地震動による被害想定の検討の対象とした地震

Top PDF 地震動による被害想定の検討の対象とした地震:

検討の背景 10Hz を超える地震動成分の扱いに関する日 - 米の相違 米国 OBE (SSE ) EXCEEDANCE CRITERIA 観測された地震動が設計基準地震動を超えたか否かの判定振動数範囲 : 1Hz - 10Hz (10Hz 以上は評価対象外 ) 地震ハザードのスクリーニング (Ne

検討の背景 10Hz を超える地震動成分の扱いに関する日 - 米の相違 米国 OBE (SSE ) EXCEEDANCE CRITERIA 観測された地震動が設計基準地震動を超えたか否かの判定振動数範囲 : 1Hz - 10Hz (10Hz 以上は評価対象外 ) 地震ハザードのスクリーニング (Ne

極めて剛構造小口径配管 → 損傷リスク大 評価不要 ・ OBE (SSE ) EXCEEDANCE CRITERIA 観測され地震動が設計基準地震動を超えか否か判定 振動数範囲: 1Hz − 10Hz (10Hz 以上は評価対象外) ・ 地震ハザードスクリーニング

12 さらに読み込む

南海トラフ巨大地震における被害想定 ( 上水道 ) 上水道の被害想定は 津波 停電 揺れによる被害の合計であり 被災直後の断水人口は最大で 34 百万人 被害の大きい地域では最大 8 週間の復旧予測日数 (95% 復旧 ) と想定されている 上水道の被害想定 施設種類被害状況 ( 被災直後 ) 復旧

南海トラフ巨大地震における被害想定 ( 上水道 ) 上水道の被害想定は 津波 停電 揺れによる被害の合計であり 被災直後の断水人口は最大で 34 百万人 被害の大きい地域では最大 8 週間の復旧予測日数 (95% 復旧 ) と想定されている 上水道の被害想定 施設種類被害状況 ( 被災直後 ) 復旧

また、2003 年東海・東南海・南海地震想定比較においても、建物被害は約 2.5 倍、人的被 害については約 13 倍推定結果が示されている。 このように、南海トラフ巨大地震において想定される地震・津波は、 「南海トラフ巨大地震モデ ル検討会」で検討する際に想定最大クラスであるため、これまで中央防災会議で検討てき いずれ地震による被害想定よりも大きいものなっている。これは、 「東北地方太平洋沖地震 を教訓地震・津波対策に関する専門調査会報告(内閣府、中央防災会議) 」において、この ような最大クラス津波に対して、住民避難を柱する総合的防災対策を構築する必要がある されことを参考として、南海トラフ巨大地震被害想定においても、最大クラス地震・津波 を対象ためである。
さらに見せる

28 さらに読み込む

目 次 1. はじめに 今回の地震 津波被害の特徴と検証... 3 (1) 地震 津波被害の特徴... 3 (2) これまでの想定対象地震と津波の考え方... 4 (3) 今回の災害と想定との食い違いへの反省 防災対策で対象とする地震 津波の考え方について... 7

目 次 1. はじめに 今回の地震 津波被害の特徴と検証... 3 (1) 地震 津波被害の特徴... 3 (2) これまでの想定対象地震と津波の考え方... 4 (3) 今回の災害と想定との食い違いへの反省 防災対策で対象とする地震 津波の考え方について... 7

7 3.防災対策で対象する地震・津波考え方について (1)地震・津波想定意義 ○従前より、地震・津波対策を講ずるにあたっては、国、地方公共団体検討対象なる地震をあらかじめ想定、それによる地震動津波 想定結果に対して様々な防災対策を立案施策を推進てきところで ある。今回地震・津波は、従前想定をはるかに超えるものなっ が、だからといって地震・津波想定自体が無意味であることにはなら ない。想定をはるかに超える事象が発生要因について、十分に調査 分析を行い、引き続き必要な地震・津波を想定直し上で、被害想定 を再検討、防災対策を進めていくことが求められる。
さらに見せる

47 さらに読み込む

地震被害想定調査における 強震動・津波浸水予測の進捗状況

地震被害想定調査における 強震動・津波浸水予測の進捗状況

津波浸水予測図 伊勢市(2) この地図は、国土地理院長承認を得て、同院発行数値地図25000(地図画像)を複製ものである。(承認番号 平25情複、第813号) 承認を得て作成複製品を第三者がさらに複製する場合には、国土地理院承認を得なければならない。 この津波浸水予測図は、国土地理院『東日本大震災から復旧・復興及び防災対策ため高精度標高データ』に関する資料を使用て作成。 この図面基図として用いている地図には、市町村合併前地名が記載されている場合がありますので、ご了承ください。
さらに見せる

30 さらに読み込む

茂原市耐震改修促進計画 目次第 1 章はじめに 1. 茂原市耐震改修促進計画の位置付け 2. 茂原市耐震改修促進計画の目的 3. 対象区域及び対象建築物 4. 計画期間 第 2 章想定される地震の規模 被害の状況 1. 茂原市における想定地震と建物の被害想定 4 第 3 章建築物の耐

茂原市耐震改修促進計画 目次第 1 章はじめに 1. 茂原市耐震改修促進計画の位置付け 2. 茂原市耐震改修促進計画の目的 3. 対象区域及び対象建築物 4. 計画期間 第 2 章想定される地震の規模 被害の状況 1. 茂原市における想定地震と建物の被害想定 4 第 3 章建築物の耐

こうした状況を受けて、国土交通省に設置され「住宅・建築物地震防災推進会議」により、 地震防災戦略減災目標として、耐震化され住宅や建築物割合を 10 年間で 9 割する目標 (平成 17 年 6 月提言)が示され。 国は、これを地震による人的被害や経済的被害額を減らすため最も重要な課題位置付け、 耐震改修促進法を平成 17 年に一部改正、国及び地方公共団体による計画的な耐震化推進や 建築物に対する指導等強化を位置付け。この耐震改修促進法第 5 条第 1 項、及び国基本方 針(平成 18 年 1 月告示)に基づき、都道府県は都道府県耐震改修促進計画を定めることされ、 千葉県は平成 19 年 3 月に、 「千葉県耐震改修促進計画」(※2)を策定、平成 27 年度を目標に、 県有建築物、市町村有建築物、住宅及び特定建築物等耐震化を促進するため方針、耐震化率 目標値設定、目標値を達成するため必要な施策等を定め。千葉県はその計画中で、地 震被害軽減ためには地域取り組みが重要であることから、市町村による耐震改修促進計画 策定を強く求めている。
さらに見せる

28 さらに読み込む

目 次 第 1 章計画の目的等 計画策定の背景 近年の大震災と地震被害の想定 2 (1) 阪神 淡路大震災 熊本地震 東日本大震災の被害 2 (2) 南海トラフ巨大地震の被害想定 計画の目的等 4 (1) 計画の目的 4 (2) 計画の位置づけ 国 愛

目 次 第 1 章計画の目的等 計画策定の背景 近年の大震災と地震被害の想定 2 (1) 阪神 淡路大震災 熊本地震 東日本大震災の被害 2 (2) 南海トラフ巨大地震の被害想定 計画の目的等 4 (1) 計画の目的 4 (2) 計画の位置づけ 国 愛

滑動崩落による被害は、阪神・淡路大震災、あるいは平成 16 年新潟県中越地震など地震 際に多数発生ており、東日本大震災においても、仙台市丘陵地をはじめ、盛土により造成 され宅地において滑動崩落及びそれに伴う家屋等へ被害が相当数発生まし。 名古屋市においても、東部方面丘陵地を中心に多数造成地が存在ており、大地震が発生 場合には滑動崩落による被害発生が懸念されることから、一定条件に該当する大規模盛 土造成地分布状況を把握、平成 25 年度に「名古屋市大規模盛土造成地マップ」として公表 まし。今後は、それら滑動崩落に対する安全性を確認するため調査を実施ていきます。
さらに見せる

47 さらに読み込む

活断層の直接変位被害を想定した基礎情報整備(猿投高浜断層帯を対象にして)

活断層の直接変位被害を想定した基礎情報整備(猿投高浜断層帯を対象にして)

本年度の成果 既存の活断層図(ここでは、都市圏活断層図やデ、ジ、タル活断層図)では、それぞれの観点でトレースがひかれ ており、猿投高浜断層帯においても部分的に異なる場所にトレースが表記されている。直接変位による被害は、 変位地点のごく周辺のみが対象となるため、変位の場所すなわちトレースの正確性が間われる。ここでは、地形 や地質の状況や写真判読により猿投高浜断層帯のトレー[r]

2 さらに読み込む

はじめに 1 計画策定の経緯 1 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 2 2 人的被害の想定 3 3 建物被害の想定 3 (1) 建物被害 (2) 地震被害 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 4 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特

はじめに 1 計画策定の経緯 1 第 1 想定される地震の規模 想定される被害状況 1 想定される地震の規模 2 2 人的被害の想定 3 3 建物被害の想定 3 (1) 建物被害 (2) 地震被害 第 2 建築物の耐震化に係る目標 1 建築物の耐震化の現状 4 (1) 住宅の耐震化の現状 (2) 特

2 建築基準法による勧告又は命令 建築基準法第6条1項1号に掲げる建築物、要緊急安全確認大規模建築物又は要安全確認計画記載建 築物うち、耐震診断及び耐震改修「指示」に従わないために法に基づく「公表」を行っ既存耐震 不適格建築物所有者が耐震診断及び耐震改修を明らかに行わない場合には、所管行政庁は当該建築物 構造体力上主要な部分地震に対する安全性又は損傷、腐食その他劣化進み具合を把握するため に立入調査を実施、構造体力上主要な部分地震に対する安全性について著しく保安上危険である 明らかに認められる建築物については建築基準法10条第3項規定による命令を、損傷、腐食その他 劣化が進み、そのまま放置すれば著しく保安上危険なる明らかに認められる建築物については同 条第1項規定による勧告や同条第2項による命令を行う。
さらに見せる

22 さらに読み込む

目次 第 1 章事業継続のための方針第 2 章本計画書で想定する緊急事態の被害及び事業への影響分析結果第 1 節本計画書で想定する緊急事態 (1) 大規模地震の発生 (2) 感染症の流行第 2 節各経営資源に対する被害想定 (1) 大規模地震の発生による被害想定 (2) 感染症の流行による被害想定第

目次 第 1 章事業継続のための方針第 2 章本計画書で想定する緊急事態の被害及び事業への影響分析結果第 1 節本計画書で想定する緊急事態 (1) 大規模地震の発生 (2) 感染症の流行第 2 節各経営資源に対する被害想定 (1) 大規模地震の発生による被害想定 (2) 感染症の流行による被害想定第

本計画書周知徹底を図るため、法人事務局では職員全員で、金津雲雀ヶ丘 寮では各事業所毎に、年1回本計画書内容職員行動手順、緊急連絡体制 確認を行う。また、新規採用され職員にはその都度説明を行うことする。 さらに、役員に対し年1回本計画書内容説明を行い、当協議会災害時に おける基本方針や優先事業について確認てもらう。

17 さらに読み込む

目 次 第 1 章計画の目的 1 策定の背景 1 2 計画の位置づけ 目的 2 3 計画の期間 2 4 対象区域 対象建築物 3 5 市と市民 ( 所有者 管理者 ) の取り組み 9 第 2 章綾瀬市において被害が想定される地震の規模 被害状況 1 想定される地震 10 2 想定される被害 12 第

目 次 第 1 章計画の目的 1 策定の背景 1 2 計画の位置づけ 目的 2 3 計画の期間 2 4 対象区域 対象建築物 3 5 市と市民 ( 所有者 管理者 ) の取り組み 9 第 2 章綾瀬市において被害が想定される地震の規模 被害状況 1 想定される地震 10 2 想定される被害 12 第

2 2 計画位置づけ・目的 綾瀬市耐震改修促進計画(以下、「本計画」いう。)は、建築物耐震改修 促進に関する法律(以下、「耐震改修促進法」いう。)に基づき平成21 年8月に策定まし。その後、平成25年11月に改正法が施行され、不 特定多数や避難弱者が利用する大規模な建築物に対して耐震診断を義務付け るなど、建築物耐震改修促進に向け取り組みが強化されことから、 国「建築物耐震診断及び耐震改修促進を図るため基本的な方針(平成 25年10月国土交通省告示第1055号)」(以下、「国基本方針」とい う。)及び「神奈川県耐震改修促進計画」(以下、 「県促進計画」いう。)を勘 案するとともに、本市における他計画(総合計画、地域防災計画等) 整合性を図りながら改定するものです。
さらに見せる

26 さらに読み込む

能代市耐震改修計画 目次能代市耐震改修計画 1 第 1 能代市で想定される地震の規模及び被害の状況 3 1 能代市で想定される地震 2 被害想定対象地区 3 被害想定結果 第 2 住宅 公共建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 4 1 住宅の耐震化の現状と目標設定 2 市所有特定建築物の耐

能代市耐震改修計画 目次能代市耐震改修計画 1 第 1 能代市で想定される地震の規模及び被害の状況 3 1 能代市で想定される地震 2 被害想定対象地区 3 被害想定結果 第 2 住宅 公共建築物の耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 4 1 住宅の耐震化の現状と目標設定 2 市所有特定建築物の耐

3 安心て耐震診断及び耐震改修を行うことができる環境整備 市は市民が安心て耐震診断及び耐震改修を依頼できるように、耐震診断等相談窓 口を継続ます。相談窓口や市ホームページでは、木造戸建住宅耐震化に関するこ や簡易な耐震診断法説明を受けられる体制を整備、また、木造住宅耐震診 断・改修講習会受講者修了者名簿(秋田県)情報提供等を行い、耐震化を行おう する方が安心て建築物耐震診断及び耐震改修が行える環境整備に引き続き努め ます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1. 想定地震 津波日本海沿岸の津波浸水想定を設定する上で, 最大クラスの津波を発生させると想定した以下の3 断層モデルを対象とする 想定断層 1: 見島付近西部断層 想定断層 2: 見島北方沖西部断層 想定断層 3: 2. 発災季節と発災時刻想定するシーンは, 南海トラフ巨大地震対策検討ワーキング

1. 想定地震 津波日本海沿岸の津波浸水想定を設定する上で, 最大クラスの津波を発生させると想定した以下の3 断層モデルを対象とする 想定断層 1: 見島付近西部断層 想定断層 2: 見島北方沖西部断層 想定断層 3: 2. 発災季節と発災時刻想定するシーンは, 南海トラフ巨大地震対策検討ワーキング

この地震による県内震度としては,見島付近西部断層により萩市見島で最大震度 なる6弱が想定される。津波については,各港湾・漁港区域内背後に家屋等多い 代表地点で見る,各地震ごと最高津波水位は、見島付近西部断層で阿武町 T.P.+3.0m,見島北方沖西部断層で阿武町 T.P.+2.4m,F60 断層(西山断層及び北方延 長部断層)で下関市 T.P.+3.7m が大きく,最高津波水位が最短で到達する地震 発生から 18 分~127 分後になる想定される。
さらに見せる

57 さらに読み込む

1 計画の目的等 (1) 計画の目的 1 (2) 新発田市耐震改修促進計画の位置づけ 1 (3) 計画期間 2 (4) 計画の対象 2 2 新発田市における地震の危険性 (1) 市内で発生した地震 ( 寛文以降 ) 3 (2) 市内の活断層 4 (3) 市内で想定される地震の規模 想定される被害の状

1 計画の目的等 (1) 計画の目的 1 (2) 新発田市耐震改修促進計画の位置づけ 1 (3) 計画期間 2 (4) 計画の対象 2 2 新発田市における地震の危険性 (1) 市内で発生した地震 ( 寛文以降 ) 3 (2) 市内の活断層 4 (3) 市内で想定される地震の規模 想定される被害の状

※2 統計法に基づく調査。わが国住宅及び住宅以外で人が居住する建物に関する実態等を把握、その現状推移を 全国及び地域別に明かに、住宅・土地関連諸施策基礎資料を得ることを目的に昭和23年以来5年ごとに実施ていす。 直近では、平成25年に実施されています。 ※3 国・県・市とも平成27年度末耐震化率は住宅・土地統計調査から推計値です。ここでは、耐震診断により「耐 震性なし」確認されもの耐震診断を実施ておらず耐震性が確認されていないものを含めて「耐震化を図るもの」 として耐震化率を算定ています。
さらに見せる

24 さらに読み込む

1. はじめに 1) 地震被害想定の目的 滋賀県では 平成 年に 当時高い発生確率が示された琵琶湖西岸断層帯等による地震について被害想定を行い 地震防災対策の基礎資料としてきた 東日本大震災の教訓や社会構造の変化を踏まえて 災害対策基本法 が大幅に改正されたところであり また 今世紀前半

1. はじめに 1) 地震被害想定の目的 滋賀県では 平成 年に 当時高い発生確率が示された琵琶湖西岸断層帯等による地震について被害想定を行い 地震防災対策の基礎資料としてきた 東日本大震災の教訓や社会構造の変化を踏まえて 災害対策基本法 が大幅に改正されたところであり また 今世紀前半

 変電設備被害に起因する停電については、配電ルート切替え等により比較的短時間で復旧 甲賀・東近江・湖東・湖北地域では、1日後にほぼ停電解消  大津・南部・高島地域災害拠点病院、災害対応拠点施設等については、被災道路啓開(通 行確保)作業並行て優先的に電柱・架空線仮復旧が進められ、3日後までに概ね復電  激甚被害区域については被害現場へアクセス困難、復旧人員・資材調達困難により復旧作
さらに見せる

84 さらに読み込む

目次. 敷地における地震波の増幅特性に関連する補足 2. 検討用地震の選定に関連する補足. 中越地震, 中越沖地震に関連する補足 4. 不確かさの考え方に関連する補足 5.F-B 断層による地震の地震動評価に関連する補足 6. 長岡平野西縁断層帯による地震の地震動評価に関連する補足 7. 震源を特定

目次. 敷地における地震波の増幅特性に関連する補足 2. 検討用地震の選定に関連する補足. 中越地震, 中越沖地震に関連する補足 4. 不確かさの考え方に関連する補足 5.F-B 断層による地震の地震動評価に関連する補足 6. 長岡平野西縁断層帯による地震の地震動評価に関連する補足 7. 震源を特定

 敷地周辺地下構造を形成考えられる変形 は2回に分けて起き仮定。  1回目すべり面は,下高町-1におけるボーリ ング結果(P.14)においてSタフPタフ間に 「Fault Zone」記載されていることや,反射 断面において,Pタフより上層は褶曲が激しい に対してSタフより下層は比較的平坦なってい ることから,PタフSタフ間にある仮定。 ( 青点線部 )
さらに見せる

262 さらに読み込む

目次 第 1 章対策計画の位置づけ等 首都直下地震が発生した場合の国家的危機 対策計画の意義 位置づけ 対象とする地震 2 第 2 章首都直下地震が発生した場合に想定される事態 直下で発生する地震 太平洋沿岸に押し寄せる津波 4 (1) 想定されている

目次 第 1 章対策計画の位置づけ等 首都直下地震が発生した場合の国家的危機 対策計画の意義 位置づけ 対象とする地震 2 第 2 章首都直下地震が発生した場合に想定される事態 直下で発生する地震 太平洋沿岸に押し寄せる津波 4 (1) 想定されている

○ 例えば、首都圏ピーク時駅滞留者及び鉄道乗車中利用者は約18 0万人であり、首都直下地震においては、地震発生直後、大量避難者や 帰宅困難者が発生することが想定されている。 そのため、事前対策により、周辺企業における自社従業員待機徹 底や混乱を避けるため地域行動ルール策定・周知など、地域ぐるみ 取組を推進するとともに、地方公共団体や鉄道、バス事業者等により、鉄 道利用者に加え駅に集まる避難者に対する避難誘導や情報提供など帰宅 困難者対策が適切に行われるよう、指導・支援する。
さらに見せる

54 さらに読み込む

目次 第 1 章総則 1 目的 位置付け 計画期間 計画の検証... 2 第 2 章耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 地震被害の想定... 4 参考 1 大分県の地震の特性... 6 参考 2 耐震化した場合の被害想定 耐震化の現状及

目次 第 1 章総則 1 目的 位置付け 計画期間 計画の検証... 2 第 2 章耐震診断及び耐震改修の実施に関する目標 1 地震被害の想定... 4 参考 1 大分県の地震の特性... 6 参考 2 耐震化した場合の被害想定 耐震化の現状及

大分県には松山-伊万里構造線、大分―熊本構造線、臼杵―八代構造線、仏像構造 線など構造線が通過する。このうち、臼杵―八代構造線は九州地質区を2分する 大規模なもので、その北側南側はそれぞれ内帯・外帯呼ばれる。 これらを基盤として、新生紀新第三紀以降火山活動により形成され多く火山 が分布する。国東半島両子山、別府地域由布岳及び鶴見岳、並びに久住山、大船 山、黒岳など成層火山や溶岩ドームからなる九重山などがそれである。これら火 山は、別府-島原地溝帯に沿って分布ている。
さらに見せる

29 さらに読み込む

平成14年度仙台市地震被害想定調査報告書

平成14年度仙台市地震被害想定調査報告書

Ⅴ. 被害まとめ 予測地震被害想定を総括するとともに,今後課題を取り上げまし。 1. 被害予測まとめ 被害全体的な特徴や地震による違い,被害原因などについてまとめまし。ただし,地震被害想定 結果数値は,その基なる地震動予測結果に幅(ばらつき)を持つことから,幅を持つものに基づい 各種被害想定結果も当然,幅を持つものなります。例えば,政府地震調査研究推進本部による地震 動予測結果に関する公開にあたっても, 「設定震源特性には不確定性があり,また設定地下構造は 場所によるばらつきがある。このため,震度階級で一つ上や下になることがある。 」注釈されています。 従って,今回仙台市地震被害想定においても,地震動予測結果や各種被害想定結果は,決して確定 値ではなく,ある程度幅(ばらつき)平均的な値として扱うことが必要です。被害絶対量に関 する精度向上に向けて様々な取り組みが今後必要不可欠ですが,被害相対関係(地域内格差)に関し ては,精度が向上てきています。
さらに見せる

64 さらに読み込む

はじめに 第 28 回 64 回 76 回 94 回審査会合で報告. 敷地における地震動の増幅特性 敷地における地盤増幅特性 敷地における地盤増幅特性の地震動評価への反映方法 2. 敷地周辺で発生する地震に関する調査 敷地周辺の地震発生様式 被害地震 地震活動 3. 震源を特定して策定する地震動 内

はじめに 第 28 回 64 回 76 回 94 回審査会合で報告. 敷地における地震動の増幅特性 敷地における地盤増幅特性 敷地における地盤増幅特性の地震動評価への反映方法 2. 敷地周辺で発生する地震に関する調査 敷地周辺の地震発生様式 被害地震 地震活動 3. 震源を特定して策定する地震動 内

• 内閣府(2012)『南海トラフ巨大地震による震度分布・津波高について(第一次報告)』南海トラフ巨大地震モデル検討会, 平成24年3月31日。 • 内閣府(2012)『南海トラフ巨大地震モデル検討会(第二次報告)強震断層モデル編-強震断層モデル震度分布について-』南海トラフ巨大地震モデル検討 会, 平成24年8月29日。 • 中野俊, 西来邦章, 宝田晋治, 星住英夫, 石塚吉浩, 伊藤順一, 川辺禎久, 及川輝樹, 古川竜太, 下司信夫, 石塚治, 山元孝広, 岸本清行編(2013)『200万分の1地 質編集図no.11 日本火山(第3版)概要及び付表』独立行政法人 産業技術総合研究所地質調査総合センター。
さらに見せる

54 さらに読み込む

建物振動モニタリングおよび長周期地震動をターゲットとした地震観測(エイツー社との共同研究)

建物振動モニタリングおよび長周期地震動をターゲットとした地震観測(エイツー社との共同研究)

 また、近年、高層ビルやマンション建設が進み、長周期地震動に対する対策が注目を集めている。しかし、 長周期地震動は、高層ビルやマンションのみならず、重機を用い製品作成や運搬が行われる製造業でもその 影響が懸念される。特に重機は、強い地震動に対しては耐震性が高いが、大きな地震後に継続てゆれる長周 期地震動では被害が発生する可能性があり、大きな激しい揺れが収まり多く人が安心ている中で発生する め、一層甚大な被害に発展する恐れがある。その被害を軽減する方法一つとして、長周期地震動に対応ワー ニングシステムがある。対象建物に設置地震計により、平時は建物応答特性抽出を行う。地震時は、抽 出し応答特性地表観測記録から上階地震動を予測、大きく揺れる前にアラートを出す。また、上階地 震計にて長周期地震動が観測されれば、その状況も実況避難に役立てる仕組みである。
さらに見せる

3 さらに読み込む

Show all 10000 documents...