当社定款及 会社法第97C条第 項 規定 基

Top PDF 当社定款及 会社法第97C条第 項 規定 基:

自衛隊法第 65 条の11 第 6 項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の公表 ( 総括表 ) ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日分 ) 平成 29 年 9 月 自衛隊法第 65 条の11 第 1 項 第 3 項及び第 4 項の規定に基づく届出 ( 総計 ) 別

自衛隊法第 65 条の11 第 6 項の規定に基づく自衛隊員の再就職状況の公表 ( 総括表 ) ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日分 ) 平成 29 年 9 月 自衛隊法第 65 条の11 第 1 項 第 3 項及び第 4 項の規定に基づく届出 ( 総計 ) 別

(参考) ○ 自衛隊(昭和2年法律165号)(抄) (防衛大臣への届出等) 六十五の十一 隊員(退職手当通算予定隊員を除く。)は、離職後に営利企業等の 地位に就くことを約束した場合には、速やかに、防衛省令で定めるところにより、 任命権者が防衛大臣であるときは防衛大臣に、任命権者が防衛大臣以外の者である ときは当該任命権者を通じて防衛大臣に、政令で定める事項を届け出なければなら ない。
さらに見せる

19 さらに読み込む

介護保険法第78条の2第4項各号及び第115条の11第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

介護保険法第78条の2第4項各号及び第115条の11第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

十五規定による通知があった日前六十日以内に当該法人の役員等であった者で当該取消しの 日から起算して五年を経過しないものを含み、当該指定を取り消された者が法人でない事業所である場合に おいては、当該通知があった日前六十日以内に当該事業所の管理者であった者で当該取消しの日から起算 して五年を経過しないものを含む。)であるとき。ただし、当該指定の取消しが、指定地域密着型サービス事業 者の指定の取消しのうち当該指定の取消しの処分の理由となった事実及び当該事実の発生を防止するため の当該指定地域密着型サービス事業者による業務管理体制の整備についての取組の状況その他の当該事 実に関して当該指定地域密着型サービス事業者が有していた責任の程度を考慮して、この号本文に規定す る指定の取消しに該当しないこととすることが相当であると認められるものとして厚生労働省令で定めるもの に該当する場合を除く。
さらに見せる

3 さらに読み込む

別 添 1 食 品 衛 生 法 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 に 基 づく 表 示 指 導 要 領 1 一 般 的 事 項 (1) 食 品 衛 生 法 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に

別 添 1 食 品 衛 生 法 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に 関 する 内 閣 府 令 に 基 づく 表 示 指 導 要 領 1 一 般 的 事 項 (1) 食 品 衛 生 法 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づく 表 示 の 基 準 に

1 1 の 規 定 に よ り 使 用 方 準 が 定 め ら れ て い る 食 品 び 添 加 物 に あ っ て は 、 そ の 準 に 合 う 使 用 方 を 記 載 す る 。 た だ し 、 使 用 方 の 記 載 に つ い て は 、 添 加 物 で あ っ て 用 途 が 限 定 さ れ て い る こ と が 、 他 の 表 示 に よ り 、 明 確 に 判 断 で き る 場 合 に は 、 当 該 用 途 に 必 要 な 使 用 方 の 記 載 の み で も 差 し 支 え な い 。 例 え ば 、 酢 酸 ビ ニ ー ル 樹 脂 は チ ュ ー イ ン ガ ム の 礎 剤 び 果 実 果 菜 の 表 皮 の 被 膜 剤 と し て 使 用 が 認 め ら れ て い る が 、 チ ュ ー イ ン ガ ム の 礎 剤 用 と 表 示 し て あ る 場 合 に は 、 そ の 使 用 方 の 記 載 の み で よ い 。
さらに見せる

37 さらに読み込む

( 防音工事の補助の割合 ) 第 6 条第 2 条の規定は 法第 3 条第 2 項の規定による補助の割合について準用する この場合において 第 2 条第 1 項ただし書中 行為 とあるのは 行為 ( 法第 1 9 条の規定により自衛隊等の航空機の離陸及び着陸とみなされるものを除く ) と読み替えるも

( 防音工事の補助の割合 ) 第 6 条第 2 条の規定は 法第 3 条第 2 項の規定による補助の割合について準用する この場合において 第 2 条第 1 項ただし書中 行為 とあるのは 行為 ( 法第 1 9 条の規定により自衛隊等の航空機の離陸及び着陸とみなされるものを除く ) と読み替えるも

10 規定による買入れは、同規定する2種区域 のうち規定する3種区域以外の区域に所在する土地にあつて は、次のいずれかに該当するものに限り、行うことができる。 (1) 宅地(規定による指定の際(附則規定により2 種区域とみなされた区域に所在する土地にあつては、旧防衛施設周辺の整備等に 関する法律(昭和41年法律135号。以下「旧法」という。)規定により当該区域が指定された際)宅地であるものに限る。)
さらに見せる

9 さらに読み込む

⑶ 児童福祉法 ( 昭和 22 年法律第 164 号 ) 第 20 条第 1 項の規定による療育の給付を受けた場合同法第 56 条第 2 項の規定により徴収された額 ⑷ 児童福祉法第 21 条の5の規定による慢性疾患の治療方法に関する研究その他必要な研究に資する医療の給付が行われる場合同法第 56

⑶ 児童福祉法 ( 昭和 22 年法律第 164 号 ) 第 20 条第 1 項の規定による療育の給付を受けた場合同法第 56 条第 2 項の規定により徴収された額 ⑷ 児童福祉法第 21 条の5の規定による慢性疾患の治療方法に関する研究その他必要な研究に資する医療の給付が行われる場合同法第 56

(支給額) 支給の額は、次の各号の区分に応じ、当該各号に定める額とする。ただし、その額は、 受給資格者が現に当該療養に要した費用の額を超えることができない。 ⑴ 医療保険各規定により医療費を支払う場合 健康保険規定による療 養に要する費用の算定の例により算定した額から医療保険各規定する家族療養費の額を控 除した額又は療養の給付若しくは療養費の支給(以下「療養の給付等」という。)を受ける際 に支払われた一部負担金の額に入院時食事療養に係る標準負担額及び訪問看護療養に係る自己 負担額を加算した額(以下「一部負担金の額等」という。)
さらに見せる

13 さらに読み込む

社会福祉法人長生共楽園定款施行細則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この細則は 社会福祉法人長生共楽園 ( 以下 法人 という ) 定款第 44 条の規定により 法人の運営管理および業務の細部について 必要な事項を定めるものとする ( 地域への社会貢献 ) 第 2 条定款第 3 条第 2 項

社会福祉法人長生共楽園定款施行細則 第 1 章総則 ( 目的 ) 第 1 条この細則は 社会福祉法人長生共楽園 ( 以下 法人 という ) 定款第 44 条の規定により 法人の運営管理および業務の細部について 必要な事項を定めるものとする ( 地域への社会貢献 ) 第 2 条定款第 3 条第 2 項

理事は、やむを得ない事由により任期の途中で退任しようとするときは、 あらかじめ理事長に書面で届け出るものとする。 (理事長の職務および権限等) 18 理事長は、理事会の決定に基づき、法人の内部的、対外的な業務執行権限 を有する。また、対外的な業務執行をするための法人の代表権を有する。 2 理事長は、理事会で決定した事項を執行するほか、理事会から委譲された 範囲内で、自ら意思決定し執行する。
さらに見せる

17 さらに読み込む

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

金融商品販売業者等は、業として行う金融商品の販売等に係る勧誘をするに際し、その適正の確保に努めなければならない。 (勧誘方針の策定等) 金融商品販売業者等は、業として行う金融商品の販売等に係る勧誘をしょうとするときは、あらかじめ、当該勧誘に関する方針(以 下「勧誘方針」という。)を定めなければならない。ただし、当該金融商品販売業者等が、国、地方公共団体その他勧誘の適正を欠くおそれ がないと認められる者として政令で定める者である場合又は特定顧客のみを顧客とする金融商品販売業者等である場合は、この限りでな い。
さらに見せる

6 さらに読み込む

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

法第78条の2第4項各号及び第115条の12第2項各号の規定に該当しない旨の誓約書

六の三 申請者と密接な関係を有する者が、百十五の十九(二号から五号までを除く。)の規定 により指定を取り消され、その取消しの日から起算して五年を経過していないとき。ただし、当該指 定の取消しが、指定地域密着型介護予防サービス事業者の指定の取消しのうち当該指定の取消しの処 分の理由となった事実及び当該事実の発生を防止するための当該指定地域密着型介護予防サービス事 業者による業務管理体制の整備についての取組の状況その他の当該事実に関して当該指定地域密着型 介護予防サービス事業者が有していた責任の程度を考慮して、この号本文に規定する指定の取消しに 該当しないこととすることが相当であると認められるものとして厚生労働省令で定めるものに該当す る場合を除く。
さらに見せる

3 さらに読み込む

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

法第六条第三項に規定する定置漁業イ法第六条第五項に規定する共同漁業ロ法第七条に規定する入漁権に基づき営む共同漁ハ業1定義この指示において 次の各号に掲げる用語の意義は 当該各号に定めるところによる 日本海 九州西海域 漁業法(昭和二十四(1)年法律第二百六十七号 以下 法 という )第百十条第二項に

日本海・九州西広域漁業調整委員会指示55号のに基づく沿岸くろまぐろ漁 業の承認制の事務取扱要領(案) 平成 30 年 3 月 19 日 日本海・九州西広域漁業調整委員会(以下「委員会」という。)は、委員会指示 55号(以下「指示55号」という。)のに基づく沿岸くろまぐろ漁業の承認制に関 する事務の取扱等につき以下のとおり定める。

33 さらに読み込む

公 告 特定非営利活動促進法 ( 平成 10 年法律第 7 号 ) 第 10 条第 1 項の規定による特定非営利活動法人の設立の認証 の申請があったので 同条第 2 項の規定により 次のとおり公告する なお 同項の規定により 申請のあった日から2 月間 同項に規定する定款等の書類を群馬県生活文化部

公 告 特定非営利活動促進法 ( 平成 10 年法律第 7 号 ) 第 10 条第 1 項の規定による特定非営利活動法人の設立の認証 の申請があったので 同条第 2 項の規定により 次のとおり公告する なお 同項の規定により 申請のあった日から2 月間 同項に規定する定款等の書類を群馬県生活文化部

宮川 陽一 利根中央病院 沼田市東原新町1855-1 宮本 隆司 利根中央病院 沼田市東原新町1855-1 吉井 剛 利根中央病院 沼田市東原新町1855-1 加瀬 正人 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126 北澄 忠雄 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126 角田 卓也 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126 豊住 武司 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126 服部 幸子 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126 武藤 雄太 医療法人海宝会海宝病院 館林市堀工町126
さらに見せる

8 さらに読み込む

1) 建築基準法第 43 条第 2 項第 1 号の認定について 建築基準法第 43 条第 1 項では 建築物の敷地は建築基準法による道路に2m 以上接していなければならないと規定されています この例外として 当該規定に適合しない敷地であっても 法第 43 条第 2 項第 2 号 ( 旧法第 43 条

1) 建築基準法第 43 条第 2 項第 1 号の認定について 建築基準法第 43 条第 1 項では 建築物の敷地は建築基準法による道路に2m 以上接していなければならないと規定されています この例外として 当該規定に適合しない敷地であっても 法第 43 条第 2 項第 2 号 ( 旧法第 43 条

※一戸建て住宅に附属するもの(駐輪場等)は、一戸建て住宅に含まれる。 ④ 敷地と道路の間の河川、水路等に架かる橋・蓋等又は里道、買収済の道路予定地等 と上の道路を合わせた道を 42 規定する道路とみなした場合に、 52 (容積率) 、 56 (高さ制限) 、 56 の 2(日影制限) 、 58 (高度地区) 、 令 20 (採光の有効算定)及び建築基準施行条例の規定に適合すること。 ※ 52 (容積率)の適用について、下図のように河川・水路等の一部に橋・蓋等が設けられ ている場合は、相当区間にわたって存在する上の道路幅員を前面道路の幅員とみなし適用する。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 1. 手続き関係等 2 4. 集団規定関係 25 建築確認が必要な建築物について ( 法第 6 条 ) 敷地と道路 ( 法第 42~ 第 44 条 ) 建築 検査 定期報告制度 ( 法第 6 条 法第 12 条第 1 項 ) 接道義務 ( 法第 43 条 ) 定期報告制度 ( 法第 6 条 法

目次 1. 手続き関係等 2 4. 集団規定関係 25 建築確認が必要な建築物について ( 法第 6 条 ) 敷地と道路 ( 法第 42~ 第 44 条 ) 建築 検査 定期報告制度 ( 法第 6 条 法第 12 条第 1 項 ) 接道義務 ( 法第 43 条 ) 定期報告制度 ( 法第 6 条 法

※1:ロ準耐火建築物を含む。 ※2:劇場、映画館、演芸場に限る。 ※3:建物周囲に幅員3m以上の通路を設けるなどの要件を満たすものに限る。 A.主要構造部の制限【用途に応じた規制】 (27) ○ 建築物の用途上の特殊性(建築物の利用上の特性や在館者の特性など、避難困難性に関わるもの)に応じ、 一般の建築物と区分して「特殊建築物」との区分を設けた上で、当該用途にする部分の階数及び床面積に応じ、 その主要構造部に一定の性能(非損傷性・遮熱性・遮炎性)を要求。
さらに見せる

44 さらに読み込む

16 第 1010 号 7 月 31 日 広島市告示第 318 号 6 月 6 日大規模小売店舗立地法 ( 平成 10 年法律第 91 号 ) 第 6 条第 1 項の規定により大規模小売店舗の届出事項の変更の届出があったので, 同条第 3 項において準用する同法第 5 条第 3 項の規定により, 次

16 第 1010 号 7 月 31 日 広島市告示第 318 号 6 月 6 日大規模小売店舗立地法 ( 平成 10 年法律第 91 号 ) 第 6 条第 1 項の規定により大規模小売店舗の届出事項の変更の届出があったので, 同条第 3 項において準用する同法第 5 条第 3 項の規定により, 次

ウ 残る2団体については,広島高速交通株式会社は,同社が公 共交通機関として高い公共性を有していることを踏まえ,同社 が策定した経営健全化計画に対する本市の支援策として,日本 政策投資銀行からの借入額を一括返済するための資金を平成 15年から無利子による短期貸付金として貸し付けることに し,借入先を本市に一本化するとともに,平成25年度まで毎 年度5億円ずつ減額した上で貸付けを行ってきた。この短期貸 付けに係る予算及び年度末に同社が民間金融機関から短期的に 借り入れる資金の損失補償については,毎年度議会の議決を受 けている。
さらに見せる

37 さらに読み込む

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

食品衛生法第十九条第一項の規定に基づく表示の基準に関する内閣府令

イ 分別生産流通管理(組換えDNA技術応用作物(別表一の上欄に掲げる作物のうち組換え DNA技術(酵素等を用いた切断及び再結合の操作によって、DNAをつなぎ合わせた組換え DNA分子を作製し、それを生細胞に移入し、かつ、増殖させる技術をいう。)を応用して生 産されたものをいう。以下同じ。)及び非組換えDNA技術応用作物(別表一の上欄に掲げ る作物のうち組換えDNA技術応用作物でないものをいう。以下同じ。)を生産、流通及び加 工の各段階で善良なる管理者の注意をもって分別して行う管理であって、その旨を証明する書 類により明確にしたものをいう。以下同じ。)が行われたことを確認した組換えDNA技術応 用作物である食品又は組換えDNA技術応用作物を原材料とする加工食品(当該加工食品を原 材料とするものを含む。 (2)において同じ。)次の(1)又は(2)の区分に応じ、それぞれ 次の(1)又は(2)に掲げる事項
さらに見せる

17 さらに読み込む

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

(1) 採 用 ( 第 3 条 第 4 条 第 1 号 及 び 第 5 条 (ただし 第 2 項 第 2 号 は 準 用 しない ) (2) 退 職 ( 第 13 条 ただし 第 1 項 第 3 号 及 び 第 4 号 は 準 用 しない ) (3) 解 雇 ( 第 14 条 から 第 18 条 )

16 期末手当及び勤勉手当は、勤務期間等に応じ、一般職給与規定する国家公務 員に係る期末手当及び勤勉手当の規定を準用して支給する。ただし、期間率については、 給与規程25規定を準用する。 2 前項の場合において、 6月の期末手当の額は期末手当基礎額に100分の122.5を、 12月の期末手当の額は期末手当基礎額に100分の13.5を、勤勉手当の額は勤 勉手当基礎額に100分の0を乗じて得た額とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

確認申請書(法第88条第2項に規定する工作物) 確認申請関係|武蔵野市公式ホームページ

確認申請書(法第88条第2項に規定する工作物) 確認申請関係|武蔵野市公式ホームページ

⑬ 工作物の名称又は工事名が定まつているときは、11 欄に記入してください。 ⑭ 建築基準 88 において準用する同 86 (同 48 から 12 まで及び同 51 に係る部分に限る。)の規定の適用を受ける場合において は、工事の完了後においても引き続き同(同 86 において 準用する場合を含む。)の適用を受けない規定並びに当該規定に適合しないこととなつた時 期及び理由を 11 欄又は別紙に記載して添えてください。
さらに見せる

1 さらに読み込む

3 項 第 62 条第 3 項及び第 63 条第 3 項並びに業務方法書の取扱い第 11 条及び第 13 条第 1 項の改正規定 ( 第 4 項 を 第 3 項 に改正する部分に限る ) は 平成 27 年 1 0 月 14 日から 業務方法書の取扱い第 2 条第 1 項第 1 号の改正規定は 平成

3 項 第 62 条第 3 項及び第 63 条第 3 項並びに業務方法書の取扱い第 11 条及び第 13 条第 1 項の改正規定 ( 第 4 項 を 第 3 項 に改正する部分に限る ) は 平成 27 年 1 0 月 14 日から 業務方法書の取扱い第 2 条第 1 項第 1 号の改正規定は 平成

(1) 国債証券の売買等 決済日等(計算日から起算して3日目の日 以降に到来するものに限る。以下このにお いて同じ。)ごと、銘柄ごとの国債証券の売 買等に係る金銭の受領額と支払額の差引額 (計算日のレギュラー受渡日(計算日から起 算して3日目の日(当該日が利払期日前3日 間(銀行休業日を除外する。)に該当する場 合は利払期日、当該日が償還期日前3日間 (銀行休業日を除外する。)に該当する場合 は償還期日)をいう。以下同じ。)が当該銘 柄の利払期日(計算日以降最初に到来するも のに限る。以下同じ。)の4日前の日までに 到来する場合においては、決済日等が当該利 払期日以降に到来する国債証券の売買等に 係る金銭の受領額に当該銘柄に係る利金相 当額を加算した額と支払額に当該銘柄に係 る利金相当額を加算した額の差引額)につい て、それぞれ、決済日等ごと、銘柄ごとに当 社が定める割引率を使用して算出した、計算 日のレギュラー受渡日における現在価値を、 受領又は支払いの別ごとに合算した額とす る。
さらに見せる

30 さらに読み込む

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(5) 農 地 法 ( 昭 和 27 年 法 律 第 229 号 )による 農 地 転 用 が 許 可 されないと 見 込 ま れる 農 用 地 (6) 森 林 法 ( 昭 和 26 年 法 律 第 249 号 ) 第 25 条 第 1 項 第 25 条 の2 第 1 項 及 び 第 41 条 第

(建築物等に関する事項) 12 建築物等に関する基準は、市街化調整区域等におけるゆとりある良好 な 都市環境 の維持及び増進を図るため、次の各号に掲げる地区計画の類型に応 じ、当該各号に定めるものとするほか、当該対象地区の特性に応じた必要な事 について定めるものとする。ただし、区域内の既存の建築物については、こ れらのすべてを、区域内の既存の建築物が建っている敷地については敷地面積 の最低限度を適用除外とすることができる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

規定する指定介護予防サービス事業者 同法第 54 条の2 第 1 項に規定する指定地域密着型介護予防サービス事業者若しくは同法第 115 条の45 の3 第 1 項に規定する指定事業者の指定を受け 児童福祉法第 21 条の5の3 第 1 項に規定する指定障害児通所支援事業者の指定を受け 障害者総合支

規定する指定介護予防サービス事業者 同法第 54 条の2 第 1 項に規定する指定地域密着型介護予防サービス事業者若しくは同法第 115 条の45 の3 第 1 項に規定する指定事業者の指定を受け 児童福祉法第 21 条の5の3 第 1 項に規定する指定障害児通所支援事業者の指定を受け 障害者総合支

ア 介護保険規定する通所介 護、同規定する通所リハビリテーシ ョン(入浴及び食事の提供を伴うものに限る。 以下このにおいて同じ。)、同に規 定する短期入所生活介護、同10規定す る短期入所療養介護、同16規定する認 知症対応型通所介護、同17規定する小 規模多機能型居宅介護、同の2 に規 定する介護予防通所リハビリテーション(入浴 及び食事の提供を伴うものに限る。以下この において同じ。)、同規定する介護 予防短期入所生活介護、同規定する 介護予防短期入所療養介護、同13規定 する介護予防認知症対応型通所介護、同 14規定する介護予防小規模多機能型居 宅介護又は同115の451号ロに 規定する一号通所事業(地域における医療 び介護の総合的な確保を推進するための関係 法律の整備等に関する法律(平成26年法律83 号)規定(同附則3号に掲 げる改正規定に限る。)による改正前の介護保 険の2規定する介護予防通 所介護に相当するものとして市町村が定める ものに限る。28号において同じ。)に係る施 設への要介護者又は同規定 する要支援者(以下「要支援者」という。)の 通所又は入所の用に専ら供するもの
さらに見せる

10 さらに読み込む

年国土交通省告示第 586 号を それぞれ制定するとともに 省エネ要件の緩和措置の廃止については 令第 26 条第 25 項第 6 号並びに第 26 条の4 第 7 項及び第 18 項の規定に基づき平成 20 年国土交通省告示第 513 号の一部を 令第 26 条の28の5 第 11 項の規定に基づ

年国土交通省告示第 586 号を それぞれ制定するとともに 省エネ要件の緩和措置の廃止については 令第 26 条第 25 項第 6 号並びに第 26 条の4 第 7 項及び第 18 項の規定に基づき平成 20 年国土交通省告示第 513 号の一部を 令第 26 条の28の5 第 11 項の規定に基づ

吹込用ロックウール断熱材 25K 建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種1 B 住宅用グラスウール断熱材 16K相当 建築物断熱用吹付け硬質ウレタンフォームA種2 住宅用グラスウール断熱材 20K相当 A種ポリエチレンフォーム保温板3種 A種ビーズポリスチレンフォーム保温板4号 A種フェノールフォーム保温板2種2号 A種ポリエチレンフォーム保温板1種1号 E A種押出ポリスチレンフォーム保温板3種 A種ポリエチレンフォーム保温板1種2号 A種硬質ウレタンフォーム保温板2種1号 C 住宅用グラスウール断熱材 24K相当 A種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号 住宅用グラスウール断熱材 32K相当 A種硬質ウレタンフォーム保温板2種3号 高性能グラスウール断熱材 16K相当 A種硬質ウレタンフォーム保温板2種4号 高性能グラスウール断熱材 24K相当 A種フェノールフォーム保温板2種3号 高性能グラスウール断熱材 32K相当 F A種フェノールフォーム保温板1種1号 吹込用グラスウール断熱材 30K、35K相当 A種フェノールフォーム保温板1種2号 住宅用ロックウール断熱材(マット)
さらに見せる

62 さらに読み込む

Show all 10000 documents...