ設置する イ避難施設等にお

林野火災は、多く場合、気象、地形、水利等極めて悪い条件もとにおいて発生する。また、 山林火災特殊性として発見も遅れがちであることから、貴重な森林資源いたずらに焼失する ばかりでなく、気象現象によっては、消防活動従事者人命奪うような危険性や、人家へ延 焼等大きな被害に及ぶ可能性が少なくない。このため、火災時における消防活動が迅速かつ適切 に実施できるよう、関係機関等連携図り、林野火災消防計画確立し、これに基づく予防対 策実施して、活動体制等整備図る。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2. 防災拠点の代替施設の指定防災拠点施設が被災し使用不能となれば 災害対策本部等が設置できず 活動体制全体に遅れが生じ 迅速な災害対応を指揮することが困難となるとともに 災害対応以外の業務 ( 通常業務 ) を行うことも困難となるため 代替施設での対応が必要となります そのため 防災拠点施設におい

2. 防災拠点の代替施設の指定防災拠点施設が被災し使用不能となれば 災害対策本部等が設置できず 活動体制全体に遅れが生じ 迅速な災害対応を指揮することが困難となるとともに 災害対応以外の業務 ( 通常業務 ) を行うことも困難となるため 代替施設での対応が必要となります そのため 防災拠点施設におい

マキノ北小学校・今津西小学校については、平成27年3月31日をもって閉校なり、 その後、民間企業による施設利用が決定したため、平成28年3月31日に両施設広域避 難所指定から除外することしました。 また、これに伴い、旧マキノ北小学校が地震災害時避難所なっていた地区(小荒路・ 野口・山中・下・浦)についてはマキノ東小学校に、旧今津西小学校が地震・風水害時広 域避難所なっていた地区(角川・保坂・杉山・天増川)については角川ヴィラに広域避難 所変更しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

2. 現地浸透試験の試験方法 浸透施設の計画において 名古屋市の標準飽和透水係数を用いずに現地浸透試験を行い土壌の飽和透水係数を決定する場合の試験方法は ボアホール法を標準タイプとするが 地盤状況などに応じ実物試験を選択し 定水位注水法または定量注水法で実施するものとする 解説 名古屋市内の雨水浸透

2. 現地浸透試験の試験方法 浸透施設の計画において 名古屋市の標準飽和透水係数を用いずに現地浸透試験を行い土壌の飽和透水係数を決定する場合の試験方法は ボアホール法を標準タイプとするが 地盤状況などに応じ実物試験を選択し 定水位注水法または定量注水法で実施するものとする 解説 名古屋市内の雨水浸透

本技術指針では、名古屋市内雨水浸透阻害行為対策工事設計において、別に示す名 古屋市標準飽和透水係数用いることができる。 【解説】 浸透施設設計するにあたって、地盤浸透能力評価する係数である飽和透水係数は、 浸透施設設置する場所において現地浸透試験行うこと標準するが、本技術指針では、 小規模事業者負担軽減ため、名古屋市が過去に実施した現地浸透試験もとに算定した 飽和透水係数K 0 =1.94×10 -3 (cm/s)用いて浸透施設設計行うことができる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

参考 2 1. 災害に強い学校施設の在り方について ~ 津波対策及び避難所としての防災機能の強化 ~ ( 平成 26 年 3 月 ) 文部科学省において 学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議 の下に 災害に強い学校施設づくり検討部会 を設置し 学校施設の津波対策と避難所となる学校施設の在り方に

参考 2 1. 災害に強い学校施設の在り方について ~ 津波対策及び避難所としての防災機能の強化 ~ ( 平成 26 年 3 月 ) 文部科学省において 学校施設の在り方に関する調査研究協力者会議 の下に 災害に強い学校施設づくり検討部会 を設置し 学校施設の津波対策と避難所となる学校施設の在り方に

参考3 1.防災・安全交付金 インフラや住宅・建築物耐震化、密集市街地防災性向上、堤防・岸壁点検・ 緊急対策、避難地や防災拠点等なる都市公園整備など南海トラフ地震、首都直下地 震等大規模地震・津波や頻発する風水害・土砂災害に対する総合的な事前防災・減災 対策、総点検踏まえたインフラ長寿命化計画推進など総合的な老朽化対策、歩行空 間確保など通学路における交通安全対策等について、地域における総合的な取組集 中的に支援します。
さらに見せる

22 さらに読み込む

鬼怒川・小貝川大規模氾濫に関する減災対策協議会が水のう工法を視察~水防資材の新技術である『水のう』の止水・設置状況を視察します~(環境生活部 危機管理課)

鬼怒川・小貝川大規模氾濫に関する減災対策協議会が水のう工法を視察~水防資材の新技術である『水のう』の止水・設置状況を視察します~(環境生活部 危機管理課)

参考資料 『のう工法』は 洪水時堤防越水に対して行われる土のう積みに代わり、注入した『 のう』設置する水防工法1つで、設置時間短縮や作業者削減が期待さ れる新技術です。土のう積み以外にも釜段工、月の輪等設置も可能であり、 現地状況に合わせて形状変化させることができることも特徴です。

6 さらに読み込む

1.4 河川堤防の浸透・地震複合対策技術の開発

1.4 河川堤防の浸透・地震複合対策技術の開発

荒木裕行 【要旨】 直轄管理区間堤防では、各種指針に基づいて浸透安全性・耐震性照査が実施されており、安全性不足す る区間が相当程度存在することが明らかになりつつある。また、2011 年東北地方太平洋沖地震では、堤体が液状 化して大変形する現象が多く確認された。本研究は、堤防質的向上に迅速かつ効率的に対応するため、浸透対 策コストダウンや効果的な地震対策、洪水地震対策両立させる複合対策について提案すること目的 している。平成 26 年度は、平成 25 年度に引き続き、浸透対策現地モニタリング、洪水時揚圧力対策堤 体液状化対策について模型実験実施した。その結果、姶良川における現地モニタリングからドレーン工川 表遮シート併用した対策実施箇所及びドレーン工対策実施箇所において、短時間集中豪雨に対する対策効 果確認することができた。また、河川堤防揚圧力対策に関する模型実験により、対策規模や仕上がりに よっては、対策工周辺から噴砂が生じ、さらに噴砂によって対策目詰まりが生じることが明らかなった。 これより、設計する際には十分な安全余裕持ち、土砂が移動しないよう透水層流速抑える必要があること が分かった。さらに堤体液状化対策工法に関する動的遠心実験実施し、対策種類規模、組合せに応じ
さらに見せる

13 さらに読み込む

下水道部 成果報告 下水道部長宮下和彦 部局達成度 総 括 公共用水域の水質を保全するため 汚水処理の未普及地区解消に向けて公共下水道の計画的な整備と浄化槽の設置促進に取り組み 汚水処理施設の普及拡大を図りました 一方 浸水常襲地区においては 雨水対策基本計画に基づくハード整備とソフト対

下水道部 成果報告 下水道部長宮下和彦 部局達成度 総 括 公共用水域の水質を保全するため 汚水処理の未普及地区解消に向けて公共下水道の計画的な整備と浄化槽の設置促進に取り組み 汚水処理施設の普及拡大を図りました 一方 浸水常襲地区においては 雨水対策基本計画に基づくハード整備とソフト対

公共用水域水質保全するため、汚水処理未普及地区解消に向けて公共下水道計画 的な整備浄化槽設置促進に取り組み、汚水処理施設普及拡大図りました。 一方、浸水常襲地区においては、雨水対策基本計画に基づくハード整備ソフト対策に取 り組むとともに、下水管路やポンプ場、処理場等、下水道施設長寿命化耐震化、並びに、 適正な維持管理行い、都市型浸水被害軽減災害に強い社会基盤施設整備に取り組み ました。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成 26 年 4 月 1 日より設置の対象に駐車場が加わりました 雨水流出抑制施設設置のお願い - 中野区雨水流出抑制施設設置指導要綱 - 都市化が都市型水害を招きます 都市化の発展により建物が密集し 地面が舗装されたため 地中に染込む雨の量が減りました そのため雨が降ると大量の水が一挙に下水道や

平成 26 年 4 月 1 日より設置の対象に駐車場が加わりました 雨水流出抑制施設設置のお願い - 中野区雨水流出抑制施設設置指導要綱 - 都市化が都市型水害を招きます 都市化の発展により建物が密集し 地面が舗装されたため 地中に染込む雨の量が減りました そのため雨が降ると大量の水が一挙に下水道や

雨水貯留施設は、公園、校庭、集合住宅及び棟間等空き地に、本来土地利用機能損 なうことがないように、主として浅い水深にて雨水一時的に貯留する施設や建物等地下 に雨水貯留し流出抑制する貯留槽など施設です。 ※貯留施設利用する場合、神田川水系放流量は0.026m 3 /s・ha以内当面定められていま す。基準値超えないようにオリフィス設定または排水ポンプ選定してください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

立川市雨水浸透施設設置基準 1. 目的この設置基準は 立川市雨水浸透施設設置補助金交付要綱 ( 以下 要綱 という ) の雨水浸透施設の設置にあたり 必要な事項を定めることを目的とする 2. 用語の定義補助対象の雨水浸透施設とは 雨水浸透ます 及び 雨水浸透管 とし 雨水浸透施設の設置に伴い発生する

立川市雨水浸透施設設置基準 1. 目的この設置基準は 立川市雨水浸透施設設置補助金交付要綱 ( 以下 要綱 という ) の雨水浸透施設の設置にあたり 必要な事項を定めることを目的とする 2. 用語の定義補助対象の雨水浸透施設とは 雨水浸透ます 及び 雨水浸透管 とし 雨水浸透施設の設置に伴い発生する

(2) 「雨水浸透管」は、浸透管(有孔管、多孔管等)周囲砕石等で充填し集し た雨水側面及び底面から地中へ浸透させる施設いう。 (3) 「付帯工事」は、浸透施設設置するために必要判断される軽度な作業等(コ ンクトート撤去・復旧、植栽移植、浸透施設から既存合流施設接続等) であり、半日程度要する簡易工事等いう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

成田市雨水貯留施設設置費補助金交付規則 平成30年 公布等のあった例規|成田市

成田市雨水貯留施設設置費補助金交付規則 平成30年 公布等のあった例規|成田市

平成30年3月22日成田市規則第16号 成田市雨水貯留施設設置費補助金交付規則 (目的) 第1条 この規則は,雨水貯留施設設置した者に対し,予算範囲内におい て雨水貯留施設設置費補助金(以下「補助金」いう。)交付することに より,雨水貯留施設普及促進し,資源有効な利用,雨水流出抑 制及び水質汚濁防止図り,もって健全な循環保全に資すること目 的する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...