営業権及びその他の無形固定資産

Top PDF 営業権及びその他の無形固定資産:

連結貸借対照表 (2018 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 固定資産 有形固定資産 製造設備 供給設備 業務設備 その他の事業設備 建設仮勘定 無形固定資産 その他の無形固定資産 投資その他の資産 投資有価証券 長期貸付金 繰延税金資産 その他の投資 貸倒引

連結貸借対照表 (2018 年 12 月 31 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 資産の部負債の部 固定資産 有形固定資産 製造設備 供給設備 業務設備 その他の事業設備 建設仮勘定 無形固定資産 その他の無形固定資産 投資その他の資産 投資有価証券 長期貸付金 繰延税金資産 その他の投資 貸倒引

⑵ 持分法適用に関する事項 ①持分法を適用した非連結子会社はありません。 ②持分法を適用していない非連結子会社4社(㈱北雄ホームサービス他3社)及び関連会社1社 (㈱北陸燃商)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等から みて、持分法対象から除いても連結計算書類に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても 重要性がないため、持分法適用範囲から除外しております。
さらに見せる

14 さらに読み込む

貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

貸借対照表 ( 平成 28 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

ⅲ) 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)管理 買掛金及び未払金については月次単位で支払予定を把握するとともに、手元流動資産維持等 により流動性リスクを管理しております。 ④ 金融商品時価等に関する事項について補足説明

10 さらに読み込む

流動資産 19,550,695 流動負債 7,598,907 売掛金 商 未収入金 貸倒引当金 固定資産 3,428,304 固定負債 375,005 ( 有形固定資産 ) ( 478,444 ) 建 品 仕掛品 前渡金 短期貸付金 繰延税金資産 その他 物 ( 無形固定資産 ) ( 179,467

流動資産 19,550,695 流動負債 7,598,907 売掛金 商 未収入金 貸倒引当金 固定資産 3,428,304 固定負債 375,005 ( 有形固定資産 ) ( 478,444 ) 建 品 仕掛品 前渡金 短期貸付金 繰延税金資産 その他 物 ( 無形固定資産 ) ( 179,467

(関連当事者と取引に関する注記) 1. 親会社及び法人主要株主等 取引条件及び取引条件決定方針等 (注1) ㈱バンダイナムコホールディングスと取引条件及び取引条件決定方針については、一般的な     市場価格を勘案し、価格交渉を行ったうえで決定しております。

5 さらに読み込む

基本財産及びその他の固定資産 ( 有形 無形固定資産 ) の明細書 ( 自 ) 平成 28 年 4 月 1 日 ( 至 ) 平成 29 年 3 月 31 日 別紙 3(8) 社会福祉法人名 ( 社 ) そら 全体 拠点区分名 とわえもあ ( 単位 : 円 ) 資産の種類及び名称 基本財産 ( 有形固

基本財産及びその他の固定資産 ( 有形 無形固定資産 ) の明細書 ( 自 ) 平成 28 年 4 月 1 日 ( 至 ) 平成 29 年 3 月 31 日 別紙 3(8) 社会福祉法人名 ( 社 ) そら 全体 拠点区分名 とわえもあ ( 単位 : 円 ) 資産の種類及び名称 基本財産 ( 有形固

本部 拠点区分名 社会福祉法人名 (社)そら 全体 (単位:円) 区分 前期末残高 当期増加額 当期減少額 期末残高 摘要 ○○積立金 計 (単位:円) 区分 前期末残高 当期増加額 当期減少額 期末残高 摘要 退職給付引資産 長預り金積資産 ○○積立資産 計... ゆるり 拠点区分名 社会福祉法人名 (社)そら 全体 (単位:円) 区分 前期末残高 当期増加額 当期減[r]

18 さらに読み込む

貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

貸借対照表 ( 平成 29 年 12 月 31 日現在 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流 動 資 産 現金及び預金 売 掛 金 仕 掛 品 前 払 費 用 未 収 入 金 そ の 他 貸 倒 引 当 金 固 定 資 産 有形固定資産 建物附属設備 工具器具備品 無形固定資産 ソフトウェア

投資有価証券は純投資目的株式であり未上場株式であります。未上場株式については、投 資先信用リスクに晒されております。さらに未上場株式は市場価格がなく、売却時期が未定で あり、将来キャッシュ・フローを見積もることができないため、時価を把握することが極めて困 難であります。しかし、投資段階において事前審査を行うとともに、投資先信用リスク、財務状 況等を継続的にモニタリングしており、定期的に投資先財務状況等を把握しております。 また、投資先決算期ごとに投資先実情を勘案上、評価基準に基づき評価を行い、必要に応
さらに見せる

10 さらに読み込む

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

連結貸借対照表 ( 平成 28 年 9 月 30 日現在 ) ( 単位 : 千円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) 流動資産現金及び預金受取手形及び売掛金たな卸資産繰延税金資産その他固定資産有形固定資産建物及び構築物機械装置及び運搬具土地その他無形固定資産投資その他の資産投資有価証券繰延税金資

② 数理計算上差異費用処理方法 数理計算上差異は、各連結会計年度発生時における従業員平 均残存勤務期間以内一定年数(10年)による定額法により按分し た額を、それぞれ発生翌連結会計年度から費用処理することとして おります。

7 さらに読み込む

貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 現金及び預金 売掛金 短期貸付金 未収入金 その他 固定資産 有形固定資産 土 地 その他 無形固定資産 ソフトウェア 投資その他の資産 関係会社株式

貸借対照表 ( 平成 31 年 3 月 31 日現在 ) ( 単位 : 百万円 ) 科目金額科目金額 ( 資産の部 ) ( 負債の部 ) 流動資産 現金及び預金 売掛金 短期貸付金 未収入金 その他 固定資産 有形固定資産 土 地 その他 無形固定資産 ソフトウェア 投資その他の資産 関係会社株式

連結納税制度を適用しております。 2.表示方法変更に関する注記 (「『税効果会計に係る会計基準』一部改正」適用)  「『税効果会計に係る会計基準』一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)  を当事業年度期首から適用しており、繰延税金資産は投資その他資産区分に表示し、  繰延税金負債は固定負債区分に表示する方法に変更しております。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成 28 年度社会福祉法人七施会 財務諸表に対する注記 ( 法人全体用 ) 1. 継続事業の前提に関する注記該当なし 2. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価方法 1 満期保有目的の債券以外の有価証券原価法 (2) 固定資産の減価償却方法 1 有形固定資産定額法 2 無形固定資産定額法 3リー

平成 28 年度社会福祉法人七施会 財務諸表に対する注記 ( 法人全体用 ) 1. 継続事業の前提に関する注記該当なし 2. 重要な会計方針 (1) 有価証券の評価方法 1 満期保有目的の債券以外の有価証券原価法 (2) 固定資産の減価償却方法 1 有形固定資産定額法 2 無形固定資産定額法 3リー

担保に供されている資産は以下とおりである。  ①建物(基本財産・サテライト事業部)              386,196,452円  ②建物(その他固定資産・プルミエール事業部)          103,589,790円                 計                489,786,242円 担保している債務種類及び金額は以下とおりである。(サテライト事業部)

9 さらに読み込む

有形固定資産シリーズ(5) 固定資産の減損③

有形固定資産シリーズ(5) 固定資産の減損③

一般に、企業は、当該資産を必要とせずに資産グルー プ構成資産を取得するか、当該資産を物理的及び 経済的に容易に取り替えないかなどを考慮して、主要な 資産は決定されると考えられるが、資産グループ 構成資産と比較して、当該資産経済的残存使用年数 長さや取得原価及び帳簿価額大きさなども勘案される 場合があると考えられる。企業は、これら要素を考慮 して、資産グループ将来キャッシュ・フロー生成能力 にとって最も重要な構成資産である主要な資産を、総合 的に判断するとされている(減損適用指針 102 項)。
さらに見せる

8 さらに読み込む

RIETI - 無形資産の分類と報告様式の研究

RIETI - 無形資産の分類と報告様式の研究

実 は 後 述 す る よ う に 、 金 額 が 確 定 で き な い こ と は 、 第 二 義 的 な 理 由 で あ り 、 分 離 不 可 能 で あ る こ と が 、 本 源 的 な 理 由 で あ る 。 金 額 と は 市 場 を 経 過 す る こ と で 、 あ る い は 仮 想 的 な 市 場 を 想 定 し て 評 価 さ れ た 結 果 で あ り 、 分 離 可 能 で あ る な ら ば 何 ら か 評 価 が 可 能 と な る 。 そ 点 、 分 離 可 能 性 は よ り 本 源 的 特 長 で あ る 。 分 離 可 能 性 、 あ る い は 分 離 不 可 能 と は 、 実 体 で あ る か 性 質 で あ る か と い う 議 論 に 置 き 換 え る こ と も 可 能 で あ る 。 特 許 、 商 標 各 種 利 、 売 買 さ れ た ブ ラ ン ド 、 コ ン ピ ュ ー タ ソ フ ト 資 産 な ど は 、 分 離 可 能 で 市 場 と い う 俎 上 に 乗 せ る こ と が 可 能 で あ る 。 こ れ ら を わ れ わ れ は 実 体 と し て 認 識 す る 。 他 方 、 ノ ウ ハ ウ 、 組 織 価 値 、 ビ ジ ネ ス モ デ ル な ど は 分 離 不 可 能 で 、 か つ 市 場 で 評 価 す る こ と が 難 し い 。 こ あ る 種 無 形 資 産 分 離 不 可 能 性 と 市 場 で 評 価 困 難 さ を 市 場 性 質 に 求 め る 議 論 も あ る が 、 こ こ で は そ 点 は 深 く 追 求 し な い 。 す な わ ち 市 場 は 多 く 参 加 者 に よ る 大 量 生 産 品 取 引 に は 、高 い 合 理 性 を も つ 資 源 配 分 方 式 で あ る が 、 少 量 特 異 な 財 取 引 に は 、 必 ず し も 向 い て い る と は 限 ら な い で あ る 。 こ 市 場 議 論 は 、 本 稿 で は こ れ 以 上 追 及 し な い 。
さらに見せる

38 さらに読み込む

1. 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法上の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます ただし その取得価額が小額である資産や特許権 ソフトウェア等の無形資産

1. 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法上の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます ただし その取得価額が小額である資産や特許権 ソフトウェア等の無形資産

一般社団法人地方税電子化協議会 eL TAXヘルプデスク 電話 0570-081459(左記番号でつながらない場合は03-5500-7010) 9:00~17:00受付(土・日・祝祭日、年末年始を除く) eL TAXホームページアドレス http://www.eltax.jp/   平成28年1月社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)導入に伴い、償却資産申告書に新た にマイナンバー記載欄が設けられました。個人方は12桁個人番号を、法人方は13桁法人 番号を所定記載欄に右詰めで記載していただくようお願い致します。その際には、個人番号を確認 できる資料(個人番号確認カード裏面・通知カード)と、申告される方が個人番号正しい持ち主で あること確認できる資料(運転免許証・個人番号カード裏面等)写し(コピー)をそれぞれ1種類 ずつ申告書に添付上、ご提出いただくようお願い致します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 リース会計に関する論点の整理注釈 38によると 借地権 ( 借地借家法の適用のないものを含む ) は 我が国では非償却の無形資産として扱う場合が多く 無形資産 ( 又は土地に準ずる資産 ) に該当するのか リースに該当するのかについてはその内容を踏まえて検討が必要であるとしている しかし 借地権

2 リース会計に関する論点の整理注釈 38によると 借地権 ( 借地借家法の適用のないものを含む ) は 我が国では非償却の無形資産として扱う場合が多く 無形資産 ( 又は土地に準ずる資産 ) に該当するのか リースに該当するのかについてはその内容を踏まえて検討が必要であるとしている しかし 借地権

しかし使用資産は、「リース料現在価値に当初直接費用を加算した金額」で測 定され、その金額は原資産公正価値一定期間分を表す(※4)ことから、原資産 公正価値(出口価格)としては過大である。 したがって使用モデル適用は、不動産を賃借する日本企業にとって減損リスク 拡大・減損損失増大等をもたらす可能性があり、事業収益性(使用価値)次第 では、当初認識した直後に、当該使用資産又は当該使用資産を含む資産グループ を減損しなければならない場面が生じ得る。
さらに見せる

5 さらに読み込む

RIETI - 企業の価値創造経営プロセスと無形資産-CERM・ROIAMアプローチ

RIETI - 企業の価値創造経営プロセスと無形資産-CERM・ROIAMアプローチ

実際、利益は株主配当、行政府へ税、だけでなく、それが 利益=売上高 - コスト=各商品(売上高 - コスト)合計 である。まずコストに関わる従業員賃金と部品など供給先から仕入れコストは、 利益と直接的にはトレードオフ関係にある。しかし、企業目的が価値創造安定 的成長である限り、モチベーションやロイヤルティなどをつくる従業員待遇コストや 働く環境などへ費用、あるいは供給先と安定的な関係を作るためコストなどは、 価値創造へ貢献を高める条件として重要である。さらにいえば、プライドを持てる企 業理念を設定し、それを共有化していくことで、前節で述べた「組織精神的空間」を 快適に維持し、企業価値創造力に変換していくためコストが必要である。そのため、 従業員へ待遇を高めたり、学習機会を与えたり、快適な内部関係をつくっていくこと は、人的資源や関係資産構築へ投資でもある。その結果長期的な成長を確保でき るだけでなく、よい人材確保や品質高い仕入先確保など、競争優位性を作る 基礎ともなる。それゆえ単純なコスト削減が、長期的な意味で利益増加とはならな いことになろう。またコストには、情報漏えいなど操業上事故等などから発生する損 失も含まれるが、これも従業員と理念を共有し、組織倫理など精神資産充実で小さ くなる。
さらに見せる

71 さらに読み込む

無形資産の国外関連者への移転等に係る 居波教授

無形資産の国外関連者への移転等に係る 居波教授

用いることとし、これら指標としては Bausch & Lomb 社がアイルラン ド産業開発局に提出した計画書に基づく計数が利用可能であると判断 を行い、1980~89 年まで 10 年間分見込所得額及びキャッシュ・フ ローに必要な調整を加えることで、10 年間分 B&L Ireland 社営業利 益(ロイヤルティ控除前利益)を算出 (38) した。この 10 年間分 B&L Ireland 社営業利益うち、どの程度を B&L Ireland 社に支払うべき かについては、 原告鑑定証人である Plotkin 教授証言を参考にして、 通常、ライセンサーとライセンシー間では 25:75 割合で分割されて いる事実が認められているとしているが、これは対等立場にある第三 者間場合であり、本件事案については、B&L Ireland 社立場は第三 者としてはかなり弱いものであることから、分割割合が 50:50 であって も交渉は成立したものと断定した。
さらに見せる

143 さらに読み込む

固定資産税(償却資産)の申告の手引

固定資産税(償却資産)の申告の手引

第2 償却資産あらまし 1 償却資産範囲 (1) 償却資産とは 固定資産課税客体である償却資産とは、土地、家屋以外事業用に供することができる 資産(所有者がその償却資産を自己営む事業ために使用する場合だけでなく、事業として 他人に貸し付ける場合も含まれます。)で、その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所 得税法規定による所得計算上損金又は必要な経費に算入されるもの(これに類する資産で 法人税又は所得税を課されない者が所有するものを含まれます。)をいいます。
さらに見せる

14 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

な経費)に算入されたもの (4) 一括償却資産(取得価額が20万円未満資産で、一括して3年間で損金(必要 な経費)に算入されたもの) ※ 事業用に供することができるとは、所有者がその償却資産を自己営む事業ため に使用している場合だけでなく、事業として他人に貸し付けている場合も含みます。 (1) 耐用年数1年以上で、取得価額が10万円以上(平成元年4月1日~平成10年3
さらに見せる

17 さらに読み込む

償却資産(固定資産税)申告の手引き

償却資産(固定資産税)申告の手引き

な経費)に算入されたもの (4) 一括償却資産(取得価額が20万円未満資産で、一括して3年間で損金(必要 な経費)に算入されたもの) ※ 事業用に供することができるとは、所有者がその償却資産を自己営む事業ため に使用している場合だけでなく、事業として他人に貸し付けている場合も含みます。 (1) 耐用年数1年以上で、取得価額が10万円以上(平成元年4月1日~平成10年3
さらに見せる

17 さらに読み込む

RIETI - 無形資産投資における資金制約

RIETI - 無形資産投資における資金制約

果である。産業ダミーは産業小分類(3ケタ)である。投資及びキャッシュフローは、 期首(前期末)固定資産額(有形固定資産無形固定資産) K it-1 で除して標準化 している。無形固定資産投資データがアベイラブルなが 2006 年度以降なので、推 計期間は 2006 年度~2009 年度4年間である。トービンqやキャッシュフローを 含む投資関数推計においては、近年、説明変数が内生変数である可能性に配慮して GMM を用いる例が少なくない。しかし、GMM 推計に際しては通常3期以上ラグ変 数が必要だが、本稿分析対象期間は4年間と短いため、pooled OLS 及び FE で推計 することとした。なお、異常値影響を排除するため、キャッシュフローが総固定資 産±10 倍を超えるサンプル、有形(無形固定資産投資額が総固定資産±10 倍を超 えるサンプルは除いて推計する。
さらに見せる

25 さらに読み込む

RIETI - 無形資産の理解の枠組みと情報開示問題

RIETI - 無形資産の理解の枠組みと情報開示問題

4) 保険的リスク:火災・地震・水害、プロダクトライアビリティなど に分類し、企業事業形態に関係してそれぞれ無形資産リスクを認識して、 その裏価値を認識する。たとえば、有力な商品や操業プロセスなどで他に対 して競争優位性を持つもの将来リスクを認識し、その無形資産価値を維 持するリスク対応法を見つけることが、操業的なレベルで資産認識に対応す る。また、液晶テレビなどで競争環境が将来厳しくなっていくことが戦略的な 思考法もとに経営によって認識される場合、それへ対応としてコンセプト 転換や新しい商品開発を開発する能力を評価し、人的資源再配分や再教育、 あるいは採用、ヘッドハンティングなどで、人的資産能力認識をする。市場 価格低下によってコスト採算性がないであれば、R&Dによって新商品を 開発をプロアクティブに計画することになるが、その戦略的判断は経営者能力 に依存する。この経営力とR&D能力が上に述べた戦略的無形資産になる。詳
さらに見せる

44 さらに読み込む

無形資産投資と日本の経済成長

無形資産投資と日本の経済成長

14 図 9-2 は、権限移譲程度と経営スコアと関係である。権限移譲プロセスは、権限委 譲が行われていない場合(スコア 1)と行われる場合を考える。さらに、権限委譲が行われる場 合、下部従業員に決定権限を委譲し(スコア 2)、さらに決定プロセス短縮化を図り(スコア 3)、それによって従業員働き方に変化が起きる(スコア 4)までを考える。権限委譲に関する スコアと組織管理、人的資源管理平均スコアを見てみると、第 2 回調査権限委譲スコア 3 ケースを除き、おおむね、権限移譲プロセスが進めば、組織管理スコア、人的資源管理ス コアともに上昇することがわかる。図 9-3 は IT 活用と経営スコア関係である。IT 化につい ては、組織改編とともに実施されていないか(スコア 1)実施されているか(スコア 2)、社内的に IT 利活用を進めているか(スコア 3)、社内だけでなく、社外と取引においても IT を活用し ているか(スコア 4)を問うている。この場合もおおむね IT 利活用が進むにつれて、組織管理
さらに見せる

58 さらに読み込む

Show all 10000 documents...