平 成 1 8 年 度 各 会 計 別 予 算 額

Top PDF 平 成 1 8 年 度 各 会 計 別 予 算 額:

議 事 次 第 1. 開 会 の 辞 2. 会 長 挨 拶 3. 議 事 議 題 1. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 議 題 2. 平 成 26 年 度 収 支 決 算 及 び 監 査 報 告 議 題 3. 平 成 27 年 度 事 業 計 画 議 題 4. 平 成 27 年 度 予 算 議

議 事 次 第 1. 開 会 の 辞 2. 会 長 挨 拶 3. 議 事 議 題 1. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 議 題 2. 平 成 26 年 度 収 支 決 算 及 び 監 査 報 告 議 題 3. 平 成 27 年 度 事 業 計 画 議 題 4. 平 成 27 年 度 予 算 議

OP大会 128 96 64 32 16 8 ☆ ポイントランキングについて     大会の前年度から今年度消化大会までのポイントを計算。     ・シングルス大会 ~ ポイント上位2大会の合計(同ポイントの場合は総合計により順位決定)     ・ダブルス大会 ~ ポイント上位3大会の合計(同ポイントの場合は総合計により順位決定) ☆クラス競技種目の成立について

18 さらに読み込む

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増

目 次 第 1 部 我 が 国 財 政 について Ⅰ. 我 が 国 財 政 の 現 状 1. 平 成 28 年 度 一 般 会 計 予 算 1 コラム. 我 が 国 財 政 を 家 計 にたとえたら 3 2. 一 般 会 計 における 歳 出 歳 入 の 状 況 4 3. 国 債 残 高 の 累 増

(注2)公債残高は年度3月末現在高。ただし、平成27年度末は実績見込み、平成28年度末は予算に基づく見込み。また、公債残高は、東日本大 震災からの復興のために実施する施策に必要な財源として発行される復興債(平成23年度末:10.7兆円、平成24年度末:10.3兆円、平成25 末:9.0兆円、平成26年度末:8.3兆円、平成27年度末:7.8兆円、平成28年度末:7.6兆円)及び、基礎年金国庫負担2分の1を実現する財源を 調達するための年金特例公債(平成24年度末:2.6兆円、平成25年度末:5.2兆円、平成26年度末:4.9兆円、平成27年度末:4.6兆円、平成28 末:4.4兆円)を含む。
さらに見せる

60 さらに読み込む

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

経 常 収 支 差 引 額 等 の 状 況 平 成 26 年 度 予 算 早 期 集 計 平 成 25 年 度 予 算 対 前 年 度 比 較 経 常 収 支 差 引 額 3,689 億 円 4,597 億 円 908 億 円 減 少 赤 字 組 合 数 1,114 組 合 1,180 組 合 66

     経 常 収 支 差 引 組合数については、26年度予算早期集計(回答組合)は予算データ報告組合数、26年度予算集計(推計)は平成264月1日現在数、25年度予算欄は254月1日現在数である。 単位未満の数は四捨五入しているため、項目のと合計は一致しないことがある。 26年度予算集計(推計)欄の適用状況のうち、被保険者数と被扶養者数は、予算データ報告組合の数値を平成264月1日現在の1,410組合に引き伸ばした数値である。平均標準報酬月 、平均標準賞与、平均保険料率(調整保険料率を含む)、特定保険料率は予算データ報告組合(1,367組合)の平均である。
さらに見せる

14 さらに読み込む

2. 事 業 部 会 事 業 実 績 (1) 事 務 局 1 役 員 会 の 開 催 (8 回 ) 第 1 回 (4 月 3 日 ) 議 題 :1. 平 成 27 年 度 定 期 総 会 について 2. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 決 算 報 告 及 び 平 成 27 年 度 事 業 計

2. 事 業 部 会 事 業 実 績 (1) 事 務 局 1 役 員 会 の 開 催 (8 回 ) 第 1 回 (4 月 3 日 ) 議 題 :1. 平 成 27 年 度 定 期 総 会 について 2. 平 成 26 年 度 事 業 報 告 決 算 報 告 及 び 平 成 27 年 度 事 業 計

利用者支援における多職種連携の基盤づくりについては、主治医と介護支援専門員をはじめと した多職種交流事業として研修と交流を開催し、医療・介護の連携推進事業では、民生委員 との勉強や意見交換を行い、利用者が望む暮らしを支えるための支援体制の構築を目指した。 情報の共有・発信については、“あいネット”を有効に活用するとともに、機関誌“きらめき” を定期及び号外として適宜発行することで、協議の取り組みや研修等の報告、実践事例の紹 介及び社会資源等の情報発信に努めた。
さらに見せる

10 さらに読み込む

番 号 1-6 平 成 23 年 度 費 ス ト シト( 概 要 説 明 書 ) 予 算 名 健 康 まつり 開 始 年 度 平 成 4 年 件 費 財 源 内 訳 謝 礼 需 用 費 通 信 運 搬 費 委 託 料 交 付 金 23 年 度 ( 予 算 ) 費 合 計 680 担 当 正 職 員

番 号 1-6 平 成 23 年 度 費 ス ト シト( 概 要 説 明 書 ) 予 算 名 健 康 まつり 開 始 年 度 平 成 4 年 件 費 財 源 内 訳 謝 礼 需 用 費 通 信 運 搬 費 委 託 料 交 付 金 23 年 度 ( 予 算 ) 費 合 計 680 担 当 正 職 員

・小諸歯科医 ・血液サラサラチェック ・小諸歯科医 ・子どもセンター ・小諸北佐久薬剤師 ・講座「地域医療を守るのは一人ひとりの心がけ」 ・小諸北佐久薬剤師 ・血管年齢チェック ・小諸北佐久薬剤師 ・相談コーナー(健康、栄養、介護) ・長野県放射線技師東信支部 ~地域医療崩壊を防ごう~ ・長野県放射線技師東信支部 ・ツボ療法の体験 ・長野県放射線技師東信支部 ・ボディートーク ・長野県臨床衛生検査技師東信支部 ・相談コーナー(健康、栄養、介護、薬) ・長野県臨床衛生検査技師東信支部 ・救急救命講習 ・長野県臨床衛生検査技師東信支部 ・血液サラサラチェック ・長野県栄養士佐久支部 ・ボディートーク
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2.

目 次 Ⅰ.2016( 平 成 28) 年 度 事 業 計 画 の 概 要 1 1. 本 学 の 現 状 2. 事 業 目 標 3. 予 算 編 成 方 針 Ⅱ.2016( 平 成 28) 年 度 の 主 な 事 業 計 画 5 1. 学 校 法 人 松 山 大 学 としての 重 点 事 業 2.

(2)事業活動支出 教育活動支出において、人件費は対前年度予算比 9,868 万円増の 37 億 508 万円の計上となり、増額 の主な要因は、退職給与引当金繰入 8,526 万円増によるものです。教育研究経費は前年度予算比 1 億 6,082 万円増の 27 億 2,180 万円の計上となり、増額の主な要因は、保守料 1,317 万円増、衛生清掃費 947 万円増、委託料 1 億 6,567 万円増、雑費 1,850 万円増、海外研修費 253 万円増、減価償却 5,822 万円増等によるものです。管理経費は前年度予算比 1,476 万円減の 3 億 9,750 万円の計上となり、減額 の主な要因は、光熱水費 360 万円減、広告料 1,770 万円減、交際費 266 万円減、固定資産取壊費 205 万 円減、雑費 273 万円減、報酬手数料 323 万円減等によるものです。
さらに見せる

36 さらに読み込む

[ 大 会 記 録 ] 平 成 24~25 年 度 京 都 府 高 等 学 校 テニスランキング < 平 成 24 年 8 月 近 畿 大 会 予 選 ~ 平 成 25 年 5 月 全 国 総 体 予 選 の 試 合 結 果 < 試 合 年 度 で 算 出 >による> 男 子 シングルス 1 位 柴

[ 大 会 記 録 ] 平 成 24~25 年 度 京 都 府 高 等 学 校 テニスランキング < 平 成 24 年 8 月 近 畿 大 会 予 選 ~ 平 成 25 年 5 月 全 国 総 体 予 選 の 試 合 結 果 < 試 合 年 度 で 算 出 >による> 男 子 シングルス 1 位 柴

次に学校対抗戦の一を振り返ってみる。男子は全国総 体では東山が代表校になり、2年生の柴野晃輔、本城和貴 、福嶋航大を中心にチーム一丸となって戦ったが、3月の 全国選抜と同じく、全国総体でも惜しくもベスト16にと どまった。全国選抜予選では東山と京都外大西が順当に京 都府代表となり、近畿予選では東山が4位に京都外大西が 7位となり、ともに全国選抜への出場が決定した。東山は 2年生の本城、柴野、福嶋を中心に1年生がどれだけ活躍 できるかが鍵で、全国選抜でベスト8を目指してほしい。
さらに見せる

22 さらに読み込む

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

議 案 第 132 号 平 成 28 年 度 北 上 市 一 般 会 計 予 算 平 成 28 年 度 北 上 市 の 一 般 会 計 の 予 算 は 次 に 定 めるところによる ( 歳 入 歳 出 予 算 ) 第 1 条 歳 入 歳 出 予 算 の 総 額 は 歳 入 歳 出 それぞれ36,79

 1号法人         50千円×  1,244社=         62,200千円  2号法人        120千円×     23社=          2,760千円  3号法人        130千円×    531社=         69,030千円  4号法人        150千円×     47社=          7,050千円  5号法人        160千円×    165社=         26,400千円  6号法人        400千円×     27社=         10,800千円  7号法人        410千円×    190社=         77,900千円  8号法人      1,750千円×     12社=         21,000千円  9号法人      3,000千円×     16社=         48,000千円 2法 人 1,072,725 1,031,208 41,517 1課税分 1,070,723
さらに見せる

167 さらに読み込む

[ 大 会 記 録 ] 平 成 14~15 年 度 京 都 府 高 等 学 校 テニスランキング < 平 成 14 年 8 月 近 畿 大 会 予 選 ~ 平 成 15 年 5 月 全 国 総 体 予 選 の 試 合 結 果 < 試 合 年 度 で 算 出 >による> 男 子 シングルス 1 位 北

[ 大 会 記 録 ] 平 成 14~15 年 度 京 都 府 高 等 学 校 テニスランキング < 平 成 14 年 8 月 近 畿 大 会 予 選 ~ 平 成 15 年 5 月 全 国 総 体 予 選 の 試 合 結 果 < 試 合 年 度 で 算 出 >による> 男 子 シングルス 1 位 北

◇1回戦 福田 紗也 5-8 渡辺 悠花(大:桜 宮) 佐藤 厚子 7-9 高瀬優理香(大:樟蔭東 ) 大林 美咲 8-4 喜多 昌美(和:日 高) 石田あさ美 8-2 戸高 貞奈(兵:明石城西) 吉川 美樹 3-8 前田 寿子(大:長尾谷 ) 李 桃子 8-5 北川 衣梨(奈:帝塚山 ) 中原 沙也 8-6 西岡 里紗(和:海 南) 杉江 美幸 4-8 仁木 一葉(奈: 城) 金 順 5-8 小山万里絵(和:開 智) 市場茂美 0-8 松尾 真央(兵:明石城西) 佐野 香織 8-6 堀 三奈美(大:同志香里) 木村 憂衣 4-8 植村なつみ(大:桜 宮)
さらに見せる

22 さらに読み込む

平 成 28 年 度 予 算 概 要 科 目 予 算 額 料 収 入 663,27 国 庫 負 担 金 収 入 366 調 整 料 収 入 9,534 繰 越 金 32,0 繰 入 金 0 国 庫 補 助 金 収 入 557 財 政 調 整 事 業 交 付 金 5,000 雑 収 入 960 計 7

平 成 28 年 度 予 算 概 要 科 目 予 算 額 料 収 入 663,27 国 庫 負 担 金 収 入 366 調 整 料 収 入 9,534 繰 越 金 32,0 繰 入 金 0 国 庫 補 助 金 収 入 557 財 政 調 整 事 業 交 付 金 5,000 雑 収 入 960 計 7

 被保険者(社員)は事業所(会社)が選定した健診機関 に健診を委託し、定期健康診断時にあわせて実施します。 ▪被扶養者(家族)  被扶養者(家族)の受診先は、当健保組合と代表医療保 険者(健保連、都道府県の代表者)を通じて集合契約を 結んだ全国組織に加盟する健診機関、医師等との契約に おける実施施設で実施をします。受診方法は、当健保組合 が発行した「受診券」と保険証を健診機関に提出して特定 健診を受けていただきます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

平 成 24 年 度 警 察 庁 予 算 概 算 要 求 要 望 の 概 要 総 額 平 成 24 年 度 概 算 要 求 額 平 成 24 年 度 要 望 額 復 旧 復 興 対 策 経 費 ( 平 成 23 年 度 当 初 予 算 額 272,378 百 万 円 234,811 百 万 円 16

最近の交通情勢に対応するため、交通安全教育の継続的な推進、交 通安全施設の整備、高度道路交通システム(ITS)の推進等により、 安全・安心で人にやさしい交通環境の実現を目指す。 ・ 交通安全施設等整備事業の推進 15,650( 15,229) (うち要望 987)

12 さらに読み込む

平 成 27 年 度 外 部 有 識 者 点 検 対 象 事 業 ( 単 位 : 百 万 円 ) 事 業 番 号 事 業 名 平 成 26 年 度 補 正 後 予 算 額 平 成 27 年 度 当 初 予 算 額 事 業 所 管 部 局 資 料 ページ 1 1 民 事 基 本 法 制 の 整 備 8

平 成 27 年 度 外 部 有 識 者 点 検 対 象 事 業 ( 単 位 : 百 万 円 ) 事 業 番 号 事 業 名 平 成 26 年 度 補 正 後 予 算 額 平 成 27 年 度 当 初 予 算 額 事 業 所 管 部 局 資 料 ページ 1 1 民 事 基 本 法 制 の 整 備 8

目標値 % 達成度 チェック 成果目標及び成果実績(アウトカム)欄についてさらに記載が必要な場合はチェックの上【別紙1】に記載 定性的な成果目標と24~26年度の達成状況・実績 定量的な目標が設定できない理由 定量的な目標 が設定できな 本事業は,刑法等における処罰規定の構成要件や刑の見直し等 い理由及び定 を行い,法整備を行うことを目的としており,どの程度目標を達成 [r]

154 さらに読み込む

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水

目 次 決 算 書 1 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 決 算 報 告 書 ⑴ 収 益 的 収 入 及 び 支 出 1 ⑵ 資 本 的 収 入 及 び 支 出 3 2 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水 道 事 業 損 益 計 算 書 5 3 平 成 25 年 度 丸 亀 市 水

収益的収支(税抜)における総収益は 2,136,861,111 円、総費用は 2,135,418,046 円で、 差引 1,443,065 円の当年度純利益となりました。 資本的収支(税込)は、建設改良費 1,401,723,348 円、企業債償還金 351,877,376 円、 支 出 合 1,753,600,724 円 に 対 し 、 収 入 は 、工 事 負 担 金 228,446,230 円 、 企 業 債 400,000,000 円、収入合計 628,446,230 円で、差引 1,125,154,494 円の収入不足となり ました。この不 足 については、当 分 消 費 税 及 び地 方 消 費 税 資 本 的 収 支 調 整 54,888,899 円 、 当 分 損 益 勘 定 留 保 資 金 639,992,314 円 、 減 債 積 立 金 取 崩 351,877,376 円、建設改良積立金取崩 78,395,905 円で補てんしました。
さらに見せる

42 さらに読み込む

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

1 特 別 会 計 財 務 書 類 の 検 査 特 別 会 計 に 関 する 法 律 ( 平 成 19 年 法 律 第 23 号 以 下 法 という ) 第 19 条 第 1 項 の 規 定 に 基 づき 所 管 大 臣 は 毎 会 計 年 度 その 管 理 する 特 別 会 計 について 資 産

会計検査院は、正確性、合規性等の観点から、17府省庁等が所管する18特別会計の (注1) (注2) 25年度特別会計財務書類が、法、施行令、特別会計の情報開示に関する省令(平成19 財務省令第30号 、同省令第1条の規定に基づき定められた特別会計財務書類の作成基 ) 準(平成20財務省告示第59号。以下「作成基準」という )等に従った適切なものとな 。 っているかなどに着眼して検査した。

8 さらに読み込む

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発

平 成 19 年 度 下 期 における 鉄 道 助 成 業 務 の 実 施 状 況 平 成 18 年 度 上 期 平 成 19 年 度 下 期 平 成 20 年 度 備 考 前 年 度 予 算 ( 繰 越 繰 越 分 ) 繰 越 新 幹 線 高 度 化 新 線 調 査 ( 調 査 ) 技 術 開 発

本事業では、上下線の複線構造とすることにより、 ダイヤ設定 上の問題を解消 するとともに、バリアフリー化設備の設置等により 乗り継ぎの円滑化を図り、 利用者の利便性を向上 させる。 また、都市側の事業(連続立体交差、街路等)と連携することに より、 踏切を無くす とともに、駅前広場などの整備により、 魅力あ る街づくりを推進 する。

54 さらに読み込む

Ⅰ 平 成 26 年 度 第 1 回 帯 広 市 ネット 非 行 対 策 連 絡 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 8 月 1 日 ( 金 ) 15:30~ (1)ネット 非 行 対 策 連 絡 会 議 の 平 成 25 年 度 事 業 内 容 と 平 成 26 年 度 事 業 予 定 につ

Ⅰ 平 成 26 年 度 第 1 回 帯 広 市 ネット 非 行 対 策 連 絡 会 議 概 要 日 時 平 成 26 年 8 月 1 日 ( 金 ) 15:30~ (1)ネット 非 行 対 策 連 絡 会 議 の 平 成 25 年 度 事 業 内 容 と 平 成 26 年 度 事 業 予 定 につ

今年度は市 P 連と連携してネットに関する保護者向けの授業を開催する計画だ。 《十勝高等学校生徒指導連盟・堺委員》 学校単位としては入学してすぐの1年生に対してネットのモラルやマナーについてどういう教育をしてい くかが重要であると考えている。e-ネットキャラバンを複数回利用したが、生徒だけでなく教職員にも非 常に好評だった。最近のネットマナーやトラブルについて教職員だけでは対応に苦慮する場面も増えており、 こうした形でのサポートを積極的に活用したい。ネット依存について様々な統計調査が発表されているが、 食事中や会話中でも片時も携帯電話を手放さない生徒の様子を見ると実数は想像以上に多いのではないかと 感じる。生徒だけでなく親への指導も含め高P連でも新しい研修を企画している。その他の問題としては 「LINEはずし」によってトラブルになり、それが原因で不登校になるなど小中学校と同様に子どもたち のソーシャルネットワークの利用が一般的となった現状ではネットパトロールがその閉じられた環境に入り 込む事が難しくなり、学校において難しい対応を迫られている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

3. 事 業 計 画 及 び 資 金 計 画 事 業 計 画 区 分 事 業 計 画 の 合 計 額 ( 内 訳 ) 第 二 種 奨 学 金 平 成 29 年 度 要 求 額 平 成 28 年 度 当 初 計 画 額 ( 単 位 : 億 円 ) 増 減 7,365 7, ,365 7

また、円滑な事業を実施するためには確実な財源確保が必要であることから、 返還金及び財投機関債等による自己資金のを十分に精査している。 なお、返還金の回収については、過去の実地監査による指摘を踏まえた機関保 証制度の適切な運用や法的処理の着実な実施等を含め、①返還誓約書の提出時期 の早期化(卒業時→採用時)、②返還者等の相談に対応するコールセンターの運 営、③返還困難者に対する返還期限猶予制度・減額返還制度の適用及び制度の改 善充実、④初期延滞債権等の全面的な回収業務委託、⑤法的措置の早期化(延滞 12か月以上の者→9か月以上の者)、⑥住所調査の徹底、⑦延滞者の多重債務化防 止のための個人信用情報機関の活用等、返還できる者からは返還金を適切に回収 するための各種施策を講じている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

(2) 第 13 号 平 成 26 年 10 月 25 日 平 成 26 年 度 NPO 法 人 福 生 総 が5 月 17 日 ( 土 ) 福 生 商 工 館 で 開 催 され2 5 年 度 事 業 報 告 および 決 算 報 告 26 年 度 事 業 計 画 書 ( 案 ) 並 び 収 支 予

(2) 第 13 号 平 成 26 年 10 月 25 日 平 成 26 年 度 NPO 法 人 福 生 総 が5 月 17 日 ( 土 ) 福 生 商 工 館 で 開 催 され2 5 年 度 事 業 報 告 および 決 算 報 告 26 年 度 事 業 計 画 書 ( 案 ) 並 び 収 支 予

【ゲートボール協会】 連絡先 市川 重一 042-553-0571 <活動方針 キャッチフレーズ等> ゲートボールを通じて、世代間交流を推進する。市内チームに 分かれて練習及び交流試合を行う。郊外試合に参加出場。 〈活動日〉 火・木・土・日・曜日及び、チームの定めた曜日 〈 費〉 一般会費、年額1,200円、児童は、無料 学童の課外事業の一環として、都内地域でゲートボールが取 り上げられ普及あり、現在、福生市立第三小学校で(ふっさっ子 の広場)放課後ゲートボール教室として協会役員が、月2回~3 回指導及び交流しています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所 得 税 及 び 復 興 特 別 所 得 税 の 予 定 納 税 額 の 減 額 申 請 ( 平 成 19 年 以 降 用 ) ( 平 成 24 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等 の 源 泉 徴 収 票 ( 平 成 25 年 以 降 用 ) 平 成 年 分 公 的 年 金 等

所得税の青色申告承認申請書 所得税の青色申告承認申請書 現金主義の所得計算による旨の届出書 所得税の有価証券の評価方法の届出 所得税の有価証券の評価方法の届出書 所得税及び復興特別所得税の予定納税の減額申請 平成 分所得税及び復興特別所得税の予定納税の7月(11月)減額申請書 平成 分の申告書等送信票(兼送付書)

8 さらに読み込む

歳入歳出予算事別細書 ( 歳 入 ) ( 単位 : 千円 ) 款 本 年 度 予 算 額 前 年 度 予 算 額 比 較 5. 市税 22,254,575 22,246,734 7, 地方譲与税 1,100,614 1,071,102 29, 利子割交付金 40,863

歳入歳出予算事別細書 ( 歳 入 ) ( 単位 : 千円 ) 款 本 年 度 予 算 額 前 年 度 予 算 額 比 較 5. 市税 22,254,575 22,246,734 7, 地方譲与税 1,100,614 1,071,102 29, 利子割交付金 40,863

5. 市預金利子 31 27 4 5. 預金利子 31 市預金利子 31 10. 公営住宅敷金利子 105 105 5. 預金利子 105 公営住宅敷金利子 105 20. 貸付金元利収入 8,947,270 10,090,412 △ 1,143,142 10. 民生費貸付金元利収入 1,088 1,919 △ 831 5. 社会福祉総務費 1,088 アイヌ住宅新築等資金貸付金元金 924 アイヌ住宅新築等資金貸付金利子 164 13. 衛生費貸付金元利収入 300,615 534,552 △ 233,937 10. 環境衛生費 300,615 太陽光発電システム導入促進貸付金元金 300,615 20. 農林水産業費貸付金元利収入 1,861,580 2,116,366 △ 254,786 5. 農業総務費 1,761,580 農林業育成資金貸付金元金 1,761,580 10. 農業振興費 100,000 農地保有合理化事業資金貸付金元金 100,000 25. 商工費貸付金元利収入 6,400,000 7,000,000 △ 600,000 5. 商工総務費 6,400,000 中小企業振興融資貸付金元金 6,400,000 30. 土木費貸付金元利収入 351,237 404,830 △ 53,593 5. 住宅総務費 351,237 住宅建設資金貸付金元金 14,470 ユニバーサルデザイン住宅資金貸付金元金 336,767 35. 教育費貸付金元利収入 32,750 32,745 5 5. 事務局費 32,750 奨学資金貸付金元金 32,750 30. 雑入 2,877,598 3,361,336 △ 483,738
さらに見せる

98 さらに読み込む

Show all 10000 documents...