国立情報学研究所客員教授

Top PDF 国立情報学研究所客員教授:

資料9 有識者 説明資料(国立情報学研究所教授 佐藤真一氏説明資料)

資料9 有識者 説明資料(国立情報学研究所教授 佐藤真一氏説明資料)

 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM2011) 優秀論文賞,伊藤正彦,吉永直樹,豊田正史,喜連川優、2011 年5月  Nobuyuki Morioka, Shin ichi Satoh, ``Compact Correlation Coding for Visual Object Categorization, International Conference on Computer Vision (ICCV2011), Nov., 2011.

19 さらに読み込む

NII学術情報基盤ミーティング2018 クラウド導入 活用支援サービス 学認クラウド 国立情報学研究所 クラウド基盤研究開発センター クラウド支援室 National Institute of Informatics 2018

NII学術情報基盤ミーティング2018 クラウド導入 活用支援サービス 学認クラウド 国立情報学研究所 クラウド基盤研究開発センター クラウド支援室 National Institute of Informatics 2018

認クラウドとは 国立情報研究所では、クラウドの導入を検討されている 大学・研究機関等への情報提供やコンサルティング、研究 や教育でクラウドを利活用するためのツールの提供等、 クラウドの導入から利活用までを幅広く支援するサービス を展開しています。

33 さらに読み込む

おもてなしと イネーブルウェア 坂村健 東京大学情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター長 教授 YRP ユビキタス ネットワーキング研究所長 トロンフォーラム会長 /uid センター代表

おもてなしと イネーブルウェア 坂村健 東京大学情報学環ユビキタス情報社会基盤研究センター長 教授 YRP ユビキタス ネットワーキング研究所長 トロンフォーラム会長 /uid センター代表

「ベンダー」と自分自身との関係を管理 ● ベンダーがエンドユーザー(顧客)の情報を管理することをCRM(Consumer Relationship Management)と呼び、CRMはVRMの対極にある概念である █ VRMを実現するツールをVRMツールと呼ぶ

45 さらに読み込む

1 / 91 改変 再配布禁止 メニーコア / ネットワークオンチップ の基礎と組込みシステムへの 応用 ( 前編 ) 鯉渕道紘国立情報学研究所

1 / 91 改変 再配布禁止 メニーコア / ネットワークオンチップ の基礎と組込みシステムへの 応用 ( 前編 ) 鯉渕道紘国立情報学研究所

ビデオマイニング 用ソフトウェア プログラム 開発環境 動作環境/開発環 境調査 どのようにメニ ーコア研究開発 を進めれば良い のか.. FPGA評価環境や 機能シミュレータ アクセラレータ用 ベンチマーク プロジェクト 提案 改変・再配布禁止..[r]

91 さらに読み込む

経営情報学会特設研究部会 2007/11/18 トヨタ方式における情報システム高度化 黒岩惠 (Satoshi Kuroiwa) 名工大 & 九工大客員教授 ( トヨタ社友 )

経営情報学会特設研究部会 2007/11/18 トヨタ方式における情報システム高度化 黒岩惠 (Satoshi Kuroiwa) 名工大 & 九工大客員教授 ( トヨタ社友 )

3.トヨタの情報システム化、 IT化は、どこが他社と違うか? 追加 トヨタの強さの源泉は「ものづくりは人づくり」という人材育成、「人的能力向上の しくみ」にある。機械系としての自動化や情報システム高度化などの方法論や テクノロジでは無い。明示知化されたテクノロジのキャッチアップは2,3年で 可能だが、暗黙知的な人的能力の向上はその数倍はかかる。トヨタの強みは、 トヨタの経営理念、DNAとしての「トヨタ生産方式」という暗黙知的な人的能力 と、それをベースとしたITという機械系、テクノロジ(明示知的)のシナジー
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成30年度 情報公開 | 国立民族学博物館

平成30年度 情報公開 | 国立民族学博物館

検証等に基づき、公募型共同研究を見直し、国内外に向けて公募する。 【29】 オ)総合地球環境研究所は、国内外の大学等研究機関との国際共同研究の実施、大学等研究機関と の機関間連携の促進、共同研究者の受入、先端的な環境解析手法の開発、資料や情報等の研究資源 化等を円滑に行うために、研究推進戦略センター及び研究高度化支援センターを統合し「研究基盤 国際センター」を平成28年度に設置する。また、海外の有識者を招へい外国人研究員として積極的 に採用し、機関の運営や共同研究の内容・水準に対するアドバイスを受ける体制を整備する。さら に、外部評価委員会による継続的な助言制度を設ける。これらにより国際競争力を高め、地球環境 研究に関する国際的な頭脳循環の中核拠点としての機能を充実させる。
さらに見せる

45 さらに読み込む

次世代目録所在情報サービスの在り方について ( 最終報告 ) 国立情報学研究所 学術コンテンツ運営 連携本部 図書館連携作業部会 ( 次世代目録ワーキンググループ ) 2009 年 3 月

次世代目録所在情報サービスの在り方について ( 最終報告 ) 国立情報学研究所 学術コンテンツ運営 連携本部 図書館連携作業部会 ( 次世代目録ワーキンググループ ) 2009 年 3 月

レコードは 3,858件、所蔵レコードは70,712件にとどまっている。 電子情報資源 の目録所在情報の蓄積が進まないのは、 NACSIS-CATが参加機関の印刷体 資料の「所蔵」を前提として構築されてい るシステムであり、出版社 等のサーバに「アク セス」することによって利用が可能となる 電子ジャーナルや電子ブッ クのような情報資源 は想定されていなかったからである。電子 情報資源はパッケージ単位 で導入される例が多 く、大量の書誌・所蔵デー タ( ElsevierのScienceDirect では約1,800誌)の更新を一時期 に行う必要がある。この作業は新規導入時 だけではなく、毎年の契約 更新時に、カレント 巻号とバックファイル巻号も含めたメンテ ナンスが必要となる。その ため、従来の印刷体 資料(新規取得時に整理した後は、通常は メンテナンスの必要がない )を前提とした目録 処理とは異なる整理のワークフローが求め られる。しかし、そのよう なワークフローを支 援するような仕組み、例えば網羅性の高い 電子情報資源の参照ファイ ルを容易に利用でき るような仕組みは提供されていないのが現 状である。
さらに見せる

46 さらに読み込む

イシガミ石神 アキヒト昭人 略歴 1990 年東邦大学薬学部大学院薬学博士大日本インキ化学工業株式会社総合研究所研究員 1992 年米国国立衛生研究所 (NIH) 米国国立老化研究所 (NIA) 客員研究員 1994 年東京都老人総合研究所細胞化学部門研究員 2005 年東京都老人総合研究所老化制御

イシガミ石神 アキヒト昭人 略歴 1990 年東邦大学薬学部大学院薬学博士大日本インキ化学工業株式会社総合研究所研究員 1992 年米国国立衛生研究所 (NIH) 米国国立老化研究所 (NIA) 客員研究員 1994 年東京都老人総合研究所細胞化学部門研究員 2005 年東京都老人総合研究所老化制御

ビツール酸法による過酸化脂質、8-ヒドロキシ-デオキシグアノシン(8-OHdG)を指標とするDNAの酸 化修飾などが測定される。しかし、これらの方法は最終酸化生成物を測定するものであり、生体内 の活性酸素の量を測定するものではない。現在、活性酸素を直接に測定するためには電子スピン共 鳴(ESR; Electron Paramagnetic Resonance)測定装置が用いられる。しかし、この装置を用いて リアルタイムに生体内で発生する活性酸素を測定することは現時点では不可能である。これらの問 題を克服するため、東京都老人総合研究所の佐々木らは脳スライスを用いた脳での活性酸素の発生 をリアルタイムに捉える装置(リアルタイムバイオグラフィー装置)を開発した 9) 。脳での活性酸素の検
さらに見せる

6 さらに読み込む

国立情報学研究所オープンドメイン認証局 証明書ポリシ 第 2.80 版 平成 31 年 3 月 15 日

国立情報学研究所オープンドメイン認証局 証明書ポリシ 第 2.80 版 平成 31 年 3 月 15 日

CA の業務のうち、申込情報の審査、証明書発行に必要な情報の登録、IA に対する証明 書発行要求等を行う主体のことをいう。 ・ RFC3647(Request For Comments 3647) イ ン タ ー ネ ッ ト に 関 す る 技 術 の 標 準 を 定 め る 団 体 で あ る IETF( The Internet Engineering Task Force)が発行する文書であり、CP/CPS のフレームワークを規定した文 書のことをいう。

93 さらに読み込む

関谷直也の自己紹介 所属 東京大学総合防災情報研究センター特任准教授 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター客員准教授 専門分野 社会心理学 ( 災害情報 環境情報の社会心理 ) 広告 広報 研究テーマ 避難行動 災害情報 災害情報システム サイネージ 災害時の心理 災害文化 流言 パニック 風

関谷直也の自己紹介 所属 東京大学総合防災情報研究センター特任准教授 福島大学うつくしまふくしま未来支援センター客員准教授 専門分野 社会心理学 ( 災害情報 環境情報の社会心理 ) 広告 広報 研究テーマ 避難行動 災害情報 災害情報システム サイネージ 災害時の心理 災害文化 流言 パニック 風

• 東京電力福島原発事故損害賠償被害調査委員会 • 日本災害情報学会東日本大震災調査団・団長 • 2010年 気象庁「東海地震に関連する情報の理解促進のための検討会」委員 • 2011年 資源エネルギー庁「災害時における石油・ガスの安定供給」

42 さらに読み込む

日本創成会議人口減少問題検討分科会名簿 座長増田寛也 東京大学大学院客員教授 岡本保野村資本市場研究所顧問 加藤久和 明治大学教授 齊藤英和 国立成育医療研究センター副周産期 母性診療センター長 白波瀬佐和子 東京大学大学院教授 高橋泰国際医療福祉大学大学院教授 橘 フクシマ 咲江 G&S Glob

日本創成会議人口減少問題検討分科会名簿 座長増田寛也 東京大学大学院客員教授 岡本保野村資本市場研究所顧問 加藤久和 明治大学教授 齊藤英和 国立成育医療研究センター副周産期 母性診療センター長 白波瀬佐和子 東京大学大学院教授 高橋泰国際医療福祉大学大学院教授 橘 フクシマ 咲江 G&S Glob

(1)人口減少の深刻な状況について国民の基本認識の共有を図る。 ○多くの国民は人口減少の深刻さを十分に認識していない。有効な対策 を検討し、果断に実施するためには、「人口減少社会」の実像と「今後 の対応」のあり方に関し国民の基本認識の共有を図る必要がある。この ため、人口減少の現状と将来の姿を身近な地域のレベルまで示すなど、 国民に早急に情報提供する必要がある。また、この問題を国民に分かり やすく伝え、活発な議論や取組を実現するために、各界の人材を『スト ップ少子化・アンバサダー(仮称)』に指名し、その活動を支援するよ うなことも有用である。
さらに見せる

51 さらに読み込む

国立天文台 チリ観測所 年俸制職員(特任准教授または特任助教)募集 更新情報 2018年 | 国立天文台(NAOJ)

国立天文台 チリ観測所 年俸制職員(特任准教授または特任助教)募集 更新情報 2018年 | 国立天文台(NAOJ)

東アジアのARC及び他のARCスタッフと協力・協調して、科学評価活動及びユーザー支援業務に意欲的に 取り組めること。 上記業務に必要な、以下の知識と経験を有すること。 大学博士課程修了、またはそれと同等以上であること。 天文の知識を有すること。

2 さらに読み込む

大学 研究機関のための クラウドスタートアップガイド Ver.2.2 (2019/10/1) 国立情報学研究所 クラウド支援室 National Institute of Informatics

大学 研究機関のための クラウドスタートアップガイド Ver.2.2 (2019/10/1) 国立情報学研究所 クラウド支援室 National Institute of Informatics

教育研究にクラウドをどのように使えばよい かわからない 右図は、先に述べた文部科学省の学術情報基盤実 態調査におけるクラウド導入済大学の用途につい ての調査結果を5年分まとめたものである。管理運 営基盤(主にメールなどのインフラおよび事務系 システム)でのクラウド導入が進む一方で、研究 基盤(研究用の計算サーバやストレージ等)への クラウド導入はあまり進んでいないことがわかる。 これはクラウド上のサーバやサービスをどのよう に研究や教育活動で利用するのがよいか、研究者 や教育者がまだ十分に判断できていないことによ ると推測される。
さらに見せる

72 さらに読み込む

大学 研究機関のための クラウドスタートアップガイド Ver.2.0 (2018/11/19) 国立情報学研究所 クラウド支援室 National Institute of Informatics

大学 研究機関のための クラウドスタートアップガイド Ver.2.0 (2018/11/19) 国立情報学研究所 クラウド支援室 National Institute of Informatics

認クラウド実証実験開始時(2015年9月)にVer.1.0、 2016年9月に実証実験で得られた知見を反映し たVer.2.0、2017年7月にVer.3.0、 2018年8月にVer.4.0を公開している。 • クラウド利活用セミナー NIIで開催している研究教育におけるクラウド利活用に関して、毎回異なるシナリオを想定したハンズオン セミナーをいう。テーマの選定やハンズオンセミナーに用いるクラウド環境の利用については、毎回、ク ラウド事業者等の協力を得て行っており、受講対象者は、大学等に所属する教職員、研究者、技術者、大 学院生である。
さらに見せる

61 さらに読み込む

資料 1 委員等名簿 有識者 遠藤寛下吉拓治本間俊充丸山結横山邦彦 一般財団法人電力中央研究所研究アドバイザー 九州大学客員教授公益財団法人原子力安全技術センター参事国立研究開発法人日本原子力研究開発機構安全研究センター長国立研究開発法人日本原子力研究開発機構安全研究センターリスク評価研究ディビジョ

資料 1 委員等名簿 有識者 遠藤寛下吉拓治本間俊充丸山結横山邦彦 一般財団法人電力中央研究所研究アドバイザー 九州大学客員教授公益財団法人原子力安全技術センター参事国立研究開発法人日本原子力研究開発機構安全研究センター長国立研究開発法人日本原子力研究開発機構安全研究センターリスク評価研究ディビジョ

2.船舶用のエンジンは、燃料・潤滑油・冷却水の準備が揃っていれば、5 ~10 秒で起動することが可能。 (A社からの聞き取り情報 :ディーゼルエ ンジン 約8MW級) 3.大型の船舶(タンカー等)では、緊急の場合であれば 10 分程度で運転可 能。 (B社からの聞き取り情報等: ディーゼルエンジン 約 18MW)

19 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

• 現在のコンピュータのパワーでようやく可能に – GPUを数十台並列に並べて、数日〜数ヶ月計算させてようやく精度が上がる • アイディアは昔からあった。もともとは日本発 – 1980年当時、NHK放送技術研究所にいた福島邦彦先生によるネオコグニトロン – その後も多くの研究者が試みている

35 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

2007年~ 東京大学大学院工学系研究科 技術経営戦略専攻 准教授 2014年〜 東京大学 グローバル消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授 2015年〜 産総研AIセンター 企画チーム長 ◆人工知能、ディープラーニング、 Webマイニングを専門とする。

23 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

◆人工知能学会論文賞(2002年)、情報処理学会長尾真記念特別賞(2007年)、ドコモモバイル サイエンス賞(2013年)、文部科学省 科学技術への顕著な貢献2015、大川出版賞(2015年)、 ビジネス本大賞審査員賞(2016年)等受賞。 ◆経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 委員、IoT推進コンソーシアム 運営委員、厚 生労働省 「働き方の未来 2035」懇談会メンバー、内閣府 「人工知能と人間社会に関する懇談 会」構成員、金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」委員、総務省「ICTインテリジ ェント化影響評価検討会議」委員等。
さらに見せる

68 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

◆人工知能学会論文賞( 2002年)、情報処理学会長尾真記念特別賞(2007年)、ドコモモバイル サイエンス賞( 2013年)、文部科学省 科学技術への顕著な貢献2015、大川出版賞(2015年)、 ビジネス本大賞審査員賞( 2016年)等受賞。 ◆経済産業省 産業構造審議会 新産業構造部会 委員、IoT推進コンソーシアム 運営委員、厚 生労働省 「働き方の未来 2035」懇談会メンバー、内閣府 「人工知能と人間社会に関する懇談 会」構成員、金融庁「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」委員、総務省「ICTインテリジ ェント化影響評価検討会議」委員等。
さらに見せる

51 さらに読み込む

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

東京大学松尾研究室について 松尾豊 1997 年 東京大学工学部電子情報工学科卒業 2002 年 同大学院博士課程修了. 博士 ( 工学 ) 産業技術総合研究所研究員 2005 年 スタンフォード大学客員研究員 2007 年 ~ 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻准教授 2014 年 東京

• さらに、眼のある機械を起点とする「場」全体のプラットフォーム化へ – 製品が置かれるオフィス、家、商業施設、工場、農場、建設現場など、製品が 取得するデータ・提供するサービスを起点として、その周りのお金・情報の流 れに広げ、事業チャンスをとっていくことができる。

27 さらに読み込む

Show all 10000 documents...