売上高 71756百万円 前年同期比6836%減

Top PDF 売上高 71756百万円 前年同期比6836%減:

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

大切なお知らせ 1 株当たり配当金及び配当性向の推移  利益配分につきましては、中間配 当・期末配当の年2回の実施と安定 配当の継続を基本とし、業績や将来 の企業体質強化に向けた内部留保を 総合的に勘案しつつ、株主のみなさ まへの利益還元に努めてまいります。  この基本方針に基づき、当期の中 間配当金につきましては、当中間期 の業績及び財務状況等を踏まえ、株 主のみなさまへの一層の利益還元を 行うこととし、1株当たり 30 とさ せていただきました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

アナリストレポート・プラットフォーム 3 上期の仕入は 31.9 億前年同期 29.7%)と苦戦。会社の想定も 下回ったとしている。仕入の内訳は、底地 13.1 億(同 44.9%) 、居 抜き物件 10.7 億(同 45.5%) 、所有権 8.0 億(同 4.5 倍) 。案件数は、 前年同期並みだったとしているが、案件が小規模化し、仕入としては大幅 となった。標準的な底地は 1 案件当たり 10 区画(借地権者数 10 人)程度 だが、20 区画を超えるような大型案件の仕入れが減っている。所有権が増 加しているのは、競合の少ない札幌支店で短期転売の賃貸マンションの仕入 れが好調だったことによる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Q8: 為替変動が売上収益に与えたインパクトはどの程度か? A: 為替変動により 当第 4 四半期における売上収益は前年同期比で 49 億円増加しました また 通期では 為替変動により 売上収益は前年同期比で 565 億円増加しました HR テクノロジー事業 Q9:( 通期 ) 売上収益が米ドルベー

Q8: 為替変動が売上収益に与えたインパクトはどの程度か? A: 為替変動により 当第 4 四半期における売上収益は前年同期比で 49 億円増加しました また 通期では 為替変動により 売上収益は前年同期比で 565 億円増加しました HR テクノロジー事業 Q9:( 通期 ) 売上収益が米ドルベー

■​人材派遣事業 Q21:国内派遣領域で、第4四半期の売上収益の前年同期増加率は5.1%となり、第1~第3四半期 の2桁増収から成長率が鈍化した理由は? A:2017年10月から12月の3か月間における派遣社員実稼働者数は、前年同期で5.5%増となり、引 き続き好調な市場環境が続いております。これらを背景に、当社グループにおいても稼働者数が増加 したことが主な増収の要因です。一方で当第4四半期は、前年同期と比べて派遣社員の稼働日数が 2 日少なかったこと等により、増収率はやや低下しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

取締役 髙 た か 野 の  由 ゆ 美 み 子 こ ホテル事業管掌、経営戦略部担当、 株式会社ミリアルリゾートホテルズ 代表取締役社長 取締役 か た  山 や ま  雄 ゆ う  一 い ち テーマパーク統括本部長 取締役 横 よ こ  田 た  明 あ き  宜 よ し 経理部・広報部・ビジネスソリューション部・ 関連事業部担当、関連事業部長 取締役 た か  橋 は し    渉 わたる 社会活動推進部・シアトリカル事業部管掌、 総務部・事業法務部・IT戦略推進部・食の安全監理室・ 監査部担当、事業法務部長
さらに見せる

28 さらに読み込む

個人向け PFM サービスが前年同期比プラス 81.7 パーセント 個人事業主 法人向けの MF クラウドサービスが前年同期比プラス パーセントということで 両サービスともに売上高が大きく成長しております 今回 売上通期予想を 26.8 億円で開示させていただいておりますけれども この通

個人向け PFM サービスが前年同期比プラス 81.7 パーセント 個人事業主 法人向けの MF クラウドサービスが前年同期比プラス パーセントということで 両サービスともに売上高が大きく成長しております 今回 売上通期予想を 26.8 億円で開示させていただいておりますけれども この通

これは完全にグループ会社で分けて展開させておりまして、30歳の社長と25歳の取 締役を中心に新しい会社を立ち上げております。 こちらは例えば、A社からB社に100の請求書をお送りする場合、A社は請求書 を作って送り、入金を確認して、入金消込をして、入金されなかった場合は督促を して、入金するまで連絡しないといけないというけっこう大変な作業になります。 しかし、この「MF​ ​KESSAI」を使っていただくと、例えばA社は「MF​ ​KESSAI」に 例えば「B社に100請求」と情報を入れていただいたら、あとはもう我々がすべ てやらせていただくと。手数料は数パーセントいただくのですが、その手数料分を 引いた金額を我々がA社に入金させていただいて、後の工程をすべて行うという サービスでございます。
さらに見せる

30 さらに読み込む

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 2,674, ,851, ,048, ,920, 営業収益 1,468,

注) 2. 「設備投資」には、当該年度以降の出店に係る投資を含んでおります。 注) 3. 「減価償却費」は無形固定資産償却費を含んでおります。なお、「全社」には当社におけるグループ戦略に係る減価償却費を含んでおります。 注) 4. 「のれん償却費」は販売費および一般管理費に含まれるのれん償却費のみを表示しております。 注) 5. 「減損損失」の内、17/5期は17,267、18/5期は1,063、18/2期は31,809が決算短信における連結損益計算書の事業構造改革費用に
さらに見せる

21 さらに読み込む

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

売上高と営業利益の推移 ( 百万円 ) 連結売上高 連結営業利益 ( 百万円 ) 25,000 1,209 1,400 1,200 20,000 1, ,000 15, , ,751 18,069 19,490 14,969

販売ルート別 (単体) では、 天候等の影響でホームユースが前期 6.8%と落ち込んだ ものの、 組織体制を強化したプロユースが前期 11.9%増と伸長した。 海外事業については、欧州と中国が伸びたことに加え、為替換算 (安) の影響もあって、 海外売上は 2,363 (前期 56.4%増) と大きく伸長し、海外売上比率も 13.1% (前 期は 9.0%) へ上昇した。 なお、 欧州の伸びは、 ドイツ子会社 (タカショーヨーロッパ) の業 績改善に加えて、 連結化した英国子会社 (ペジトラグ) の通期寄与によるものである。 また、 中国は直接貿易が順調に推移したことによる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

  〔インソーシング〕 売上 45,119  BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)による業務の効率化やリスク管理、人材に関わる管理コス トの軽減等の企業ニーズを背景に、インソーシングは引き続き拡大しました。コンタクトセンター等を運営する ビーウィズ株式会社では、AI技術とオペレーションノウハウを活かし、既存・新規顧客の旺盛な需要に対応し て大きく業績を伸ばしました。また、特許・知財の分野では株式会社パソナナレッジパートナーが本格的な展開 を始めています。その他各社においても、事業拡大とともに案件のノウハウが蓄積され、収益性の改善が進みま した。またパブリック分野では、行政事務代行など自治体案件が堅調に推移したほか、中央省庁からの大型案件 により業績が伸長しました。これらの結果、売上は45,119前年同期15.1%増)と増収となりまし た。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

4.【参考】通期業績予想 連結損益計算書(期初予想/前期実績) () (%) () (%) () (%) Ⅰ.売 上 465,353 100.0 479,900 100.0 14,546 3.1 A テ ー マ パ ー ク 事 業 384,602 82.6 397,340 82.8 12,737 3.3 ① ホ テ ル 事 業 63,173 13.6 65,940 13.7 2,766 4.4 ② そ の 他 の 事 業 17,576 3.8 16,620 3.5 △ 956 △ 5.4 ③

14 さらに読み込む

科 ( 資産の部 ) 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 263, ,350 32,548 1 受取手形及び

科 ( 資産の部 ) 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 263, ,350 32,548 1 受取手形及び

・諸経費の増(約△70億)  -東京ディズニーリゾート35周年イベント関連費用の増(約△30億)  -システム関連費用の増(約△20億)  -メンテナンス費の増(約△5億)  -その他(約△15億

12 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

今回のポイント 15/3 期 3Q の売上高は前年同期比 2.1% 増の 3,507 億円 販管費も前年同期を上回ったが粗利益増加で吸収し 営業利益は前年同期比 8.7% の増益 売上 利益とも 賃貸事業が好調な一方 建築請負事業はスローな推移となっている 15/3 期通期業績予想に変化は無い 売上

(3)財政状態とキャッシュ・フロー (単位:) 14 年 3 月末 14 年 12 月末 14 年 3 月末 14 年 12 月末 現預金 74,767 66,205 買掛金 2,685 2,565 売掛金 5,490 4,898 工事未払金 12,128 8,993 完成工事未収入金 1,651 1,379 短期有利子負債 3,500 26,085 前払費用 6,679 4,413 未払金 16,001 13,126 流動資産合計 102,324 91,075 前受金 45,051 38,016 建物・構築物 57,073 56,476 流動負債合計 92,560 107,321 機械装置及び運搬具 3,950 12,950 長期有利子負債 27,997 8,748 土地 81,800 82,206 長期前受金 27,628 22,294 リース資産 5,167 7,106 長期預り敷金保証金 8,492 8,165 投資有価証券 7,257 7,023 空室損失引当金 9,352 6,434 長期前払費用 3,719 3,186 退職給付に係る負債 10,050 8,856 固定資産合計 185,100 194,696 固定負債合計 90,037 62,572 資産合計 287,459 285,905 負債合計 182,598 169,894 純資産合計 104,860 116,011 負債純資産合計 287,459 285,905 10 年 3 月末 11 年 3 月末 12 年 3 月末 13 年 3 月末 14 年 3 月末 14 年 12 月末 自己資本 70,890 33,025 33,804 58,133 104,829 115,993 自己資本比率 17.9% 11.1% 12.8% 22.2% 36.5% 40.6% 有利子負債残高 56,481 39,888 48,305 46,874 31,497 34,833 現預金 72,431 40,674 41,477 56,681 74,767 66,205 NDE レシオ -0.23 -0.02 0.20 -0.17 -0.41 -0.27 *有利子負債はリース債務含まない。*NDE レシオ=(有利子負債―現預金)/自己資本
さらに見せる

17 さらに読み込む

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

(単位:) 期 初 予 想 当 期 実 績 増 397,340 394,215 △ 3,124 △0.8% 183,700 182,355 △ 1,344 △0.7% 商品販売収入 137,580 138,469 889 0.6% 飲食販売収入 69,720 67,819 △ 1,900 △2.7% その他の収入 6,340 5,572 △ 767 △12.1% 65,940 66,144 204 0.3% 18,060 17,871 △ 188 △1.0% 17,740 18,890 1,150 6.5% 14,320 13,863 △ 456 △3.2% 15,820 15,519 △ 300 △1.9% 16,620 17,388 768 4.6% 8,680 8,782 102 1.2% 4,080 4,481 401 9.8% 3,860 4,124 264 6.9% 【テーマパーク関連情報】

12 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

モバイルサービス事業 2018年12月期第1四半期における同事業の売上は1,713前年同期なし)、セグメント利益は171(同) となった。モバイルサービス事業では、複数のポイントサイト、採用課金型アルバイト求人サイトなどを運営している。 運営するポイントサイトにおいて、会員のECサイトでの利用金額の一定割合をポイントで還元するEC連携型のアフィリ エイト広告を強化するほか、人口知能(AI)によるアフィリエイト広告配信最適化技術を導入する等、収益性向上に向け た取り組みを行った。コンテンツメディアにおいては、事業拡大のために広告宣伝活動に注力した。また、自社での新サ
さらに見せる

5 さらに読み込む

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

上期は減収 営業 減益に 特別利益の計上で純利益は大きく増加 19/3 期上期の連結業は 売上高が前年同期比 3% 減の 180 億円 営業利益が同 19% 減の 4.3 億円 経常利益が同 2% 減の 5.9 億円 純利益が同 3.6 倍の 13 億円となった 従来 コラーゲン素材とフォーミュラソ

営業増益になるとみていた。こうした見方に大きな変更はないものの、国内 の美容用コラーゲンペプチドや衛生材料用接着剤の販売苦戦に加え、インド での洪水の影響もあり、売上の見通しを小幅減額した。これらは営業利益 の面でもマイナス要因となるが、北米のコラーゲンペプチドが大きく出荷を 伸ばしているほか、今後は遅れていた製品価格引き上げが進むことで採算も 改善し、通期で従来想定通りの営業増益を達成できよう。上期に発生した為 替差益の影響を織り込んで、経常利益は見通しを増額。特別利益も予想を上 回ったため、純利益は大きく上方修正した。なお、会社側は、上期の決算発 表にあわせて従来見通しを売上 382 億→371 億、営業利益 13 億→ 12 億へ修正している。
さらに見せる

9 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

C) システムインテグレーション事業 マイクロソフトソリューション事業の売上は前期 91.3% 増の 2,480 となった。 限界 利益は同 80% 増の 961 となった。クラウド化への移行が進むなか、「Office 365」の導入・ 運用支援サービスが拡大し、 累計導入件数が前期 2.8 倍の 35.6 ユーザーとなった。 さ らに、 自社開発のクラウドサービスも急拡大し、 累計導入件数が前期 2.1 倍の 29.7 ユー ザーとなった。 この実績から 15 年 3 月期もマイクロソフトから 「Identity and Access コンピ テンシー アワード」 を受賞した。 「Identity and Access コンピテンシー アワード」 は、 Active Directory Federation Services (ADFS) を採用した ID 管理や、Microsoft Forefront セキュリティ 製品などの採用など、 優れた ID およびアクセス管理、 セキュリティソリューションを構築した パートナーに贈られる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

輸入動向平成 29 年の横浜税関における 自動車の輸入実績は 数量が 153,835 台 ( 対前年同期比 0.7% 増 ) 金額が 6,154 億 19 百万円 ( 同 12.5% 増 ) でした また 全国においては 数量が 359,907 台 ( 対前年同期比 2.4% 増 ) 金額が 1 兆

輸入動向平成 29 年の横浜税関における 自動車の輸入実績は 数量が 153,835 台 ( 対前年同期比 0.7% 増 ) 金額が 6,154 億 19 百万円 ( 同 12.5% 増 ) でした また 全国においては 数量が 359,907 台 ( 対前年同期比 2.4% 増 ) 金額が 1 兆

2.自動車の税関別輸入実績推移 前年 前年 前年 前年 前年 前年 前年 前年   昭和54年 15,444 ― 23,868,451 ― 6,663 ― 11,324,921 ― 3,697 ― 11,395,757 ― 688 ― 1,314,465 ―     55年 12,261 79.4% 21,898,994 91.7% 4,082 61.3% 5,712,669 50.4% 2,712 73.4% 9,618,241 84.4% 571 83.0% 919,404 69.9%     56年 7,658 62.5% 12,849,753 58.7% 4,164 102.0% 8,319,038 145.6% 2,691 99.2% 9,510,037 98.9% 693 121.4% 1,036,243 112.7%     57年 8,951 116.9% 17,705,756 137.8% 5,796 139.2% 11,079,960 133.2% 2,514 93.4% 12,555,686 132.0% 427 61.6% 1,193,471 115.2%     58年 7,371 82.3% 15,119,408 85.4% 7,012 121.0% 16,042,458 144.8% 2,767 110.1% 13,943,730 111.1% 1,075 251.8% 4,405,071 369.1%     59年 9,303 126.2% 18,453,203 122.0% 5,771 82.3% 14,943,015 93.1% 3,253 117.6% 14,245,623 102.2% 1,627 151.3% 7,442,480 169.0%     60年 11,438 122.9% 23,647,338 128.1% 5,189 89.9% 16,048,412 107.4% 3,595 110.5% 13,998,055 98.3% 1,749 107.5% 7,980,003 107.2%     61年 14,670 128.3% 28,801,953 121.8% 6,511 125.5% 24,968,234 155.6% 5,275 146.7% 21,229,265 151.7% 2,153 123.1% 8,805,906 110.3%     62年 21,115 143.9% 43,876,796 152.3% 8,771 134.7% 36,608,937 146.6% 7,051 133.7% 34,165,941 160.9% 2,422 112.5% 10,640,068 120.8%     63年 27,433 129.9% 57,841,358 131.8% 12,181 138.9% 43,505,564 118.8% 14,414 204.4% 46,968,045 137.5% 3,040 125.5% 15,503,231 145.7%    平成元年 39,442 143.8% 94,593,813 163.5% 11,584 95.1% 60,926,323 140.0% 20,259 140.6% 69,309,443 147.6% 3,875 127.5% 22,303,503 143.9%      2年 65,589 166.3% 200,611,361 212.1% 10,035 86.6% 82,653,906 135.7% 19,591 96.7% 76,712,477 110.7% 4,310 111.2% 40,864,645 183.2%      3年 58,852 89.7% 187,756,950 93.6% 8,155 81.3% 48,742,664 59.0% 12,445 63.5% 48,878,539 63.7% 2,739 63.5% 21,943,527 53.7%      4年 65,028 110.5% 208,869,367 111.2% 5,963 73.1% 23,379,819 48.0% 8,227 66.1% 21,397,360 43.8% 2,092 76.4% 11,080,221 50.5%      5年 87,871 135.1% 220,328,822 105.5% 6,003 100.7% 20,359,413 87.1% 7,460 90.7% 21,255,143 99.3% 2,624 125.4% 12,875,871 116.2%      6年 124,039 141.2% 271,293,060 123.1% 7
さらに見せる

18 さらに読み込む

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

連結業績 Ⅰ. 決算概要 ( 百万円 ) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) 前期比 (%) グループ売上 *1 5,499, ,950, ,048, ,920, 営業収益 2,987,

注) 5. 「のれん償却費」は販売費および一般管理費に含まれるのれん償却費のみを表示しております。 注) 6. 「減損損失」の内、17/8期は17,413、18/8期は1,078、18/2期は31,809が決算短信における連結損益計算書の事業構造改革費用に 注)6. 含まれております。 * 海外コンビニエンスストア事業における設備投資の19/2期予想は、2018年1月23日に取得したSunoco LP社ののれんなどを差し引いた数値に変更しております。
さらに見せる

21 さらに読み込む

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

 ユニットハウス事業におきましては、販売は特注ハウスの品揃 えの充実や展示場運営の強化に努め、レンタルは全国的にバラン スの取れたレンタル資産配分と備品や付帯工事をセットにした提 案営業を継続してまいりました。また、東日本大震災の復興に伴 う公共工事が土木を中心に落ち着きを見せるなか、5月に開催さ れた伊勢志摩サミット等の大型イベントや熊本地震の応急仮設住 宅建設、東日本大震災の応急仮設住宅解体工事等が寄与し、レン タル売上は全体として増加いたしました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ 1.4%増加し、76,788 となりました。これは主 として、平成 30 年3月末が休日であったことから、支払手形及び買掛金が 3,248 増加したことな どによります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ 10.1%減少し、49,276 となりました。これは 主として利益剰余金が親会社株主に帰属する当期純損失 5,206 や剰余金の配当 667 による 減少などにより 5,832 減少したことによります。また自己資本比率は、前連結会計年度末に比べ 2.9 ポイント減少し 39.1%となりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

表 1 欧州 7 社の売上高と当期純損益 売上高 Shell ( 百万ドル ) BP ( 百万ドル ) Total ( 百万ドル ) Statoil ( 百万ドル ) Eni ( 百万ユーロ ) Repsol ( 百万ユーロ ) OMV ( 百万ユーロ ) 出所 : 各社年次決算報告 217 年第

表 1 欧州 7 社の売上高と当期純損益 売上高 Shell ( 百万ドル ) BP ( 百万ドル ) Total ( 百万ドル ) Statoil ( 百万ドル ) Eni ( 百万ユーロ ) Repsol ( 百万ユーロ ) OMV ( 百万ユーロ ) 出所 : 各社年次決算報告 217 年第

(2)売上・利益  Statoilもリーマンショック・欧州経済危機の影響によ り 2008 年に売上の減少を経験したが、その後 2014 年前半まで続いた油価により収益は高い水準で推移し ていた。しかし、その後の油価下落により、2016 年 1 月にはWTI油価が一時30ドル/bblを下回るなど、年末 にOPEC・非OPEC産油国の協調減産合意により油価が 回復するまで低油価が続き、欧州石油企業各社の 2016 年度の売上は過去10年間で最低水準となった。  これに対し、純利益はリーマンショック直後の 2009 年には減少したとはいえ2012年まで回復傾向が続いた。 しかしその後、開発コストが著しく上昇したために減益 となり、その後の油価下落で 2015 ~ 2016 年には純損 失を計上するに至った。ただし、2014 年以降は石油・ 天然ガスの生産量が増加、コスト削減の効果によって損 失幅は縮小している。
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...