専門の事項を調査する

Top PDF 専門の事項を調査する:

は 各高専におけるTOEIC の活用状況を調査し その事例を各高専に周知する 学習到達度試験 の CBT 型移行について検討するとともに試験的に実施する 3 教育活動の改善 充実に資するため 在学生による授業評価の調査を実施し 教員にフィードバックする 4 公私立高等専門学校と協力して 学生の意欲向

は 各高専におけるTOEIC の活用状況を調査し その事例を各高専に周知する 学習到達度試験 の CBT 型移行について検討するとともに試験的に実施する 3 教育活動の改善 充実に資するため 在学生による授業評価の調査を実施し 教員にフィードバックする 4 公私立高等専門学校と協力して 学生の意欲向

③ 男女共同参画に関する情報適切に提供するとともに、ワーク・ライフ・ バランス推進するため意識醸成等環境整備に努める。 2 研究や社会連携に関する事項 ① 各種新技術説明会等開催により、各高専における研究成果発信する機 会設ける。また、各高専で科学研究費助成事業等外部資金獲得に関す る調査実施し、好事例共有と活用行うことなどにより外部資金獲得 する
さらに見せる

11 さらに読み込む

イ特許専門業務特許戦略 法務 情報 調査 特許戦略に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有すること (1) 特許出願戦略 ( ポートフォリオ戦略等 ) (2) 研究開発戦略と特許戦略の関係 (3) 事業戦略と特許戦略の関係 (4) 標準化戦略 法務に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有

イ特許専門業務特許戦略 法務 情報 調査 特許戦略に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有すること (1) 特許出願戦略 ( ポートフォリオ戦略等 ) (2) 研究開発戦略と特許戦略の関係 (3) 事業戦略と特許戦略の関係 (4) 標準化戦略 法務に関し 次に掲げる事項について専門的な知識を有

デザイン保護に関し、業務上課題発見し、上司指導下で又は外部専門 家等と連携して、その課題解決することができること。 契約に関し、次に掲げる事項について業務上課題発見し、上司指導下 で又は外部専門家等と連携して、その課題解決することができること。 (1)知的財産関連契約

12 さらに読み込む

資料5 児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)の審議事項について

資料5 児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)の審議事項について

児童福祉専門分科会(子ども・子育て会議)における審議事項について ○ 平成 27 年度から本格施行となる「子ども・子育て支援新制度」に向けて、本分科会において次内容について審議行う予定である。 ○ ここで示す審議事項、開催時期・回数等は、審議状況や国動向等に応じて変更となる可能性がある。 区分 1 子ども・子育て支援事業計画(事業計画) 策定に関すること

2 さらに読み込む

「職業実践専門課程」の実態等に関する調査研究_報告書

「職業実践専門課程」の実態等に関する調査研究_報告書

5.2 「職業実践専門課程」今後へ示唆 (1) 導入効果向上に向けて 前節で示したとおり、認定課程は、非認定課程に比べ、全般的に企業等と連携した望まし い取組が行われていることが確認された。改善状況については、 「学校関係者による学校 理解度向上」 「企業等、外部組織と連携強化」 「教職員コンプライアンスやアカウンタビ リティに関する意識向上」 「教育課程組織的・定期的な見直し実施」 「生徒実践的・ 専門的な知識・技能習得」などにおいて相対的に優れた状況が確認された。また、在学生 調査における入学以降教育効果や、卒業生調査における在学期間中教育効果については、 認定課程生徒/卒業生ほうが、非認定課程生徒/卒業生に比べ、多く項目で「とて も伸びた」と認識していることが示された。
さらに見せる

151 さらに読み込む

第30次地方制度調査会専門小委員会「大都市制度についての専門小委員会中間報告」を読む

第30次地方制度調査会専門小委員会「大都市制度についての専門小委員会中間報告」を読む

とりわけ、後者に関する一端第30次地方制度調査会において垣間見ることができる。 大都市地域特別区設置法、あわせて本家本元都区制度についてここでは考察したい。 (1) 大都市地域特別区設置法へ楔 みんな党に続いて、大阪都構想に係る「地方自治法一部改正する法律案」 自民党・公明党が合意をもって衆議院に提出した一週間後2012年4月25日に開催さ れた第11回専門小委員会において、西尾会長が当該構想へ私見述べた。それは、 大阪市・大阪府財政状況に懸念示しながらも、東京都以上に、東京「区部とそ 周辺ベッドタウン地域が府域になってい」て、「東京状況に最も近いは大 阪」であることは「認めざる得ないではないかと思」うという内容であった (50) 。
さらに見せる

35 さらに読み込む

建物状況調査の結果の概要 ( 重要事項説明用 ) の参考資料 建物状況調査の内容 本調査は 既存住宅状況調査方法基準 ( 平成 29 年国土交通省告示第 82 号 ) に適合する既存住宅状況調査であり 調査対象となる住宅について 目視を中心とした非破壊調査により 劣化事象等の状況を把握するものです

建物状況調査の結果の概要 ( 重要事項説明用 ) の参考資料 建物状況調査の内容 本調査は 既存住宅状況調査方法基準 ( 平成 29 年国土交通省告示第 82 号 ) に適合する既存住宅状況調査であり 調査対象となる住宅について 目視を中心とした非破壊調査により 劣化事象等の状況を把握するものです

13.調査員が指摘しなかった不具合等により万が一依頼主が損害被ることがあっても、当社は損害賠償責め負いません。 ただし当社に故意または重過失がある場合は、当社が受領した報酬額上限として損害賠償に応じます。依頼主以外 方に対しては、当社および調査員はいかなる場合も損害賠償責任負うことはありません。 1.調査対象となった住宅売買、交換または賃借(以下「売買等」という。)行う場合には、本調査結果、当該売買等に 係る宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号)第35条規定による重要事項説明等(以下「重要事項説明等」 という。)に用いるため、当該売買等媒介する宅地建物取引業者に提供することがあります。
さらに見せる

24 さらに読み込む

2 届出事項の公開届出事項については尼崎市において閲覧に供するほか 事業者においても利用料に係る情報として事業所内で掲示することになること 3 届出事項に係る事後調査の実施届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないこと

2 届出事項の公開届出事項については尼崎市において閲覧に供するほか 事業者においても利用料に係る情報として事業所内で掲示することになること 3 届出事項に係る事後調査の実施届出事項については その内容が適正であるかどうか 適宜事後的な調査を行うこと 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないこと

3 届出事項に係る事後調査実施 届出事項については、その内容が適正であるかどうか、適宜事後的な調査行うこと。 4 事後調査等で届出時点で要件に合致していないことが判明した場合届出取扱い ① 事後調査等により、届出時点において要件に合致していないことが判明し、所要指導上な お改善がみられない場合は、当該届出受理取消し行うこと。この場合、取消しによって当 該届出はなかったことになるため、加算については、当該加算全体が無効となるものであること。 当該届出に関してそれまで受領していた第1号事業支給費は不当利得になるので返還措置講ず ることは当然であるが、不正・不当な届出した指定事業者に対しては、厳正な指導行い、不 正・不当な届出が繰り返し行われるなど悪質な場合には、指定取消しもって対処すること。 ② また、改善がみられた場合においても、要件に合致するに至るまでは当該加算等は算定しない ことはもちろん、要件に合致していないことが判明した時点までに当該加算等が算定されていた 場合は、不当利得になるので返還措置講ずること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会確認評価部会専門委員名簿... 5 第 198 回食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門参考人名簿... 5 要約... 6 I. 評価対

目次頁 審議の経緯... 3 食品安全委員会委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門委員名簿... 3 食品安全委員会動物用医薬品専門調査会確認評価部会専門委員名簿... 5 第 198 回食品安全委員会動物用医薬品専門調査会専門参考人名簿... 5 要約... 6 I. 評価対

JECFA 評価書において、試験報告書著者によれば、24 か月間慢性毒性/発がん性併 合試験[II.6.(2)]において、ジシクラニル投与による嗅感覚障害はなかったとされ ている。さらに、ボウマン腺にムコ多糖類が存在していることから、ジシクラニル投 与したラット嗅粘膜は機能的に正常であること示していたとしている。さらに、著 者は、ジシクラニル投与した雄ラット嗅上皮にみられる色素沈着はボウマン腺支 持細胞及び分泌細胞細胞質にリポフスチンが蓄積した結果であり、自然な加齢性変化 促進であると結論した。嗅粘膜に他形態的変化がなかったことから、著者は、色素
さらに見せる

40 さらに読み込む

調査実施概要 1. 調査目的 総務省人事 恩給局では 国家公務員の退職手当制度の総合的な検討を行うに当たり その参考とするために 民間企業等における退職給付制度に関する基本的な事項及びその時々の状況に応じた詳細な事項の調査 研究を継続的に行っている 本年度は 民間企業の役員退職慰労金制度の実態を調査

調査実施概要 1. 調査目的 総務省人事 恩給局では 国家公務員の退職手当制度の総合的な検討を行うに当たり その参考とするために 民間企業等における退職給付制度に関する基本的な事項及びその時々の状況に応じた詳細な事項の調査 研究を継続的に行っている 本年度は 民間企業の役員退職慰労金制度の実態を調査

大変お手数お掛けしますが、同封アンケート票に関しまして、貴社における退職 慰労金制度(もしくは人事制度)直接ご担当されている方にご回答いただきますよう、 お願い申し上げます。 なお、本調査に関する業務については、株式会社矢野経済研究所に委託しております。 ご記入いただきましたアンケート票は、同封した返信用封筒にて、下記委託先までご 返信ください。また、ご不明な点につきましては、直接下記委託先にお問い合わせくだ さいますようお願い申し上げます。
さらに見せる

49 さらに読み込む

目 次 ミラサポ派遣システムの注意事項等... 1 専門家派遣の流れ... 2 専門家派遣を受ける企業に行ってもらうこと... 3 ミラサポ サイトにログインする... 4 専門家からの推薦 修正 退会依頼について... 5 専門家派遣の電子申請について... 8 Step1: 専門家を検索する..

目 次 ミラサポ派遣システムの注意事項等... 1 専門家派遣の流れ... 2 専門家派遣を受ける企業に行ってもらうこと... 3 ミラサポ サイトにログインする... 4 専門家からの推薦 修正 退会依頼について... 5 専門家派遣の電子申請について... 8 Step1: 専門家を検索する..

こんにちは。ミラサポ運営事務局です。 ご登録頂いているパスワードリセットするには、 以前、作成されたパスワード確認用質問にお答え頂く必要がございます。 パスワードリセット処理続行するには、以下リンククリックしてください。 https://mirasapo.secure.force.com/reset?t=1507698242604W3V9hSCBRsllst9oSiIIrPYS OwB6Wl1jySEC9VZojUZ7vvpraktj5ILq4iyvesWiLXZb42VFrlsHtRgKUHLYNVZQMzm4KDK 9NjhN

35 さらに読み込む

分科会等 < 分科会 > 1. 統計分科会 ( 所掌事務 ) 統計の総合的企画 調査及び研究 統計の改善及び整備並びに統計の知識の普及及び指導に関する事項を調査審議すること 2. 医療分科会 ( 所掌事務 ) 医療法の規定によりその権限に属させられた事項を処理すること 3. 福祉文化分科会 ( 所掌

分科会等 < 分科会 > 1. 統計分科会 ( 所掌事務 ) 統計の総合的企画 調査及び研究 統計の改善及び整備並びに統計の知識の普及及び指導に関する事項を調査審議すること 2. 医療分科会 ( 所掌事務 ) 医療法の規定によりその権限に属させられた事項を処理すること 3. 福祉文化分科会 ( 所掌

(所掌事務)介護保険法及び介護保険法施行法規定により その権限に属させられた事項処理すること 5.医療保険保険料率分科会 (所掌事務)健康保険法、船員保険法及び健康保険法等一 部改正する法律規定によりその権限に属させられた 事項処理すること

8 さらに読み込む

8.9 電波障害 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由電波障害の現況調査の調査事項及びその選択理由は 表 に示すとおりである 表 調査事項及びその選択理由調査事項選択理由 1 テレビ電波の受信状況 2 テレビ電波の送信状況 3 高層建設物及び住宅等の分布状況

8.9 電波障害 現況調査 (1) 調査事項及びその選択理由電波障害の現況調査の調査事項及びその選択理由は 表 に示すとおりである 表 調査事項及びその選択理由調査事項選択理由 1 テレビ電波の受信状況 2 テレビ電波の送信状況 3 高層建設物及び住宅等の分布状況

画像評価については、東京スカイツリー広域放送(NHK・広域民放)、及び東京スカ イツリー県域放送(MX テレビ)は 13 地点全てで全チャンネルが○となり、受信画質は 良好な状態であった。 品質評価については、1地点で東京スカイツリー県域放送が B(良好)であり、その 他地点では、全チャンネルが A(極めて良好)であった。

11 さらに読み込む

03 【資料1】自動走行をめぐる最近の動向と今後の調査検討事項

03 【資料1】自動走行をめぐる最近の動向と今後の調査検討事項

○ 運転者存在前提としている国際条約見直し必要性等に関する議論が開始 ・ 運転免許制度や交通ルール国際協調について議論 ・ 第71回セッションでは、車両に関する国際協定に適合した完全自動走行 システム想定した条約へ改正必要性等についても議論

17 さらに読み込む

目次 頁 審議の経緯 4 食品安全委員会委員名簿 4 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿 4 第 73 回肥料 飼料等専門調査会専門参考人名簿 4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿 5 要約 6 Ⅰ. 評価対象農薬 飼料添加物の概要 7 1. 用途 7 2. 有効成分の一般名

目次 頁 審議の経緯 4 食品安全委員会委員名簿 4 食品安全委員会肥料 飼料等専門調査会専門委員名簿 4 第 73 回肥料 飼料等専門調査会専門参考人名簿 4 食品安全委員会農薬専門調査会専門委員名簿 5 要約 6 Ⅰ. 評価対象農薬 飼料添加物の概要 7 1. 用途 7 2. 有効成分の一般名

エトキシキン遺伝毒性判断する上で、 in vivo 試験であるラット肝臓用いた不定期 DNA 合成試験が陰性であったことは重要な意味持つと考えられる。これは DNA 損傷修 復活性検出する試験であるが、 750 mg/kg 体重、2 回投与でも肝細胞には DNA 損傷が検 出されなかった。つまり、エトキシキン(又はその代謝物)は、ラット肝臓において DNA と直接反応して付加体形成するではなく、間接的な作用で染色体異常誘発すると考え られる。間接的な作用とは、タンパク質介した作用で、例えばトポイソメラーゼ酵素に作 用して DNA 複製阻害、あるいは紡錘体タンパクに作用して染色体配分機構阻害するこ とで染色体異常誘発するメカニズムがよく知られている。このタイプメカニズムによる 染色体異常誘発はまれなケースであるが、 DNA と直接反応して付加体形成することで引 き起こされる染色体異常とは異なり、細胞毒性と同じく、タンパク機能阻害はある用量以 下では生じないため、基本的に無毒性量が存在する。すなわち、 DNA に付加体形成する タイプ遺伝毒性物質について明確に閾値設定することは困難であるが、タンパク質標 的としたメカニズムによる遺伝毒性物質には閾値は存在する
さらに見せる

59 さらに読み込む

消費者安全専門調査会の今後の進め方(案)について

消費者安全専門調査会の今後の進め方(案)について

9 異物混入(その他) 9 期限表示(その他) 10 容器・包装不良 10 品質不良(殺菌不十分、変色、風味変化など不良品) 11 その他 11 微生物及び化学物質混入 食中毒事故原因微生物、化学物質 12 (微生物増殖含む) カビ、酵母等微生物 13 異物(夾雑物含む)混入 ガラス片や金属等硬質異物

17 さらに読み込む

目次 頁 < 審議の経緯 >... < 食品安全委員会委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会栄養成分関連添加物ワーキンググループ専門委員名簿 >... Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途.... 主成分の名称....

目次 頁 < 審議の経緯 >... < 食品安全委員会委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会専門委員名簿 >... < 食品安全委員会添加物専門調査会栄養成分関連添加物ワーキンググループ専門委員名簿 >... Ⅰ. 評価対象品目の概要 用途.... 主成分の名称....

11 消費者庁,栄養機能食品 亜鉛上限,栄養表示基準【 86】 12 Food and Drug Administration, Code of Federal Regulations Title21【3】 13 Mintel, Global New Product Database 世界 49 ヶ国消費者用包装商品新製 品とその動向モニタリングする会員専用データベース , 表示成分に硫酸亜鉛

38 さらに読み込む

設定以来の運用実績 決 算 期 基準価額投資信託純資産税込み期中証券 ( 分配落 ) 総額分配金騰落率組入比率 ( 設定日 ) 円銭 円 % % 百万円 2015 年 9 月 30 日 10, 期 (2016 年 9 月 12 日 ) 8,

基礎資料調査作成にあたっての留意事項

1 日勤務時間は、就業規則に基づくものとする。(※1) 勤務時間内は専任している幼稚園業務に専念し、保育所等関連施設業務及び未 就園児クラス業務など他業務行っていないこと。(※2) (ウ)当該学校法人から主たる給与支給受けていること。 上記(ア)~(ウ)要件充たさない職員兼任職員とする

11 さらに読み込む

員に対し 用地調査等業務に関する事項について 書面をもって知らせることをいう 十五 承諾 とは 受注者が監督員に対し 書面で申し出た用地調査等業務の遂行上必要な事項について 監督員が書面により業務上の行為に同意することをいう 十六 協議 とは 書面により契約書及び仕様書等の協議事項について 発注者又

員に対し 用地調査等業務に関する事項について 書面をもって知らせることをいう 十五 承諾 とは 受注者が監督員に対し 書面で申し出た用地調査等業務の遂行上必要な事項について 監督員が書面により業務上の行為に同意することをいう 十六 協議 とは 書面により契約書及び仕様書等の協議事項について 発注者又

2 受注者が発注者に提出する書類で様式が定められていないものは、受注者において様式定め、 提出するものとする。ただし、発注者がその様式指示した場合は、これに従わなければならな い。 3 受注者は、契約時又は変更時において請負代金額が100万円以上業務について、業務実 績情報システム(以下「テクリス」という。 )に基づき、契約・変更・完了時に業務実績情報と して「登録ため確認お願い」作成し、契約時は契約締結後15日(休日等除く。 )以 内に、登録内容変更時は変更があった日から15日(休日等除く。 )以内に、完了時は業務 完了後15日(休日等除く。 )以内に、書面により監督員確認受けたうえで、登録機関に 登録申請しなければならない。なお、登録できる技術者は、作業計画書に示した技術者とする(担 当技術者登録は8名までとし、受注者が設計共同体である場合は、構成員ごとに8名までとす る。 ) 。
さらに見せる

43 さらに読み込む

14.3 潮風害 (1) 調査の結果の概要 1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 に示すとおりである 表 農業生産 ( 潮風害 ) の調査事項及びその選択理由調査事項選択理由 1 飛来塩分の状況調整池への海水導入に伴う調整池の塩分の変化及び

14.3 潮風害 (1) 調査の結果の概要 1) 調査事項及びその選択理由調査事項及びその選択理由は 表 に示すとおりである 表 農業生産 ( 潮風害 ) の調査事項及びその選択理由調査事項選択理由 1 飛来塩分の状況調整池への海水導入に伴う調整池の塩分の変化及び

潮 風 害 に 対 す る 散 水 量 に 関 す る 明 確 な 基 準 は な い も 土 地 改 良 事 業 設 計 基 準 計 画 農 業 用 水 ( 畑 ) で 示 さ れ た 潮 風 害 防 止 た め 用 水 量 目 安 と さ れ る 4mm 程度散水する。 散水に必要な用水は、代替水源で確保するかんがい用水範囲で行うこととし、 中央干拓地場合は 8,800m3/日が確保されることから、200ha 程度ずつ 4mm 程度 散水自走式スプリンクラーによりローテーションブロックに分けて実施する。 例えばある自走式スプリンクラー場合、1 ユニットで1回 4mm 散水に必要
さらに見せる

41 さらに読み込む

する者で構成する有識者会議 ( 以下 有識者会議 という ) の専門的な知見 を活用し 検討する 4 資金運用計画経過的長期給付組合積立金の運用に当たっては 年度開始前に 年間資金運用計画 を作成する また 毎月 月間資金運用計画 を作成するものとする なお 年間資金運用計画には 次の事項を記載する

する者で構成する有識者会議 ( 以下 有識者会議 という ) の専門的な知見 を活用し 検討する 4 資金運用計画経過的長期給付組合積立金の運用に当たっては 年度開始前に 年間資金運用計画 を作成する また 毎月 月間資金運用計画 を作成するものとする なお 年間資金運用計画には 次の事項を記載する

被用者年金制度一元化等図るため厚生年金保険法等一部改正する 法律(平成24年法律第63号。以下「一元化法」という。)附則第75条 3において準用する地方公務員等共済組合法(昭和37年法律第152号。以 下「法」という。)第112条11第1項規定に基づき、東京都職員共済 組合(以下「組合」という。)は、経過的長期給付組合積立金管理及び運用 が適切になされるよう、法第112条10第1項規定に基づき、地方公務 員共済組合連合会(以下「連合会」という。)が定める管理運用方針(以下 「管理運用方針」という。)に適合するように、経過的長期給付組合積立金 管理及び運用に係る基本的な方針(以下「基本方針」という。)とお り定める。
さらに見せる

16 さらに読み込む

Show all 10000 documents...