営業利益100億円 3期連続で達成

Top PDF 営業利益100億円 3期連続で達成:

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

28 期連続増収増益を達成 ( 売上高 : 億円 ) 4,500 4,000 3,500 3, 年度 売上高 4,173 億円 経常利益 679 億円 売上高 4,000 億円を突破! ( 経常利益 : 億円 ) , ,

1 総資本経常利益率 % 15%以上 ○ 18.7% 20.9 22.6 23.0 23.1 2 総資本回転率 回 2回以上 × 1.1 回 1.3 1.3 1.3 1.4 3 営業収入経常利益率 % 10%以上 ○ 16.3 % 16.4 17.8 17.9 17.1 4 1株あたり純利益 100以上 ○ 376.1 350.3 325.8 306.0 278.9

32 さらに読み込む

2014 年第 3 四半期業績ハイライト 3 四半期連続で上 修正前四半期 で売上は引き続き成 営業利益は倍増 連結業績 売上 :6,354 百万円前四半期 :123% 予想 :106% 営業利益 :1,195 百万円前四半期 :199% 予想 :199% 売上 ラブライブ! スクールアイドルフェス

2014 年第 3 四半期業績ハイライト 3 四半期連続で上 修正前四半期 で売上は引き続き成 営業利益は倍増 連結業績 売上 :6,354 百万円前四半期 :123% 予想 :106% 営業利益 :1,195 百万円前四半期 :199% 予想 :199% 売上 ラブライブ! スクールアイドルフェス

モバイルオンラインゲームはユーザーの嗜好の移り変わりが激しくなっております。ユーザー嗜好の的確な把握やユーザーのニーズに対応するゲームの提供が何らかの要因 によりできない場合には、ユーザーへの訴求⼒が低下する可能性があります。 【ライセンス契約が関係するサービスについて】 当社グループのゲームの中には、第三社が権利を保有するキャラクター等についてライセンス契約を締結したうえ使⽤しているものがあります。何らかの理由により キャラクター等の使⽤ができなくなった場合、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
さらに見せる

22 さらに読み込む

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

前期の仕入れ好調を受け 上期業は前年同期比大幅増収増益 16/12 期 2Q 累計 (1-6 月 ) 業解説 16/12 期 2Q 累計決算は 売上高 59.3 億円 ( 前年同期比 38.4% 増 ) 営業利益 5.2 億円 ( 同 33.6% 増 ) 経常利益 4.4 億円 ( 同 27.4%

底地や居抜きの仕入れは、相続に絡むことが多く、2015 年 1 月からの相 続税の課税強化は、仕入れに追い風になると期待された。実際、仕入れの情 報量は、仕入れチャネルの多様化もあり増加基調となっているが、成約率が 低下しているという。この要因として、①地価が上昇していることによる地 主の売り惜しみ、②地銀をはじめ融資先の確保に苦労している金融機関が、 相続税の納付資金として不動産担保ローンの利用を地主に働きかけており、 非常に低金利あることや、場合によっては相続人が次の相続に備えるため、 急い不動産を売却して納税資金をつくることせずにひとまず銀行融資を 受けることが増えている、などが考えられる。①について付言すると、成約 率はデフレ(不動産価格下落局面)ほど高くなる傾向がある。②が底地の 大型案件の仕入れ減少の要因になっていると考えられる。なお、底地は担保 価値が非常に低いが、地主は他の不動産も保有していることが多いため、共 同担保にしているのかもしれない。
さらに見せる

11 さらに読み込む

マネジメント メッセージ 株主の皆様 投資家の皆様へ 業績について 私たちファーストブラザーズ株式会社の 2018 年 11 月期 ( 以下 前年度 といいます ) の業績は 売上総利益 64.9 億円 営業利益 51.3 億円 親会社株主に帰属する当期純利益 28.9 億円となり 予定通り過去最高

マネジメント メッセージ 株主の皆様 投資家の皆様へ 業績について 私たちファーストブラザーズ株式会社の 2018 年 11 月期 ( 以下 前年度 といいます ) の業績は 売上総利益 64.9 億円 営業利益 51.3 億円 親会社株主に帰属する当期純利益 28.9 億円となり 予定通り過去最高

ファンドを組成し、主に機関投資家の資産運用を行う事業あり、比較的大規模(数十~数百)な不動産を投資対 象とし、インカムゲインとともにキャピタルゲインの獲得を目指す運用を行います。一般的に、資産運用会社の規模はそ の受託資産残高評価されるものあり、また、資産運用の対価として定期的に得られるアセットマネジメントフィー(管 理報酬)は、通常は受託資産の額によってその金額が決まるため、資産運用会社にとっては、受託資産残高を積み上 げる方向にインセンティブが働く傾向にあります。しかしながら、当社グループは、「クライアントファースト」の行動規範の もと、顧客の満足を第一に考える投資サービスの提供を最重要視しており、最も利益の出るタイミングにおいて投資案 件の売買を行うため、不動産売買市況の変動等にあわせ、当社グループの受託資産残高も大きく変動しています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

販売契約別はクラウド型サービス(月額契約)の需要が好調に推移する一 方、オンプレミス型サービス(ライセンス契約)に関しても11月にミサワホー ムとの大型商談が決まるなど、特に第4四半期(9-12月)に需要が拡大した。 ミサワホーム<1722>が導入したシステムは、クラウドサービスを提供するAWS (アマゾンウェブサービス)上に「eセールスマネージャー」のシステムを構築 したもの。クラウドとオンプレミス両方の長所を取り入れたシステム、全体 の投資コストを最小限に抑えたいと言う顧客ニーズを実現した。顧客にとって は、AWSを利用することによって低コスト高セキュリティ、拡張性のあるシ ステム環境上、自社のニーズに合わせたソフトウェアにカスタマイズするこ とが可能になるといったメリットが生じる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

通期業績の推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期 期 期 期 期 期予 伪業績動向伪 史上 2 位の売上高 過去最高益を達成 (1) 2016 年 3 月通期の業績動向 2016 年 3 月期通期の売上高は 49,415 百万円 ( 前期比 11.2% 増 ) 営業利益 2,361

最大のブランドは 「ビルケンシュトック」 (2015 年 12 月の売上高約 67 あり、 子 会社ある ( 株 ) ベネクシーが運営する。 ドイツ 240 年以上伝統のある機能美に優れたサ ンダル ・ コンフォートシューズあり、 1 万前後の価格帯にもかかわらず熱いファン層に支 持されている。 直営の 58 店舗と e コマース販売され、 長く使う顧客が多い商品だけに自社 運営のアフターサービスも充実している。 今後は直営店網を活かして親和性の高い複数ブラ ンド商品の取り扱いも検討する。 「キプリング」 (バッグ) は 1987 年にベルギー誕生したナ イロンバッグのブランドあり、 キプリングモンキー (猿のマスコット) とともに遊び心のあるカ ジュアルブランドとして世界的に有名ある。 同社は直営 13 店舗 (表参道、 銀座など、 ア ウトレット含む) を展開する。 「ビタントニオ」 (調理家電) は同社のオリジナルブランドあり、 中国の自社工場等製造する。 過去からワッフルメーカー有名あり、 2013 年には 1 杯 用ブレンダー「マイボトルブレンダー」が大ヒットした。 2015 年はヨーグルトメーカーとポップコー ンメーカーが注目を集めた。 同社のブランド事業は、 マーケティング、 小売りに限らず、 製造 面も自ら携わり、 またアフターサービス等顧客への付加価値を高めている点が特徴だ。
さらに見せる

10 さらに読み込む

総括 3 総括 (1) 年 3 月期実績 売上高は 2 兆 6,922 億円 営業利益は 1,821 億円 当期純利益は 1,357 億円 グローバル販売台数は 133 万 1 千台 SKYACTIV 搭載車両は台数拡大 収益力改善 ブランド強化に貢献 CX-5 Mazda6/ アテンザ

総括 3 総括 (1) 年 3 月期実績 売上高は 2 兆 6,922 億円 営業利益は 1,821 億円 当期純利益は 1,357 億円 グローバル販売台数は 133 万 1 千台 SKYACTIV 搭載車両は台数拡大 収益力改善 ブランド強化に貢献 CX-5 Mazda6/ アテンザ

 タイ新 AT工場の計画通りの立上げ ■ ロシア・マレーシア生産も拡大  新型 Mazda3以降の新商品においてもコスト改善を推進  開発 /設備投資の効率化を強化  グローバル最適調達を推進

21 さらに読み込む

2016 年 3 月期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前期比 111.6%) 経常利益 8.06 億円 ( 前期比 120.6%) 純利益 5.38 億円 ( 前期比 155.1%) 定期購入会員数が目標の 11 万人を超えて着地 安定的な事業運営により

2016 年 3 月期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前期比 111.6%) 経常利益 8.06 億円 ( 前期比 120.6%) 純利益 5.38 億円 ( 前期比 155.1%) 定期購入会員数が目標の 11 万人を超えて着地 安定的な事業運営により

□ヘルシー食材ケールの販売強化 □コールドプレスベジタブル(飲料)の販売 □コールドプレスベジタブル(飲料)の販売 □コールドプレスベジタブル(飲料)の販売 □コールドプレスベジタブル(飲料)の販売 • 欧米健康食材として注目されているケールの販売を強化 欧米健康食材として注目されているケールの販売を強化 欧米健康食材として注目されているケールの販売を強化 欧米健康食材として注目されているケールの販売を強化 • 素材そのものの販売に加え、サラダ 素材そのものの販売に加え、サラダ 素材そのものの販売に加え、サラダ 素材そのものの販売に加え、サラダKitの販売や、 販売や、 販売や、 販売や、 ラーメン店とのコラボなど、さまざまな取り組みを開始 ラーメン店とのコラボなど、さまざまな取り組みを開始 ラーメン店とのコラボなど、さまざまな取り組みを開始 ラーメン店とのコラボなど、さまざまな取り組みを開始
さらに見せる

43 さらに読み込む

第 1 四半期決算概況 年間業績予想に対して順調な進捗 U.S. GAAP 業績 営業収益 : 11,367 億円 前年同期比 ( + 2.5% ) 営業利益 営業 FCF : : 2,783 億円 2,840 億円 (- 7.0% ) (-10.1% ) EBITDA : 4,049 億円 ( -

第 1 四半期決算概況 年間業績予想に対して順調な進捗 U.S. GAAP 業績 営業収益 : 11,367 億円 前年同期比 ( + 2.5% ) 営業利益 営業 FCF : : 2,783 億円 2,840 億円 (- 7.0% ) (-10.1% ) EBITDA : 4,049 億円 ( -

ループの財務に影響を与えたり、成長が制約される可能性があること 3. 種々の国内外の法令・規制・制度等の導入や変更または当社グループへの適用等により、当社グループの事業運営に制約が課されるなど悪影響が発生し得ること 4. 当社グループが使用可能な周波数及び設備に対する制約に関連して、サービスの質の維持・増進や、顧客満足の継続的獲得・維持に悪影響が発生したり、コストが増加 する可能性があること

23 さらに読み込む

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結 業績 ( 平成 28 年 4 月 ~ 平成 29 年 3 月 ) 売上高 : 主力の食料品製造事業が伸長 損益 : 営業利益 経常利益 当期純利益は過去最高益を更新 平成 29 年 3 月期 前期実績 ( 単位 : 百万円 ) ( 単位 : 億円 ) 前期比較 ( 前期比 ) 営業利益推移 2

連結売上高 199,479 +17,611 109.7% 17,612 +6,156 +53.7% 食料品製造 189,610 +17,179 110.0% 17,310 +6,447 +59.3% 菓子食品 123,437 +8,292 107.2% 7,605 +4,274 +128.3% 冷 菓 35,437 +3,056 109.4% 3,995 +582 +17.1%

26 さらに読み込む

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

連結 1Q 業績ハイライト 前年同期比 増収増益 を達成 順調な進捗 1 売上高営業利益 * EBITDA ( 億円 ) ( 億円 ) ( 億円 ) 44,661 47,000 ( 予 ) 8,326* 8,850 ( 予 ) 14,110 14,800 ( 予 ) 進捗率 23% 進捗率 24%

データ定額料 (1ポイント= 1相当) 注)auスマートバリューまたはauスマートバリューmineご加入の場合、割引額を差し引いたデータ定額料が対象。対象のデータ定額サービス等にご加入の方が対象。 記載の金額は税抜。月末時点のご利用に応じて、翌月にポイント付与

28 さらに読み込む

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

2016 年 3 月期第 3 四半期半期決算ハイライト 業績 15 期連続過去最高売上 売上高 億円 ( 前年同期比 111.4%) 営業利益 6.34 億円 ( 前年同期比 151.5%) 定期購入会員数の増加により売上 11.4% 成長原価率 販促費のコントロール EC 以外の収益

14 • 時期別の赤ちゃん、ママの状態の情報 時期別の赤ちゃん、ママの状態の情報 時期別の赤ちゃん、ママの状態の情報 時期別の赤ちゃん、ママの状態の情報 • 妊娠、産後の悩みの解消テクニック、 妊娠、産後の悩みの解消テクニック、 妊娠、産後の悩みの解消テクニック、 妊娠、産後の悩みの解消テクニック、 Q&A • ママのカラダの状態に合わせて摂取したい栄養素の ママのカラダの状態に合わせて摂取したい栄養素の ママのカラダの状態に合わせて摂取したい栄養素の ママのカラダの状態に合わせて摂取したい栄養素の
さらに見せる

19 さらに読み込む

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報 当第 2 四半期の売上高は 8,368 億円 営業利益は 2,521 億円 経常利益は 2,373 億円 四半期純利益は 1,448 億円となりました 売上を事業の種類別に見ますと レジャー機器部門において 携帯型ゲーム機関連では ニンテ

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報 当第 2 四半期の売上高は 8,368 億円 営業利益は 2,521 億円 経常利益は 2,373 億円 四半期純利益は 1,448 億円となりました 売上を事業の種類別に見ますと レジャー機器部門において 携帯型ゲーム機関連では ニンテ

※将来に関する記述等についての注意事項 本資料に含まれる将来の見通しに関する記述は、現時点入手可能な情報に基づき当社の経営者が判断した見通しあり、潜在的なリスクや不確実性を含んいま す。現実の結果(実際の業績及び配当予想額を含みますが、これに限られません。)は様々な要因の変化により、これら見通しとは大きく異なる結果となる可能性があるこ とをご承知おきくださいますようお願い致します。なお、予想の前提条件その他の関連する事項については、2ページ「【定性的情報・財務諸表等】 3.連結業績予想に関 する定性的情報」をご覧ください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2013 年 3 月期通期連結業績予想 ( 単位 : 億円 ) 前回 (10 月公表 ) 今回公表値 通期構成比 通期 構成比 増減 売上高 1, % 1, % 50 営業利益 75 5% 経常利益 65 4% 当期純利益 35 2%

2013 年 3 月期通期連結業績予想 ( 単位 : 億円 ) 前回 (10 月公表 ) 今回公表値 通期構成比 通期 構成比 増減 売上高 1, % 1, % 50 営業利益 75 5% 経常利益 65 4% 当期純利益 35 2%

3. 継続的な新製品とサービスの導入、急速な技術革新及び主観的変わりやすい消費者の嗜好に特徴づけ られる競争の激しい市場において、消費者に受け入れられる製品とサービスを提供し続けることのできる当社グ ループの能力 4. 当社グループに関する事業において、国際的な事業拡大を成功させる当社グループの能力 5. 法規制の改正とそれに対応する当社グループの能力

10 さらに読み込む

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

< 通期業績と来期計画 > 通期業績 26 年度決算 ( 連結 ) 売上高 営業利益 経常利益 3,186 億円 (12.6% 増 ) 254 億円 (2.9% 増 ) 24 億円 (.9% 増 ) 増収増益 < 主な要因 > 新規に連結対象に加えた欧州のジボ コーグループ ジョゼフ社がブランド力を

 自社ブランドとジョイントベンチャー事業ファッションビル攻略を加速  新興ファッション企業との積極的なジョイントベンチャーの取り組み  自社ブランドとジョイントベンチャー事業ファッションビル攻略を加速  新興ファッション企業との積極的なジョイントベンチャーの取り組み

14 さらに読み込む

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

事業の経過および成果 連結業績ハイライト 当期の連結業績 4,792 1,102 億円 ( 前期比 0.3% 増 ) 億円 ( 前期比 2.5% 減 ) 売上高 営業利益 事業別売上高構成比 ホテル事業 13.9% その他の事業 3.5% 経常利益 1,116 億円 ( 前期比 2.6% 減 ) テ

およびパーク内のゲストの滞留バランスの改善による混雑感の緩和を目指し、 “快適さ”も向 上させてまいります。  上記に加え、新たなエンターテイメントやスペシャルイベントなどの展開や魅力的な商品・ 飲食メニューの開発など、引き続きゲスト満足度を高める“新鮮さ”を提供するほか、モバイル を活用してパークチケットの購入やディズニーホテルの予約、グッズの購入などパーク内外 さまざまなサービスが利用できる公式アプリ「東京ディズニーリゾート・アプリ」を2018年 夏に導入するなど、ゲストの利便性を高め、より豊かなパーク体験を提供してまいります。ま た、国内ゲストのみならず海外ゲストにも快適にお過ごしいただくため、東京ディズニーリ ゾート・オフィシャルウェブサイトやガイドマップの多言語化など、海外ゲストの受け入れ体制 の整備に向け取り組んまいります。
さらに見せる

28 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

さらに注目すべき点は、 ただ売上高を伸ばしただけなく、 分析ツールやコンサルティング、 運用保守サービスといった、 高い利益率に加え、 継続した収益を確保できるストック型のビジ ネスが伸びたことある。 顧客の増加も実現した。 期末の顧客企業数は 112 社と前期末比 22 社増えている。 Web アクセス解析ソリューションの充実が主な要因あるほか、 自社開発ソリューションも拡充し、 けん引役となった点も見逃せない。 自社開発ソリューションとしては 14 年 5 月に資本業務提 携した ( 株 ) モードツーと共同、企業の Web サイトの改善をワンストップ行うパッケージサー ビス 「siteVALUE」、 ログを可視化してインシデント発生時の統合検索やセキュリティ監査時 の調査に活用できる 「4DP LogSearch」、 自治体向けにホームページの利用者のニーズを解 析できる 「みやすい解析」 (15 年 4 月発売) などが発売された。
さらに見せる

12 さらに読み込む

年 3 月期計数目標 売上高 7,500 億円営業利益 750 億円営業利益率 10% 以上 ROE10% 以上 4 資本政策 ( 株主還元策 ) 安定的な配当額として DOE2% をベースに 総還元性向 50% 以上を目標に株主還元を実施する 当社は 株主の皆様への利益還元を経営の重

年 3 月期計数目標 売上高 7,500 億円営業利益 750 億円営業利益率 10% 以上 ROE10% 以上 4 資本政策 ( 株主還元策 ) 安定的な配当額として DOE2% をベースに 総還元性向 50% 以上を目標に株主還元を実施する 当社は 株主の皆様への利益還元を経営の重

▣ 映像事業を行うバンダイビジュアル㈱と音楽事業を行う㈱ランティスを統合し、㈱バンダイナム コアーツを設立し、映像と音楽を融合させた新しいエンターテインメントの創出、映像と音楽が より連携した IP 創出に取り組みます。また、国内外市場拡大するライブイベント事業の強化の ため、映像・音楽・ライブが一体となったライブイベント展開を国内外強化するほか、新たな ジャンルのライブイベントにも挑戦します。ネットワークエンターテインメントユニットにおい ては、家庭用ゲームタイトルの IP などを活用しeスポーツビジネスへの本格的な取り組みに着手 します。これらライブイベント事業の強化にあたり、東京都渋谷区に取得した土地に複合施設を 建設しバンダイナムコグループならではの場として活用します。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1. 決算概要 2013 年 3 月期第 3 四半期決算のポイント 2013 年 3 月期第 3 四半期 ( 単計 ) は 収入確保および費用コントロールにより 前年同期比 31 億円の増益 第 3 四半期 ( 単計 ) の営業利益 447 億円は過去最高での着地となった デリバリー事業は 上期の先

1. 決算概要 2013 年 3 月期第 3 四半期決算のポイント 2013 年 3 月期第 3 四半期 ( 単計 ) は 収入確保および費用コントロールにより 前年同期比 31 億円の増益 第 3 四半期 ( 単計 ) の営業利益 447 億円は過去最高での着地となった デリバリー事業は 上期の先

②第2四半期(単体)△0.8%だった小口商流市場は、第3四半期(単体)+1.9%のプラスに 転じ、第3四半期(累計)+1.3%となりました。 新規お取引を開始したお客様からの出荷増加も奏功し、宅急便数量全体第2四半期(単体) +2.9%だったのに対し、第3四半期(単体)+4.5%と維持できたことは一定の成果だったと 捉えていますが、期待するほどまでの増収とはなりませんでした。
さらに見せる

16 さらに読み込む

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

通期業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 期 ( 予 ) 伪業績動向伪 売上高 営業利益 経常利益ともに昨年並みに推移 (1) 2016 年 3 月期第 2 四半期の業績動向 2016 年 3 月期第 2 四半期の売上高は 17

伪 成長戦略 中長期経営計画 (10 年間) に沿って成長基盤整備が進捗 (1) 中長期経営計画の進捗 同社は 2015 年 3を初年度、 2024 年 3を最終年度とする 10 年間の中長期経 営計画 「over the “NEXT DECADE”」 を策定している。 最初の 3 年間は成長の基盤作りに 重点が置かれるため、 業績自体は横ばいの計画だ。 連結営業利益目標言えば、 74 (2015 年 3)、 69 (2016 年 3)、 72 (2017 年 3) と続き、 最終年 度に 100 台へ引き上げる計画だ。 初年度の 2015 年 3は連結営業利益目標 74 (実績 85 )、 連結経常利益目標 50 (実績 65 )、 D/E レシオ目標 1.9 倍 (実績 1.8 倍) をすべて達成した。 今年度も、 連結営業利益目標 69 (見通し 70 )、 連結経常利益目標 47 (見通し 50 )、D/E レシオ目標 1.8 倍 (第 2 四半期 1.77 倍) と中長期経営計画通りに進捗している。 ちなみに、 同社が売上目標を掲げていない理由は、 不動産物件の売却により大きく上下に振れるためある。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...