業務プロセス、人の振る舞い、価値観

Top PDF 業務プロセス、人の振る舞い、価値観:

中国都市部における“80後”の婚姻状況と価値観の変化

中国都市部における“80後”の婚姻状況と価値観の変化

本研究では、中国都市部における“80後”婚姻現状と諸現象について調査と研究により、現代中国 における社会問題一側面を明らかにした。そのほか、かれらは中国伝統文化をも部分的に引きずって おり、多種多様な価値を形成している特別な世代ともいえる。“80後”世代は1979年に実施された「計 画生育政策」影響と高度な経済発展下に成長し、都市部では晩婚・晩産化、さらには子どもを産まな いディンクス族までが出現した。とくに“80後”若い世代家族と婚姻に対する価値は多様化しており、 晩婚・晩産および子どもを作らない生活を選ぶ者も多い。また、中国各地テレビ番組では見合い関係 ものが大流行しており、そこからも“80後”多様な価値と婚姻を垣間見ることができる。とくに都 市部において、 “剩男・剩女”と呼ばれている独身者たちにとって、見合い系番組は結婚相手を探す有効 な手段ひとつになっている。そして高い視聴率により、かれら価値振る舞いは全国すべて年齢 層たちにさまざまな影響を及ぼしており、“80後”婚姻注目という一大社会現象を引き起こ している。一方、さまざまな理由により結婚をまだ考えたくないとう“80後”も増加しており、筆者は中 国大都会で働いている“80後”ホワイトカラーに対し、セックスパートナーについて調査を行った。 2017年は、 “80後”最年長者が37歳になる年である。“80後”世代は全体がまもなく中国社会主力に なろうとしている。今後20年~30年間に、かれらは中国においてだけでなく、世界範囲でもさまざま な影響を与えていくことになると予想され、同世代について研究はグローバルな意義があると言っても 過言ではない。
さらに見せる

28 さらに読み込む

安全保障における地域的特性 : 価値観と脅威認識

安全保障における地域的特性 : 価値観と脅威認識

フセイン政権と関係は証明されなかっ た.米国による攻撃後イラク情勢は混迷を 続け,米軍のみならず,国連機関や民間ま でも,絶え間ない自爆テロや銃撃戦等攻撃 に曝される結果となり,イラク戦争で死亡し た 米 兵 3500 名( 2007 年 6 月 7 日 現 在) 2) は, 9.11 米国同時多発テロで失われた人命 2973 名 3) を大きく上回った.このようなイラク情勢を 受け,2006 年 11 月 9 日,米中間選挙焦点と なっていた大激戦バージニア州上院選で共和 党有力者アレン(George Felix Allen)議員 が敗北を宣言し,これにより野党民主党が上院 (定数 100)で 51 議席となり主導権を確保,下 院とともに 1994 年以来議会多数派交代とい う結果に終わり,ブッシュ前大統領は民主党と 協調しながら,イラク政策新たな方向性を模 索していかなければならなくなった 4) .結果と して,ブッシュ前政権は,イラク情勢及び国内 政治情勢共に大きな痛手を被った.このイラク 情勢悪化一因として,米国がフセイン政 権崩壊後計画を立てずにイラク侵攻に突入し たことがあげられる.その結果,米国戦術 ・ 戦略対応はすべて後手に回ってきた.この状 況を打開するため,議会ではフランク・ウォル フ(Frank Wolf)議員発案で,ジェームズ・ ベーカー(James A. Baker, III) 元国務次官 (共和党)と民主党大物政治家リー・ハミルト ン(Lee H. Hamilton)元下院議員 を 委員長 と する超党派イラク検討グループ(ISG:Iraq Study Group)が設立され,それを足掛かりと 安全保障における地域的特性
さらに見せる

20 さらに読み込む

JAIST Repository: 受注設計生産プロセスにおける価値創出

JAIST Repository: 受注設計生産プロセスにおける価値創出

合わせ選択と、特注仕様のみ都度設計による顧 客対応が行われる。同じ建築業界でも対象とする顧 客が異なると、その顧客対応プロセスが異なる。 このようなきめ細かな顧客対応とそのプロセス こそが受注設計生産型企業強みと考えられる。し かしながら、その強みを実現・維持し続けることは 簡単ではなく、課題として挙げられていることが少 なくない。前述した工場建設企業と、注文住宅建設 企業とを比較しても、必要な業務スキルや、商談開 始から検収完了までプロセスは全く異なること は容易に理解することができる。必要なスキルやプ ロセスが異なれば、スキル強化・育成、プロセス 改善や組織学習等は企業ごとに個別対応が必要 とされることは明らかである。
さらに見せる

7 さらに読み込む

価値創造のビジョンと戦略 積水ハウスグループの事業 価値創造のプロセス 積水ハウスグループ独自の強み 長期ビジョン トップコミットメント 株主 投資家の皆様とのコミュニケーション 理念と価値創造の歩み 価値創造のビジョンと戦略

価値創造のビジョンと戦略 積水ハウスグループの事業 価値創造のプロセス 積水ハウスグループ独自の強み 長期ビジョン トップコミットメント 株主 投資家の皆様とのコミュニケーション 理念と価値創造の歩み 価値創造のビジョンと戦略

IT活用、相互理解や絆強化。業務効率化にも注力 筋肉質体質を維持・強化するためには、業務効率化が重要な課題になります。働き方改革とも連動します。現在、設計 や現場監督業務に関して、ITを活用した「能力見える化」に取り組んでいます。営業職と異なり、仕事成果を数値化し にくい職種です。そこで、仕事量・精度・評価など判断基準を明確にして点数化する。つまり公平、公正に見える化す る。その結果、業務課題や解決策を共有し、無駄や過剰な業務を効果的に削減することが可能になってきました。施工管 理においては、積水ハウスと積和建設技術業務重複見直しにも役立っています。今後、取り組み精度を高めながら、 さまざまな側面から「わくわく、ドキドキする職場」づくりに活用していきます。
さらに見せる

36 さらに読み込む

自然環境に関する価値観および一般的信念の形成

自然環境に関する価値観および一般的信念の形成

 そして,これら2つ段階を経て次に続くは,より状況特定的な要素である。結果性 認識とは,自ら行動によって環境が改善あるいは悪化することに寄与するかについて認 識である。また,責任帰属とは,当該環境問題が発生している責任が自らにあるかについて 認知である。これら要因はあらゆる環境問題に共通要素ではなく,直面している問題 性質に依存する。このような状況に依存する要素をモデルに含めることで,特定個人が 多様な状況を前にして,ある時には環境行動を起こし,また別機会には行動を起こさない 状況を説明できるである。また,行動前段階では個人的規範が行動を制約する。個人的 規範は社会的規範と同様に個人行動を規定する要素であるが,制約条件ではなく態度形 成と解釈することができる。外部要因として与えられる社会規範とは異なり,結果性認識 や責任帰属から自発的に形成される,特定状況における行動に対する個人的評価である。 VBN 理論は結果性認識や責任帰属,個人規範を要素として含めることで,科学における事 実解明,情報伝達,政治体制など影響を間接的にモデルに取り込むことに成功してい る。科学的事実が解明されることで行動結果性に関する認識が変化する,他者見解に関 する情報伝達によって自己環境行動結果性や責任帰属に関する認識に影響を与える, 政治体制によって個人主体的な責任意識が影響を受けるなどプロセスを通じ,結果性 認識や責任帰属を介してこれら要素がモデルに含められる。したがって,VBN理論は様々 な種類問題や状況に適用できる,柔軟で一般性を持つモデルである。
さらに見せる

15 さらに読み込む

評価の「ゆらぎ」を問い直す:評価観・評価プロセスを探る研究

評価の「ゆらぎ」を問い直す:評価観・評価プロセスを探る研究

 そこでわれわれは,4.1節,4.2節で述べたことにっいて調査をおこなうところから始めたい, と考えている。すなわち:     1)日本人評価を平均値的にとらえるのではなく,日本人評価というものがどれほどのば      らっきをもちうるものか,その全体像をとらえる     2)日本人評価の結果だけでなく,評価のプロセスをとらえる というふたつのことがらである。  1)の[r]

11 さらに読み込む

アルコール依存症者の回復過程と価値観の転換

アルコール依存症者の回復過程と価値観の転換

 このようにして先ずは「病識」出現を促すことが第 一段階と考えられる。この初期段階では病気に罹った故 に、 「酒を飲んではいけない」あるいは「酒をやめなけ ればならない」という義務的な心理機制が中心段階と 言えよう。つまり当事者は ARP を介してアルコール依 存症という「病気を知る」という段階であり、それは情 報を提供されるという段階であり、まだ概念として理 解が主で、アルコール依存症は「病気なんだな」という 第三者的な理解仕方、いわゆる「頭」中心理解になっ ていると言える。つまり他人事として理解が中心で、 自己疎外的段階理解と言え、それは外発的動機づけ 段階にあると言える。その後 ARP でアルコール依存 症について学習を通じながら、この病気進行経過 が次第に自分飲酒歴経過と繋がり、自分がアルコー ル依存症という「病気にかかっていたんだなあ」という 個人的な情動体験が生じた「病気と知る」という気づき 段階に至ると考えられる。ここでは自分が罹病してい るという個人的体験へ認識が生じており、自己「洞察」 が出現し、いわゆる「腑に落ちる」という情動体験を伴 い、自我親和的段階となり、アルコール依存症に対する 認識が他人事から自分事へと変化したと考えられる。こ 段階では内発的動機づけが生じてきたと言えよう。こ こで支援では当事者に対して「あなたはどうだったん ですか」と過去事実を問い、また「あなたはどう思い ますか、どう感じますか、教えてください」などと情動 に訴える問いかけをするなど、当事者が当事者意識を持 つような問いかけをしていくことが、スタッフ側支援 方法であると考える。さらに重視されるは当事者同士 が出会い、仲間意識が醸成されることに留意したプログ ラム提供や交流し談笑がしやすい病棟整備などであ る。このようにしてエビデンスに基づく心理社会的治療 と支援を実践していくことが重要と言える。またこのよ うな援助技法や当事者と関係性に配慮した治療や支援 を通して、当事者は次回復過程へと歩んでいくように 思われる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

海外の大学における業務プロセス等に関する調査報告書

海外の大学における業務プロセス等に関する調査報告書

Financial Analysis for Higher Education” 中で紹介されている。それは、1980 年に初めて報告されて以来、現在までに第 7 版までがリリースされており、特に米国 高等教育業界において広く活用されていることがわかった。 CFI は、高等教育機関運営持続性に係るリスクが、財務流動性に表れること に着目し、 観測し続けるべき KPI とそのスコアリング枠組みを提唱したものである。 この数値が高いほど、大学目的達成に潤沢なリソースを投入することが可能である ことを示している。“Primary Reserve Ratio(財務柔軟性尺度)”、“Viability Ratio(利用可能なリソースで債務をカバーする尺度)”、“Return on Net Assets Ratio(資産収益率とパフォーマンス尺度)”、“Net Operating Revenues Ratio (事業成績尺度)” 4 つで算出されており、先 University of Cincinnati(シ ンシナティ大学)においても Economy 指標一つにこれと類似指標で管理をし ていることが確認出来た。この枠組みは、National Association of College and University Business Officers(NACUBO)や National Association of Independent Colleges and Universities(NAICU)など組織も活用を推奨している。また、逆に 活用している高等教育機関が多くあるため、主要なシステムパッケージベンダー各 種ソリューションにおいてもこの枠組みを前提としているということが確認出来て いる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

RIETI - 企業の価値創造経営プロセスと無形資産-CERM・ROIAMアプローチ

RIETI - 企業の価値創造経営プロセスと無形資産-CERM・ROIAMアプローチ

このような戦略的視点・包括的視点から経営プロセスを図に示したが図2であ る。ここで重要な点は、事業をすることはリスクをとることであり、大きなキャッシュフロ ーを作り出す可能性ある戦略的リスク・不確実性へ戦略的なコミットメントをする ことである。そこでは進化を先取りしたプロアクティブな行動が要求される。したがって 将来進化を理解する能力、リスクを識別する能力、それを評価する能力、リスクへ 対応法として経営者に与えられている選択肢(リアルオプション)を識別する能力、 事業撤退も含めた有効なオプションを果敢に実行していくリーダーシップ、などなどト ップ経営者に関する無形能力が企業価値創造基礎となる。もちろんそれを支え る資源、無形資産、財務力など必要であることは言うまでもない。そして、安定的な価 値創造・サステナビリティに必要なこととして、耐えざるイノベーションプロセスと事業 ポートフォリオ再構築プロセスを、過去を未来に置き換えていくプロセスを内部文化 一部として保有し、自然にその方向に進む組織に内包する価値を作り上げていくこ とであろう。これは進化を受け入れる組織文化として、また進化に対応する組織思 考法を規律する枠組みとして、競争優位性を作る無形資産であり、それこそが、組織 に組み込まれた無形価値ドライバーとして占有的固有無形資産となるである。無形 資産領域包括性・総合性・複層性・ホリスティック性がこの部分に象徴的に現れ よう。
さらに見せる

71 さらに読み込む

HOKUGA: 富士メガネの価値創造経営 : BSCの規制と社会のプロセスからの検討

HOKUGA: 富士メガネの価値創造経営 : BSCの規制と社会のプロセスからの検討

ることに特化した差別化戦略を採用していると評価できよう。他方,リソース・ベース観点 から整理すれば,顧客満足を生み出すようなビジョンケア・サービスを提供可能とする内部資 源(業務プロセス強化を目指したものであると位置づけている。 富士メガネ事例から,Kaplan and Norton[2004]規制と社会プロセス違いは, Kaplan たちが環境を発展させることに対する投資とする戦略としていることに対して,富士 メガネでは社会貢献活動を中心とした経営戦略を策定し実行していることにある。また,同社 では Freeman et al.[2007]ステークホルダー 類基準には含まれない海外被災地(難民) を重要なステークホルダーとして位置づけているところに特徴がある。同社経営理念に基づ く誠実なマネジメントと本業を通した長年社会貢献活動へ姿勢が,サプライヤーをはじめ としたステークホルダーにも共感を生み,優れた社会貢献を行う原動力担っていることが明ら かになった。
さらに見せる

20 さらに読み込む

のれんの減損会計 -発生プロセスと公正価値測定を中心として

のれんの減損会計 -発生プロセスと公正価値測定を中心として

を意味するかは必ずしも明らかではない。仮に公正価値が減損含み固定資産時価を意味 するとすれば,公正価値は使用価値に比べて格段に安いはずであり,そこまで簿価を切下げ るとき減損損失は大きくなる 11) 。しかしながら,事業用資産に減損兆候があるからといっ てすぐ処分するとは限らず,むしろ最良使用方法を編み出すこと方が多いと考えられる。 SFAS144 本文では不明瞭であるが,Appendix A Example 4 は減損兆候を帯びた長期 性資産公正価値測定テクニックを例示している。それによれば,これから 10 年に亘る キャッシュフロー流列を予測し,各流列にウエイト付けした確率を掛けた毎年キャッシュフ ローを年度毎リスクフリー金利で割引いて公正価値を測定する。この方法は概念ステートメ ント 7 号公正価値測定法であり,使用価値と交換価値を比較し,最良・最高価値方を公 正価値と定義する SFAS157 とも一致している。要するに,市場価値が容易に見出せない事業 用固定資産公正価値とは,資産を保有するマネジメントがベストと考える方法とそこから期 待するキャッシュフロー (もちろん第三者客観的な目からみても適切でなければならないが) がベー スとなる。
さらに見せる

24 さらに読み込む

JAIST Repository: 企業におけるサービス価値共創プロセスの知識体系の確立

JAIST Repository: 企業におけるサービス価値共創プロセスの知識体系の確立

円 3,600,000 研究成果概要(和文):本研究では、サービス価値創造プロセスに関する方法論を体系化した知識体系を確立 し、顧客とサービス価値共創をめざす企業業務プロセスを容易に構築することを研究目的とした。本研究で得 られた研究成果は、以下3項目に要約できる。(1)第3世代サービスイノベーションコンセプトとそれを構成 する要素、(2)第3世代サービスイノベーションにおける新たな応用領域とサービス価値創造、(3)サービス価値 創造によるサービスイノベーション知識体系構成。得られた研究成果は、著書:第3世代サービスイノベ ーションで公表した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

JAIST Repository: サービスイノベーションに向けた価値共創プロセスに関する考察

JAIST Repository: サービスイノベーションに向けた価値共創プロセスに関する考察

業もしくはサービスコンセプトを用いた事業価 値共創プロセスを「共創対象」,「共創手段」,「共 創結果」観点から考察した結果,①「対象」に 関しては,直接サービス受容者とある種満足 感交換による共創だけでなく,当人に関係する 家族など潜在的サービス受容者を見極め,その 対象満足にも配慮すること.②「手段」に関し ては役者と観客という関係性だけでなく,潜在的 な観客を同定したうえで,時には観客も役者にし, 共創を行うこと.また観客は人間だけでなく,自 然界ものもなり得ること.これは今後農業サ ービスや製造業環境を意識したビジネスにも発 展性ある視点であるといえよう.③「共創結果」 に関しては,単一共創結果を導くシナリオだけ でなく,重層的なシナリオを作る事により,より 多様な共創結果を導くことが出来得ること,を示 した.
さらに見せる

5 さらに読み込む

RIETI - 原子力発電所事故と日本人の価値観

RIETI - 原子力発電所事故と日本人の価値観

クロスセクションモデル結果(第 3 列)を見ると、まず女性であると自己決定可能感 が有意に低いことが示唆的である。学歴については、高卒に対して、大卒若しくは大学院 卒であると自己決定可能感は高い。有配偶に対して、未婚若しくは離婚であると、自己決 定可能感は高い。要介護等親族がいると、自己決定可能感は低い。所得が高く、心身共 に健康であると自己決定可能感は高い。また、困ったときに頼りになる隣人数、身回 り人々から精神的支援を期待できる度合い、一般的信頼度合いが高いほど、自己決定 可能感が高い。組織へ信頼については、国会及び企業へ信頼度と有意に正関係、地 方公共団体と報道機関に対する信頼度と有意に負関係がみられている。幸福度を判断す る上で重視する項目については、時間的余裕、仕事やりがい、社会貢献、友人と関係 を重視する度合いが強いほど、自己決定可能感は高くなっている一方、家計を重視する度 合いが強いと自己決定可能感は低い。
さらに見せる

45 さらに読み込む

メディパルグループの価値創造プロセス アニュアルレポート | IR資料室 | 株主・投資家情報 | 株式会社メディパルホールディングス

メディパルグループの価値創造プロセス アニュアルレポート | IR資料室 | 株主・投資家情報 | 株式会社メディパルホールディングス

12 MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Annual Report 2017 MEDIPAL HOLDINGS CORPORATION Annual Report 2017 13 メディパルグループ価値創造プロセス  私たちは、 「流通価値創造を通じて 人々健康と社会発展に貢献します。」 という経営理念もと、医療と健康、美 フィールドで、メーカーと全国医療機関、 小売業などをつなぐ流通グループです。  グループ各社が全国規模流通プラッ トフォームや、高い専門性をもつ人材など を活用して、必要とされる商品安定供 給や情報提供を行い、さまざまなステー クホルダー期待にお応えしています。こ れら取組みを通じて創出した利益を事 業基盤強化に再投資し、新たな価値 創造と提供に努めています。
さらに見せる

1 さらに読み込む

地域住民の健康の価値観と健康教育のアプローチに関する研究 [ PDF

地域住民の健康の価値観と健康教育のアプローチに関する研究 [ PDF

検討した。 「健康日本 21」ガイドラインに沿って、健 康目標値に掲げている項目について地域住民へアンケ ートを実施し、必要な健康教育・健康学習を地域自治 体(健康保健センターが中心)と住民が一緒になって、 検討し住民主体健康活動を展開するものであった。現 実には T 市アンケート調査は「健康づくり運動推進委 員」である地域住民協力を得て実施できた。健康基準 値設定については、 「健康目標値設定」課題”で述べ たごとく、適切性において、やや困難を要した。特に「健 康日本 21」目標設定意義は、国民に健康について 価値づけをおこなうことであった。この価値づけは 3 つ 方向性をもっていた。一つは疾病・障害など個人心 身状態について価値づけ、二つめは喫煙、運動、学 習等個人生活様式選択について価値づけ、三つめ は自然環境、労働条件、保健・医療サービスなど社会 環境について価値づけである。アンケート調査で、こ れらをみいだすことは難しいので、健康行動調査内容や 方法を改めて検討する必要があることを強く感じた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

自主的自立的価値観形成をめざす小学校社会科内容編成の研究

自主的自立的価値観形成をめざす小学校社会科内容編成の研究

「地域性」とは, 「水」を異なる状況や条件,場所からとらえた視点である。高度に整備された日本 水道システムは,世界各地で生じている水資源枯渇という事象と対比してとらえることでその有 用性や問題性が明らかとなる。私たち人間は毎日水を飲み,水を使って生活している。蛇口をひねれ ば水が出てくる日常に慣れ, 「もし水がなかったら」など考えたことがあまりないが,児童水に対 する認識実態である。しかし実際には,自然生態系環境破壊が要因となって世界中いろいろな ところで水不足が起きている。水面が地表に出ている淡水供給が思うようにいかなくなったので, 地域社会,農家,および産業界は流出することない表層地下水や深層地下水に依存するようになっ た。しかし,急激な人口増加と都市化,工業化が進んだ結果,この地下水も枯渇し世界的問題となっ ている。今日経済成長傾向が続けば,水需要は激増して産業界による水使用は 2025 年までに倍 増するという。都市化によるライフスタイル変化も急激な水使用増加原因である。衛生設備 普及,食事西洋化により,生活用水や農業用水使用量が急激に増加し,生活に必要な水確保がま すます不安視されている。このようにグローバル化が進展し,アジア諸国が急激な経済発展を遂げつ つある今,水は,希少価値を持つ資源となりつつある。しかし,現在日本では,日常生活において 水不足を意識することはあまりない。災害際に水道水が出なくなった様子や,夏場ダム貯水 量減少などによる断水様子を報道で知ることはあるが,あくまで「対岸火事」である。日本は 水資源が豊富かというと決してそうとは言えない。 世界各国ひとりあたり降水量を比較した場合, 日本それはサウジアラビア,イランとさほど変わらない。日本で水に対するストレスが感じられな い理由として,次2点をあげることができる。第1は,日本は農産物輸入を通して大量水を外 国から買い取っていることである。日本は膨大な食料を海外から輸入しているからこそ,国内水資 源をそれほど使わずにすんでいるということである。第2理由として日本高度な給水システム 発達による,水有効利用をあげることができる。水道管から水が漏れる「漏水率」は,東京では 3. 6%という低さである。その理由として「土上に探知機を置いて耳で聞くだけで漏水箇所がわか る」といった職人芸や,配水管劣化対策があげられる。さらには浄水場や配水地など浄水・送水 システム,浄化センターによる水再利用など,日本は高度な給水システムを発展させてきた。つま り,水を無駄なく取水し,有効利用する手段に長けているである。高度な水道システムを支えるに は多額費用が必要となる。日本では水道システムなどライフラインに関わる事業は公共機関によ って担われているため,安定的に市民に水を供給することができる。
さらに見せる

280 さらに読み込む

JAIST Repository: 創薬研究開発の価値形成プロセスの国際比較と評価

JAIST Repository: 創薬研究開発の価値形成プロセスの国際比較と評価

医薬品研究開発生産性は近年低下一途を辿っており、価値ベース研究開発マネジメントとそのため 価値評価手法が模索されている。筆者らは、医薬品価値評価データベースである PharmaPipelines TM を用い、 医薬開発品価値形成プロセス国際比較と評価を試みた。同データベースが収載する日米欧製薬企業及 びバイオテック企業について、各社代表的な開発品目を選別し、正味現在価値( NPV)、ピーク時売上、総売 上/ピーク時売上比3指標を用い、地域・ライセンス状況別に比較検討した。結果、いくつか指標で各企業 群間有意な差異が観察され、日本企業研究開発特徴、ならびに生産性改善に向けた示唆を得た。
さらに見せる

5 さらに読み込む

地域づくりにおける「負の資源」の活用プロセス : 北海道紋別市の流氷の価値創造の事例

地域づくりにおける「負の資源」の活用プロセス : 北海道紋別市の流氷の価値創造の事例

こうした地域資源を戦略的に利用して産業を創出 する地域づくりでは、高知県馬路村「馬路村柚 子」 (上治・竹下 2007)や北海道美瑛町「丘ま ち美瑛」 (麻生 2017)など、食や景観など地域資 源を活用した地域ブランド創出を事例として挙げる ことができる。 このような動きについて河藤 ( 2016) は、地域が保持する優位性や特産品を高付加価値化 や差別化し、誘客力ある地域ブランドを形成する ことが効果的だと主張している。また単にブランド 化だけではなく、観光客誘致による交流人口拡大 など効果も期待できるため、地域資源活用は、 地域づくりに資する方策となっている(上野ほか 2008)。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ネガティブな反すう、完全主義、労働価値観と看護師の業務不適応感の関連 ―仮説的因果モデル作成の試み―

ネガティブな反すう、完全主義、労働価値観と看護師の業務不適応感の関連 ―仮説的因果モデル作成の試み―

4.考察 本調査では,看護師「ネガティブな反すう傾向」および「反すうコントロール不可能性」 は勤続年を経るごとに低下し,その後に安定していた。勤続年数少ない看護師ほどネガティブ な反すうをし,またそれをコントロール不可能であると感じていると言える。前報(高瀬・河野, 2018)では, 「ミスへとらわれ」と職場ストレッサー尺度(合計値)は勤続年数 16 年以降で低下 していた。これらことから, 「ミスへとらわれ」やネガティブな反すうにみられる不適応的な 反応側面多くと全般的な職場ストレス感は,おおむね勤続年数 15 年程度で減少して安定す るものと考えられる。村山・岡安(2012)は,大学生群と 30・40 代成人群を比較し,加齢に伴っ て抑うつ的反すうが軽減することから,個人は年齢に伴ってより効果的にネガティブな認知に対 応できるようになるとした。本調査対象者は大学生とは異なるが,勤続年数 15 年未満看護師 は反すう傾向が強いという結果は村山ら結果に概ね一致するものと考えられる。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...