売上総利益ヷ売上総利益率

Top PDF 売上総利益ヷ売上総利益率:

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

損益概要 ( 連結 ) 単位 : 億円 下段は利益率または増減率 (%) 通 期 前期当期 (2016 年度 ) 増減 受注高 4, , % 売上高 3, , % 売上総利益 (17.3

計 867.1 1,074.5 +207.4 +23.9 % 1,055.2 1,169.2 +113.9 +10.8 % 116.1 136.1 +20.0 +17.2 % 2,038.4 2,379.8 +341.3 +16.7 % 舗装土木 … NIPPO(コンサル含む)、その他子会社 一般土木 … 大日本土木、長谷川体育施設、日鋪建設 【受注高(建設事業)】 【売上高(建設事業)】 【次期繰越高(建設事業)】 NIPPO単体 大日本土木 その他子会社・連結消去 連  結

27 さらに読み込む

IT サービス セグメントの状況 ( 連結 ) 2014 年 3 月期第 1 四半期 2015 年 3 月期第 1 四半期 前年同期比 金額金額増減額増減率 売上高 % 営業利益 ( 営業利益率 ) (1.5%) (-) 売上高 : ヘルスケ

IT サービス セグメントの状況 ( 連結 ) 2014 年 3 月期第 1 四半期 2015 年 3 月期第 1 四半期 前年同期比 金額金額増減額増減率 売上高 % 営業利益 ( 営業利益率 ) (1.5%) (-) 売上高 : ヘルスケ

売上高 : 電子書籍配信サービスの売上高が好調に伸長。一方、ヘルスケア事業の「前期末 駆け込み需要」「前期に譲り受けた事業の貢献が期初に集中(前期特有事象)」 などの反動があり減収 営業利益 電子書籍配信サ ビ の増収効果はあるも ケ 事業の減収 営業利益 : 電子書籍配信サービスの増収効果はあるも、ヘルスケア事業の減収、

8 さらに読み込む

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

連結損益計算書 ( 自平成 29 年 4 月 1 日 至平成 30 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 科 目 金 額 売上高 72,319 売上原価 53,099 売上総利益 19,220 販売費及び一般管理費 13,900 営業利益 5,319 営業外収益 受取利息 0 受取配当

(2)非連結子会社の数 2社 主要な非連結子会社名 日本パーソナルコンピュータサービス株式会社、 その他1社 連結の範囲から除いた理由 非連結子会社2社はいずれも小規模であり、合計の 資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び 利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結計 算書類に重要な影響を及ぼしていないため、連結範囲 から除外しております。

19 さらに読み込む

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

伪伪 2016 年 3 月期第 1 四半期決算の詳細 第 1 四半期としては売上総利益 営業利益は過去最高を更新 (1) 決算概況 <8133> の 2016 年 3 月期第 1 四半期決算は 売上高 284,999 百万円 ( 前年同期比 15.2% 減 ) 売上収益 191,056 百万円 (

2016 年 3 月期は、 現行の 2 ヶ年中期経営計画 「Moving 2016 『動く !』」 の初年度であり、 また、 翌年に電力小売の全面自由化を控えた年でもある。 その第 1 四半期決算は、 同社の 見解としては 「一言で言えば無難なスタートを切ることができた」 としている。 業績の数値自 体は、 売上利益、 営業利益が第 1 四半期として過去最高となった。 ただし原油価格動向 や天候などの外部要因については決して楽観はできない。 第 2 四半期以降、 特に下期の状 況を冷静に見守ることが重要だ。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

目次 1. 連結決算概要 連結売上高推移 連結売上高と営業利益の推移 連結損益計算書 2. セグメント別の業績 広告制作事業 売上高 経常利益 受注高と受注残高の推移 四半期売上高推移 顧客別連結売上高推移 広告主の業種別売上高 ( 単体 ) 写真スタジオ事業 売上高 経常利益 3. 連結業績予想

セグメント別:広告制作事業 売上高・経常利益 ● 主力のTVCM制作事業は、マーケット以上の伸び ● 成長領域と位置付けるデジタル関連、海外拠点の売上高も順調に増加 ● 新規事業推進や人材育成・業務効率化(IT化)等の戦略的投資や、撮影スタジオの底地の リースバックによるコスト増をカバーし、前年比増収増益に

38 さらに読み込む

連結損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 74,558 売上原価 56,203 売上総利益 18,355 販売費及び一般管理費 12,781 営業利益 5,573 営業外収益 受取利息 0 受取配当金 85

連結損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 百万円 ) 売上高 74,558 売上原価 56,203 売上総利益 18,355 販売費及び一般管理費 12,781 営業利益 5,573 営業外収益 受取利息 0 受取配当金 85

主要な非連結子会社名 MELCO Financial Service Cayman Ltd.、その他2社 連結の範囲から除いた理由 非連結子会社3社はいずれも小規模であり、合計の 資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び 利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結計 算書類に重要な影響を及ぼしていないため、連結範囲 から除外しております。

20 さらに読み込む

第3章45 第 1 部 平成 26 年度 (2014 年度 ) の中小企業 小規模事業者の動向 入る前に 売上高経常利益率を構成する要素について解説する 第 1 図 売上高経常利益率とは 企業の経常利益を売上高で除したものだが 分子の経常利益は売上高から費用 固定費 変動費 を差し引いたものであるた

第3章45 第 1 部 平成 26 年度 (2014 年度 ) の中小企業 小規模事業者の動向 入る前に 売上高経常利益率を構成する要素について解説する 第 1 図 売上高経常利益率とは 企業の経常利益を売上高で除したものだが 分子の経常利益は売上高から費用 固定費 変動費 を差し引いたものであるた

に合った成長を実現させていくためには何が必要となるかを示していく  。  地域の類型化と地域別に見た産業構造の特徴  我が国経済の成長を地域ごとに見てみると、地域によって成長の度合いが異 なることが分かる。 独 経済産業研究所「5-,3 データベース 」を用いて、  年から  年までの都道府県ごとの平均成長を算出し、全都道府県の平 均成長で見た第  四分位値以下 下位 %以下 の都道府県を地域   都道府 県 、第  四分位値超かつ第  四分位値未満 下位 %超上位 %未満 の都道 府県を地域   都道府県 、第  四分位値以上 上位 %以上 の都道府県を地 域   都道府県 として類型化した上で、地域別に実質付加価値生産額  都道 府県当たりの平均値 の規模を見てみると、全産業では、地域  が最も大きく、 次いで地域 、地域  となっている 第  図 。また、年代別の平均成長
さらに見せる

66 さらに読み込む

(mus$) 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 売上高当期純利益売上高利益率 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0 0% 図 10.1

(mus$) 7,000 6,000 5,000 4,000 3,000 2,000 1,000 売上高当期純利益売上高利益率 60% 50% 40% 30% 20% 10% 0 0% 図 10.1

売上利益 〔③=②/①〕 22.5% 23.0% 20.4% 資産 Total assets 〔④〕 9,511 11,588 11,705 流動資産 Current assets 4,133 4,947 4,784 負債 Total liabilities 〔⑤〕 2,893 4,062 3,898 流動負債 Current liabilities 996 931 985 純資産 Net assets 〔⑥=④-⑤〕 6,617 7,526 7,807 探鉱費 Exploration and evaluation expenditure ※ 67.1 99.0 215.4 ※探鉱費は、アニュアルレポートによる。

10 さらに読み込む

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

損 益計算書 ( 平成 28 年 4 月 1 日から ) 平成 29 年 3 月 31 日まで ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 19,866,191 売上原価 13,060,545 売上総利益 6,805,645 販売費及び一般管理費 5,990,480 営業利益 815,164 営業外収

(3) 引当金の計上基準 ① 貸倒引当金          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権につい ては貸倒実績法により、貸倒懸念債権及び破産更生 債権等につきましては財務内容評価法により、回収不 能見込額を計上しております。

8 さらに読み込む

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

損益計算書 ( 自平成 28 年 4 月 1 日至平成 29 年 3 月 31 日 ) 科目金額 ( 単位 : 千円 ) 売上高 36,913,502 売上原価 32,708,571 売上総利益 4,204,931 販売費及び一般管理費 1,902,147 営業利益 2,302,784 営業外収益

(1) 貸倒引当金 売掛債権、その他これに準ずる債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒 実績により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能 見込額を計上しております。

5 さらに読み込む

損益計算書 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで 売上高 12,440,860 売上原価 11,278,225 売上総利益 1,162,635 販売費及び一般管理費 594,366 営業利益 568,268 営業外収益 受取利息 7,694 金型売却益 40,399

損益計算書 平成 23 年 4 月 1 日から平成 24 年 3 月 31 日まで 売上高 12,440,860 売上原価 11,278,225 売上総利益 1,162,635 販売費及び一般管理費 594,366 営業利益 568,268 営業外収益 受取利息 7,694 金型売却益 40,399

損益計算書に関する注記   関係会社との取引高     営業取引の取引高       売上高               7,060,727千円       仕入高               5,736,139千円       営業費用               408,456千円     営業取引以外の取引高            4,018千円 株主資本等変動計算書に関する注記

6 さらに読み込む

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

自平成 28 年 10 月 1 日連結損益計算書 ( 至平成 29 年 9 月 30 日 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額 売上高 16,672,840 売上原価 11,434,600 売上総利益 5,238,240 販売費及び一般管理費 5,033,196 営業利益 205,044 営業外収益

投資有価証券の売却 当社は、保有する投資有価証券の一部を売却することを決定し、平成29 年10月18日から平成29年10月19日にかけて売却いたしました。これにより、 翌連結会計年度に投資有価証券売却益(特別利益)を計上いたします。

7 さらに読み込む

2018 年 9 月期第 3 四半期連結業績概況 売上総利益 投資銀行事業に経営資源を再配分 同事業の売上総利益が 65% 増 不動産事業子会社売却 メッツァ隣接地の証券化等により確保した資金的リソースや人的リソースを 収益性が高い本業の投資銀行事業に再配分 前期の新規投資は 企業 アセット投資 (

2018 年 9 月期第 3 四半期連結業績概況 売上総利益 投資銀行事業に経営資源を再配分 同事業の売上総利益が 65% 増 不動産事業子会社売却 メッツァ隣接地の証券化等により確保した資金的リソースや人的リソースを 収益性が高い本業の投資銀行事業に再配分 前期の新規投資は 企業 アセット投資 (

本資料は、当社およびFGIグループの2018年9月期第3四半期決算に関する情報の提供を目的としたものであ り、有価証券にかかる売買、金融商品取引に係る契約等いかなる商品の勧誘をするものではありません。 本資料に記載されている、各種資料・文書には、当社またはFGIグループに関連する見通し、方針、経営戦 略、目標、予定、事実の認識・評価などといった、将来に関する記述をはじめとする歴史的事実以外の事実を 記載しているものが含まれていることがあります。これらの歴史的事実以外の事実(以下、「将来情報」とい うことがあります)の記載は、当社またはFGIグループが入手した情報に基づく、当該資料・文書の日付(また は当該資料・文書に別途明示された日付)時点における予測、期待、想定、認識、評価等を基礎として記載さ れているに過ぎません。また、見通し・目標等を策定するためには、過去に確定し正確に認識された事実以外 に、見通し・目標設定等を行うために不可欠となる一定の前提(仮定)を使用しています。これらの記述ない し事実または前提(仮定)については、その性質上、客観的に正確であるという保証も将来その通りに実現す るという保証もありません。したがって、これらの記述ないし事実または前提(仮定)が、客観的に不正確で あり、将来実現しないという可能性がありますが、その原因となりうるリスクや要因は多数あります。将来情 報は、将来発生する事象、リスク、不確実性を内包する要因を含んでおり、そうした前提は、当社またはFGIグ ループの実際の業務・業績に著しい悪影響を及ぼす可能性があります。かかる要因には、日本国、米国、アジ アあるいはその他の国・地域における経済状況の悪化、不動産価値または株価の下落、FGIグループの貸出先の 産業分野における企業破綻の増加やその他問題の発生、当社の経営統合およびコスト削減期待の実現の困難化 または遅延、競争の激化、FGIグループの業務に関わる法令規則の改正、FGIグループにとって不利益となる日 本国経済その他の政策の変更が含まれます。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目次 1 1. 会社概要 2. 売上高と利益推移および分野別売上高 3. 中期経営計画について

目次 1 1. 会社概要 2. 売上高と利益推移および分野別売上高 3. 中期経営計画について

(単位:百万円) 2014年12月2Q期累計 2015年12月期2Q累計 前年比 構成比 構成比 増減 売上高 7,057 100.0% 6,127 100.0% △ 929 △ 13.2% 売上原価 6,198 87.8% 5,396 88.1% △ 802 △ 12.9% 売上利益 858 12.2% 731 11.9% △ 127 △ 14.8% 販売管理費 630 8.9% 639 10.4% 9 1.4%

31 さらに読み込む

連結損益計算書概要 単位 : 百万円 百万円未満切捨て 2Q 実績の通期予想進捗率 通期予想 売上 67,906 80,125 対前年 +12,219 (118.0%) 51.7% 155,000 営業利益 経常利益 3,453 営業利益率 :5.1% 3,792 営業利益率 :4.7% 対前年 +

連結損益計算書概要 単位 : 百万円 百万円未満切捨て 2Q 実績の通期予想進捗率 通期予想 売上 67,906 80,125 対前年 +12,219 (118.0%) 51.7% 155,000 営業利益 経常利益 3,453 営業利益率 :5.1% 3,792 営業利益率 :4.7% 対前年 +

著者:貞本義行 原作:カラー・GAINAX (角川書店/「カドカワコミックス・エース」) 僕は友達が少ない NEXT 原作:平坂読 原作イラスト:ブリキ (メディアファクトリー/「MF文庫J」) 放送局:TBS、BS-TBS 既刊:ライトノベル8巻、コミックス6巻 書 籍 新約 とある魔術の禁書目録⑤ 原作:鎌池和馬 著者:冬川基 キャラクターデザイン:はいむらきよた[r]

9 さらに読み込む

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

16 不動産費分配 % 25%未満 ○ 23.2 % 23.0 24.6 23.7 23.8 17 販促分配 % 6%以下 × 6.3 % 6.1 7.0 6.9 6.7 18 労働生産性 万 円 1,000万円 以上 ○ 1,583 万円 1,633 1,691 1,715 1,806 19 従業者1人当り売場面積 坪 60坪以上 × 34.0 坪 35.9 35.8 36.1 35.2

32 さらに読み込む

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

連結 : 業績サマリー ヘ ーシ 2 2 期連続増収 利益額 利益率過去最高 ( 第 2 四半期決算 ) ( 億円 ) 売上高 当第 2 四半期 前年同期 増減 ( 13/4-9) ( 12/4-9) 増減率 13,702 12,268 +1, % 国内売上 5,043 5,151

軽トラック「キャリイ」を14年ぶりに全面改良 ※1 軽自動車トラッククラス(2013年8月現在、スズキ調べ)。 ※2 JC08モード走行燃費(国土交通省審査値)。 燃料消費は定められた試験条件での数値。 使用 環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費は異なる。 ※3 ボディー外板表面サビ3年(荷台含む)、ボディー外板穴あきサビ5年(荷台含む)。ボディー外板の表

28 さらに読み込む

(mus$) 20,000 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 売上高当期利益売上高利益率 25.0% 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 0.0%

(mus$) 20,000 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 4,000 2,000 0 売上高当期利益売上高利益率 25.0% 20.0% 15.0% 10.0% 5.0% 0.0%

Pública)の下で、適切な人材を選任し政府専門職の専門性向上を図るために 2003 年に創 設された組織である。 財政面では、運営準備金、運用金、現金資金を含む特別会計システムにより運営され ており、収支は米ドルで決済され、毎年 9 月 1 日までに鉱業省、財務省により予算案の 認可を受ける。同社の事業利益には、通常法人税 15%及び加算税 40%が課せられるほか、 法令第 13196 号の規定により国防税(輸出額の 10%を国防費に拠出する)が徴収される。 2011 年の事業成績は、売上高 17.5bUS$(2010 年度 16.1bUS$:9.0%増)、国庫納付額 6.98bUS$(同 6.07bUS$:15.0%増)、当期利益 2.06bUS$(同 1.88bUS$:9.5%増)となり、世 界的な経済危機からの回復に伴う銅価格の急速な上昇により、各財務指標は過去最高額 を記録した 2007 年及び翌 2008 年とほぼ同水準となった。
さらに見せる

13 さらに読み込む

(mus$) 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 売上高 ( 自社権益分 ) 当期純利益売上高利益率 ( 自社権益分 ) 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 10,000 5% 0 0%

(mus$) 70,000 60,000 50,000 40,000 30,000 20,000 売上高 ( 自社権益分 ) 当期純利益売上高利益率 ( 自社権益分 ) 40% 35% 30% 25% 20% 15% 10% 10,000 5% 0 0%

アルミ部門の売上高は LME アルミ価格上昇などにより、2010 年の 11,313mUS$から 2011 年の 12,159mUS$と 7.5%増となったが、為替変動とコークス等の資材コストの増加等により 根元的当期純利益 (underlying earnings)は 2010 年 611mUS$から 2011 年の 442mUS$に減少した。 銅部門は価格上昇の一方、 Escondida、Bingham Canyon での産出量の減少等により、2011

18 さらに読み込む

(mus$) 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 売上高当期純利益売上高利益率 Anglo American: 財務状況の推移 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % (mus$) 6, 5, 4, 3, 2,

(mus$) 45, 4, 35, 3, 25, 2, 15, 1, 5, 売上高当期純利益売上高利益率 Anglo American: 財務状況の推移 35% 3% 25% 2% 15% 1% 5% % (mus$) 6, 5, 4, 3, 2,

以上の状況に対処して Anglo American は 2005 年 10 月、①売上高で最大の事業部門である製紙・ 梱包部門“Mondi”の分離、金・工業用鉱物部門及び製鉄事業の権益減、②高収益のPGM・鉄鉱石・ 石炭及びベースメタルの鉱山開発・生産事業をコアビジネスと位置付け経営資源を集中させる方針を 打ち出している。2006 年、この方針に沿って AngloGold Ashanti の持株の一部を売却して持株比率を 41.8%とし経営の支配権を手放している。また、同年7月、Highveld Steel and Vanadium 社の株式をロ シアの鉄鋼メーカーEvanz グループと Credit Suisse 銀行にそれぞれ 24.9%、計 50.8%を売却すること で合意している。今後、製紙・梱包分野“Mondi”の分離実施や工業用鉱物部門で各種建設材(アスフ ァルトやコンクリート等)を扱う Tarmac など非採算部門売却が進められる模様である。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 5927 documents...