在宅医療に関する相談

Top PDF 在宅医療に関する相談:

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

資料2 在宅医療・介護連携に関する相談支援について[]

議事 在宅医療 介護連携 関する相談支援 ついて 函館市医療 介護連携支援センターの概要 ついて p参照 成 年度 センタ 準備室 , 成 年度 センタ センター機能の相談支援業務 おける立ち位置の考え方 ついて 相談支援の形態 ~ p参照

7 さらに読み込む

調査詳細 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

調査詳細 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

○ 「気軽に専門的相談ができる連携先」が「0人」と回答があった職種の割合で高かっ たものは、 「栄養士」72.2%、 「理学療法士・作業療法士」63.6%、 「薬剤師」と「医療ソ ーシャルワーカー」がそれぞれ 50%だった(◆13より) ○ 「在宅医療実施にあたり連携している事業所・施設数」について、 「在宅医療は提供し ないので該当しない」と回答した9件(40.9%)を除く残り 13 件(59.1%)のうち、 「0 ヶ所」の回答が多かった事業所・施設は、 「歯科診療所」22.7%、 「病院」18.2%だった (◆14 より)
さらに見せる

20 さらに読み込む

集計(市民 クロス集計 グラフ) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(市民 クロス集計 グラフ) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

全 体 自分 知 い 夜間休日対応可能 療機関 診 問い合わ 相談 知人等 聞い 診 う 療機関 行く 岡山市 発行 い 広報紙等 利用 対応可能 療機関 行く 岡山市内救急病院案内 聞い 療機関 行く あえ 大 病院 行く

57 さらに読み込む

在宅医療を支援している医療機関リスト

在宅医療を支援している医療機関リスト

後方支援 いる特定 在宅医療機関 い 必要 状況 応 応 内科 呼吸器内科 消 器内科 循環器内科 精 科 経内科 整形 外科 ビ テ ョン科 内科 循環器内科 消 器内科 肛門内科 外科 整形外科 ビ テ ョン科

8 さらに読み込む

平成25年1月26日 茨城県開発公社ビル 在宅医療連携拠点事業 北関東ブロック 在宅医療サミット

平成25年1月26日 茨城県開発公社ビル 在宅医療連携拠点事業 北関東ブロック 在宅医療サミット

・毎回薬剤師の参加率が高いが、参加者は決まった薬局のスタッフが多い。全て地域の薬局 に所属する薬剤師。 ・介護支援専門員は平均して1/4以上の参加が多い。水戸在宅ケアネットワーク創設時から介護 支援専門員の参加は多く医療と介護の橋渡し役を担う介護支援専門員にとって在宅医療連携 は無くてはならないものであると考える。所属に居宅介護支援事業所や施設等偏りはない。 ・リハビリ関係者は、訪問リハビリや施設スタッフ等のほか、在宅マッサージの参加も多い。長期療 養による寝たきり患者の増加は、ADL低下予防のほかに拘縮等による筋緊張の軽減や疼痛緩 和目的の需要が多い。患者の状態把握の為にも多職種連携は必須である。
さらに見せる

47 さらに読み込む

第 4 回医療情報化に関するタスクフォース 在宅医療 介護における情報連携の推進 議論のポイント 第 4 回タスクフォースにおいては 在宅医療 介護において共有すべき情報について リハビリ病院 介護施設 ケアマネジャー 在宅診療を行う医師のそれぞれの立場から 具体的な項目が挙げられるとともに 持続的

第 4 回医療情報化に関するタスクフォース 在宅医療 介護における情報連携の推進 議論のポイント 第 4 回タスクフォースにおいては 在宅医療 介護において共有すべき情報について リハビリ病院 介護施設 ケアマネジャー 在宅診療を行う医師のそれぞれの立場から 具体的な項目が挙げられるとともに 持続的

・ (武藤構成員) 在宅医療導入時には、「基本情報」をベースに、「医療・介護情報」、「生活情報」、「業務情報」などに整理される情報の 共有が必要。在宅医療の定期的な訪問が始まるとモニタリング情報が重要になり、さらに次のステップとして、アセスメント情報が有益。 第4回タスクフォースにおける持続的に情報共有を可能にするための留意事項に関する発言要旨 → 今回議論 ・ (神成構成員) 責任範囲の明確化や運用ガイドラインの策定の前提として、改ざんへの対応を第一に考えるべき。
さらに見せる

16 さらに読み込む

集計(病院管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(病院管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

在宅医療 い 日 気 付け い や 後 課題等意見 記入く い 人 行う 老々 護 精神的 肉体的負担 軽減 テ 構築 病院管理者 個人的 在宅医療 わ い 推進 ひ必要不可欠 考え サ ト体制 敷く必要 あ 医師 い 在宅医療へ 関心 チ チ 啓もう 実用 感 い 現在 個人開業医 現在 収入 維持出来 ば あえ 在宅医療 参入 く い いう 本 音 う 若干 新規開業医 前向 う

14 さらに読み込む

調査概要 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

調査概要 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

27.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80%  1 .諸臓器の総合的な診療を提供す る  2.患者の社会・経済的側面を評価し、対応できる  3 .患者の心理面を評価し対応できる  4 .健康増進のための評価や対応ができる  5 .疾病予防のための評価や対応ができる  6 .患者の病状に応じた適切な専門医療機関を紹介できる  7 .紹介した患者の入院中の診療を支援できる  8 .退院調整カン ファレン スに求めがあれば出て行く  9 .介護保険のケアプラン 作成における 医学的アドバイスができる  1 0 .継続して診療を提供している 患者の時間外の病状悪化に電話等で相談
さらに見せる

21 さらに読み込む

(6) 対面助言のうち 医療機器 体外診断用医薬品及び細胞 組織利用製品の治験相談等 ( 医療機器 体外診断用医薬品の事前評価相談及び信頼性基準適合性相談を除く ) に関する実施要領 ( 別添 6) (7) 対面助言のうち 医療機器 体外診断用医薬品の事前評価相談に関する実施要領 ( 別添 7) (

(6) 対面助言のうち 医療機器 体外診断用医薬品及び細胞 組織利用製品の治験相談等 ( 医療機器 体外診断用医薬品の事前評価相談及び信頼性基準適合性相談を除く ) に関する実施要領 ( 別添 6) (7) 対面助言のうち 医療機器 体外診断用医薬品の事前評価相談に関する実施要領 ( 別添 7) (

開発の開始前あるいは開発初期の段階において受ける相談です。 既承認品目及び関連製品の市場調査、文献検索等による情報、基礎研究等をもとに承認取得に際 し求められる資料の概念的な要求事項(どのような試験が必要と考えるか、臨床性能試験の要否な ど)について、指導及び助言を行うものです。当該製品について、科学的評価が完了していなくて も相談を受けるものです。ただし、要求事項の具体的な試験方法等の提示は行わず、プロトコルの 妥当性や資料の充足性等について個々の判断を示すものではありません(助言をもとに、判断は相 談者自身が行うことになる)。なお、将来想定されるデータパッケージの充足性・妥当性の相談もこ こで受けることはできますが、その後のデータや作成したプロトコル案により見解が大きく変わる 可能性があることを理解され利用して下さい。
さらに見せる

81 さらに読み込む

集計(歯科診療所医師) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

集計(歯科診療所医師) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

安全 治療 事 心掛 い 義歯 い い r 金目当 ッ いい 訪問診療 い 状況 目 悲 職業的倫理 経営 名 全 無視 い 当 院 目 当 い い い使用 い う 義歯 入 方 ほ 診療室 義歯 作 い人 条件 悪い在宅 義歯 作 あ 義歯 使

22 さらに読み込む

3-2 在宅医療を安心して受けられるようになるには 在宅医療については 前述のとおり まず 急性期等の機能を持つ医療機関から在宅あるいは多様な居住の場へのつなぎを円滑に進める必要があります ( 退院後の在宅医療への連携 ) 在宅医療を地域で連携して行う体制として 次頁の図のように (1) 介護を含め

3-2 在宅医療を安心して受けられるようになるには 在宅医療については 前述のとおり まず 急性期等の機能を持つ医療機関から在宅あるいは多様な居住の場へのつなぎを円滑に進める必要があります ( 退院後の在宅医療への連携 ) 在宅医療を地域で連携して行う体制として 次頁の図のように (1) 介護を含め

新しい医療計画では、脳卒中、がん、小児救急など事業別に、分かりやすい指標 と数値目標を住民・患者に示し、計画の実施状況を事後評価できる仕組み(=政 策の循環(計画の作成・実施・政策評価・計画の見直し))を導入します。 新しい医療計画では、脳卒中、がん、小児救急など事業別に、分かりやすい指標 と数値目標を住民・患者に示し、計画の実施状況を事後評価できる仕組み(=政

15 さらに読み込む

高齢者の適正な医薬品使用に向けた在宅医療の現状と課題 1. 在宅医療の役割 2. 在宅医療における薬剤治療 3. 高齢者の薬剤治療に関する在宅医療のエビデンス 東京大学医学部在宅医療学拠点山中崇 1 1. 在宅医療の役割 1 生活を支える医療 & 緩和ケア Home-Based Primary Ca

高齢者の適正な医薬品使用に向けた在宅医療の現状と課題 1. 在宅医療の役割 2. 在宅医療における薬剤治療 3. 高齢者の薬剤治療に関する在宅医療のエビデンス 東京大学医学部在宅医療学拠点山中崇 1 1. 在宅医療の役割 1 生活を支える医療 & 緩和ケア Home-Based Primary Ca

CQ:多剤内服は在宅高齢者の有害事象と関連するか? 多剤内服は在宅高齢者の有害事象の発生と関連する。 (エビデンスの質:不十分、推奨度:強) CQ:処方の見直しはベンゾジアゼピン系睡眠薬・抗不安薬、抗精神病薬 の減薬に寄与するか?

10 さらに読み込む

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

14.以下の機関と連携をさらに強化するとき、困難を感じますか。該当するところの□を✔でチェックしてください。 1. 病院 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 2. 一般診療所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 3. 在宅療養支援診療所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 4. 介護老人保健施設 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 5. 特別養護老人ホーム □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 6. グループホーム □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 7. 訪問看護ステーション □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 8. 地域包括支援センター □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 9. 居宅介護支援事業所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 10. 市町村保健部門 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 11. 保健所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 12. 市町村福祉部門 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 13. 福祉事務所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 14. 歯科診療所 □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない 15. その他( ) □① とても感じる □② 感じる □③ あまり感じない □④ 感じない
さらに見せる

4 さらに読み込む

リーフレット 在宅療養に関するサービス・相談窓口|浦安市公式サイト

リーフレット 在宅療養に関するサービス・相談窓口|浦安市公式サイト

・紙おむつが必要になります。市で給付は受けられますか? ・障がい者手帳の申請や受けられる手当・サービスについて知りたい。 ・通院が難しいため、往診医を探したい。 介護に関すること

2 さらに読み込む

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

平成30年度高齢者等在宅医療・介護連携に関する相談支援事業     在宅医療・介護連携支援コーディネーター)活動報告会

今後に向けて 区民啓発 :会議メンバーが自主的に取組むことができるような内容や 方法等の検討・調整が必要 多職種研修:グループメンバーのみの事例検討会から、区内医療介護関 係者全体での事例検討会開催が必要

7 さらに読み込む

より良い在宅医療を目指して ―国の政策―

より良い在宅医療を目指して ―国の政策―

専門職の技術の向上 ●職種別研修 実施日 対象者 テーマ 参加者 7/13 訪問看護師・薬剤師 「スキンケア・褥瘡ケア」 45 8/9 介護職 「看護の視点を生かした高齢者ケア」 81 9/27 介護・看護職員 「慢性腎不全・透析に関する学習会1」 77 10/11 介護支援専門員 「地域包括支援センターの困難事例」 71 11/14 医師 「事例検討会」医師間の連携 27 2/14 訪問看護師 「事例検討会」 35 3/7 介護・看護職員 「慢性腎不全・透析に関する学習会2」 85
さらに見せる

26 さらに読み込む

財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団

り、患者本人だけではなく介護者家族の人生の質をも高めることになると考えられる。 したがって、今後も MCI の QOL に関するデータを蓄積し、その特徴や関連要因について検 証を加え、さらには認知機能の低下や神経精神症候と QOL の推移状況を経時的に追跡する など、MCI の QOL 研究をより一層深めていく必要があると思われる。

17 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - 総-1 在宅医療ver10.pptx

Microsoft PowerPoint - 総-1 在宅医療ver10.pptx

(4)往診担当医は、当該保険医療機関の当直体制を担う医師とは別の者であること。 担当日等を文書により患家に提供していること。 (6) 当該病院において、緊急時に 在宅で療養を行っている 患者が入院できる病床を常に確保していること。 (7)訪問看護ステーションと連携する場合にあっては、当該訪問看護ステーションが緊急時に円滑な対応が ( )訪問看護 テ ションと連携する場合にあ ては、当該訪問看護 テ ションが緊急時に円滑な対応が できるよう、あらかじめ患家の同意を得て、その療養等に必要な情報を文書で当該訪問看護ステーショ ンに提供できる体制をとっていること。
さらに見せる

57 さらに読み込む

秋田県医療保健福祉計画(素案)【分割版】各論5事業・在宅医療

秋田県医療保健福祉計画(素案)【分割版】各論5事業・在宅医療

◆ NICUを退院する障害児等が望ましい療育・療養環境へ円滑に移行できるよう、周 産期母子医療センターと療育施設や小児在宅医療を担う医療機関との連携を進めます。 (5)周産期医療に従事する医師の確保 ◆ 産婦人科医師へ分娩手当を支給する医療機関に対して補助を行うほか、産婦人科・麻 酔科・小児科等の特定診療科の診療に従事しようとする大学院生・研修医に対する修学 資金や研修資金の貸与を行うなど、医師の確保と勤務環境の改善を進めます。
さらに見せる

87 さらに読み込む

滋賀県の在宅医療推進体制について

滋賀県の在宅医療推進体制について

医療との連携に関するケアマネ向けアンケート集計結果(暫定版)2】 【調査対象】 介護支援専門員がH27年6月1日~30日に担当した利用者 【調査方法】 二次医療圏単位で、保健所が中心に実施(配布、回収、まとめ)  ◆ 問3~8 大津圏域データなし    ◆ 問9 湖北圏域データなし あり なし 不明 退院決定前 退院決定~退

41 さらに読み込む

Show all 10000 documents...