性別 ・年 代別 に 見る

Top PDF 性別 ・年 代別 に 見る:

4 回答者の属性 (1) 性別 男性 % 女性 % 1 0.3% 計 % 0.3% 男性 44.1% 女性 55.6% () 年代別 0 歳代 5 7.% 30 歳代 % 40 歳代 84 4.% 50 歳代 % 60 歳代

4 回答者の属性 (1) 性別 男性 % 女性 % 1 0.3% 計 % 0.3% 男性 44.1% 女性 55.6% () 年代別 0 歳代 5 7.% 30 歳代 % 40 歳代 84 4.% 50 歳代 % 60 歳代

・県有体育館を大きな文化施設と隣接して建設すると集客もよいと思う。 ・仕事が忙しくて広報等を見る暇がない。 ・障がい者というくくりではなく、体の弱い人用のプログラムもあるとよい。 ・自分の住んでいる地域総合型地域スポーツクラブがあるかどうかも知らないのでPRしてほしい。 ・岐阜県はよく頑張っていると思う。

9 さらに読み込む

各質問項目の単純集計結果 設問 1. 性別 男性 女性 無回答 設問 2. 年齢 合計 ( 改 3) 代 代 代 代 代 1767

各質問項目の単純集計結果 設問 1. 性別 男性 女性 無回答 設問 2. 年齢 合計 ( 改 3) 代 代 代 代 代 1767

【設問6.歯科の保険の窓口負担は】 歯科の保険の窓口負担については、全体で 52.7%が「高い」と回答しており、 「適当」 (41.6%)と「安い」 (3.5%)を足した 45.1%を上回った。男性と女性で比較すると、 「高い」と回答した比率は女性(53.5%)が男性(51.4%)の比率を 2.1 ポイント上 回っている。年代見ると、10 ~40 までは年代が上がるごと「高い」と答え た比率が上がっているが、50 ~90 までは年代が上がるごと「適当」と回答した
さらに見せる

8 さらに読み込む

40 齋藤正浩 DJMS 疾患別分類症例数 性別 に基づいて行い,2003 年 ~2004 年 /2005 年の病理は 2005 年 WHO 分類にて再度見直した. 疾患別分類症例数は角化嚢胞性歯原性腫瘍が最も多く 22 例 (29.2%) であった ( 図 1). 次いで, エナメル上皮腫 16

40 齋藤正浩 DJMS 疾患別分類症例数 性別 に基づいて行い,2003 年 ~2004 年 /2005 年の病理は 2005 年 WHO 分類にて再度見直した. 疾患別分類症例数は角化嚢胞性歯原性腫瘍が最も多く 22 例 (29.2%) であった ( 図 1). 次いで, エナメル上皮腫 16

当科への受診・診断年齢は,30 歳ピークがある ものの,各年代層広く分布しており,従来の報告とほ ぼ一致していた 17) .角化嚢胞性歯原性腫瘍やエナメル 上皮腫の多くは下顎臼歯部発生しており,これらは智 歯歯胚や大臼歯歯胚からの発生であり,歯胚形成器発 生した腫瘍が緩徐大きくなり,数後あるいは十以 上たって診断されていると思われた.歯牙腫は 30 歳 以下多く,骨性異形成症は 40 歳以上多かった. 良性の歯原性腫瘍は顎骨内で発生し,緩徐増殖するた め,発生直後は無症状であり,発生してから受診・診断 までのタイムラグがある.最近,ほとんど開業歯科医院 はパノラマエックス線撮影装置を保有し,一般歯科治療 の診断でもルーチン撮影されており,以前比べると 偶然発見される頻度は上がっていると思われる.さらに 歯科用 CT も普及しており,今後,開業歯科医院で早期 発見される機会が増加すると思われた.
さらに見せる

7 さらに読み込む

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2015 年 11 月 9 日 ( 月 )~11 月 24 日 ( 火 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 488 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 32 女 性 62 合 計 代 代

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2015 年 11 月 9 日 ( 月 )~11 月 24 日 ( 火 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 488 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 32 女 性 62 合 計 代 代

6. 9 割以上の人が、少しでも「手書き」して年賀状を出す様子。手書きは、年賀状で 気持ちを伝える手段。手書き使う筆記具は「ボールペン」が多数。 年賀状を出す人に対して、<年賀状の手書き箇所の有無 6-①>について聞いたところ、95.1% の人が「手書き箇所がある」と答えました。「手書き箇所がある」と答えた人に対して、<年賀状を 手書きする理由 6-②>を聞いてみると、6 割以上の人が「気持ちが伝わる感じがする」(60.7%)を あげ、年賀状を機会、気持ちを伝えたいという思いが感じられます。その他の回答では、「手書 き箇所がないと DM のような感じがするから」(49.0%)、「自分が手書きの年賀状をもらうと嬉しい から」(37.2%)が続きました。年賀状を手書きする理由でも、手書きの年賀状をもらうとうれしいか らという結果が見られました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

調査結果調査結果の分析 [ 問 1] 性別 男 8 女 124 性別については 全体では 女性 の割合が全体の 55% で 男性 が 44% と若干女性の方が上回っていた [ 問 2] 年齢 60 代 代 代 代 2 20 代 16 年齢については 全体で 50

調査結果調査結果の分析 [ 問 1] 性別 男 8 女 124 性別については 全体では 女性 の割合が全体の 55% で 男性 が 44% と若干女性の方が上回っていた [ 問 2] 年齢 60 代 代 代 代 2 20 代 16 年齢については 全体で 50

[問 29] 国見町ではこれまで婚活イベントやシンポジュ-ムなどの開催してきましたがご存知でしたか。 「知らなかった」47%「知っていた」 、「参加したことがある」は52%と半数を占めていました。 [問 30] 国見町の婚活イベントについて、ご自由ご記入下さい。 良いと思う。今後も続けて欲しい 11 職場単位・学校単位での参加を促してみてはどうか 2 誰でも参加できるような場を作って欲しい 4 成立するようなイベントを実施して欲しい 2 もっと、町民知れ渡るようイベント回数を増やしては
さらに見せる

22 さらに読み込む

50 代のセカンドライフへの気持ち セカンドライフ ( 定年後の生活 ) に対する 期待指数 不安指数 準備指数 を 年齢別に見ると 54 歳 (50 代前半 ) までは紆余曲折 55 歳を超える (50 代後半 ) と 期待が徐々に高まるとともに 不安は減少傾向に向かっている 55 歳 が意識変化

50 代のセカンドライフへの気持ち セカンドライフ ( 定年後の生活 ) に対する 期待指数 不安指数 準備指数 を 年齢別に見ると 54 歳 (50 代前半 ) までは紆余曲折 55 歳を超える (50 代後半 ) と 期待が徐々に高まるとともに 不安は減少傾向に向かっている 55 歳 が意識変化

4 セカンドライフを迎える50の準備と期待 ■セカンドライフを迎えるにあたって必要な準備とは何かを尋ねたところ、60歳以降必要な資金や健康など “生きていくため必要な準備”加え、「現在の仕事の能力・スキル向上」「新しい仕事の能力・スキル 獲得」「資格」「社外の人的ネットワーク」など、いわば、“可能性の幅を拡げるための準備”も必要であ ると感じられている。これらの傾向は【ドリーマー】や【サバイバー】が他のグループを上回っており、現 状準備が足りていないとする層でこれらの準備の必要性が感じられている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

アンケート回答者属性 1) 年齢 性別 2) 住所 回答者数 男性 2 代以下 1 男性 3 代 3 男性 4 代 13 男性 代 18 男性 代 1 男性 7 代 1 男性 8 代以上 2 女性 2 代以下 1 女性 3 代 1 女性 4 代 28 女性 代 12 女性 代 1 女性 7 代 2

アンケート回答者属性 1) 年齢 性別 2) 住所 回答者数 男性 2 代以下 1 男性 3 代 3 男性 4 代 13 男性 代 18 男性 代 1 男性 7 代 1 男性 8 代以上 2 女性 2 代以下 1 女性 3 代 1 女性 4 代 28 女性 代 12 女性 代 1 女性 7 代 2

≪否定的な意見≫ ・自主財源比率が 100%を切っており、無駄な税金が使われている。一部の市民にとって はニーズを満たしていても、全体のニーズかなっていない事業が多すぎる。 ・財政難といいながらこんなに事業があるのはどうなのか? 自分史など自己満足の事 税金が使われているのは納得できない。コンサートも集約して開催したらどうか。 ・ターゲットの年齢が高すぎて、自分は関係のない事業ばかりである。
さらに見せる

12 さらに読み込む

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代

アンケート 実 施 概 要 調 査 期 間 : 2014 年 11 月 4 日 ( 火 )~11 月 14 日 ( 金 ) サンプル 数 ( 概 数 ) : 447 人 年 代 別 サンプル 比 : 年 齢 20 代 男 性 51 女 性 53 合 計 代 代

2. 半数以上がソーシャルメディアで新年の挨拶を予定。 「Facebook」「LINE」が 3 位以下を大きく引き離す 2 強体制。 コミュニケーションツールとして広く浸透しているメールやソーシャルメディアですが、<新年の 挨拶のソーシャルメディアの利用状況 2-①>について尋ねたところ、「利用する」と答えた人は、 52.1%達しました。年々、その数値は増加しています。住所がわからなくても新年の挨拶ができ、 一度多くの人とコミュニケーションを図ることができるソーシャルメディアでの新年の挨拶は、今 後も増加傾向となることが予想されます。また、日本郵便が LINE や twitter などで、住所がわから ないソーシャルメディア上の友人・知人年賀状を送れるサービスを行っており、年賀状とソーシ ャルメディアとのコラボレーションも見られます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

アンケート実施概要 調査期間 : 2016 年 11 月 4 日 ( 金 )~11 月 21 日 ( 月 ) サンプル数 ( 概数 ) : 418 人 年代別サンプル比 : 年齢 男性 女性 合計 20 代 代 代 代 27

アンケート実施概要 調査期間 : 2016 年 11 月 4 日 ( 金 )~11 月 21 日 ( 月 ) サンプル数 ( 概数 ) : 418 人 年代別サンプル比 : 年齢 男性 女性 合計 20 代 代 代 代 27

<年賀状を出す理由 1-②>は、「新年のあいさつとして」(77.0%)、「日頃の無沙汰」(44.1%)、 「世話なった人への儀礼」(36.0%)が上位なり、新年の挨拶はもちろん、日頃のお礼など 賀状を使っていることがわかります。一方、<年賀状の予定 1-①>で、年賀状を「出さない」と答 えた人<年賀状を出さない理由 1-②>を聞いてみると、「準備が面倒」(52.1%)、「メールで 用」(41.7%)、「SNS で代用」(35.4%)という声があがりました。年賀状を出すことを面倒だと考え ている人が多いものの、メールや SNS で代用するという意見も多く、なんらかの形で新年のあいさ つをしている人が多いようです。
さらに見せる

11 さらに読み込む

男女別 年齢階層別単身世帯数の変化 ( 2) 男女別 年齢階層別の単身世帯数は 2010 年に男性は 30 歳代以下が全体の約 45% を占めているのに対し 2035 年には 歳代が最多となっています 女性においては 2010 年に約 18% であった 80 歳代が 2035 年には約

男女別 年齢階層別単身世帯数の変化 ( 2) 男女別 年齢階層別の単身世帯数は 2010 年に男性は 30 歳代以下が全体の約 45% を占めているのに対し 2035 年には 歳代が最多となっています 女性においては 2010 年に約 18% であった 80 歳代が 2035 年には約

記載した社会的背景と併せ、こうしたコンパクトマンション開発の経験から、今後の「単身世帯の増加」及び 「暮らしの多様化」を見据え、今以上幅広い層の居住ニーズ対応していくことが重要であると認識し、今般のラ ボ設立至りました。本ラボにおいては、単身世帯が求める暮らし・住まいの課題を解決する専門的な知見・ノウハ ウをさらに深めること取り組んでまいります。 (参考:添付資料 2)

5 さらに読み込む

アンケート実施概要 調査期間 : 2017 年 11 月 6 日 ( 月 )~11 月 20 日 ( 月 ) サンプル数 ( 概数 ) : 431 人 年代別サンプル比 : 年齢 男性 女性 合計 20 代 代 代 代 26

アンケート実施概要 調査期間 : 2017 年 11 月 6 日 ( 月 )~11 月 20 日 ( 月 ) サンプル数 ( 概数 ) : 431 人 年代別サンプル比 : 年齢 男性 女性 合計 20 代 代 代 代 26

<年賀状を出す理由 1-②>は、「新年のあいさつとして」(78.7%)、「日頃の無沙汰」(44.4%)、 「世話なった人への儀礼」(30.8%)が上位なり、新年の挨拶はもちろん、日頃のお礼など 賀状を使っていることがわかります。一方、<年賀状の予定 1-①>で、年賀状を「出さない」と答 えた人<年賀状を出さない理由 1-②>を聞いてみると、「準備が面倒」(55.2%)、「メールで 用」(50.0%)が引き続き上位なりましたが、3 位は「LINE で代用」(31.9%)が入りました。年賀 状を出すことを面倒だと考えている人が多いものの、メールや LINE で代用するという意見も多く、 新年のあいさつをする人は多いようです。また、少数ですが「郵便などコストがかかる」(6.9%) という声も聞かれました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1 ケアマネジャーとしてのあなたご自身について 問 1 あなたの性別をご記入ください (1 つに 1. 男性 2. 女性 問 2 あなたの年齢をご記入ください (1 つに 1.20 歳代 2.30 歳代 3.40 歳代 4.50 歳代 5.60 歳代 6.70 歳以上 問 3 ケアマネジャーとしての

1 ケアマネジャーとしてのあなたご自身について 問 1 あなたの性別をご記入ください (1 つに 1. 男性 2. 女性 問 2 あなたの年齢をご記入ください (1 つに 1.20 歳代 2.30 歳代 3.40 歳代 4.50 歳代 5.60 歳代 6.70 歳以上 問 3 ケアマネジャーとしての

2.生活支援サービスの担い手の確保 6.医療・介護サービス従事者の連携の強化 3.地域の見守りネットワークの強化 7.ケアシステムの構築向けた行政の支援体制の充実 4.情報共有手段としての ICT の活用 8.その他( ) 問31 地域包括ケアシステム構築を促進するため、重要だと思われる組織・団体等は次の うちどれですか。特に重要だと思われる5団体を選んでください。

9 さらに読み込む

品 29.4% 缶詰 13.7% が続きました 年代別に見ると 20 代では 手作りのおかず 80.4% が他の年代より低い傾向で 50 代の 93.6% と比べると 13.2 ポイント低くなっていました また 40 代では 冷凍食品 (91.6%) が 9 割強 レトルト食品 (34.8%) が

品 29.4% 缶詰 13.7% が続きました 年代別に見ると 20 代では 手作りのおかず 80.4% が他の年代より低い傾向で 50 代の 93.6% と比べると 13.2 ポイント低くなっていました また 40 代では 冷凍食品 (91.6%) が 9 割強 レトルト食品 (34.8%) が

株式会社マルハニチロホールディングス(http://www.maruha-nichiro.co.jp/)(所在地:東 京都江東区豊洲3-2-20 代表取締役社長 久代 敏男)は、201105月10日~05月13日の4日間で、 週1日以上お弁当を作る20~59歳の女性に対し、 「お弁当に関する調査」をインターネットリサ ーチ(モバイルリサーチ)で実施し、1,000名の有効回答サンプルを集計しました。 ~マルハニチロホールディングス、「お弁当に関する調査」~

26 さらに読み込む

1 あなた自身のことについておたずねします 性別 年代 0.9% 0.5% 20 歳代 7.9% 70 歳以上 29.0% 30 歳代 12.9% 女性 55.2% 男性 43.9% 60 歳代 21.5% 50 歳代 13.6% 40 歳代 14.6% 年代 20 歳代 30 歳代 40 歳代 5

1 あなた自身のことについておたずねします 性別 年代 0.9% 0.5% 20 歳代 7.9% 70 歳以上 29.0% 30 歳代 12.9% 女性 55.2% 男性 43.9% 60 歳代 21.5% 50 歳代 13.6% 40 歳代 14.6% 年代 20 歳代 30 歳代 40 歳代 5

  中村区役所では、区民の皆さまのご意見などを窓口サービスの向上や業務の改善、今後の   区政運営方針反映させるため、今回アンケートを実施しましたところ多くのご意見   をいただきありがとうございました。   このアンケート結果をこれから策定する「平成28年度中村区区政運営方針」など     活用し、中村区のより良いまちづくり努めてまいります。

16 さらに読み込む

244 赤井由紀子 松嶋紀子 % 人 十代女性 妊 十代妊婦 産 % 平成 16 年平成 17 年平成 18 年平成 19 年 図 1 年次別十代女性の妊娠数とその出産割合 安達久美子: わが国の10

244 赤井由紀子 松嶋紀子 % 人 十代女性 妊 十代妊婦 産 % 平成 16 年平成 17 年平成 18 年平成 19 年 図 1 年次別十代女性の妊娠数とその出産割合 安達久美子: わが国の10

期死亡率が高いこともこの様な要因からと考えられ る. 3 . 十妊婦の社会的知見  十の妊娠の初診の時期は遅く 10) ,そのため望 まない妊娠を継続せざるを得ない状況や,妊婦健康 診査を受けない,母親教室なども参加しない,妊 娠・出産に関する知識が不足し,妊娠中の健康管理 ができないことが 6) 指摘されている.林 15) は受診 の遅れる要因として,欧米の研究報告をとりあげ, 適切な医療施設が身近ないことや,妊婦の経済的 問題,あるいは医師の「まさか妊娠はしていないだ ろう」と思うための誤診などをあげている.また, 事例の報告や面接調査から十の妊婦の気持ちを掘 り起こした報告 16-21) では,混沌とした心理が語ら れ,予定外の妊娠と学業継続の悩み,どうなるのだ ろうかという新しい生活への不安や,妊娠は結婚し てからという社会規範を考え,妊娠を秘密した り,世間体やまわりの目が気なるという言葉が共 通して語られていた.そのため,受診の遅れや,妊 婦健康診査などの健康管理が適切なされないなど の問題が生じてくると考えられる.また,十の青 年期という時期は自分の進路や職業などかかわる 永続的な選択をする時期でもある 22) .妊娠したこ とにより ,友人たちとの付き合いも少なくなり, 十の妊婦達の日常生活は退屈で寂しいものとな り,妊婦自身は「妊娠したからしかたがない」と受 け止め,妊婦としての生活を受け入れていたという たと報告している.また,早期新生児死亡率も35歳
さらに見せる

5 さらに読み込む

かいとうしゃぞくせい 1: 回答者の属性 せいべつねんれいこくせききょじゅうち 1 性別 年齢 国籍 居住地 せいべつじょせいだんせい 性別は 女性 が 54% 男性 が 44% ねんれいだいだい 年齢は 30 代 が 27% 40 代 が 22% こくせきちゅうごくたいわんぶらじるかんこくちょうせ

かいとうしゃぞくせい 1: 回答者の属性 せいべつねんれいこくせききょじゅうち 1 性別 年齢 国籍 居住地 せいべつじょせいだんせい 性別は 女性 が 54% 男性 が 44% ねんれいだいだい 年齢は 30 代 が 27% 40 代 が 22% こくせきちゅうごくたいわんぶらじるかんこくちょうせ

・日本語 ほ ん ご で困 こ ま る場面 ば め ん について尋 たず ねたところ、「困 こ ま ったことはない」の割合 わ り あ い が 34.2%と 最 もっと も高 た か くなって います。困 こ ま ったことがある方 かた の中 な か では、「病気 び ょ う き なったとき」が 28.3%と最 もっと も高 た か く、次 つ いで「市 し 役所 や く し ょ や区 く 役所 や く し ょ の窓口 ま ど ぐ ち で」が 18.2%、「郵便局 ゆうびんきょく ・銀行 ぎ ん こ う の窓口 ま ど ぐ ち で」が 17.5%となっています。 ・国籍 こ く せ き べつ 見 み ると、「タイ た い 」では 60.6%が「病気 び ょ う き なったとき」と回答 か い と う しており、次 つ いで「ネパール ね ぱ ー る 」では 55.2%、「ベトナム べ と な む 」では 43.2%となっています。また、「市 し 役所 や く し ょ や区 く 役所 や く し ょ の窓口 ま ど ぐ ち で」についても、 「タイ た い 」が 48.5%と最 もっと も高 た か くなっており、次 つ いで「アメリカ あ め り か 」が 37.5%、「フィリピン ふ ぃ り ぴ ん 」が 37.0%となってい ます。
さらに見せる

84 さらに読み込む

属性 回答人数 500 人 アンケート実施日程 2006 年 10 月 30 日 ~ 性別 性別 人数 回答率 男性 279 人 5.6% 女性 4721 人 94.4% 合計 5000 人 100.0% 男性 5.6% 女性 94.4% 年代 年代 人数 回答率 20 代未満 32 人 0.6%

属性 回答人数 500 人 アンケート実施日程 2006 年 10 月 30 日 ~ 性別 性別 人数 回答率 男性 279 人 5.6% 女性 4721 人 94.4% 合計 5000 人 100.0% 男性 5.6% 女性 94.4% 年代 年代 人数 回答率 20 代未満 32 人 0.6%

こんぶの日を作る 1人 0.0% こんぶを取っているところを実際見せてくれるような企画 1人 0.0% ジコン(地昆)はいいだよ。髪の毛サイコーだよ 1人 0.0% ショッピングセンターの中お店があればのぞきます 1人 0.0% スーパーでのこれの陳列棚を特別作る。 1人 0.0% スーパーでも分かりやすいようPOPをつける。 1人 0.0% スーパーで作った人、仕入れたところの名前を入れて売る 1人 0.0% スーパーで陳列しているところ書いてあったらいい。 1人 0.0% スーパーで買うものとは確実違うという、違い。 1人 0.0% スーパーで買うより安いこと  近くあるかどうか検索できる 1人 0.0% スーパーで目立つ場所商品を置く。 1人 0.0% スーパーとどう違うか分かるようする 1人 0.0% スーパーと同じような価格をアピール! はずれくじなし、昆布抽選会200円で一回あ
さらに見せる

122 さらに読み込む

性別 (n = 78) 男性.. 男性 女性 女性.8.8 計 78 年齢 (%) (n = 78) 代 代 代 代 代 代 7 歳以上 代.7 代. 代 7.9 代 代 9. アンケートにご協力いただきありがとうございました! n 代

性別 (n = 78) 男性.. 男性 女性 女性.8.8 計 78 年齢 (%) (n = 78) 代 代 代 代 代 代 7 歳以上 代.7 代. 代 7.9 代 代 9. アンケートにご協力いただきありがとうございました! n 代

最も多いのは「お風呂・シャワー・洗顔使う」であった。次に「手洗い・うがい使う」であった。全体として票数大きな差は見られなかっ たが、『植木の水やり使う」だけは他比べると少なかった。 その他としては、「薬を飲む(1人)」「魚の飼育の水(2人)」「お供え(1人)」等があった。 最も多い順、「9点」、「8点」、「10点」と続いた。全体平均は7.94点となった。 ワンポイント

13 さらに読み込む

4 回答者属性 (1) 性別 人数割合 (%) 男性 女性 49.4% 0.4% 男性 5 女性 % 2 0.4% (2) 年代別 人数割合 (%) 20 代 % 30 代 % 40 代 % 50 代 % 60~6

4 回答者属性 (1) 性別 人数割合 (%) 男性 女性 49.4% 0.4% 男性 5 女性 % 2 0.4% (2) 年代別 人数割合 (%) 20 代 % 30 代 % 40 代 % 50 代 % 60~6

防災課 地震・防災に関するアンケート調査結果 1 調査目的  県では、地震防災対策を総合的かつ計画的推進するため「第二期岐阜県地震防災行動計 画(平成23年度~27年度)」を策定しています。今後、行動計画推進のための基礎資料と させていただくため、県政モニターの皆さまのご意見をお聴かせいただきました。アンケー ト調査ご協力いただき、ありがとうございました。

8 さらに読み込む

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 代 以 上 どのようなことが 問

バスやタクシーの 利 用 者 ( 年 齢 別 ) 利 用 しやすい どちらともいえない 利 用 しにくい 10 代 5 38% 20 代 30 代 4 38% 57% 6 40 代 8% 9 50 代 60 代 代 以 上 どのようなことが 問

1.駅前広場や周辺の施設の利用について (1)バスやタクシーの利用について バスやタクシーを利用している人においては「利用しにくい」との回答が 33%である。問題点と しては、「運行便数が少ない」との意見が最も多く、特に、古代蓮の里のシーズンは便数を増やし てほしいとの自由意見が複数あった。次いで「目的地や住んでいる地域への運行が少ない」 、 「タクシ ーの利用可能台数が少ない」との意見が多く、運行状況に関する課題が比較的多く挙げられた。
さらに見せる

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...