当ファンドは東証株価指数(TOPIX)

Top PDF 当ファンドは東証株価指数(TOPIX):

ファンドの目的 特色 < ファンドの目的 > 当ファンドは 東証 1 部上場株式 (TOPIX( 東証株価指数 ) 構成銘柄 ) を主要投資対象とし 投資信託財産の成長を目標に 積極的な運用を行うことを基本とします < ファンドの特色 > 1 ダブルアルファ運用により安定した収益の獲得を目指します

ファンドの目的 特色 < ファンドの目的 > 当ファンドは 東証 1 部上場株式 (TOPIX( 東証株価指数 ) 構成銘柄 ) を主要投資対象とし 投資信託財産の成長を目標に 積極的な運用を行うことを基本とします < ファンドの特色 > 1 ダブルアルファ運用により安定した収益の獲得を目指します

騰落率、データソースが提供する各指数をもとに、株式会社野村総合研究所が計算しております。株式会社野村総合研究所及び各指数のデータソース、その内容に ついて、信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性を含む一切の保証を行いません。また、株式会社野村総合研究所及び各指数のデータソース、当該騰落率に関 連して資産運用または投資判断をした結果生じた損害等、当該騰落率の利用に起因する損害及び一切の問題について、何らの責任も負いません。 東証株価指数(TOPIX) (配当込み)
さらに見せる

12 さらに読み込む

上場インデックスファンドTOPIX TOPIX(東証株価指数) | 日本取引所グループ

上場インデックスファンドTOPIX TOPIX(東証株価指数) | 日本取引所グループ

.対象指標の概要 T IX 東証株価指数:T IX Tokyo Stock rice Index 略称 東京証券 引所第一部 場 国株全銘柄を対象 算出 指数 わ 国 株式市場全体 値動 を表 代表的 株価指数 東京証券 引所 算出 公表 いま 算出方法 年 日 時価総額を ン そ 後 時価総額を指数化 も

2 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 当ファンドは 日経平均レバレッジ インデックスを対象指数とし 基準価額の変動率を対象指数の変動率に一致させることを目指して運用を行います 日経平均レバレッジ インデックスは 日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の 2 倍として計算された指数で 2001 年 12

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 当ファンドは 日経平均レバレッジ インデックスを対象指数とし 基準価額の変動率を対象指数の変動率に一致させることを目指して運用を行います 日経平均レバレッジ インデックスは 日々の騰落率を日経平均株価の騰落率の 2 倍として計算された指数で 2001 年 12

b.委託会社、信託約款の規定により受益権を上場したすべての金融商品取引所に おいて上場廃止になった場合、対象指数が廃止されたとき、対象指数の公示性または 市場性が失われたとき、対象指数に継続性を失わせるような改定が行われたとき 等で、それに代わる新たな対象指数を定めることができない場合、受託会社と合意 のうえ、この信託契約を解約し繰上償還させます。なお、すべての金融商品取引所に おいて当該受益権の上場が廃止された場合に、委託会社、その廃止された日に、 繰上償還するための手続きを開始するものとします。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1 ファンドの目的 特色 ファンドの目的 米国製造業株式マザーファンド ( 以下 マザーファンド ということがあります ) 受益証券に投資を行うと同時に 米国の株価指数先物取引 ( 以下 株価指数先物取引 ということがあります ) および為替先渡取引等を活用することにより 信託財産の中長期的な成長を

1 ファンドの目的 特色 ファンドの目的 米国製造業株式マザーファンド ( 以下 マザーファンド ということがあります ) 受益証券に投資を行うと同時に 米国の株価指数先物取引 ( 以下 株価指数先物取引 ということがあります ) および為替先渡取引等を活用することにより 信託財産の中長期的な成長を

ファンドの実質的な現物株式部分の運用、米国の製造業に関連した銘柄にアクティブに投資 するものであり、実質的な株式組入比率の調整にあたって、S&P500先物等を用います。したが って、ファンドの基準価額、米国の株式市場全体の値動きまたは意図した実質株式組入比率 を反映した動きとならないことがあります。実質投資割合信託財産の純資産総額を超える 場合があり、委託会社の判断と反対方向に米国の株式市場および円に対する米ドルの為替 レ-トが動いた場合、想定以上に損失が膨らむことがあります。また、実質的な株式組入比率が -50%の場合、米国の株式市場全体が上昇してもファンドの基準価額下落することがあり ます。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的本ファンドは わが国の公社債に投資するとともに 株価指数先物取引を積極的に活用し 日々の基準価額の値動きがわが国の株式市場全体の値動きの概ね3.7 倍程度逆となる投資成果を目指して運用を行います ファンドの特色 純資産総額 ( イメージ図 ) 株価指数先物取引の売

ファンドの目的 特色 ファンドの目的本ファンドは わが国の公社債に投資するとともに 株価指数先物取引を積極的に活用し 日々の基準価額の値動きがわが国の株式市場全体の値動きの概ね3.7 倍程度逆となる投資成果を目指して運用を行います ファンドの特色 純資産総額 ( イメージ図 ) 株価指数先物取引の売

○JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円ベース)、 J.P.Morgan Securities LLCが算出、公表している、新興国が発行する現地通貨建て国債を対象にした指数です。なお、JPモルガン・ ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイドに関する著作権、知的財産権その他 一切の権利、J.P.Morgan Securities LLCに帰属します。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 わが国の株式を中心に投資し 中期的に TOPIX( 東証株価指数 ) を上回る投資成果を目指します ファンドの特色 1. わが国の取引所上場株式に投資し ファミリーファンド方式で運用を行います 企業本来の投資価値 ( フェアバリュー ) と比べて 現在の株価が割

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 わが国の株式を中心に投資し 中期的に TOPIX( 東証株価指数 ) を上回る投資成果を目指します ファンドの特色 1. わが国の取引所上場株式に投資し ファミリーファンド方式で運用を行います 企業本来の投資価値 ( フェアバリュー ) と比べて 現在の株価が割

●本書、金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書です。 ●本書にファンドの約款の主な内容が含まれておりますが、約款の全文投資信託説明書(請求目論見書)に掲載されております。 ●ファンドに関する投資信託説明書(請求目論見書)、委託会社のホームページで閲覧、ダウンロードできます。 この目論見書により行うキャッシュフロー経営評価オープンの募集について、委託会社、金融商品取引法(昭和23年法律 第25号)第5条の規定により有価証券届出書を2018年9月28日に関東財務局長に提出しており、2018年9月29日にその届 出の効力が生じております。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 マザーズ コア上場投信 ( 以下 ファンド または 当ファンド といいます ) は 東証マザーズ Core 指数を対象指標とし 基準価額の変動率を対象指標の変動率に一致させることを目指して 東証マザーズ Core 指数に採用されている株式に投資を行います ファン

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 マザーズ コア上場投信 ( 以下 ファンド または 当ファンド といいます ) は 東証マザーズ Core 指数を対象指標とし 基準価額の変動率を対象指標の変動率に一致させることを目指して 東証マザーズ Core 指数に採用されている株式に投資を行います ファン

交換時及び償還時の差益(譲渡益)に対して20.315% ※ 少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」をご利用の場合、毎年、年間120万円の範囲で新たに購入した公募株式投資信託などから生じる配当所得およ び譲渡所得が5年間非課税となります。ご利用になれるの、満20歳以上の方で、販売会社で非課税口座を開設するなど、一定の条件に該当する方が対象 となります。また、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)をご利用の場合、20歳未満の居住者などを対象に、年間80万円の範囲で新たに購入した 公募株式投資信託などから生じる配当所得および譲渡所得が5年間非課税となります。詳しく、販売会社にお問い合わせください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ご留意事項 (1) ページ :2/6 当ファンドに係るリスクについて 当ファンドは 公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します また 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を

ご留意事項 (1) ページ :2/6 当ファンドに係るリスクについて 当ファンドは 公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します また 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を

a.株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用しますが、当該取引の値動きと対象指標との値動きが一致しないことにより、 対象指標の変動率とファンドの基準価額の変動率にかい離が生じることがあります。 b.株価指数先物取引に先物満期日(以下「限月」)があるため、当該先物取引を異なる限月の取引に乗り換えていくこと(「ロール オーバー」といいます。)となります。このとき、買い建てている先物を売却し、乗り換え対象となる限月の先物を買い建てることになり ますが、限月が異なるため2つの先物取引に元来価格差があります。それにより、対象指標の変動率とファンドの基準価額の変 動率にかい離が生じることがあります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

TOPIX連動型上場投信 TOPIX(東証株価指数) | 日本取引所グループ

TOPIX連動型上場投信 TOPIX(東証株価指数) | 日本取引所グループ

T 現在値 前日比 売買高 PC 情報 ン カ NAV 配金 http://www.tse.idmanagedsolutions.com/iopv/table?language=jp&iopv=1 資料 作成時 T TN 概要 明 目的 投資勧誘 目的 い く 金融商品 取引法 基 く開示資料 い

2 さらに読み込む

バンガード 株価指数連動型 ETF

バンガード 株価指数連動型 ETF

• 「Vanguard」(日本語での「バンガード」を含む)、「Vanguard ETF」、「Vanguard ETFs」及び帆船を模したロゴ、「The Vanguard Group, Inc.」の商標です。 • バークレイズ・リスク・アナリティクスおよびインデックス・ソリュー ションズ・リミテッドおよびその関連会社(「バークレイズ」)、 バンガードファンドのスポンサーでなく、またその保証、販売、 販売促進も行いません。バークレイズ、バンガードファンドへの 投資の妥当性に関しておよび一般的な証券投資の妥当性に関して 何らかの表明をすること一切いたしません。バークレイズとバン ガードとの唯一の関係、バンガードおよびバンガードファンドと 関係なくバークレイズが決定、構築、算出した指数のライセンス をバンガードに提供することのみです。バークレイズ指数の決 定、構築、算出において、バンガードおよびバンガードファンドの 所有者の要求を考慮する義務を負いません。バークレイズ、バ ンガードファンドの管理、マーケティングおよび売買に関して、一切 の義務や法的責任を負いません。
さらに見せる

12 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

・ 算出対象が上場廃止となる場合、上場廃止日に除外する。整理銘柄指定に割り当てら れる場合、整理指定日の 4 営業日後に除外する。 ・ 市場変更及び上場廃止等により算出対象銘柄数が 15 銘柄に満たなくなる場合、算出対 象銘柄数が 15 銘柄となるよう 10 月最終営業日に算出対象を追加する (追加となる銘柄 について 10 月第 5 営業日に公表する) 。なお、追加銘柄の選定、時価総額(浮動株 ベース)を基準とし、流動性(貸借状況等を含む ) 、利益、及び配当状況等を勘案して 東証が選定する。
さらに見せる

8 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

6. 東証 REIT 用途別指数シリーズの銘柄選定 (1 )銘柄選定概要 ・ 東 証 REIT 用 途 別 指 数 シ リ ー ズ 、 東 証 REIT 指 数 の 算 出 対 象 を 母 集 団 と し 、 各 REIT の投資物件の用途に着目して、構成銘柄を選定する。各 REIT 、有価証券報告 書の記載事項を基に、 「オフィス」 、 「住宅」 、 「商業・物流等」の 3 つのいずれかに銘柄 を分類する( 1 つの REIT 1 つの用途のみに分類され、複数の指数組入れられ ない)
さらに見せる

13 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

資料 日経 東証 著作物 あ 資料 全部又 一部 い 形式 日経 東証 無断 複写 複製 転載 流 こ 資料 JPX 日経中小型株指数 い 深く理解い くこ 目的 作成 あ JPX 日経中小型株指数 象 金融商品等 売買 関 勧誘 行う あ 資料 作成時点 信頼 思わ 各種情報 タ 基 い 作 成さ い 確性 相当性 完全性 日経 東証 責任 い 資料 記載さ 情報 利用 こ

2 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

い。 東証 本資料を利用さ 方 本資料 記載さ 情報を利用 発生 い 費用又 損害等 い そ 責 を負わ い 東証 東証 REIT Core 指数 い 配当 指数 配当込 指数を算出 当該資料 い 便宜的 益権 口数及び投資口を株式 株 表記

11 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

ス 100 指数 追加 場合 新規 場日 ( 注 2) 基準値段 東証配当 ス100 指数 算出対象 東証配当 ス100指数 算出対象 い会社 TOPIX 1000構成銘柄若 く 東証 REIT指数構成銘柄 を存 会社等 株式 交換 吸 合併 伴い 場廃 存 会社等 東証配当 ス100指数 追加 場合

15 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

注  銘柄数 場廃止等 伴い 今後変動 可能性 あ ま 注 予想配当 株式 東洋経済新報社予想 EIT 会社予想 利回 年 月 日現在 本資料 東証の著作物 あ 本資料の全部又 一部 い 形式 東証 無断 複写 複製又 転載 こ きま 本資料 株価指数への理解 高め め 作成さ 資料 あ 価証 の売 等 関 勧誘等 行う めの の あ ま 。ま 東証 本資料 利用さ 方

4 さらに読み込む

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

株価指数ラインナップ | 日本取引所グループ

22 サムティ・レジデンシャル投資法人 投資証券 23 ジャパン・シニアリビング投資法人 投資証券 24 野村不動産マスターファンド投資法人 投資証券 25 いちごホテルリート投資法人 投資証券

1 さらに読み込む

年 月 J-REIT 市場について 東証 REIT 指数 ( 配当込み ): 左軸 予想配当利回り : 右軸 東証 REIT 指数 : 左軸 年 月末 年 月末 月次騰落率 東証 REIT 指数,.,9. -.% 東証 REIT 指数 ( 配当込み ),.,. -.9% J-REIT 予想配当利回り

年 月 J-REIT 市場について 東証 REIT 指数 ( 配当込み ): 左軸 予想配当利回り : 右軸 東証 REIT 指数 : 左軸 年 月末 年 月末 月次騰落率 東証 REIT 指数,.,9. -.% 東証 REIT 指数 ( 配当込み ),.,. -.9% J-REIT 予想配当利回り

●保証金・証拠金:【信用】最低委託保証金 30 万円が必要です。信用取引委託保証金の額を上回る取引が可能であり、取引額の 30%以上の委託保証 金が必要です。【先物・オプション】発注必要証拠金および最低維持証拠金、「(SPAN 証拠金額×当社が定める掛け目)-ネットオプション価値の総額」 とし、選択取引コース・取引時間によって掛け目異なります。当社の Web サイトをご確認ください。また、変更の都度、当社の Web サイトに掲載いたしま す。【株価指数証拠金取引】発注証拠金(必要証拠金)株価指数ごとに異なり、取引所により定められた証拠金基準額となります。Web サイトで最新のも のをご確認ください。【FX】個人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)、取引所 FX では、取引所が定める証拠金基準額に選択レバレッジコースに応じ た所要額を加えた額とし、店頭 FX では、取引金額(為替レート×取引数量)× 4%以上の額とします。法人のお客様の発注証拠金(必要証拠金)、取引 所 FX では、取引所が定める証拠金基準額とし、店頭 FX では、取引金額(為替レート×取引数量)× 0.34%以上(最低 500 円)の額とします。発注証拠金 に対して、取引所FXで、1 取引単位(1 万又は 10 万通貨)、店頭FX では、1 取引単位(1,000 通貨)の取引が可能です。発注証拠金・取引単位通貨ご とに異なります。Web サイトで最新のものをご確認ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

当ファンド設定の背景 4 X J P E I K K N I 日本株式を取り巻く投資環境が改善する中 投資者にとって投資魅力度の高い会社で構成される新たな株価指数 JPX日経インデックス400 が導入されました 当ファンドは 優れた経営効率と利益成長力を有し 株価の上昇が期待される銘柄に厳選投資し

当ファンド設定の背景 4 X J P E I K K N I 日本株式を取り巻く投資環境が改善する中 投資者にとって投資魅力度の高い会社で構成される新たな株価指数 JPX日経インデックス400 が導入されました 当ファンドは 優れた経営効率と利益成長力を有し 株価の上昇が期待される銘柄に厳選投資し

上記、高ROE銘柄群・高増益率銘柄群などのパフォーマンスを示したものであり、ファンドの運用実績でありません。各銘柄群のパフォーマンス、毎月、ROEと増益率を用いてTOPIX構成銘柄を9つの 銘柄群に分割、各銘柄群の株価変動率の単純平均からTOPIXの変動率を差し引いて超過収益率を算出しています。ファンドの将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものでありません。 出所)ブルームバーグ等のデータをもとにニッセイアセットマネジメント作成 TOPIX構成銘柄を ROE、増益率を用いて
さらに見せる

20 さらに読み込む

ご留意事項 (1) ページ :2/5 当ファンドに係るリスクについて当ファンドは 株式や公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します 従いまして 投資元金を割り込むことがあり

ご留意事項 (1) ページ :2/5 当ファンドに係るリスクについて当ファンドは 株式や公社債等 短期金融資産 ( 以下 有価証券等 ) を投資対象とし 株価指数先物取引などのデリバティブ取引を利用するため これらの価格変動の影響により基準価額は変動します 従いまして 投資元金を割り込むことがあり

ファンドの受益権、東京証券取引所に上場し、当該取引所で取引されますが、その取引価格ファンドの運用に対する評 価や当該取引所における需給関係によって形成されるため、対象指標や基準価額と一致した推移とならず、一般にかい離を生じま す。また、ファンドの受益権当該取引所において活発な取引が行われるという保証ありません。したがって、ファンド受益権 の取引がまったく行われなかったり取引が行われたとしても制限的でファンドの受益権の当該取引所における取引価格に悪影響 したり購入者が処分に窮する場合があります。また、同取引所においてどのような価格で取引がなされるのかを予想することでき ません。さらに、指定参加者(ファンドの募集の取り扱いを行う者で、ファンドの販売会社。)ファンド受益権の当該取引所に おける円滑な流通の確保に努めることとなっておりますが、継続的に呼び値を提示する義務を負うものでありませんので、市場で の需給の状況によってファンドを希望する時にまたは希望する価格で売買することが困難となる場合又は売買すること自体が 不可能となる場合があります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...