1. はじめに 1.1. 試験会場登録のメリット 弊社提供試験の試験会場として認定されると 以下のメリットがあります 受験者来校による新規顧客の獲得 実施資格試験サイトへ認定試験会場として掲載することによる認知度向上 実施委託手数料収入が得られること 契約形態に応じた各種割引受験料の適用 試験実施数

全文

(1)

このたびは、株式会社オデッセイ コミュニケーションズ提供試験実施会場登録にご関心を賜り、誠にありが とうございます。 弊社では、受験者の皆様に提供試験を安心してご受験いただくため、公正かつ高品質な試験を提供し、資格 試験としての信頼性を確保することを目指しております。 提供試験実施会場の登録にあたっては、本書「A 会場登録のご案内」を十分にご理解いただき、会場登録申 込条件を満たしていることをご確認のうえお申込みください。弊社では、上述の理念に基づいて厳正に審査を 行ない、後日 審査結果をお知らせいたします。 なお、ご提出いただきました書類は、理由の如何にかかわらず返却いたしませんので予めご了承ください。 本書記載の内容は、今後予告なく変更される場合があります。また本書は当月のみ有効で、毎月 1 日更新で す。会場登録申請の際は、最新の資料をご確認いただきますようお願いいたします。 <㈱オデッセイコミュニケーションズ提供実施会場登録についてのお問い合わせ先> 〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ 会場登録担当宛 TEL 03-5293-1163(月曜~金曜 9:00~18:00) E-mail mail@odyssey-com.co.jp 目次 1. はじめに ... 2 1.1. 試験会場登録のメリット ... 2 1.2. 実施委託手数料について ... 2 1.3. 会場登録をするには ... 3 1.4. 試験の実施形態と実施対象者について ... 4 2. 申込から試験実施までの流れ ... 5 3. 試験会場登録に必要な条件 ... 6 3.1. 試験会場として登録するための前提条件 ... 6 3.2. 試験官の条件 ... 8 3.3. 技術担当者の条件 ... 9 3.4. 試験環境に必要な条件 ... 10 4. 提出書類 ... 13 5. 審査および結果通知... 16 6. 年間登録料 ... 16 7. 契約上のご注意 ... 16 8. 試験官登録のための準備 ... 17 8.1. 受験者 ID(Certiport ID)の登録 ... 17 8.2. Proctor 登録 ... 17 8.3. Odyssey ID の登録 ... 19 8.4. デジタル認定証の送信 ... 21 9. 提供中の試験一覧(受験料・実施委託手数料) ... 22 10. プロクター契約(日本語訳) ... 28 ※ Microsoft、Excel、PowerPoint、Access、Outlook は、米国およびその他の国における登録商標または商標です。また、その他、 記載の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

A 「会場登録のご案内」

2018 年 12 月版 申込期限:2018 年 12 月 20 日 17:00 必着 最短契約日:2019 年 3 月 1 日

(2)

1. はじめに

1.1. 試験会場登録のメリット

弊社提供試験の試験会場として認定されると、以下のメリットがあります。 • 受験者来校による新規顧客の獲得 • 実施資格試験サイトへ認定試験会場として掲載することによる認知度向上 • 実施委託手数料収入が得られること • 契約形態に応じた各種割引受験料の適用 • 試験実施数に応じた各種表彰制度 • 試験会場専用ロゴマーク、各試験ロゴマークの利用、ポスター・チラシなどの販促ツールの無償提供 • 弊社主催イベント・セミナーへのご招待

1.2. 実施委託手数料について

現在提供中の試験について、弊社よりお支払いする実施委託手数料の一覧です。 各試験の科目・受験料など、詳細は「9.提供中の試験一覧(受験料・実施委託手数料)」をご覧ください。 ※受験チケットを利用した試験の場合、委託手数料が減額となります。ご了承ください。 試験 バージョン・レベル・科目 1 テストあたりの実施委託手数料 税抜価格 (税込価格) MOS MOS 2010 スペシャリスト ¥1,500 (税込¥1,620) エキスパート ¥2,000 (税込¥2,160) MOS 2013 学割 ¥1,000 (税込¥1,080) 学割以外 ¥1,500 (税込¥1,620) MOS 2016 スペシャリスト 一般 ¥1,500 (税込¥1,620) スペシャリスト 学割 ¥1,000 (税込¥1,080) エキスパート 一般 ¥2,000 (税込¥2,160) エキスパート 学割 ¥1,500 (税込¥1,620) MTA 一般 ¥1,500 (税込¥1,620) 学割 ¥1,000 (税込¥1,080) IC3 GS4 ・ GS5 1 科目 ¥1,000 (税込¥1,080) 3 科目一括受験 ¥3,000 (税込¥3,240) (学割)1 科目 ¥1,000(税込 ¥1,080) VBA エキスパート 全科目共通 ¥1,500 (税込¥1,620) ACA 全科目共通 ¥1,500 (税込¥1,620) コン検 エントリー・オペレーター ¥1,000 (税込¥1,080) スーパーバイザー ¥1,200 (税込¥1,296) Rails 全科目共通 ¥1,000 (税込¥1,080) リユース検定 全科目共通 ¥1,000 (税込¥1,080) ビジネス統計 全科目共通 ¥1,000 (税込¥1,080) 統計検定 3 級 ¥1,000 (税込¥1,080) 2 級 ¥1,200 (税込¥1,296) Python Python 3 エンジニア認定基礎試験 ¥1,000 (税込¥1,080)

(3)

1.3. 会場登録をするには

試験会場登録の条件と提出書類の概略です。詳細については本書各ページをご確認ください。 概 要 と 締 切 日 (12 月版) 本書詳細ページ 条件 法人格の安定した経営母体であること 試験を滞りなく実施できるマシン環境・システムの構築 試験官・技術担当者の設置 ほか 「3.試験会場登録に 必要な条件」 提出書類 ・B 提供試験実施会場登録申込書エクセル ・C 登録マシンデータファイル ・会場地図 ・会場写真 6 種 ・見取図 2 種 ・スクール案内 ・法人登記簿謄本 ・デジタル認定証 2018 年 12 月 20 日 17:00 必着 「4.提出書類」 登録料 初年度登録料 ¥100,000 (税込¥108,000) 2019 年 2 月 14 日 15:00 までに入金 「6.年間登録料」

(4)

1.4. 試験の実施形態と実施対象者について

試験会場として登録後、受験者の募集、受験料の徴収などを貴校で行っていただきます。この試験実施形態を 「随時試験」と称します。 また MOS には、弊社が受験者を募集する「全国一斉試験」という形態があります。 試験の実施対象者については、自校の受講生のみに限定するか、広く外部受験者を受け入れるかによって、 マシン条件や公式サイトの掲載可否などが異なります。 1.4.1. 随時試験と全国一斉試験 提供試験には、「随時試験」と「全国一斉試験」の 2 つの実施形態があります。  随時試験 • 試験日程の設定、受験者の募集・受付、受験料の徴収を試験会場にて行う試験を「随時試験」と称し ます。 • 試験日程については、全国一斉試験の当日、年末年始、その他弊社が特別に指定した日には随時 試験を実施できません。  MOS 全国一斉試験 • 弊社にて試験日程を設定し、受験者の募集を行なう試験を「全国一斉試験」と称します。 • 随時試験実施の実績がある試験会場に、全国一斉試験へのご参加を依頼しております。(ご参加を 強制することはありません。また、参加を希望されても、地域や会場の規模などにより、ご参加いただ けない場合がございます。) • MOS 以外の試験は、全国一斉試験を実施していません。 • 全国一斉試験の日程は「マイクロソフト オフィス スペシャリスト公式サイト」「会場サポートサイト」に て公開しています。 1.4.2. 試験実施対象者の選択 申込時に試験実施対象者の選択をしていただきます。なお、以下の選択は、契約後に随時変更が可能です。  自校の受講生および外部受験者 (公開試験会場) • 全国一斉試験への参加が可能 • 各公式サイトへの会場情報の掲載が可能(無料) • ノート PC の試験実施マシン登録は不可(ただし外部モニタ・キーボード・マウスを付ける場合は可)  自校の受講生のみ (非公開の試験会場) • 自校(自社)の受講生や、自校の関連会社・関連団体の従業員(派遣社員を含む)を対象に試験を実 施。※社内研修など非営利目的で試験を実施する場合 • 一般外部受験者の受け入れは不可(自校の受講生に限定) • 各公式サイトへの会場情報の掲載は不可 • ノート PC の試験実施マシン登録が可能

(5)

2. 申込から試験実施までの流れ

* Odyssey CBT を同時契約する場合は上記「契約書」に「Odyssey CBT 配信試験実施委託に関する覚書」を 含みます。 契約日は審査月の翌々月 1 日となります。(2019 年 3 月 1 日) 契約期間は、契約日から 1 年間となります。(2019 年 3 月 1 日~2020 年 2 月 29 日) ・B ㈱オデッセイコミュニケーション ズ提供試験実施会場登録申込書 ・C 登録マシンデータファイル ・会場地図 ・写真 6 種 ・見取図 2 種 ・スクール案内 ・法人登記簿謄本 ・試験官のデジタル認定証 年間登録料¥100,000(税込¥108,000) 12 月 27 日(申込締切後 7 日前後) 1 月 8 日頃まで (審査結果受領後 3 営業日内) 12 月 20 日(木)17:00 締切 ※締切日 17:00 までに弊社へ到着した お申込が 12 月版の審査対象となります。 毎月 1 日以降 1 月中旬 試験マシンのセットアップほか、試験 環境の構築後に受験者募集を始めて ください。 (送付先) 〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ 会場登録担当宛 TEL 03-5293-1163 入金期限 2 月 14 日 15:00 注意!期限内にご入金がない場合、講習会に ご参加いただけません 2 月 15 日頃 (講習会参加日の 1 週間前) 2 月 22 日(契約前月) Odyssey CBT システムをインストールし テスト受験(試験実施日までに要合格) 申込書類のダウンロード 申込書類提出 【Mail・郵送】 審査結果・契約内容確認受領 【Mail】 登録料振込み 試験実施・受験者募集 契約内容返信 【Mail】 「契約書」2 部*、「登録料請求書」受領 【郵送】 試験会場講習会案内受領 【Mail】 試験担当者向け講習会参加 ① 受付時:捺印済み契約書 2 部 提出 ② 講習会終了時:契約書 1 部・会場 ID/パスワード受領 ※日付は 12 月版お申込の目安となる日付です。 試験担当者:弊社提供「試験運営テスト」受験・合格 契 約 締 結

(6)

3. 試験会場登録に必要な条件

試験会場としてご登録いただくには、本項目記載の以下各条件を申込時点で満たしている必要があります。 1. 試験会場として登録するための前提条件 2. 試験官の条件 3. 技術担当者の条件 4. 試験環境に必要な条件 各条件の詳細については以下各項目でご確認ください。 「D (株)オデッセイコミュニケーションズ提供試験実施会場登録申込書類の FAQ」もあわせてご覧ください。

3.1. 試験会場として登録するための前提条件

(1) 現住所において 3 か月以上の安定した経営実績がある 例)スクール開校日が 1 月 10 日の場合、4 月以降の申込が可能 (2) 経営母体が法人であり、法人登記後 3 か月以上の安定した経営実績がある (3) 試験実施に適切な環境を確保できる • 事務所内での話し声、受験待機者や講義中の声が聞こえないこと • ショッピングモール、家電量販店など複合施設に入居の場合は、他テナントの騒音や館内放送など が聞こえないこと • 試験画面が第三者から見えないこと(モニタ中央位置から隣のモニタ中央位置まで約 1.2m 以上あけ ていただくことが望ましい。間隔が狭い場合は、パーティションを設置または 1 列あけていただく。) • キーボード、ディスプレイ、マウス操作のスペースに余裕があること • 待機スペースを受験者に提供できること (4) 試験会場に固定電話を所持している (携帯電話などの移動電話は不可) (5) インターネット常時接続の環境がある • HTTP(80 ポート)および HTTPS(443 ポート)で、双方向通信を確立できること • 安定した通信環境を確保できるならば、有線、無線どちらでも可 (6) 固有の電子メールアドレスを所持している • フランチャイズ校等で同一のメールアドレスの使用は不可 • フリーのメールアドレスは不可 • 個人用のメールアドレスでないことが望ましい • 担当者が複数いる場合は全員が確認できる共有のアドレス登録が必要 (7) 使用するすべてのソフトウェアを適正な方法で入手していること、第 3 者利用が可能なライセンスが付与さ れていること • 適正と認められない行為(経営母体である法人が運営する他のスクール等による行為を含む)が判 明した場合、会場として登録いただけません。 参考 Odyssey CBT の各試験を実施する場合は、以下に同意いただく必要があります。 • Odyssey CBT 上で配信される全ての試験を実施すること • Odyssey CBT 公式サイト試験会場検索ページへの試験会場名・住所・連絡先の公開

(7)

参考 同一法人で 2 校目以降の契約の場合、以下の条件を満たせば、開校後、3 か月を経過していなく ても申込みいただけます。 • 同一法人の 1 校目のご契約開始日から 3 か月以上が経過している • 過去に重大なトラブルを起こしていないと当社が認める • 申込書類が全て提出できる 例)スクール開校日 1 月 10 日の場合、同一法人 2 校目の契約なら、1 月版の締切までに申込し、 4 月 1 日契約開始とすることが可能。

(8)

3.2. 試験官の条件

 全試験官共通の条件 1. 試験会場に常駐していること(他の試験会場との試験官兼任は不可) 2. 弊社とスムーズに連絡がとれること 3. 試験時には必ず立ち会っていただくこと  各試験の試験官条件 取得している資格 担当可能な試験 その他設定 講習会参加 試験運営テスト MOS2016 いずれか 1 科目 取得  Word 2016  Word 2016 Expert  Excel 2016  Excel 2016 Expert  Access 2016  PowerPoint 2016  Outlook 2016 MOS 2016 MOS 2013 MOS 2010 ① 左記資格を取得したこ とのわかる「デジタル認 定証」を弊社まで送信 すること ② 試験官の受験者 ID に Proctor 登録をするこ と 「8.試験官登録の為の準 備」参照 ① 「試験担当者向け講習会」 に参加すること (新規契約時のみ) ・毎月下旬 東京で開催 ・不定期で地方開催あり (お問い合わせください) ② 講習会参加後、 参加日より 1 ヶ月以内、 または初回試験日までに 弊社が定める試験運営に ついての確認テスト 「試験運営テスト」に合格 すること (※合格確認後に試験官 権限の設定、試験申し込 み可能となります) MOS 2013 いずれか 1 科目 取得  Word 2013

 Word 2013 Expert Part 1  Word 2013 Expert Part 2  Excel 2013

 Excel 2013 Expert Part 1  Excel 2013 Expert Part 2  Access 2013

 PowerPoint 2013  Outlook 2013

MOS 2013 MOS 2010

Word 2010 Expert と Excel 2010

Expert の計2科目取得 MOS 2010 MOS、IC3、VBA エキスパート、ACA の いずれか 1 つの資格を取得済 VBA エキスパート IC3 ACA 資格不要 MTA 受験者 ID の登録 受験者 ID の Proctor 登 録 資格不要 コン検 Rails リユース検定 ビジネス統計 統計検定 Python Odyssey ID の登録 「8.試験官登録の為の準 備」 参照

(9)

3.3. 技術担当者の条件

技術担当者とは、試験マシンのセットアップ等の作業を担当する方のことを指します。 試験資格の取得、試験運営テストの合格は不要ですが、1 会場につき 1 名以上の登録、受験者 ID の登録が 必須になります。 なお、試験官との兼任が可能です。 「受験者 ID の登録」: https://www.odyssey-com.co.jp/id/id_touroku.html 受験者 ID の登録方法は、上記サイトページ下部の PDF もしくは下記リンクをご確認ください。 受験をしない場合は「資格認定プログラムの登録」は不要です。 「受験者 ID の登録方法」: https://www.odyssey-com.co.jp/id/guide_1.pdf 重要! MOS 試験官は、自動的に MTA 試験官としても登録されますのでご了承ください。 MTA の試験実施にご協力お願い申し上げます。 注意1 別会場で半年以内に試験官登録実績がある場合は、「試験担当者向け講習会参加」は免除となります。 注意2 講習会参加者から他の試験官に講習内容をレクチャーできる場合は、講習会参加者が 1 名のみでも認定可能です。 注意3 一部の学校法人については条件が異なる場合があります。詳しくは会場登録担当までお問い合わせください。 重要! 試験官は自身が所属している会場では、受験することができません。 ※試験運営テストは可 巻末「10. プロクター契約(日本語訳)」をご確認ください。 ※複数名の試験官登録を推奨します。

(10)

3.4. 試験環境に必要な条件

実施試験や試験マシンを登録するには、本章記載の環境を満たす必要があります。 3.4.1. 試験システムと試験実施の基本環境 試験システム Console 8 Odyssey CBT 試験 MOS 2016 MOS 2013 MOS 2010 MTA ACA IC3 VBA エキスパート コン検 Rails リユース検定 ビジネス統計 統計検定 Python 必須 プログラム Console 8 (契約後に提供するシステムです) .Net Framework Odyssey CBT (契約後に提供するシステムです) .Net Framework その他の ソフトウェア Internet Explorer 11 Adobe Acrobat Reader DC

Adobe Flash Player(現在リリースされているバージョン)

試験の種類 解像度 その他条件 解像度 モニタサイズ MOS2016、MOS2013、 ビジネス統計 1280×1024 以上  外付けモニタ 17 インチ以上で左記解像度を満 たすもの  ノート PC 15 インチ以上で左記解像度を満 たすもの ACA 1152×864 以上 上記以外の試験 1024×768 以上 全試験共通 キーボード JIS 配列 日本語キーボード (106 以上) マウス ボールまたは、光学式 2 ボタン以上 プリンタ 各試験マシンから 300dpi 以上の A4 サイズで印刷可能なこと (ローカル接続・LAN 接続、モノクロ・カラーは問わない) 通信 インターネット常時接続 HTTP(80 ポート)および HTTPS(443 ポート)で、双方向通信を確立 マシン台数 2 台(試験実施マシン 1 台、予備マシン 1 台)以上 OS アカウント OS 管理者(Administrator)権限で、試験システムのインストールと試験を実施 重要! 本章記載の内容は、今後 予告なく変更される場合もありますのでご了承ください。 契約後、試験準備の際は最新のマニュアルをご確認ください。 重要! MOS 試験会場は、自動的に MTA の試験会場としても登録されますのでご了承ください。 MTA の試験実施にご協力お願い申し上げます。

(11)

マシン形態 デスクトップ PC 推奨 • ノート PC を使用する場合は、ノート PC に外部モニタ、キーボード、マウスを接続 • 外部受験者の受入れをせず、自校生向けの講座・授業を全てノート PC で実施してい る場合には、ノート PC の登録が可能。モニタ解像度条件にご注意ください。 3.4.2. 試験別 必要なマシン環境 シス

テム 試験の種類 Windows OS CPU RAM

C o ns ole 8 MOS 2016 MOS 2013 MTA ACA IC3 VBA エキスパート

10Pro(Windows 10 Pro for Workstation を除く) 32 / 64 ビット版対応 デスクトップパソコン用の マルチコアプロセッサ Windows エクスペリエンス インデッ クス 4.5 以上(6 以上推 奨) 2GB 以上 (推奨 4GB 以上) 8.1 Pro(Update 1 対応) 32 / 64 ビット版対応 MOS 2013 MOS 2010 MTA ACA IC3 VBA エキスパート 7 Professional(SP1) 32 / 64 ビット版対応 8.1 Pro(Update 1 対応) 32 / 64 ビット版対応 O dy ss ey C B T コン検 Rails リユース検定 ビジネス統計 統計検定 Python 7 Professional(SP1) 32 / 64 ビット版対応 8.1 Pro(Update 1 対応) 32 / 64 ビット版対応 10 Pro(Windows 10 Pro for Workstation を除く) 32 / 64 ビット版対応 3.4.3. 試験環境構築時の注意事項【重要】 • 試験に関係のないプログラムがインストールされていると、試験中にトラブルが発生する可能性があ ります。試験に使用するマシンは、試験専用としての利用を推奨します。講座など他の目的で使用す る場合は、OS レベルでのブート分けを推奨します。 • OS ブート分け、環境イメージ配信、プロキシ、ファイアウォール、UTM 機器ご利用の場合は、事前に お問合せください。 • シンクライアント、ヴァーチャル PC などローカル起動していない環境はサポートしていません。ご利用 を希望の場合はお問い合わせください。

重要! Windows 10 は April 2018 Update(Version 1803)に対応しています。

重要! Windows 10 LTSB ・ Windows10 Pro for Workstation はご利用いただけません。

重要! 試験マシンにインストールする OS、Office 製品は、第三者の利用が認められている Rental Rights(レンタルライツ)対象の正規ライセンスをご用意ください。

(12)

• 試験マシンの CPU は推奨スペック以上の CPU であれば使用可能です。ただし、スペックを満たして いても、マシンの総合的なパフォーマンスが低いため、最新のシステムのご準備をおすすめします。 • RAM は、搭載が 2GB 以上でも VRAM 共有で表示が 2GB 以下の場合は試験実施できません。 • ウイルス対策ソフトはサポートしていません。インストールされているウイルス対策ソフトによっては、 試験システムが正しく動作しないことがあります。その場合は、リアルタイムスキャンの停止、ソフトウ ェアのアンインストールが必要な場合があります。 • 富士ゼロックス社 beat を使用されている場合は、別途設定が必要な場合があります。事前にご相談 ください。 • 試験を実施する PC は、キーボードやディスプレイの間隔を十分に確保してください。 重要! 試験環境を作成する場合の HDD 設定容量は 100GB 以上必要です。 データ空き容量は Windows・Office のインストール後で MOS のみの実施であれば 10GB 以上、 他試験も実施の場合は 15GB 以上必要です。 3.4.4. MOS を実施するマシン環境の注意事項 • 試験を実施するには、Windows が C ドライブから起動している必要があります。

• Microsoft Office と試験システム(Console8)は、C ドライブにインストールされている必要がありま す。 • マイドキュメントは既定の場所に設定されている必要があります。 • 試験中は、解答状況をファイルに保存しています。PC を再起動すると状態が初期化されるようなツ ール(HDD KEEPER・瞬快等)を使用している場合、試験時には再起動してもファイルが残るように、 必ず保護モードの解除または、更新モードに設定を変更する必要があります。 • サービスパック(SP)以外の更新プログラムはインストールできません。(自動更新を無効に設定する 必要があります。) • Windows と Office がストレスなく起動する PC をご用意ください。古い PC の場合、スペックを満たし ていても全体的に反応が遅い場合がありますので、最近のシステムをご使用ください。 • 試験に使用するモニタは、実施するすべての試験の必要解像度を満たすことが可能なモニタをご用 意ください。 3.4.5. MOS で利用できる Office のエディション MOS 利用可能なエディション

2016 Microsoft Office Professional Plus 2016 (16.0.4266.1001 対応) 32 ビット版のみ

Microsoft Office Professional 2016 (16.0.7571.2109 対応) 32 ビット版のみ

2013 Microsoft Office Professional Plus 2013 (SP1 対応)32 ビット版のみ

Microsoft Office Professional 2013 (15.0.4569.1507 対応)32 ビット版のみ

2010 Microsoft Office Professional Plus 2010(SP2 対応)32 ビット版のみ

Microsoft Office Professional 2010 (SP2 対応)32 ビット版のみ  Office 製品に関する注意事項

• Upgrade 版の Office を使用する場合は、旧バージョンの Office がインストールされていないクリーン な状態から、新規インストールしてください。

• 複数バージョンの MOS を同一パーティションで実行することはできません。Office のバージョンごと に OS を起動できる専用の試験環境が必要となります。

• MOS は、指定のエディションのみ使用が可能です。Office Personal、Office Home and Business、 Office Standard などにアプリケーションを追加しても試験は実施できません。

• すべてのアプリケーションを完全インストールする必要があります。Word と Excel だけインストールし た環境などでは試験を実施できません。

(13)

4. 提出書類

申込には下記の書類および資料の準備が必要です。申込条件を満たしていることをご確認のうえ、提出書類 ①~③を指定の方法でご提出ください。提出順序は問いません。 4.1.1. 提出書類①(電子メールで送信)

B

㈱オデッセイコミュニケーションズ提供試験実施会場登録申込書 • 必ず申込月の「A 会場登録のご案内」(本書)および申込書「B ㈱オデッセイコミュニケーションズ提 供試験実施会場登録申込書」をダウンロードしてご利用ください。申込条件および申込書は予告無し に変更する場合があります。 • 申込書の入力は Microsoft Excel を使用してください。手書きの申込書や送付書類に不備・漏れがあ る場合は審査を致しかねます。 • 電子メール添付送信前に、入力内容を必ずご確認ください。 • 別紙「D (株)オデッセイ コミュニケーションズ提供試験実施会場登録申込書類の FAQ」に記入例を ご案内しております。あわせてご覧ください。

C

登録マシンデータファイル (C MachineCheck.xlsm で作成するファイル) マシンスペックの確認と、試験システムに影響するプログラムの有無を確認するためのものですので、 ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 • 「C MachineCheck.xlsm」を試験用に登録するマシンの任意の場所に保存し、「マシンチェック開 始」ボタンを押してください。自動でそのマシンのプログラムやスペック情報を読み込み、実行結果を 反映した別ファイル「登録マシンデータファイル」を作成します。 • 「登録マシンデータファイル」の赤文字の項目は B 申込書[6.マシン情報]シートに転記してください。 • 登録するマシンが複数の種類ある場合は、それぞれのマシンで実行します。 • 「登録マシンデータファイル」は、B 申込書とともにメール提出してください。 • ※マクロ実行時、「試験会場 ID」の入力欄には「999999」を入力してください。 ※PC 登録番号には、任意の番号を登録してください。 例:登録する PC が異なる機種で 3 種類ある場合は、1、2、3 と順に番号を登録して実行してください。 【提出書類① メール送信先】 ・「B ㈱オデッセイコミュニケーションズ提供試験実施会場登録申込書」 ・「C 登録マシンデータファイル」 上記 2 点を添付し、下記テンプレートで弊社へメールを送信してください。 容量が大きくて送信できない場合は、メールを分けて送信してください。 宛先: mail@odyssey-com.co.jp 件名: 新規会場登録申込書(12 月版)/登録マシンデータファイ ル 本文: (1)法人名: (2)PC スクール名または部署名: (3)担当者名: (4)連絡先電話番号:

(14)

4.1.2. 提出書類②(原本等を送付) 別紙「D (株)オデッセイ コミュニケーションズ提供試験実施会場登録申込書類の FAQ」に書類例をご案内し ております。あわせてご覧ください。 1. 会場地図(A4 サイズ) • 最寄り駅から会場までの道順を示す地図をご用意ください 2. 写真 6 種 ※申込時点の現況を表し、かつ画像が鮮明なもの ① 建物全体の外観、およびスクール名称の分かる看板等、数枚 ② 建物入口、およびスクール入口が分かるもの、数枚 ③ 登録するマシンの本体・モニタ・キーボードのアップ写真(機種の異なるものがある場合は全機種に ついて撮影すること。マシン本体は機種名と型番が確認できること) ※ノート PC を本体として使用する場合は、外付けモニタ・キーボード・マウスの取り付けが必要 です。設置した状態の写真をご提出ください。 ※学内生や受講生向けの試験で、講座・授業なども全てノート PC で実施していて、ノート PC の みでの試験を希望される場合には、外部受験者の受入れをしない会場に限り、登録が可能で す。 ④ 登録するマシン全台の設置状況および設置間隔が確認できるもの ⑤ 教室全体の様子が分かるもの(4 方向すべてについて確認できること) (④と兼ねても可) ⑥ 受験者待機スペース 3. 見取図 2 種 ① スクール全体:試験実施教室・受験者待機スペース・トイレ・非常口・エレベーターの位置を記入 (ビルに入居の場合はフロア全体の見取図) ② マシン配置図:試験実施教室内のマシンの配置図 4. 会社(団体)の法人の履歴事項全部証明書(法人登記簿謄本) • 管轄登記所等にて、登録申込締切日前 3 か月以内に取得した履歴事項全部証明書(コピー不可) 5. スクール紹介パンフレットまたは会社案内 • スクールの概要および開講講座が分かるもの、実際に受講者の募集に使用した広告等。または、会 社案内資料(テスティングサービス事業の場合は受験者募集に使用した書類) 【提出書類② 郵送先】 下記住所へ、書類を送付してください。なお、1~3 の書類については、提出書類①とともにメール添付でもかま いません。 〒100-0005 東京都千代田区丸の内 3-3-1 新東京ビル 株式会社 オデッセイ コミュニケーションズ 会場登録担当宛 TEL 03-5293-1163

(15)

4.1.3. 提出書類③(Web サイトより送信) 試験官のデジタル認定証 試験の種類 試験官のデジタル認定証 MOS VBA エキスパート IC3 ACA 「デジタル認定証」の送信によって取得資格の証明が必要  取得資格条件: 「3.2.試験官の条件」参照  送信方法: 「8.4.デジタル認定証の送信」参照

 Certiport Web Portal サイト(https://www.certiport.com)のツールを使 用  メール送信先:mail@odyssey-com.co.jp 宛て MTA コン検 Rails リユース検定 ビジネス統計 統計検定 Python 試験 取得資格の条件なし デジタル認定証の送信は不要

(16)

5. 審査および結果通知

申込締切り後、申込内容(予想試験数などの提供試験に関する記載内容や試験環境全般)を総合的に審査し ます。締切り後、約 7 営業日で審査結果を申込書記載の電子メールアドレス宛にお知らせします。 内容確認の返信をいただいた後、契約書と登録料請求書をお送りします。 審査通過後の申込取消はできません。また、審査内容についてのお問い合わせには、お答えできかねます。 あらかじめご了承ください。

6. 年間登録料

審査通過後、提供試験実施会場としてご登録いただくには、初年度登録時に年間登録料 100,000 円(税込 108,000 円)をお振込みいただきます。期限内に登録料のご入金がない場合、試験会場講習会にご参加いた だけませんので、ご注意ください。 翌年度以降は、契約更新時に 20,000 円(税込 21,600 円)を頂戴します。 ただし、初年度の試験実施数(弊社提供試験 全て合計して) 100 テスト以上の場合は、初年度登録料 100,000 円(税込 108,000 円)を返金いたします。また、契約更新時に過去 1 年間の試験実施数が 100 テスト 以上の場合は、翌年度分の年間登録料 20,000 円(税込 21,600 円)の支払いが免除されます。

7. 契約上のご注意

以下に該当した場合には、提供試験実施委託契約を解除する場合があります。あらかじめご了承ください。 • 提供試験実施委託契約を締結しなければ知りえない情報を第三者へ開示した場合 (Web サイトやパンフレットへ受験者の合格率を掲載することも上記に該当します。 ただし、講座やセミナーなど、弊社提供の試験運営とは関係のない営業活動において受講者の承諾 のもとに提供試験の合否結果を確認し、それらのデータを取り扱う場合には適用外となります) • 提供試験登録申込の内容に虚偽があった場合 重要 年間登録料は、実施する試験の種類にかかわらず一律です。(弊社提供の全試験を実施する場 合も上記金額となります)

(17)

8. 試験官登録のための準備

8.1. 受験者 ID(Certiport ID)の登録

MOS、MTA、IC3、VBA エキスパート、ACA の各試験を実施する場合、試験官の受験者 ID(Certiport ID)を 管理用 ID として使用します。 受験者 ID をお持ちでない方は、下記サイトから受験者登録を行い、受験者 ID を登録してください。受験者 ID 登録後、「8.2.Proctor 登録」を行ってください。 「受験者 ID の登録」: https://www.odyssey-com.co.jp/id/id_touroku.html 受験者 ID の登録方法は、上記サイトページ下部の PDF もしくは下記リンクをご確認ください。 その ID で受験をする場合には「資格認定プログラムの登録」を行ってください。 「受験者 ID の登録方法」: https://www.odyssey-com.co.jp/id/guide_1.pdf 「資格認定プログラムの登録方法(MOS、MTA)」:https://www.odyssey-com.co.jp/id/guide_2.pdf 他

8.2. Proctor 登録

MOS、MTA、IC3、VBA エキスパート、ACA の試験官として登録する場合は、自身の受験者 ID に対して Proctor 登録を行なう必要があります。お申込み前に、あらかじめ Proctor 登録を済ませてください。 (上記 「8.1 受験者 ID の登録」の注意もご参照ください。)

① 受験者 ID とパスワードで Certiport Web Portal サイト(https://www.certiport.com)にログイン 注意! 試験開始時に、試験官が受験者 ID を入力するシステムのため、受験者 ID を個人のメールアドレ スで登録するのはお控えください。 すでに受験者 ID をお持ちの場合、試験官認証用に新しい ID を登録し申請することもできます。 新しい ID は受験履歴が無くても問題ありません。 注意 1 巻末「10. プロクター契約(日本語訳)」を必ずご確認ください。 注意 2 試験官として登録する方ご自身で以下の作業を行ってください。 注意 3 Odyssey CBT 専任の試験官の方は以下の登録は必要ありません。次章「Odyssey ID の登録」へ お進みください。

(18)

[デジタル認定証]ページが表示されたら、右上 の[登録情報]リンクをクリック ② 登録情報ページが表示されたら、[利用者権限] タブをクリック ③ [利用者権限]タブにある[プロクターとして登録] リンクをクリック Proctor 契約書が表示される

④ Adobe Reader が起動し、Proctor Agreement が 表示される [Accept]ボタン([同意]ボタン)をクリック ⑤ [Proctor Agreement]のウィンドウが閉じ、[利 用者権限]タブに戻るので、プロクターとしての登 録が完了していることを確認 右下の[終了]ボタンをクリックすると、デジタル認 定証ページへ戻る 重要! 巻末に「10. プロクター契約(日本語訳)」を 掲載しています。 同意前に必ずご確認ください。

(19)

8.3. Odyssey ID の登録

Odyssey CBT の試験官として登録する方と、試験運営テストを受験する方は、Odyssey ID を登録してください。 申込前に、あらかじめ Odyssey ID 登録をお済ませください。 ① Web ブラウザを起動し、Odyssey CBT 公式サイト 「https://cbt.odyssey-com.co.jp」へアクセスし [Odyssey ID の登録]をクリック ② メールアドレスを入力して、「入力内容の確認」ボタ ンをクリック ③ 入力したメールアドレスを確認して[送信]ボタンを クリック 入力したメールアドレス宛てに、24 時間有効な Odyssey ID 登録用の URL が送信される ④ 「下記メールアドレスへ受講者登録用の URL をお 送りしました。」というメッセージが表示される ⑤ メールを確認し、記載されている URL から、登録サ イトへアクセス 注意! Odyssey CBT を実施しない場合、試験運営テストを受験しない場合、以下の作業は必要ありません。

(20)

⑥ 「個人情報の利用目的」ページが表示されたら、内 容を確認し、[同意する]ボタンをクリック ⑦ 画像に表示されている文字を入力して、[次へ]ボ タンをクリック ⑧ 受験者情報の入力画面が表示される 情報を入力して、「登録」ボタンをクリック ⑨ 内容を確認後、[完了]ボタンをクリック ⑩ 登録完了画面が表示される ⑪ 登録メールアドレスに送信された完了メールを確認 以上で登録作業は終了です。登録した ID、パスワードは 忘れないよう、ご自身で保管してください。

(21)

8.4. デジタル認定証の送信

試 験 官 と し て 登 録 す る 方 は 、 Certiport web portal の 「 認 定 証 の 送 信 」 機 能 を 使 っ て 、 弊 社 (mail@odyssey-com.co.jp)へデジタル認定証(合格認定証)をメール送信してください。

① 受験者 ID とパスワードで Certiport Web Portal サイト(https://www.certiport.com)にログイン ② 「表示モード:」で「公開用」を選択して、「認定証の 送信」ボタンをクリック ③ 認定証の送信画面が表示されたら、 電子メールアドレス欄に弊社メールアドレス 「mail@odyssey-com.co.jp」を、連絡事項欄に 「スクール名」と「試験官名」を入力して、「送信」 ボタンをクリック ④ 「送信が完了しました」というページが表示されたら 「閉じる」ボタンで終了 注意! MTA、Odyssey CBT 専任の試験官の方は、以下の作業は必要ありません。 注意! 受験履歴のある受験者 ID と、試験官認証 用の受験者 ID が異なる場合は、受験履歴 のある ID でログインして以下の作業を行ってく ださい。 「公開用」を選択 「認定証の送信」ボタン をクリック

(22)

9. 提供中の試験一覧(受験料・実施委託手数料)

弊社の現在提供中の試験一覧です。実施委託手数料とは、弊社から貴校にお支払する手数料になります。 通常、試験料をお振込みいただく際に、予め実施委託手数料を差し引いた金額でお振込みいただいております。

9.1.1. Microsoft Office Specialist(マイクロソフトオフィススペシャリスト 略称 MOS)

上段:税抜価格 (下段:税込価格) バージ ョン レベル 科目 一般価格 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 Office 2010 スペシャ リスト

Microsoft Office Word 2010

¥9,800 (¥10,584) ¥1,500 (¥1,620) ¥8,300 (¥8,964) Microsoft Office Excel 2010

Microsoft Office Access 2010 Microsoft Office PowerPoint 2010 Microsoft Office Outlook 2010 エキスパ

ート

Microsoft Office Word 2010 Expert ¥11,800 (¥12,744)

¥2,000 (¥2,160)

¥9,800 (¥10,584) Microsoft Office Excel 2010 Expert

Office 2013

スペシャ リスト

Microsoft Office Word 2013

¥9,800 (¥10,584) ¥1,500 (¥1,620) ¥8,300 (¥8,964) Microsoft Office Excel 2013

Microsoft Office Access 2013 Microsoft Office PowerPoint 2013 Microsoft Office Outlook 2013

エキスパ ート

Microsoft Office Word 2013 Expert Part1 Microsoft Office Word 2013 Expert Part2 Microsoft Office Excel 2013 Expert Part1 Microsoft Office Excel 2013 Expert Part2

Office 2013 学割 価格 スペシャ リスト

(学割)Microsoft Office Word 2013

¥7,800 (¥8,424) ¥1,000 (¥1,080) ¥6,800 (¥7,344) (学割)Microsoft Office Excel 2013

(学割)Microsoft Office Access 2013 (学割)Microsoft Office PowerPoint 2013 (学割)Microsoft Office Outlook 2013 エキスパ

ート

(学割)Microsoft Office Word 2013 Expert Part1 (学割)Microsoft Office Word 2013 Expert Part2 (学割)Microsoft Office Excel 2013 Expert Part1 (学割)Microsoft Office Excel 2013 Expert Part2 注意 1 試験毎の見積書・請求書のご対応はしておりません。

(23)

バージ ョン レベル 科目 一般価格 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 Office 2016 スペシャ リスト

Microsoft Office Word 2016

¥9,800 (¥10,584) ¥1,500 (¥1,620) ¥8,300 (¥8,964) Microsoft Office Excel 2016

Microsoft Office Access 2016 Microsoft Office PowerPoint 2016 Microsoft Office Outlook 2016 エキスパ

ート

Microsoft Office Word 2016 Expert ¥11,800 (¥12,744)

¥2,000 (¥2,160)

¥9,800 (¥10,584) Microsoft Office Excel 2016 Expert

Office 2016 学割 価格 スペシャ リスト

(学割)Microsoft Office Word 2016

¥7,800 (¥8,424) ¥1,000 (¥1,080) ¥6,800 (¥7,344) (学割)Microsoft Office Excel 2016

(学割)Microsoft Office Access 2016 (学割)Microsoft Office PowerPoint 2016 (学割)Microsoft Office Outlook 2016 エキスパ

ート

(学割)Microsoft Office Word 2016 Expert ¥9,800 (¥10,584)

¥1,500 (¥1,620)

¥8,300 (¥8,964) (学割)Microsoft Office Excel 2016 Expert

※ MOS 試験会場は、自動的に MTA の試験会場としても登録されます。MTA 実施にご協力お願いします。 重要!

MOS 2013、MOS2016 学割価格について

 学割対象となる試験・・・MOS 2013、MOS2016 全科目(MOS 2010 は対象外)

 学割対象となる受験者・・・試験当日に小学校、中学校、高等学校、短期大学、大学、大学 院、高等専門学校、専修学校、専門学校そのほか当社の認める学校に在籍する児童・生徒・ 学生の方

(24)

9.1.2. Microsoft Technology Associate(マイクロソフトテクノロジーアソシエイト 略称 MTA) 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 システム管理 者向け

Windows Operating System Fundamentals Windows オペレーティングシステムの基礎 学割 ¥7,000 (¥7,560) 一般 ¥12,000 (¥12,960) 学割 ¥1,000 (¥1,080) 一般 ¥1,500 (¥1,620) 学割 ¥6,000 (¥6,480) 一般 ¥10,500 (¥11,340) Windows Server Administration Fundamentals

Windows サーバー管理の基礎 Networking Fundamentals ネットワークの基礎 Security Fundamentals セキュリティの基礎 データベース 開 発 /管理者 向け

Database Administration Fundamentals データベースの基本事項

開発者向け

Software Development Fundamentals ソフトウェア開発に関する基本事項 Mobility and Devices Fundamentals Windows テクノロジの基礎

Cloud Fundamentals クラウドの基礎

HTML5 Application Development Fundamentals HTML5 アプリケーション開発に関する基本事項 ※ 学割は、学生と教職員が対象です。

※ MOS 試験会場は、自動的に MTA の試験会場としても登録されます。MTA 実施にご協力お願い致します。

9.1.3. IC3 (アイシースリー Internet and Computing Core Certification)

上段:税抜価格 (下段:税込価格) バージョン 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 グローバル スタンダード 4 (GS4) グローバル スタンダード 5 (GS5) コンピューティング ファンダメンタルズ GS4・GS5 ¥5,000 (¥5,400) ¥1,000 (¥1,080) ¥4,000 (¥4,320) キー アプリケーションズ GS4・GS5 リビング オンライン GS4・GS5 3 科目一括受験 GS4・GS5 (¥14,580) ¥13,500 (¥3,240) ¥3,000 (¥11,340) ¥10,500 (学割)コンピューティング ファンダメンタルズ GS4・ GS5 ¥4,000 (¥4,320) ¥1,000 (¥1,080) ¥3,000 (¥3,240) (学割)キー アプリケーションズ GS4・GS5 (学割)リビング オンライン GS4・GS5 ※ (学割)は、学生のみ対象です。 ※ 3 科目一括受験は、同日内で IC3 3 科目を受験する場合の割引受験料です。

(25)

9.1.4. VBA エキスパート 上段:税抜価格 (下段:税込価格) レベル 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 ベーシック

Excel VBA Basic ¥12,000 (¥12,960)

¥1,500 (¥1,620)

¥10,500 (¥11,340) Access VBA Basic

(割引)Excel VBA Basic ¥10,800 (¥11,664)

¥1,500 (¥1,620)

¥9,300 (¥10,044) (割引)Access VBA Basic

スタンダード

Excel VBA Standard ¥13,500 (¥14,580)

¥1,500 (¥1,620)

¥12,000 (¥12,960) Access VBA Standard

(割引)Excel VBA Standard ¥12,200 (¥13,176)

¥1,500 (¥1,620)

¥10,700 (¥11,556) (割引)Access VBA Standard

※ (割引)は、試験の申し込み時点で、MOS、IC3、VBA エキスパート、コン検の資格を取得している受験者が 対象です。ただし MOS 2013 Expert や IC3 の場合、単科目合格は対象外となります。

9.1.5. Adobe Certified Associate(アドビ認定アソシエイト 略称 ACA)

上段:税抜価格 (下段:税込価格)

科目 受験料 実施委託 手数料

弊社への 支払料金

Visual Communication using Photoshop CS6 ・CC2015( Adobe Photoshop CS6、CC を使用した ビジュアルコミュニケーション) ¥9,800 (¥10,584) ¥1,500 (¥1,620) ¥8,300 (¥8,964) Graphic Design & Illustration Using Adobe Illustrator CC2015

(Adobe Illustrator を使用したグラフィックデザインおよびイラストレー ション) 9.1.6. コンタクトセンター検定試験(略称 コン検) 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 エントリー資格 (¥3,780) ¥3,500 (¥1,080) ¥1,000 (¥2,700) ¥2,500 オペレーター資格 (¥7,560) ¥7,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥6,480) ¥6,000 スーパーバイザー資格 (¥8,640) ¥8,000 (¥1,296) ¥1,200 (¥7,344) ¥6,800 (会員)エントリー資格 (¥3,402) ¥3,150 (¥1,080) ¥1,000 (¥2,322) ¥2,150 (会員)オペレーター資格 (¥6,804) ¥6,300 (¥1,080) ¥1,000 (¥5,724) ¥5,300 (会員)スーパーバイザー資格 ¥7,200 (¥7,776) ¥1,200 (¥1,296) ¥6,000 (¥6,480) ※ (会員)は、日本コンタクトセンター教育検定協会の会員企業が対象です。

(26)

9.1.7. ビジネス統計スペシャリスト 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 エクセル分析スペシャリスト (¥10,584) ¥9,800 (¥1,080) ¥1,000 (¥9,504) ¥8,800 (割引)エクセル分析スペシャリスト (¥8,640) ¥8,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥7,560) ¥7,000 エクセル分析ベーシック (¥6,480) ¥6,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥5,400) ¥5,000 (割引)エクセル分析ベーシック (¥4,320) ¥4,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥3,240) ¥3,000 ※ (割引)は、試験の申し込み時点で、学生の方、もしくは MOS、IC3、VBA エキスパート、コン検、ビジネス統 計スペシャリストの資格をひとつでも取得している受験者が対象です。 ただし MOS 2013 Expert や IC3 の場合、単科目合格は対象外となります。

9.1.8. 統計検定 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 統計検定 3 級 (¥6,000) ¥5,556 (¥1,080) ¥1,000 (¥4,920) ¥4,556 (学割)統計検定 3 級 (¥4,000) ¥3,704 (¥1,080) ¥1,000 (¥2,970) ¥2,704 統計検定 2 級 (¥7,000) ¥6,482 (¥1,296) ¥1,200 (¥5,704) ¥5,282 (学割)統計検定 2 級 (¥5,000) ¥4,630 (¥1,296) ¥1,200 (¥3,704) ¥3,430 ※ (学割)は、学生のみ対象です。 9.1.9. Rails 技術者認定試験 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 Rails 3 技術者認定ブロンズ試験 (¥10,800) ¥10,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥9,720) ¥9,000 (学割)Rails 3 技術者認定ブロンズ試験 (¥5,400) ¥5,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥4,320) ¥4,000 Rails 4 技術者認定シルバー試験 (¥12,960) ¥12,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥11,880) ¥11,000 Rails 4 技術者認定ブロンズ試験 (¥10,800) ¥10,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥9,720) ¥9,000 (学割)Rails 4 技術者認定ブロンズ試験 (¥5,400) ¥5,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥4,320) ¥4,000 ※ (学割)は、学生と教員が対象です。

(27)

9.1.10. リユース検定 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 リユース営業士 (¥5,400) ¥5,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥4,320) ¥4,000 ※ リユース営業士は、日本リユース業協会が定める期間のみ実施可能です。 9.1.11. Python エンジニア認定試験 上段:税抜価格 (下段:税込価格) 科目 受験料 実施委託 手数料 弊社への 支払料金 Python 3 エンジニア認定基礎試験 (¥10,800) ¥10,000 (¥1,080) ¥1,000 (¥9,720) ¥9,000 (学割)Python 3 エンジニア認定基礎試験 ¥5,000 (¥5,400) ¥1,000 (¥1,080) ¥4,000 (¥4,320) ※(学割)は学生と教職員が対象です。

(28)

10. プロクター契約(日本語訳)

(本書はCertiport Inc,の英文契約書「PROCTOR AGREEMENT」の参考訳であり、英文契約書が正式文書となります。本書 と英文契約書の内容に齟齬がある場合は、英文契約書が適用されます。)

試験官契約書

この試験官契約書は、アメリカ合衆国デラウェア州の法の下に組織された Certiport Inc,(以下「Certiport」)と ○○○○ (○○○○は、試験官氏名とする。以下「試験官」) の両当事者間で締結されるものである。 氏名: ○○○○ Certiport は、教育・評価・試験・資格認定プログラムの独立プロバイダーである。

Certiport は、これ以降「Certiport 認定試験会場」で参照する Certiport 認定試験会場、および指定エンドユーザー のために試験を管理し、本契約書に示されたその他の職務を履行するために試験官を使用する。Certiport の資格 認定および試験プログラムの完全性および有効性は、Certiport の任務、ならびに試験および資格認定実施の信頼 性の根幹を成すものである。このプロセスの完全性を確保するため、試験官の認定について慎重に検討する。試験 官として認定された場合、Certiport の代表として試験プロセスに対する責任を負い、また下記の項目に対しての責 任を負う。 従って、試験官は以下に同意する: 1 受験者の試験中における試験環境および試験セッションの安全性を確保する 2 静かで明るい、騒音や気が散るものがない、および試験官の監視が可能な範囲内の場所の提供と管理 3 Certiport 認定試験会場においてのみ、Certiport プログラムおよび試験を監督 4 試験プロセスでの制限時間厳守、および許可された承認資料(明記されている場合)のみの使用を確認 5 受験者側での不当な行為があった場合もしくは試験プロセスが侵害されたことが判明した場合、試験を中断す る、試験資料を没収する、および速やかに Certiport 888-222-7890 へ連絡する (日本においては、㈱ オデッセイ コミュニケーションズ(0120-350-912)へ連絡する) 6 試験中に受験者が試験問題もしくは解答の内容を含む試験のコピーもしくはメモが使用されていないことを監 視することを含む、試験中の受験者の監督

7 試験官は、Certiport により Certiport 認定試験官として承認され、Certiport および Certiport の資格認定ならび に試験パートナーのために試験官として行動するにあたって示された基準を満たす 8 試験官は、試験資料を機密文書として取り扱い、安全に保管する 9 試験官は、各試験の間、学生から適度な距離を保たなければならない 10 試験官はさらに、試験監督を行なう受験者に対し独立公正を保ち、試験官と受験者の間に直接的な雇用関係 がないことに同意する 11 試験官は、本契約書および前述のガイドラインに違反していることが判明した場合、本試験官契約の終了事由 となること、および試験官が将来の Certiport 認定プログラムを指導できなくなる危険性があることを理解し、な らびに試験官に対して法的措置が取られる可能性があることを理解する 12 試験官として、私は上述の必要事項に従った試験監督としての責務の実行を理解し、同意する 13 期間:本契約書は、Certiport が定める期間有効であり、Certiport が定める期間は書面もしくは電子通信により 試験官へ連絡される Certiport は、試験官の本人確認をする、または適任性確認のため追加で証明の提出を要求することがある。また Certiport は、試験官任命の最終決定権を留保する。本試験官契約は、Certiport が任意に、またはいかなる時点に おいても試験官が関連する全ての当事者へ宛てる書面もしくは電子通信により終了することができる。 以上

Updating...

参照