年 12 月期は 16 期連続の増収、8 期連続の増益を達成

Top PDF 年 12 月期は 16 期連続の増収、8 期連続の増益を達成:

218 年 3 月期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期比 15% 増 ) 4 期連続の過去最高益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2,

218 年 3 月期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期比 15% 増 ) 4 期連続の過去最高益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2,

ポートフォリオ3分類で見る実績 ■ ファイナンス:国内堅調な銀行事業や有価証券売却により増益、海外現地法人株式売却損等計上 ■ 事業:金融サービス海外アセットマネジメントや国内不動産アセットマネジメントが好調、環境インフラも引き続き堅調 ■ 投資:エクイティ投資前期大口売却益反動減等により減益、航空機・船舶事業や債権投資増益
さらに見せる

48 さらに読み込む

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

1 ユニゾ八重洲ビル 東京都中央区 22,692 244,254 196710 2 ユニゾ八重洲二丁目ビル 東京都中央区 2,421 26,063 199312 3 ユニゾ江戸橋ビル 東京都中央区 5,695 61,308 198612 4 ユニゾ小伝馬町ビル 東京都中央区 3,707 39,907 19834月 5 ユニゾ水天宮ビル 東京都中央区 3,374 36,327 199210 6 ユニゾ堀留町二丁目ビル 東京都中央区 9,977 107,395 196611 7 ユニゾ蛎殻町一丁目ビル 東京都中央区 1,619 17,433 19918月 8 ユニゾ日本橋本町一丁目ビル 東京都中央区 1,562 16,818 19992月 9 盛田ビル 東京都中央区 4,542 48,898 198912 10 ユニゾ日本橋富沢町ビル 東京都中央区 2,303 24,792 19884月 11 ユニゾ日本橋本町三丁目ビル 東京都中央区 3,262 35,118 19742月 12 ユニゾ八丁堀ビル 東京都中央区 4,819 51,881 19933月 13 ユニゾ蛎殻町北島ビル 東京都中央区 1,837 19,781 199211 14 ユニゾ人形町三丁目ビル 東京都中央区 1,933 20,815 19894月 15 ユニゾ日本橋富沢町洋和ビル 東京都中央区 1,490 16,044 19863月 16 ユニゾ人形町フォレストビル 東京都中央区 2,395 25,787 19891月 17 ユニゾ日本橋久松町ビル 東京都中央区 1,668 17,954 19886月 18 ユニゾ人形町ファーストビル 東京都中央区 3,586 38,602 19935月
さらに見せる

16 さらに読み込む

( ご参考 ) 株主通信 上場から 2017 年 12 月期までを振り返って 現中期経営計画 (2017 年 ~2020 年 ) 初年度である 2017 年 12 月期は 想定を上回る進捗となり 営業利益率とROE の2 つの経営指標を前倒しで達成することができました 2020 年に達成すべき長期ビ

( ご参考 ) 株主通信 上場から 2017 年 12 月期までを振り返って 現中期経営計画 (2017 年 ~2020 年 ) 初年度である 2017 年 12 月期は 想定を上回る進捗となり 営業利益率とROE の2 つの経営指標を前倒しで達成することができました 2020 年に達成すべき長期ビ

 当社引き続き、資本効率向上と株主還元充実に取り 組んでまいりますが、201712ROE14.2%、期末 配当1株につき45円とさせていただきました。  2018から2020まで、「当初指標以上」目指す 方針掲げ、毎期単計画公表してまいります。2018 12業績につきまして、連結売上高2,530億円(前 比+3.5%)、連結営業利益415億円(前年比+6.7%)と、 9連続増収・営業増益見込んでおります。年間配当1 株につき80円予定です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

株式会社丸井グループ 2017 年 3 月期決算概要 利益成長と資本政策によりEPSは80.2 円 (14% 増 ) ROEは6.7%(+0.7%) といずれも計画を達成 は 仕入区画の売上不振等の影響により減益 は ショッピングクレジットの高伸長で5 期連続の増益 通期の営業利益は6% 増の313

株式会社丸井グループ 2017 年 3 月期決算概要 利益成長と資本政策によりEPSは80.2 円 (14% 増 ) ROEは6.7%(+0.7%) といずれも計画を達成 は 仕入区画の売上不振等の影響により減益 は ショッピングクレジットの高伸長で5 期連続の増益 通期の営業利益は6% 増の313

credit card services, other financial services, and IT-related operations. These new segments were formed  前期比較セグメント区分変更後数値で行っております。また、20163月四半期毎セグメント区分 変更後数値および変更影響額について12ページに記載しております。  MARUI GROUP established a new medium-term management plan covering the period leading up to March 31, 2021, to guide it in responding to future operating environment changes and further improving corporate value.
さらに見せる

15 さらに読み込む

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

218 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 3,131 億円 ( 前期 15% 増 ) 4 期連続の過去最 益更新 9 期連続の増益を達成 ROE は 12.1% 3, 億円 2,5 億円 当期純利益 と ROE 1.5% 11.5% 11.7% 11.3% 12.1% ( 億円 ) 2, 億

ポートフォリオ3分類で⾒る実績 (注1)16.3「事業」に、フーリハンIPOに伴う売却益・評価益(約396億円)と旧ハートフォード⽣命関連損益含まれておりません。 ■ ファイナンス︓国内堅調な銀⾏事業や有価証券売却により増益、海外現地法⼈株式売却損等計上 ■ 事業︓⾦融サービス海外アセットマネジメントや国内不動産アセットマネジメントが好調、環境インフラも引き続き堅調 ■ 投資︓エクイティ投資前期⼤⼝売却益反動減等により減益、航空機・船舶事業や債権投資増益
さらに見せる

44 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

増益要因、 大型不採算案件解消、 利益率高いサービス分野ビジネス拡大、 管 理コストコントロール 3 点である。 以下に不採算案件解消以外 2 点について順に説 明する。 利益率高いサービス分野ビジネス拡大で、 15 3 に引き続き、 機器販売から 構築や開発案件拡大、 それに伴う運用保守や自社サービス拡大へ事業転換推進して いく。 そして、 データアナリティクス、 セキュリティソリューション、 マイクロソフトソリューション 注力 3 事業組み合わせによって優位性出すことで、 大型受注が見込めそうな大企 業や官公庁といった方面に顧客基盤広げていく。 例えば、 「Office 365」 導入している顧 客に、 同システムに簡単に組み込むことができる、 標的型サイバー攻撃に対するメール対 策自社サービス売り込む。 また、標的型サイバー攻撃対策として FireEye 社ソリュー ション導入している顧客に、「Office 365」 提案行う。 これマイクロソフトソリューショ ン事業とセキュリティソリューション事業クロスセルと言える。
さらに見せる

12 さらに読み込む

業績推移 売上高 営業利益 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪決算動向伪 斡旋事業が好調で半期ベースでは 5 年ぶりの増収 (1) 2014 年 9 月期第 2 四半期累計業績の概要 4 月 28 日付で発表された 2014 年 9 月期第 2 四半期累計 (2013 年 10 月 年

業績推移 売上高 営業利益 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪決算動向伪 斡旋事業が好調で半期ベースでは 5 年ぶりの増収 (1) 2014 年 9 月期第 2 四半期累計業績の概要 4 月 28 日付で発表された 2014 年 9 月期第 2 四半期累計 (2013 年 10 月 年

直営店 1 店舗当たり収益動向見ると、 売上高が微増収、 営業利益微減益となり収 益性が若干低下したが、 これ新規出店店舗立ち上げ負担増が主因で一時的な要因とみ られる。 実際、 四半期別 1 店舗当たり営業利益見ると、 新規出店増やし始めた 2013 9 第 3 四半期から前年同期比で減少に転じていた。 ただし、 当第 2 四半期だけで見 ると 4 四半期ぶりに前年同期比でプラスに転じており、 新規出店増加による影響一巡し たと言えよう。 今後に関しても直営店出店動向によって短期的に収益が低下する可能性も あるが、 関連サービス収入拡大余地依然大きく、 長期トレンドで見れば拡大基調が続く という見方に変わりない。
さらに見せる

14 さらに読み込む

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

’17/4-6 ’18/4-6 インド販売台数過去最高更新 ・「スイフト」、「ディザイア」、「バレーノ」などコン パクト、「ビターラ・ブレッツァ」などユーティリティ ービークル好調により第1四半期として過去最高更新 ●当期(4~6インド販売

23 さらに読み込む

2015 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 2,349 億円 最 益更新 6 期連続増益 ROE は 11.5% 既存事業の成 と市場の好機を捉えた資産売却益が増益に貢献 配当は 13 円増の 1 株当たり 36 円に増配 配当性向も上昇 当期純利益 と ROE 1 株当たり配当 と配当性向

2015 年 3 期業績総括 (1) 当期純利益は 2,349 億円 最 益更新 6 期連続増益 ROE は 11.5% 既存事業の成 と市場の好機を捉えた資産売却益が増益に貢献 配当は 13 円増の 1 株当たり 36 円に増配 配当性向も上昇 当期純利益 と ROE 1 株当たり配当 と配当性向

補⾜資料 補⾜資料 ( (15 15)米国会計基準に準拠していない財務指標 )米国会計基準に準拠していない財務指標 財務指標 (単位:億円) 13.3 14.3 15.3 総資産 (a) 84,397 90,670 114,436   控除:ファイナンス・リースおよび貸付債権等証券化に伴う⽀払債務 除 貸付債権 券化 伴 ⽀ 債務 6,798 6,798 2,538 2,538 2,916 2,916

34 さらに読み込む

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 提出会社の状況回次 第 4 期 第 5 期 第 6 期 第 7 期 第 8 期 決算年月 平成 20 年 12 月平成 21 年 12 月平成 22 年 12 月平成 23 年 12 月平成 24 年 12 月 売上高 ( 千円 )

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 提出会社の状況回次 第 4 期 第 5 期 第 6 期 第 7 期 第 8 期 決算年月 平成 20 年 12 月平成 21 年 12 月平成 22 年 12 月平成 23 年 12 月平成 24 年 12 月 売上高 ( 千円 )

  イ. 収益不確実性について 当社が開発進めている製品から収益得るために、当社単独あるいは第三者と共同で、これら開発候補品 開発、規制当局から承認、製造及び販売すべて段階において成功収める必要があります。しかしなが ら、当社、これら活動において、必ずしも成功しない可能性もあり、また、成功したとしても当社事業継続 するために必要な採算性確保できない可能性もあります。当社現在、パイプラインに4品目保有しており、 そのうち抗がん剤 SyB L-0501平成221027日に再発・難治性低悪性度非ホジキンリンパ腫及びマントル 細胞リンパ腫適応症として、国内製造販売承認取得しましたが、その追加適応として、再発・難治性中高悪 性度非ホジキンリンパ腫第Ⅱ相臨床試験完了し、初回治療低悪性度非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞 リンパ腫および再発・難治性多発性骨髄腫第Ⅱ相臨床試験実施しています。また、経皮吸収型持続性制吐 剤 SyB D-0701で第Ⅱ相臨床試験症例登録完了しているほか、平成237月に導入した抗がん剤 SyB L-1101(注射剤)/SyB C-1101(経口剤)について、再発・難治性骨髄異形成症候群(MDS)適応症として 注射剤で国内第Ⅰ相臨床試験実施中であり、また、骨髄異形成症候群(MDS)適応症とする経口剤で国内 第I相臨床試験治験届が受理されています。当社これら開発推進し、製品上市に至ることにより収益 獲得するべく事業活動行っています。また、開発品によって開発・販売に関して他製薬企業と提携契約 締結し、早期に収益化図ることも想定しています。しかしながら、これらパイプラインが製品として上市する までに相当時間要することが予想され、また、製品として上市される、あるいは他製薬企業と提携契約 締結できる保証ありません。なお、当社、現時点で想定している適応疾患選定や提携手法・マーケティング 手法等について、既承認医薬品市場規模やマーケティング実績等もとに十分に将来採算性見込めるも と判断していますが、万一この判断が誤っていた場合、あるいはこの判断基礎となる状況に変化が発生し当 社がその変化に迅速に対応できなかった場合に、当社財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー状況に 大きな影響及ぼす可能性があります。
さらに見せる

139 さらに読み込む

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

最大ブランド 「ビルケンシュトック」 (2015 12 売上高約 67 億円) であり、 子 会社である ( 株 ) ベネクシーが運営する。 ドイツで 240 以上伝統ある機能美に優れたサ ンダル ・ コンフォートシューズであり、 1 万円前後価格帯にもかかわらず熱いファン層に支 持されている。 直営 58 店舗と e コマースで販売され、 長く使う顧客が多い商品だけに自社 運営アフターサービスも充実している。 今後直営店網活かして親和性高い複数ブラ ンド商品取り扱いも検討する。 「キプリング」 (バッグ) 1987 にベルギーで誕生したナ イロンバッグブランドであり、 キプリングモンキー (猿マスコット) とともに遊び心あるカ ジュアルブランドとして世界的に有名である。 同社で直営 13 店舗 (表参道、 銀座など、 ア ウトレット含む) 展開する。 「ビタントニオ」 (調理家電) 同社オリジナルブランドであり、 中国自社工場等で製造する。 過去からワッフルメーカーで有名であり、 2013 1 杯 用ブレンダー「マイボトルブレンダー」が大ヒットした。 2015 ヨーグルトメーカーとポップコー ンメーカーが注目集めた。 同社ブランド事業、 マーケティング、 小売りに限らず、 製造 面でも自ら携わり、 またアフターサービス等で顧客へ付加価値高めている点が特徴だ。
さらに見せる

10 さらに読み込む

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

■ セグメント別営業概況 「JPX 日経インデックス 400」           構成銘柄に選定されました。 陸上競技部タヌイ選手(ケニア代表)が               銀メダル獲得!  8 5 日から開催されたブラジル・リオデジャネイロオリン ピックで、陸上競技部に所属するポール・タヌイ選手がケニア 代表として陸上男子 10000m に出場。27 分 05 秒 64 タイ ムで見事、銀メダル獲得しました。今後とも陸上競技部へ ご声援程、よろしくお願いいたします。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2017/3 期は 第 4Q(2017 年 1-3 月期 ) の営業利益が過去最高を更新 利益ベースでは SBI 証券予想および会社予想を上回る着地 東京ディズニーシー ホテルミラコスタの好調が目立った (1) 決算概況 2017/3 期は 増収増益の堅調な決算となった 第 4Q(2017 年 1-

2017/3 期は 第 4Q(2017 年 1-3 月期 ) の営業利益が過去最高を更新 利益ベースでは SBI 証券予想および会社予想を上回る着地 東京ディズニーシー ホテルミラコスタの好調が目立った (1) 決算概況 2017/3 期は 増収増益の堅調な決算となった 第 4Q(2017 年 1-

2017/3入園者数3,000万人となり、期初会社計画3,040万人に届かな かった。4連続で3,000万人以上という高水準集客維持したものの、東京 ディズニーシー15周年にしてやや物足りない集客だったと見方もあろ う。天候不順影響に加えて、熊本地震発生により15周年スタートで予定 していたプロモーションができなかったこと(宿泊圏から集客が伸び悩ん だ)、201610からハロウィーン、クリスマスピークに日付指定券限定入 園日導入したが、認知が進まず、集客にマイナス影響が出たことなどが響 いたとみている。過去と異なり、パークキャパシティ限界に近いため、 何処かで入園者数が減少した分、他で取り返すことが難しくなっている面 否めない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

セグメント粗利益率(単体粗利益率に相当) 30.8%(前年同期比 6.4pt 減)と低下し、営業増益率が抑えられた。粗利益率内訳主なもの 、底地 38.3%(同 0.3pt 減) 、居抜き物件 21.3%(同 5.3pt 減) 、所有権 21.1%(同 1.4pt 減)。底地粗利益率、借地権買取りが少なかったこ とから若干低下したものの、高水準維持した。居抜き物件、戸建業者 高値買いが影潜めるなど不動産価格上昇ペースが鈍化したことから低 下した。最も利益率高い底地売上構成比低下も手伝い、セグメント 粗利益率かなり大きく低下したが、会社想定上回った。これ、期初 販売用不動産が潤沢で、底地販売において借地権者と交渉に時間か けて臨めたことが大きかったとみられる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

/21 Weekly エコノミスト レター 2017 年 2 月 14 日号 年度経済見通し (17 年 2 月 ) 経済 金融フラッシュ 2017 年 2 月 16 日号 マレーシア GDP 月期は前年同期比 +4.5% -2 期連続の成長加速も

/21 Weekly エコノミスト レター 2017 年 2 月 14 日号 年度経済見通し (17 年 2 月 ) 経済 金融フラッシュ 2017 年 2 月 16 日号 マレーシア GDP 月期は前年同期比 +4.5% -2 期連続の成長加速も

そして、 5類型中で最も影響があるものとして、 ブロックチェーン技術が挙げられています。 金融取引すべて記録した帳簿作成・維持が、低コスト、かつ集中管理する機関用いずに 可能となるため、その取引インフラが根本から変わってしまう可能性があります。 フィンテック分野へ投資世界中で勢い増していますが、日本遅れ取っています。国 ごと投資額で、米国98億 8700 万ドル、英国6億 2300 万ドルに対して、日本 5400 万ドルにとどまります。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 (1) 連結経営指標等回次 第 68 期 第 69 期 第 70 期 第 71 期 第 72 期 決算年月 平成 25 年 12 月 平成 26 年 12 月 平成 27 年 12 月 平成 28 年 12 月 平成 29 年 12

第一部 企業情報 第 1 企業の概況 1 主要な経営指標等の推移 (1) 連結経営指標等回次 第 68 期 第 69 期 第 70 期 第 71 期 第 72 期 決算年月 平成 25 年 12 月 平成 26 年 12 月 平成 27 年 12 月 平成 28 年 12 月 平成 29 年 12

6【研究開発活動】 当社グループにおける研究開発活動、日本で当社が行うほか株式会社ネスターが自社製品研究開発行って おり、米州でHOSHIZAKI AMERICA,INC.、LANCER CORPORATION、Jackson WWS,Inc.及びAços Macom Indústria e Comércio Ltda.等が、欧州・アジアでGRAM COMMERCIAL A/S、Western Refrigeration Private Limited及び浙江愛 雪制冷電器有限公司等が行っております。当社グループにおける研究開発部門で、市場情報収集から要素開発、試 作、設計、生産フォローアップまで一貫した研究開発体制持つことで、最終顧客多種多様なニーズに対応して おります。当連結会計年度、新規開発及びモデルチェンジ中心とした開発活動と、収益性向上させるためコ スト低減活動行っております。
さらに見せる

91 さらに読み込む

Ⅰ. 平成 31 年地価公示結果の概要 平成 30 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 全用途平均が 4 年連続の上昇となり 上昇幅も 3 年連続で拡大し上昇基調を強めている 用途別では 住宅地は2 年連続 商業地は4 年連続 工業地は3 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強め

Ⅰ. 平成 31 年地価公示結果の概要 平成 30 年 1 月以降の1 年間の地価について 全国平均では 全用途平均が 4 年連続の上昇となり 上昇幅も 3 年連続で拡大し上昇基調を強めている 用途別では 住宅地は2 年連続 商業地は4 年連続 工業地は3 年連続の上昇となり それぞれ上昇基調を強め

◆オフィスについて、景気回復に伴う企業業績改善が続く中、働き方改革等に対応したオフィス環境改善ため 拡張・移転動きも見られ、空室率概ね低下傾向が続き、賃料が上昇している。また、外国人観光客はじめと する国内外から訪問客増加、インフラ整備や再開発事業等進展による利便性・繁華性向上等背景に、主要 都市中心部などで、店舗、ホテル等進出意欲が依然として旺盛である。このような商業地として収益性高 まりに加え、金融緩和による良好な資金調達環境もあいまって、法人投資家等による不動産取得意欲が強いことから、 商業地地価総じて堅調に推移し、全国平均変動率 2.8%と4連続上昇となり、上昇幅も3連続で拡大 している。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Orchestra Holdings (6533 東証マザーズ ) デジタルマーケティング事業 ライフテクノロジー事業などを手掛ける両事業とも順調に伸びており 18 年 12 月期も二桁増収増益見込み 発行日 :2018/9/21 > 要旨 事業内容 Orchestra Holdings( オーケス

Orchestra Holdings (6533 東証マザーズ ) デジタルマーケティング事業 ライフテクノロジー事業などを手掛ける両事業とも順調に伸びており 18 年 12 月期も二桁増収増益見込み 発行日 :2018/9/21 > 要旨 事業内容 Orchestra Holdings( オーケス

免責事項 ・ 本レポート、一般社団法人 証券リサーチセンターに所属する証券アナリストが、広く投資家に株式投資参考情報として閲覧 されること目的として作成したものであり、特定証券又は金融商品売買推奨、勧誘目的としたものでありません。 ・ 本レポート内容・記述、一般に入手可能な公開情報に基づき、アナリスト取材により必要な補充加え作成されたもので す。本レポート作成者、インサイダー情報使用もとより、当該情報入手することも禁じられています。本レポートに 含まれる情報、正確かつ信頼できると考えられていますが、その正確性が客観的に検証されているものでありません。また、 本レポート投資家が必要とする全て情報含むこと意図したものでありません。
さらに見せる

16 さらに読み込む

2004年12月23日第14期決算(平成16年9月期) 電子公告 | IR情報  EPSホールディングス株式会社

2004年12月23日第14期決算(平成16年9月期) 電子公告 | IR情報 EPSホールディングス株式会社

連結調整勘定償却について、5年間均等償却行っております。 但し、金額が少額なものについて発生時に一括償却しております。 (追加情報) 連結調整勘定、従来少額であったことから発生時損益として処理し ておりましたが、金額的重要性が増してきたことに伴い、当連結会計 度より少額なもの除き、5年間にて償却することとしました。この結 果、従来方法によった場合と比較して、営業利益、経常利益、当期純 利益がそれぞれ61, 126千円多く計上されております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Ⅰ. 投 資 法 人 の 概 要 決 算 ハイライト 第 20 期 ( 平 成 28 年 3 月 期 )ハイライト 5,000 分 配 金 の 状 況 第 16 期 ( 平 成 26 年 3 月 期 ) 第 17 期 ( 平 成 26 年 9 月 期 ) ( 百 万 円 ) 8,000 7,778

Ⅰ. 投 資 法 人 の 概 要 決 算 ハイライト 第 20 期 ( 平 成 28 年 3 月 期 )ハイライト 5,000 分 配 金 の 状 況 第 16 期 ( 平 成 26 年 3 月 期 ) 第 17 期 ( 平 成 26 年 9 月 期 ) ( 百 万 円 ) 8,000 7,778

b.オペレーション全般継続強化  本投資法人、本資産運用会社『日次稼働率予測システム』等既存諸施策活用により、引き続き高稼働率維持に努めてまい ります。既存施策『3週間ルール』(退去から3週間以内に再商品化工事完成させるルール)や『ダウンタイム60日』(退去から60日 以内契約成約目指す方針)による再商品化工事期間短縮や積極的なリーシング活動によるエンドテナントへ訴求強化す ることにより機会損失極小化目指します。また、『アクション30日』(募集開始後30日経過空室へ重点対応)により、長期空室 発生未然防止ため取組み進めます。さらに、礼金等収受や物件に付属する駐車場(総数4,058台)稼働率改善に引き続き注力 することにより、賃貸事業収入増加に努めてまいります。高品質・適正コストで再商品化工事実施ため、引き続き『高額工事承 認委員会』活用による工事発注監視態勢強化して経費支出適正化するとともに、『再商品化工事標準仕様』徹底により、費用 削減と再商品化まで期間短縮化図ります。さらに、『満室稼働物件数向上管理』により、一層稼働率向上に取組んでまいります。  上記既存諸施策に加え、次期より個別物件ごと過去5年間賃料分析等に基づいた、今後『個別物件ごと戦略や経営方針明 確化』目的とする新プロジェクトに取組んでまいります。
さらに見せる

84 さらに読み込む

Show all 10000 documents...