市内事業者の技術開発支援

Top PDF 市内事業者の技術開発支援:

(1) 市民市内に住所を有する者 市内に土地又は建物を所有する者及び市内で事業を営む者をいう (2) 開発事業第 26 条第 1 項に規定する事業をいう (3) 事業区域開発事業を行う土地の区域をいう (4) 事業者開発事業を行おうとする者及び開発事業を行う者をいう (5) 工事施工者事業者から開発

(1) 市民市内に住所を有する者 市内に土地又は建物を所有する者及び市内で事業を営む者をいう (2) 開発事業第 26 条第 1 項に規定する事業をいう (3) 事業区域開発事業を行う土地の区域をいう (4) 事業者開発事業を行おうとする者及び開発事業を行う者をいう (5) 工事施工者事業者から開発

第1節 都市計画法に基づく基準 (開発行為における公園等基準) 第 4 9 条 開 発 行 為 に お い て 設 置 す べ き 公 園 、 緑 地 又 は 広 場 ( 以 下 「 公 園 等」という。)規模について、法第 3 3条第3項規定に基づき都市計 画法施行令(昭和 44年政令第158 号 。以下「政令」という。)第 29 条2第1項第5号及び第6号で定める基準に従い条例で強化する制限は、 次 と お り と す る 。 た だ し 、 土 地 区 画 整 理 法 ( 昭 和 2 9 年 法 律 第 1 1 9 号)に基づく土地区画整理事業施行等により開発行為に係る開発区域内 に居住が支障なく利用できる公園等が 当該開発区域周辺において既に 確保されている場合は、この限りでない。
さらに見せる

25 さらに読み込む

平成20年度戦略的基盤技術高度化支援事業「機能性材料に対応した高機能化学合成技術の開発」

平成20年度戦略的基盤技術高度化支援事業「機能性材料に対応した高機能化学合成技術の開発」

18、19 年度に導入した反応多様型液相自動合成装置、GPC 分析カラムセット、超高速 液体クロマトグラフ装置、マルチブロック型液相自動合成装置を活用して、π共役系拡 張 した ポリ チオ フェ ン誘 導体 や近 赤外 域で 増感 効果 を示 すフ ラー レン 誘導 体を 迅速に 種々合成した。 3 年間でポリチオフェン誘導体 30 種類、近赤外吸収色素修飾フラーレン誘 導体 3 種類を開発した。セル作製および特性評価を 18~20 年度導入した紫外可視近赤 外分光光度計、電気化学測定システム、グローブボックスや分光感度測定装置、ナノスケ ールハイブリッド顕微鏡により迅速に行い、変換効率 0.2~3.5 %を示すものを開発した。 開発した多くπ共役拡張ポリチオフェン光電変換波長域を拡大することはできな かった。さらに、チオフェン、カルバゾール、 シクロペンタジチオフェンなどと共重 合ポリマーで、長波長化が達成できたことから、今後、補完研究を通じて、これら 電池特性を明らかにする。 なお、既知 ポリ(3-ヘキシルチオフェン)(P3HT)は、残存す る分子末端臭素原子によりセル特性を低下させることから、グリニヤール反応剤で 種々置換基に置換し、その電池特性に及ぼす影響について検討した。(表 4)置換す ることで電池性能が大きく改善し、さらに、PCBM と最適比率で薄膜を作製すること で、最大変換効率を示した。(表 5)
さらに見せる

32 さらに読み込む

第1章(市内共通基準、指定幹線道路路線図他) 景観計画の内容|岡山市|事業者情報|都市計画・開発・建築

第1章(市内共通基準、指定幹線道路路線図他) 景観計画の内容|岡山市|事業者情報|都市計画・開発・建築

2以下 ただし、R系については明度8以上、かつ、彩度4を超えるものは除く。 (日本工業規格 Z8721に定めるマンセル値による) ただし、建築物もしくは工作物で着色していない木材、ガラス、石材等材料によ って仕上げられる部分色彩や、伝統的な技法・素材を使った色彩、及びこれらに類 する色彩、または見付面積10分の1未満範囲内で使用されるアクセント色とな る部分色彩については、この限りではない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 26 年度事業報告 1. 開発途上国への技術的支援等の国際協力 (1)UNEP 国際環境技術センター (IETC) の環境上適正な技術の普及促進のための活動への支援 ( 大阪市委託事業 )( 公 1 事業 ) 大阪市より 平成 26 年度国連環境計画 (UNEP) 国際環境技術センター (IE

平成 26 年度事業報告 1. 開発途上国への技術的支援等の国際協力 (1)UNEP 国際環境技術センター (IETC) の環境上適正な技術の普及促進のための活動への支援 ( 大阪市委託事業 )( 公 1 事業 ) 大阪市より 平成 26 年度国連環境計画 (UNEP) 国際環境技術センター (IE

(3)大阪CDMネットワーク事業(公2事業) GECは、在阪企業CDMプロジェクトへ積極的な参画・主体的活動を促すため、(公財) オイスカ関西総支部、(公財)大阪市都市型産業振興センターと協働して平成16年2月に創設 した「大阪CDMネットワーク」世話役代表として、関西圏企業等を中心とした温暖化対策ビ ジネス等展開を支援してきた。また、平成20年度より「大阪カーボンオフセット・コンシェルジュ (OCONOMI)」というカーボンオフセット関連活動が開始され、合わせて大阪CDMネットワーク 独自ウェブサイトを立ち上げた。GECでは、関西圏を中心とした排出権関連ビジネス、カーボ ンオフセット活性化や地球温暖化防止に対する企業・市民啓発に関する会員企業主体 活動も支援してきた。
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成 28 年度 戦略的基盤技術高度化 連携支援事業 戦略的基盤技術高度化支援事業 液体を検査媒体とすることで高圧工程を安全 低コストに実現する量産対応高圧漏れ検査装置の開発 研究開発成果等報告書 平成 29 年 3 月 担当局関東経済産業局 補助事業者公益財団法人やまなし産業支援機構

平成 28 年度 戦略的基盤技術高度化 連携支援事業 戦略的基盤技術高度化支援事業 液体を検査媒体とすることで高圧工程を安全 低コストに実現する量産対応高圧漏れ検査装置の開発 研究開発成果等報告書 平成 29 年 3 月 担当局関東経済産業局 補助事業者公益財団法人やまなし産業支援機構

14 【4-2】液体加圧・回収システム開発 液体導入圧力 300 MPa と液体回収効率 98%以上を目標として、液体加圧・回収システム試作 し、その性能を調査した。図 2-4-2 に試作した液体加圧・回収システム回路模式図と写真を示 す。この装置は、被試験体に高圧液体を導入し液体回収を行う加圧・回収ユニットと、2 次加圧ユ ニットから構成した。ここで 2 次加圧ユニットは液体加圧・回収ユニットによる加圧終了後被 試験体圧力維持ために使用するものである。
さらに見せる

18 さらに読み込む

平成 21 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 高強度アルミニウム合金のハイドロフォーミングの高度化技術開発 研究開発成果等報告書 平成 22 年 3 月 委託者 委託先 関東経済産業局 株式会社協栄製作所 - 1 -

平成 21 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 高強度アルミニウム合金のハイドロフォーミングの高度化技術開発 研究開発成果等報告書 平成 22 年 3 月 委託者 委託先 関東経済産業局 株式会社協栄製作所 - 1 -

(2) 実験方法 1) 実験炉設定温度に対する昇温特性について 実験炉はガス燃焼式で昇温ゾーンと均熱ゾーンを持ち、出口側に焼入れ用水槽を備え、部材を 1 個づつ搬送チェーンに乗せて炉内を通過させる仕様になっている。予備試験前に実験炉昇温性 能を調査したところ、昇温ゾーン設定温度を目標温度より高目に設定するほうが目標温度に設定 した場合より短時間で到達する傾向が確認された。いくつか温度設定をトライした結果、予備試 験における昇温ゾーン設定温度は、目標設定温度 +10℃が妥当であると判断されたので、目標温 度設定をT℃とする場合、以下ように溶体化処理温度を設定した。
さらに見せる

31 さらに読み込む

概要 生活支援ロボットと安全性 生活支援ロボット関連ナショナルプロジェクト NEDO 生活支援ロボット実用化プロジェクト 経済産業省ロボット介護機器開発 導入促進事業 高信頼ソフトウェア開発支援技術への期待 1

概要 生活支援ロボットと安全性 生活支援ロボット関連ナショナルプロジェクト NEDO 生活支援ロボット実用化プロジェクト 経済産業省ロボット介護機器開発 導入促進事業 高信頼ソフトウェア開発支援技術への期待 1

日本自動車研究所・産業技術総合研究所 労働安全衛生総合研究所・名古屋大学・日本品質保証機構 日本認証・日本ロボット工業会・製造科学技術センター 生活支援ロボットは人と接 触度が高くなるため,安全対 策を確認する試験方法が必

63 さらに読み込む

公開版 令和元年度 戦略的基盤技術高度化 連携支援事業 戦略的基盤技術高度化支援事業 溶射法を用いた新アモルファス合金水素分離膜の研究開発 研究開発成果等報告書 令和 2 年 5 月 担当局近畿経済産業局 補助事業者公益財団法人新産業創造研究機構 1

公開版 令和元年度 戦略的基盤技術高度化 連携支援事業 戦略的基盤技術高度化支援事業 溶射法を用いた新アモルファス合金水素分離膜の研究開発 研究開発成果等報告書 令和 2 年 5 月 担当局近畿経済産業局 補助事業者公益財団法人新産業創造研究機構 1

・母合金作製方法検討 水素透過膜用アモルファス合金として、論文等に記載 Ni 27 Nb 18 Zr 50 Co 5 を基本組成と して、その元素原料および溶解手順について検討を行なった。 元素原料検討については、まず、安定して元素原料供給を受けられないコバルトに対 して、採用する原料選定を行なった。安定して供給が受けられない純度 3N 電解コバル トは、酸素分析値も低く、脱ガス溶解による重量減少も少なかった。それ以外3種につ いては、脱ガス溶解による重量減少は 3N 品に比べて多いコバルト、または重量減少は少な いが形状が大きく組成改良検討には向かないコバルトであり、3N 品と同等形状と重量 減少コバルトは入手できなかった。このため、上記中でも形状および脱ガス時重量減 少観点から2種類コバルトを併用して採用し、今後研究開発および溶射用粉末原料と して供することとした。
さらに見せる

29 さらに読み込む

東京大学先端科学技術研究センター共同研究創出支援事業 新技術 新製品開発事業化可能性調査事業の募集について 1 対象事業次に掲げる事業に対して 東京大学先端科学技術研究センター ( 以下 : 先端研 ) 及び石川県産業創出支援機構 ( 以下 : ISICO ) からの補助金の交付等により支援を行いま

東京大学先端科学技術研究センター共同研究創出支援事業 新技術 新製品開発事業化可能性調査事業の募集について 1 対象事業次に掲げる事業に対して 東京大学先端科学技術研究センター ( 以下 : 先端研 ) 及び石川県産業創出支援機構 ( 以下 : ISICO ) からの補助金の交付等により支援を行いま

東京大学先端科学技術研究センター共同研究創出支援事業技術・新製品開発事業化可能性調査事業募集について 1 対象事業 次に掲げる事業に対して、東京大学先端科学技術研究センター(以下︓「先端研」) 及び石川県産業創出支援機構(以下︓「ISICO」)から補助金交付等により 支援を行います。

7 さらに読み込む

平成 28 年度 障害者自立支援機器等 開発促進事業 開発成果報告集

平成 28 年度 障害者自立支援機器等 開発促進事業 開発成果報告集

開発機器概要 ティルトとリクライニングなど自分で姿勢 変換可能な軽量コンパクトな電動車椅子 一日大半を車椅子で過ごす障害や難病方々に とって、長時間座位は疼痛や血圧コントロールがで きないために姿勢を変えることが必要となるが、自分で 自由に姿勢変換できない人は少なくない。また、移乗が 介助になる場合は、介護負担が多くなり、ベッド上で 生活が中心になってしまうことも多くみられる。このよ うな対象が電動車椅子上で生活を長時間持続する には、在宅内で移動がしやすく自分で姿勢変換操作でき る電動車椅子が必要であるという切実なニーズが高まっ ている。そのため、ティルトとリクライニング操作を本人 が行える姿勢変換可能な軽量コンパクトな電動車椅子を 目指し、石川県リハビリテーションセンターと共同でユー ザーニーズ検証を行い、研究開発を進めてきた。
さらに見せる

62 さらに読み込む

別紙 2 平成 26 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 放熱特性を向上させる周期的凹凸構造を持つ立体塗装技術の開発 研究開発成果等報告書 平成 27 年 3 月 委託者関東経済産業局委託先タマティーエルオー株式会社

別紙 2 平成 26 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 放熱特性を向上させる周期的凹凸構造を持つ立体塗装技術の開発 研究開発成果等報告書 平成 27 年 3 月 委託者関東経済産業局委託先タマティーエルオー株式会社

コスト △ × × ○ △ ○ 工程 変化なし 工程追加 工程追加 工程追加 工程追加 工程追加 金型によるプラスチック表面へ周期的凹凸構造付与は、裏面ひけがヘッドランプ 反射鏡面(リフレクター)に悪影響を及ぼし、また、金型開発時に放熱形状を決める必 要があり、設計コストアップになるため採用されていない。金属フィン付与は、形状 制限が大きいなどヘッドランプ意匠自由度へ影響が大きく、平面構造へ付与など でよく使用されているものの、リフレクターような曲面へは使えない。切削後加工は、 特に曲面加工は困難でコスト高になるため、試作品以外では採用されていない。
さらに見せる

23 さらに読み込む

TOC 本講演の内容 PostgreSQL 開発とリリースの概要 PostgreSQL 9.5 新機能の検証報告 講演者について 高塚遙 SRA OSS, Inc. 日本支社にて PostgreSQL サポート 各種クラスタ構築技術支援 マイグレーション技術支援 などを担当 Copyright 20

TOC 本講演の内容 PostgreSQL 開発とリリースの概要 PostgreSQL 9.5 新機能の検証報告 講演者について 高塚遙 SRA OSS, Inc. 日本支社にて PostgreSQL サポート 各種クラスタ構築技術支援 マイグレーション技術支援 などを担当 Copyright 20

 第4引数 false なら 「あれば値更新」 「無ければ何もしない」 db1=> SELECT '{"name": "John", "contact": {"phone": "0123", "email":"John@foohoge.com"}}'::jsonb #- '{contact, email}'::text[]; ?column?

22 さらに読み込む

資料 5 総合科学技術会議が実施する国家的に重要な研究開発の評価 X 線自由電子レーザーの開発 共用 について ( 原案 ) 資料 6 総合科学技術会議が実施する国家的に重要な研究開発の評価 戦略的基盤技術高度化支援事業 について( 原案 ) ( 机上資料 ) 国の研究開発評価に関する大綱的指針 (

資料 5 総合科学技術会議が実施する国家的に重要な研究開発の評価 X 線自由電子レーザーの開発 共用 について ( 原案 ) 資料 6 総合科学技術会議が実施する国家的に重要な研究開発の評価 戦略的基盤技術高度化支援事業 について( 原案 ) ( 机上資料 ) 国の研究開発評価に関する大綱的指針 (

【柘植会長】ありがとうございます。 それでは、この座長案でいかせていただきたいと思います。 【大見委員】いろいろな事情は私ら比較的近いところにいるので全部わかるんで すけれども、例えば10ペタFLOPS機能を持ったコンピュータを次につく らないとどういうことがものすごく困るかという、1回目この委員会でも文 部省方にお願いしたですけれども、アプリケーションところが余り明確で なかったというが非常に不自然な気がするんですね。これからどうつくるかと いう議論は大いにやっていただいて私はいいと思うですけれども。10ペタF LOPS機能コンピュータをつくらないと日本にとってこういう重大な問題 で困るんだよ、ということがやはり幾つか例示されるべきではないでしょうか。 それがはっきりしてなかったというような土居先生ご説明だったように私には 聞こえたですけれども。こういうものができるとこういうことができて日本に こういうふうにプラスになるんだよな、ということは明確でないと、聞かされた 人がよくわからないではないでしょうか。そんな印象を受けました。
さらに見せる

24 さらに読み込む

平成 27 年度再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 ( 再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発 ) 事業報告書 事業名研究開発課題名研究開発担当者所属役職氏名 再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 ( 再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発 ) B 細胞性急性リンパ性白血病

平成 27 年度再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 ( 再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発 ) 事業報告書 事業名研究開発課題名研究開発担当者所属役職氏名 再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業 ( 再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発 ) B 細胞性急性リンパ性白血病

② 凍結保存による血液分離細胞品質変化項目評価 (ⅰ)PBMC 凍結保存溶液検討 製品製造原材料である PBMC 凍結保存にあたり、 凍結保存溶液による凍結細胞へ影響を短期間で 評価する系として、平成 26 年度再生医療産業化に向けた評価基盤技術開発事業において実施した、 凍結保存温度を上げた条件(-30℃で 7 日間)で保管した細胞による測定検討を行った。凍結保存溶液 陽性対照とし市販凍結保存溶液と、陰性対照として長期保存では保存安定性が低下する 5% DMSO/7% HSA/ 生理食塩水を使用し、その他検討用溶液を試験に用いた。凍結 PBMC は 37℃温浴で急速に解凍した後 に生存率および 7-AAD 染色測定を行った。
さらに見せる

14 さらに読み込む

36 発表論文 重度視覚障害者用プログラミング環境の開発とその活用 長岡 英司 ( 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター ) 宮城 愛美 ( 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター ) < キーワード > 重度視覚障害 プログラミング環境 支援ソフトウェア 学習リソース プログラミング教育

36 発表論文 重度視覚障害者用プログラミング環境の開発とその活用 長岡 英司 ( 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター ) 宮城 愛美 ( 筑波技術大学障害者高等教育研究支援センター ) < キーワード > 重度視覚障害 プログラミング環境 支援ソフトウェア 学習リソース プログラミング教育

償するためソフトウェアを障害当事者が自ら 手で開発するなど大きな成果が得られた。 と こ ろ が、 そ GUI(GraphicalUser Interface)普及に伴って、プログラミング 技能や知識を非視覚的に習得する術がなくな った。その結果として、重度視覚障害は、 PC(パーソナルコンピュータ)、インターネッ ト等利用環境改善や独自利用法開拓 に、技術面で主体的に取り組むが難しい状況 に置かれることとなった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成29年度 障害者自立支援機器等開発促進事業 事業報告 :::: 調査研究報告 ::::

平成29年度 障害者自立支援機器等開発促進事業 事業報告 :::: 調査研究報告 ::::

このことから、本事業は、マーケッ 小 く事業化が困難であること、あるいは技術開発は終了しているが経費的な問 題からモニター評価(被験によ 評価試験 行えない い 理由 実用的製品化 進 い機器 ついて、 障害当事者モニター評価等を義務付けた実証実験等を行うことで、障害当事者にとって使いやすく適切な価格で販 売される機器を、企業が障害当事者と連携して開発する取組みに対して助成を行うことによって、障害自立や社 会参加促進に資することを目的 ます。
さらに見せる

255 さらに読み込む

実用化開発事業と同様 実用化開発に取り組む企業等についても必要に応じ事業化支援 ( 経営支援 ) を行う 支援内容: 企業訪問 面談 課題抽出 解決支援 ( 事業化戦略の構築 見直し 資金調達における市場調査 体制構築 ビジネスモデルの作成 販路開拓支援等 ) ( 上記の支援内容を事業者ごとに整理し

実用化開発事業と同様 実用化開発に取り組む企業等についても必要に応じ事業化支援 ( 経営支援 ) を行う 支援内容: 企業訪問 面談 課題抽出 解決支援 ( 事業化戦略の構築 見直し 資金調達における市場調査 体制構築 ビジネスモデルの作成 販路開拓支援等 ) ( 上記の支援内容を事業者ごとに整理し

1 本業務趣旨、及び概要 福島イノベーション・コースト構想重点分野について、地元企業等及び地元企業等と 連携等により進められている地域復興実用化開発等促進事業(以下、 「実用化開発事業」 という。 )等成果を最大化させ、その後本格的な事業化及び当該開発技術を活用した 新たな事業展開を推進させるため、機構が取り組む事業支援(経営支援)に関する業務 を行う。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成 27 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 生分解樹脂製マイクロニードルアレイのディスポーザブル型装着技術の開発 研究開発成果等報告書 平成 28 年 5 月 担当局 補助事業者 四国局 公益財団法人かがわ産業支援財団 1

平成 27 年度戦略的基盤技術高度化支援事業 生分解樹脂製マイクロニードルアレイのディスポーザブル型装着技術の開発 研究開発成果等報告書 平成 28 年 5 月 担当局 補助事業者 四国局 公益財団法人かがわ産業支援財団 1

6 (目的) 川下企業は、バイオ医薬品新しい投与技術(DDS ドラッグ・デリバリー・システム)とし てマイクロニードルで安全で信頼性高い投与を検討している。そして生体へ安全性観 点から、生分解樹脂製マイクロニードルを手で押し込み投与することを想定しているが、現状 は、皮膚へ挿入するために熟練された技術が必要となっており、熟練された技術を必要としな くても高い信頼性で挿入できる技術、及び感染防御観点から、ディスポーザブル(使い捨 て)が求められている。さらに、幼児から高齢まで広い範囲で投与できる技術を求めている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

平成 26 年度戦略的基盤技術高度化 連携支援事業戦略的基盤技術高度化支援事業 血管炎バイオマーカー測定キット ANCA-Fast の開業医むけ普及品開発 研究開発成果等報告書 平成 28 年 11 月 担当局関東経済産業局補助事業者国立大学法人千葉大学

平成 26 年度戦略的基盤技術高度化 連携支援事業戦略的基盤技術高度化支援事業 血管炎バイオマーカー測定キット ANCA-Fast の開業医むけ普及品開発 研究開発成果等報告書 平成 28 年 11 月 担当局関東経済産業局補助事業者国立大学法人千葉大学

難治性血管炎は「川崎病」、「高安動脈炎」 、「側頭動脈炎」、「ビュルガー病」、「結節性多発 動脈炎」、「顕微鏡的多発血管炎」、「多発血管炎性肉芽腫症(旧名:ウェジナー肉芽腫症)」、 「好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(旧名:アレルギー性肉芽腫性血管炎)」、「悪性関節リウ マチ」 、 「抗リン脂質抗体症候群」等多数疾患を含む一部臓器血管が炎症を起こす疾患 で、障害される臓器も多岐に渡るため、臨床からは腎臓専門医、リウマチ膠原病専門医、呼 吸器専門医、循環器専門医、皮膚専門医、耳鼻咽喉専門医等、各専門医診断によらなけれ ば診断が難しい疾患である。中でも顕微鏡的多発血管炎は高齢に多く発症し重篤な急速進 行性糸球体腎炎(RPGN)となる。この病気は一般に馴染みがなく、罹りはじめ風邪様症 状や微熱、手足しびれなど市中掛かり付け近医ではなかなか診断を付けることが困難な 病気であり、診断がつかないまま数ヶ月すると重症化し最終的には人工透析処置が必要と なってしまう。重要なことは発病初期に現れる症状から直ちに確定的な診断が可能になれば、 早期対処が可能であり、重症化を防ぐことが出来る。現状では専門医が検査会社に検査を 依頼して疾患マーカーを測定しており、数日から1週間を要し、患者負担も高額である。本 開発研究では難治性血管炎疾患マーカーである抗 MPO 抗体、抗 PR3 抗体、抗 moesin 抗体、抗 GBM 抗体 4 種自己抗体を簡便迅速に検出できるキットを安価に一般普及価 格で生産することを目的としている。
さらに見せる

21 さらに読み込む

高齢者あんしんマンションライフ支援事業運営費補助金(高齢者支援課) 市内各種団体への補助(平成25年度)|浦安市公式サイト

高齢者あんしんマンションライフ支援事業運営費補助金(高齢者支援課) 市内各種団体への補助(平成25年度)|浦安市公式サイト

補助金等調査表(チェックシート) 所属 (1)補助金内容 平成22~24年度はモデル事業として一団体(入船東エステート住宅 管理組合)に補助しているが、週に1回サロンを開催することでマン ション内でコミュニティを形成し、安否確認や生活相談に力を入れ ることができている。

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...