廃棄物 処理及び清掃 関

Top PDF 廃棄物 処理及び清掃 関:

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

まえがき この「しおり」は、産業廃棄を排出する事業者が、産業廃棄の適正処理と減 量化を進める上で知っておくべき法令の内容を取りまとめたものです。 産業廃棄処理について規定している「廃棄処理及び清掃に関する法律」 (以下「廃棄処理法」といいます。 )は、平成 22 年に改正され、排出事業者が産 業廃棄処理を他人に委託する場合における努力義務として「処理の状況に関す る確認を行うこと」が明確化されるなど排出事業者責任がさらに強化されました。廃 棄処理法は、環境関係の法令の中でもとりわけ難解であると言われており、罰則 が厳しいこと(例えば、不法投棄・不法焼却に対する罰則は、行為者に課せられる 懲役が5年以下、両罰規定で法人に課せられる罰金が3億円以下です。)でも知られ ています。また、委託した処理業者が不法投棄をした場合には、委託基準やマニフ ェスト制度に違反した排出事業者は、その違反がケアレスミスによる委託契約書や マニフェストの記載不備などであったとしても、原状回復等の措置命令の対象とな ることがあります。さらに廃棄処理法で定める委託基準・マニフェスト制度や不 法投棄・不法焼却の禁止規定などには、水質汚濁防止法など多くの公害規制法令と 異なり「裾きり」という発想がなく、産業廃棄の排出量や委託回数の如何を問わ ず基準遵守義務が排出事業者に課せられることに注意が必要です。
さらに見せる

96 さらに読み込む

一廃棄物の減量その他その適正な処理の基本的な方向これまで我が国では 廃棄物の適正な処理を確保し 循環型社会を形成していくため 数次にわたる廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和四十五年法律第百三十七号 以下 廃棄物処理法 という ) の改正及びリサイクルの推進に係る諸法の制定等の対策が行われてき

一廃棄物の減量その他その適正な処理の基本的な方向これまで我が国では 廃棄物の適正な処理を確保し 循環型社会を形成していくため 数次にわたる廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和四十五年法律第百三十七号 以下 廃棄物処理法 という ) の改正及びリサイクルの推進に係る諸法の制定等の対策が行われてき

一般廃棄のうち特にし尿及び生活雑排水については、浄化槽及び下水道等の整備状況を勘案しつつ、その 衛生的な処理を確保するため、処理体制の維持等を図ることが必要である。 また、生ごみ、木くず、し尿処理汚泥、浄化槽汚泥等の廃棄系バイオマスの利活用は、循環型社会の形成 だけでなく、温室効果ガスの排出削減により地球温暖化対策にも資することから、飼料化、堆肥化、メタンガ ス化、BDF化等の処理方法の中から、これらを組み合わせることも含めて、再生品の品質や安全性の確保を 前提としつつ、地域循環圏の考え方や地域へのエネルギー供給を図る観点も踏まえ、エコタウンなどの拠点も 活用しながら、地域の特性に応じた適切な再生利用等を推進することが必要である。この際、廃棄系バイオ マスの利活用を効率的に行うことができるよう、分別・収集・選別の効率化を図る。とりわけ食品の一般廃棄 である事業系食品廃棄(生ごみ)に関し、排出事業者が自ら積極的に再生利用を実施しようとする場合に、 これを実現できるよう、民間事業者の活用も考慮した上で、適切な選択肢を設けることが必要である。
さらに見せる

16 さらに読み込む

(参考)関係法令2(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

(参考)関係法令2(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

ニ 学校教育法 に基づく短期大学若しくは高等専門学校又は旧専門学校令に基づく 専門学校の理学、薬学、工学、農学若しくはこれらに相当する課程において衛生工 学(旧専門学校令に基づく専門学校にあつては、土木工学。ホにおいて同じ。 )若し くは化学工学に関する科目を修めて卒業した後、四年以上廃棄処理に関する技 術上の実務に従事した経験を有する者

3 さらに読み込む

広域認定制度申請の手引き 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 9 条の 9 及び第 15 条の 4 の 3 に基づく廃棄物の広域的処理に係る特例制度の申請要領 最終改訂平成 26 年 3 月 環境省大臣官房廃棄物 リサイクル対策部廃棄物対策課 ( 一般廃棄物所管 ) 産業廃棄物課 ( 産業廃棄物所管

広域認定制度申請の手引き 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 9 条の 9 及び第 15 条の 4 の 3 に基づく廃棄物の広域的処理に係る特例制度の申請要領 最終改訂平成 26 年 3 月 環境省大臣官房廃棄物 リサイクル対策部廃棄物対策課 ( 一般廃棄物所管 ) 産業廃棄物課 ( 産業廃棄物所管

当 社 は 、 廃 棄 の 処 理 及 び 清 掃 に す る 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 9 条 の 9 第 1 項( 又 は 15 条の4の3第1項)に規定する環境大臣の認定を受けたいので申 請をいたしますが、当該申請については、別添「共同申請者一覧」に記載されている○社 が共同で行うこととし、 (代表申請者名)が代表し一括して行うことに同意いたします。 また、認定がなされた場合における、廃棄処理及び清掃に関する法律第9条の9第 6項及び第8項(又は第 15 条の4の3第3項において準用する第9条の9第6項及び第8 項)並びに廃棄処理及び清掃に関する法律施行令第5条の 10(又は第7条の5におい て準用する第5条の 10)の規定による変更の認定に係る申請及び変更の届出及び廃止の届 出、廃棄処理及び清掃に関する法律施行規則第6条の 24(又は第 12 条の 12 の 13 にお いて準用する第6条の 24)の規定による報告についても(代表申請者名)に一任し、 (代表 申請者名)が代表し一括して行うことに同意いたします。
さらに見せる

62 さらに読み込む

様式第二号の九 ( 第八条の四の六関係 ) ( 第 1 面 ) 産業廃棄物処理計画実施状況報告書 平成 30 年 6 月 14 日 広島県知事 様 提出者 住所 氏名 広島県府中市本山町 佐々田土建株式会社 代表取締役三島俊美 電話番号 廃棄物の処理及び清掃

様式第二号の九 ( 第八条の四の六関係 ) ( 第 1 面 ) 産業廃棄物処理計画実施状況報告書 平成 30 年 6 月 14 日 広島県知事 様 提出者 住所 氏名 広島県府中市本山町 佐々田土建株式会社 代表取締役三島俊美 電話番号 廃棄物の処理及び清掃

 2 「事業の種類」の欄には,日本標準産業分類の区分を記入すること。  3 「産業廃棄処理計画における目標値」の欄には,項目ごとに,産業廃棄処理計画に記   載した目標値を記入すること。  4 第2面には,前年度の産業廃棄処理に関して,①~⑭の欄のそれぞれに,(1)から(14)   に掲げる量を記入すること。

15 さらに読み込む

新ごみ処理施設の整備に向けた 施設整備の基本方針 資料 施設整備の基本方針 ( 案 ) (1) 施設整備の目的泉佐野市田尻町清掃施設組合 ( 以下 本組合 という ) 及び熊取町では 泉佐野市 田尻町及び熊取町から発生する一般廃棄物 ( ごみ及びし尿処理汚泥 ) を泉佐野市田尻町清掃施

新ごみ処理施設の整備に向けた 施設整備の基本方針 資料 施設整備の基本方針 ( 案 ) (1) 施設整備の目的泉佐野市田尻町清掃施設組合 ( 以下 本組合 という ) 及び熊取町では 泉佐野市 田尻町及び熊取町から発生する一般廃棄物 ( ごみ及びし尿処理汚泥 ) を泉佐野市田尻町清掃施

泉佐野市田尻町清掃施設組合(以下「本組合」という)及び熊取町では、泉佐野市、田 尻町及び熊取町から発生する一般廃棄(ごみ及びし尿処理汚泥)を泉佐野市田尻町清掃 施設組合第二事業所(焼却施設及び粗大ごみ処理施設)と熊取町環境センター(焼却施設 及び資源化施設)にて処理を行っている(以下、これら処理施設を「本施設」という)。

7 さらに読み込む

環循適発第 号 環循規発第 号 平成 2 9 年 8 月 8 日 各都道府県 各政令市廃棄物行政主管部 ( 局 ) 長殿 環境省環境再生 資源循環局廃棄物適正処理推進課長 廃棄物規制課長 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令等の 施行について (

環循適発第 号 環循規発第 号 平成 2 9 年 8 月 8 日 各都道府県 各政令市廃棄物行政主管部 ( 局 ) 長殿 環境省環境再生 資源循環局廃棄物適正処理推進課長 廃棄物規制課長 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令等の 施行について (

なお、水銀使用製品産業廃棄については、排出事業者により水銀使用製品であ るか判別可能なものを対象としており、上記①又は②に該当しないものであっても、 ③のとおり水銀又はその化合の使用に関する表示がされている水銀使用製品につ いては全て対象となることに留意すること。また、②で除かれている水銀使用製品 のうち、水銀使用製品が容易に取り外せる形式で組み込まれた製品については、水 銀使用製品を取り出してから、取り外したものを水銀使用製品産業廃棄として取 り扱うこと。一方、水銀使用製品が容易に取り出せない形式で組み込まれた製品に ついては、水銀使用製品を取り外す時に破損してしまい、水銀が飛散してしまうお それがあるので、取り外さずに排出すること。中間処理施設等で、②で除かれてい る水銀使用製品が産業廃棄となったものから①の水銀使用製品に該当するものが 取り出された場合には、その時点から取り出したものを水銀使用製品産業廃棄と して取り扱うこと。なお、水銀使用製品産業廃棄の対象となっていない産業廃棄 でも、水銀使用製品であることが確認された場合は、水銀使用製品産業廃棄に 準じ、環境上適正に扱われることが望ましい。
さらに見せる

16 さらに読み込む

(参考)関係法令1(廃棄物の処理及び清掃に関する法律等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

(参考)関係法令1(廃棄物の処理及び清掃に関する法律等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

2 技術管理者は、その管理に係る一般廃棄処理施設又は産業廃棄処理施設に関して 第八条の三第一項又は第十五条の二の三第一項に規定する技術上の基準に係る違反が行わ れないように、当該一般廃棄処理施設又は産業廃棄処理施設を維持管理する事務に従 事する他の職員を監督しなければならない。

1 さらに読み込む

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分の実施に関する要領

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分の実施に関する要領

廃棄処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分の実施に関する要領 (平成19年3月26日環境局長決裁) (目的) 第1条 この要領は,廃棄処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。 以下「法」という。)に基づく廃棄処理関係者に対する行政処分の実施及び行政処 分を行った事実等の公表に関して必要な事項を定めることにより,行政処分の公正か つ適切な執行を図るとともに,廃棄行政の一層の透明性の向上を図ることを目的と する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

山梨県産業廃棄物処理業者等不利益処分要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和 45 年法律第 137 号 以下 法 という ) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 ( 昭和 46 年政令第 300 号 ) 及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則

山梨県産業廃棄物処理業者等不利益処分要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和 45 年法律第 137 号 以下 法 という ) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 ( 昭和 46 年政令第 300 号 ) 及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則

山梨県産業廃棄処理業者等不利益処分要領 (目的) 第1条 この要領は、廃棄処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。 以下「法」という。)、廃棄処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第 300号)及び廃棄処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第3 5号)並びに行政手続法(平成5年法律第88号)、山梨県行政手続条例(平成7年山 梨県条例第46号)及び山梨県聴聞及び弁明の機会の付与に関する規則(平成6年山梨 県規則第43号)に定めるもののほか、産業廃棄の不適正な処理に係る不利益処分に ついて必要な事項を定めることにより、不利益処分の公正かつ適切な執行を図ることを 目的とする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

本日の説明内容 1. 公益社団法人全国都市清掃会議 ( 全都清 ) の概要 2. 市区町村における廃棄物処理の現状 3. 市区町村の現状 4. 廃棄物処理における市区町村の責任と課題 5. 廃棄物処理における事業者の役割と責任 6. 市民の役割 7. 廃棄物処理に関して 8. 循環型社会形成推進交付

本日の説明内容 1. 公益社団法人全国都市清掃会議 ( 全都清 ) の概要 2. 市区町村における廃棄物処理の現状 3. 市区町村の現状 4. 廃棄物処理における市区町村の責任と課題 5. 廃棄物処理における事業者の役割と責任 6. 市民の役割 7. 廃棄物処理に関して 8. 循環型社会形成推進交付

施設の老朽化によって、地域での廃棄処理能力の不足による日々の 廃 棄処理の停滞 、老朽化施設の破損・事故によるダイオキシンの発生等 市 民生活に重大な支障 を生じることがないよう廃棄処理施設を適切に更新 する必要がある。いわゆる 迷惑施設である廃棄処理施設 は、厳しい調整 の結果、 地域住民の理解 を得て整備を進めているが、交付金が確保されな いと 計画が白紙 に戻ってしまい、整備ができなくなることになる。
さらに見せる

46 さらに読み込む

LITHIUM MANGANESE DIOXIDE BATTERY 棄する際は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 にしたがい 事業者ユーザー様ご自身が産業廃棄物処理業者と契約した上で適正に処理されるようお願い致します ご不明な点がございましたら当社までご相談ください 電池が重なり合ってごちゃ混ぜ状態

LITHIUM MANGANESE DIOXIDE BATTERY 棄する際は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 にしたがい 事業者ユーザー様ご自身が産業廃棄物処理業者と契約した上で適正に処理されるようお願い致します ご不明な点がございましたら当社までご相談ください 電池が重なり合ってごちゃ混ぜ状態

危険申告書 Air Waybill 教育訓練 職務に応じた適切な指示を受けていること 危険教育訓練(試験付き)の受講が必要 ・SectionII の場合、AirWaybill の Natureandquantityofgoods欄に“LithiumionbatteriesincompliancewithSectionIIofPI965”および貨物機で輸送する場合 は“CargoAircraftOnly”または“CAO”の文言を記載すること。

9 さらに読み込む

青森市清掃工場の調査報告について 函館市廃棄物処理施設整備基本計画検討委員会 | 函館市

青森市清掃工場の調査報告について 函館市廃棄物処理施設整備基本計画検討委員会 | 函館市

建築構造:地 階,地 階,建物高 30m 鉄骨鉄筋コンクリート造,煙突 59m 一部 鉄筋コンクリート造 鉄骨造 処理方式:流動床式ガ 化溶融炉方式 処理能力: [可燃 処理施設]300t/日 (150t/日× 炉) [破砕選別処理施設]39.8t/日 日 時間稼働

7 さらに読み込む

廃棄物の適正な処理に向けて 廃棄物の処理及び清掃に関する法律は 昭和 46 年の施行以来 社会情勢に応じて平成 3 年 平成 9 年に大幅に改正されたほか 近年は毎年改正され 最終処分場の不足 不法投棄等の廃棄物処理をめぐる諸問題への対応など 廃棄物の適正な処理を確保するため総合的な対策が展開されて

廃棄物の適正な処理に向けて 廃棄物の処理及び清掃に関する法律は 昭和 46 年の施行以来 社会情勢に応じて平成 3 年 平成 9 年に大幅に改正されたほか 近年は毎年改正され 最終処分場の不足 不法投棄等の廃棄物処理をめぐる諸問題への対応など 廃棄物の適正な処理を確保するため総合的な対策が展開されて

このような業者には要注意! 北海道の許可を受けている処理業者であっても、不適正処理や不法投棄、破産等によっ て、毎年十数件の業者が、許可を取り消されたり、自ら廃業したりしています。 処理業者が処理できないと判断される場合には、委託した廃棄の撤去等の命令が、排 出事業者に対して発出される場合もありますので、遵法意識の高い適正な処理業者を排出 事業者自らが責任をもって選択するようにしてください。
さらに見せる

37 さらに読み込む

建築工事 ( 新営 ) 別添資料 4 建設廃棄物の種類について 廃棄物の処理及び清掃に関する法律( 以下 廃棄物処理法という ) に基づき 以下の種類に分類されています ( 参照元 : 産業廃棄物処理の手引き平成 29 年 9 月 ( 三重県環境生活部廃棄物 リサイクル課 HP にて公開 )) より

建築工事 ( 新営 ) 別添資料 4 建設廃棄物の種類について 廃棄物の処理及び清掃に関する法律( 以下 廃棄物処理法という ) に基づき 以下の種類に分類されています ( 参照元 : 産業廃棄物処理の手引き平成 29 年 9 月 ( 三重県環境生活部廃棄物 リサイクル課 HP にて公開 )) より

 <石綿含有廃棄のレベル>   【レベル1】:吹付け石綿   【レベル2】:耐火被覆板(ケイカル板2種)、断熱材(煙突、屋根折板)、保温材   【レベル3】:スレート、石綿含有岩綿吸音板、Pタイル、ケイカル板1種、サイジング、石綿セメント板、          石綿含有シール材(配管等のつなぎ目に使用される石綿を含有したパッキンなどのシール材) 9.石綿含有成形板等【レベル3】の処分は、埋め立て処分となるため、最終処分施設の受け入れ料金を適用すること。  【三重県環境生活部廃棄・リサイクル課確認済】
さらに見せる

20 さらに読み込む

事業系廃棄物 事業系廃棄物とは 事業活動に伴って排出される廃棄物の全てを指します 産業廃棄物と事業系一般廃棄物に大別され 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 以下 廃棄物処理法 という ) で定められた 20 種類の廃棄物を 産業廃棄物 といい それ以外の事業系廃棄物を 事業系一般廃棄物 といいま

事業系廃棄物 事業系廃棄物とは 事業活動に伴って排出される廃棄物の全てを指します 産業廃棄物と事業系一般廃棄物に大別され 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 以下 廃棄物処理法 という ) で定められた 20 種類の廃棄物を 産業廃棄物 といい それ以外の事業系廃棄物を 事業系一般廃棄物 といいま

第三条 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄を自らの責任において適正に処理しなければなら ない。 2 事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄の再利用等を行うことによりその減量に努めるとと もに、の製造、加工、販売等に際して、その製品、容器等が廃棄となった場合における処理 の困難性についてあらかじめ自ら評価し、適正な処理が困難にならないような製品、容器等の開 発を行うこと、その製品、容器等に係る廃棄の適正な処理の方法についての情報を提供するこ と等により、その製品、容器等が廃棄となった場合においてその適正な処理が困難になること のないようにしなければならない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

北部清掃センターにおける災害廃棄物試験焼却結果 廃棄物処理施設におけるモニタリング結果について | いわき市役所

北部清掃センターにおける災害廃棄物試験焼却結果 廃棄物処理施設におけるモニタリング結果について | いわき市役所

I : 放射性ヨウ素 Cs : 放射性セシウム  ※ 検出せず:検出下限値未満  注 太枠内が試験焼却期間の測定値。焼却炉の構造上、焼却の灰が排出されるまで5時間程度を要するため、    4月11日の投入開始日の翌日から1週間の値を採用  測定方法 ※ 1 N aI (TI ) シンチレーションスペクトロメータによる測定 ATO M TEX AT1320A ※ 2 G e半導体検出器による測定 CAN BERRA (G C2018)

13 さらに読み込む

「ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて」 長崎市│PCB廃棄物について

「ポリ塩化ビフェニル(PCB)使用製品及びPCB廃棄物の期限内処理に向けて」 長崎市│PCB廃棄物について

和31年9月29日における旧庵原郡内房村の区域を除く。)、伊東市、富士市(平成20年10月31日における旧庵原郡富 士川町の区域を除く。)、御殿場市、裾野市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、田方郡、賀茂郡、駿東郡。 関東東北産業保安監督部 電力安全課 048-600-0385 愛知県、長野県、岐阜県(北陸産業保安監督署及び近畿支部の管轄区域を除く。)、三重県(近畿支部の管轄区域を除く。)、 静岡県(関東東北産業保安監督部の管轄区域を除く。) 中部近畿産業保安監督部 電力安全課 052-951-2817 富山県、石川県、福井県(小浜市、三方郡、大飯郡及び三方上中郡を除く。)、岐阜県(飛騨市(平成16年1月31日に
さらに見せる

12 さらに読み込む

一般廃棄物処理計画

一般廃棄物処理計画

また,小型家電リサイクルについては協力事業者の設置拡大,更に周知啓蒙活動を強化 し,再資源化の促進,廃棄の適正な処理及び資源の有効な利用の確保を図る。 14 一般廃棄の排出抑制のための方策 一般廃棄の排出を抑制するためには,構成市町の施策と整合性を図りながら,循環 型社会形成推進基本法で規定される循環型社会の形成に関する施策を,総合的かつ計画 的に推進するための基盤を確立するとともに,3R化の促進及び排出者責任の強化とい った実効のある取り組みを実施することにより,環境保全に努めるものとする。 (1)ごみの排出抑制やリサイクルへの取り組みとして3Rを推進し,その優先順位と
さらに見せる

9 さらに読み込む

水銀廃棄物(廃棄物処理法)の改正内容(環境省による説明会資料) 水銀廃棄物の適正処理について  青森県庁ホームページ

水銀廃棄物(廃棄物処理法)の改正内容(環境省による説明会資料) 水銀廃棄物の適正処理について 青森県庁ホームページ

○ 2013 10 水銀 水俣条約外交会議 熊 及 水俣 開催 水銀 水俣条約 全会一致 採択 ○ 2015 条約締結 向 水銀 環境 汚染 防 法 水 銀汚染防 法 制定 大気汚染防 法や 廃棄処理法施行

49 さらに読み込む

Show all 10000 documents...