売上高は前年同期に比べ

Top PDF 売上高は前年同期に比べ:

2017 年 4-6 月期について 4-6 月期の純売上高は 不利な為替レートからの 2% の悪影響を含めても 前年同期と同水準の 161 億ド ルになりました 本源的売上高は 本源的販売数量の 2% 増加により 2% 増加しました 報告書上の販売 量は 2% 増加しました 2017 年 4-6 月

2017 年 4-6 月期について 4-6 月期の純売上高は 不利な為替レートからの 2% の悪影響を含めても 前年同期と同水準の 161 億ド ルになりました 本源的売上高は 本源的販売数量の 2% 増加により 2% 増加しました 報告書上の販売 量は 2% 増加しました 2017 年 4-6 月

報告書上の純売上に対する販売費及び一般管理費(販売管理費)の割合前年行った非中核分野 での組織再編費用の引き当て分の減少による約10ベーシス・ポイントの改善を含めて、前年比べ240ベ ーシス・ポイント減少しました。純売上に対する中核販売管理費の割合、約60ベーシス・ポイントの 為替レートの好影響を含め、220ベーシス・ポイント減少しました。為替レートの影響を除くと、純売上 に対する中核販売管理費の割合前年同期比170ベーシス・ポイント減少しました。これ、間接経 費、代理店費用、ならびに広告制作費用かかわる80ベーシス・ポイントの生産性向上によるものです。 デジタル広告費、支出の多かった前年同期比べ減少しました。これ、当社の基準と指定に従って広 告が掲載されなかったデジタル媒体への広告出稿を一時的制限するという選択を当期行ったためです。
さらに見せる

18 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

売上 2,579 2,492 2,433 10,566 10,585 10,414 前年同期比 1,082.0% 954.9% 98.3% 197.8% 310.5% 317.9% <外部顧客への売上> 美容 - - - 8,247 8,379 8,357 前年同期比 - - - na na na 構成比 - - - 78.1% 79.2% 80.2% メディア・コンサルティング 2,379 2,235 1,898 1,921 2,000 1,807 前年同期比 na na 103.3% -40.5% -15.9% -19.2% 構成比 92.3% 89.7% 78.0% 18.2% 18.9% 17.4% システム開発 200 257 535 398 205 250 前年同期比 -8.5% 8.7% 82.5% 25.1% 2.9% -2.7% 構成比 7.7% 10.3% 22.0% 3.8% 1.9% 2.4% 売上原価 1,955 1,954 1,902 3,300 2,521 2,425 前年同期比 1106.0% 887.8% 104.7% 19.8% 29.0% 24.1% 原価率 75.8% 78.4% 78.2% 31.2% 23.8% 23.3% 売上総利益 624 538 531 7,266 8,064 7,989 前年同期比 1012.6% 1300.1% 78.6% 817.0% 1192.7% 1384.7% 利益率 24.2% 21.6% 21.8% 68.8% 76.2% 76.7% 販管費 318 210 300 5,309 6,632 7,464 前年同期比 234.1% 141.2% 80.4% 1368.9% 1986.5% 3459.8% 売上販管費率 12.3% 8.4% 12.3% 50.2% 62.7% 71.7% 営業利益 306 328 231 1,957 1,432 525 前年同期比 nm nm 76.4% 354.1% 367.9% 59.9% 利益率 11.9% 13.2% 9.5% 18.5% 13.5% 5.0% 美容 - - - 1,738 1,263 476 前年同期比 - - - na na na 構成比 - - - 88.8% 88.2% 90.7% 利益率 - - - 21.1% 15.1% 5.7% メディア・コンサルティング 369 391 268 228 228 162 前年同期比 na na 82.6% -49.0% na na 構成比 120.7% 119.1% 116.0% 11.6% 15.9% 30.8% 利益率 15.5% 17.5% 14.1% 11.9% 11.4% 8.9% システム開発 -30 -35 -20 -124 -50 -12 前年同期比 nm nm nm nm nm nm 構成比 -9.7% -10.7% -8.8% -6.3% -3.5% -2.3% 利益率 -14.9% -13.7% -3.8% -31.2% -24.4% -4.8% 調整額 -33 -28 -17 115 -9 -101 構成比 -10.9% -8.4% -7.2% 5.9% nm nm 経常利益 313 332 229 1,983 1,475 604 前年同期比 nm nm 15.6% 353.1% 370.9% 82.1% 利益率 12.1% 13.3% 9.4% 18.8% 13.9% 5.8% 当期純利益 103 294 179 1,510 848 289 前年同期比 nm nm -78.4% 460.6% 719.3% -1.8% 利益率 4.0% 11.8% 7.4% 14.3% 8.0% 2.8%
さらに見せる

5 さらに読み込む

今回のポイント 2013 年第 2 四半期の売上高は前年同期比 11.9% 増の 1,005 億円 国内売上は フードサービス産業全体の設備投資の回復と 大都市圏における旺盛な需要により 同 5.0% の増収 海外売上は 円安効果に加え M &A 先の 2 社が寄与し 同 38.0% 増と大幅に増加

今回のポイント 2013 年第 2 四半期の売上高は前年同期比 11.9% 増の 1,005 億円 国内売上は フードサービス産業全体の設備投資の回復と 大都市圏における旺盛な需要により 同 5.0% の増収 海外売上は 円安効果に加え M &A 先の 2 社が寄与し 同 38.0% 増と大幅に増加

(同社資料より) ・2013 年第 2 四半期の売上前年同期比 11.9%増の 1,005 億円。国内売上、フードサービス産業全体の 設備投資の回復と、大都市圏における旺盛な需要により、同 5.0%の増収。海外売上、円安効果加え、M &A先の 2 社が寄与し、同 38.0%増と大幅増加した。利益面で、国内における欠員補充のための人件費 が増加したが、売上総利益率改善策によりカバーし、営業利益同 16.0%増の 105 億円。決算発表先立ち 第 2 四半期及び通期業績予想の上方修正を発表した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 10

前年同期比及び季節調整済前期比の推移 ( 全産業 ( 金融業 保険業を除く )) 前年同期比季節調整済前期比景気後退期 売上高 % H H H H 年 10

財 務 省 Ministry of Finance ○ 前年同期比の推移(Percent change compared with the same quarter of the previous year) (参考1) 金額の順位(Amounts and Ranking) (注)売上、経常利益について、昭和29年4-6月期以降(255 ○ 季節調整済前期比(Percent change compared with the previous quarter (seasonally adjusted)) 期分)、設備投資(ソフトウェア投資額を含む)について 、平成13年7-9月期以降(66期分)の順位である。

23 さらに読み込む

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

ハイライト トップメッセージ 売上高 ( 前年同期比 6.% 増 ) 4,, 2, 1, 29, () 24,68 24,521 26, 21,459 12,656 経常利益 ( 前年同期比 5.% 増 ) 5, 4,, 2, 1,,1,45,977,952 4,5 () 1,86 親会社に帰属する

この結果、総資産、前連結会計年度末比べ9億円減少し、378億7千2百万円となりました。 営業活動の結果得られた資金12億1千6百万円(前年同期比26.9%減)となりました。主な増加要因税金等調整前四半期純 利益が18億6千3百万円、減価償却費が15億8千6百万円、売上債権の減少額が1億8千5百万円等であり、主な減少要因法人税 等の支払額が9億4百万円、貸与資産の取得による支出が8億9千2百万円、仕入債務の減少額が3億1千4百万円等によるものであ ります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

1.2 (Kleppe, cf. [6]). C S 3 P 3 3 S 3. χ(p 3, I C (3)) 1 C, C P 3 ( ) 3 S 3( S 3 S 3 ). V 3 del Pezzo (cf. 2.1), S V, del Pezzo 1.1, V 3 del Pe

今回のポイント 18/3 期第 2 四半期は売上高が前期比 27.2% の増収 営業利益が同 22.5% の増益 売上面は 各サイトとも効果面で好調を持続 販売拡大が順調に進み 想定を上回った 主力のエン転職の売上高は前年同期比 44% 増加 また 人材紹介のエンエージェント等の売上高も同 27%

調整額 3 - -59 - - 連結営業利益 3,928 100.0% 4,811 100.0% +22.5% 採用事業 当事業、求人サイトの運営、人材紹介、海外子会社等が属している。求人サイト、各サイトとも効果面で好調を持続した。販売 拡大が順調推移し、会社計画を上回る売上となった。主力のエン転職において売上が同44%増の83.1億円(約25.5億円増)と 市場を上回る高い伸びが継続した。引き続き差別化要素を持った満足度の高いサービスが提供できていることや、積極的なプロモ ーションによるユーザー会員数の増加等により、応募効果が好調推移した。これ加えて営業効率化の推進、拡販体制の強化等 が奏功した。その他の各求人サイトについても、派遣会社向けサービスの「エン派遣」や「エンバイト」、人材紹介会社向けサービスの 「ミドルの転職」等を中心好調推移し、前年同期を上回る売上となった。人材紹介、エン・ジャパンの人材紹介が前年同期比 27%増収と伸長した。営業・コンサルタントに対する教育体制の強化が、案件受注の増加や面談数の増加繋がった他、同社が保 有する求職者データベースを活用した、ターゲット領域の拡充策も順調推移した。また、子会社のEWJも、前期実施した組織体制 の再強化が奏功したことで、生産性の改善が想定よりも進み、前年同期を上回る売上となった。更に、海外子会社においても、注 力国であるベトナム子会社の成長が全体を牽引し、売上前年同期を上回った。
さらに見せる

12 さらに読み込む

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

主力ストック型サービス商材の四半期推移 出所 : 決算説明会資料より掲載 IT インフラ関連事業今第 2 四半期において順調な進捗を見せた。 今第 2 四半期累計期 間の売上前年同期比 3.4% 増の 3,988 百万円、 営業利益 3 百万円の損失で着地した。 四半期ベースでの推移を見ると、 第 1 四半期売上前年同期比 9.1% 増収となったが 営業利益 69 百万円の損失となった。 これ組織改革や営業体制変更伴う費用増加の 影響と考えられる。 第 2 四半期単独期間 (7 月− 9 月期) 入ると、売上前年同期比 1.7% 減収となったが営業利益 66 百万円と前四半期から黒字転換を果たした。 売上前年同 期比減収となったの、 ホスティングサービス事業を 7 月 1 日付で (株) エーティーワークス 売却した影響によるものだ。 営業利益が黒字化したの、 一時膨らんだ費用が解消した ことと、 ホスティングサービス以外の残った事業が実体的増収となったことが要因だ。
さらに見せる

13 さらに読み込む

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

電力全面自由化と電力 ・ ユーティリティ 出所 : 中期経営計画説明資料 電力供給事業にとって、 電力需要の波への対応力が重要なポイントだ。 同社 「特定 規模電気事業者 (PPS)」 の有力な 1 社であるが、 同社といえども単独でそうした変動対 応するのそれなりリスクがあり、 小口分野への電力販売開始時そのリスクさらに 増大するものとみられる。 そうした需要変動対応する仕組みとしてバランシンググループ (BG) 制度がある。 これ 「代表契約者制度」 とも呼ばれ、複数の PPS がグループを形成し、 グループとして電力受給のインバランス (バランスが崩れた状態) 対応しようという仕組み だ。 BG のリーダー代表契約者として一般電気事業者 (いわゆる電力会社のこと) との交 渉 ・ 契約の前面立つ一方、 BG 内の他の PPS との関係において電力の需給調整の采 配を振ることなる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

今回のポイント 15/3 期 1Q の売上高は前年同期ほぼ同水準の 1,156 億円 賃貸事業が増収だった一方 建築請負事業は減収 販管費も増加したが 粗利益増加で吸収し 営業利益は 2 ケタの増益となった また 売上 利益ともに計画を上回った 15/3 期の業績予想は据え置き 売上高は前期比 4.

(3)財政状態 (単位:百万円) 14 年 3 月末 14 年 6 月末 14 年 3 月末 14 年 6 月末 現預金 74,767 64,904 買掛金 2,685 2,648 売掛金 5,490 4,504 工事未払金 12,128 6,836 完成工事未収入金 1,651 917 短期有利子負債 3,500 3,500 前払費用 6,679 5,593 未払金 16,001 14,383 流動資産合計 102,324 88,827 前受金 45,051 41,507 建物・構築物 57,073 55,972 流動負債合計 92,560 81,599 土地 81,800 81,597 長期有利子負債 27,997 27,997 リース資産 5,167 5,766 長期前受金 27,628 25,430 投資有価証券 7,257 7,129 長期預り敷金保証金 8,492 8,373 長期前払費用 3,719 3,221 空室損失引当金 9,352 8,751 固定資産合計 185,100 186,463 退職給付係る負債 10,050 8,504 資産合計 287,459 275,321 固定負債合計 90,037 86,025 負債合計 182,598 167,625 純資産合計 104,860 107,695 負債純資産合計 287,459 275,321 10 年 3 月末 11 年 3 月末 12 年 3 月末 13 年 3 月末 14 年 3 月末 14 年 6 月末 自己資本 70,890 33,025 33,804 58,133 104,829 107,669 自己資本比率 17.9% 11.1% 12.8% 22.2% 36.5% 39.1% 有利子負債残高 56,481 39,888 48,305 46,874 31,497 31,497 現預金 72,431 40,674 41,477 56,681 74,767 64,904 NDE レシオ -0.23 -0.02 0.20 -0.17 -0.41 -0.31 *有利子負債リース債務含まない。*NDE レシオ=(有利子負債―現預金)/自己資本
さらに見せる

15 さらに読み込む

個人向け PFM サービスが前年同期比プラス 81.7 パーセント 個人事業主 法人向けの MF クラウドサービスが前年同期比プラス パーセントということで 両サービスともに売上高が大きく成長しております 今回 売上通期予想を 26.8 億円で開示させていただいておりますけれども この通

個人向け PFM サービスが前年同期比プラス 81.7 パーセント 個人事業主 法人向けの MF クラウドサービスが前年同期比プラス パーセントということで 両サービスともに売上高が大きく成長しております 今回 売上通期予想を 26.8 億円で開示させていただいておりますけれども この通

営業人員採用も同様でして、(スライド図)白抜きの青色のグラフが営業1人あたり の受注金額でございます。 縦軸仮の数字ですので、実際と異なりますが、例えば毎月1,200,000円くらい、 営業1人が受注をとってきてくれますと。ただ、仮に1年契約の場合、1,200,000円 を12ヶ月で按分するので、100,000円がPLインパクトというかたちなります。 ただこれサブスクリプションモデルですので、今月100,000円の方、来月も解 約がない限り100,000円というかたちなっていくので、座布団のよう増えてい くモデルです。
さらに見せる

30 さらに読み込む

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

2019 年 3 月期上期連結業績 (2018/4~9 月 ) 2019 年 3 月期上期 (2018/4~9) 実績 (a) 前年同期比 増収増益を達成 売上高 +18.6%( 前年同期比 ) 営業利益 +16.5%( 同 ) 経常利益 +14.4%( 同 ) 四半期純利益 +55.1%( 同 )

15 Disclaimer 本資料の取り扱いについて 本書、当社及び当社グループ関連する見通し、将来に関する計画、経営目標などが記載されています。これ らの将来の見通しに関する記述、将来の事象や動向に関する現時点での仮定基づくものであり、当該仮定が 必ずしも正確であるという保証ありません。様々な要因により、実際の業績が本書の記載と著しく異なる可能性 があります。

16 さらに読み込む

平成 19 年 3 月期第 3 四半期ハイライト 1 連結決算を開始 連結子会社 ecure 株式会社 を3 社合弁で設立 株式会社エフカフェ を持分法適用に 2 前年同期比 50% を超える増収増益 ( 単体 ) 売上高 : 2,074 百万円 ( 前年同期比 56.2% 増 ) 経常利益 : 4

平成 19 年 3 月期第 3 四半期ハイライト 1 連結決算を開始 連結子会社 ecure 株式会社 を3 社合弁で設立 株式会社エフカフェ を持分法適用に 2 前年同期比 50% を超える増収増益 ( 単体 ) 売上高 : 2,074 百万円 ( 前年同期比 56.2% 増 ) 経常利益 : 4

1 本資料掲載されている事項、SBIベリトランス株式会社のご案内等のほか、当社の事業戦略等に関する情報の提供を目的としたものであり、当社の発行 する株式その他の有価証券への投資の勧誘を目的としたものでありません。なお、当社、本資料含まれた情報の完全性及び事業戦略など将来かか る部分について保証するものでありません。また、本資料の内容予告なし変更又は廃止される場合がありますので、あらかじめご承知おきください。
さらに見せる

34 さらに読み込む

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

セグメントの粗利益率(単体の粗利益率相当) 30.8%(前年同期比 6.4pt 減)と低下し、営業増益率が抑えられた。粗利益率の内訳の主なもの 、底地 38.3%(同 0.3pt 減) 、居抜き物件 21.3%(同 5.3pt 減) 、所有権 21.1%(同 1.4pt 減)。底地の粗利益率、借地権の買取りが少なかったこ とから若干低下したものの、水準を維持した。居抜き物件、戸建業者の 高値買いが影を潜めるなど不動産価格の上昇ペースが鈍化したことから低 下した。最も利益率の高い底地の売上構成比の低下も手伝い、セグメントの 粗利益率かなり大きく低下したが、会社の想定上回った。これ、期初 の販売用不動産が潤沢で、底地の販売において借地権者との交渉時間をか けて臨めたことが大きかったとみられる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

第 3 四半期連結業績 9 ヶ月累計 ( 単位 : 億円 ) 当期実績 ( 売上比 ) 前年同期実績 ( 売上比 ) 増減 ( 前年同期比 ) 売上高 3,105-2, % 荒利益高 1, % 1, % % 販売管理費 1,095

5 自己資本当期純利益率 % 11.25%以上 × 10.6 % 12.0 13.7 14.5 16.3 6 自己資本構成比率 % 60%以上 ○ 76.5 % 73.0 69.7 58.9 59.1 7 インタレスト・カバレッジ 倍 20倍以上 ○ 750.6 倍 455.8 319.6 217.3 152.9 8 総売上増加率 % 10%以上 × 9.5 % 11.2 5.5 5.0 9.2

27 さらに読み込む

本資料は タペストリー インクが 5 月 1 日 ( 火 ) 午前 7 時 ( 日本時間 : 同日午後 8 時 ) に発表したプレスリリースの日本語翻訳版です タペストリー インク 2018 年度第 3 四半期の業績を発表 純売上高は ケイト スペード買収及びオーガニックグロースが寄与し 前年同期比

本資料は タペストリー インクが 5 月 1 日 ( 火 ) 午前 7 時 ( 日本時間 : 同日午後 8 時 ) に発表したプレスリリースの日本語翻訳版です タペストリー インク 2018 年度第 3 四半期の業績を発表 純売上高は ケイト スペード買収及びオーガニックグロースが寄与し 前年同期比

タペストリー・インク米国会計基準(GAAP)に従って情報を報告しています。経営陣が、非 GAAP 財務指標を、 GAAP 基づいて作成された財務情報から切り離して単独で評価したり、その代用とすること無く、投資家それ を推奨するものでもありません。さらに、タペストリー・インクが用いた非 GAAP 指標タペストリー・インク特有のもので ある場合があり、他社が用いる非 GAAP 指標と異なる場合があります。売上総利益率、販管費率、営業利益率な ど上記の財務情報、経営効率化計画、買収・統合費用及び税制改革の影響関連する特定の項目をタペストリ ー・インクとセグメント毎区分し、算入・除外して表示しています。
さらに見せる

15 さらに読み込む

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

この配付資料記載されている業績目標及び契約数目標等いずれも、 当社グループが現時点で入手可能な情報を基した予想値であり、これら 経済環境、競争状況、新サービスの成否などの不確実な要因の影響を受けます。 従って、実際の業績及び契約数、この配付資料記載されている予想と

28 さらに読み込む

ごあいさつ 嘉納修治社長メッセージ 代表取締役会長 代表取締役社長 (Chairman & CEO) (President & COO) 株主の皆様におかれましては 平素より格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平成 29 年 上期の業績概要上期の連結売上高は前年同期比 5.1% 増の3,276

ごあいさつ 嘉納修治社長メッセージ 代表取締役会長 代表取締役社長 (Chairman & CEO) (President & COO) 株主の皆様におかれましては 平素より格別の御高配を賜り 厚く御礼申し上げます 平成 29 年 上期の業績概要上期の連結売上高は前年同期比 5.1% 増の3,276

 今、テレビってどうあるべきか。  日々生活の中で、色んな感情が起こるとき、アクションを起こしたり、自分の殻を破ったり、一歩を踏み出そう としている人のそば寄り添う存在でありたい。  そんな思いを込めて、この秋フジテレビのゴールデン・プライム帯4つの新番組が誕生!火曜19時「今夜 ナゾトレ」、火曜22時「有吉弘行のダレトク!?」、金曜19時「その原因、Xあり!」、そして日曜19時あの古舘伊知郎 司会の2時間大型バラエティ「フルタチさん」と、日々の生活を潤す個性的なバラエティ番組が揃いました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

ページ21 欧州での新型車投入  新型「SX4 S-CROSS」 ・スズキのコンパクトカーづくりのノウハウと四輪駆動技術を融合 ・スズキとして初となるCセグメントクロスオーバーモデル

28 さらに読み込む

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

第 1 四半期決算総括 P2 第 1 四半期実績 連結業績 増収増益 売上高 各利益過去最高 1 売上高 9,875 億円 前年同期比 +13.6% 2 期連続増収 営業利益 1,165 億円 前年同期比 +36.9% 7 期連続増益 経常利益 1,331 億円 前年同期比 +33.8% 2 期連続

・増収…日本での四輪車の販売増、インドでの四輪車・二輪車の販売増等 ・増益…アジア、日本、欧州での損益改善等 ●四輪世界販売 … 862千台 (前年同期比+16.3%) で過去最高 ※1 ・インド、日本、パキスタン、欧州、インドネシア等で増加

23 さらに読み込む

目次 調査実施概要 Ⅰ. 調査結果 店舗 センター状況 経営店舗の業態 保有するスーパーマーケット店舗の名称 前年と比べた売上高の増減 前年と比べた店舗数の増減 前年と比べた商品カテゴリーごとの

目次 調査実施概要 Ⅰ. 調査結果 店舗 センター状況 経営店舗の業態 保有するスーパーマーケット店舗の名称 前年と比べた売上高の増減 前年と比べた店舗数の増減 前年と比べた商品カテゴリーごとの

全体で、出店エリア、店舗規模、立地環境のいずれにおいても「既存中心」の回答割合が最も く、出店エリアで 41.0%、店舗規模で 48.2%、立地環境で 38.5%である。 図表 1-11-1 今後の新規出店計画/全体 今後の新規出店計画を保有店舗数別みると、51 店舗以上の企業、出店エリア、店舗規模、立 地環境のいずれにおいても「既存中心」の回答が最も多く、半数以上を占めている。一方、1~3 店 舗の企業「わからない」の回答が最も多い。11~25 店舗で、出店エリアについて「新規タイプ を含む」の回答が「既存中心」を上回っている。また、26~50 店舗で立地環境について「新規タ イプを含む」の回答が「既存中心」を上回っている。
さらに見せる

147 さらに読み込む

Show all 10000 documents...