株)は考慮しておりません

Top PDF 株)は考慮しておりません:

( 注 2) 本公開買付けにおいては 買付予定数の上限を設定しておりませんので 買付予定数として 本公開買付けにより公開買付者が買付け等を行う株券等の最大数である 263,399 株を記載しております なお 当該最大数は 対象者が平成 22 年 2 月 12 日に提出した第 27 期第 2 四半期報

( 注 2) 本公開買付けにおいては 買付予定数の上限を設定しておりませんので 買付予定数として 本公開買付けにより公開買付者が買付け等を行う株券等の最大数である 263,399 株を記載しております なお 当該最大数は 対象者が平成 22 年 2 月 12 日に提出した第 27 期第 2 四半期報

(注2) 本公開買付けにおいて、買付予定数の上限を設定おりませので、買付予定数として、本公開買付 けにより公開買付者が買付け等を行う株券等の最大数である263,399を記載おります。なお、当該最 大数、対象者が平成22年2月12日に提出た第27期第2四半期報告書に記載された平成21年12月31日現 在の対象者の発行済株式総数(263,400)から、公開買付者が保有する対象者の株式数(1)を控除 た数です。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2018 年 11 月 9 日作成 (2/7) 2018 年 10 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.51% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2018 年 11 月 9 日作成 (2/7) 2018 年 10 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.51% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

※比率の合計100%にならない場合があります 【市場動向】 10月の東証REIT指数(配当込み)、前月末比▲1.5%と下落ました。市場、月央に向け軟調に推移ました。①3.20%超えと なった米長期金利に連動、10年国債利回りが0.15%を超え上昇たこと、②①の影響で内外株式の下落が止まらず投資家心理 が冷え込んだこと、③中国景気に対する懸念が高まり、国内景気やインバウンドへの悪影響が懸念されたことなどが下落要因です。 かし、その後、4%と高水準にある分配金利回りの高さが支えとなり、株式市場対比で堅調さを維持月末を迎えました。指数、 ▲9.4%と大幅に下落たTOPIX(配当込み)に対してアウトパフォームました。日銀、月中に3回(合計36億円)のJ-REIT買い入れ を行いました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資本関係公開買付者は 当社普通株式を 1 株所有しております 人的関係該当事項はありません 取引関係該当事項はありません 関連当事者への該当状況 該当事項はありません 2. 買付け等の価格 (1) 普通株式 1 株につき 金 2,205 円 (2) 新株予約権 1 平成 23 年 12 月 13 日

資本関係公開買付者は 当社普通株式を 1 株所有しております 人的関係該当事項はありません 取引関係該当事項はありません 関連当事者への該当状況 該当事項はありません 2. 買付け等の価格 (1) 普通株式 1 株につき 金 2,205 円 (2) 新株予約権 1 平成 23 年 12 月 13 日

他方で、経営者株主、上記のとおり、平成28年8月上旬に検討を開始以来、 MBKパートナーズグループ以外にも、国内外の事業会社や投資ファンドなどと様々 な協議を重ねきたとのことです。その中で、平成29年2月上旬、当社がMBKパー トナーズグループから上記の提案を受けたことを踏まえ、当該提案及びMBKパート ナーズグループをパートナーとして選定することの可否につき、他の事業会社や投資 ファンドなどとの協議の状況も踏まえ検討を行ったとのことです。その結果、MB Kパートナーズグループ、当社のグローバルでの中長期的なブランド強化戦略に対 、他の事業会社や投資ファンドより深い理解度・許容性を有しおり、MBKパ ートナーズグループの当該提案当社の企業価値向上に資するものであり、MBKパ ートナーズグループが有する小売・消費財分野における知見・人的ネットワーク、ア ジアを中心とた海外展開支援実績、財務戦略分野等におけるノウハウ及び資金調達 力を最大限活用することにより、当社の上記の経営課題の解決が可能となり、さらに 当社事業の特性や当社の独自性を十分に理解たうえで一定の成果を挙げた過去の投 資実績等を勘案すれば、当社が必要とする機能を補完できるパートナーとしても、当 該提案の確実性及びその実現に要する期間を考慮も、MBKパートナーズグルー プが協働先として最もふさわしいと考えるに至ったとのことです
さらに見せる

27 さらに読み込む

販売用資料 JPM アセアン成長株オープン 追加型投信 / 海外 / 株式 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある有価証券等に投資しますので 価格変動

販売用資料 JPM アセアン成長株オープン 追加型投信 / 海外 / 株式 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある有価証券等に投資しますので 価格変動

本資料JPモルガン・アセット・マネジメント株式会社(以下、 「当社」という。)が作成たものです。当社信頼性が高いとみなす情報等に基づい本資 料を作成おりますが、当該情報が正確であることを保証するものでなく、当社、本資料に記載された情報を使用することによりお客さまが投資 運用を行った結果被った損害を補償いたしませ。本資料に記載された意見・見通し表記時点での当社および当社グループの判断を反映たものであ り、将来の市場環境の変動や、当該意見・見通しの実現を保証するものでございませ。また、当該意見・見通し将来予告なしに変更されることがあり ます。本資料、当社が設定・運用する投資信託について説明するものであり、その他の有価証券の勧誘を目的とするものでございませ。また、当社 が当該投資信託の販売会社として直接説明するために作成たものでありませ
さらに見せる

6 さらに読み込む

2018 年 7 月 11 日作成 (2/7) 2018 年 6 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.14% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示

2018 年 7 月 11 日作成 (2/7) 2018 年 6 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.14% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示

※比率の合計100%にならない場合があります 【市場動向】 6月の東証REIT指数(配当込み)、前月末比+2.1%と上昇ました。市場、月終盤に向け上昇基調を強めました。6月15日にトラ ンプ米政権が500億ドルにおよぶ中国からの輸入品に関税を課すと発表たことを契機に、米中貿易戦争懸念が高まり株式市場が軟 調さを強める中、直接的な影響を受けにくく、かつ、ファンダメンタルズ(基礎的条件)が堅調で分配金利回りの水準も高い国内REIT市 場が選好されました。指数月間で▲0.8%と下落たTOPIX(配当込み)に対して、大幅なアウトパフォームとなりました。日銀、月 終盤に2回のJ-REIT買い入れ(合計24億円)を行いました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2018 年 10 月 10 日作成 (2/7) 2018 年 9 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.25% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2018 年 10 月 10 日作成 (2/7) 2018 年 9 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.25% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

◆基準価額・純資産総額の推移 ◆基準価額・純資産総額 ◆分配金推移 ◆基準価額騰落率 ※基準価額推移のグラフにおける基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算)およびファンドの騰落率、信託報酬控除後の 基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資た修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率実際の投資家利回りと異なります ※過去の実績、将来の運用結果を約束するものでありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

2019 年 1 月 16 日作成 (2/7) 2018 年 12 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.50% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2019 年 1 月 16 日作成 (2/7) 2018 年 12 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.50% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

○投資信託、元本保証、利回り保証のいずれもありませ。 ○投資た資産の価値が投資元本を割り込むリスク、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。 ○投資信託預金、保険契約でありませ。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象でありませ。 ○銀行など登録金融機関でご購入いただいた投資信託、投資者保護基金の対象でありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

Disclaimer この資料は日本アイ ビー エム株式会社ならびに日本アイ ビー エムシステムズ エンジニアリング株式会社の正式なレビューを受けておりません 当資料は 資料内で説明されている製品の仕様を保証するものではありません 資料の内容には正確を期するよう注意しておりますが この資料の内容は

Disclaimer この資料は日本アイ ビー エム株式会社ならびに日本アイ ビー エムシステムズ エンジニアリング株式会社の正式なレビューを受けておりません 当資料は 資料内で説明されている製品の仕様を保証するものではありません 資料の内容には正確を期するよう注意しておりますが この資料の内容は

WAS V8.5.5 OpenID / OAuth / OpenID Connectの対応状況(*)  WebSphere Application Server の各プロトコルの対応状況以下のとおり  OpenID Connect Relying Party実装時の注意点 – クライアントがWebブラウザーの場合、許可コードフローのみサポートおり、Implicitフローサポートされない • ImplicitフローIDトークンがURLフラグメントとして提供され、許可コードフローと比較セキュアでないため

50 さらに読み込む

本発表内容は, 一部演者の個人見解も含まれている可能性があります 演者はファイザー ( 株 ) の社員でありますが, 本演題は製薬協小児治験チームの立場で発表しており, 企業活動とは無関係なものであり, 利益相反もありません 2

本発表内容は, 一部演者の個人見解も含まれている可能性があります 演者はファイザー ( 株 ) の社員でありますが, 本演題は製薬協小児治験チームの立場で発表しており, 企業活動とは無関係なものであり, 利益相反もありません 2

 欧州( EMA/PDCO : Paediatric Committee) ◦ Pediatric regulation (No. 1901/2006, 1902/2006) 1,2  成人の Phase 2前(成人のPK試験完了後)に,PIP(Paediatric Investigational Plan)もしくはWaiver(免除)を提出,合意に

15 さらに読み込む

販売用資料 三菱 UFJ チャイナオープン 追加型投信 / 海外 / 株式 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある有価証券等に投資しますので 価格変動

販売用資料 三菱 UFJ チャイナオープン 追加型投信 / 海外 / 株式 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある有価証券等に投資しますので 価格変動

■三菱UFJ銀行からのご留意事項 ◎当ファンド預金でなく、三菱UFJ銀行元本を保証おりませ。また、預金保険制度の対象でありませ。  ◎投資信託、 値動きのある有価証券等に投資ますので、価格変動リスク等があり、お受取金額が投資元本を大きく下回ることがあります。た がっ投資元本および運用成果が保証されいるものでありませ。  ◎ご購入に際して、購入時手数料(3.24% (税込))および ※ 保有期間中の運用管理費用(信託報酬)等の費用がかかります。 ※消費税率が10%となった場合、3.3%となります。  ◎ご購入に際して、 必ず最新の「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」により商品内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 ◎当ファンドをお取引いただくか否かが、三菱UFJ銀行におけるお客さまのほかの取引に影響を与えることありませ。 ◎当ファンド の購入代金に充当するための借入れを前提とた購入申込みお受けできませ
さらに見せる

6 さらに読み込む

2019 年度各種奨学団体奨学生募集 現在留年中の方は申請できません 奨学団体によっては交流会 面接への出席など 様々な義務があります 申請者本人が奨学生としての義務を果たせるかどうか考慮した上で 申請してください 奨学金の併用受給を認めていない団体への併願はできません 又 併用受給を認めていない団

2019 年度各種奨学団体奨学生募集 現在留年中の方は申請できません 奨学団体によっては交流会 面接への出席など 様々な義務があります 申請者本人が奨学生としての義務を果たせるかどうか考慮した上で 申請してください 奨学金の併用受給を認めていない団体への併願はできません 又 併用受給を認めていない団

⑤本人の属する世帯に市税滞納のない  者 ⑥他の奨学金を受けいない者 ⑦卒業後、市内に居住、市の指定す  る職種に就き市内で働く意思がある者  (注:指定職種について下記参照) 注:返還一部免除型貸付で市の指定する職種 ①保育士 ②幼稚園教諭 ③保健師 ④助産師 ⑤看護師 ⑥薬剤師 ⑦理学療法士 ⑧作業療法士 ⑨診療放射線技師 ⑩臨床検査技師 ⑪視能訓練士 ⑫言語聴覚士 ⑬臨床工学技士 ⑭細胞検査士 ⑮栄養士または管理栄養士 ⑯歯科衛生士 ⑰精神保健福祉士 ⑱社会福祉士 ⑲介護福祉士 (すべて公務員対象外)  
さらに見せる

13 さらに読み込む

2018 年 8 月 8 日作成 (2/7) 2018 年 7 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.29% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示唆

2018 年 8 月 8 日作成 (2/7) 2018 年 7 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.29% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示唆

○投資信託、元本保証、利回り保証のいずれもありませ。 ○投資た資産の価値が投資元本を割り込むリスク、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。 ○投資信託預金、保険契約でありませ。また、預金保険機構および保険契約者保護機構の保護の対象でありませ。 ○銀行など登録金融機関でご購入いただいた投資信託、投資者保護基金の対象でありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

2018 年 4 月 6 日作成 (2/7) 2018 年 3 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.18% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示唆

2018 年 4 月 6 日作成 (2/7) 2018 年 3 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.18% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示唆

◆基準価額・純資産総額の推移 ◆基準価額・純資産総額 ◆分配金推移 ◆基準価額騰落率 ※基準価額推移のグラフにおける基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算)およびファンドの騰落率、信託報酬控除後の 基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資た修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率実際の投資家利回りと異なります ※過去の実績、将来の運用結果を約束するものでありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

2018 年 5 月 11 日作成 (2/7) 2018 年 4 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.14% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示

2018 年 5 月 11 日作成 (2/7) 2018 年 4 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.14% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証 示

財務諸表の監査に要する費用、有価証券売買時の売買委託手数料等信託財産から支払われます。 ※監査報酬の料率等につきまし請求目論見書をご参照ください。監査報酬以外の費用等につき   まして、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができませ。 ○投資信託をご購入の際、最新の投資信託説明書(交付目論見書)を必ずご覧ください。   投資信託説明書(交付目論見書)販売会社の本支店等にご用意おります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2018 年 1 月 15 日作成 (2/7) 2017 年 12 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.26% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2018 年 1 月 15 日作成 (2/7) 2017 年 12 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.26% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

◆基準価額・純資産総額の推移 ◆基準価額・純資産総額 ◆分配金推移 ◆基準価額騰落率 ※基準価額推移のグラフにおける基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算)およびファンドの騰落率、信託報酬控除後の 基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資た修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率実際の投資家利回りと異なります ※過去の実績、将来の運用結果を約束するものでありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

2017 年 10 月 10 日作成 (2/7) 2017 年 9 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.19% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2017 年 10 月 10 日作成 (2/7) 2017 年 9 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.19% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

9月の東証REIT指数(配当込み)、前月末比▲1.5%と下落ました。市場、北朝鮮リスクと投信からの資金流出に対する警戒感 が継続上値の重い展開となり、前月末比+4.3%と上昇たTOPIX(配当込み)に対して大幅にアンダーパフォームました。日銀、 月中に9回(合計108億円)のJ-REITの買い入れを行いましたが、相場を支えることできませでした。 東証REIT用途別指数で、オフィスおよび商業・物流等がアンダーパフォームた一方、住宅がアウトパフォームました。個別銘柄 では、三菱地所物流リート投資法人の新規上場が重石となった日本ロジスティクスファンド投資法人(8967)の下落が目立ちました。 【運用状況】
さらに見せる

7 さらに読み込む

2017 年 11 月 10 日作成 (2/7) 2017 年 10 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.29% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2017 年 11 月 10 日作成 (2/7) 2017 年 10 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.29% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

(※)低い資金調達コストで高い利回りが期待できる不動産を新規に取得することによってもたらされる成長のこと。 ※当コメント、資料作成時点における市場環境もしくはファンドの運用方針等について、運用担当者(ファンドマネジャー他)の見方あるい 考え方等を記載たもので当該運用方針変更される場合があり、将来の市場環境の変動等を保証するものでありませ。また、将来 の運用成果等を約束するものでもありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

2018 年 12 月 10 日作成 (2/7) 2018 年 11 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.53% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

2018 年 12 月 10 日作成 (2/7) 2018 年 11 月末現在資産内容 ( ジャパン リート マザーファンド ) <ご参考 > 予想配当利回り 4.53% 予想配当利回りは 組入銘柄の予想配当利回りを加重平均して算出をしております 手数料 税金等を考慮しておりません 分配金水準を保証

◆基準価額・純資産総額の推移 ◆基準価額・純資産総額 ◆分配金推移 ◆基準価額騰落率 ※基準価額推移のグラフにおける基準価額(信託報酬控除後、税引前分配金再投資換算)およびファンドの騰落率、信託報酬控除後の 基準価額に対して、税引前分配金を決算日に再投資た修正基準価額をもとに算出、表示 ※騰落率実際の投資家利回りと異なります ※過去の実績、将来の運用結果を約束するものでありませ
さらに見せる

7 さらに読み込む

販売用資料 emaxis シリーズ 追加型投信 emaxis 専用サイト 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある

販売用資料 emaxis シリーズ 追加型投信 emaxis 専用サイト 三菱 UFJ 銀行からのご留意事項 当ファンドは預金ではなく 三菱 UFJ 銀行は元本を保証しておりません また 預金保険制度の対象ではありません 投資信託は 値動きのある

東京証券取引所、東証REIT指数の商標の使用もしくは東証REIT 指数の指数の引用に関して得られる結果について、何ら保証、言及を するものでありませ。東京証券取引所、東証REIT指数の指数値 およびそこに含まれるデータの正確性、完全性を保証するもので ありませ。また、東京証券取引所、東証REIT指数の指数値の算出 または公表の誤謬、遅延または中断に対し、責任を負いませ。本件 インデックス・ファンド、東証REIT指数(配当込み)の指数値に連動 た投資成果を目標として運用ますが、本件インデックス・ファンド の基準価額と東証REIT指数(配当込み)の指数値が著しくカイ離する ことがあります。本件インデックス・ファンド、東京証券取引所により 提供、保証または販売されるものでありませ。東京証券取引所、 本件インデックス・ファンドの購入者または公衆に対し、本件インデッ クス・ファンドの説明、投資のアドバイスをする義務を持ちませ。 東京証券取引所、委託会社または本件インデックス・ファンドの購入 者のニーズを、東証REIT指数の指数値を算出する銘柄構成、計算に 考慮するものでありませ。以上の項目に限らず、東京証券取引所 本件インデックス・ファンドの発行または売買に起因するいかなる 損害に対しても、責任を有しませ
さらに見せる

16 さらに読み込む

4. 招集に当たっての決定事項 以下の事項につきましては 法令および定款第 15 条の規定に基づき イ ンターネット上の当社ウェブサイト ( に 掲載しておりますので 添付書類には記載しておりません したがいまして 本招集ご通知の添付書類は

4. 招集に当たっての決定事項 以下の事項につきましては 法令および定款第 15 条の規定に基づき イ ンターネット上の当社ウェブサイト ( に 掲載しておりますので 添付書類には記載しておりません したがいまして 本招集ご通知の添付書類は

・当事業年度に係る役員退職慰労引当金の繰入額5,247千円(取締役6名に対し5,121  千円、監査役1名に対し126千円)。 5.監査等委員会設置会社移行前の取締役の報酬限度額、平成19年8月30日開催の第25 回定時株主総会において、年額120,000千円以内(ただし、使用人分給与含まない。) と決議いただいおります。また、監査等委員会設置会社移行後の取締役(監査等委 員を除く)の報酬限度額、平成29年8月29日開催の第35回定時株主総会において、 年額150,000千円以内(ただし、使用人分給与含まない。)と決議いただいおりま す。
さらに見せる

32 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題