地区計画の適用区域の設定方針

Top PDF 地区計画の適用区域の設定方針:

市街化調整区域における地区計画摘要の基本的な方針

市街化調整区域における地区計画摘要の基本的な方針

地区計画適用方針 ····························································· 「1 適用対象区域 ······························································ 「1 地区計画適用区域設定方針 ··································· 「「 新規工業地開発地区適用区域抽出方針 ············ 「4
さらに見せる

53 さらに読み込む

2013912 rad6E317 三島市市街化調整区域における地区計画適用の基本的方針概要版

2013912 rad6E317 三島市市街化調整区域における地区計画適用の基本的方針概要版

また、本市には年間 万人以上乗降客がある三島駅や、約 万人観光 客が訪れる三嶋大社をはじめ、 楽寿園や源兵衛川 ・ 桜川を代表とするせせらぎがあり、 これら他市にはないアメニティを活かしたまちづくりが本市特色でもあります。 近年、人口減少と超高齢社会進展へ備え、公共投資効率性や低炭素化など 諸課題を踏まえ、中心市街地にシフトしたまちづくりであるエコ・コンパクトシティ 形成が求められています。本市には、旧北上村、旧錦田村及び旧中郷村を拠点とす る市街地が郊外に形成されており、今後は中心市街地と周辺拠点を有効に連携させた 拠点ネットワーク型集約都市構造構築に向けた都市づくりを進めていく必要があ ります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

野田都市計画都市計画区域の整備、開発及び保全の方針

野田都市計画都市計画区域の整備、開発及び保全の方針

②本区域基本理念 ·························································· 1 2) 地 域 毎 市 街 地 像 ·························································· 2 2 . 区 域 区 分 決 定 有 無 及 び 区 域 区 分 を 定 め る 際 方 針 ·························· 4 1) 区 域 区 分 決 定 有 無 ······················································ 4
さらに見せる

21 さらに読み込む

第2章 地区別方針3-1 草加川柳地区(市街化区域) 草加市都市計画マスタープラン(素案)  草加市役所

第2章 地区別方針3-1 草加川柳地区(市街化区域) 草加市都市計画マスタープラン(素案) 草加市役所

● 高年者が住み慣れた地域で暮らし続けるためには、当地区内で合計 10,200㎡程度高齢者福祉施設 を増やす必要があると推計される。 ● 旧耐震基準で建築された建築物比率は市内で最も高く、耐震改修等促進が求められる。 ● 集会・学習機能をもった施設は川柳文化センターのみであり、人口 1 万人当たりコミュニティ施設数 は全地区中で 2 番目に少なくなっています。

12 さらに読み込む

地区計画の区域内における行為の届出について(PDF)

地区計画の区域内における行為の届出について(PDF)

※2 街並み誘導型地区計画 地区特性に応じて、建物壁面位置制限や建築物高さ最高限度などを定める ことで、前面道路幅員による容積率制限(基準容積率)及び道路斜線制限を適用除外とし、 個別建て替えを通して街並みを誘導しつつ、土地合理的かつ有効利用推進及び良好な 市街地環境形成を図ることを目的としています。

11 さらに読み込む

目 次 1 市街化調整区域における地区計画ガイドラインの策定の経緯 1 第 Ⅰ 章市街化調整区域における土地利用の基本的な考え方 2 第 Ⅱ 章市街化調整区域における地区計画の導入 2 2 市街化調整区域における地区計画の基本事項 3 1 共通事項 3 2 地区計画整備計画に関する事項 3 (1)

目 次 1 市街化調整区域における地区計画ガイドラインの策定の経緯 1 第 Ⅰ 章市街化調整区域における土地利用の基本的な考え方 2 第 Ⅱ 章市街化調整区域における地区計画の導入 2 2 市街化調整区域における地区計画の基本事項 3 1 共通事項 3 2 地区計画整備計画に関する事項 3 (1)

1 市街化調整区域における地区計画ガイドラインについて ■市街化調整区域における地区計画ガイドライン策定経緯 本市では,空港関連企業等事業縮小など社会的要因による人口流出や,少子高齢化進展によ る地域コミュニティ衰退,産業構造変化による製造業衰退,市街化区域縁辺部における市街地 スプロール化など問題が顕著化し,地域経済社会情勢に変化が見られる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(原案)

ア.街区公園は、計画されている公園整備について、子育て世帯や高齢者等利用に 対応したユニバーサルデザイン考え方を踏まえた整備を図り、より多く市民に 親しまれ、周辺住環境に調和した公園整備を推進する。 イ.近隣公園は、現在元町地域にはないことから、住環境向上や防災機能充実を 図るため、地域拠点となる浦安公園整備を進める。また、公園面積が不足して いる元町地域や東野地区において近隣公園創出を図るため、小規模な公園隣接 用地を段階的に公園として整備することや小面積公園を統合しながら面積を広げ ていく方法等を検討する。
さらに見せる

18 さらに読み込む

目次 1 運用基準策定の目的 1 2 市街化調整区域の地区計画の類型 2 3 市街化調整区域の地区計画の基本事項 3 4 地区計画の技術的な基準 4 5 都市計画の提案制度のフロー 7 6 地区計画と開発行為の手続きフロー 8 7 市街化調整区域における地区計画の運用基準の見直し 9

目次 1 運用基準策定の目的 1 2 市街化調整区域の地区計画の類型 2 3 市街化調整区域の地区計画の基本事項 3 4 地区計画の技術的な基準 4 5 都市計画の提案制度のフロー 7 6 地区計画と開発行為の手続きフロー 8 7 市街化調整区域における地区計画の運用基準の見直し 9

- 1 - 1.運用基準策定目的 平成 18 年 5 月都市計画法(以下「法」という。)改正により、市街化調整区域における大規模な開 発許可基準等が廃止され、法改正後は、法第 34 条第 10 号規定に基づき、地区計画内容に適合し たものに限り、都市計画手続きを通じた地域適切な立地判断下、開発許可が行われることとなっ た。

13 さらに読み込む

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針

まえ、また世帯 数増加に 伴う新規 住宅需要を 充足し、か つ良質な住 宅建 設を促進し、住 民がその家 族構成や世 帯成長各 段階、ある いは居住す る地域 特性等に応じ 、安定した ゆとりある 住生活を営 むことがで きるよう、 良質な 住宅ストック及 び良好な住 環境形成 を図ること を基本目標 とし、住宅 建設

27 さらに読み込む

矢巾町市街化調整区域における地区計画ガイドライン 1 目的このガイドラインは 矢巾町市街化調整区域における土地利用方針に示した市街化調整区域における地区計画制度の有効な活用が図られるよう 地区計画の考え方を示すことにより 市街化調整区域における良好な環境の維持及び土地利用の形成に寄与することを目的と

矢巾町市街化調整区域における地区計画ガイドライン 1 目的このガイドラインは 矢巾町市街化調整区域における土地利用方針に示した市街化調整区域における地区計画制度の有効な活用が図られるよう 地区計画の考え方を示すことにより 市街化調整区域における良好な環境の維持及び土地利用の形成に寄与することを目的と

矢巾町市街化調整区域における地区計画ガイドライン 1 目的 このガイドラインは、矢巾町市街化調整区域における土地利用方針に示した市街化調 整区域における地区計画制度有効な活用が図られるよう、地区計画考え方を示すこ とにより、市街化調整区域における良好な環境維持及び土地利用形成に寄与するこ とを目的とします。

12 さらに読み込む

和歌山市市街化調整区域の地区計画ガイドライン

和歌山市市街化調整区域の地区計画ガイドライン

1 第1章 基本方針 1.背景・目的 市街化調整区域においては、その特性を踏まえた上で法第34条各号規定に基づく開発許可運用 を行ってきたが、都市計画法等一部を改正する法律(平成18年5月31日公布)により、市街化調 整区域で行う大規模開発許可基準廃止等、制度が大きく見直され、相当程度開発行為を行う場合 は、法第34条10号規定に基づき、地区計画を活用した計画的なまちづくりを行うことになった。
さらに見せる

14 さらに読み込む

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

「. 宅地区 共 宅を適正 配置 快適 歩行者空間や豊 緑を確保 個性あ 良好 宅 市街地を形成 」. 公共公益施設地区 中学校又 非常災害用倉庫や巡査派出所等公益 必要 施設を配置 4. 公共公益施設地区 周辺環境 調和を図 消防施設又 公益 必要 施設を配置 5. 公共公益施設地区 公園施設及びそ 関連施設を配置

5 さらに読み込む

市街化調整区域における地区計画制度の運用基準

市街化調整区域における地区計画制度の運用基準

(基本方針) 第4条 本基準は,市街化調整区域における地区計画制度(法第34条第10号)運用について, 三重県都市マスタープラン及び鈴鹿市都市マスタープランと整合を図った上で, 「都市秩 序ある整備を図るため都市計画法等一部を改正する法律による都市計画法及び建築基準 法一部改正について(技術的助言) :平成18年11月6日国土交通省都市・地域整備局・ 住宅局」及び三重県「市街化調整区域における地区計画県同意に関する指針(非住居系) : 平成 19 年 2 月9日」に沿う事を基本とし, その上乗せ基準及び策定手順を規定するもので ある 。
さらに見せる

8 さらに読み込む

北秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 ( 都市計画区域マスタープラン ) 平成 24 年 11 月秋田県

北秋田都市計画 都市計画区域の整備 開発及び保全の方針 ( 都市計画区域マスタープラン ) 平成 24 年 11 月秋田県

区域人口は減少傾向にあり、将来的な住宅・工業・商業等用地土地需要も既成市街地内で 収容が可能であると推計されている。 近年新築件数は、区域内及び用途地域外共に減少傾向であり、その件数も少ないほか、大規模 な開発プロジェクト予定はない。また、農業振興地域(農振法)や森林地域(森林法)など他 法令による土地利用規制がなされていることから、無秩序な市街地拡大等による緑地等自然環境 整備又は保全へ影響は少ないものと判断する。
さらに見せる

34 さらに読み込む

市街化区域及び市街化調整区域の区域区分の見直し方針案 小野市 1 区域区分見直しの基本的な考え方区域区分見直しの考え方は 都市計画運用指針 を踏まえ 次のとおりとする (1) 目標年次におけるフレームの設定区域区分の見直しについては 都市計画区域マスタープラン 市町マスタープラン等に示された都市の将

市街化区域及び市街化調整区域の区域区分の見直し方針案 小野市 1 区域区分見直しの基本的な考え方区域区分見直しの考え方は 都市計画運用指針 を踏まえ 次のとおりとする (1) 目標年次におけるフレームの設定区域区分の見直しについては 都市計画区域マスタープラン 市町マスタープラン等に示された都市の将

市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域として位置付けられている が、一方で住民生活安定と地域活力維持が必要な区域も認められる ことから、市街化調整区域本来性格を維持しつつ、地域実情に応じ たまちづくりを実現するため、特別指定区域開発許可制度弾力的運 用や地区計画活用により、秩序ある土地利用を誘導する。

6 さらに読み込む

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

4.上記以外区域は住宅地区として、大学及び病院など広大な施設建設による環境変化を防ぎ、 緑豊かなうるおいある住宅地形成を促進する。 地区施設整備方針 現況道路網、敷地形状などを考慮し、ネットワークが図られるよう区画道路新設・拡幅整備を進める。 公園については、残存する空地などを利用した公園整備を進める。

3 さらに読み込む

市街化調整区域における地区計画の

市街化調整区域における地区計画の

一方で、都市計画提案制度創設や拡充も進められ、行政に委ねられていた都市計画 発意は、住民や民間事業者に拡大されてきている。本市でも平成 18 年にまちづくり条 例を制定し、 市民主体まちづくり仕組みや手続きを定めている。 このような経緯から、 市には都市計画決定権者として、民間事業者を含む住民等都市計画提案に対し、都市 計画がめざす公共福祉増進を実現するという観点で、これまで以上に適切に対応して いくことが求められている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

居住環境を確保し 、 沿道サービス 施設及び家内工業並びに中小規模工場立地と 、 住宅地共存を図る 。 地区施設整備方針 地域環境資源を活かし かつ調和する 、 良好な住環境形成を図る ために、 区画道路を配置し 良好な街区を形成する と と も に、 緑地を適正に配置し 、 整備する 。 ま た、 道路が交差する 部分について、 見通し 空間を確保する 。

3 さらに読み込む

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

地区は、都市計画道路を除き骨格となる道路網は、土地改良事業や開発計画等により、ほぼ完成されている。 土地区画整理事業を施行すべき区域において、 隣接する都立舎人公園と調和した、 緑豊かな快適で便利なまち形成を 目指し、緑を保全し、多様な世代が住み続けられる良好な居住環境と、コミュニティ活動根づくまちづくりを推進し、 良好な低中層住宅地として、公共施設整備を図りつつ、土地有効利用を適切に誘導する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

計画書 足立区/地区計画の区域内における建築等について

地区は、垳川、神明六木遊歩道、屋敷林や葛西用水親水水路などにより、水と緑が豊かな環境が形成されている。 一方、一部区域では耕地整理事業が実施されているが、都市基盤が未整備な部分も少なくない。 土地区画整理事業を施行すべき区域において、緑豊かな快適で便利なまち形成を目指し、緑を保全し、多様な世代 が住み続けられる良好な居住環境と、コミュニティ活動根づくまちづくりを推進し、良好な低中層住宅地として、公 共施設整備を図りつつ、土地有効利用を適切に誘導する。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...