国直轄事業 有料道路事業 阪神高速道路㈱

Top PDF 国直轄事業 有料道路事業 阪神高速道路㈱:

( 目次 ) 近畿圏内の新たな高速道路料金の全体概要 近畿圏の新たな高速道路料金の概要 4 近畿圏内の料金水準の整理 統一 5 近畿圏内の高速道路ネットワーク整備 6 阪神高速の料金設定 7 近畿圏の高速道路の車種区分の整理 統一 8 各路線の料金等 ( 阪神高速道路 NEXCO) 阪神高速 ( 阪

( 目次 ) 近畿圏内の新たな高速道路料金の全体概要 近畿圏の新たな高速道路料金の概要 4 近畿圏内の料金水準の整理 統一 5 近畿圏内の高速道路ネットワーク整備 6 阪神高速の料金設定 7 近畿圏の高速道路の車種区分の整理 統一 8 各路線の料金等 ( 阪神高速道路 NEXCO) 阪神高速 ( 阪

(1) 料金体系の整理・統一とネットワーク整備  料金水準を現行の高速自動車国道の大都市近郊区間を基本とする対距離制を導入し、車種区分を 5車種区分に統一する。  阪神高速については、関係自治体の提案を踏まえ、淀川左岸線延伸部及び大阪湾岸道路西伸部の 整備に必要な財源確保の観点から、有料道路事業について、事業費の概ね5割を確保するために、 様々な工夫を行いつつ、必要な料金を設定する。
さらに見せる

29 さらに読み込む

便利で快適なドライブライフを実現する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

便利で快適なドライブライフを実現する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

このうち、大阪湾岸道路西伸部(六甲アイランド北 ∼駒栄)と淀川左岸線延伸部については、2016年12 月に社会資本整備審議会 道路分科会 事業評価部会 において、公共事業有料道路事業の合併施行方式 による整備が妥当であるとされ、高速道路機構との 協定変更、国土交通大臣による事業変更許可を経 て、新たに2017年度から当社も有料道路事業として 事業に着手することとなりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

5. 補助金等が投入される理由 仕組み 国庫納付根拠法令等 当機構は 高速道路に係る道路資産の保有並びに東日本高速道路 中日本高速道路 西日本高速道路 首都高速道路 阪神高速道路 本州四国連絡高速道路 に対する高速道路資産の貸付け 承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に係る債務の早期の確実な返済

5. 補助金等が投入される理由 仕組み 国庫納付根拠法令等 当機構は 高速道路に係る道路資産の保有並びに東日本高速道路 中日本高速道路 西日本高速道路 首都高速道路 阪神高速道路 本州四国連絡高速道路 に対する高速道路資産の貸付け 承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に係る債務の早期の確実な返済

(注2) 直接効果は、平成33年度以降の便益を対象としている。  当機構は、高速道路に係る道路資産の保有並びに東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路 ㈱、阪神高速道路㈱、本州四国連絡高速道路㈱に対する高速道路資産の貸付け、承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に 係る債務の早期の確実な返済等の業務を行うことにより、高速道路に係る国民負担の軽減を図るとともに、会社による高速道路事業の 円滑な実施を支援することを目的としているため、政府及び地方公共団体から政府等出資金及び政府等補助金を受け入れている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第三者意見 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

第三者意見 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

近畿大学名誉教授 斎藤 峻彦 本レポートを読み、阪神高速道路(株)が「安全、安心、快 適」な都市高速道路の提供に向けて、それぞれの部署が 努力と工夫を重ね、さらにそれが会社全体の中で有機的 に結合され、さまざまな成果に結実しているとの思いを強 くしました。冒頭のページで幸社長が、ご自身が阪神高速 道路(公団時代、民営化以降)の中で取り組んでこられた 経験を振り返りながら事業の発展史を語り、将来目標を高 らかに掲げられた部分は印象的で、その中身はそれ以降 の各論と整合しており、さらに各種の事業内容や戦略的な 取り組み、あるいは社会貢献、低炭素化等のテーマに関わ る各種活動がていねいに紹介されていると思います。 阪 神高速道路は京阪神都市圏の住民生活や経済活動を支え る巨大な交通インフラで、事故を減らし渋滞を抑制するこ とは人口約1600万(オランダ一の人口に相当)の大都市 圏に止まらず、関西圏全体の広域的な地域経済に大きな 利益を与えます。阪神高速道路が有する社会的共通資本 の機能に対し、社員の皆さんが深い理解と強い使命感を 持ち業務に取り組まれていることをレポート全体から感じ 取ることができました。
さらに見せる

1 さらに読み込む

目次 頁 1. 序論 調査の背景および目的 調査範囲 事業概要 業務実施体制 当該事業の背景 高速道路セクターに関する課題 高速道路網計画 高速道路への投資計画.

目次 頁 1. 序論 調査の背景および目的 調査範囲 事業概要 業務実施体制 当該事業の背景 高速道路セクターに関する課題 高速道路網計画 高速道路への投資計画.

c. 現在の有料道路通行料金は法律により一旦国庫(財務省:MOF)に納入される仕組みになっ ている。ユーザーの支払いから SPC までの金の流れを簡素化、迅速化できないかどうか検討 の必要がある。 d. BOT 等の民間資金により建設された有料道路の料金は、2008 年から通達 90/2004/TT-BTC 添 付の料金表記載の料金の 2 倍が上限とされている。2011 年に経験した物価上昇にもかかわら ず上限料金改定はされていない。少なくとも物価上昇に応じて料金を変更できる仕組みをべ 国政府と合意する必要がある。
さらに見せる

29 さらに読み込む

阪神高速道路ジャンクション改築事業 RECONSTRUCTION PROJECT OF INTERSECTION OF HANSHIN EXPRESSWAY 篠原聖二 *, 杉山裕樹 **, 金治英貞 *** Masatsugu SHINOHARA, Hiroki SUGIYAMA and Hide

阪神高速道路ジャンクション改築事業 RECONSTRUCTION PROJECT OF INTERSECTION OF HANSHIN EXPRESSWAY 篠原聖二 *, 杉山裕樹 **, 金治英貞 *** Masatsugu SHINOHARA, Hiroki SUGIYAMA and Hide

KEYWORDS : 構造改良工事,修繕工事,更新工事,維持管理,鋼橋 Structure improvement work,Rehabilitation,Renovation, Maintenance, Steel bridges 1.まえがき 我が国には道路橋が約 70 万橋(支間 2m以上)あり,その多くが高度経済成長期に建設された。10 年後には建設後 50 年が経過する道路橋が約 4 割に達すると予測され,維持管理に対する関心が高ま っている。各道路管理者では長期的にインフラを維持管理するために,従来型の事後保全から予防保 全の概念を取り入れた維持更新計画(大規模修繕・大規模更新)を打ち出し,今後,大々的な橋梁の 架け替えや大規模な構造改良工事,床版の取り替えが予定されている。
さらに見せる

22 さらに読み込む

全ページ一括 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

全ページ一括 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

ご指摘いただいた経営の効率化については、民営化以降、 「安全・安心」に必要な管理水準を維持し ながら、さまざまな取り組みを行ってまいりました。さらに、2017年度からは、 「最高のお客さま満足」 に向け、 「お客さま満足アッププラン」を策定し、グループ全体での経営の効率化をさらに進めながら、 その実現に努めていくこととしております。今後も不断の努力を重ねていくのは当然として、今後のレ ポートの作成にあたっては、ご意見を踏まえ、その取り組みをわかりやすく発信するとともに、ミッシン グリンクの解消に向けて事業化された新規路線や公平でわかりやすい「新たな料金制度」について、そ の進捗や成果についても、今後、CSRレポートを含めてさまざまな場面で情報を発信してまいります。
さらに見せる

28 さらに読み込む

ごあいさつ 一般財団法人阪神高速道路技術センター理事長 中林正司 阪神高速道路技術センターは昭和 53 年に設立されて以来 一貫して阪神高速道路の建設 管理にかかる調査 研究を行ってまいりました 高速道路の建設 管理には高度な技術と蓄積した経験が必要です 技術センターはその要請に応えるべく 建設 管

ごあいさつ 一般財団法人阪神高速道路技術センター理事長 中林正司 阪神高速道路技術センターは昭和 53 年に設立されて以来 一貫して阪神高速道路の建設 管理にかかる調査 研究を行ってまいりました 高速道路の建設 管理には高度な技術と蓄積した経験が必要です 技術センターはその要請に応えるべく 建設 管

[国土交通省の技術者資格として登録] 技術センターが資格認定している「主任点検診断士」及び「点 検診断士」は「公共工事に関する調査及び設計等の品質確保 に資する技術者登録規程(平成 26 年国土交通省告示 1107 号)」に基づく技術者資格登録簿に平成 28 年 2 月に登録さ れました。このため、や地方公共団体などが行う点検・診 断業務などへの当資格の活用が見込まれます。

8 さらに読み込む

阪神高速グループビジョン2030と中期経営計画 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

阪神高速グループビジョン2030と中期経営計画 CSRレポート|阪神高速道路株式会社

❸技術力・ノウハウの持続的なイノベーション ❷交通運用技術の開発 大阪港咲洲・夢咲トンネル等の管理におけるノウハウの活用、ODA等の国外でのコンサルティング業務等 駐車場事業の拡大と収益性向上、保有資産の有効活用、お客さまや社会のニーズを捉えた新たな事業の創出等 ❷新たな事業への積極的展開

2 さらに読み込む

お客さまや社会に満足をお届けする多彩なビジネスを展開する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

お客さまや社会に満足をお届けする多彩なビジネスを展開する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

今後も高水準なトンネル管理を継続していくため、阪神 高速グループをあげて取り組んでいきます。 大阪港咲洲・夢咲トンネルの管理 15号東大阪線と直結する第二阪奈有料道路について、大 阪府道路公社からトンネルなどの維持管理や交通管理・管 制および設備監視などを、奈良県道路公社から道路維持 業務を受託しています。①全体マネジメント、②保守業務、 ③修繕業務などの複数業務を、包括して複数年度継続して 行っています。 ※2 複数の管理者にまたがる有料道路の交通
さらに見せる

4 さらに読み込む

ETC カード特約 第 1 条 ( 定義 ) 1. 道路事業者 とは 東日本高速道路株式会社 中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 首都高速道路株式会社 阪神高速道路株式会社 本州四国連絡高速道路株式会社若しくは地方道路公社または都道府県市町村である道路管理者のうち 株式会社横浜銀行 (

ETC カード特約 第 1 条 ( 定義 ) 1. 道路事業者 とは 東日本高速道路株式会社 中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 首都高速道路株式会社 阪神高速道路株式会社 本州四国連絡高速道路株式会社若しくは地方道路公社または都道府県市町村である道路管理者のうち 株式会社横浜銀行 (

とします。 2. ETC カードの再発行により ETC カードの会員番号が変更となった場合には、道路事業 者が実施する、登録型割引制度(以下「登録型割引制度」という)を利用する会員は、 自ら、道路事業者所定の会員番号の変更手続きを行うものとし、変更手続き完了するま での ETC カードの利用が登録型割引制度の対象とならないことをあらかじめ承諾する ものとします。当行は、 ETC カードの利用が登録型割引制度の対象とならないことによ り会員が被った損失、損害について一切の責任を負わないものとします。
さらに見せる

5 さらに読み込む

( 目次 ) 近畿圏内の新たな高速道路料金の具体案の全体概要 近畿圏の新たな高速道路料金に関する具体方針 ( 案 ) の概要 4 近畿圏内の料金水準の整理 統一 ( 案 ) 5 近畿圏内の高速道路ネットワーク整備 ( 案 ) 6 阪神高速の料金設定 ( 案 ) 7 近畿圏の高速道路の車種区分の整理

( 目次 ) 近畿圏内の新たな高速道路料金の具体案の全体概要 近畿圏の新たな高速道路料金に関する具体方針 ( 案 ) の概要 4 近畿圏内の料金水準の整理 統一 ( 案 ) 5 近畿圏内の高速道路ネットワーク整備 ( 案 ) 6 阪神高速の料金設定 ( 案 ) 7 近畿圏の高速道路の車種区分の整理

(注)それぞれの道路の三線割引後料金を合算し、四捨五入により、10円単位の端数処理を行った額 ○ 大阪府道路公社が管理する南阪奈有料道路はNEXCO西日本が移管を受け、阪和道や南阪奈道路との一元 的管理に移行する。 ○ 現行の高速自動車国道の大都市近郊区間の料金水準を基本とし、南阪奈有料道路は均一料金制、南阪奈道 路は区間料金制を廃止し、2道路を一体とした対距離制へ移行する。ただし、当面、激変緩和措置として現行料 金(阪和道連続利用割引を考慮した三線割引後料金 (注) を含む)を上限料金とする。
さらに見せる

31 さらに読み込む

最高の安全と安心を提供する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

最高の安全と安心を提供する阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

阪神高速道路に関する地震・気象情報、被災状況、お客 さま情報などの情報収集を行うとともに、総合防災システム を活用して、迅速かつ的確な災害対応を図っています。 また、今後発生が想定される南海トラフ地震とこれに伴 う津波や大阪市内の上町断層帯などを震源とする直下型 地震に備えて「事業継続計画(BCP)」を策定し、運用してい ます。BCPでは、事前措置として災害発生時における損害 を最小限にとどめる活動や対策を定めており、災害発生時 には人命救助や道路復旧による緊急交通路の確保を最優 先に対応することとしています。
さらに見せる

6 さらに読み込む

5. 補助金等が投入される理由 仕組み 国庫納付根拠法令等当機構は 高速道路に係る道路資産の保有並び 東日本高速道路 中日本高速道路 西日本高速道路 首都高速道路 阪神高速道路 本州四国連絡高速道路 に対する貸付け 承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に係る債務の早期の確実な返済等の業務を行うこ

5. 補助金等が投入される理由 仕組み 国庫納付根拠法令等当機構は 高速道路に係る道路資産の保有並び 東日本高速道路 中日本高速道路 西日本高速道路 首都高速道路 阪神高速道路 本州四国連絡高速道路 に対する貸付け 承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に係る債務の早期の確実な返済等の業務を行うこ

5.補助金等が投入される理由、仕組み、国庫納付根拠法令等 6.特記事項など (参考)当該事業の成果、社会・経済的便益など  当機構は、高速道路に係る道路資産の保有並び、東日本高速道路㈱、中日本高速道路㈱、西日本高速道路㈱、首都高速道路㈱、阪神高速道路 ㈱、本州四国連絡高速道路㈱に対する貸付け、承継債務その他の高速道路の新設及び改築等に係る債務の早期の確実な返済等の業務を行うことに より、高速道路に係る国民負担の軽減を図るとともに、会社による高速道路事業の円滑な実施を支援することを目的としているため、政府及び地方公共 団体から政府等出資金及び政府等補助金を受け入れている。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ETCパーソナルカード利用規約 ( 目的 ) 第 1 条本規約は 東日本高速道路株式会社 首都高速道路株式会社 中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社 ( 以下 六会社 といいます ) が共同で発行するETCパーソナルカード ( 以下 カ

ETCパーソナルカード利用規約 ( 目的 ) 第 1 条本規約は 東日本高速道路株式会社 首都高速道路株式会社 中日本高速道路株式会社 西日本高速道路株式会社 阪神高速道路株式会社及び本州四国連絡高速道路株式会社 ( 以下 六会社 といいます ) が共同で発行するETCパーソナルカード ( 以下 カ

(カードの利用申込み) 第3条 申込者は、個人又は法人に限るものとします。 2 一度の利用申込みで申し込めるカード枚数は、1枚に限るものとします。 3 申込者は、本規約及びETC利用規程(有料道路自動料金収受システムを使用する料 金徴収事務の取扱いに関する省令(平成11年建設省令第38号)第2条第2項に基 づき定められたETCシステム利用規程並びにETCシステム利用規程実施細則及び 二輪車ETC登録規約その他ETCに関して加盟事業者が定めた規則をいいます。以 下同じです。)の内容をすべて承諾のうえ、ETCパーソナルカード利用申込書及び 自動払込利用申込書(ゆうちょ銀行以外の金融機関の場合は「預金口座振替依頼書」 と読み替えます。)並びにETCパーソナルカード利用申込書記載の本人確認書類 (以下「利用申込書等」といいます。)を六会社に提出してください。
さらに見せる

11 さらに読み込む

関西の発展に貢献してきた阪神高速道路

関西の発展に貢献してきた阪神高速道路

1960年代、高度経済成長によって自動車が激増して道路事情が悪化し、関西都市圏の経済活動や市民 生活に深刻な悪影響が及びました。大阪府、大阪市等の地方公共団体や商工会議所等の地元経済団体 は、有料道路方式で都市高速道路を速やかに整備するため、公団の設立を強く要望し、1962年に「阪神高 速道路公団」が設立されました。

2 さらに読み込む

南阪奈道路 太子 道路名称 IC 名称変更箇所 南阪奈道路 太子 福岡高速道路 太宰府本線 南阪奈道路 太子本線 南阪奈道路 葛城 南阪奈道路 新庄 道央自動車道 札幌南本線 堺泉北有料道路 平井 道央自動車道 札幌南 堺泉北有料道路 太平寺 道央自動車道 札幌本線 堺泉北有料道路 菱木 道央自動車

南阪奈道路 太子 道路名称 IC 名称変更箇所 南阪奈道路 太子 福岡高速道路 太宰府本線 南阪奈道路 太子本線 南阪奈道路 葛城 南阪奈道路 新庄 道央自動車道 札幌南本線 堺泉北有料道路 平井 道央自動車道 札幌南 堺泉北有料道路 太平寺 道央自動車道 札幌本線 堺泉北有料道路 菱木 道央自動車

阪神高速道路 西宮山口東中国出 名古屋第二環状自動車道 清洲東第二 阪神高速道路 生田川箕谷 名古屋第二環状自動車道 清洲JCT(外回り)(名古屋高速方面) 阪神高速道路 箕谷生田川 名古屋第二環状自動車道 清洲JCT(内回り)(名古屋高速方面) 阪神高速道路 西宮山口東出 名古屋第二環状自動車道 清洲東第二

17 さらに読み込む

経営基盤を確立し、グループ社員がやりがいを実感できる阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

経営基盤を確立し、グループ社員がやりがいを実感できる阪神高速を目指して CSRレポート|阪神高速道路株式会社

2016年度に外部有識者の方々からなる「阪神高速事業ア ドバイザリー会議」を設置しました。同会議では、阪神高速 グループ全体での取り組みの紹介や現場視察を通じ、会社 の経営改善や阪神高速グループの事業全般に関する助言 をいただき、それにより、阪神高速グループの企業価値向 上を図ることを目的としています。

5 さらに読み込む

事後評価兵庫県道高速北神戸線 平成 2 年度阪神高速道路株式会社事業評価監視委員会 2

事後評価兵庫県道高速北神戸線 平成 2 年度阪神高速道路株式会社事業評価監視委員会 2

北神戸線の位置付け ・発展が著しい神戸市北部、西宮市北部にかけてのエリアにおける東西方向の幹線道 路として、周辺道路の交通混雑緩和に貢献。 ・第二神明道路と中国縦貫自動車道を直結することで、ラダーネットワークの一部を 構成。

19 さらに読み込む

事業再評価大阪府道高速大和川線 平成 27 年度阪神高速道路株式会社事業評価監視委員会 2

事業再評価大阪府道高速大和川線 平成 27 年度阪神高速道路株式会社事業評価監視委員会 2

引き続き、周辺環境への配慮を行ったうえで、建設事業費の更なるコスト縮減に努めながら、早期 供用に向けて事業を推進されたい。 【堺市長の意見】 大和川線は「大阪都心部における新たな環状道路」の一部を担う道路であり、大阪南部地域にお いて臨海部と内陸部が高速道路で直結され、東西方向一般道の交通混雑が大幅に緩和されるとと もに、高速道路利用の利便性が大きく向上されることで、関西都市圏の社会経済活動の活性化に 大きく寄与するものと期待されているため、大和川線事業は継続すべきである。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Show all 10000 documents...