新規会場のオープンなどがあり増収増益となりまし

Top PDF 新規会場のオープンなどがあり増収増益となりまし:

29 年度上半期の業績概況 ハ イライト 前年同期と比較して 29 年度上半期は営業減益となりました 連結損益計算書 前年同期比較 一方 新規アトラクションやイベントが好評であったことなどにより 期初予想と比較して増益となりました 28 年度 上半期実績 29 年度 上半期実績,8 営業利益 経常利

29 年度上半期の業績概況 ハ イライト 前年同期と比較して 29 年度上半期は営業減益となりました 連結損益計算書 前年同期比較 一方 新規アトラクションやイベントが好評であったことなどにより 期初予想と比較して増益となりました 28 年度 上半期実績 29 年度 上半期実績,8 営業利益 経常利

株価および出来高推移 所有者別株式分布 ( 2009 年 9 月 30 日現在) 上場株式配当等支払いに関する通知書について 租税特別措置法 2008 年改正( 2008 年 4 月 30 日法律第 23 号)に より、 2009 年 1 月以降にお支払いする配当金について株主さま宛 てに配当金額や源泉徴収税額等を記載した「支払通知書」を送付す ること義務づけられました。配当金領収証にてお受け取り株主 さまに対しては 12 月下旬に「支払通知書」を送付いたしますのでご 覧ください。口座振込を指定されている株主さまは配当金支払い 際送付している「配当金計算書」「支払通知書」なります。なお、 両書類は確定申告を行う際その添付資料としてご使用頂くこと
Show more

8 Read more

2018 年 3Q 実績 2018 年 3Q 実績のポイント ( スライド 2) 当四半期は 複合機やレーザープリンターの新製品が引き続き堅調に推移したことで オフィスビジネスユニットが増収増益を果たしました しかしながら 産業機器その他では過熱気味であった昨年の顧客の有機 EL 関連投資が一服した

2018 年 3Q 実績 2018 年 3Q 実績のポイント ( スライド 2) 当四半期は 複合機やレーザープリンターの新製品が引き続き堅調に推移したことで オフィスビジネスユニットが増収増益を果たしました しかしながら 産業機器その他では過熱気味であった昨年の顧客の有機 EL 関連投資が一服した

当社はこれまで、多様なユーザーニーズに応えるために、プロからエントリー向けまで幅広い ユーザーをカバーするフルラインアップ戦略に基づき、積極的に新製品を投⼊してまいりまし た。当社競争⼒源泉は、カメラキーコンポーネントである「レンズ・エンジン・センサー」 を、開発から⽣産まで自社で手掛けることであり、これにより最適な設計を実現し、一眼レ フ、ミラーレス共に競争⼒ある製品を提供しています。時代流れとともに変化するユーザ ーニーズを迅速に捉え、毎年多く新製品を継続的に投⼊することで、レンズ交換式カメ ラ市場でシェア No.1 地位を築き上げてきました。
Show more

11 Read more

1. はじめに 1.1. 試験会場登録のメリット 弊社提供試験の試験会場として認定されると 以下のメリットがあります 受験者来校による新規顧客の獲得 実施資格試験サイトへ認定試験会場として掲載することによる認知度向上 実施委託手数料収入が得られること 契約形態に応じた各種割引受験料の適用 試験実施数

1. はじめに 1.1. 試験会場登録のメリット 弊社提供試験の試験会場として認定されると 以下のメリットがあります 受験者来校による新規顧客の獲得 実施資格試験サイトへ認定試験会場として掲載することによる認知度向上 実施委託手数料収入が得られること 契約形態に応じた各種割引受験料の適用 試験実施数

Certiport は、これ以降「Certiport 認定試験会場」で参照する Certiport 認定試験会場、および指定エンドユーザー ために試験を管理し、本契約書に示されたその他職務を履行するために試験官を使用する。Certiport 資格 認定および試験プログラム完全性および有効性は、Certiport 任務、ならびに試験および資格認定実施信頼 性根幹を成すものである。このプロセス完全性を確保するため、試験官認定について慎重に検討する。試験 官として認定された場合、Certiport 代表として試験プロセスに対する責任を負い、また下記項目に対して責 任を負う。
Show more

28 Read more

TOP INTERVIEW トップインタビュー 新プロジェクト 新サービスをスタート! 第 2 四半期のは 昨年実施した M&A が寄与したこと もあり 8 期連続の増収で過去最高となりました 部門別の内訳では 常駐警備部門が前年同期比で 5.6% 増 機械警備部門が同 9.4% 増 運輸警備部門が

TOP INTERVIEW トップインタビュー 新プロジェクト 新サービスをスタート! 第 2 四半期のは 昨年実施した M&A が寄与したこと もあり 8 期連続の増収で過去最高となりました 部門別の内訳では 常駐警備部門が前年同期比で 5.6% 増 機械警備部門が同 9.4% 増 運輸警備部門が

 (株)特別警備保障は、1969年に「誠実」「責任」「協調」精神を社是 として創立しました。以来、48年に渡り、神奈川県に根ざした警備会社として 「お客様サービスナンバーワン企業」を目指し続けてきました。  主な事業としては、「機械警備」を中核しつつ、「施設警備」「現金輸送・ 金融ATM」「防災事業」を展開しています。「機械警備」においては、ホー ムセキュリティを含めたさまざまな環境・状況に対して、お客様立場に立っ た提案を行っています。今後は、防犯カメラ機器・位置情報確認(GPS機能)・ AEDなど、あらゆる周辺業務商品・サービスを取りそろえた会社として、 より質高いサービス提供を目指しています。
Show more

7 Read more

伪伪 Check Point 2016 年 12 月 2Q 前期比に対し大幅増収増益 通期予想へも四半期純利益進捗率 56.6% と順調 ニセコのホテルコンドや新宿のカプセルホテルなど インバウンド関連の開発案件が続々竣工予定 ( 株 ) ライフステージの子会社化とともに関西圏進出 連結子会社は 3

伪伪 Check Point 2016 年 12 月 2Q 前期比に対し大幅増収増益 通期予想へも四半期純利益進捗率 56.6% と順調 ニセコのホテルコンドや新宿のカプセルホテルなど インバウンド関連の開発案件が続々竣工予定 ( 株 ) ライフステージの子会社化とともに関西圏進出 連結子会社は 3

投資開発柱、 コンサルティング及びマネジメントも連動 (2) 事業概要 主力不動産投資開発事業は、 売上高 85.3%、 営業利益 47.8% を構成する。 オフィス ビルやマンションに投資をしてバリューアップして売却する 「不動産再生型」 、 土地を取得 して新築建物を建築する 「不動産開発型」 2 つタイプある。 取り扱う不動産大型 化するなかで、 1 件あたり利益額増加している傾向にある。 不動産コンサルティング事 業は仲介業務メインであり、 相続対策として資産入れ替え相談など士業や金融機関か ら「紹介」で新規顧客を増やしている。 業績としては全社売上高 3.8% に過ぎない、フィー ビジネスため営業利益では 17.5% を稼ぐ。 不動産マネジメント事業は、 外部富裕層から 不動産賃貸管理業務受託や自社で所有する賃貸用不動産賃借を行う。 売上高 10.8% に対し営業利益 34.6% 利益へ寄与高い。 着実に積み上がるストックビジネスであり、 安定収益を確保する上では不可欠な事業言えるだろう。
Show more

9 Read more

伪伪 Check Point 2016 年 6 月期は大幅な増収増益で着地 他社提携による販路も順調に拡大 2017 年 6 月期は引き続き増収増益を見込む 世界展開の布石にも取り組む考え 2016 年 6 月期は初めて配当を実施 1 株当たり 22 円 ( 百万円 ) 連結業績推移 ( 百万円 )

伪伪 Check Point 2016 年 6 月期は大幅な増収増益で着地 他社提携による販路も順調に拡大 2017 年 6 月期は引き続き増収増益を見込む 世界展開の布石にも取り組む考え 2016 年 6 月期は初めて配当を実施 1 株当たり 22 円 ( 百万円 ) 連結業績推移 ( 百万円 )

インターネット普及により日本でも e チケット導入されるとともに、 LCC 参入といった 航空会社仕組み変化してきたところに着眼し、 既に米国などでは市場拡大していた航 空券オンライン販売を開始したこと設立経緯である。 2008 年 6 月に 「skyticket」 運用を開始。 創業時は、 JAL や ANA 航空券をメインに 取り扱っていた、 LCC 参入により航空会社増えたことにより、 横断検索需要 高まったこと同社事業拡大を後押しした。 また、 2011 年から 2012 年には東日本大震災 や JAL 破綻など影響により業界全体低迷した、 同業他社撤退や縮小を余儀なく されるなかで、残存者利益を享受するとともに、回復局面で積極的な投資を行ってきたこと、 2013 年以降、 同社を大きく飛躍させる転機なった。 さらには、 外部環境影響を強く受け る業界中で事業を安定的に継続するためには、 株式上場により財務基盤強化や認知度 及び社会的信用を向上させる必要性を強く感じたこと上場を目指すきっかけともなった。
Show more

12 Read more

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

リードタイム短縮を図る ① 海外工場国内工場戦略的活用で、売れ筋商品追加供給をスピードアップ ② 物流子会社に委託していた倉庫内物流業務を当社に移管し、物流業務効率化 リードタイム短縮を図る 組織改革

14 Read more

バレーボールは オープン スキルであるがゆえに難しい?! バレーボールは 古典的な見方をすれば サーブ以外のすべてのプレーがオープン スキルであるため 技術の習得が難しいと考えられています オープン スキル 柔道 サッカー バレーボールなど クローズド スキル 体操 水泳 陸上 ダーツなど

バレーボールは オープン スキルであるがゆえに難しい?! バレーボールは 古典的な見方をすれば サーブ以外のすべてのプレーがオープン スキルであるため 技術の習得が難しいと考えられています オープン スキル 柔道 サッカー バレーボールなど クローズド スキル 体操 水泳 陸上 ダーツなど

ただ、その新入�部員彼(彼女)は、学校球技大会や 授業でバレーボールをしたことある程度で、プレーは ほぼ初心者レベルです。 でもせっかく、念願公式戦に出場できるですから、 1試合でも多く、試合をしたい思います。そのために は何とかして、勝たなければなりません。

40 Read more

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

41 億 1 千万円であり こちらも前年度より 4 千万円程増えました 収支は 3 億 3 千万円の黒字となり ほぼ前年度並となりました 経常損益は 2 期連続の黒字となり 当期純利益は 12 期連続の黒字となりましたが 子細に見ると 運賃収入は 3 千万円程減っています これをカバーしたのは 北し

平成 29 年度です、NHK 大河ドラマ「真田丸」放映も終わり、いわゆる特需というも ありません。信州 DC はあります、善光寺御開帳や北陸新幹線金沢延伸、NHK 大河 ドラマ「真田丸」比べインパクト面では同レベル期待はできない思われ、厳しい状況 です。収入減る一方、経費増加見込まれており、昨年度収支 3 億 3 千万円という ベース、今年度は 5 千万円程度黒字しか出ない見込んでいます。したがって、今年度 は一層効率化、コスト削減はもちろんこと、収入確保という面を考える、一つ目に 本日お集まり皆様をはじめ、一致団結して利用促進を図っていくこと必要です。二つ目 は、観光列車や貸切り列車という形で収入を確保していくことです。三つ目は、不動産活用 として軽井沢駅ナカ施設開発を進めており、来年春早々にはフルオープンできるので はないか考えています。北長野駅前遊休地は、コンビニエンスストア有料駐車場を民 間にお任せし収益を稼いでいきたい考えています。また、軽井沢東側に約 2 ヘクタール 当社遊休地あります。開発なかなか進まず、いわゆる手付かず状態です、こ まま待っていても収益に結びつかないため、将来、何か商業施設ような設備か分かりま せん、民間からお話をいただいたときに支障ならないような範囲で何とか稼ぐ手はない か、暫定的に有料駐車場を整備することで事業を進め、7 月下旬には開業予定です。タイ ムズにお任せすることになっています、200 台弱駐車場を暫定的に整備し 3 年間程度活 用したい考えています。
Show more

6 Read more

ごあいさつ 中期 5 ヶ年事業構想 初年度が順調に進捗し 増収増益基調を持続 株主のみなさまにおかれましては ますますご清祥のこととお慶び申し上げます また 日頃より格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます 第 56 期 (2014 年 12 月 21 日 2015 年 12 月 20 日 ) の決算

ごあいさつ 中期 5 ヶ年事業構想 初年度が順調に進捗し 増収増益基調を持続 株主のみなさまにおかれましては ますますご清祥のこととお慶び申し上げます また 日頃より格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます 第 56 期 (2014 年 12 月 21 日 2015 年 12 月 20 日 ) の決算

 増収増益に貢献した主な要因は、第一に、2つプレミアム ブランド伸長です。システムヘアケアブランド「オージュア」 は引き続き順調に伸長を続け、売上高50億円ブランド誕生 視界に入ってきました。また、オーガニックブランド「ヴィラ ロドラ」もヘアケア製品に加えカラー製品を投入したことで 提案広がり、成長軌道へ乗ってきました。第二に、ボ リューム大きな40〜50代を対象したグレイカラー新 製品投入を行った結果、染毛剤部門売上伸長しました。 第三に、フィールド活動システムにおいて、成長性あるサロ ンを中心した活動全体売上増に大きく寄与してきまし た。そして第四に、中国・韓国を中心に海外における市場拡大 順調に進み、大幅な業績拡大を果たしました。
Show more

12 Read more

Orchestra Holdings (6533 東証マザーズ ) デジタルマーケティング事業 ライフテクノロジー事業などを手掛ける両事業とも順調に伸びており 18 年 12 月期も二桁増収増益見込み 発行日 :2018/9/21 > 要旨 事業内容 Orchestra Holdings( オーケス

Orchestra Holdings (6533 東証マザーズ ) デジタルマーケティング事業 ライフテクノロジー事業などを手掛ける両事業とも順調に伸びており 18 年 12 月期も二桁増収増益見込み 発行日 :2018/9/21 > 要旨 事業内容 Orchestra Holdings( オーケス

同社主要子会社は、持株会社体制へ移行に伴い新設されたデジタ ルアイデンティティ、ライフテクノロジー、投資事業を行う Orchestra Investment 、ソフトウェア開発事業などを行う Sharing Innovations で ある。旧デジタルアイデンティティ行っていたデジタルマーケティング事 業ライフテクノロジー事業をデジタルアイデンティティライフテクノロジー 各々継承した。ソリューション事業は、17 年 6 月に株式会社あゆた を子会社化したことにより 17/12 期第 3 四半期から、新たなセグメン トとして開示された。尚、あゆたは、18 年 4 月にソフトウェア開 発を行うエス・エス・アヴェニュー(大分県大分市)を子会社化し、 7 月に両社を統合して Sharing Innovations に社名変更している。
Show more

16 Read more

218 年 9 月 26 日 が進み 同分野に強い中国石油天然気と中国海洋石油の利益率は大きく改善した 中国石油化工は主力の石油精製 化学 販売事業でコスト増に直面したが 販売量 価格が上向いて増収増益を確保 同社傘下で石油化工専業の中国石化上海石油化工 (338) は原材料コスト高で小幅増益だった

218 年 9 月 26 日 が進み 同分野に強い中国石油天然気と中国海洋石油の利益率は大きく改善した 中国石油化工は主力の石油精製 化学 販売事業でコスト増に直面したが 販売量 価格が上向いて増収増益を確保 同社傘下で石油化工専業の中国石化上海石油化工 (338) は原材料コスト高で小幅増益だった

〈株価指数先物・同オプション〉 i)株価指数先物は約定代金に対して最大0.08%。 ii)株価指数オプションは約定代金最大4.0% (但し最低2,500円)。 ◆本資料は、公表されたデータ等信頼できる考えられる情報に基づいて内藤証券作成し、また記載された見解等 内容は全て作成時点もので時間経過とともに不正確なる場合あり、過去から将来にわたって、その正確 性・完全性を保証するものではありません。内容は今後予告なく変更することあります。◆本資料に基づいた投資 によって発生する損益は全てお客様に帰属します。内藤証券は、故意または重過失ない限り、責任を負いません。 ◆本資料により提供される情報著作権等知的財産権は、引用部分を除き、全て内藤証券に帰属します。お客様 は、事前に内藤証券書面による同意なく、本資料内容及び情報を、複製、譲渡、修正、変更または転送等行為 をすることできません。
Show more

8 Read more

収益基盤の強化と成長戦略の加速により増収 増益 最高益を目指します 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます 第 7 期の決算が終了しましたので 当期の業績概況と今後の 取り組みについてご報告申し上げます 当社は2022 年 2 月期までの5 年間を対象とする中期経営計画を策定し 当連結会計

収益基盤の強化と成長戦略の加速により増収 増益 最高益を目指します 平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます 第 7 期の決算が終了しましたので 当期の業績概況と今後の 取り組みについてご報告申し上げます 当社は2022 年 2 月期までの5 年間を対象とする中期経営計画を策定し 当連結会計

(株)TSI ECストラテジーは、自社ECサイト「MIX.Tokyo」でTSIグループ外 ブランド初導入なるNY発「ステイトバッグス」を3月2日より発売しました。 「家族で楽しめる」をコンセプトにキッズ、ウィメンズ、メンズバックパックを 軸に展開。売れたバッグ同数バッグに文房具や日用品を詰めて、子どもた ちにプレゼントする慈善活動も注目されています。

8 Read more

今回のポイント 18/3 期は前期比 2.7% の増収 同 3.3% の経常増益 サラダ 総菜類 タマゴ加工品 マヨネーズ ドレッシング類の全てで売上が増加し 7 期連続の増収となり 6 期連続の過去最高売上高更新 特に厚焼き卵や和惣菜がコンビニエンスストア向けを中心に伸びた 利益面では 天候不順等

今回のポイント 18/3 期は前期比 2.7% の増収 同 3.3% の経常増益 サラダ 総菜類 タマゴ加工品 マヨネーズ ドレッシング類の全てで売上が増加し 7 期連続の増収となり 6 期連続の過去最高売上高更新 特に厚焼き卵や和惣菜がコンビニエンスストア向けを中心に伸びた 利益面では 天候不順等

3 つ戦略成果 (1)「サラダ No.1 (Leading company)」ポジション確立 商品ブランド強化市場ニーズにあった商品開発(簡便性、ロス削減、健康・ヘルシー志向、高付加価値、素材美味しさ等)に取り 組み、サラダ・総菜類、タマゴ加工品で成果をあげた。サラダ・総菜類では、和惣菜新ブランド「和彩万菜」 18/3 期販売重量前 期比約 2.1 倍に拡大した他、素材系・ベース商品も外食向けを中心に拡大した。また、タマゴ加工品では、味や品質を高く評価された 静岡富士山工場製「惣菜亭®」(厚焼き卵だし巻き卵シリーズ)販売重量同 11%増加した。「惣菜亭®」は、17/3 期にパッケ ージ変更、賞味期限延長、及びだし汁にこだわったリニューアル効果に加え、新たな使い道やメニュー提案に取り組んだ成果も現れ た。この他、マヨネーズ・ドレッシング類では、低カロリー、低糖類、減塩を実現したノンオイルドレッシング「トリプルバランス」シリーズ 展開を 2016 年 10 月に開始しており、同シリーズは小型形態戦略も推進した。
Show more

14 Read more

野村資本市場研究所|米国リテール証券業における新しいビジネス・モデルの台頭-金融危機下で実質的な増収増益となったチャールズ・シュワブ-(PDF)

野村資本市場研究所|米国リテール証券業における新しいビジネス・モデルの台頭-金融危機下で実質的な増収増益となったチャールズ・シュワブ-(PDF)

かつてネット証券最大手として名を馳せたチャールズ・シュワブは、取引を頻繁に行う アクティブ・トレーダーから取引手数料を主要収入する体質から IT バブル崩壊後は 一転して、メリル・リンチ以上に残高手数料に連動する収入比率を高めてきた(図表 16)。ただし同社場合は個人やいわば零細業者である RIA に対し、著名資産運用会社 投資信託数千本売買これを一元管理できるプラットフォーム(投資信託スーパー マーケット呼ばれる)を提供してきたこと、残高手数料収入拡大につながっている。 このスーパーマーケットを介して最終顧客投資信託を購入した場合、彼らは基本的に販 売手数料を支払う必要なく、資産運用会社チャールズ・シュワブに対して、いわば 「棚貸し料」として、残高一定料率を支払う仕組みなっているである。したがって、 チャールズ・シュワブにとっては投資信託預かり資産拡大すれば、収入拡大する仕 組みなっているである。
Show more

22 Read more

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現

第 1 四半期の売上収益は 1,677 億円となり 前年からプラス 6.5% 102 億円の増収となりました 売上収益における為替の影響は 前年 で約マイナス 9 億円でしたので ほぼ影響はありませんでした 事業セグメント利益は 175 億円となり 前年から 26 億円の減益となりました 在庫未実現

全体では売上増減・構成差影響ほぼオフセットされ、プラス1億円なりました。 価格変動したことによる利益へマイナス12億円影響です、⼤半P&S事業におけるものです。 プリンティング市場環境は安定しております、中期戦略で注⼒しているSMB市場向けについては、欧州を中⼼に ⼤⼝案件増えており、その影響価格変動マイナスというかたちで出てきております。
Show more

14 Read more

大幅な増益となった 前年度の税金の追加支払い ( 特定費用準備資金の積立額の税務処理につき税務署との解釈の相違によるもの )103 百万円も含め 最終利益は 225 百万円となり 予算との対比では 2 年連続で増収 増益となった 収入予算に対する増加の要因は ワールドグランドチャンピオンズカップでの

大幅な増益となった 前年度の税金の追加支払い ( 特定費用準備資金の積立額の税務処理につき税務署との解釈の相違によるもの )103 百万円も含め 最終利益は 225 百万円となり 予算との対比では 2 年連続で増収 増益となった 収入予算に対する増加の要因は ワールドグランドチャンピオンズカップでの

(7)体育館床板剥離による負傷事故について 2017 年 6 月に本会召集した男子ジュニア U21 合宿参加中大学生選手床板剥離による負傷事故 発生した。過去にも同様負傷事故発生しており、関係各所には注意喚起を行い、「危機管理基本マ ニュアル」を作成するなど防止策を講じていた、この事故を受け、あらたに「アリーナ(体育館)木床使用 におけるハンドブック」を作成し、本会ホームページにバナーを設けるとともに、都道府県バレーボール協会、 全国連盟にも注意を呼びかけ、事故防止事故後速やかな対処をお願いした。
Show more

9 Read more

産業分野事業の第 4 四半期利益は 12% 増の 49 億ドルとなりました 同事業の全部門で 2 四半期連続増益となり 7 部門のうち 5 部門で 2 桁増益を達成しました また当四半期 同事業の全部門で利益率が改善し 産業分野事業全体で前年同期比 120 ベーシスポイント増となりました 第 4 四

産業分野事業の第 4 四半期利益は 12% 増の 49 億ドルとなりました 同事業の全部門で 2 四半期連続増益となり 7 部門のうち 5 部門で 2 桁増益を達成しました また当四半期 同事業の全部門で利益率が改善し 産業分野事業全体で前年同期比 120 ベーシスポイント増となりました 第 4 四

第4四半期インフラストラクチャー事業受注価格は0.5%上昇し、同事業6部門うち、オ イル&ガス、エナジーマネジメント、アビエーション、トランスポテーションを含む4部門で 設備・機器受注高2桁成長なりました。GE は当四半期、 ブラジル石油公社Petrobrasか ら4億ドル規模ターボマシナリーを受注しました。また、シェブロン社 Lianzi海底油田プ ロジェクトにおける石油生産設備2億ドル受注、およびブラジルRenova Energia社GE製 1.68-82.5型風力タービン230基に関する4億ドル規模契約締結を発表しました。また、CFM インターナショナル(GE仏スネクマ社折半出資による合弁会社)は、アラスカ航空から 過去最高規模なるボーイング737新造機50機分CFM製エンジン購入確約を得たことを発 表しました。
Show more

14 Read more

記載例1-1-1 法務省:「株主リスト」が登記の添付書面となりました

記載例1-1-1 法務省:「株主リスト」が登記の添付書面となりました

 当該決議事項につき議決権を行使することできた全て株主議決権を意味し,株主 総会に出席せず,又は議決権を行使しなかった株主分も含みます。  株主氏名等は,株主総会へ出席や議決権行使有無にかかわらず,記載してくだ さい。

2 Read more

記載例Aー1 法務省:「株主リスト」が登記の添付書面となりました

記載例Aー1 法務省:「株主リスト」が登記の添付書面となりました

←株主総会等年月日を記載してください ←全議案又は対象なる議案を記載してください。  総株主等同意を要する場合は,記載不要です。 自己株式等議決 権を有しない株式は 記載しません。

1 Read more

Show all 10000 documents...