本計画の対象とするスポーツ

Top PDF 本計画の対象とするスポーツ:

目 次 第 1 編総則 基本的事項 計画策定の背景及び趣旨 本計画の位置づけと構成 処理主体 地域特性 対象とする災害と災害廃棄物 災害廃棄物処理の基本的な考え方

目 次 第 1 編総則 基本的事項 計画策定の背景及び趣旨 本計画の位置づけと構成 処理主体 地域特性 対象とする災害と災害廃棄物 災害廃棄物処理の基本的な考え方

計画対象する災害廃棄物は、図表 3 に示すとおり、地震や大雨等災害により発生 する廃棄物、被災者や避難者生活に伴い発生する廃棄物する。災害廃棄物うち、木 くず、コンクリートがら等、金属くず、可燃物、不燃物等については、被害想定に基づき発 生量を推計し、処理処分必要量や仮置場必要面積を算定する。有害廃棄物や適正処理困難 廃棄物については、保管処分方法を示す。また、避難者生活に伴い発生する廃棄物のう ち、地震発生時避難所ごみについては発生量を推計する
さらに見せる

44 さらに読み込む

日本体育 スポーツ政策学会第 27 回学会大会大会プログラム 大会テーマ : 体育 スポーツ政策のイノベーションと大学 主旨 : スポーツ庁が発足し はじめてスポーツ庁のもとで予算が編成され スポーツ政策が実施されている また第 2 期のスポーツ基本計画がスタートした スポーツ庁が主導する体育 スポ

日本体育 スポーツ政策学会第 27 回学会大会大会プログラム 大会テーマ : 体育 スポーツ政策のイノベーションと大学 主旨 : スポーツ庁が発足し はじめてスポーツ庁のもとで予算が編成され スポーツ政策が実施されている また第 2 期のスポーツ基本計画がスタートした スポーツ庁が主導する体育 スポ

「成熟国家におけるスポーツ価値―スポーツを通じて社会を豊かにする―」 趣旨: 2017 年 4 月に発表された第 2 期スポーツ基本計画では、施策目標として「我が国大学が持つスポ ーツ資源を人材輩出,経済活性化,地域貢献等に十分活用するとともに,大学スポーツ振興に向けた国 内体制構築を目指す。 」が設定された。また 6 月には、政府「未来投資戦略 2017―Society 5.0 実 現に向けた改革―」なかで、大学スポーツが取り上げられ、 「適切な組織運営管理や健全な大学スポー ツビジネス確立等を目指す大学横断かつ競技横断的統括組織(日本版 NCAA)平成 30 年度中創 設を目指し、産学官連携協議会を設置し制度設計を進める。大学におけるスポーツ分野キャリア形成・ 地域貢献・資金調達力向上等取組を戦略的かつ一体的に管理・統括する部局設置や人材配置に ついて、今後5年間で 100 大学が取り組むよう推進するされ、大学スポーツビジネスや資金調達 力という言葉が登場している。
さらに見せる

7 さらに読み込む

7 全体テーマ スポーツ イン ライフ 第 2 期スポーツ基本計画 ( 平成 29 年 3 月 24 日策定 )( 以下 第 2 期計画 という ) では 中長期的なスポーツ政策の基本方針として スポーツで 人生 が変わる スポーツで 社会 を変える スポーツで 世界 とつながる スポーツで 未来

7 全体テーマ スポーツ イン ライフ 第 2 期スポーツ基本計画 ( 平成 29 年 3 月 24 日策定 )( 以下 第 2 期計画 という ) では 中長期的なスポーツ政策の基本方針として スポーツで 人生 が変わる スポーツで 社会 を変える スポーツで 世界 とつながる スポーツで 未来

さて、第 2 期スポーツ基本計画では、その対象一つに「女性」を取り上げ、女性ス ポーツへ参加(参画)を促進するため環境整備によって、スポーツを通じた女性活 躍促進を施策目標に掲げた。なお、女性スポーツ環境を整備するにあたっては、女性 身体的特徴といった「医学的側面」及びスポーツイメージ、スポーツ参加(参画) 気軽さ、シャワー・更衣室等環境面といった「社会・心理的側面」へ配慮が必要であ り、私達日常生活におけるスポーツ環境を支援するスポーツ団体等においても、上記側 面に関する知見を学ぶことには意義がある考えられる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

計画の基本的な考え方 〇 〇本計画でのスポーツ〇 〇 スポーツをより身近なものとし スポーツの果たす多様な役割を踏まえて 本計画におけるスポーツを位置づけます 競技スポーツやレクリエーション活動だけでなく 健康づくりのためのウォーキング ハイキング 気分転換の散歩や軽い運動 サイクリング キャンプ活

計画の基本的な考え方 〇 〇本計画でのスポーツ〇 〇 スポーツをより身近なものとし スポーツの果たす多様な役割を踏まえて 本計画におけるスポーツを位置づけます 競技スポーツやレクリエーション活動だけでなく 健康づくりのためのウォーキング ハイキング 気分転換の散歩や軽い運動 サイクリング キャンプ活

まえた計画として策定します。 また、国スポーツ基本法」及び「スポーツ基本計画」を踏まえ、 「東京都スポーツ推進計画」 等整合を図りながら、スポーツに関する施策を総合的に推進する計画として位置づけます。 計画期間は、平成 28 年度(2016)から 37 年度(2025)まで 10 年間計画します。 また、計画進捗状況や社会情勢等変化に応じて、さらに、新たな稲城市長期総合計画 策定を踏まえて概ね5年で中間点検を行います。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目 次 第 Ⅰ 章計画策定にあたって 1 1 スポーツの果たす意義と役割 1 2 本県の現状 2 3 スポーツ立県あきた 宣言 5 4 本計画策定の趣旨 年東京オリンピック パラリンピックと本計画の関係性 6 6 計画の期間 6 7 計画に掲げる施策の推進に必要な財源の確保 6 8

目 次 第 Ⅰ 章計画策定にあたって 1 1 スポーツの果たす意義と役割 1 2 本県の現状 2 3 スポーツ立県あきた 宣言 5 4 本計画策定の趣旨 年東京オリンピック パラリンピックと本計画の関係性 6 6 計画の期間 6 7 計画に掲げる施策の推進に必要な財源の確保 6 8

第Ⅰ章 計画策定にあたって  1  1 スポーツ果たす意義役割  1  2 本県現状  2  3 「スポーツ立県あきた」宣言  5  4 計画策定趣旨  6  5 2020年東京オリンピック・パラリンピック計画関係性  6  6 計画期間  6  7 計画に掲げる施策推進に必要な財源確保  6  8 秋田県目指す姿計画位置づけ  7 第Ⅱ章 「スポーツ立県あきた」推進ため取組  8  1 全国や世界ひのき舞台で活躍できる選手育成強化  8  (1)ジュニア期から一貫指導体制確立による競技力向上方策推進  8  (2)スポーツ指導者及び審判員等確保・育成体罰等ない育成環境確立  9  (3)最新科学を活用した総合的な医・科学サポート  11  (4)ドーピング防止などスポーツ界における透明性や公平・公正性向上  12  2 学校地域における子どもスポーツ機会充実  13  (1)幼児期から子ども体力向上方策推進  13  (2)学校体育等に関する活動充実  15  (3)子どもを取り巻く社会スポーツ環境充実  17  3 ライフステージに応じたスポーツ活動推進  18  (1)青・壮年期におけるスポーツ参加機会拡充  18  (2)高齢者がはつらつスポーツに参加できる社会実現  20  (3)障害者が生き生きスポーツに参加できる環境整備  21  (4)健康づくり運動推進  22  (5)スポーツを支える組織充実・連携やボランティア団体育成  23  (6)スポーツにおける安全確保  25  4 スポーツを活用した地域活性化  26  (1)スポーツを活用した地域づくり推進  26  (2)スポーツによる交流人口拡大  27  (3)トップスポーツチーム地域連携・協働推進  28  5 住民が主体的に参画できる地域スポーツ環境整備  29  (1)コミュニティ中心なる地域スポーツクラブ育成・推進  29  (2)地域スポーツ指導者等充実  31  (3)地域スポーツ施設充実  33  (4)スポーツに関する表彰制度整備  34  (5)地域スポーツ企業・大学等連携  35 第Ⅲ章 計画実現に向けた体制スケジュール  36  1 計画実現に向けた体制  36  2 計画実現に向けた各施策スケジュール  36 【資料】
さらに見せる

47 さらに読み込む

はじめに ニールセン e スポーツ初のアジア版レポートをお読みいただき ありがとうございます このレポートはアジア地域を対象とした包括的なレポートとして そして e スポーツ (e-sports) のアーリーアダプターであるを対象としています ニコール パイク ニールセン e スポーツ マネージング

はじめに ニールセン e スポーツ初のアジア版レポートをお読みいただき ありがとうございます このレポートはアジア地域を対象とした包括的なレポートとして そして e スポーツ (e-sports) のアーリーアダプターであるを対象としています ニコール パイク ニールセン e スポーツ マネージング

ニールセン・eスポーツアジア版レポートをお読みいただき、 ありがとうございます。 このレポートはアジア地域を対象した包括的なレポートとして、中国、日本、そして eスポーツ(e-sports)アーリーアダプターである韓国を対象しています。 このレポートは「THE ESPORTS PLAYBOOK」シリーズ最新版として、アジア eスポーツファンについて詳細で徹底的な調査結果、また、最も 重要 である行動パターン に関する洞察をまとめています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

4 機会の充実 という言い回しが多用されている 充実 とは内容を豊かにするということであり 機会 とは結びつかない 機会を増やす と表現すべきではないか 国の スポーツ基本計画 においても 機会の充実 という表現を使用しているため 本計画においても スポーツ基本計画 との整合を図り 機会の充実 と表

4 機会の充実 という言い回しが多用されている 充実 とは内容を豊かにするということであり 機会 とは結びつかない 機会を増やす と表現すべきではないか 国の スポーツ基本計画 においても 機会の充実 という表現を使用しているため 本計画においても スポーツ基本計画 との整合を図り 機会の充実 と表

市民誰もが生涯にわたってスポーツを楽しみ、いつま でもいきいきした生活を送ることができるよう、計画に 基づき、様々な視点で具体的な取組みを実施します。 トップスポーツについては、国スポーツ基本計画」で 「スポーツ界における好循環創出に向けたトップスポー ツ地域におけるスポーツ連携・協働推進」が謳わ れているとおり、本市から輩出されたスポーツ選手が地 域におけるスポーツ推進に関わることで、本市スポー ツ活性化が期待されることから、トップスポーツ推進 についても取り組んでまいります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

1. 本計画の位置づけ 本計画は 平成 24 年に策定した 西宮市営住宅整備 管理計画 のうち 第 4 章市営住宅の整備計画 の 3. 建替計画 (2) 対象団地 2 北部地域 (P.39) の具体化を主眼に置き 関連する事項として 第 2 章市営住宅ストックの状況と課題 の 1. ストックの状況

1. 本計画の位置づけ 本計画は 平成 24 年に策定した 西宮市営住宅整備 管理計画 のうち 第 4 章市営住宅の整備計画 の 3. 建替計画 (2) 対象団地 2 北部地域 (P.39) の具体化を主眼に置き 関連する事項として 第 2 章市営住宅ストックの状況と課題 の 1. ストックの状況

これに伴い、これまで阪急神戸線以南区域における建替計画対象団地を従前 14 団地か ら 10 団地し、計画における建替計画対象団地が阪急神戸線以北区域にとどまらず、中心 市街地団地も含めることしたこと、また、今後も耐用年限を迎える市営住宅について順次 建替・集約を重ねていく必要があることから、計画を「第2次西宮市営住宅建替計画位 置付け、将来に向け計画を引き継いでいくことした。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 第 1 編 スポーツ都市東京 の実現に向けて 第 1 章東京のスポーツを取り巻く状況 1 計画の策定について (1) 計画を策定する背景 (2) 本計画における障害者スポーツ振興の考え方 2 本計画におけるスポーツとは 3 スポーツを取り巻く環境の変化 (1) 人口構成の変化 (2) 家族構成

目次 第 1 編 スポーツ都市東京 の実現に向けて 第 1 章東京のスポーツを取り巻く状況 1 計画の策定について (1) 計画を策定する背景 (2) 本計画における障害者スポーツ振興の考え方 2 本計画におけるスポーツとは 3 スポーツを取り巻く環境の変化 (1) 人口構成の変化 (2) 家族構成

(3)地域絆やコミュニティ形成 内閣府は全国 60 歳以上男女を対象に、地域社会へ参加に関する意識について調査を行っ ています。平成 25(2013)年度調査結果を見る 、 生きがいを感じる時は、 「孫など家族団 らん時」が最も多く、次いで「趣味やスポーツに熱中している時」 、 「友人や知人食事、雑談し ている時」 、 「旅行に行っている時」 、 「おいしい物を食べている時」なっています。また、個人又 は友人、あるいはグループや団体で自主的に行われているもので参加したい活動は、 「健康・ス ポーツ」が最も多く、次いで「趣味」 、 「地域行事」 、 「生産・就業」 、 「生活環境改善」なっていま す。次に、社会活動に参加して良かった思うことを見る、 「新しい友人を得ることができた」 が最も多く、次いで「生活に充実感ができた」、 「健康や体力に自信がついた」 、 「お互い助け合うこ ができた」 、 「地域社会に貢献できた」なっています。
さらに見せる

142 さらに読み込む

目次 1. 背景 目的... 1 目的... 1 計画の内容 本計画の対象施設... 2 計画対象施設 改修標準の設定... 3 目標耐 年数... 3 寿命化実施可否の判断... 3 改修標準の設定 期保全実 計画 計画策定にあたっての考

目次 1. 背景 目的... 1 目的... 1 計画の内容 本計画の対象施設... 2 計画対象施設 改修標準の設定... 3 目標耐 年数... 3 寿命化実施可否の判断... 3 改修標準の設定 期保全実 計画 計画策定にあたっての考

計画及び再編により期待されるコスト削減効果 計画は、公共施設等総合管理計画に示した推計結果から、30 年でコストを 30%削減する ことを目的しています。複数パターン条件設定に基づき試算し削減効果を検証しました。 計画に示す考え方及び再編による総量縮減を前提に計画対象施設を絞りこむことで、30 年間コストは、概ね目標を達成することが可能なります。ただし、最も費用がかかる建替 え費用集中時期を後年度に延ばした影響が大きく、推計期間を 50 年にする削減効果は低 下することにも留意が必要です。
さらに見せる

36 さらに読み込む

目次 1. 背景 1 2. 本計画の位置付け 1 3. 対象地区 1 4. 対象とする空家等 2 5. 危険空家等の現状 2 6. 空家等の調査に関する事項 3 7. 空家等発生の要因 背景 3 8. 本計画の期間 4 9. 空家等対策の推進 特定空家等に対する措置 対処 必

目次 1. 背景 1 2. 本計画の位置付け 1 3. 対象地区 1 4. 対象とする空家等 2 5. 危険空家等の現状 2 6. 空家等の調査に関する事項 3 7. 空家等発生の要因 背景 3 8. 本計画の期間 4 9. 空家等対策の推進 特定空家等に対する措置 対処 必

命令を実施する場合においては、同条第4項規定に基づき予めその措置を命じようする者又は その代理人に対し、意見書及び自己に有利な証拠を提出する機会を設けるものします。 (4)特定空家等に係る代執行 町長は空家法第14条第3項規定に基づき命令を行ったにも関わらず、その措置を命じられた者 がその措置を履行しないとき、履行しても十分でないとき又は履行しても期限までに完了する見込み ない場合は、同条第9項規定に基づき、行政代執行法(以下、「代執行法」いう。)規定に 基づき、所有者等に代わり当該空家等除却等必要な措置を講じます。なお、その措置に要した費用 については、当該所有者等に請求します。
さらに見せる

14 さらに読み込む

第 1 章 札幌市幼児教育振興計画の策定 本計画は 主に幼稚園教育を対象とする 本計画は 平成 18 年度から概ね10 年間を計画期間とし 今後はこの方向性に基づいて早期に具体的な施策 ( アクションプログラム ) を打ち出していく 本計画は 社会情勢の変化などに対応し 必要に応じて計画の見直しを行

第 1 章 札幌市幼児教育振興計画の策定 本計画は 主に幼稚園教育を対象とする 本計画は 平成 18 年度から概ね10 年間を計画期間とし 今後はこの方向性に基づいて早期に具体的な施策 ( アクションプログラム ) を打ち出していく 本計画は 社会情勢の変化などに対応し 必要に応じて計画の見直しを行

 ○ 「幼稚園教育研究実践」については、幼稚園保育所・小学校連携など、様々   な教育課題設定が容易な市立幼稚園が、その役割を担う。 (3) 市立幼稚園研究実践園化について  ○ 市 立 幼 稚 園 で は、 障 が い 児 教 育 を 含 む 幼 稚 園 教 育 研究、保育所や小学校連   携、家庭や地域連携などモデルなる取組を含む研究実践検証を進める。  ○ 市立幼稚園配置については、社会情勢を踏まえつつ、市立幼稚園私立幼稚園   役割について検証を不断に重ねていく中で、適切に対応していく必要がある。  ○ 計画における市 立 幼 稚 園 配置については、以下点を踏まえ、各 区 1 園 配 置 を   基本し、その際には、私立幼稚園における障がい児受入れ体制や教育研究機能   充実強化、幼稚園に関する第三者評価制度確立など状況を十分に見据えながら、   適正配置を進めていく。
さらに見せる

8 さらに読み込む

CSR の 5 つの重要課題 食とスポーツで心と体の元気を応援 基本的な 考え 方 貢献するSDGs CSR の5 つの重要課題 の中心的対象となる SDGs の目標 食とスポーツを手掛ける企業として 食育活動 食文化の普及 スポーツの振興などを通して心と 体の健康づくりに貢献しています スポーツと

CSR の 5 つの重要課題 食とスポーツで心と体の元気を応援 基本的な 考え 方 貢献するSDGs CSR の5 つの重要課題 の中心的対象となる SDGs の目標 食とスポーツを手掛ける企業として 食育活動 食文化の普及 スポーツの振興などを通して心と 体の健康づくりに貢献しています スポーツと

人財育成 MBO (目標管理制度)拡大  「ニッポンハムグループ 求められる人財像」を人財マネジメント根 幹に置き、 「採用」 「教育・育成」 「評価・処遇」 「異動・配置」 PDCA サ イクルを効果的に運用し、戦略的な人財育成・人財活用に取り組んで います。その取り組みとして、例えば日本ハム(株)では、 2018 年度よ り、 MBO (目標管理制度)対象者を拡大し、すべて正規従業員に 導入します。 MBO では、組織目標従業員個人目標を統合し、 一人ひとりが個人目標を意欲的に達成する過程で充実感成長を実 感する同時に、組織業績が向上することを目指しています。対象 範囲拡大にあたり、 2017 年度には管理職を対象に研修を実施し、
さらに見せる

5 さらに読み込む

参考資料 令和 2 年度予算 主なスポーツ振興事業について この資料は 青森市の令和 2 年度予算における主なスポーツ振興事業の概要と進 捗状況を 青森市総合計画前期基本計画に掲げる 6 つの基本政策 (6 本柱 ) と それ を構成する 20 の政策に沿って ご紹介するものです 第 1 しごと創り

参考資料 令和 2 年度予算 主なスポーツ振興事業について この資料は 青森市の令和 2 年度予算における主なスポーツ振興事業の概要と進 捗状況を 青森市総合計画前期基本計画に掲げる 6 つの基本政策 (6 本柱 ) と それ を構成する 20 の政策に沿って ご紹介するものです 第 1 しごと創り

(経済部 地域スポーツ課) ◆国⺠スポーツ⼤会開催準備 第 80 回国⺠スポーツ⼤会開催準備事務 1,605 千円 令和 7 年度第 80 回国民スポーツ大会における円滑な大会・競 技運営を行うため、関係競技団体及び県連携もと、本市で開 催が予定されている 14 競技準備を行います。

6 さらに読み込む

目次 第 1 部全般的事項 Ⅰ 本計画の意義 本計画の意義 本計画の対象区域... 1 Ⅱ 計画の取組方針 目標 地域の生活環境の回復と支援策の拡充 帰還する避難者及び長期避難者の生活再建の支援 地域の経済の再生...

目次 第 1 部全般的事項 Ⅰ 本計画の意義 本計画の意義 本計画の対象区域... 1 Ⅱ 計画の取組方針 目標 地域の生活環境の回復と支援策の拡充 帰還する避難者及び長期避難者の生活再建の支援 地域の経済の再生...

このような状況下、田村市は、平成 25 年6月に避難指示解除準備区域における国直 轄除染が完了しており、それ以外市が行う区域についても平成 24 年から着手し現在作 業を進めており、平成 27 年度には除染を完了する計画である。 平成 24 年3月に策定した 「田村市震災等復興ビジョン」 (以下 「復興ビジョン」 いう。 ) では、 「1.支え合いで実現する新たな地域づくり」 、 「2.安全・安心基盤づくり」及 び「3.市民協働で拓く未来づくり」を基本理念として、復旧に力点を置く前期 5 年間「速やかな原状回復」を図る主な取り組み施策として、市道をはじめ、農林業施 設や学校教育施設、避難地域等インフラ復旧を、また復興を主眼に取り組む後期5年 間は「新たな地域づくり」目指す施策として、避難者就業機会提供をはじめ、6次 化商品開発販売支援や情報連携システム構築、新エネルギー普及対策など、合わせて 115 施策を計画して、安全で安心して暮らすことできるふるさと再生を通じた「心 復興」を目標している。
さらに見せる

218 さらに読み込む

村上市スポーツ施設整備計画 ( 本編 ) < 目次 > 本編 第 1 章計画の策定にあたって 1. 計画の目的 1 2. 計画の位置付け 2 3. 計画の期間 3 4. 計画の対象 3 第 2 章本市のスポーツ環境の現状と課題 1. スポーツを取り巻く現状 4 2. スポーツ施設の現状 5 3. ス

村上市スポーツ施設整備計画 ( 本編 ) < 目次 > 本編 第 1 章計画の策定にあたって 1. 計画の目的 1 2. 計画の位置付け 2 3. 計画の期間 3 4. 計画の対象 3 第 2 章本市のスポーツ環境の現状と課題 1. スポーツを取り巻く現状 4 2. スポーツ施設の現状 5 3. ス

村上、朝日、山北総合体育館は、引き続き拠点施設として整備を継続します。また、地区拠点避難所もなっていることから、旧耐震基準(S56年以前 設計)朝日、山北総合体育館は、耐震診断を実施し、年次的に雤漏り改修工事を行います。神林総合体育館は、拠点体育館中でも、さらなる拠点し て位置付け、トップレベル大会等が実施できるよう整備していきます。 施設整備計画 1…廃止・統合 2…継続し、機能充実 部分補修 3…大規模改修、新規整備 ○…計画計上 △…予算状況により先送りあり 施設名(◎拠点)
さらに見せる

48 さらに読み込む

目 第 Ⅰ 章計画策定にあたって 1 スポーツの果たす意義と役割 1 2 スポーツ立県あきた 宣言 2 3 第 2 期秋田県スポーツ推進計画の検証 3 4 本計画策定の趣旨 5 5 東京オリンピック パラリンピック等の大規模なスポーツ大会と本計画との関係性 5 6 計画の期間 5 7 秋田県の目指す

目 第 Ⅰ 章計画策定にあたって 1 スポーツの果たす意義と役割 1 2 スポーツ立県あきた 宣言 2 3 第 2 期秋田県スポーツ推進計画の検証 3 4 本計画策定の趣旨 5 5 東京オリンピック パラリンピック等の大規模なスポーツ大会と本計画との関係性 5 6 計画の期間 5 7 秋田県の目指す

また、スポーツ関わり方は 、スポーツを「する」ことだけではなく「みる」こ や「ささえる」ことも含まれま す。スポーツを「みる」ことでアスリート姿に感 動し、人生活力なるほか、家族や友人等による応援はスポーツを「する」人力 にもなります。大会運営やボランティアなどでスポーツを「ささえる」ことで、多く 人々交流が生まれ共感し合うことができ、社会絆が強くなっていきます。 年齢、性別、障害有無等に関わらず、スポーツは誰もが参画できるものであり、 全て人々が関心や適性等に応じて、安全で公正な環境下で日常 的・自発的にスポー ツに参画する機会を確保することで、スポーツを「する」「みる」「ささえる」人々 みんながスポーツ価値を享受できることにつながります。
さらに見せる

45 さらに読み込む

宇佐市スポーツ施設整備計画~スポーツの拠点づくり~

宇佐市スポーツ施設整備計画~スポーツの拠点づくり~

こうした現状を踏まえ、宇佐市スポーツ推進計画において、宇佐市スポーツ施設顔として整備 を見込んでいる。そのため、計画においても宇佐市スポーツ拠点施設として県大会やスポーツ合 宿など市外から利用に対応できる「広域スポーツ活動拠点」として位置づける。 2)総合運動場 施設は、市中心部に近くアクセスが良い立地にある。また、総合運動場内古代ふれあい広場には、 子ども遊具が設置してあり、幅広い年齢層へ対応が可能である。さらに、隣接する温泉付宿泊・レジ ャー施設「はちまん郷宇佐」には体育館、テニスコート、グラウンドゴルフ場、プール等があり幅広 い利用者ニーズにも対応可能である。
さらに見せる

22 さらに読み込む

調査概要 1. 調査目的本調査は今後のラグビーの振興 普及 強化に資する基礎的なデータの収集を目的とする 今回はラグビーを取り上げるが 本調査研究委員会ではトップスポーツと地域スポーツの関係に言及する問題意識のもとにある すなわち 国内トップレベルのリーグやチームが 当該エリアの学校運動部やスポーツ

調査概要 1. 調査目的本調査は今後のラグビーの振興 普及 強化に資する基礎的なデータの収集を目的とする 今回はラグビーを取り上げるが 本調査研究委員会ではトップスポーツと地域スポーツの関係に言及する問題意識のもとにある すなわち 国内トップレベルのリーグやチームが 当該エリアの学校運動部やスポーツ

14 調査概要 1.調査目的 調査は今後ラグビー振興・普及・強化に資する基礎的なデータ収集を目的す る。今回はラグビーを取り上げるが、調査研究委員会ではトップスポーツ地域スポー ツ関係に言及する問題意識もとにある。すなわち、国内トップレベルリーグやチー ムが、当該エリア学校運動部やスポーツ少年団、民間スポーツクラブ、どのような関 係性にあるか。この両者が或る地域社会中で、どのような形で並存しているか、を 探求し、相乗効果を検証する視座にある。それは、新たなシステム構築に向けたデータ 収集・蓄積である。今回は対象をラグビーに限定し、インターネット調査スタジアム 観戦者へ質問紙調査によって、観戦歴(直接観戦・間接観戦)属性(性別、年齢、居 住地、世帯年収等)関係、観戦歴今後観戦意向関係、ラグビーに関する知識 認知度ラグビー関わり方関係、観戦者トップチームへ要望などについて実態 を探った。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 第 1 章計画策定の趣旨 1 第 2 章計画の基本的事項 3 1 計画の目的 位置付け 2 計画の期間 3 計画の基準年度 4 計画の対象 (1) 対象とする温室効果ガス (2) 対象範囲 (3) 対象機関 第 3 章計画の基本目標 基本方針 5 第 4 章温室効果ガスの排出量等の現況 6 1

目次 第 1 章計画策定の趣旨 1 第 2 章計画の基本的事項 3 1 計画の目的 位置付け 2 計画の期間 3 計画の基準年度 4 計画の対象 (1) 対象とする温室効果ガス (2) 対象範囲 (3) 対象機関 第 3 章計画の基本目標 基本方針 5 第 4 章温室効果ガスの排出量等の現況 6 1

計画は、「山口県地球温暖化対策実行計画」及び「山口県庁エコ・オフィス実践プラ ン」を統合し、「山口県庁エコ・オフィス実践プラン(地球温暖化対策実行計画)」(以 下「計画いう。)として策定したものです。 あわせて、県においては、県庁本庁舎において、平成 13 年2月にISO14001認 証を取得し、環境マネジメントシステムに基づく環境配慮取組として、これまで環境関 連法令管理や内部環境監査による環境目的・目標達成度チェック、環境推進員研 修、当該システム定期的な見直しを行い、継続的改善を図ってきました。この度、IS O14001規格による環境マネジメントシステムについて、他制度重複した取組等 見直しや対象範囲全庁へ拡大など、効率性・実行性を向上させるため、計画に統合 し、県独自システムとして運用することにより、取組継続的な改善を図っていくこと しました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

Show all 10000 documents...