次なる50年に向けた地場産業を育成すること

Top PDF 次なる50年に向けた地場産業を育成すること:

3 今後の見通し 将来ビジョン 江差町第 5 次総合計画 ( 平成 22~31 年度 ) におけるまちづくりの基本目標 経済基盤を持続させる地場産業の振興 を第一の目標として掲げている 若者の雇用の場づくり 地域が自立できる経済基盤の確立を意識した産業振興を目指し 一次産業を核とした裾野の広い地場産

3 今後の見通し 将来ビジョン 江差町第 5 次総合計画 ( 平成 22~31 年度 ) におけるまちづくりの基本目標 経済基盤を持続させる地場産業の振興 を第一の目標として掲げている 若者の雇用の場づくり 地域が自立できる経済基盤の確立を意識した産業振興を目指し 一次産業を核とした裾野の広い地場産

・人材の育成、確保 食品加工等の製造業についての技術向上向け人材育成については、平成 22 年度 から厚生労働省の雇用創造推進事業・実現事業活用し、人材育成について、各種の 講座等の実施により、地域の人材育成、発掘努めてき。小売・観光業に対しても、接 遇研修講座等の実施によるホスピタリティの向上目指しているが、今後とも、人材育成 や確保対策について、積極的支援していくことが求められている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

令和 2 年度事業活動計画 一般社団法人長野県経営者協会 基本方針 Ⅰ Ⅱ 基本方針 具体的活動 長野県の発展に寄与する総合経済団体として 地域の産業全体の視野に立った活動を行う 会員企業のニーズに応え 行動する経済団体を目指す 経済 産業政策への提言とその実現に向けた活動を行う 産業の育成及び企業

令和 2 年度事業活動計画 一般社団法人長野県経営者協会 基本方針 Ⅰ Ⅱ 基本方針 具体的活動 長野県の発展に寄与する総合経済団体として 地域の産業全体の視野に立った活動を行う 会員企業のニーズに応え 行動する経済団体を目指す 経済 産業政策への提言とその実現に向けた活動を行う 産業の育成及び企業

○信州大学・地域大学との連携強化のため積極的な情報交換実施する。 ○信州ITバレー構想の推進(信州ITバレー構想推進協議会への積極参加)(新) ○「センサーバレー」構想の推進。(センサー研究会)  ・ICTスマートファクトリー推進事業の成功事例のモデル化及び県内企業への導入促進。

5 さらに読み込む

平成 29 年度税制改正に関する経済産業省要望 ( 案 ) のポイント 1. 第 4 次産業革命を中心とした 攻めの経営 の推進 研究開発税制の延長 強化 第 4 次産業革命を強力に推進するため 第 4 次産業革命型の高付加価値サービスの開発を新たに支援対象に追加する ( 定義の見直し ) ビジネス

平成 29 年度税制改正に関する経済産業省要望 ( 案 ) のポイント 1. 第 4 次産業革命を中心とした 攻めの経営 の推進 研究開発税制の延長 強化 第 4 次産業革命を強力に推進するため 第 4 次産業革命型の高付加価値サービスの開発を新たに支援対象に追加する ( 定義の見直し ) ビジネス

■政策目的 我が国経済の活性化のためは、日本企業の海外展開推進し、成長が見込まれる新興国市場等においてシェア獲得することで外 需取り込み、さらにその海外で得利益我が国還元することが重要である。 現在、国境越えグローバルな取引が進展する中で、過度な租税回避行為防止するため、OECD/G20において、国際課税制度の 調和向け取組(BEPS(Base Erosion and Profit Shifting:税源浸食と利益移転)プロジェクト)が進められているが、この議 論踏まえ国内制度整備の検討に当たっては、グローバル事業展開している日本企業の健全な活動制約し、国際競争力の低下 招くことがないよう配慮しつつ、国際的な租税回避の防止と、事業環境のイコールフッティングの実現図ることが重要である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

「グローバル人材の育成に向けた提言」資料編

「グローバル人材の育成に向けた提言」資料編

【プロジェクト提案の背景・趣旨】 資源、エネルギー乏しい日本が将来にわたり国際競争力維持するため は、日本のイノベーションや技術力支える人材の育成が急務である。 近年、若者の理科離れ、理工系学部離れが進んでいる。そこで、小中学生、 及び高校生対象、企業が理科離れ対策中心とし教育支援活動積極的 推進することにより、将来、日本の産業支える人づくり貢献する。併せ て、若者が学校教育から社会円滑進むことができるよう、児童・生徒の職 業意識や職業観育む。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成16年に山形県教育委員会が策定した「第5次山形県教育振興計画」では、本県教育目標として、「高い志と挑戦する心を持ち、自己実現を図る人間の育成」、「郷土に誇りと愛着を持ち、地域社会・産業の発展を担う人間の育成」と定め、教育の条件整備に取り組んでいる

平成16年に山形県教育委員会が策定した「第5次山形県教育振興計画」では、本県教育目標として、「高い志と挑戦する心を持ち、自己実現を図る人間の育成」、「郷土に誇りと愛着を持ち、地域社会・産業の発展を担う人間の育成」と定め、教育の条件整備に取り組んでいる

ル方式設計者選定委員会(以下「選定委員会」という。 )において行います。 ② 評価項目・配点は、別添3「山形県立図書館等施設改修工事設計業務 技術提 案書の評価基準」 (120 点満点)よります。 ③ 審査は2段階とし、第一審査では提出され提案書等の書類審査行い、上 位5者程度第二審査参加者選定します。

5 さらに読み込む

情報セキュリティ人材育成セミナー資料 第 4 次産業革命に向けた IT 人材育成と セキュリティ人材確保の重要性 ( 経済産業省 IT 人材育成施策 ) 平成 30 年 2 月 27 日経済産業省商務情報政策局情報技術利用促進課地域情報化人材育成推進室

情報セキュリティ人材育成セミナー資料 第 4 次産業革命に向けた IT 人材育成と セキュリティ人材確保の重要性 ( 経済産業省 IT 人材育成施策 ) 平成 30 年 2 月 27 日経済産業省商務情報政策局情報技術利用促進課地域情報化人材育成推進室

 高度複雑・高度化するサイバー攻撃適切対応するため、若年層のセキュリティ人材発掘 の裾野拡大し、世界通用するトップクラス人材創出することが必要。  民間企業と一丸となって、若年層セキュリティ人材の育成合宿開催し、倫理面も含めセ キュリティ技術と、最新ノウハウ、第一線の技術者から伝授する創出。これまで累計で 663名が受講し。また、地方におけるセキュリティ・キャンプ(地方大会)により、セキュリ ティ人材の裾野と輪広げている。
さらに見せる

24 さらに読み込む

第二次世界大戦は、1945年8月15日にポツダム宣言を受諾して終結することになる

第二次世界大戦は、1945年8月15日にポツダム宣言を受諾して終結することになる

繰 り 広 げ る こ と な る 。 ま 、 販 売 と 精 製 と 分 離 し て 事 業 が 行 わ れ る こ と も 、 規 模 が 大 き い め 別 会 社 す る と い う 説 明 も あ る が 、 外 資 石 油 会 社 と っ て は リ ス ク の 分 散 、 子 会 社 化 、 分 業 と い っ 意 味 合 い が あ る 。 そ し て 、 外 資 間 で 競 争 が 行 わ れ る の で あ る が 、 市 場 管 理 前 提 と し て い る め 、 政 府 も 石 油 業 の 育 成 は 、 国 内 市 場 の み 関 心 が 向 き が ち な り 、 国 内 の 過 当 競 争 抑 制 す る 方 策 が 中 心 占 め る よ う な る 。 出 光 興 産 店 主 出 光 佐 三 の み が こ の よ う な 市 場 の コ ン ト ロ ー ル 反 発 し 、 独 立 し 石 油 会 社 作 る べ く 努 力 し ( 日 章 丸 事 件 、 石 油 連 盟 脱 退 な ど )、 1950 代 か ら 60 代 初 頭 の 徳 山 製 油 所 の 完 成 当 り ま で 健 闘 し て い る 。 し か し 、 出 光 興 産 も 日 本 国 内 で 製 造 ・ 販 売 行 う め 、 そ の 後 日 本 の 石 油 市 場 合 っ 形 で 会 社 が 適 用 し て 行 か ざ る 得 な い 状 況 な る 。 石 油 業 法 よ る 管 理 さ れ 国 内 市 場 お い て 他 社 と 競 争 す る め 米 英 石 油 会 社 へ の 反 発 が 必 ず し も 必 要 と な く な り 、 他 の 国 内 石 油 会 社 と の 差 違 も 見 ら れ な く な っ て い っ も の と 思 わ れ る 。 日 本 の 石 油 会 社 国 際 競 争 力 が な い と 言 わ れ る の も 、 管 理 さ れ 市 場 と 生 産 で 国 内 限 定 さ れ て い 面 が 大 き い 。 戦 後 こ の よ う な 管 理 市 場 が 生 み 出 さ れ 、国 際 競 争 力 の 乏 し い 石 油 会 社 が 生 ま れ の は 、 敗 戦 後 交 わ さ れ 外 資 と の 提 携 が 原 因 の 一 つ で あ る 。
さらに見せる

84 さらに読み込む

洋上風力産業ビジョン ( 第 1 次 ) 概要 令和 2 年 12 月 15 日 洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会

洋上風力産業ビジョン ( 第 1 次 ) 概要 令和 2 年 12 月 15 日 洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会

洋上風力発電の契約構造の例 (出所)令和元年度エネルギー需給構造高度化対策に関する調査等事業(洋上風力係る官民連携の在り方の検討(サプライチェーン形成向け仕組みの検討等)のための調査) BVG Associates, Guide to an Offshore Wind Farm Updated and Extended、2019出版 より三菱総研作成資料からエネ庁編集 EPCI事業者 発電事業者

30 さらに読み込む

刃物 地場産業等調査

刃物 地場産業等調査

・その結果平成26における 刃物の出荷割合は 刃物の出荷割合は 刃物の出荷割合は 刃物の出荷割合は11.1%まで低下 まで低下 まで低下 まで低下 している。 かつては出荷額の かつては出荷額の かつては出荷額の かつては出荷額の40%以上が刃物であっが、現在では 以上が刃物であっが、現在では 以上が刃物であっが、現在では 以上が刃物であっが、現在では10%程度まで低下 程度まで低下 程度まで低下 程度まで低下
さらに見せる

25 さらに読み込む

宇宙産業ビジョンの策定に向けた提言

宇宙産業ビジョンの策定に向けた提言

1 1.はじめ 宇宙開発利用は、国民生活の向上や科学技術力の発展、産業の振興つながる 取組みであり、経団連としても半世紀以上にわたって提言重ねて来。2014 11 月の「宇宙基本計画向け提言」では、産業界が投資行う際の予見可能 性が高くない状況鑑み、政府の新たな宇宙基本計画に対し、長期的な工程表 策定すること求め。2015 1 月政府が策定し第三の宇宙基本計画 (以下、現宇宙基本計画)は、この意見反映して個々のプロジェクトの実施年限 が明記され工程表が付されており、経済界としても高く評価している。 世界的見ると、宇宙開発利用は米国、ロシア加え欧州とわが国が中心とな って展開されて来が、近年は中国やインドも参入する等、新興国の需要が増加 しており、今後も成長が見込まれる。また欧米では、ベンチャー企業が低価格で 既存市場参入したり、新たなサービス提供するなど、宇宙産業は新しい段階 差し掛かっている。
さらに見せる

17 さらに読み込む

2 介護人材育成の取組を評価するための項目 2-1 新規採用者育成計画 (OJT を含む ) の策定 1 計画を策定するための会議を実施していること 2 育成手法 内容 育成目標が明確にされている計画であること 3 職員へ公表していること 新規採用者育成計画とは 新規採用者育成計画は 新規に採用した

2 介護人材育成の取組を評価するための項目 2-1 新規採用者育成計画 (OJT を含む ) の策定 1 計画を策定するための会議を実施していること 2 育成手法 内容 育成目標が明確にされている計画であること 3 職員へ公表していること 新規採用者育成計画とは 新規採用者育成計画は 新規に採用した

算定していること評価細目として設けていますが、それとは別に「キャリアパス制度の導入」評価項 目としているのは、処遇改善加算(Ⅰ)算定していとしても、認証評価受ける場合は、その実効性 ついて改めて確認する必要があると判断しているためです。  求職者にとって、その職場で働き続ける自分の将来イメージできるかどうかが職業選択の重要なポイント となると言われますが、介護業界は近年台頭してき、まだまだ歴史が浅い業界ということもあり、残念なが らこの点において他産業と肩並べるというところまでは行っていません。この現状跳ね返す、最も重要で 効果的な方策が、「キャリアパス制度」整え、積極的アピールすることなのです。
さらに見せる

34 さらに読み込む

第四次産業 命に向けた横断的制度研究会での成果 昨年 9 公表の 第四次産業 命に向けた横断的制度研究会報告書 ( 以下 報告書 という ) では 1オンライン プラットフォームの特徴を すとともに 2 具体例としてスマホ アプリの取引等を分析し 問題点を指摘 特に1については 双 向性市場における

第四次産業 命に向けた横断的制度研究会での成果 昨年 9 公表の 第四次産業 命に向けた横断的制度研究会報告書 ( 以下 報告書 という ) では 1オンライン プラットフォームの特徴を すとともに 2 具体例としてスマホ アプリの取引等を分析し 問題点を指摘 特に1については 双 向性市場における

諸外国での議論① OECD 『BIG DATA: BRINGING COMPETITION POLICY TO THE DIGITAL ERA』  ビッグデータに関する競争上の懸念の⾼まり背景とし、ʼ169⽉、OECDによって作成。  OECDは、ʼ1611⽉、ヒアリング・ディスカッション開催し、同ペーパー使⽤。 ビッグデータによる「ネットワーク効果」と「規模の経済性」は、市場⽀配⼒と競争優位性もたらす。

10 さらに読み込む

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

表紙・まえがき・執筆担当者・目次 調査シリーズNo177『ものづくり産業を支える企業の労働生産性向上に向けた人材確保・育成に関する調査結果』|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第 章造 調査 概要 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 由 第 章造 回答企業 属性 プ シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 設立時期 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 本社所 地 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申 業種 シシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシシ 申
さらに見せる

8 さらに読み込む

基本方針 本法人は 2018 年度から 2022 年度までの 5 箇年を実施期間とする中期経営計画 次代を拓く 2022 の初年度として 福祉事業の更なる充実 に向けた施策の実施 検討を行います このため 公益事業の将来像の策定 に向け議論をするとともに 多様な人材の確保 育成 経済情勢の変化に対応

基本方針 本法人は 2018 年度から 2022 年度までの 5 箇年を実施期間とする中期経営計画 次代を拓く 2022 の初年度として 福祉事業の更なる充実 に向けた施策の実施 検討を行います このため 公益事業の将来像の策定 に向け議論をするとともに 多様な人材の確保 育成 経済情勢の変化に対応

⑤工事等におけるコストダウン実施及び施設の維持管理と予算管理の質向上 コストダウン、経費節減の取り組みと適切な施設の維持管理の構築及び適切 な予算管理実施します。 ⑥設計・工事や測量等実施における施設管理業務の信頼性維持、向上 各業務推進にあたり、プロセス含む安全と安心向上取り組みます。 ⑦施設管理における ICT の活用

11 さらに読み込む

化 GDP 拡 の拡 に向けた 向性について 化は 観光地の魅 や デザインを始め産業の付加価値などを産み出す源である 化 GDP 拡 のためには 化に密接に関連したデザインやコンテンツへの投資を通じて他産業分野への経済波及効果を み出すことが必要 化 GDP3% に向けて 2011 年に 化 GD

化 GDP 拡 の拡 に向けた 向性について 化は 観光地の魅 や デザインを始め産業の付加価値などを産み出す源である 化 GDP 拡 のためには 化に密接に関連したデザインやコンテンツへの投資を通じて他産業分野への経済波及効果を み出すことが必要 化 GDP3% に向けて 2011 年に 化 GD

 ⾃治体・企業の間で、地域発コンテンツの世界展開の進展とともに、それ活かし新た なエンターテイメント・カテゴリー開拓の動きが起き始めており、地域の観光・ものづくりな ど異分野との連携⽀援し、インバウンドつなげていくことが必要。  また、有望な地域クリエーター育成すべく、活躍する提供することが必要。

8 さらに読み込む

小田美紀子 吾郷美奈恵 藤田小矢香 長島玲子 井上千晶 岡安誠子 伊藤奈美 図1 教職員が育成する人材像に向けて大切にしていること 職員が A 大学の育成する人材像に向けて大切 に無記名自記式質問紙による調査を行った にしている関わり を学生がどのように受けと めているか現状を明らかにし 学生に対す

小田美紀子 吾郷美奈恵 藤田小矢香 長島玲子 井上千晶 岡安誠子 伊藤奈美 図1 教職員が育成する人材像に向けて大切にしていること 職員が A 大学の育成する人材像に向けて大切 に無記名自記式質問紙による調査を行った にしている関わり を学生がどのように受けと めているか現状を明らかにし 学生に対す

% 質問項目 全体 1 助産師養成 (学部と助産師養成) 必要な知識・技術・態度が修得できる環境整備 ①83.9 ②81.0 ①89.7 ③87.0 *③75.3 ①94.4 必要な知識・技術・態度が修得できる関わり ②82.8 ④76.2 ②83.8 *①91.3 ②76.6 ②88.9 目標達成向け行動の尊重 ③79.2 ②81.0 **⑪64.7 **②89.9 ①79.2 ②88.9 目標達成向け意思の尊重 ④77.7 ③78.0 ⑨69.1 *③87.0 ③75.3 ③83.3 学習興味・関心持たせる関わり ⑤76.3 ⑥66.7 ⑥75.0 *④85.5 ④71.4 ②88.9 目指す看護者像が描けるような支援 ⑥75.5 ⑤73.8 ③82.4 ⑨71.0 ④71.4 ②88.9 力信じ関わり ⑦74.8 ⑥66.7 ⑧70.6 *⑤84.1 ④71.4 ②88.9 チームで協力できる関わり ⑧74.5 ②81.0 ⑤77.9 ⑧72.5 ⑥66.2 ②88.9 わかる・発見することの楽しさ ⑧74.5 ⑥66.7 ⑦72.1 *⑥82.6 ⑤68.8 *①94.4 探求心や向上心への刺激 ⑨71.9 ⑦64.3 ⑧70.6 ⑦76.8 ⑤68.8 ②88.9 地域の人々との交流とおし生活から学べる機会 ⑩71.2 *①83.3 ④79.4 ⑨71.0 **⑨54.5 ③83.3 教職員の学習活動 ⑪70.4 ⑥66.7 ⑦72.1 ⑧72.5 ⑦64.9 ②88.9 生活体験や経験と関連づけ考え ⑫65.5 ⑧63.4 ⑩66.2 ⑪60.9 ⑧63.6 **①94.4 可能性への期待 ⑬63.0 ⑩50.0 ⑫58.8 ⑩68.1 ⑦64.9 ④82.4 人間関係の模範示している ⑭57.3 ⑨57.1 ⑬50.0 ⑪60.9 ⑨54.5 *③83.3
さらに見せる

10 さらに読み込む

関西におけるベンチャー企業育成に向けた取り組みとその課題

関西におけるベンチャー企業育成に向けた取り組みとその課題

日本総合研究所作成 (注)関西は2府4県。企業の都道府県別研究開発費は本社所在地ベースよる。〈 〉内は調査(度)。 今後の有望な産業展望しても、 EV 時代見据え、京都やベイエリア中心電気自動車 関連、うめき、けいはんな等で研究が進められているビッグデータ・自動翻訳等のソフト ウェア・IT、神戸医療産業都市・中之島・彩都等で集積する先端医療、兵庫県が全国 4 位の 出荷額誇る航空宇宙産業、水素や分散型エネルギーなどのエネルギー関連、梅田でオープ ンイノベーション拠点が形成されつつあるロボットなど、多くの産業が存在している。全国 的みてもロボット、センサ、蓄電池に関する事業所数が多い傾向がある(図表 11)。さらに、 特許出願数や研究機関数等の日本におけるシェアは GRP シェア大きく上回っている(図表 13)。
さらに見せる

20 さらに読み込む

観光 地場産業等調査

観光 地場産業等調査

平成28の訪日外国人2,404万人 32は目標 目標 目標 目標4,000万人 万人 万人 万人 円安、格安航空会社 円安、格安航空会社 円安、格安航空会社 円安、格安航空会社(LCC)の就航拡大、東南アジア向けビザ緩和が追い風 の就航拡大、東南アジア向けビザ緩和が追い風 の就航拡大、東南アジア向けビザ緩和が追い風 の就航拡大、東南アジア向けビザ緩和が追い風
さらに見せる

21 さらに読み込む

本研究会の位置付け 経済産業省では 第 4 次産業 命 100 年 の時代に対応した 材育成の課題と 向性を整理するため 2 つの研究会を設置 先 して議論を開始した 我が国産業における 材 強化に向けた研究会 において 必要な産業 材像や労働移動 リカレント教育のあり が議論されている 本研究会で

本研究会の位置付け 経済産業省では 第 4 次産業 命 100 年 の時代に対応した 材育成の課題と 向性を整理するため 2 つの研究会を設置 先 して議論を開始した 我が国産業における 材 強化に向けた研究会 において 必要な産業 材像や労働移動 リカレント教育のあり が議論されている 本研究会で

○集合講座(対⾯式)及びWeb研修(e-learning)形式で研修実施 経営環境が多様化・複雑化する中でも⼀定の成果出すための社会⼈基礎⼒係るプログ ラム(マネジメント基礎⼒講座)や、専⾨分野講座(第4産業⾰命下で全ての業種求 められるIT活⽤プログラム、中⼩企業においてニーズの⾼い専⾨分野係るプログラム)等策 定し、研修実施。

9 さらに読み込む

第 4 次産業 命に向けた 材育成への取組 第 4 次産業 命の基盤技術である IT データについて IT スキル標準の改訂や 材需給調査を実施し IT データ 材を育成する環境を整備 分野別の 度デザイン 材やサービス 材の育成の在り についても検討を開始し その他の分野についても順次検討を拡 す

第 4 次産業 命に向けた 材育成への取組 第 4 次産業 命の基盤技術である IT データについて IT スキル標準の改訂や 材需給調査を実施し IT データ 材を育成する環境を整備 分野別の 度デザイン 材やサービス 材の育成の在り についても検討を開始し その他の分野についても順次検討を拡 す

 IT⼈材の不⾜は、 現状約17万⼈から2020は約37万⼈、2030は約79万⼈拡⼤ す ると予測され、今後ますます深刻化。  特に、ベンダー・ユーザー双⽅において、 サイバーセキュリティ対策講じる⼈材(202019.3万 ⼈の不⾜) 、AIやBD使いこなして 第4産業⾰命対応し新しいビジネスの担い⼿となる⼈ 材(20204.8万⼈の不⾜) の育成が不可⽋。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...