同条第四項に規定する

Top PDF 同条第四項に規定する:

平成十六年厚生労働省令第百六十九号医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十四条第二項第四号及び第十九条の二第五項において準用する第十四条第二項第四号の規定に基づき 医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に

平成十六年厚生労働省令第百六十九号医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に関する省令薬事法 ( 昭和三十五年法律第百四十五号 ) 第十四条第二項第四号及び第十九条の二第五項において準用する第十四条第二項第四号の規定に基づき 医療機器及び体外診断用医薬品の製造管理及び品質管理の基準に

2 前項の場合において、十一二十二十一二号、二十三二十及び二十五三十八十一五十二及び 五十五十六五十七五十八五十九六十二及び並びに 六十中「限定三種医療機器製造販売業者」とあるのは「限定三種医療機器製造業者等」と、七十から七十九 までの規定中「生物由来医療機器等製造販売業者等」とあるのは「生物由来医療機器等製造業者等」と、八十一の二から八十一 の二の五までの規定及び八十一の二の六中「再製造単回使用医療機器製造販売業者等」とあるのは「再製造単回使用医療機器 製造業者等」と、中「製造販売する製造販売業者」とあるのは「製造する登録製造所係る製造業者等」と、十二中「を取り扱う」とあるのは「の製造を行う」と、及び十六中「取り扱う」とあるのは「製造する」と、五十五 中「製造販売業者等を含む全ての施設」とあるのは「製造所」と、中「法六十八の二規定基づき収集 された情報等」とあるのは「当該登録製造所からの」と、六十二中「規定基づき厚生労働大臣報告する」とあるの は「当該事項を製造販売業者等通知する」と、七十三中「特定生物由来医療機器等製造販売業者等」とあるのは「特定生物由来医 療機器等製造業者等」と、七十及び七十五中「取り扱う」とあるのは「製造する」と、中「製品を取り扱 う」とあるのは「製品を製造する」と、七十六及び並びに七十七中「取り扱う」とあるのは「製造する」 と、八十一の二の二中「製品を取り扱う」とあるのは「製品を製造する」と、八十一二の中「取り扱う」とあるのは 「製造する」と読み替えるものとする
さらに見せる

22 さらに読み込む

に基づく保安林指定計画地 (8) 自然環境保全法 ( 昭和 47 年法律第 85 号 ) 第 14 条第 1 項に規定する原生自然環境保全地域及び同法第 22 条第 12 項に規定する自然環境保全地域が指定されている土地の区域 (9) 自然公園法 ( 昭和 32 年法律第 161 号 ) 第 13

に基づく保安林指定計画地 (8) 自然環境保全法 ( 昭和 47 年法律第 85 号 ) 第 14 条第 1 項に規定する原生自然環境保全地域及び同法第 22 条第 12 項に規定する自然環境保全地域が指定されている土地の区域 (9) 自然公園法 ( 昭和 32 年法律第 161 号 ) 第 13

地区計画の対象とする地区は,次に掲げる地区のうち,円滑な交通を維持するため 必要な道路その他の基盤施設が周辺配置されていると認められる地区とする。 (1) 幹線道路沿道地区 幹線道路沿道地域(車線数が2以上の道路面する地域をいう。)において,必要な公共・ 公益施設の整備を図りつつ,周辺の環境及び景観と調和した良好な産業・流通施設,観光・レ クリェーション等の開発を誘導する地区
さらに見せる

6 さらに読み込む

商法第281条第1項の規定に基づく計算書類

商法第281条第1項の規定に基づく計算書類

4.貸倒引当金は、貸付金等の貸倒損失備えるため、一般債権については貸倒実績率により、   貸倒懸念債権等特定の債権については個別回収可能性を検討し、回収不能見込額を   計上しております。 5.金融商品取引責任準備金は、証券事故による損失備えるため、金融商品取引法46の5及び   金融商品取引業に関する内閣府令175定めるところにより算出した額を計上しております。  6.消費税等については、税抜処理を採用しております。
さらに見せる

9 さらに読み込む

年法律第 18 号 ) 第 16 条第 2 項に規定する経営革新関連保証又は同法同条第 8 項に規定する経営力向上関連保証の金額の最高限度は 3 億円 ( その中小企業者が事業協同組合 事業協同小組合 協同組合連合会 企業組合 協業組合 商工組合又は商工組合連合会であるときは 6 億円 ) とし 同

年法律第 18 号 ) 第 16 条第 2 項に規定する経営革新関連保証又は同法同条第 8 項に規定する経営力向上関連保証の金額の最高限度は 3 億円 ( その中小企業者が事業協同組合 事業協同小組合 協同組合連合会 企業組合 協業組合 商工組合又は商工組合連合会であるときは 6 億円 ) とし 同

年法律 18 号)16規定する経営革新関連保証又は 規定する経営力向上関連保証の金額の最高限度は、3億円(そ の中小企業者が事業協同組合、事業協同小組合、協同組合連合会、企業組 合、協業組合、商工組合又は商工組合連合会であるときは、6億円)とし、 規定する異分野連携新事業分野開拓関連保証、中小企業 による地域産業資源を活用した事業活動の促進に関する法律(平成 19 年 法律 39 号。以下「中小企業地域資源活用促進法」という。 )10規定する海外地域産業資源活用事業関連保証又は中小企業者と農 林漁業者との連携による事業活動の促進に関する法律(平成 20 年法律 38 号。以下「農商工等連携促進法」という。 )規定する農 商工等連携事業関連保証の金額の最高限度は、4億円(その中小企業者が 事業協同組合、事業協同小組合、協同組合連合会、企業組合、協業組合、 商工組合又は商工組合連合会であるときは、6億円)とする。ただし、経 営革新関連保証、経営力向上関連保証及び海外投資関係保険係るこれ以 外の保証を併せ行う場合の中小企業者1人についての保証の金額の最高 限度は、3億円(その中小企業者が事業協同組合、事業協同小組合、協同 組合連合会、企業組合、協業組合、商工組合又は商工組合連合会であると きは、6億円)とし、経営革新関連保証、異分野連携新事業分野開拓関連 保証、経営力向上関連保証、海外地域産業資源活用事業関連保証及び農商 工等連携事業関連保証並びに海外投資関係保険係るこれらの保証以外 の保証を併せ行う場合の中小企業者1人についての保証の金額の最高限 度は、4億円(その中小企業者が事業協同組合、事業協同小組合、協同組 合連合会、企業組合、協業組合、商工組合又は商工組合連合会であるとき は、6億円)とする
さらに見せる

21 さらに読み込む

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

第 321 条の8 第 22 項及び第 23 項の申告書を除く ) を削り 第 98 条第 1 項 を 第 81 条の6 第 1 項の申告書 第 98 条第 1 項 に改め 同条に次の2 号を加える (5) 第 48 条第 1 項の申告書 ( 法第 321 条の8 第 1 項 第 2 項 第 4 項

の 場 合 お い て 、 法 3 2 1 の 8 2 2 規 定 す る 申 告 書 ( 以 下 こ の お い て 「 修 正 申 告 書 」 と い う 。 ) の 提 出 が あ っ た と き ( 当 該 修 正 申 告 書 係 る 町 民 税 つ い て 又 は 1 9 規 定 す る 申 告 書 ( 以 下 こ の お い て 「 当 初 申 告 書 」 と い う 。 ) が 提 出 さ れ て お り 、 か つ 、 当 該 当 初 申 告 書 の 提 出 よ り 納 付 す べ き 税 額 を 減 少 さ せ る 更 正 ( こ れ 類 す る も の を 含 む 。 以 下 こ の お い て 「 減 額 更 正 」 と い う 。 ) が あ っ た 後 、 当 該 修 正 申 告 書 が 提 出 さ れ た と き 限 る 。 ) は 、 当 該 修 正 申 告 書 の 提 出 よ り 納 付 す べ き 税 額 ( 当 該 当 初 申 告 書 係 る 税 額 ( 還 付 金 の 額 相 当 す る 税 額 を 含 む 。 ) 達 す る ま で の 部 分 相 当 す る 税 額 限 る 。 ) つ い て は 、 次 掲 げ る 期 間 ( 詐 偽 そ の 他 不 正 の 行 為 よ り 町 民 税 を 免 れ た 法 人 が 法 3 2 1 の 1 1 又 は の 規 定 よ る 更 正 が あ る べ き こ と を 予 知 し て 提 出 し た 修 正 申 告 書 係 る 町 民 税 又 は 令 4 8 の 1 6 の 2 規 定 す る 町 民 税 あ っ て は 、 1 号 掲 げ る 期 間 限 る 。 ) を 延 滞 金 の 計 算 の 基 礎 と な る 期 間 か ら 控 除 す る 。
さらに見せる

52 さらに読み込む

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

五有価証券 ( 証券取引法第二条第一項に規定する有価証券又は同条第二項の規定により有価証券とみなされる権利をいう ) を取得させる行為 ( 代理又は媒介に該当するもの並びに同条第十七項に規定する有価証券先物取引 ( 第十号において 有価証券先物取引 という ) 及び同条第二十一項に規定する有価証券先

いて「顧客等」という。)の取得することとなる金銭の合計額(当該金融商品の販売により当該顧客等の取得することとなる金銭以外の物又 は権利がある場合あっては、当該合計額当該金銭以外の物又は権利の市場価額(市場価額がないときは、処分推定価額)の合計額 を加えた額)を上回ることとなるおそれがあることをいう。 3 一の金融商品の販売について二以上の金融商品販売業者等が規定により顧客に対し重要事項について説明をしなければな らない場合において、いずれか一の金融商品販売業者等が当該重要事項について説明をしたときは、他の金融商品販売業者等は、規定かかわらず、当該重要事項について説明をすることを要しない。ただし、当該他の金融商品販売業者等が政令で定める者である 場合は、この限りでない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

建築基準法第86条第1項の規定に基づく

②集会所 戸当たり 0.5 ㎡を目安として、住戸数応じた規模の集会用施設を確保すること。 ③駐車場 駐車場の整備率は、一団地の区域内の総住戸数に対し神戸市民の住環境等をまもり そだてる条例施行規則 1 及び 2 定める整備率を満たすとともに、敷 地内通路や敷地周辺の道路等駐停車されることのないよう出来る限り高め、かつ、 適切な維持管理がなされるよう乗降や荷捌きスペースの確保等配慮した計画とする こと。ただし、高齢者用住宅等の住戸のうち、特定行政庁が認めたものについては、 駐車台数を算定する住戸数から除くことができる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

四独立行政法人労働者健康福祉機構法 ( 平成十四年法律第百七十一号 ) 第十二条第一項第七号に規定するリハビリテーション施設の中に設けられた診療所五老人福祉法 ( 昭和三十八年法律第百三十三号 ) 第二十条の四に規定する養護老人ホームの中に設けられた診療所六老人福祉法第二十条の五に規定する特別養護老

四独立行政法人労働者健康福祉機構法 ( 平成十四年法律第百七十一号 ) 第十二条第一項第七号に規定するリハビリテーション施設の中に設けられた診療所五老人福祉法 ( 昭和三十八年法律第百三十三号 ) 第二十条の四に規定する養護老人ホームの中に設けられた診療所六老人福祉法第二十条の五に規定する特別養護老

5 労働安全衛生法十八各号の事項のうち派遣中の労働者に関して法十 五条の厚生労働省令で定めるものは、各号掲げるものとする。 6 法十五規定する派遣中の労働者を使用する事業者とみなされた者は、 の健康診断の結果を記載した書面の作成を、当該派遣中の労働者が受けた健康診 断の種類応じ、労働安全衛生規則様式五号、有機溶剤中毒予防規則(昭和十七 年労働省令三十六号)様式三号、鉛中毒予防規則(昭和十七年労働省令三十 七号)様式二号、アルキル鉛中毒予防規則(昭和十七年労働省令三十八号) 様式二号、特定化学物質障害予防規則(昭和十七年労働省令三十九号)様式 二号、高気圧作業安全衛生規則(昭和十七年労働省令十号)様式一号、電離 放射線障害防止規則(昭和十七年労働省令十一号)様式一号又は石綿障害予 防規則(平成十七年厚生労働省令二十一号)様式二号によるそれぞれの書面の写 しを作成することにより行わなければならない。
さらに見せる

27 さらに読み込む

合は 同号に規定する施設に入所している者から 当該利用契約入所者を除くものとする ) とする (1) 児童福祉法第 7 条第 1 項に規定する児童福祉施設 ( 母子生活支援施設を除く ) (2) 前号に掲げる施設のほか 条例第 3 条第 1 項に規定する受給資格者又は受給資格者に係る国民健康保険法

合は 同号に規定する施設に入所している者から 当該利用契約入所者を除くものとする ) とする (1) 児童福祉法第 7 条第 1 項に規定する児童福祉施設 ( 母子生活支援施設を除く ) (2) 前号に掲げる施設のほか 条例第 3 条第 1 項に規定する受給資格者又は受給資格者に係る国民健康保険法

(平15規則122・平18規則25・一部改正) (受給資格者負担金) 条例の受給資格者が負担すべき費用(以下「受給資格者負担金」と いう。)として規則で定める額は、入院については1日つき、通院又は保険調剤つ いては1回につき200円(自己負担額が200円満たないときは、当該自己負担額相当 する額)とする。ただし、通院については診療報酬明細書1件つき、保険調剤つい ては調剤報酬明細書1件につき1,000円を限度とする
さらに見せる

20 さらに読み込む

思表示をいう 思表示をいう (4) 認定の取消し法第 8 条の2の3 第 6 項の規定により 同条第 1 項の規定に基づく防火対象物の特例認定の効力を将来に向かって失わせる意思表示をいう 失わせる意思表示をいう (5) 許可の取消し法第 12 条の2 第 1 項の規定により 法第 11 条第 1 項

思表示をいう 思表示をいう (4) 認定の取消し法第 8 条の2の3 第 6 項の規定により 同条第 1 項の規定に基づく防火対象物の特例認定の効力を将来に向かって失わせる意思表示をいう 失わせる意思表示をいう (5) 許可の取消し法第 12 条の2 第 1 項の規定により 法第 11 条第 1 項

様式16号(19関係) 別記16号様式(19関係) 様式17号 削除 別記17号様式(19関係) 様式18号(20関係) 別記18号様式(20関係) 様式19号(21関係) 別記19号様式(21関係) 様式20号(22関係) 別記20号様式(22関係) 様式21号(24関係) 別記21号様式(24関係) 様式22号(26関係) 別記22号様式(26関係) 様式23号(28関係) 別記23号様式(28関係) 様式24号(28関係) 別記24号様式(28関係) 様式25号(31関係) 別記25号様式(31関係) 様式26号(33関係) 別記26号様式(33関係) 様式27号(33関係) 別記27号様式(33関係) 様式28号(33関係) 別記28号様式(33関係) 様式29号(33関係) 別記29号様式(33関係) 様式30号(37関係) 別記30号様式(37関係) 様式31号(38関係) 別記31号様式(38関係) 様式32号(38関係) 別記32号様式(38関係) 様式33号(38関係) 別記33号様式(38関係) 様式34号(39関係) 別記34号様式(39関係) 様式35号(40関係) 別記35号様式(40関係) 様式36号(43関係) 別記36号様式(43関係) 様式37号(45関係) 別記37号様式(45関係) 様式38号(49関係) 別記38号様式(49関係) 様式39号(51関係)追加
さらに見せる

19 さらに読み込む

課税免除等を受けようとする事業税に係る北海道税条例第 41 条第 1 項の表の左欄に掲げる場合 ( 地方税法 ( 昭和 25 年法律第 226 号 ) 第 72 条の26 第 1 項又は第 72 条の29 第 1 項若しくは第 3 項の規定によって申告納付する場合を除く ) の区分に応じ 同表の中欄

課税免除等を受けようとする事業税に係る北海道税条例第 41 条第 1 項の表の左欄に掲げる場合 ( 地方税法 ( 昭和 25 年法律第 226 号 ) 第 72 条の26 第 1 項又は第 72 条の29 第 1 項若しくは第 3 項の規定によって申告納付する場合を除く ) の区分に応じ 同表の中欄

(2) 当該対象施設係る家屋につき当該対象施設含まれない部分がある場合は当該家 屋の床面積(機械室、廊下、階段その他共用供されるべき部分の床面積(以下この号 において「共用部分の床面積」という。 )を除く。 )のうち当該対象施設含まれる部分 の床面積(共用部分の床面積を除く。 )の占める割合が2分の1以上のものであり、当 該対象施設係る構築物につき当該対象施設含まれない部分がある場合は当該構築 物を構成する減価償却資産(所得税法施行令2号又は法人税法施行令13 2号掲げるもの限る。以下この号において同じ。 )の取得価額の合計額のうち当該 対象施設含まれる部分を構成する減価償却資産の取得価額の合計額の占める割合が2 分の1以上のものであること。
さらに見せる

5 さらに読み込む

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

3) 危険物の規制に関する規則 ( 避雷設備 ) 第十三条の二の二令第九条第一項第十九号 ( 令第十九条第一項において準用する場合を含む ) 令第十条第一項第十四号 ( 同条第二項及び第三項においてその例による場合を含む ) 及び令第十一条第一項第十四号の総務省令で定める避雷設備は 日本工業規格 A

七の三 危険工室及び火薬又は爆薬の停滞量(火工品あつてはその原料をなす火薬又は爆薬の停滞量)が百キ ログラムを超える火薬類一時置場あつては、三十規定により経済産業大臣が告示で定める基準 による避雷装置を設けること。ただし、煙火等の製造所における危険工室及びがん具煙火貯蔵庫貯蔵 することができるがん具煙火を保管する火薬類一時置場であつてその構造が二十九規定する基 準比して同等以上であるもの並びに導火線を保管する火薬類一時置場であつてその構造が二十九 規定する基準比して同等以上であるものについては、この限りでない。
さらに見せる

6 さらに読み込む

和 36 年厚生省令第 1 号 ) 承認申請 : 法第 14 条第 1 項又は第 19 条の2 第 1 項の規定に基づく医薬品の製造販売承認申請一変申請 : 法第 14 条第 9 項 ( 法第 19 条の2 第 5 項において準用する場合を含む ) の規定に基づく医薬品の製造販売承認事項一部変更承認

和 36 年厚生省令第 1 号 ) 承認申請 : 法第 14 条第 1 項又は第 19 条の2 第 1 項の規定に基づく医薬品の製造販売承認申請一変申請 : 法第 14 条第 9 項 ( 法第 19 条の2 第 5 項において準用する場合を含む ) の規定に基づく医薬品の製造販売承認事項一部変更承認

した場合は、以下のとおり対応することとします。 1.製品の品質、有効性及び安全性影響を与えるおそれのないものに関する手続 (1) 不備のうち、申請書の誤記載由来する等の不備であって、承認事項と製造実態と の定期的な照合、変更管理の適切な実施体制の確保がなされており、製品の品質、 有効性及び安全性影響を与えるおそれがないと製造販売業者等が判断するもの ついては、PMDA が実施する医薬品変更届出事前確認簡易相談又は後発医薬品変更届 出事前確認簡易相談において、品質、有効性及び安全性影響を与えるおそれがな いこと、並びに発生の経緯から変更管理の実施体制支障がないことの確認を受け た後、速やか医薬品軽変届出又は MF 軽変届出を行うこと。
さらに見せる

23 さらに読み込む

この文書は 森林 林業基本法 ( 昭和 39 年法律第 161 号 ) 第 10 条第 1 項の規定に基づく平成 22 年度の森林及び林業の動向並びに講じた施策並びに同条第 2 項の規定に基づく平成 23 年度において講じようとする森林及び林業施策について報告を行うものである

この文書は 森林 林業基本法 ( 昭和 39 年法律第 161 号 ) 第 10 条第 1 項の規定に基づく平成 22 年度の森林及び林業の動向並びに講じた施策並びに同条第 2 項の規定に基づく平成 23 年度において講じようとする森林及び林業施策について報告を行うものである

長野県 長野県森林づくり県 民税 (2008) H20 500円 集落周辺の里山林における間伐の実施や、間伐を推進するための地域主体の取組への支 援、人材育成を行う事業体への支援、市町村の森林づくり施策への支援など 福岡県 森林環境税 (2008) H20 500円 長期間放置され荒廃した人工林の間伐、伐採後植林しないまま放置されている林地への 広葉樹の植栽、ボランティア団体・NPO等による森林づくり活動への支援など 佐賀県 佐賀県森林環境税 (2008) H20 500円 荒廃した人工林の強度間伐による針広混交林への誘導、市町による荒廃した森林等の公有 林化による管理の推進、県民等による荒廃した森林を再生する取組への支援など 愛知県 あいち森と緑づくり 税 (2009) H21 500円 奥地や公道沿いなど林業活動では整備が困難な森林の間伐、県民や地域との協働による モデル的な里山林の整備、都市の貴重な樹林地の公有化による保全など
さらに見せる

94 さらに読み込む

平成 24 年 11 月 13 日 新潟縣信用組合 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 第 1 第 6 条第 1 項第 1 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の実施に関する方針の概要 当組合は 地域に根差し 地

平成 24 年 11 月 13 日 新潟縣信用組合 中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律第 7 条第 1 項に規定する説明書類 第 1 第 6 条第 1 項第 1 号に規定する法第 4 条及び第 5 条の規定に基づく措置の実施に関する方針の概要 当組合は 地域に根差し 地

また、関連部長等で構成する「金融円滑化対策委員会」を設置し、金融円滑化管理か かわる情報を集約するとともに、金融円滑化向けた具体的な取組みを検討しています。 2.相談・申込みの受付体制 全営業店「金融円滑化ご相談窓口」を設置し、お客様からの相談・申込み対応して います。また、店舗長を「金融円滑化対応責任者」として、融資担当役席を「金融円滑化 対応担当者」として配置しています。なお、平日は 20 時まで窓口相談時間の延長を実施 しています(予約制)。
さらに見せる

6 さらに読み込む

第二条の四法第九条第一項に規定する政令で定める額は 同項に規定する扶養親族等及び児童がないときは 十九万円とし 扶養親族等又は児童があるときは 当該扶養親族等又は児童の数に応じて それぞれ次の表の下欄に定めるとおりとする 扶養親族等又は児童の数 金額 一人 五七〇 〇〇〇円 ( 当該扶養親族等が所得

第二条の四法第九条第一項に規定する政令で定める額は 同項に規定する扶養親族等及び児童がないときは 十九万円とし 扶養親族等又は児童があるときは 当該扶養親族等又は児童の数に応じて それぞれ次の表の下欄に定めるとおりとする 扶養親族等又は児童の数 金額 一人 五七〇 〇〇〇円 ( 当該扶養親族等が所得

2 法十二各号規定する所得は、の損害を受けた年の所得のうち、前項 規定する範囲の所得とする。 (手当の支給を制限する場合の所得の額の計算方法) 及びの二から十一まで規定する所得の額は、その年の四月 一日の属する年度(以下「当該年度」という。)分の道府県民税係る地方税法三十二規定する総所得金額(母子家庭高等職業訓練修了支援給付金等係るものを除く。)、 退職所得金額及び山林所得金額、法附則三十三の三規定する土地等係る事業 所得等の金額、法附則三十規定する長期譲渡所得の金額、法附則三十五 規定する短期譲渡所得の金額、法附則三十五規定する先物取引 係る雑所得等の金額、外国居住者等の所得に対する相互主義による所得税等の非課税等する法律(昭和三十七年法律号)十二及び十六 において準用する場合を含む。)規定する特例適用利子等の額、十二及び十六において準用する場合を含む。)規定する特例適用配 当等の額、租税条約等の実施伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律(昭 和年法律十六号)の二の二規定する条約適用利子等の額並びに 規定する条約適用配当等の額の合計額(以下このにおいて「総所得金額等合計額」 という。)から八万円を控除した額とする。ただし、法規定する受給資格者が 母である場合あつては、総所得金額等合計額及び当該母がその監護する児童の父から当該児 童の養育必要な費用の支払として受ける金品その他の経済的な利益係る所得の金額の百 分の八十相当する金額(一円未満の端数があるときは、これを四捨五入して得た金額)の合 計額から八万円を控除した額とし、規定する受給資格者が父である場合あつては、総 所得金額等合計額及び当該父がその監護し、かつ、これと生計を同じくする児童の母から当該 児童の養育必要な費用の支払として受ける金品その他の経済的な利益係る所得の金額の 百分の八十相当する金額(一円未満の端数があるときは、これを四捨五入して得た金額)の 合計額から八万円を控除した額とする
さらに見せる

21 さらに読み込む

の 全体についての防火 防災管理に係る消防計画 ( 作成例 ) 第 1 総則 ( 第 1-1 目的及び適用範囲 ) 1. 目的この消防計画は 消防法第 8 条の2 第 1 項及び同法第 36 条第 1 項において準用する規定並びに同法第 8 条の2の5に基づき 統括防火 防災管理者が の全体について

の 全体についての防火 防災管理に係る消防計画 ( 作成例 ) 第 1 総則 ( 第 1-1 目的及び適用範囲 ) 1. 目的この消防計画は 消防法第 8 条の2 第 1 項及び同法第 36 条第 1 項において準用する規定並びに同法第 8 条の2の5に基づき 統括防火 防災管理者が の全体について

(1) 統括防火・防災管理者は、複数の事業所にわたる増築、模様替えなどの工事が行われ る場合は、その工事が行われる事業所の防火・防災管理者などと協力して「工事中の 消防計画」を作成し、消防機関へ届け出ること。 (2) 統括防火・防災管理者は、各事業所が行う用途変更・間仕切り変更・内装等の変更工 事又は催物の開催など不定期行われる工事等に関し、必要応じて、これらの工事な どの計画内容や現場の確認を行い、法令適合の確認や火気管理等の防火上の確認を行う こと。
さらに見せる

36 さらに読み込む

て 報告を求めるものとする ( 開示等に係る業務の特例 ) 第 5 条副学長等は 規程第 4 条第 1 項各号に規定する課に 開示等に係る請求書の受付を命じることができるものとする ( 審査請求 ) 第 6 条法第 42 条第 1 項に定める審査請求があったときは 第 2 条第 2 項及び第 3 項

て 報告を求めるものとする ( 開示等に係る業務の特例 ) 第 5 条副学長等は 規程第 4 条第 1 項各号に規定する課に 開示等に係る請求書の受付を命じることができるものとする ( 審査請求 ) 第 6 条法第 42 条第 1 項に定める審査請求があったときは 第 2 条第 2 項及び第 3 項

窓口来所して訂正請求をする場合、本人確認のため、運転免許証、健康保険の被保険者証、 個人番号カード(住民基本台帳カード(注)。ただし、個人番号通知カードは不可。)、在留カ ード又は特別永住者証明書(これらの書類とみなされる外国人登録証明書)等の住所・氏名が記 載されている書類を提示・提出してください。どのような書類が本人確認書類当たるのか分か らない場合や、本人確認書類の提出ができない場合は、窓口事前相談してください。 (注)住民基本台帳カードは、その効力を失うか、個人番号カードの交付を受ける時まで個人番
さらに見せる

60 さらに読み込む

民法第 634 条第 1 項もしくは第 2 項前段または同法第 570 条において準用する同法 5 66 条第 1 項に規定する担保責任 (2) 保険付保住宅住宅建設事業者または住宅販売事業者が引き渡した住宅であって保険証券に記載された住宅をいいます (3) 被保険者当社と保険契約を締結して保険証券

民法第 634 条第 1 項もしくは第 2 項前段または同法第 570 条において準用する同法 5 66 条第 1 項に規定する担保責任 (2) 保険付保住宅住宅建設事業者または住宅販売事業者が引き渡した住宅であって保険証券に記載された住宅をいいます (3) 被保険者当社と保険契約を締結して保険証券

2 保険契約者および被保険者は、保険金を受領したときは、規定基づき当社が取得 した権利を行使するため必要な一切の書類を、遅滞なく当社提出しなければなりません。 この場合において、当社協力するため必要な費用は、当社の負担とします。 3 当社は、 1 規定基づき取得する権利のうち、保険契約者、被保険者、保険付保住宅 かかる建設工事、設計、工事監理、地盤調査、地盤補強工事等を行うため締結された請負 契約もしくは受託契約の当事者(これらの当事者と締結された下請負契約または再受託契約の 当事者、およびこれらの者から重層的契約が締結されたいずれの当事者も含みます。 ) 、また はそれらの者と雇用契約のある者に対する限り、これを行使しません。ただし、損害がこれら の者の故意・重過失による場合はこの限りではありません。
さらに見せる

17 さらに読み込む

152 号 ) (6) 保険医療機関等健康保険法第 63 条第 3 項第 1 号に規定する保険医療機関若しくは保険薬局又は同法第 88 条第 1 項に規定する指定訪問看護事業者 ( 平 6 条例 30 平 8 条例 29 平 9 条例 16 平 10 条例 2 平 11 条例 15 平 14 条例

152 号 ) (6) 保険医療機関等健康保険法第 63 条第 3 項第 1 号に規定する保険医療機関若しくは保険薬局又は同法第 88 条第 1 項に規定する指定訪問看護事業者 ( 平 6 条例 30 平 8 条例 29 平 9 条例 16 平 10 条例 2 平 11 条例 15 平 14 条例

1 この条例は、重度心身障害者、重度心身障害児及び合併障害者に対し、医療費を 助成することにより、これらの者の保健の向上と福祉の増進を図ることを目的とする。 (定義) 2 この条例において、次の各号掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号定める ところよる。

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...