循環型社会形成推進交付金(浄化槽分)

Top PDF 循環型社会形成推進交付金(浄化槽分):

北河内4市地域循環型社会形成推進地域計画

北河内4市地域循環型社会形成推進地域計画

注  四捨五入の関係 、個々項目の数値の和と合計の数値 一致し い場合 ある 指標の定義    排 出 量 :市 収集、又 、市・一部事務組合に搬入 るごみの量 集団回収等 収集前の再生利用を含 い 再生利用量 :市 関 する資源化量 集団回収量、拠点回収、直接資源化量、中間処理後の再生利用量 と事業所の自主的資源化の取 組みに る資源化量の和 減 量 化 量 :焼却、破砕、圧縮梱包等の中間処理量の処理後の残 量 最終処分量及び資源化量 の差
さらに見せる

35 さらに読み込む

南島原市地域循環型社会形成推進地域計画 当初平成 27 年 12 月 変更平成 28 年 12 月 長崎県南島原市

南島原市地域循環型社会形成推進地域計画 当初平成 27 年 12 月 変更平成 28 年 12 月 長崎県南島原市

□参考資料様式 2 施設概要(熱回収施設系) -------------------------------------------------- 17 □参考資料様式 4 施設概要(し尿処理施設系) ----------------------------------------------- 18 □参考資料様式 5 施設概要(浄化槽系) -------------------------------------------------------- 19 □参考資料様式 6 計画支援概要 -------------------------------------------------------------------- 20

30 さらに読み込む

循環型社会形成推進科学研究費補助金総合研究報告書概要版 研究課題名 適正な国際資源循環を目指した製品中の有用物質および有害物質の管理のあり方に関する研究 研究番号 :K2016,K2166,K22095 国庫補助金精算所要額 ( 円 ): 26,982,000 ( 平成 年度の交付額総計

循環型社会形成推進科学研究費補助金総合研究報告書概要版 研究課題名 適正な国際資源循環を目指した製品中の有用物質および有害物質の管理のあり方に関する研究 研究番号 :K2016,K2166,K22095 国庫補助金精算所要額 ( 円 ): 26,982,000 ( 平成 年度の交付額総計

2 研究目的 本研究は、国際的な資源循環に係わる情報的手法による適正管理の可能性と有効性の検 証を行うものである。特に、資源性及び有害性の両面を有する循環資源である E-waste に 着目し、製品含有物質に関する情報及び循環資源の国際流通、適正処理業者に関する情報 を、東アジア地域において共有する仕組を検討する。規制の手法の実施が困難な国際的 な資源循環について、適切な情報共有が、循環資源の効率的な回収、及び不適正処理によ る環境問題解決に資する可能性を検討する。また、アジア地域レベルで情報共有システム を展開する上での課題や諸条件の検討を行う。これらの検討結果を基に、アジアの国際資 源循環適正化に向けた情報的手法の有効性について政策的な示唆を得ることを目的とする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 1. 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項...1 (1) 対象地域...1 (2) 計画期間...1 (3) 基本的な方向 循環型社会形成推進のための現状と目標...2 (1) 生活排水の処理の現状...2 (2) 生活排水処理の目標 施策の内容..

目 次 1. 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項...1 (1) 対象地域...1 (2) 計画期間...1 (3) 基本的な方向 循環型社会形成推進のための現状と目標...2 (1) 生活排水の処理の現状...2 (2) 生活排水処理の目標 施策の内容..

2. 循環社会形成推進のための現状と目標 (1) 生活排水の処理の現状 太田市の平成21年度の生活排水の処理状況及びし尿・汚泥等の排出量のフローチ ャートを図 2.1に示す。生活排水処理対象人口は、219,789人であり、汚水衛生処理 人口は133,674人、汚水衛生処理率60.8%となっている。また、し尿発生量は16,688kL/ 年、浄化槽汚泥発生量は、58,468kL/年であり、処理・処分量(=収集・運搬量)は 75,156kL/年となっている。
さらに見せる

26 さらに読み込む

目 次 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項... 1 (1) 対象地域... 1 (2) 計画期間... 1 (3) 基本的な方向... 1 (4) 広域処理の検討状況 循環型社会形成推進のための現状と目標... 3 (1) 一般廃棄物等の処理の現状... 3 (2)

目 次 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項... 1 (1) 対象地域... 1 (2) 計画期間... 1 (3) 基本的な方向... 1 (4) 広域処理の検討状況 循環型社会形成推進のための現状と目標... 3 (1) 一般廃棄物等の処理の現状... 3 (2)

本地域では、現在、五泉地域衛生施設組合の各処理施設、各市町の処理施設、及び民間事 業者への委託によりごみを処理しており、処理体制は構成市町ごとで異なる。 新施設稼働後も、処理体制は構成市町ごとで異なるが、新たな分別区分として、紙製容器 包装、プラスチック製容器包装、古着・古布を新設し、ごみの資源化を推進する。新設する 分別区分及び実施主体を表 3-2 に示す。

35 さらに読み込む

朝霞市循環型社会形成推進地域計画(平成27年12月変更) 朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業  朝霞市

朝霞市循環型社会形成推進地域計画(平成27年12月変更) 朝霞市クリーンセンターごみ焼却処理施設整備運営事業 朝霞市

設立 い い場合 今後の見通し ― 交付要綱 定め 交付対象 要件のうち 該当す 項目全 ○を付け 一般廃棄物の減量化 再生利用の現状 目標 業系 総排出量 t 6,929 6,359 6,306 6,311 6,316 5,622 ( -11.0% )

28 さらに読み込む

大子町循環型社会形成推進地域計画 茨城県大子町 平成 24 年 10 月 16 日 ( 改訂版 )

大子町循環型社会形成推進地域計画 茨城県大子町 平成 24 年 10 月 16 日 ( 改訂版 )

参考資料様式5(施設概要:浄化槽系) ------------------------------- 9 参考資料様式6(計画支援概要) ------------------------------------- 10 施設配置図 -------------------------------------------------------- 12 目標の設定に関するグラフ等 ---------------------------------------- 12

36 さらに読み込む

目 次 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 () 対象地域 () 計画期間 () 基本的な方向 循環型社会形成推進のための現状と目標 () 一般廃棄物の処理の現状 () 生活排水の処理の現状 () 一般廃棄物等の処理の目標 () 生活排水処理の目標 施策の内容 () 排出抑制 再使用及

目 次 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 () 対象地域 () 計画期間 () 基本的な方向 循環型社会形成推進のための現状と目標 () 一般廃棄物の処理の現状 () 生活排水の処理の現状 () 一般廃棄物等の処理の目標 () 生活排水処理の目標 施策の内容 () 排出抑制 再使用及

本地域では、4R 運動(循環社会推進基本法の考えに基づき、 「Refuse(リフューズ) 断る、Reduce(リデュース)減らす、Reuse(リユース)繰り返し使う、Recycle(リサイク ル)資源として再利用する」によるごみ減量運動)を推進し、ごみの減量化を図る。 特に、ごみがごみとなる前に排出抑制を行うことで、ごみの減量化・資源化を推進す る大きな原動力になる。住民・事業者・行政がそれぞれの役割を十分に理解し、連携・ 協力をもって排出抑制を進めることが重要となるが、排出抑制のための方策として、住 民・事業者・行政それぞれの役割を次のとおりとする。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目 次 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 1 (1) 対象地域 1 (2) 計画期間 1 (3) 基本的な方向 1 (4) 広域化の検討状況 2 2 循環型社会形成推進のための現状と目標 2 (1) 一般廃棄物 ( ごみ ) 処理の現状 2 (2) 生活排水処理の現状 3 (3)

目 次 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 1 (1) 対象地域 1 (2) 計画期間 1 (3) 基本的な方向 1 (4) 広域化の検討状況 2 2 循環型社会形成推進のための現状と目標 2 (1) 一般廃棄物 ( ごみ ) 処理の現状 2 (2) 生活排水処理の現状 3 (3)

分別区分及び処理方法については、表-4のとおりである。 現状のごみ処理体制として可燃ごみは、八幡浜南環境センターで委託処理を行い、不燃ご みは、一般廃棄物最終処分場へ直接埋立している。 資源ごみについては、リサイクルセンターにて、びん類、缶類、ペットボトル、プラスチ ック等の処理を行う。これにより、町内に分散している施設の集約化と、効率的・合理的な システム構成により、充実した資源選別処理が可能となり、資源化を推進している。
さらに見せる

27 さらに読み込む

刈谷知立地域循環型社会形成推進地域計画 平成 22 年 12 月平成 26 年 1 月変更報告 刈 谷 市 知 立 市 刈谷知立環境組合

刈谷知立地域循環型社会形成推進地域計画 平成 22 年 12 月平成 26 年 1 月変更報告 刈 谷 市 知 立 市 刈谷知立環境組合

可燃物の焼却残渣については溶融処理し、溶融スラグとして資源化を行っている。平成 20 年度に整備されたストックヤード等を活用し、建築資材等への再利用を進める。 エ 生活排水処理の現状と今後 生活排水の処理については、公共下水道の整備を基本とするが、下水道計画区域外につい ては合併処理浄化槽の整備や、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への転換を進めていく。

37 さらに読み込む

2 普及啓発用パンフレットの作成 岡山産業情報への掲載 普及啓発用パンフレット 担当部署 環境文化部循環型社会推進課資源循環推進班

2 普及啓発用パンフレットの作成 岡山産業情報への掲載 普及啓発用パンフレット 担当部署 環境文化部循環型社会推進課資源循環推進班

金属材料の環境対応高機能化技術の開発 1. 事業の概要 エネルギー関連の分野では、チタン合金・ニッケル合金などの耐熱材料がタ ービンをはじめとする部品に用いられ、高温・高圧の過酷な環境で長期間使用 されます。これらの部品は、素形材からの精密な切削加工によって製造され、 この素形材を得るために、多くのエネルギーが投入されています。機械加工に おける工具の破損は、製品の不具合を招き、貴重な材料・資源の廃棄につなが るため、工具や被加工物の過大な振動(びびり)を検知し、加工条件を適切に制 御する技術が強く求められています。工業技術センターでは、回転工具の振動 を高精度かつリアルタイムで測定するためのシステム開発に取り組んでいま す。
さらに見せる

10 さらに読み込む

西予地域循環型社会形成推進地域計画 西予市 平成 2 5 年 1 2 月 平成 26 年 11 月改定 平成 27 年 11 月改定 愛媛県西予市

西予地域循環型社会形成推進地域計画 西予市 平成 2 5 年 1 2 月 平成 26 年 11 月改定 平成 27 年 11 月改定 愛媛県西予市

し尿のくみ取りについては、 本市が許可する収集運搬業者により行う。 また、浄化 槽汚泥についても、引き続き許可業者による清掃・点検、汚泥引き抜き等を 実施する。 し尿処理施設については、 現在、東部衛生センターと西部衛生センターで処理を行 っているが、両施設とも竣工後 30 年以上経過し施設の老朽化が著しい。よって、平成 29 年度からの供用開始に向けて、両施設を統合した汚泥再生処理センターの整備を進 めている。また、し尿、浄化槽汚泥(農業集落排水施設からの汚泥を含む)について は、新たに整備する汚泥再生処理センターにおいて、し尿、浄化槽汚泥の効率的な処 理を行い、汚泥を助燃剤として 活用して行く。
さらに見せる

43 さらに読み込む

山陽小野田市地域循環型社会形成推進地域計画 平成 22 年 1 月 29 日 ( 変更 ) 平成 24 年 3 月 30 日 ( 変更 ) 平成 25 年 1 月 10 日 山陽小野田市

山陽小野田市地域循環型社会形成推進地域計画 平成 22 年 1 月 29 日 ( 変更 ) 平成 24 年 3 月 30 日 ( 変更 ) 平成 25 年 1 月 10 日 山陽小野田市

目 次 山陽小野田市地域循環社会形成推進地域計画 ・・・・ ・・・・・・・・・・・・1 1 地域の循環社会形成推進するための基本的な事項・・・・・・・・・・・ 1 2 循環社会形成推進のための現状と目標・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 3 施策の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 4 計画のフォローアップと事後評価・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13 添付資料-1 対象地域図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14 添付資料-2 目標の設定に関するグラフ・・・・・・・・・・・・・・・・15 添付資料-3 分別区分説明資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 添付資料-4 現有処理施設の概要(予定施設含む)・・・・・・・・・・・・18
さらに見せる

30 さらに読み込む

27年度 平成29年度福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰について  福岡県庁ホームページ

27年度 平成29年度福岡県循環型社会形成推進功労者知事表彰について 福岡県庁ホームページ

福岡市 団体 学校法人久留米大学 久留米市ごみ減量・リサイクルモデル事 業所として多年にわたり事業系ごみ減量 及びリサイクルに貢献し、事業所全体で ごみ減量・リサイクルを推進している。本 学では、教職員協力のもと、ごみ分別の 徹底化を推進し、ごみ減量を図ってい る。

1 さらに読み込む

佐久地域循環型社会形成推進地域計画(平成24年1月改正版) 新クリーンセンター・温水利用型健康運動施設整備に係る取組経過について | 佐久市ホームページ

佐久地域循環型社会形成推進地域計画(平成24年1月改正版) 新クリーンセンター・温水利用型健康運動施設整備に係る取組経過について | 佐久市ホームページ

配布されている「ごみの分別手引き」や「ごみ収集カレンダー」等を新たな分別 方法に応じ、地域住民にわかりやすい内容に見直す。 エ 生ごみの減量推進、処理器等助成 生ごみの堆肥化、 水切りによる減量効果、 調理くずを減らす方法、食べ物を大事にす る啓発等について、 広報誌やホームページ等、 あらゆる機会を活用し、 地域住民へ協力 を呼びかけ、生ごみの減量を推進する。

32 さらに読み込む

基本施策D2 循環型社会の形成を推進します 長崎市│外部評価結果(平成29年度)

基本施策D2 循環型社会の形成を推進します 長崎市│外部評価結果(平成29年度)

 ・ごみの分別徹底、ごみの減量化及び資源化を推進するため、地域のごみ減量・リサイクルのリーダーであるリサ イクル推進員に対する研修会を27回、施設見学会を5日間開催した。【D1-1へ再掲】  ・新西工場の稼働にあわせて、唯一の最終処分場である三京クリーランド埋立処分場の延命化を図るため、平成 28年7月から、燃やせないごみの一部(プラスチック製品・ゴム製品・革製品)を燃やせるごみの分別品目へ変更し、 説明会の開催や広報等により、周知活動を行った。【D5-1へ再掲】
さらに見せる

9 さらに読み込む

成田市循環型社会形成推進地域計画(平成26年4月変更)

成田市循環型社会形成推進地域計画(平成26年4月変更)

4 . 計画のフ ォ ローアッ プと 事後評価 ······································································· 16 (1) 計画のフォローアップ ·············································································· 16 (2) 事後評価及び計画の見直し ········································································ 16 様式1 循環社会形成推進交付事業実施計画総括表1(平成 25 年度) ················· 19
さらに見せる

32 さらに読み込む

目 次 中讃 西讃地域循環型社会形成推進地域計画 1 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 1 2 循環型社会形成推進のための現状と目標 2 3 施策の内容 4 4 計画のフォローアップと事後評価 6 添付資料 -1 対象地域図 7 添付資料 -2 現有処理施設の概要 8 様式 1

目 次 中讃 西讃地域循環型社会形成推進地域計画 1 1 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項 1 2 循環型社会形成推進のための現状と目標 2 3 施策の内容 4 4 計画のフォローアップと事後評価 6 添付資料 -1 対象地域図 7 添付資料 -2 現有処理施設の概要 8 様式 1

○し尿処理に関する事業 4,100,000 440,000 950,000 650,000 0 460,000 1,600,000 3,860,000 300,000 900,000 600,000 0 460,000 1,600,000 1 中讃広域行政 事務組合 174 kl/日 H21 H26 4,100,000 440,000 950,000 650,000 0 460,000 1,600,000 3,860,000 300,000 900,000 600,000 0 460,000 1,600,000 ○浄化槽に関する事業 3,788,557 574,632 515,571 555,839 529,432 549,299 540,261 523,523 3,074,714 488,550 408,038 440,377 416,111 434,910 450,808 435,920 2 丸亀市 2,253 基 H20 H26 861,922 138,328 110,356 126,072 112,324 123,746 130,168 120,928 860,594 137,332 110,024 126,072 112,324 123,746 130,168 120,928 2 善通寺市 586 基 H20 H26 331,945 46,026 44,275 53,664 39,870 46,180 56,540 45,390 237,213 31,318 30,095 37,482 26,330 31,180 45,054 35,754 2 琴平町 161 基 H20 H26 58,804 7,460 7,348 13,428 9,086 11,190 3,320 6,972 58,804 7,460 7,348 13,428 9,086 11,190 3,320 6,972 2 多度津町 371 基 H20 H26 137,926 22,165 16,517 18,865 17,439 20,980 20,980 20,980 137,926 22,165 16,517 18,865 17,439 20,980 20,980 20,980 2 まんのう町 687 基 H20 H26 402,925 59,350 49,275 52,650 61,650 60,000 60,000 60,000 266,900 36,646 33,622 35,564 41,458 39,870 39,870 39,870 2 三豊市 2,134 基 H20 H26 1,228,300 127,300 187,100 194,300 187,900 189,200 171,250 171,250 876,760 106,066 126,482 129,354 126,068 127,282 130,754 130,754 2 観音寺市 1,626 基 H20 H26 737,455 144,723 100,700 96,860 101,163 98,003 98,003 98,003 610,054 121,100 83,950 79,612 83,406 80,662 80,662 80,662 2 まんのう町 35 基 H20 H20 29,280 29,280 26,463 26,463
さらに見せる

26 さらに読み込む

基本施策D2 循環型社会の形成を推進します 長崎市│外部評価結果(平成28年度)

基本施策D2 循環型社会の形成を推進します 長崎市│外部評価結果(平成28年度)

●ごみの減量・分別とリサイクルの推進  ・資源ごみ(缶、びん、金属製鍋等)、古紙、プラスチック製容器包装等の選別を行い、資源化を図った。  ・生ごみ処理機の購入希望者に対する購入費の半額補助(上限2万円)について、生ごみ堆肥化容器111基、電動 式生ごみ処理機51基で実施した。生ごみ堆肥化のノウハウを持つ市民団体「生ごみシェイパーズ長崎」に委託を行 い、生ごみ堆肥化講習会10回、イベント等での普及啓発5回、その他堆肥化指導や相談業務などを行い、延約1,300 人の市民や事業者が参加した。
さらに見せる

9 さらに読み込む

【参考】熊本市循環型社会形成推進地域計画(第一期)

【参考】熊本市循環型社会形成推進地域計画(第一期)

様式 循環社会形成推進交付事業実施計画総括表 ( 成 22 度) 事 業 種 別 備 考 事 業 称 位 開 始 終 了 計 成 「 0 成 「 1 成 「 「 成 「 」 成 「 『 成 「 』 成 「 6 931,521 0 330,747 600,774 0 0 0 0

20 さらに読み込む

Show all 10000 documents...