対前年増減額 対前年増減率

Top PDF 対前年増減額 対前年増減率:

業績データ 事業の状況 主要な経営指標等の推移 項目 正味収入保険料 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常収益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 保険引受損益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 当期純利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 年度 2013 年度 2

業績データ 事業の状況 主要な経営指標等の推移 項目 正味収入保険料 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常収益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 保険引受損益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 経常利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 当期純利益 ( 対前期増減 ( ) 率 ) 年度 2013 年度 2

(8) 重要なヘッジ会計の方法 ①金利関係 当社は、長期の保険契約等に付随して発生する金利の変動リスクを軽減するため、金融資産と保険負債等を同時に評価・分 析し、リスクをコントロールする資産・負債総合管理(ALM;Asset Liability Management) を実施しています。この管理のため に利用している金利スワップ取引の一部については、業種別監査委員会報告第26号「保険業における金融商品会計基準適用 に関する会計上及び監査上の取扱い」 (平成14年9月3日 日本公認会計士協会) (以下 「第26号報告」 という。) に基づく繰延ヘッ ジ処理を行っています。ヘッジ対象となる保険負債とヘッジ手段である金利スワップ取引を一定の残存期間毎にグルーピングの うえヘッジ指定を行っており、ヘッジに高い有効性があるため、ヘッジ有効性の評価を省略しています。また、第26号報告適用 前の業種別監査委員会報告第16号「保険業における金融商品会計基準適用に関する当面の会計上及び監査上の取扱い」 (平 成12年3月31日 日本公認会計士協会)による2003年3月末の繰延ヘッジ利益については、第26号報告の経過措置に基づ いて、ヘッジ手段の残存期間(1~ 17年)にわたり、定額法により損益に配分しています。なお、本経過措置に基づく、当連結会 計年度末の繰延ヘッジ損益(税相当控除前)は1,256百万円(前連結会計年度末4,498百万円) 、当連結会計年度の損益に 配分されたは3,241百万円(前連結会計年度3,241百万円)です。
さらに見せる

96 さらに読み込む

2018 年の農林水産物 食品輸出額 (1-9 月 ) 国 地域別 食料産業局 順位 輸出先 輸出額 ( 億円 ) 前年同期増減率 (%) 輸出額内訳 ( 億円 ) 主な輸出品目 農産物林産物水産物 1 位 2 位 3 位 1 香港 1, 真珠なまこ ( 調製 )

2018 年の農林水産物 食品輸出額 (1-9 月 ) 国 地域別 食料産業局 順位 輸出先 輸出額 ( 億円 ) 前年同期増減率 (%) 輸出額内訳 ( 億円 ) 主な輸出品目 農産物林産物水産物 1 位 2 位 3 位 1 香港 1, 真珠なまこ ( 調製 )

(資料)アンケート調査等に基づき観光庁作成 注1:5カ国・地域=中国、台湾、韓国、香港、米国 注2:越境ECについては、B to C取引を対象としている。 注3:各国・地域における購買を示したものであり、例えば、越境ECサイトの手数料等が含まれている ことから、日本からの輸出そのものを示したものではない。

7 さらに読み込む

特集 平成 30 年分成田空港貿易概況 ( 速報 ) 平成 31 年 1 月 23 日 ( 水 ) 東京税関 本資料における 2018 年 の数値は速報値 本資料における 伸率 とは前年との比較によるもの 本資料における対中国の貿易額には対香港及び対マカオの貿易額を含む

特集 平成 30 年分成田空港貿易概況 ( 速報 ) 平成 31 年 1 月 23 日 ( 水 ) 東京税関 本資料における 2018 年 の数値は速報値 本資料における 伸率 とは前年との比較によるもの 本資料における対中国の貿易額には対香港及び対マカオの貿易額を含む

7. 特徴的な品目の動向【輸入】 ●医薬品の輸入 2018年の全国の 医薬品輸入は過去最大。成田空港の主要輸入品目2位、主要増加品目1位となっています。 金額ベースでは、全国の53.9%を成田空港が占めています。

9 さらに読み込む

損益計算書 Non-consolidated statement of income 2016 年度 /FY 年度 /FY2017 前年増減 Increase (Decrease) 百万円 /Million

損益計算書 Non-consolidated statement of income 2016 年度 /FY 年度 /FY2017 前年増減 Increase (Decrease) 百万円 /Million

・貸倒引当金 Allowance for doubtful accounts — 962 — 1,092 — 130 資産合計 Total assets 767,986 798,603 30,617 有形固定資産の減価償却累計 Accumulated depreciation of property and store equipment 255,226 277,902 22,676

5 さらに読み込む

計 物価12 家家計 物価 消費者物価指数 10 大費目別対前年上昇率 県平均 ( 平成 24 年 )

計 物価12 家家計 物価 消費者物価指数 10 大費目別対前年上昇率 県平均 ( 平成 24 年 )

可処分所得(実収入から非消費支出を差し引いたもの)は44万3,557円である。 非消費支出(税金や社会保険料など)は、前年から9,242円減少したものの、実収入も 16,799円減少したため、可処分所得は7,558円減少となり、実質で1.8%の減少となった。 また、平均消費性向(可処分所得に対する消費支出の割合)が、75.9%で前年から0.1 ポイント増加したため、黒字(可処分所得に対する黒字の割合)は、24.1%と前年か ら0.1ポイント減少した。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 平成 20 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 19 年 4 月 1 日 ~ 平成 20 年 3 月 31 日 ) 中間期 通期 (% 表示は 通期は対前期 中間期は対前年中間期増減率 ) 売 上 高 営業利益 経常利益 当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

これらの結果、売上高は 3,404 億円(前年同期比 160.0%増)、営業利益は 906 億円(前年同期比 214.7%増)、経常利益は為替差益が 290 億円発生したことなどから 1,314 億円(前年同期比 302.3% 増)、当第1四半期純利益は 802 億円(前年同期比 416.0%増)となりました。 2.連結財政状態に関する定性的情報

8 さらに読み込む

1 保険給付費の推移保険給付費の伸びが 市町村合併後初めてマイナスに転じた 費用 ( 億円 ) 対前年伸び率 (%) 対前年差額 ( 億円 ) 21 年度 22 年度 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度

1 保険給付費の推移保険給付費の伸びが 市町村合併後初めてマイナスに転じた 費用 ( 億円 ) 対前年伸び率 (%) 対前年差額 ( 億円 ) 21 年度 22 年度 23 年度 24 年度 25 年度 26 年度

上越市の疾病別医療費の状況と今後の課題 平成 20 年度から糖尿病・高血圧等生活習慣病予防に取り組んできた。 保険給付費の伸びは 1%前後の鈍化傾向で推移してきたが、 平成 26 年度は-1.1%と初めて伸びがマイナスに転じた。

7 さらに読み込む

(5) 部門別職員数の状況と主な増減理由 (4 月 1 日現在 ) 区分職員数対前年部門 H25 年 H26 年 H27 年増減数議会 主な増減理由 総務 一般行政部門 特別行政部門 公営企業門等会計部 税務 民生 す

(5) 部門別職員数の状況と主な増減理由 (4 月 1 日現在 ) 区分職員数対前年部門 H25 年 H26 年 H27 年増減数議会 主な増減理由 総務 一般行政部門 特別行政部門 公営企業門等会計部 税務 民生 す

調整はその者が属していた区分に応じたのうち、そのが最も多いものから順次その順位を付し、第1順位から第60 順位までの調整月額を合計したになります。 ※当町は、さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、行田市、蕨市を除く全市町村(57 市町村)、36 一部事務組合で構成している 埼玉県市町村総合事務組合に加入しており、支給は組合で統一されています。

14 さらに読み込む

(3) 部門別職員数の増減各年 4 月 1 日現在 部 門 区 分 平成 28 年度 職員数 平成 29 年度 対前年 増減数 普通会計部門公会営計企部業門等 一般行政部門 議会 総務 税務 労働 農林水産 商工 7 7 0

(3) 部門別職員数の増減各年 4 月 1 日現在 部 門 区 分 平成 28 年度 職員数 平成 29 年度 対前年 増減数 普通会計部門公会営計企部業門等 一般行政部門 議会 総務 税務 労働 農林水産 商工 7 7 0

勤務時間、勤務条件 (1)一般的な勤務時間の設定 勤務時間 午前9 時00 分から午後5 時30 分まで 休憩時間 正午から午後0 時45 分又は 0 時45 分から午後1 時30 分 (2)各種休暇制度等 休暇制度等 日数等 給与支給 年次休暇 年20日以内 有給 公務傷病等による療養休暇 3年以内 有給 私傷病による療養休暇 9[r]

6 さらに読み込む

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H5 年度 H4 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 14,930 16, % H5 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 103, % H5 年度 H4 年度 対前年度増減 H5 目標値 対目標値増減 (a)

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H5 年度 H4 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 14,930 16, % H5 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 103, % H5 年度 H4 年度 対前年度増減 H5 目標値 対目標値増減 (a)

平成25年度  1 基本情報  2 管理運営の実績     ①指定管理事業     ②自主事業 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 クリスマス館内装飾 12月1日1~25日 館内にクリスマス装飾を施し、季節感を演出する。 冬の星空観望会 12月14日 円形広場に望遠鏡を設置し、専門的な解説のもとに 天体観[r]

6 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

(2)セグメント資産の調整 △2,443百万円は、セグメント間取引消去△2,561百万円、退職給付に係る資 産の調整60百万円、持分法適用会社への投資56百万円であります。 (3)セグメント負債の調整 △2,031百万円は、セグメント間取引消去であります。 (4)資金運用収益の調整 △23百万円、資金調達費用の調整 △23百万円、税金費用の調整0百万円は、 セグメント間取引消去であります。また、持分法適用会社への投資の調整56百万円は、持分法による 調整であります。
さらに見せる

22 さらに読み込む

主な国 地域別内訳 ( 単位 : 億円 ) 国 地域名 平成 27 年 平成 28 年 増減額 増減率 世界 7,451 7, % 香港 1,794 1

主な国 地域別内訳 ( 単位 : 億円 ) 国 地域名 平成 27 年 平成 28 年 増減額 増減率 世界 7,451 7, % 香港 1,794 1

 ○主な国・地域別内訳       (単位:億円)   | 国・地域名 | 平成27年 │ 平成28年 │ 増減 │ 増減 │   |       |      |      |    |     |   │ 世界 │  7,451  │  7,503  │   +52 │  +0.7% │   |--------------|------------|------------|--------|----------|  1│ 香港 | 1,794  │ 1,853  │ +59 │  +3.3% │  2│ 米国 │ 1,071  │ 1,045  │ -26 │  -2.5% │  3│ 台湾 │ 952  │ 931  │ -22 │  -2.3% │  4│ 中国 │  839  │   899  │ +60 │  +7.2% │  5│ 韓国 │   501  │ 512  │ +11 │  +2.3% │  6│ タイ    │  358 │   329 │ -29 │  -8.2% │  7│ ベトナム  │   345 │ 323 │ -22 │  -6.4% │  8│ シンガポール│   223 │ 234 │ +11 │  +4.8% │  9│ フィリピン │   121 │ 124 │ +3 │  +2.3% │  10│ 豪州    │   95 │ 115 │ +20 │ +21.3% │   |--------------|------------|------------|--------|----------|   │ EU │   400  │ 423  │ +23 │  +5.7% │  ○品目別内訳(単位:億円)
さらに見せる

5 さらに読み込む

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 25 年 9 月期第 2 四半期の業績 ( 平成 24 年 10 月 1 日 ~ 平成 25 年 3 月 31 日 ) (1) 経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) ( 注 )1. 当社は平成 24 年 9 月期第 2 四半期においては

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 25 年 9 月期第 2 四半期の業績 ( 平成 24 年 10 月 1 日 ~ 平成 25 年 3 月 31 日 ) (1) 経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) ( 注 )1. 当社は平成 24 年 9 月期第 2 四半期においては

当社が属するソーシャルゲーム業界を取り巻く環境につきましては、アクセスに必要な高速データ通信に対応し た第三、第四世代携帯電話の契約数が、平成25年3月末現在で1億3千万件(社団法人電気通信事業者協会調べ) を超えるとともに、モバイルコンテンツ市場の市場規模は平成23年に7,345億円(前年比114%増)(一般社団法人 モバイル・コンテンツ・フォーラム調べ)となるなど、引き続き拡大を続けております。

9 さらに読み込む

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 26 年 9 月期第 2 四半期の連結業績 ( 平成 25 年 10 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) 円銭 円銭 26 年 9 月期第 2 四半期

( 百万円未満切捨て ) 1. 平成 26 年 9 月期第 2 四半期の連結業績 ( 平成 25 年 10 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 ( 累計 ) (% 表示は 対前年同四半期増減率 ) 円銭 円銭 26 年 9 月期第 2 四半期

(3)連結業績予想に関する定性的情報 通期の連結業績予想につきましては、当第2四半期連結累計期間の業績を踏まえた見直しを行いました結果、平 成26年9月期の連結業績予想を売上高14,000百万円(前年同期比42.0%増)、営業利益1,500百万円(同179.7% 増)、経常利益1,504百万円(同184.3%増)、当期純利益900百万円(同190.8%増)と見込んでおります。    

13 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

包装用紙の販売につきましては、O&Cペーパーバッグホールディングス株式会社傘下の海外製 袋事業の伸びが寄与し、数量・金額ともに前年を上回りました。 ◎ 特殊紙・板紙及び加工品等 特殊紙・板紙及び加工品等の販売につきましては、インバウンド需要の構造的な変化に伴い国内 需要が落ち込むなか、O&Cアイボリーボード株式会社の生産が主に輸出販売に寄与したことによ り、数量・金額ともに前年を上回りました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

  (株式給付信託(BBT)) 当社は、当連結会計年度より、執行役員を兼務する取締役及び執行役員(以下「対象取締役等」という。)に する新たな業績連動型株式報酬制度「株式給付信託(BBT)」(以下「本制度」という。)を導入しました。本制度 は、対象取締役等の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にすることで、対象取締役等の中長期的 な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

報告セグメントの状況は以下のとおりであります。 なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しており、以下の前年同四半期比較について は、前年同四半期の数値を変更後のセグメント区分に組み替えた数値で比較しております。詳細は、「3.四半期 連結財務諸表 (3)四半期連結財務諸表に関する注記事項 (セグメント情報等)」に記載のとおりであります。  

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

(3)当期のキャッシュ・フローの概況 当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物は、和解清算益50億円の計上により税金等調整前当期 純利益が47億7千7百万円であったことに加え、減価償却費が41億9千5百万円、その他の流動資産の増減が10 億9百万円の減少であったものの、法人税等の支払が14億8千万円、固定資産の取得による支出が46億2千3百 万円、短期借入金の増減が37億4千万円の減少であったことなどにより、前連結会計年度末より7億2千6百万 円減少し、当連結会計年度末には42億9千3百万円となりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H6 年度 H5 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 13,863 14, % H6 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 134, % H6 年度 H5 年度 対前年度増減 H6 目標値 対目標値増減 (a

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H6 年度 H5 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 13,863 14, % H6 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 134, % H6 年度 H5 年度 対前年度増減 H6 目標値 対目標値増減 (a

平成26年度  1 基本情報  2 管理運営の実績     ①指定管理事業     ②自主事業 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 20 ピラティスヨガ 3月2・9・16・30日 体幹を鍛えるための基本的な運動を学ぶ 正月館内装飾 1月4日~10日 館内に正月の装飾を施し、季節感を演出する。 身体のバランスを整え る[r]

6 さらに読み込む

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H7 年度 H6 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 17,915 13, % H7 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 11, % H7 年度 H6 年度 対前年度増減 H7 目標値 対目標値増減 (

() 利用状況 1 利用者数 ( 人 ) 稼働率 H7 年度 H6 年度 前年度比 (A) (B) (A)/(B) 17,915 13, % H7 目標値 達成率 (C) (A)/(C) 11, % H7 年度 H6 年度 対前年度増減 H7 目標値 対目標値増減 (

承認を受けた利用料金の遵守 2 幼児室の利用者の促進 2 遊具の設置、ビデオ貸出しを実施 予約状況(空室情報)のHP・館内掲示板での提供 2 千葉市予約システムによる提供。 施設の業務を紹介する資料の作成・配布 2 自主事業のチラシを作成し、配布

6 さらに読み込む

Show all 7774 documents...