平成17年10月31日現在

Top PDF 平成17年10月31日現在:

平成24年度事務事業外部評価対象事業シート(平成24年7月31日現在)

平成24年度事務事業外部評価対象事業シート(平成24年7月31日現在)

今後、各施設 老朽化 伴う修繕工事等 増加す 中 、昨年度 馬坂地区 6号橋 架け替え工事 伴う配水管 移設、 道路へ 埋設工事を実施、本年度こ 本 旧舗装工事 計画さ てい 現在、臼田・望月支所 水道関係 担当事務員 、2名 管理さ てい 技術員1名 管理体制 す こと 、修繕及び管理 的確 行うこと 可能と 、結果として 経費 節減や合理化 繋 、専門技術者等を有す 部課等へ 移管を検討していく必要性 あ

72 さらに読み込む

Ⅰ Ⅱ Ⅲ 資金管理料金特別会計貸借対照表 ( 案 ) 平成 24 年 12 月 31 日現在 科 目 当第 3 四半期会計期間末 前会計年度末 増 減 ( 平成 24 年 12 月 31 日現在 ) ( 平成 24 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 1. 流動資産 現金預金 1,400,26

Ⅰ Ⅱ Ⅲ 資金管理料金特別会計貸借対照表 ( 案 ) 平成 24 年 12 月 31 日現在 科 目 当第 3 四半期会計期間末 前会計年度末 増 減 ( 平成 24 年 12 月 31 日現在 ) ( 平成 24 年 3 月 31 日現在 ) 資産の部 1. 流動資産 現金預金 1,400,26

会議費支出 120,000 - 120,000 旅費交通費支出 700,000 195,310 504,690 通信運搬費支出 6,604,000 5,085,393 1,518,607 消耗品費支出 1,643,000 653,571 989,429 印刷製本費支出 36,000 11,319 24,681 新聞図書費支出 268,000 73,794 194,206 光熱水料費支出 509,000 372,876 136,124 リース料支出 1,169,000 622,705 546,295 賃借料支出 20,623,000 15,508,945 5,114,055 事務所清掃料支出 562,000 413,625 148,375 修繕費支出 2,117,000 1,420,231 696,769 保険料支出 141,000 119,535 21,465 諸謝金支出 17,302,000 11,625,164 5,676,836 租税公課支出 1,019,000 35,137 983,863 支払手数料支出 315,000 178,869 136,131 支払利息支出 110,000 8,696 101,304 業務研修費支出 2,267,000 1,056,593 1,210,407 委託費支出 2,100,000 664,934 1,435,066 財団運営費支出 56,755,000 41,034,143 15,720,857 雑支出 30,000 5,250 24,750 管理費支出計 114,390,000 79,086,090 35,303,910 事業活動支出計 4,680,392,000 3,227,781,594 1,452,610,406 事業活動収支差額 △ 8,628,000 84,940,715 △ 93,568,715
さらに見せる

10 さらに読み込む

第104期末(平成18年3月31日現在)貸借対照表

第104期末(平成18年3月31日現在)貸借対照表

8.外貨建資産・負債は、中間決算の為替相場による円換算額を付しております。 9.貸倒引当金は、予め定めている償却・引当基準に則り、次のとおり計上しております。 破産、特別清算等法的に経営破綻の事実が発生している債務者(以下、 「破綻先」という。 )に係る 債権及びそれと同等の状況にある債務者(以下、 「実質破綻先」という。 )に係る債権については、以 下のなお書きに記載されている直接減額後の帳簿価額から、担保の処分可能見込額及び保証による回 収可能見込額を控除し、その残額を計上しております。また、現在は経営破綻の状況にないが、今後 経営破綻に陥る可能性が大きいと認められる債務者に係る債権については、債権額から、担保の処分 可能見込額及び保証による回収可能見込額を控除し、その残額のうち、債務者の支払能力を総合的に 判断し必要と認める額を計上しております。
さらに見せる

16 さらに読み込む

四半期報告書-第148期第3四半期(平成24年10月1日-平成24年12月31日)

四半期報告書-第148期第3四半期(平成24年10月1日-平成24年12月31日)

存在も否定できず、 そのような買収者から当社の基本理念やブランドおよび株主を始めとする各ステークホルダー の利益を守るのは、 当社の経営を預かる者として当然の責務であると認識しております。   現在のところ、 当社株式の大量買付けに係る具体的な脅威が生じているわけでなく、 また当社としても、 そのよう な買付者が出現した場合の具体的な取組み(いわゆる「買収防衛策」)を予め定めるものではありませんが、 当社
さらに見せる

18 さらに読み込む

平成27年8月10日現在コウノトリ位置情報

平成27年8月10日現在コウノトリ位置情報

現在 羽 様子です 羽目[愛 あい ちゃん] 茨城県坂東市 柳耕地北側 付近に 羽目[未来 ちゃん] 福島県耶 麻郡猪苗代町 猪苗代湖北側 付近に 羽目[翔 しょう くん] 宮城県名取市付近にい す. 羽目 翔 しょう くん[r]

1 さらに読み込む

科 目 中間貸借対照表 前中間会計期間末 当中間会計期間末 ( 単位 : 千円 ) 前事業年度の要約貸借対照表 ( 平成 17 年 9 月 30 日現在 ) ( 平成 18 年 9 月 30 日現在 ) ( 平成 18 年 3 月 31 日現在 ) ( 資産の部 ) 流 動 資 産 7,525,81

科 目 中間貸借対照表 前中間会計期間末 当中間会計期間末 ( 単位 : 千円 ) 前事業年度の要約貸借対照表 ( 平成 17 年 9 月 30 日現在 ) ( 平成 18 年 9 月 30 日現在 ) ( 平成 18 年 3 月 31 日現在 ) ( 資産の部 ) 流 動 資 産 7,525,81

子会社株式        ……… 移動平均法による原価法 その他有価証券  時価のあるもの     ……… 中間決算の市場価格等に基づく時価法  (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は                  移動平均法により算定)

7 さらに読み込む

四半期報告書-第98期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

四半期報告書-第98期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

 しかし、当社の中核事業がビル賃貸事業であることに変わりはなく、新たなビルの取得または開発、その後の 運営マネジメントにより事業の成長を図っております。開発には時間を要し、開発後のビルの運営、管理はさら に長期にわたる事業ですが、これらの着実な積み重ねが現在の当社の資産を築き上げてきたのであり、今後もこ うした取り組みを継続していくことでさらに当社は成長してまいります。

21 さらに読み込む

資料1 青森県アスベスト問題対策アクションプログラム(平成17年12月22日現在)

資料1 青森県アスベスト問題対策アクションプログラム(平成17年12月22日現在)

714「アスベストによる健康被害に関する緊急要望」全国知事会 1013「アスベスト対策の推進について」青森県 1027「アスベスト対策の強化に関する緊急提言」全国知事会 1115「アスベスト対策に関する緊急アピール」北海道東北地方知事会 1130「石綿による健康被害の救済に係る費用負担に関する申し入れ」全

26 さらに読み込む

四半期報告  第98期 第3四半期(平成29年10月1日  平成29年12月31日)

四半期報告 第98期 第3四半期(平成29年10月1日 平成29年12月31日)

監査人の結論 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認めら れる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、有機合成薬品工業株式会社の平成291231現在の財政状態及び同日を もって終了する第3四半期累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において

15 さらに読み込む

平成30年3月期 第3四半期報告書(平成29年10月1日~平成29年12月31日)

平成30年3月期 第3四半期報告書(平成29年10月1日~平成29年12月31日)

当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クリエアナブキ及び連結子会社の平成2912月31現 在の財政状態並びに同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表 示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められなかった。
さらに見せる

20 さらに読み込む

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1712.docx 更新日時 :2018/03/15 17:31:00 印刷日時 :18/03/15 17:31 負債の部 流動負債 第 30 期 ( ご参考 ) ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第 31 期 ( 平

ファイル名 : 決算公告. 貸借対照表 _1712.docx 更新日時 :2018/03/15 17:31:00 印刷日時 :18/03/15 17:31 負債の部 流動負債 第 30 期 ( ご参考 ) ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 第 31 期 ( 平

決算の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、 移動平均法により算定)を採用しております。 2. デリバティブ取引等の評価基準及び評価方法 時価法を採用しております。

15 さらに読み込む

四半期報告書-第89期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

四半期報告書-第89期第3四半期(平成29年10月1日-平成29年12月31日)

監査人の結論 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、プラマテルズ株式会社及び連結子会社の平成291231現在の 財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がす

16 さらに読み込む

四半期報告書 第19期第3四半期 (平成29年10月1日~平成29年12月31日)

四半期報告書 第19期第3四半期 (平成29年10月1日~平成29年12月31日)

監査人の結論 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ネットイヤーグループ株式会社及び連結子会社の平成291231現 在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が すべての重要な点において認められなかった。
さらに見せる

16 さらに読み込む

四半期報告書 第45期第3四半期(平成29年10月1日 平成29年12月31日)

四半期報告書 第45期第3四半期(平成29年10月1日 平成29年12月31日)

監査人の結論  当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ユーシン精機及び連結子会社の平成291231現在の財政 状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての 重要な点において認められなかった。

16 さらに読み込む

有価証券報告書-第17期(平成28年11月1日-平成29年10月31日) IR関連情報 | ベルグアース株式会社

有価証券報告書-第17期(平成28年11月1日-平成29年10月31日) IR関連情報 | ベルグアース株式会社

3 【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。 ( 1) 会社の経営の基本方針 当社グループは、野菜苗生産をコア事業として取組み「良い苗をいつでも・どこでも・いくらでも」の経営方 針の基、使いやすさ、環境への配慮、お客様一人ひとりにあった苗づくりを目指し、閉鎖型育苗施設苗などの新 設設備による安定した生産体制と全国各地のパートナー農場との連携により事業展開を拡大してまいりました。 そして、当社グループのフィールドは、野菜苗の枠組みを超え、種や培土などの農業資材の開発販売、家庭園芸 を楽しむ個人のお客様へのサービス拡充を行い、さらには、アジアを中心とし世界市場へ向けて進み始めていま す。全ては日本の農業のためになる役に立つ会社になることで農業に革命を起すことができる企業を目指し、企 業価値の向上に努めてまいります。
さらに見せる

95 さらに読み込む

財 務 諸 表 そ の 1 貸借対照表 資産の部 単位 千円 科 第 66 期 目 第 67 期 科 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 目 単位 千円 第 66 期 第 67 期 609,425, ,430,339 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 負

財 務 諸 表 そ の 1 貸借対照表 資産の部 単位 千円 科 第 66 期 目 第 67 期 科 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 目 単位 千円 第 66 期 第 67 期 609,425, ,430,339 平成30年3月31日現在 平成31年3月31日現在 負

24. 25.     (ⅲ)市場リスクに係る定量的情報        当組合において、主要なリスク変数である金利リスクの影響を       受ける主たる金融商品は、 「預け金」、 「有価証券」のうち債券、       「貸出金」、 「預金積金」であります。当組合では、これらの金融       資産および金融負債について、 『協同組合による金融事業に関       する法律施行規則第69条第1項第5号ニ等の規定に基づき、自       己資本の充実の状況等について金融庁長官が別に定める事       項(平成19金融庁告示第17号)』において通貨ごとに規定さ       れた金利ショックを用いた時価の変動額を市場リスク量とし、金       利の変動リスクの管理にあたっての定量的分析に利用しており       ます。当該変動額の算定にあたっては、対象の金融資産および       金融負債を固定金利群と変動金利群に分けて、それぞれ金利       期日に応じて適切な期間に残高を分析し、期間ごとの金利変動       幅を用いております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

四半期報告書 ‐ 第62期 第3四半期(平成29年10月1日 ‐ 平成29年12月31日)

四半期報告書 ‐ 第62期 第3四半期(平成29年10月1日 ‐ 平成29年12月31日)

(6)【大株主の状況】  当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。 (7)【議決権の状況】  当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できず、記載す ることができないことから、直前の基準平成299月30)に基づく株主名簿による記載をしておりま す。

17 さらに読み込む

第3四半期報告書(平成29年10月1日~平成29年12月31日) 最新資料一覧|RISO

第3四半期報告書(平成29年10月1日~平成29年12月31日) 最新資料一覧|RISO

監査人の結論 当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、理想科学工業株式会社及び連結子会社の平成291231現在の財政 状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての 重要な点において認められなかった。

20 さらに読み込む

平成27年度 (平成28年3月31日現在) 貸借対照表

平成27年度 (平成28年3月31日現在) 貸借対照表

8. 有形固定資産の減価償却累計額は 598 百万円であります。 9. 関係会社に対する金銭債権額は 8 百万円であります。 10. 繰延税金資産の総額は 4,348 百万円であり、その主な原因別の内訳は、繰越欠損金 3,082 百万円、支払備金 786 百万円、責任準備金(自動車損害賠償責任保険を除く)336 百万円であ ります。なお、その回収可能額に鑑み繰延税金資産の総額 4,348 百万円から評価性引当額と して全額を控除しており、繰延税金資産については貸借対照表に計上しておりません。
さらに見せる

6 さらに読み込む

6-3 保険会社及びその子会社等の財産の状況 (1) 連結貸借対照表 科 目 平成 26 年度末 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 平成 27 年度末 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 平成 28 年度末 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) ( 資産の部 ) 現金及

6-3 保険会社及びその子会社等の財産の状況 (1) 連結貸借対照表 科 目 平成 26 年度末 ( 平成 27 年 3 月 31 日現在 ) 平成 27 年度末 ( 平成 28 年 3 月 31 日現在 ) 平成 28 年度末 ( 平成 29 年 3 月 31 日現在 ) ( 資産の部 ) 現金及

日本郵政株式会社を連結親法人とする 連結納税制度を適用しております。 2.会計方針の変更 「退職給付に関する会計基準」(企業会 計基準第26号 平成245月17。以下 「退職給付会計基準」という。)及び「退 職給付に関する会計基準の適用指針」(企 業会計基準適用指針第25号 平成2726。以下「退職給付適用指針」とい う。)を、退職給付会計基準第35項本文 及び退職給付適用指針第67項本文に掲げ られた定めについて当連結会計年度より適 用し、退職給付債務及び勤務費用の計算方 法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方 法を期間定額基準から給付算定式基準へ変 更するとともに、割引率の決定方法を従業 員の平均残存勤務期間に近似した年数に基 づく割引率を使用する方法から、退職給付 の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金 額を反映した単一の加重平均割引率を使用 する方法へ変更しております。
さらに見せる

25 さらに読み込む

Show all 10000 documents...