基礎資料を得 こ を目的

Top PDF 基礎資料を得 こ を目的:

日本赤十字豊田看護大学紀要 10 巻 1 号, ,2015 資 料 英国 Plymouth University の看護基礎教育における成人看護学演習の現状 中村裕美 1 要旨本学の成人看護学領域におけるシミュレーション教育の方法や体制の整備を検討する基礎資料を得ることを目的として英国

日本赤十字豊田看護大学紀要 10 巻 1 号, ,2015 資 料 英国 Plymouth University の看護基礎教育における成人看護学演習の現状 中村裕美 1 要旨本学の成人看護学領域におけるシミュレーション教育の方法や体制の整備を検討する基礎資料を得ることを目的として英国

Ⅰ.はじめに  英国では 2013 年 9 月以降、看護基礎教育は学士課程 のみで行われるようになり、教育カリキュラムが刷新さ れた。教育期間は 3 年以上または 4,600 時間以上で、実 習 時 間 は、 最 低 2,300 時 間 と な り( 日 本 看 護 協 会, 2010)、臨床実践能力の向上に教育の焦点が当てられて いる。今回、英国訪問する機会て、英国で先駆的 にシミュレーション教育に取り組んでいる Plymouth University 看護学部訪問し、本学の成人看護学領域 におけるシミュレーション教育の方法や体制の整備検 討する基礎資料得ること目的として、成人看護学の 演習の現状調査した。
さらに見せる

6 さらに読み込む

直方市固定資産税路線価比準表作成委託公募型プロポーザル実施要領 1. 業務の目的直方市が実施する平成 33 年度評価替えにおける適正で均衡のとれた土地の評価のため 適正な価格バランスを有した路線価を付設し 土地評価に関する算定根拠等の基礎資料を作成することを目的とする 2. 受託者選定の目的直方市は

直方市固定資産税路線価比準表作成委託公募型プロポーザル実施要領 1. 業務の目的直方市が実施する平成 33 年度評価替えにおける適正で均衡のとれた土地の評価のため 適正な価格バランスを有した路線価を付設し 土地評価に関する算定根拠等の基礎資料を作成することを目的とする 2. 受託者選定の目的直方市は

ため、適正な価格バランス有した路線価付設し、土地評価に関する算定根拠等の 基礎資料作成すること目的とする。 2.受託者選定の目的 直方市は、固定資産税路線価比準表作成委託の実施にあたり、当該業務の正確性及 び経済性向上図るため、豊富な経験、実績及び信頼性有しかつ適正な委託料によ り実施できる受託者透明性及び公平性確保しながら、選定するために本方式によ る選考実施するものです。
さらに見せる

9 さらに読み込む

はじめに 環境省自然環境局生物多様性センターは 全国的な観点からわが国における自然環境の現況及び改変状況を把握し 自然環境保全の施策を推進するための基礎資料を整備することを目的とし 自然環境保全基礎調査 を実施している 調査範囲は陸域 陸水域 海域を含む国土全体を対象としている 自然環境保全基礎調査

はじめに 環境省自然環境局生物多様性センターは 全国的な観点からわが国における自然環境の現況及び改変状況を把握し 自然環境保全の施策を推進するための基礎資料を整備することを目的とし 自然環境保全基礎調査 を実施している 調査範囲は陸域 陸水域 海域を含む国土全体を対象としている 自然環境保全基礎調査

本調査は、「生物多様性調査」の一環である「種の多様性調査」という位置づけで実 施され、国内の生物多様性保全施策の基礎となる資料得ること目的とし、環境省が モデル地域として秋田県に委託して実施したものである。 本報告書は平成15(2003)年度に行われた「水辺生物調査(秋田県)」についての調査 結果とりまとめたものである。なお、本報告書において、環境省レッドデータブック に記載のある種の詳細な位置データについては非公開とした。
さらに見せる

59 さらに読み込む

1. CPE の目的 CPE(Continuing Professional Education 継続的専門能力開発制度 ) は IIA 認定資格保持者がその称号を得た後も 常に専門職としてふさわしい能力 知識の開発を維持し それらの照合を継続し それらの称号を維持するに値すると証明することを目的と

1. CPE の目的 CPE(Continuing Professional Education 継続的専門能力開発制度 ) は IIA 認定資格保持者がその称号を得た後も 常に専門職としてふさわしい能力 知識の開発を維持し それらの照合を継続し それらの称号を維持するに値すると証明することを目的と

• 「修了証」は一度印刷されると再発行が出来ません。紛失、破損等の場合も同様となりますのでご注意ください。 • 同じプログラムに複数回参加されても CPE 重複して報告することはできません。 ※ 日本内部監査協会主催の研修・業種別部会、CIA フォーラム研究会の出席時間も 50 分=1 単位となります。 ※ 日本公認会計士協会の運営・管理する CPE 活動により取得した単位は、IIA 資格の CPE 単位として換算の対象とすることが できます。ただし、対象となる期間が IIA は暦年、公認会計士協会は、年度ごとになっていますのでご注意ください。 ※ 同じ研修異なる方法(例:集合研修と e ラーニング)で受講された場合は、CPE 単位の報告対象はいずれか一つとなります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

(13 ページ参照 ) 成田市に初めて申告される方1. 申告をしていただく方 工場や商店の経営 駐車場やアパートの貸し付け 太陽光発電など 事業を行っている法人や個人の方 ( 事業 とは 一般に一定の目的の行為を継続 反復して行うことをいい 必ずしも営利又は収益そのものを得ることを直接の目的とするこ

(13 ページ参照 ) 成田市に初めて申告される方1. 申告をしていただく方 工場や商店の経営 駐車場やアパートの貸し付け 太陽光発電など 事業を行っている法人や個人の方 ( 事業 とは 一般に一定の目的の行為を継続 反復して行うことをいい 必ずしも営利又は収益そのものを得ることを直接の目的とするこ

1 申告していただく方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 2 申告していただく書類および記載事項 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2 3 償却資産とは ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 4 償却資産の種類 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 5 業種別の主な償却資産 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 6 建築設備における家屋と償却資産の区分 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 7 課税標準額、免税点、税率など ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7 8 国税との主な違い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 9 非課税、課税標準の特例 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 10 実地調査のお願い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 11 不申告または虚偽の申告 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 12 申告書の書き方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 償却資産申告書(償却資産課税台帳)、種類別明細書は 「提出用」 「控え用」 の 2 部つ づりになっています。申告書郵送により提出される方で、控えの返送希望される場合 は、返信用封筒に切手貼って同封してくださるようお願いします。
さらに見せる

14 さらに読み込む

平成 29 年度家庭部門の CO 2 排出実態統計調査の分析事例 ( 参考資料 ) 平成 31 年 3 月 環境省地球環境局 低炭素社会推進室 1 はじめに環境省は 家庭部門の詳細な CO 2 排出実態等を把握し 地球温暖化対策の企画 立案に資する基礎資料を得ることを目的に 平成 29 年度から 統

平成 29 年度家庭部門の CO 2 排出実態統計調査の分析事例 ( 参考資料 ) 平成 31 年 3 月 環境省地球環境局 低炭素社会推進室 1 はじめに環境省は 家庭部門の詳細な CO 2 排出実態等を把握し 地球温暖化対策の企画 立案に資する基礎資料を得ることを目的に 平成 29 年度から 統

家庭 CO 2 統計の結果 ア エネルギー消費量の傾向 2人以上の世帯について、冷蔵庫の製造時期別(1台目)にエネルギー消費量 比較すると、1995 年以前除き、冷蔵庫の製造時期が新しいほど、世帯の電気 の消費量が少ない傾向がみられる。また、冷蔵庫の製造時期が新しいほど、照明・ 家電製品等のエネルギー消費量が少ない傾向がみられる。

14 さらに読み込む

この文書は を許可を得て和訳した完成版です ( ) QUADAS-2 フェーズ 1: レビュークエスチョンの記述 患者 ( セッティング, インデックス検査の使用目的, 症状, 事前

この文書は を許可を得て和訳した完成版です ( ) QUADAS-2 フェーズ 1: レビュークエスチョンの記述 患者 ( セッティング, インデックス検査の使用目的, 症状, 事前

この文書は http://www.bris.ac.uk/quadas/resources/background-doc.pdf 許可て和 訳した完成版です(2014.4.25 ) 図 3:QUADAS-2 結果のグラフ表示の 1 例 レビュー著者は,全てあるいは特定のドメインでバイアスリスクおよび/または適用可能性 に関する懸念が低い研究だけ含むよう主要解析限定することもできる。同様の基準に 基づきレビューに含める研究限定することが適切な場合もあるが,多くの場合,関連し た全てのエビデンスレビューし,その後で異質性の可能性検討する方が望ましい (13;18)。サブグループ解析や感度分析は,インデックス検査の精度の推定値が,全てある いは特定のドメインに関し高い,低い,または不明と評価された試験間でどのようにばら ついているか調べることにより行うことができる。ドメインやシグナリングクエスチョ ンは,推定精度との関連調べるためにメタ回帰分析の項目として含めることが可能であ る。
さらに見せる

14 さらに読み込む

1. 調査概要 (1) 目的本調査は計画地において 植物相や希尐種の生育状況 樹林の状況や植生状況を把握し 今後公園整備計画を検討するために必要となる基礎資料を得ることを目的として行うものである (2) 調査対象地 調査対象地を図 に示した 図 調査対象地 1

1. 調査概要 (1) 目的本調査は計画地において 植物相や希尐種の生育状況 樹林の状況や植生状況を把握し 今後公園整備計画を検討するために必要となる基礎資料を得ることを目的として行うものである (2) 調査対象地 調査対象地を図 に示した 図 調査対象地 1

25 d) 樹林構成 樹林の構成種みるために、調査対象地で確認された樹木、サクラ類、雑木林の構成樹種、 先駆性樹種、外来樹種の 4 タイプに区分し表 2-2-5 に示した。また、分布状況として、各タイ プの分布図作成した。分布図は、サクラ類は 1 枚、雑木林の構成樹種は落葉広葉樹、常緑広 葉樹・針葉樹の 2 枚、先駆性樹種は 1 枚、外来樹種は落葉広葉樹と常緑広葉樹・針葉樹の 2 枚の計 6 枚作成した(図 2-2-7) 。以下に各タイプの詳細示した。
さらに見せる

32 さらに読み込む

平成 28 年度 居宅介護事業等サービス実態調査 調査概要 1. 調査目的障害者の居宅介護事業のサービスの現状を把握し 今後の事業運営等の充実のための基礎資料を得ることを目的とする 2. 調査対象本会が把握する全国の居宅介護事業等サービスを実施する398 事業所を対象 3. 調査基準日平成 28 年

平成 28 年度 居宅介護事業等サービス実態調査 調査概要 1. 調査目的障害者の居宅介護事業のサービスの現状を把握し 今後の事業運営等の充実のための基礎資料を得ることを目的とする 2. 調査対象本会が把握する全国の居宅介護事業等サービスを実施する398 事業所を対象 3. 調査基準日平成 28 年

 今年度は、「厚生労働省 平成27年社会福祉施設等調査」(以下、他の調査)も参考にしながら結果の 考察行った。経営主体については、本調査においては95%が社会福祉法人となっているが、他の調査 は営利法人が運営する事業所が60%超える結果となっており、社会福祉法人が運営する事業所はわず かに10%程度であった。地域移行が進むなか、これまで介護、障害ともに社会福祉法人が営む施設中 心に事業が展開されてきたために地域でのサービス展開に出遅れた感もあるが、実際に事業の運営実態 が無い事業所が多数ある可能性も見てとれることから、一概に結論付けるわけにもいかないであろう。  運営実態としては他の調査において非常に興味深い数値がある。居宅介護事業(居宅介護、重度訪問 介護、同行援護、行動援護、重度包括支援含む)において27年9月中に利用者がいた事業所が約47.8% で、なおかつ利用実人員が10名未満の事業所が約64%ということである。利用者がいないか、もしくは 10名未満という事業所は全体の約73.5%にのぼるのである。この結果から居宅介護事業所の多くが小規 模事業所であることがうかがえる。これら前提に本調査の結果検証すると、特定事業所加算受け ていない事業所が49.7%になる理由が垣間見えるのではなかろうか。小規模事業所ゆえに職員数も少な く加算の対象となりにくいのであろう。
さらに見せる

18 さらに読み込む

第 章調査の概要 -. 調査の目的本市民アンケート調査は 津市の都市計画マスタープラン 国土利用計画を策定するにあたり 市民の意識 意向や要望等を把握して計画策定の基礎資料とすることを目的として実施した -. 調査方法 () 調査対象 無作為に抽出した 0 歳以上の津市民,000 人を対象とした (

第 章調査の概要 -. 調査の目的本市民アンケート調査は 津市の都市計画マスタープラン 国土利用計画を策定するにあたり 市民の意識 意向や要望等を把握して計画策定の基礎資料とすることを目的として実施した -. 調査方法 () 調査対象 無作為に抽出した 0 歳以上の津市民,000 人を対象とした (

地域で、まち並み景観のルールなど作り、守る 自宅の庭やベランダの樹木・植栽増やし、育てる 公園の清掃・管理行う 里山の管理活動に参加する 農水産物直販所活用する 動植物の生息地の保護や調査、観察ボランティアになる 歴史遺産の保護や記録、歴史観光ボランティアになる 防災のための消防団などに参加する 海岸や河川の清掃など行う 道路の草刈り、落ち葉拾い、ごみ拾いなど行う その他
さらに見せる

76 さらに読み込む

調査の概要 1 調査の目的我が国の人口動態事象を把握し 人口及び厚生行政の基礎資料を得ることを目的とする 2 調査の対象及び客体調査は 戸籍法 及び 死産の届出に関する規程 により届け出られた出生 死亡 婚姻 離婚及び死産の全数を対象とするが 本概況では平成 28 年に日本において発生した日本人の事

調査の概要 1 調査の目的我が国の人口動態事象を把握し 人口及び厚生行政の基礎資料を得ることを目的とする 2 調査の対象及び客体調査は 戸籍法 及び 死産の届出に関する規程 により届け出られた出生 死亡 婚姻 離婚及び死産の全数を対象とするが 本概況では平成 28 年に日本において発生した日本人の事

第4位の「脳血管疾患」は、昭和60年に第1位から第2位に、63年には第3位となり、低下 傾向が続いていたが、平成5年から上昇し、7年は「心疾患」抜いて再び第2位となった。 9年に第3位、10年には再び上昇し第2位となったが、11年から再び第3位となっていた。そ の後、死亡率の上昇低下繰り返しながらも緩やかな減少傾向にあり、22年には「肺炎」と順 位入れ替え第4位となっている。

19 さらに読み込む

Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的 本調査は 今後の公的年金制度について議論を行うにあたって 自営業者 被用者 非就業者を通じた横断的な所得に関する実態を総合的に把握し その議論に資する基礎資料を得ることを目的とする なお 本調査は 平成 22 年公的年金加入状況等調査 の特別調査として 当該調査の調

Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的 本調査は 今後の公的年金制度について議論を行うにあたって 自営業者 被用者 非就業者を通じた横断的な所得に関する実態を総合的に把握し その議論に資する基礎資料を得ることを目的とする なお 本調査は 平成 22 年公的年金加入状況等調査 の特別調査として 当該調査の調

さらに、年収階級別加入者数の分布みると、 「50 万円以下」が 22.3%、 「50 万円超 100 万円以下」が 10.7%と多くなっている。また、男女別にみると、男性の場合、「50 万円以 下」が 13.5%で最も多く、次いで「300 万円超 350 万円以下」、 「350 万円超 400 万円以下」 の順となっており、女性の場合、「50 万円以下」が 31.6%で最も多く、次いで「50 万円超 100 万円以下」、「100 万円超 150 万円以下」の順となっている。

14 さらに読み込む

Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的この調査は 健康増進法 ( 平成 14 年法律第 13 号 ) に基づき 国民の身体の状況 栄養素等摂取量及び生活習慣の状況を明らかにし 国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的とする 2. 調査対象調査の対象は 平成 29 年国民生活基礎調

Ⅰ 調査の概要 1. 調査の目的この調査は 健康増進法 ( 平成 14 年法律第 13 号 ) に基づき 国民の身体の状況 栄養素等摂取量及び生活習慣の状況を明らかにし 国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的とする 2. 調査対象調査の対象は 平成 29 年国民生活基礎調

清酒1合(180ml)は、次の量にほぼ相当する。 ビール・発泡酒中瓶1本(約 500ml)、焼酎 20 度(135ml)、焼酎 25 度(110ml)、焼酎 30 度(80ml)、チュウハイ 7 度(350ml)、ウィスキーダブ ル1杯(60ml)、ワイン2杯(240ml) ※年齢調整した、生活習慣病のリスク高める量飲酒している者の割合は、男性では平成 22 年で 15.3%、平成 23 年で 16.5%、平成 24 年で 14.6%、26 年で 15.7%、平成 27 年で 13.6%、平成 28 年で 14.7%、平成 29 年で 14.8%、女性では平 成 22 年で 8.0%、平成 23 年で 8.9%、平成 24 年で 7.9%、平成 26 年で 9.5%、平成 27 年で 8.6%、平成 28 年で 9.5%、平 成 29 年で 9.3%であり、平成 22 年からの推移でみると、男性では有意な増減はなく、女性では有意に増加している。
さらに見せる

34 さらに読み込む

第 1 章調査の概要 1 調査の目的 県民の結婚や子どもを持つこと 子育てに関する意識や現状を把握し 奈良県において子どもを 生み育てやすい環境づくりを進める取組を検討するための基礎資料を得ることを目的に実施した 2 調査の実施概要 (1) 調査対象 夫婦調査 : 平成 30 年 9 月 1 日現在

第 1 章調査の概要 1 調査の目的 県民の結婚や子どもを持つこと 子育てに関する意識や現状を把握し 奈良県において子どもを 生み育てやすい環境づくりを進める取組を検討するための基礎資料を得ることを目的に実施した 2 調査の実施概要 (1) 調査対象 夫婦調査 : 平成 30 年 9 月 1 日現在

(7)標本の代表性と全国比較 夫婦調査並びに独身者調査の回答者がどの程度母集団反映しているか検証するため、平成27 年国勢調査の奈良県結果(以下、 「国勢調査」という。 )及び平成27年に国立社会保障・人口問題研 究所が実施した「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査) 」 (以下、 「全国調査」 という。 )の調査結果との比較行った。

6 さらに読み込む

先進医療の実績報告要領 Ⅰ 実績報告の実施について (1) 実績報告の目的先進医療の実施状況を把握し 保険導入等に係る検討のための基礎資料とすることを目的とするものである (2) 実績報告の対象医療機関平成 30 年 6 月 30 日現在において 先進医療を実施している医療機関平成 30 年 3 月

先進医療の実績報告要領 Ⅰ 実績報告の実施について (1) 実績報告の目的先進医療の実施状況を把握し 保険導入等に係る検討のための基礎資料とすることを目的とするものである (2) 実績報告の対象医療機関平成 30 年 6 月 30 日現在において 先進医療を実施している医療機関平成 30 年 3 月

④ 「実施回数」欄については、実績報告対象期間中に当該患者に対して、先 進医療実施した回数記入すること。 ⑤ 「転帰」欄については、「治癒」、「死亡」、「中止」、「継続」のいずれ か選択すること。なお、技術が検査や診断の場合においては、その技術 施行することにより確定診断等となったため、次の治療に繋がった場合は「継 続」、その検査・診断法そのものが不可で、次の治療に繋がらなかった場合 は「中止」選択すること。ただし、記入時に継続中の場合は、「継続」 選択すること。
さらに見せる

7 さらに読み込む

公表データの取扱いについて 改定令和元年 7 月 8 日 環境省では PM2.5モニタリング体制の強化を目的に 大学や地方自治体の協力を得て 平成 29 年 4 月より 毎時間の PM2.5 成分の連続測定を行う機器 ( 以下 自動測定機 という ) を全国 10ヵ所に設置し 測定を行っています こ

公表データの取扱いについて 改定令和元年 7 月 8 日 環境省では PM2.5モニタリング体制の強化を目的に 大学や地方自治体の協力を得て 平成 29 年 4 月より 毎時間の PM2.5 成分の連続測定を行う機器 ( 以下 自動測定機 という ) を全国 10ヵ所に設置し 測定を行っています こ

今回、測定に使用している自動測定機については、公表に先立ち専門家交えて測定結果の評価行 っております(平成 29 年度 微小粒子状物質(PM 2.5 )成分自動測定結果の評価検討会、以下「検討会」) 。 評価方法として、毎年度、全国で実施されている PM2.5 成分測定結果(以下「成分測定結果」という) において、同一地点もしくは近隣の測定地点の結果用い、その濃度変化及び濃度レベルの検証行い ました。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ビジネス文書とメールの基礎 目標とアジェンダ 研修目標 ビジネス文書の目的を理解する 基本的なビジネス文書が作成できる メールの基礎知識を習得する 1

ビジネス文書とメールの基礎 目標とアジェンダ 研修目標 ビジネス文書の目的を理解する 基本的なビジネス文書が作成できる メールの基礎知識を習得する 1

このたびは、お手数おかけすることになり 大変に申し訳ございません。 先日申し上げましたとおり、 本来なら私が手がけるべき仕事であったにも関わらず、 あいにく、予定がつまっていたことと体調不良が重なり、 ○○さんに代行お願いすることになってしまいました。 つきましては、早く引き継ぎしたほうが良いと思い、

47 さらに読み込む

岡正 荒島 : 保育者に求められる子ども 子育て支援のための地域福祉アセスメントツール開発に向けた基礎研究 子育て支援のための地域福祉アセスメントツール開発に向けた基礎研究 保幼小の円滑な接続のための資料としては 保育所で子どもの育ちを支えるための資料を 保育所児童保育要録 として小学校へ送付するこ

岡正 荒島 : 保育者に求められる子ども 子育て支援のための地域福祉アセスメントツール開発に向けた基礎研究 子育て支援のための地域福祉アセスメントツール開発に向けた基礎研究 保幼小の円滑な接続のための資料としては 保育所で子どもの育ちを支えるための資料を 保育所児童保育要録 として小学校へ送付するこ

このような状況の中、年齢という縦の連続性のみならず、他機関他職種との横の連携持ち、 切れ目ない支援していくことが重要となる。しかし、先にも述べたように社会資源間での子 どもの状態像が異なることで情報共有、連携のしにくさが生じる可能性がある。 そこで、本研究では、保育所・幼稚園・認定こども園における子育て支援実践および地域資 源活用実態把握するとともに、他職種他機関との情報共有に関する意識明らかにする。そ の結果をもって、地域特性踏まえた社会資源の活用や関係者との連携、発達に応じた連続的 支援のための課題抽出行うこと目的とする。なお、られた結果は、横断的連携のための 地域福祉アセスメントツール開発の基礎資料とする。
さらに見せる

12 さらに読み込む

資料7(参考)アフィリエイト広告収入を目的とする違法音楽配信に対して新たな著作権侵害対策を実施

資料7(参考)アフィリエイト広告収入を目的とする違法音楽配信に対して新たな著作権侵害対策を実施

近年、違法音楽配信サイト「第③世界」における著作権法違反事件に象徴されるように 広告収入得る目的で違法音楽配信サイト開設する者が後絶たず、著作権侵害の温床 となっています。 かかる違法音楽配信への対策として JASRAC は、プロバイダ責任制限法に基づき違法 ファイルの送信防止措置要請継続して行っていますが、これは違法ファイルがアップロ ードされてからの事後的な対応とならざるないため違法音楽配信の根絶に繋がって おらず、また違法ファイルの送信防止措置要請継続的に実施することが権利者に大きな 負担強いているのが実情です。
さらに見せる

2 さらに読み込む

技術資料基礎編

技術資料基礎編

G 6 11 2.3091 1.479 0.32 163.830 162.351 160.872 * この規格は流体機器などの結合に使用し、ネジ部には気密性はない。 * ネジ部での気密性目的とする場合はJIS B 0203(管用テーパーネジ)使用する。 * 表し方は 雄ねじの場合 G1/2A (A、Bはネジ等級) 、雌ねじの場合は G1/2 とする。 * ネジの検査は JIS B 0254(管用平行ねじゲージ)のネジ用限界ゲージによる。

69 さらに読み込む

Show all 10000 documents...