• 検索結果がありません。

同 1 億 3重 百万円増加し 3 億 5【 百万円

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

... ご賛同いただきました株主の皆さまには、 心より感謝を申しあげます。 ワコールグループは乳がん早期発見・早期診断・ 早期治療を推進する「ピンクリボン活動」を支援てお り、その一環として、公益財団法人日本対がん協会「乳 がんをなくす ほほえみ基金」へ寄付を行っております。 2005年からは株主さまにもご参加いただける 支援活動として、ご優待としてお送りた商品券「ワコールエッセンス ...

8

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

... る日本テレビ放送網株式会社を引受人とする第三者割当増資により資本剰余金が344、非支配株主持分が302 増加たこと、親会社株主に帰属する四半期純利益を247計上たこと及び40の配当実施によ ...

11

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

... 負債につきましては、前連結会計年度末に比べ 1.4%増加、76,788 となりました。これは主 として、平成 30 年3月末が休日であったことから、支払手形及び買掛金が 3,248 増加たことな どによります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ ...

19

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

... 2017 年も不動産市場の回復は当初予想より遅れる見込み 2016年3月にヤンゴン証券取引所に上場て以来、ファースト・ミャンマー・インベストメント株式会社(以下、FMI)の 株価は最高値から65%下落た。これは、過年度ではFMIの主要な収益源であった不動産市場からの利益の回復 が予想よりも遅れていたことによる。他の2つの主力事業である銀行業と医療事業は順調に拡大を続けると見込ま ...

24

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

... また、流動負債は111千7で、寄附金債務(奨学寄附金の未使用分)2千 9、未払金5、コンピュータ等の短期リース債務27千7が 主なものである。 なお、負債の主な減少要因は、NTT ...

7

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

... 行 時 に 新 た な 中 期 経 営 計 画 (Innovation Plan 2013)を掲げ、主に財務体質改善を最優先課題として経営を進めてまいりました。経営 統合前に1,240あった有利子負債残高を858まで削減、自己資本比率についても利益の蓄積、自己 ...

19

保証概況 DATA/TRANSITION 平成 24 年度主要数値及び概況説明 保証承諾累計 1,067 億円 ( 前年度比 98.7%) 四半期別保証状況推移表 グラフ [ 単位 :( 表 ) 百万円,( グラフ ) 億円 ] 保証債務残高 2,950 億円 ( 前年度比 97.3%) 代位弁済累

保証概況 DATA/TRANSITION 平成 24 年度主要数値及び概況説明 保証承諾累計 1,067 億円 ( 前年度比 98.7%) 四半期別保証状況推移表 グラフ [ 単位 :( 表 ) 百万円,( グラフ ) 億円 ] 保証債務残高 2,950 億円 ( 前年度比 97.3%) 代位弁済累

... 年 1 月 18 日(金)に、環境ビジネスに積極的に取り 組んでおられる油藤商事株式会社の専務取締役青山裕史氏を講師としてお迎え、「ガソリンスタンドはまちの エコロジーステーション」をテーマにご講演いただきました。 同社は、ガソリンスタンドをまちの「資源ゴミ回収ステーション=エコロジーステーション」と位置づけ、一般 ...

16

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

... 以上の結果、ゴルフ部門の売上高は、294千(前期比1.0%増)となりました。 [遊園地部門] 遊園地部門の遊園地は、平成29年3月にモノづくりをテーマとた新遊園地エリア「グッジョバ!!」が1周年を 迎えました。「グッジョバ!!」は、メディアの注目度も高く、テレビや新聞などの媒体で多数取り上げられた結果、 ...

19

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

... 記 1. 本件取引の概要と判明に至る経緯 A 社は、2007 年以前より複数のクライアントとの間で直接映像制作取引を継続ていましたが、 2007 年春頃に、一部大手クライアントからの支払サイトが納品後 3~4 か月であることに起因、 受注増加に伴う運転資金の負担が増加てきたことを理由に、クライアントからの一次受託先を釣 ...

7

(2) 楽天優勝および日本一に伴う経済波及効果の推計観客増加に伴う観客消費額および仙台市内百貨店の優勝セール等開催による売上増加額の合計 ( 直接効果 :52 億 37 百万円 ) から誘発される経済波及効果は 原材料 サービスの需要増加に伴う一次波及効果が 18 億 13 百万円 個人消費の増加に

(2) 楽天優勝および日本一に伴う経済波及効果の推計観客増加に伴う観客消費額および仙台市内百貨店の優勝セール等開催による売上増加額の合計 ( 直接効果 :52 億 37 百万円 ) から誘発される経済波及効果は 原材料 サービスの需要増加に伴う一次波及効果が 18 億 13 百万円 個人消費の増加に

... また、レギュラーシーズンよりも対戦相手のファンが数多く観戦、そのほと んどが宿泊するものと見込まれることから、観客全体の3割を宿泊客と想定て推 計ています。 この結果、CSファイナルステージおよび日本シリーズ開催による観客消費額 は図表3のとおり、3370と推計されます。これを日帰り・宿泊客別にみる ...

11

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

... 月 1 日、株主責任の一環として、当社の筆頭株主である当社取締役 相談役秋元竜弥との間で、当社取締役相談役秋元が保有する当社普通株式 763,620 株のう ち、担保が設定されている 240,000 株および株式が制度信用銘柄に選定されているために 預託ている 4,590 株を除いた 519,030 株について、事業再生ADR手続が成立すること ...

6

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

... KG 1,046 -38.1% 3,324,030 -33.2% -64.1% プラスチック MT 11,219 ...2.53,389,981 2.4倍 76.6% ゴムタイヤ及びチューブ KG 9,042,158 2.53,381,790 ...2.53,381,790 2.4倍 ...

26

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

... Office 365 の導入 ・ 運用支援に加えて、 サービスラインナップの拡充も他の注力事業と 様に進んだ。 マイクロソフトのクラウドサービス環境である 「Microsoft Azure」 の運用監視、 バックアップ、 セキュリティの運用技術支援、 導入計画や各種オプションサービスの利用支援、 既存のネットワークとクラウドを併用するハイブリッドクラウドサポートなど、顧客のクラウドサー ビスの利用をトータルにサポートする ...

12

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

... 【通信ネットワーク・コンピュータシステムについて】 携帯電話やPC等を結ぶ通信ネットワークが、自然災害や事故(社内外の人的要因のものを含む)、急激なアクセスの集中等によって切断された場合には、当社グループの 事業及び業績に影響を与える可能性があります。コンピュータウィルスやハッカーの不正な侵入により通信ネットワークやコンピュータシステムに障害が発生た場合、 ...

19

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

... 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,599(前年四半期比10.0%減)、 セグメント利益は113(前年四半期比68.6%減)となりました。 (コンシューマサービスセグメント) ...

10

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

... 月 1 日~平成 30 年 2 月 28 日)の業績の概況 当社が専門とするコンクリートの補改修市場については、高度経済成長期に大量に建設されたインフラが老朽化 の時期を迎えており、今後 20 年間で建設後 50 年以上を経過する建設物の割合が急速に増えてまいります。既存の 上下水道設備や管路、橋梁、港湾等の調査業務は急増ており、今後コンクリートの補修・改修の増加が見込まれ ます。 ...

10

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

... (決算短信へのリンクは こちら ) 2017年3月期第2四半期実績 2017年3月期第2四半期累計(上半期)実績は、前年同期比増収増益となった。具体的には、売上高20,999 ...

5

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

... 連結貸借対照表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・ 4 (3) 連結株主資本等変動計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 6 (4) 連結キャッシュ・フロー計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8 (5) ...

22

Show all 10000 documents...

関連した話題