廃棄物の処理及び清掃に関する法律ㄥ改正ㄦ

Top PDF 廃棄物の処理及び清掃に関する法律ㄥ改正ㄦ:

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」

まえがき この「しおり」は、産業廃棄を排出する事業者が、産業廃棄適正処理と減 量化を進める上で知っておくべき法令内容を取りまとめたものです。 産業廃棄処理について規定している「廃棄処理及び清掃に関する法律」 (以下「廃棄処理法」といいます。 )は、平成 22 年に改正され、排出事業者が産 業廃棄処理を他人に委託する場合における努力義務として「処理状況に関す る確認を行うこと」が明確化されるなど排出事業者責任がさらに強化されました。廃 棄処理法は、環境関係法令中でもとりわけ難解であると言われており、罰則 が厳しいこと(例えば、不法投棄・不法焼却に対する罰則は、行為者に課せられる 懲役が5年以下、両罰規定で法人に課せられる罰金が3億円以下です。)でも知られ ています。また、委託した処理業者が不法投棄をした場合には、委託基準やマニフ ェスト制度に違反した排出事業者は、その違反がケアレスミスによる委託契約書や マニフェスト記載不備などであったとしても、原状回復等措置命令対象とな ることがあります。さらに廃棄処理法で定める委託基準・マニフェスト制度や不 法投棄・不法焼却禁止規定などには、水質汚濁防止法など多く公害規制法令と 異なり「裾きり」という発想がなく、産業廃棄排出量や委託回数如何を問わ ず基準遵守義務が排出事業者に課せられることに注意が必要です。
さらに見せる

96 さらに読み込む

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分の実施に関する要領

廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分の実施に関する要領

廃棄処理及び清掃に関する法律に基づく行政処分実施に関する要領 (平成19年3月26日環境局長決裁) (目的) 第1条 この要領は,廃棄処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。 以下「法」という。)に基づく廃棄処理関係者に対する行政処分実施及び行政処 分を行った事実等公表に関して必要な事項を定めることにより,行政処分公正か つ適切な執行を図るとともに,廃棄行政一層透明性向上を図ることを目的と する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

広域認定制度申請の手引き 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 9 条の 9 及び第 15 条の 4 の 3 に基づく廃棄物の広域的処理に係る特例制度の申請要領 最終改訂平成 26 年 3 月 環境省大臣官房廃棄物 リサイクル対策部廃棄物対策課 ( 一般廃棄物所管 ) 産業廃棄物課 ( 産業廃棄物所管

広域認定制度申請の手引き 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 9 条の 9 及び第 15 条の 4 の 3 に基づく廃棄物の広域的処理に係る特例制度の申請要領 最終改訂平成 26 年 3 月 環境省大臣官房廃棄物 リサイクル対策部廃棄物対策課 ( 一般廃棄物所管 ) 産業廃棄物課 ( 産業廃棄物所管

当 社 は 、 廃 棄 処 理 及 び 清 掃 に 関 す る 法 律 ( 昭 和 45 年 法 律 第 137 号 ) 第 9 条 9 第 1 項( 又 は 15 条3第1項)に規定する環境大臣認定を受けたいので申 請をいたしますが、当該申請については、別添「共同申請者一覧」に記載されている○社 が共同で行うこととし、 (代表申請者名)が代表し一括して行うことに同意いたします。 また、認定がなされた場合における、廃棄処理及び清掃に関する法律第9条9第 6項及び第8項(又は第 15 条3第3項において準用する第9条9第6項及び第8 項)並びに廃棄処理及び清掃に関する法律施行令第5条 10(又は第7条5におい て準用する第5条 10)規定による変更認定に係る申請及び変更届出及び廃止届 出、廃棄処理及び清掃に関する法律施行規則第6条 24(又は第 12 条 12 13 にお いて準用する第6条 24)規定による報告についても(代表申請者名)に一任し、 (代表 申請者名)が代表し一括して行うことに同意いたします。
さらに見せる

62 さらに読み込む

計画の策定にあたって 本計画は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 第 6 条第 1 項の規定される網走市における一般廃棄物処理に関する基本計画です 網走市では 平成 4 年に策定した基本計画に基づき ごみの減量化の推進 リサイクルセンターや最終処分場を整備するとともに 平成 16 年度にはごみ処理の

計画の策定にあたって 本計画は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 第 6 条第 1 項の規定される網走市における一般廃棄物処理に関する基本計画です 網走市では 平成 4 年に策定した基本計画に基づき ごみの減量化の推進 リサイクルセンターや最終処分場を整備するとともに 平成 16 年度にはごみ処理の

計画策定にあたって 本計画は、 「廃棄処理及び清掃に関する法律」第 6 条第 1 項規定される網走市における一般 廃棄処理に関する基本計画です。 網走市では、平成 4 年に策定した基本計画に基づき、ごみ減量化推進、リサイクルセンターや 最終処分場を整備するとともに、平成 16 年度にはごみ処理有料化実施、資源ごみ分別収集 拡充など、ごみ適正処理とリサイクル推進を図ってまいりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

様式第二号の八 ( 第八条の四の五関係 ) ( 第 1 面 ) 静岡県知事川勝平太 殿 産業廃棄物処理計画書 H25 年 6 月 28 日 提出者 住所静岡県磐田市新貝 2500 氏名 ヤマハ発動機株式会社 代表取締役柳弘之 電話番号 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 1

様式第二号の八 ( 第八条の四の五関係 ) ( 第 1 面 ) 静岡県知事川勝平太 殿 産業廃棄物処理計画書 H25 年 6 月 28 日 提出者 住所静岡県磐田市新貝 2500 氏名 ヤマハ発動機株式会社 代表取締役柳弘之 電話番号 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 1

  平成25年4月1日~平成26年3月31日 廃棄処理及び清掃に関する法律第12条第9項規定に基づき、産業廃棄減量その他その処 理に関する計画を作成したので、提出します。 ヤマハ発動機株式会社 磐田南工場

17 さらに読み込む

環循適発第 号 環循規発第 号 平成 2 9 年 8 月 8 日 各都道府県 各政令市廃棄物行政主管部 ( 局 ) 長殿 環境省環境再生 資源循環局廃棄物適正処理推進課長 廃棄物規制課長 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令等の 施行について (

環循適発第 号 環循規発第 号 平成 2 9 年 8 月 8 日 各都道府県 各政令市廃棄物行政主管部 ( 局 ) 長殿 環境省環境再生 資源循環局廃棄物適正処理推進課長 廃棄物規制課長 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令の一部を改正する政令等の 施行について (

廃棄処理及び清掃に関する法律施行令一部を改正する政令(平成 27 年政令第 376 号。以下「改正政令」という。)が平成 27 年 11 月 11 日に公布され、廃水銀及び廃水銀化 合(以下「廃水銀等」という。)並びに当該廃水銀等を処分するために処理したものの 特別管理一般廃棄又は特別管理産業廃棄指定等については平成 28 年4月1日よ り施行され、その改正趣旨、内容等については、「廃棄処理及び清掃に関する法律 施行令一部を改正する政令等施行について(通知)」(平成 27 年 12 月 21 日付け環廃 対発第 1512211 号・環廃産発第 1512212 号環境省大臣官房廃棄・リサイクル対策部廃棄 対策課長・産業廃棄課長通知)において通知したところである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

(8) 興信所 探偵事務所等 (9) 特定商取引に関する法律 ( 昭和 51 年法律第 57 号 ) において 連鎖販売取引と規定される業種 (10) 債権取立て 示談引受けなどをうたったもの (11) 法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行うもの例 : 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

(8) 興信所 探偵事務所等 (9) 特定商取引に関する法律 ( 昭和 51 年法律第 57 号 ) において 連鎖販売取引と規定される業種 (10) 債権取立て 示談引受けなどをうたったもの (11) 法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行うもの例 : 廃棄物の処理及び清掃に関する法律

(11)法令等に基づく必要な許可等を受けることなく業を行うもの 例:廃棄処理及び清掃に関する法律(昭和 45 年法律第 137 号)に基づく 市長許可を取得せず、違法に廃棄処理を行うもの(不用品を買い取 る又は無料で引き取るとしている場合において、別途輸送費・作業代など を要求し、実質的に処理料金を徴収するものも該当する。)

12 さらに読み込む

山梨県産業廃棄物処理業者等不利益処分要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和 45 年法律第 137 号 以下 法 という ) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 ( 昭和 46 年政令第 300 号 ) 及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則

山梨県産業廃棄物処理業者等不利益処分要領 ( 目的 ) 第 1 条この要領は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和 45 年法律第 137 号 以下 法 という ) 廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令 ( 昭和 46 年政令第 300 号 ) 及び廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則

山梨県産業廃棄処理業者等不利益処分要領 (目的) 第1条 この要領は、廃棄処理及び清掃に関する法律(昭和45年法律第137号。 以下「法」という。)、廃棄処理及び清掃に関する法律施行令(昭和46年政令第 300号)及び廃棄処理及び清掃に関する法律施行規則(昭和46年厚生省令第3 5号)並びに行政手続法(平成5年法律第88号)、山梨県行政手続条例(平成7年山 梨県条例第46号)及び山梨県聴聞及び弁明機会付与に関する規則(平成6年山梨 県規則第43号)に定めるものほか、産業廃棄不適正な処理に係る不利益処分に ついて必要な事項を定めることにより、不利益処分公正かつ適切な執行を図ることを 目的とする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

本日の説明内容 1. 公益社団法人全国都市清掃会議 ( 全都清 ) の概要 2. 市区町村における廃棄物処理の現状 3. 市区町村の現状 4. 廃棄物処理における市区町村の責任と課題 5. 廃棄物処理における事業者の役割と責任 6. 市民の役割 7. 廃棄物処理に関して 8. 循環型社会形成推進交付

本日の説明内容 1. 公益社団法人全国都市清掃会議 ( 全都清 ) の概要 2. 市区町村における廃棄物処理の現状 3. 市区町村の現状 4. 廃棄物処理における市区町村の責任と課題 5. 廃棄物処理における事業者の役割と責任 6. 市民の役割 7. 廃棄物処理に関して 8. 循環型社会形成推進交付

施設老朽化によって、地域で廃棄処理能力不足による日々 廃 棄処理停滞 、老朽化施設破損・事故によるダイオキシン発生等 市 民生活に重大な支障 を生じることがないよう廃棄処理施設を適切に更新 する必要がある。いわゆる 迷惑施設である廃棄処理施設 は、厳しい調整 結果、 地域住民理解 を得て整備を進めているが、交付金が確保されな いと 計画が白紙 に戻ってしまい、整備ができなくなることになる。
さらに見せる

46 さらに読み込む

廃棄物の適正な処理に向けて 廃棄物の処理及び清掃に関する法律は 昭和 46 年の施行以来 社会情勢に応じて平成 3 年 平成 9 年に大幅に改正されたほか 近年は毎年改正され 最終処分場の不足 不法投棄等の廃棄物処理をめぐる諸問題への対応など 廃棄物の適正な処理を確保するため総合的な対策が展開されて

廃棄物の適正な処理に向けて 廃棄物の処理及び清掃に関する法律は 昭和 46 年の施行以来 社会情勢に応じて平成 3 年 平成 9 年に大幅に改正されたほか 近年は毎年改正され 最終処分場の不足 不法投棄等の廃棄物処理をめぐる諸問題への対応など 廃棄物の適正な処理を確保するため総合的な対策が展開されて

このような業者には要注意! 北海道許可を受けている処理業者であっても、不適正処理や不法投棄、破産等によっ て、毎年十数件業者が、許可を取り消されたり、自ら廃業したりしています。 処理業者が処理できないと判断される場合には、委託した廃棄撤去等命令が、排 出事業者に対して発出される場合もありますので、遵法意識高い適正な処理業者を排出 事業者自らが責任をもって選択するようにしてください。
さらに見せる

37 さらに読み込む

事業系廃棄物 事業系廃棄物とは 事業活動に伴って排出される廃棄物の全てを指します 産業廃棄物と事業系一般廃棄物に大別され 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 以下 廃棄物処理法 という ) で定められた 20 種類の廃棄物を 産業廃棄物 といい それ以外の事業系廃棄物を 事業系一般廃棄物 といいま

事業系廃棄物 事業系廃棄物とは 事業活動に伴って排出される廃棄物の全てを指します 産業廃棄物と事業系一般廃棄物に大別され 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 以下 廃棄物処理法 という ) で定められた 20 種類の廃棄物を 産業廃棄物 といい それ以外の事業系廃棄物を 事業系一般廃棄物 といいま

木くず類(一般廃棄)【できるだけリサイクル】 食品系廃棄(一般廃棄)【できるだけリサイクル】  事業活動に伴う廃プラスチック類、ペットボトルは産業廃棄(P1 参照)として適正に処理さ れれば法律義務を果たしたことになりますが、事業者皆さまには「循環型社会」構築に 向け、さらなる取り組みが求められています。近年原油価格が高騰する等、廃プラスチック類は 重要な資源になりつつありますので、リサイクル推進にご協力をお願いします。
さらに見せる

7 さらに読み込む

LITHIUM MANGANESE DIOXIDE BATTERY 棄する際は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 にしたがい 事業者ユーザー様ご自身が産業廃棄物処理業者と契約した上で適正に処理されるようお願い致します ご不明な点がございましたら当社までご相談ください 電池が重なり合ってごちゃ混ぜ状態

LITHIUM MANGANESE DIOXIDE BATTERY 棄する際は 廃棄物の処理及び清掃に関する法律 にしたがい 事業者ユーザー様ご自身が産業廃棄物処理業者と契約した上で適正に処理されるようお願い致します ご不明な点がございましたら当社までご相談ください 電池が重なり合ってごちゃ混ぜ状態

Model Regulations 18th revised edition が発行されました。リチウム電池に関して主な変更内容は、損傷または欠陥ある電池輸送条件および 廃棄またはリサイクルされる電池輸送条件が新規に設定されたことです。 ①損傷 /欠陥あるリチウム電池輸送:特別規定376、包装基準P908またはLP904 に従ってClass 9危険として輸送する。 ②廃棄 /リサイクルされるリチウム電池輸送条件:特別規定377、包装基準P909に従ってClass 9危険として輸送する。 この内容は国際海上危険規定(IMDG Code)2014 年版に反映され、2015 年 1 月 1 日から適用されます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

様式第六号 ( 第九条の二関係 ) ( 第 1 面 ) 産業廃棄物収集運搬業許可申請書 平成年月日 名古屋市長 殿 申請者 住所 氏名 ( 法人にあっては 名称及び代表者の氏名 ) 電話番号 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 14 条第 1 項の規定により 産業廃棄物収集運搬業の許可を受けたいので

様式第六号 ( 第九条の二関係 ) ( 第 1 面 ) 産業廃棄物収集運搬業許可申請書 平成年月日 名古屋市長 殿 申請者 住所 氏名 ( 法人にあっては 名称及び代表者の氏名 ) 電話番号 廃棄物の処理及び清掃に関する法律第 14 条第 1 項の規定により 産業廃棄物収集運搬業の許可を受けたいので

1 ※欄は記入しないこと。 2 「法定代理人」欄から「令第6条 10 に規定する使用人」まで各欄については、該当 するすべて者を記載することとし、記載しきれないときは、この様式例により作成した書 面に記載して、その書面を添付すること。

20 さらに読み込む

一廃棄物の減量その他その適正な処理の基本的な方向これまで我が国では 廃棄物の適正な処理を確保し 循環型社会を形成していくため 数次にわたる廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和四十五年法律第百三十七号 以下 廃棄物処理法 という ) の改正及びリサイクルの推進に係る諸法の制定等の対策が行われてき

一廃棄物の減量その他その適正な処理の基本的な方向これまで我が国では 廃棄物の適正な処理を確保し 循環型社会を形成していくため 数次にわたる廃棄物の処理及び清掃に関する法律 ( 昭和四十五年法律第百三十七号 以下 廃棄物処理法 という ) の改正及びリサイクルの推進に係る諸法の制定等の対策が行われてき

さらに、市町村は、環境保全を前提としつつ、食品循環資源再生利用等を地域実情に応じて促進するた め、民間事業者活用・育成や市町村が自ら行う再生利用等実施等について、市町村が定める一般廃棄処 理計画において適切に位置付けるよう努めるものとする。また、特定家庭用機器一般廃棄うち小売業者が 家電リサイクル法に基づく引取義務を負わないもの、使用済小型電子機器等及び水銀使用製品が廃棄となっ たものについて、地域実情に応じた回収体制構築や住民へ普及啓発・周知徹底を行うよう努めるものと する。また、美しく豊かな自然を保護するため海岸における良好な景観及び環境保全に係る海岸漂着処理推進に関する法律(平成二十一年法律第八十二号)趣旨を踏まえ、市町村は、海岸漂着処 理に関し、必要に応じ、海岸管理者等に協力するものとする。都道府県は、一般廃棄処理に関する市町村 責務が十分果たされるように必要な技術的助言を与えるよう努めるものとする。その際、廃棄処理広域 化にあたっては、 区域内管下 市町村等関係機関と調整等推進に努めるものとする。また、その区域内 における産業廃棄排出抑制及び適正な循環的利用を促進し、例えば、産業廃棄処理に関する知見を有 する者協力を得つつ、産業廃棄 排出発生 抑制、減量等について、とりわけ中小零細排出事業者に対し 個別具体的な助言、提案等を行うよう努めるものとする。また、産業廃棄適正な処分が確保されるよう事 業者に対して必要な指導監督を実施し、厳格に法を執行していくものとする。さらに、事業者責任において 適正に処理しなければならないという原則に沿って、民間による処理体制確保を基本としつつ、必要な処理 能力を確保するため、廃棄処理センター等公共関与により、産業廃棄処理施設を整備することも検討す る。
さらに見せる

16 さらに読み込む

(参考)関係法令2(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

(参考)関係法令2(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行規則等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

ロ 学校教育法 に基づく大学(短期大学を除く。ハにおいて同じ。 )又は旧大学令に 基づく大学理学、薬学、工学若しくは農学課程において衛生工学(旧大学令に 基づく大学にあつては、土木工学。ハにおいて同じ。 )若しくは化学工学に関する科 目を修めて卒業した後、二年以上廃棄処理に関する技術上実務に従事した経 験を有する者

3 さらに読み込む

(参考)関係法令1(廃棄物の処理及び清掃に関する法律等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

(参考)関係法令1(廃棄物の処理及び清掃に関する法律等) 浦安市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例(案)|浦安市公式サイト

2 技術管理者は、その管理に係る一般廃棄処理施設又は産業廃棄処理施設に関して 第八条三第一項又は第十五条三第一項に規定する技術上基準に係る違反が行わ れないように、当該一般廃棄処理施設又は産業廃棄処理施設を維持管理する事務に従 事する他職員を監督しなければならない。

1 さらに読み込む

建築工事 ( 新営 ) 別添資料 4 建設廃棄物の種類について 廃棄物の処理及び清掃に関する法律( 以下 廃棄物処理法という ) に基づき 以下の種類に分類されています ( 参照元 : 産業廃棄物処理の手引き平成 29 年 9 月 ( 三重県環境生活部廃棄物 リサイクル課 HP にて公開 )) より

建築工事 ( 新営 ) 別添資料 4 建設廃棄物の種類について 廃棄物の処理及び清掃に関する法律( 以下 廃棄物処理法という ) に基づき 以下の種類に分類されています ( 参照元 : 産業廃棄物処理の手引き平成 29 年 9 月 ( 三重県環境生活部廃棄物 リサイクル課 HP にて公開 )) より

7.受け入れ料金単位は、円/m3とする。(設計時にm3(容量)設計は可能であるが、t(重さ)計測が困難なため) 8.石綿を含有している建設廃棄各レベル具体的建材は以下とおりである。レベル1・レベル2石綿含有廃棄(廃石綿等)処分費は、別途見積もり   によること。   石綿含有成形板等は、廃プラスチック類、ガラスくず等、がれき類3種類廃棄に含有されるため、3種類ごとに大別する。該当する種類単価を適用   すること。
さらに見せる

20 さらに読み込む

新規 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

新規 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

 廃棄処理及び清掃に関する法律第 14 条第1項規定により、産業廃棄収集運搬業許可を受けたい ので、関係書類及び図面を添えて申請します。 事業範囲(取り扱う産業廃棄 種類(当該産業廃棄に石綿含有産 業廃棄が含まれる場合は、その旨 を含む。)及び積替え又は保管を行う かどうかを明らかにすること。)
さらに見せる

5 さらに読み込む

新規 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

新規 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

(法人にあっては、名称および代表者氏名) 電話番号  廃棄処理及び清掃に関する法律第14条4第6項規定により、特別管理産業廃棄処分業許可を 受けたいので、関係書類及び図面を添えて申請します。

1 さらに読み込む

更新 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

更新 産業廃棄物処理業に関する申請書及び届出書等の様式 | 岡崎市ホームページ

 廃棄処理及び清掃に関する法律第 14 条第6項規定により、産業廃棄処分業許可を受けたい で、関係書類及び図面を添えて申請します。 事業範囲(処分方法ごとに区 分して取り扱う産業廃棄種類

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...