手法: コンポーネントを複製する

Top PDF 手法: コンポーネントを複製する:

コンポーネントの再利用を実現した次世代フレームワーク 楽々FrameworkⅡ

コンポーネントの再利用を実現した次世代フレームワーク 楽々FrameworkⅡ

 T字形ER手法 によるデータベース設計の属人性の排除  楽々 Framework II によるコーディング量の削減と 実質的なコーディングの標準化  文書管理(構成管理)+品質管理+定量管理 ツールの自社開発

31 さらに読み込む

本実験では 複製された DNA や転写された RNA を個々の細胞で可視化して細胞核の 機能と細胞周期の制御を理解すること 及び 染色体標本の作成により染色体の構造 多様性 分配機構について理解することを目的とする 実習の流れ 第一回実習説明 複製された DNA 複製の検出と観察 第二回染色体標本の

本実験では 複製された DNA や転写された RNA を個々の細胞で可視化して細胞核の 機能と細胞周期の制御を理解すること 及び 染色体標本の作成により染色体の構造 多様性 分配機構について理解することを目的とする 実習の流れ 第一回実習説明 複製された DNA 複製の検出と観察 第二回染色体標本の

II.染色体標品の作成と観察 高等真核生物の細胞が分裂するとき、核膜が崩壊して凝縮した染色体が出現する。生細 胞では、個々の染色体区別するのは困難であるが、細胞低張液で処理してから染色 体標本調製することで、染色体の形状や数解析することが可能となる(Tjio and Levan, Hereditas, 42, 1-6, 1956)。その際、微小管の脱重合阻害するコルセミドや コルヒチンなどの処理により染色体分配阻害することで、分裂前中期の細胞の割合 増やし、かつ、コンパクトに凝縮した染色体調製することができる。ゲノム解析が発 達した現在においても、染色体異常の検査などに用いられるなど、染色体標本の作製は 重要な手法となっている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Webコンポーネントのカスタマイズ入門

Webコンポーネントのカスタマイズ入門

 この VCL for the Web 活用するこ とで、Web 開発に馴染みの薄い開発者 であっても、使い慣れた Delphi/400 用いて、容易に Web アプリケーション 作成することが可能になるだろう。   本 稿 で は、Delphi/400 使 用 し た Web アプリケーション開発のバリエー ションさらに広げていただけるよう、 特にコンポーネントのカスタマイズ手法 について取り上げ、くわしく紹介する。 2.カスタムコンポーネント
さらに見せる

10 さらに読み込む

最小分散制御をベンチマークとする手法

最小分散制御をベンチマークとする手法

½º½º 最小分散制御に基づく制御性能評価:基礎と問題点 京都大学 丸田 浩,加納 学    緒言 高い品質の維持,環境負荷低減,コスト削減など,経済のグローバル化背景に,生産活動に突き付けられ る要求は際限なく厳しくなってきている.このような時代の要請に応えるためには,生産プラントの能力最 大限に引き出すような運転実現しなければならず,制御系の性能高く維持することが最低限必要である. しかし,一般的な生産プラントには非常に多数の制御ループが存在し,どの制御ループがプラント全体の運転 効率向上へのボトルネックであるか見極めることは大変困難である.また,銘柄やロードの変更,触媒の劣 化など多種多様な要因によってプラントの状態は時々刻々と変化するため,一度調整したコントローラであっ てもその制御性能が劣化している場合も少なくない.このため,改善必要とする制御ループ検出する目的 で,各制御系の性能評価できるシステマティックかつ実用的な手法が必要である.
さらに見せる

11 さらに読み込む

常時接続可能な APIC-EM ラボの DevNet Sandbox は次の URL から利用できます : SSL 証明書を必ず受け入れるようにしてください Git Repo を複製する o コーディングスキルのサンプルコードを複製します

常時接続可能な APIC-EM ラボの DevNet Sandbox は次の URL から利用できます : SSL 証明書を必ず受け入れるようにしてください Git Repo を複製する o コーディングスキルのサンプルコードを複製します

このサンプル コード実行するには、次のようにします。 1. ターミナル開き、ステップ 1 で作成した DevNetCode\<your-name> という名前のディレクトリに移動します。 o ステップ 1 の「前提条件」の項では、ソース コード ファイル Git リポジトリからこのディレクトリに複製 しました。作成したディレクトリに、サブディレクトリ coding-skills-sample-code が確認できるはずです。 このサブディレクトリがない場合は、ステップ 1 の前提条件の項に戻り、手順に従ってディレクトリ作成 し、Git リポジトリ複製します。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Qsys コンポーネントの作成

Qsys コンポーネントの作成

■ カスタム component 定義する SystemVerilog ファイル、Verilog HDL ファイルまたは VHDL ファイル。 _hw.tcl ファイルは、Qsys が必要とするシミュレーションと制約ファイル含むコン ポーネントのデザイン・ファイルの名前と場所に関するあらゆるもの定義します。 Component Editor はコンポーネントの作成簡素化し、コンポーネント自動的に _hw.tcl 形式で保存します。 手動でコンポーネント編集するとき、これらの Tcl ファ イルテンプレートとして使用することができます。以前に保存した _hw.tcl ファイ ル編集するときは、Qsys は自動的に以前のバージョン _hw.tcl~ としてバック アップします。
さらに見せる

19 さらに読み込む

コンポーネント・インタフェースTclリファレンス

コンポーネント・インタフェースTclリファレンス

デフォルト動作の変更 Elaboration 実行時に削除できません。次の例に、Avalon-MM スレーブ・ インタフェース、USE_STATUS_INTERFACE パラメータに基づいてオプ ションでコンポーネントのインスタンスに配置する方法示します。 また Elaboration コールバックは、コンポーネントで使用されるファイ ルの更新にも使用できます。例えば、あるパラメータが TRUE のときに HDL ファイルインクルードしたい場合などで使用します。Elaboration コールバックで追加されたファイルは、ファイルの本体に追加される ファイルに加えられます。
さらに見せる

32 さらに読み込む

無断複製転載を禁ず本報告書をコピー等で複製 掲載することは 一般社団法人建築設備技術者協会および執筆者 ( 著作権者 ) の許諾なしにはできません

無断複製転載を禁ず本報告書をコピー等で複製 掲載することは 一般社団法人建築設備技術者協会および執筆者 ( 著作権者 ) の許諾なしにはできません

16 配管設備の被災位置の割合図-19 に示す。屋上が 17%、建物内が 69%となっている。 図-19 空調配管設備の被災位置の割合 空調関連機器の被害事例は 58 例あり、被害回答中の約 40%占めていた。なお、このうち機器 本体の被害は 32 例、床固定の被害は 10 例、吊支持関連の被害は 9 例であった。室内機や天井パ ネルの脱落や吊支持部の破損などが多く、冷却塔落し込み水槽の破損などの回答があった。天井パ ネルの内、ビルトインカセット型のパネルの脱落は顕著である。室内機や FCU などの脱落につい ては、2014 年版の日本建築センター「建築設備耐震設計・施工指針」で推奨されている振れ止めの 有無については不明である。冷却塔関連の被害は、機器で 8 例、冷却水配管で 7 例ある。特に冷 却水配管と本体接続部の破損例が多く、屋上配管の固定方法の不備が要因であると想定される。 空調配管の被害事例は 48 例あり、被害回答中の約 33%占めていた。ドレン配管が 8 例、室内 機やファンコイル廻りの配管が 8 例、加湿配管が 2 例となっている。比較的小口径の配管被害が 多い。
さらに見せる

32 さらに読み込む

環境コミュニケーションを支援するインターネット環境情報システムの分析手法に関する基礎的研究

環境コミュニケーションを支援するインターネット環境情報システムの分析手法に関する基礎的研究

博士号授与年月日:平成 20 年(2008 年)3 月 21 日 論文の要旨 本論文は,環境コミュニケーション支援するインターネット環境情報システム(ITEI システム)構築し最適化するための方法論の確立目指すものである.まず,環境コミ ュニケーションは基本的に,「環境情報共有」と「対話・環境情報交換」,「ソーシャルネッ トワーク構築」の 3 つのフェーズによって構成され,各フェーズが互いに関連しあいなが らもそれぞれが独立した目的持ち進行していくものである.一方,これら環境コミュニ ケーションの各フェーズ支援するものとしてインターネットが注目されているが,環境 コミュニケーション支援する ITEI システムの構築および改善のための方法論はいまだ確 立されておらず,そもそも,環境情報共有とソーシャルネットワーク構築の両フェーズに おいては,システムの現状把握するための分析手法がないため,総合的な評価おこな うことが困難な状況となっている.
さらに見せる

2 さらに読み込む

知的財産関連人材育成を促進するための手法に関する調査研究

知的財産関連人材育成を促進するための手法に関する調査研究

中 略 第 の 、 い わ ゆ る 資 格 ・ 検 定 ・ 認 定 の 活 用 に つ い て 、 こ れ ら の 設 立 検 討 す で あ ろ う こ れ 種 類 の の 想 定 さ れ る 一 つ 目 、 知 的 財 産 の 保 護 ・ 権 利 化 に 関 わ る 関 連 人 材 の 資 格 で あ る 今 後 プ ロ ネ ェ ッ ク ョ ナ ル 質 的 ヤ ベ ル の 担 保 、 そ れ 証 す る こ と に よ る 流 動 性 の 確 保 、 そ て 良 い 人 材 こ の 分 に 誘 導 す る 誘 因 と て 、 資 格 大 意 味 持 つ 例 え I P パ ラ リ ヴ イ ル あ る い 知 財 業 務 管 理 司 、 I P サ ヴ チ ャ ヴ あ る い 知 財 情 報 検 索 司 、 I P ト ラ ン ス ヤ ヴ タ あ る い 知 財 翻 訳 司 等 と い た の 必 要 と る 既 に 、 こ の 周 辺 で 民 間 設 立 の 検 定 や 資 格 出 始 め て い る 、 そ れ ら と 重 複 す る こ と 避 け る で あ る た 、 既 存 の の 含 め 、 こ れ ら の 質 的 ヤ ベ ル の 担 保 公 的 に 確 認 す る こ と 必 要 と る で あ ろ う い れ に よ 、 こ れ ら の 資 格 や 認 定 ・ 検 定 の 類 、 学 習 意 欲 促 進 主 眼 に す で あ り 、 そ の 検 定 対 象 人 材 広 る こ と 知 財 民 度 向 上 に 資 す る で あ る
さらに見せる

181 さらに読み込む

情報連携を実現するモデルベース手法のためのUML/SysMLについて

情報連携を実現するモデルベース手法のためのUML/SysMLについて

ブロック(情報の種類) プロパティ(情報の要素) ポート(要素つなぐ部分) コネクター(要素の関係) ポートで情報のやり取りがされ る場合、情報の流れる方向 矢印で図示する

55 さらに読み込む

XSIコンポーネントについて

XSIコンポーネントについて

End If DeleteObj "Scene_Root.Filename_param" 説明: SI_AddProp コマンドと SIAddCustomParameterコマンド は、XS の持つカスタムパ ラメータ(Animate > Create > Parameter > New Custom Parameter Set と New Custom Parameter) で、使用されます。ここでは、Scene_Rootノードの真下にFilename_paramプロ パティ持つカスタムパラメータプロパティページ作成しています。 SetValueコマンドにて、 デフォルト値与え SIAddCustomParameterの引数でデフォルト値与える方法もあり
さらに見せる

11 さらに読み込む

Contents 1. SOA とコンポーネントの事例 2. コンポーネントベースモデリングの背景 3. コンポーネントベースモデリングの事例 4. プロジェクト推進のポイント

Contents 1. SOA とコンポーネントの事例 2. コンポーネントベースモデリングの背景 3. コンポーネントベースモデリングの事例 4. プロジェクト推進のポイント

シーケンス図 複数のオブジェクト間のメッセージの流れ時間軸中心で表現できる パッケージ図 クラスなどグルーピングして表現できる 複合構造図 全体-部分構造もつクラスの実行時の構造示す コミュニケーション図 インスタンス間の相互作用構造中心に表現する インタラクション・

41 さらに読み込む

Product Catalog 精密 RF マイクロ波コンポーネント 高周波コンポーネントのリーディングカンパニー

Product Catalog 精密 RF マイクロ波コンポーネント 高周波コンポーネントのリーディングカンパニー

完成されたファミリ  1 つまたは複数の K コネクタアイテムで、あらゆるインタフェース のニーズが満たされます。K コネクタラーンチャには 6 つの異なる モデルがあります。スパークプラグ(ねじ込 み)ラーンチャは K102F-R メス型と K102M-R オス型の 2 つです。両方とも、マイ クロ波回路囲むハウジングにねじ込みます。他のラーンチャと 同様、交換や修理の際は、ガラスビーズとビーズのマイクロ波回 路へのインタフェースのはんだ外さずに簡単に取り外せます。  マイクロ波回路囲むハウジングに、ねじ込みラーンチャ支 持するだけの十分な厚さがない場合は、フラッシュ実装(フランジ) ラーンチャが必要です。取付け穴が 2 つ付いたモデルが、オスメ ス両方用意されています(K103M-R と K103F-R)。残り 2 つのモ デル、K104M-R と K104F-R には取付け穴が 4 つあり、取付け 穴の間隔は類似の SMAフランジラーンチャと同一です。もちろん、 グラスビーズ・インタフェースにはスパークプラグ・ラーンチャと同 じ設計が採用されています。
さらに見せる

74 さらに読み込む

目次 1 はじめに 製品に含まれるコンポーネント 動作環境... 4 オペレーティング システム... 4 Microsoft Visual Studio* 製品 製品のダウンロード 製品版をインストールする場合 評価版を

目次 1 はじめに 製品に含まれるコンポーネント 動作環境... 4 オペレーティング システム... 4 Microsoft Visual Studio* 製品 製品のダウンロード 製品版をインストールする場合 評価版を

インストール前に下記のコンポーネントインストールします。  Microsoft® Windows® 10 SDK https://developer.microsoft.com/en-us/windows/downloads/windows-10-sdk 必要なソフトウェアがインストールされている場合には、Visual Studio* 2015 Shell はコンパイラーなどのコンポー ネントとあわせてインストールされます。

19 さらに読み込む

インストール ダウンロード Ignite UI SR ダウンロード リリースノート ID コンポーネント カテゴリ 説明 KnockoutJS KnockoutJS バインドを含むマスターグリッドに 3 階層目のレベルを追加する際にエラーが発生する問題 注 : KnockoutJS の

インストール ダウンロード Ignite UI SR ダウンロード リリースノート ID コンポーネント カテゴリ 説明 KnockoutJS KnockoutJS バインドを含むマスターグリッドに 3 階層目のレベルを追加する際にエラーが発生する問題 注 : KnockoutJS の

235686 igGrid (GroupBy) 機能改善 リモート GroupBy がリモート ページングで動作しない問題 (既知の問題)。 注: 既知の問題は修正されました。新しいオプションが igGridGroupBy - pagingMode に追加さ れました。グループ化された列が 1 つ以上ある場合、ページングの適用方法指定します。デフォ ルトですべての表示レコード (データ レコードおよびメタデータ グループ化レコード) がページ処理に 含まれます。この場合、ケース pagingMode は allRecords に設定されます。このオプションで 可能なその他の値は dataRecordsOnly です。設定した場合、ページ処理にデータ レコードの みが含まれます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Microsoft Word - コミックの読み返しを支援する手動・自動によるタギング手法_ _version5.docx

Microsoft Word - コミックの読み返しを支援する手動・自動によるタギング手法_ _version5.docx

こ れ ら の 結 果 か ら , 予 備 実 験 に お い て コ ミ ッ ク ロ グ と し て 付 与 さ れ る 傾 向 が あ る の は ,1 回目 読ん だとき に 面 白 い と 感 じ る ペ ー ジ は 絵 が 大 き く , ス ト ー リ ー 的 に も 面 白 い と い う わ か り や す い ペ ー ジ で , 2 回 目読ん だ と き は 絵 に 特 徴 は な い が ス ト ー リ ー 的 に 楽 し め る ペ ー ジ と な っ て い る こ と が わ か る . こ れ は , 再 読 に よ っ て 面 白 い と 感 じ る ペ ー ジ が 増 え て い る こ と 示 唆 し て い る . つ ま り , 1 回目 と 2 回目 読む際 に面 白い と感じ る ペ ー ジ が 違 う た め , 重 複 す る ペ ー ジ が 少 な い と 考 え ら れ , 重 複 す る と こ ろ は , そ の コ ミ ッ ク の 中 で も 特 に 面 白 く 重 要 な ペ ー ジ だ と 考 え ら れ る . こ の こ と よ り , 読 む た び に コ ミ ッ ク ロ グ 残 す こ と で , よ り 良 い イ ン デ ッ ク ス 構 築 可 能 と な る と 期 待 さ れ る . な お こ の 特 徴 に つ い て は , 今 後 本 実 験 に お い て 実 験 協 力 者 の 数 増 や し て い く こ と に よ っ て 検 証 し て い く 予 定 で あ る .
さらに見せる

7 さらに読み込む

ターを適用する 11 スケーリング ファクターは 内部格付手法に基づいて評価された信用リスクに係るリスク アセット金額に対して適用する C. 経過措置 45. 信用リスクについて内部格付手法を使用している銀行またはオペレーショナル リスクについて先進的計測手法 (AMA) を使用している銀行には 本

ターを適用する 11 スケーリング ファクターは 内部格付手法に基づいて評価された信用リスクに係るリスク アセット金額に対して適用する C. 経過措置 45. 信用リスクについて内部格付手法を使用している銀行またはオペレーショナル リスクについて先進的計測手法 (AMA) を使用している銀行には 本

(ⅷ) EAD の自行推計の要件 あらゆる資産クラスに対する基準 474. オン・バランスシート項目またはオフ・バランスシート項目についての EAD は、 債務者のデフォルト時の予想グロス・エクスポージャーと定義される。オン・バランス シート項目については、銀行は、基礎的内部格付手法で特定されているオン・バランス シート・ネッティングの効果認識すること前提として、現在の引出額以上の額で EAD 推計しなくてはならない。ネッティング効果認識するための最低要件は、基礎的内 部格付手法における最低要件と同じである。そのため、先進的内部格付手法による EAD の自行推計に関する追加的最低要件は、オフ・バランスシート項目(付属文書 4 に規定 される、銀行カウンターパーティ信用リスクに晒す取引除く)の EAD の推計に焦点 が当てられる。先進的内部格付手法採用する銀行は、オフ・バランスシート項目につ いての EAD の推計にあたって、確立した手続備えていなくてはならない。これらの手 続きは、各ファシリティのタイプ毎に用いる EAD の推計値特定していなくてはならな い。銀行が EAD 推計するにあたっては、デフォルト事由が発生するまで、および、そ の後に債務者が追加的引出行為行う可能性反映すべきである。EAD の推計がファシ リティのタイプによって異なる場合、それらのファシリティ明確にかつ曖昧さ残す ことなく説明できなくてはならない。
さらに見せる

210 さらに読み込む

Version 4.1 追補マニュアル 2017 ZOOM CORPORATION 本マニュアルの一部または全部を無断で複製 / 転載することを禁じます

Version 4.1 追補マニュアル 2017 ZOOM CORPORATION 本マニュアルの一部または全部を無断で複製 / 転載することを禁じます

・Ambisonic Mode のフォーマットが Off 以外の時に録音したファ イルは、通常の4チャンネルのポリファイルとしてではなく、アン ビソニック音源として再生されます。そのため、再生中は該当する トラックに対して Pan の調整や、Mute 行うことができません。

9 さらに読み込む

真空コンポーネント部品VACUUM COMPONENT

真空コンポーネント部品VACUUM COMPONENT

CF(Conflat Flang)規格製品はSUS304L標準に取り扱いしております。 CF規格の形状は真空側に彫られた尖ったミゾ(ナイフエッジ)に無酸素銅ガスケット入れ て相手のフランジと挟み込み、ボルトでフランジ締め込むことにより高い真空度保つこと ができます。

35 さらに読み込む

Show all 10000 documents...