売上高 787億76百万円 前期比 億78百万円増

Top PDF 売上高 787億76百万円 前期比 億78百万円増:

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【海外における事業展開について】 海外においては政治・経済の状況、社会情勢、法令や規制等の予期せぬ変更により、当社グループの想定通りに事業を展開できない可能性があります。海外ユーザーの嗜好や 消費行動が日本のユーザーと大きく異なることがあります。この違いにより海外市場において想定通りに事業を拡大していくことができない可能性があります。海外子会社の 財務諸表は現地通貨にて作成されますが、連結財務諸表上は換算されます。為替相場の変動により為替差損益が発生するため、当社グループの業績および財政状況に影響を 与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

2 事業別の状況 ( セグメント間取引消去前 ) HR ソリューションエキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 136,689 百万円 営業利益 2,801 百万円 エキスパートサービス 売上高 83,827 百万円 人材ニーズは引き続き堅調で メーカーや

ライフソリューショ ライフソリューショ ライフソリューション ン ン ン ン  売上 2,743 営業利益 65  介護分野の株式会社パソナライフケアでは、介護施設の運営に加えて、家事代行サービスや仕事と介護の両立支 援に関するサービス等を伸ばし、保育分野の株式会社パソナフォスターでは保育園や学童等の子育て支援施設・案 件の拡大により売上を伸ばしました。一方、利益面では、保育士の処遇向上、夏休み期間の学童施設での支援員の 増員、一部の新規の保育施設での立ち上がりの遅れ等によりコストが膨らみました。これらの結果、売上は2,743 (前年同期9.2%)と伸長したものの、営業利益は65(前年同期41.2%減)と減益となりまし た。
さらに見せる

6 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

  報告セグメントの状況は以下のとおりであります。 (マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきましては、当連結会計年度において、オンラインゲーム事業を 営むファイブスターズゲーム株式会社の全株式を売却した事により連結の範囲から除外しており、売上の減少要因 となりました。利益面につきましては、利益率の高いプログラマティック広告売上の減少や、人件費の増加が影響 しました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 1,

この方針に基づき、当期の配当金については、期末配当金を1株当たり16とし、中間配当金 (1株当たり16)と合わせて、前期と同額の年間32とさせていただく予定です。これによ り、 当期の連結配当性向は、.5%になります。 次期の配当金は、中間配当金は当期と同額の1株当たり16、期末配当金は平成29年10月 1日を効力発生日として2株を1株に株式併合する予定であることから1株当たり32(株式併 合を考慮しない場合は当期と同額の16)とさせていただく見込みです。
さらに見せる

37 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 親会社株主に帰属 1 株当たり当期純する当期純利益利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通 期

 特別損益につきましては、1日使い捨てコンタクトレンズ製造工場である各務原工場の建設に対する補助金収入を 計上したことなどにより114の特別利益を計上し、事業用資産の評価を行った結果などにより271の特別 損失を計上しました。  これらの結果、税金等調整前当期純利益は前期4.5%の4,301、親会社株主に帰属する当期純利益は前期 4.5%の2,657となりました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 19,300

インターホン事業では「集合住宅向けIPインターホン」の取り扱いを開始し、お客様のライフスタイルの変化 に対応した商品ラインアップの強化を図ってまいりました。今後も「安心・安全・便利をつなげるインターホン」 をめざし、お客様のニーズを取り入れた商品を提供してまいります。 また、主力製品であるIPテレフォニーシステム「NYC-Si」の利便性を更に強化し、平成30年1月より発 売を開始いたしました。今回の機能強化では、社内SNSや簡易CTIを提供する「オフィスアシスト」に在席情 報や通話状態を表示するプレゼンス機能を追加すると共に、同時期に販売を開始したオールインワン・インフォメ ーション端末「AIO-1」や防水タイプ多機能電話機「NYC-30WPAW」との連動を可能といたしまし た。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

3. 平成 31 年 9 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 101 日月 ~ 平成 319 年月 30 日 ) 注記事項 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

1 ○添付資料の目次 1.経営成績等の概況 ……………………………………………………………………………………P.2 (1)当期の経営成績の概況 …………………………………………………………………………P.2 (2)当期の財政状態の概況 …………………………………………………………………………P.2 (3)当期のキャッシュ・フローの概況 ……………………………………………………………P.2 (4)今後の見通し ……………………………………………………………………………………P.3 2.会計基準の選択に関する基本的な考え方 …………………………………………………………P.3 3.連結財務諸表及び主な注記 …………………………………………………………………………P.4 (1)連結貸借対照表 …………………………………………………………………………………P.4 (2)連結損益計算書及び連結包括利益計算書 ……………………………………………………P.6 (3)連結株主資本等変動計算書 ……………………………………………………………………P. (4)連結キャッシュ・フロー計算書 ………………………………………………………………P.9 (5)連結財務諸表に関する注記事項 ………………………………………………………………P.10 (継続企業の前提に関する注記) …………………………………………………………………P.10 (会計方針の変更) …………………………………………………………………………………P.10 (セグメント情報等) ………………………………………………………………………………P.10 (1株当たり情報) …………………………………………………………………………………P.10 (重要な後発事象) …………………………………………………………………………………P.10
さらに見せる

12 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

ロバート・ボッシュ GmbH の株主 出資比率 ボッシュ・グループは、グローバル規模で革新のテクノ ロジーとサービスを提供するリーディングカンパニーで す。従業員数は約 40 2,000 人( 2017 年 12 月 31 日現 在)を数え、 2017 年度の売上は 781 ユーロを計上 しています。事業はモビリティ ソリューションズ、産業 機器テクノロジー、消費財、およびエネルギー・ビルデ ィングテクノロジーの 4 事業セクター制で運営していま す。ボッシュは IoT テクノロジーのリーディングカンパニ ーとして、スマートホーム、スマートシティ、コネクテッ ドモビリティ、さらにコネクテッドマニュファクチャリ ングに関する革新的なソリューションを提供していま す。ボッシュはセンサー技術、ソフトウェア、サービス に関する豊富な専門知識と「 Bosch IoT cloud 」を 活かし、さまざまな分野にまたがるネットワークソリ ューションをワンストップでお客様に提供することが できます。コネクテッドライフにつながる革新技術を 提供することを、ボッシュ・グループは戦略目標に掲 げています。私たちは革新的で人々を魅了する製品と サービスを通じて、全世界の人々の生活の質を向上さ せることを目指しています。この方針に基づき、ボッシ ュは 「 Invented for life 」をスローガンに掲げ、人と社 会に役立つ革新的なテクノロジーを提供し続けていま す。ボッシュ・グループは、ロバート・ボッシュ GmbH と その子会社約 440 社、世界約 60 カ国で事業を展開する 現地法人で構成されており、販売/サービスパートナー を含むグローバルな製造・エンジニアリング・販売ネッ
さらに見せる

68 さらに読み込む

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

4.【参考】通期業績予想 連結損益計算書(期初予想/前期実績) () (%) () (%) () (%) Ⅰ.売 上 465,353 100.0 479,900 100.0 14,546 3.1 A テ ー マ パ ー ク 事 業 384,602 82.6 397,340 82.8 12,737 3.3 ① ホ テ ル 事 業 63,173 13.6 65,940 13.7 2,766 4.4 ② そ の 他 の 事 業 17,576 3.8 16,620 3.5 △ 956 △ 5.4 ③

14 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における固定負債は92となり、前連結会計年度末に比べ13増加いたし ました。これは主に資産除去債務が11増加したことによるものであります。 (純資産) 当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は3,812となり、前連結会計年度末に比べ153増加 いたしました。これは主に連結子会社である株式会社オールアバウトナビの株式の一部譲渡及び同連結子会社によ る日本テレビ放送網株式会社を引受人とする第三者割当増資により資本剰余金が344、非支配株主持分が302 増加したこと、親会社株主に帰属する四半期純利益を247計上したこと及び40の配当実施によ り利益剰余金が206増加したこと、また、立会外買付により自己株式が700増加したことによるもので あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

当社の株式は1単元が1,000株となっており、単元未満株式(1~999株)については市場で売買はで きませんが、単元未満株式の売却をご希望の場合に、当社がその株式を買い取らせていただく 単元未満株式買取制度 および単元株式数(1,000株)に不足する数の当社株式を当社から購入して 単元株式におまとめいただける 単元未満株式買制度 を実施しておりますので、ぜひご利用ください。

9 さらに読み込む

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

【連結】平成30年3月期 業績予想 (平成29年4月~平成30年3月) 平成30年 3月期 前期実績 (前期前期比較 売上 205,000 199,479 (102.8%) +5,521 営業利益 18,000 17,612 (102.2%) +388 経常利益 18,500 18,325 (101.0%) +175

26 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

各種ロールについては、付加価値製品に経営資源を集中することを目的に、2016年9月に中国子会社の生産を打 ち切りました。一方、射出成形機用部品は、携帯端末の需要増加を受けて好調となりました。この結果、ロール全体 としては前年同期と比べて増加しました。 軟質磁性材料およびその応用品については、応用品が携帯端末や自動車向けの需要増加により堅調となりました が、アモルファス金属材料が減少したことにより、全体としては前年同期を下回りました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

人件費 7 億 6282 万円 6.6%( 前年度比 106.8%) 予備費 2000 万円 0.2%( 前年度比 37.1%) 予備費の減 義務的経費 16.9% 人件費の増 扶助費 7 億 7681 万円 6.7%( 前年度比 97.2%) 補助費等 31 億 791 万円 26.9%( 前年度

人件費 7 億 6282 万円 6.6%( 前年度比 106.8%) 予備費 2000 万円 0.2%( 前年度比 37.1%) 予備費の減 義務的経費 16.9% 人件費の増 扶助費 7 億 7681 万円 6.7%( 前年度比 97.2%) 補助費等 31 億 791 万円 26.9%( 前年度

■平成30年度の主な事業状況 平成30年度は、住民サービスの維持・拡充と財政健全化の両立の方針に沿って予算を編成しました。 以下の表に記した事業は、歳出額が大きな科目の30件です。 突出して予算額が大きいものはふるさと納税に関する経費となっています。寄附金を積み立てる「ふるさ と寄附金基金積立金」に40、寄附者に対する「ふるさと納税謝礼品」に24、それ以外で予算額 として大きいものは子育て関連や福祉関連経費として「特定教育・保育施設型給付費(保育所運営費)」、 「児童手当」、「介護・訓練等給付費」の3件で合計649。一部事務組合などへの負担金とし て、「鳥栖三養基西部環境施設組合負担金」、「広域介護保険負担金」、「鳥栖三養基地区消防事務組合負 担金」、「後期高齢者医療広域連合療養給付費負担金」の4件で合計54109。その他にも特別会 計への繰出金として「農業集落排水特別会計繰出金」の296、起債の償還元金の3429 となっています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

(2) 海外営業部の平成 18 年 3 月期における経営成績海外営業部 (a) 当社平成 18 年 3 月期実績 (b) 比率 (a/b) 売 上 高 1,539 百万円 29,165 百万円 5.3% 売上総利益 501 百万円 13,643 百万円 3.7% 営業利益 1,491 百万円 5,6

営 業 利 益 △1,491 △5,613 -% ※経 常 利 益 - △5,805 -% (ゲーミング開発部は開発部門のため、売上高等は発生いたしません。) ※営業外損益は各部門に配賦しておりませんので、経常利益は非表示となっております。

8 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

(3)報告セグメントの変更等に関する事項 第1四半期連結会計期間から、報告セグメントに含まれていた「紙加工品製造事業」について重要性が乏し くなったため、「その他」に含めて記載する方法に変更しております。 なお、前連結会計年度のセグメント情報は、変更後の区分に基づき作成したものを開示しております。 2 報告セグメントごとの売上、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

19 さらに読み込む

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

セグメント別業績 以下 ( ) 内は前期比 HR ソリューション エキスパートサービス ( 人材派遣 ) インソーシング ( 委託 請負 ) 他売上高 176,928 百万円 (+13.4%) 営業利益 2,661 百万円 (+20.4%) エキスパートサービス 企業の景況感改善に加えて 派遣職種適

〔プレース&サーチ (人材紹介) 〕 売上 2,869 (+6.6%)  景況感改善に伴い幅広い業界で人材採用意欲が高まり、特に製造業・IT 関連のエンジニア、即戦力となる営業職、 国内業務におけるグローバル人材の求人は年間を通して高水準で推移  求人に対応して Web リニューアルなどにより人材募集を強化。コンサルタントの育成・教育にも注力 し、 きめ細かいカウンセリングを実施
さらに見せる

7 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

当第2四半期連結会計期間末における流動負債は707となり、前連結会計年度末に比べ103減少いた しました。これは主に預り金が47増加した一方、未払消費税等が46、前受金が36、未払法人税 等が35、買掛金が17、未払費用が8減少したことによるものであります。 当第2四半期連結会計期間末における固定負債は53となり、前連結会計年度末に比べ26増加いたし ました。これは主に資産除去債務が27増加したことによるものであります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」とい う。)、「連結財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第22号 平成25年9月13日。以下「連結会計基準」と いう。)及び「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計 基準」という。)等を第1四半期連結会計期間から適用し、支配が継続している場合の子会社に対する当社の持分 変動による差額を資本剰余金として計上するとともに、取得関連費用を発生した連結会計年度の費用として計上す る方法に変更しております。また、第1四半期連結会計期間の期首以後実施される企業結合については、暫定的な 会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表 に反映させる方法に変更しております。加えて、四半期純利益等の表示の変更及び少数株主持分から非支配株主持 分への表示の変更を行っております。当該表示の変更を反映させるため、前第3四半期連結累計期間及び前連結会 計年度については、四半期連結財務諸表及び連結財務諸表の組替えを行っております。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

以上から、平成26年度の経常利益は、2千(対前年度△35.5%、1千1 減)となったところである。 経常利益の主な減少要因は、産学連携イノベーション促進事業及び県先端情報通信技術 実証研究拠点整備事業により研究経費が大幅に増加したが、これに係る事業費の財源につ いては、国等の補助によるものと大学の自己負担分があることから、(産学イノベーショ ン事業は、事業費の1/3が自己負担、県先端情報通信技術実証研究拠点整備事業は1/ 6が自己負担)大学が目的積立金を取り崩して財源を充当したことによるものである。 ④ 臨時損失
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...