同 1 億 3重 百万円増加し 3 億 5【 百万円

Top PDF 同 1 億 3重 百万円増加し 3 億 5【 百万円:

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

株主の皆さまへ Operating Results 営業の概況 当第 2 四半期の業績概況 1,024 億 12 百万円前年同期比 3.1% 減 78 億 87 百万円前年同期比 18.5% 減 1 株式会社ワコールホールディングス代表取締役社長 日頃は格別のご高配を賜り 厚く御礼申しあげます 第

 ご賛同いただきました株主の皆さまには、 心より感謝を申しあげます。  ワコールグループは乳がん早期発見・早期診断・ 早期治療を推進する「ピンクリボン活動」を支援てお り、その一環として、公益財団法人日本対がん協会「乳 がんをなくす ほほえみ基金」へ寄付を行っております。  2005年からは株主さまにもご参加いただける 支援活動として、ご優待としてお送りた商品券「ワコールエッセンス チェック」をご寄付としてご送付いただいております。 
さらに見せる

8 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 13

当第2四半期連結会計期間末における固定負債は92となり、前連結会計年度末に比べ13増加いたし ました。これは主に資産除去債務が11増加たことによるものであります。 (純資産) 当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は3,812となり、前連結会計年度末に比べ153増加 いたしました。これは主に連結子会社である株式会社オールアバウトナビの株式の一部譲渡及び連結子会社によ る日本テレビ放送網株式会社を引受人とする第三者割当増資により資本剰余金が344、非支配株主持分が302 増加たこと、親会社株主に帰属する四半期純利益を247計上たこと及び40の配当実施によ り利益剰余金が206増加たこと、また、立会外買付により自己株式が700増加たことによるもので あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 304 年月 1 日 ~ 平成 313 年月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円

負債につきましては、前連結会計年度末に比べ 1.4%増加、76,788 となりました。これは主 として、平成 30 年3月末が休日であったことから、支払手形及び買掛金が 3,248 増加たことな どによります。 純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ 10.1%減少、49,276 となりました。これは 主として利益剰余金が親会社株主に帰属する当期純損失 5,206 や剰余金の配当 667 による 減少などにより 5,832 減少たことによります。また自己資本比率は、前連結会計年度末に比べ 2.9 ポイント減少 39.1%となりました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

( 参考 ) 個別業績の概要 年 3 月期の個別業績 (2017 年 4 月 1 日 ~2018 年 3 月 31 日 ) (1) 個別経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高営業利益経常利益当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 2018 年 3 月期 11

前期 (参考) 米ドル 約108 約102 約109 約114 ユーロ 約122 約114 約118 約121 (2)当期の財政状態の概況 当連結会計年度末の資産につきましては、総資産が1,26755であり、前連結会計年度末より2658 減少いたしました。このうち、流動資産につきましては76781であり、前連結会計年度末より3665 増加いたしました。前連結会計年度末より現金及び現金同等物が1613増加、また、売上債権が2798 増加、棚卸資産は934減少ております。非流動資産は49973であり、前連結会計年度末より6323 減少いたしました。主に、無形資産、有価証券の減少によるものです。
さらに見せる

14 さらに読み込む

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

株式情報 払込済株式数 百万株 額面 1,000 チャット ( 約 82.7 円 ) 時価総額 3,404.6 億チャット ( 約 28,156 百万円 ) URL 主要株主 (2015 年 9 月 30 日現在 ) 保有率 % サージ パン 33.8 (

2017 年も不動産市場の回復は当初予想より遅れる見込み 2016年3月にヤンゴン証券取引所に上場て以来、ファースト・ミャンマー・インベストメント株式会社(以下、FMI)の 株価は最高値から65%下落た。これは、過年度ではFMIの主要な収益源であった不動産市場からの利益の回復 が予想よりも遅れていたことによる。他の2つの主力事業である銀行業と医療事業は順調に拡大を続けると見込ま れる。しかしながら、税率の上昇や高級コンドミニアムの過剰供給といったマイナス要因により不動産市場の投資 熱が減少続けていることから、市場の回復には更に数年掛かるであろう。FMIの収益予測を下方修正すると共 に、2018年3月期の目標株価を16,800チャット(約1,389)に引き下げる。しかし、過去8~9か月間に 大幅な株価調 整が見られたことから、今後の 株価下落リスクは限定的と考える。また、最近の米国による制裁の解除や外国人 投資家の株式売買を可能とする新投資法の制定が2017年に予定されていること等、投資環境には改善が見られ ることから、投資格付けは「アウトパフォーム」に据え置く。
さらに見せる

24 さらに読み込む

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

また、流動負債は111千7で、寄附金債務(奨学寄附金の未使用分)2千 9、未払金5、コンピュータ等の短期リース債務27千7が 主なものである。 なお、負債の主な減少要因は、NTT 等に対する未払金の減少によるものである。 また、運営費交付金のうち、県の定める人件費や施設整備費に充当するものは、費用 進行基準(費用額と同額を収益化)により収益化するため、残額は、翌年度に債務と て繰り越す取扱いとなっている。奨学寄附金についても同様である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

当 社 グ ル ー プ は 、 平 成 23 年 4 月 に ホ ー ル デ ィ ン グ ス 体 制 に 移 行 時 に 新 た な 中 期 経 営 計 画 (Innovation Plan 2013)を掲げ、主に財務体質改善を最優先課題として経営を進めてまいりました。経営 統合前に1,240あった有利子負債残高を858まで削減、自己資本比率についても利益の蓄積、自己 株式の処分などにより経営統合前の7.7%を21.7%まで向上させる等、財務面において一定の成果を収める ことができました。一方、当社グループを取り巻く事業環境は大きく変化、競合他社との競争はますます 激しくなっており、これに対応するための一時的なコストが収益を圧迫て減益傾向が余儀なくされる等、 収益面における課題が浮き彫りとなりました。この状況からの転換が今後の中長期的な課題であると認識 ております。
さらに見せる

19 さらに読み込む

保証概況 DATA/TRANSITION 平成 24 年度主要数値及び概況説明 保証承諾累計 1,067 億円 ( 前年度比 98.7%) 四半期別保証状況推移表 グラフ [ 単位 :( 表 ) 百万円,( グラフ ) 億円 ] 保証債務残高 2,950 億円 ( 前年度比 97.3%) 代位弁済累

保証概況 DATA/TRANSITION 平成 24 年度主要数値及び概況説明 保証承諾累計 1,067 億円 ( 前年度比 98.7%) 四半期別保証状況推移表 グラフ [ 単位 :( 表 ) 百万円,( グラフ ) 億円 ] 保証債務残高 2,950 億円 ( 前年度比 97.3%) 代位弁済累

平成 25 年 1 月 18 日(金)に、環境ビジネスに積極的に取り 組んでおられる油藤商事株式会社の専務取締役青山裕史氏を講師としてお迎え、「ガソリンスタンドはまちの エコロジーステーション」をテーマにご講演いただきました。 同社は、ガソリンスタンドをまちの「資源ゴミ回収ステーション=エコロジーステーション」と位置づけ、一般 家庭や県内のスーパー等の企業から廃食油を集めてバイオディーゼル燃料にする活動を行っておられます。ガ ソリンスタンドの特性を活かした新たな役割を提案、実施されたことで、県内では企業や自治体でも利用が進み、 バイオディーゼル燃料を利用たゴミ収集車やバスをよく見かけるようになりました。    
さらに見せる

16 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

以上の結果、ゴルフ部門の売上高は、294千(前期比1.0%増)となりました。 [遊園地部門] 遊園地部門の遊園地は、平成29年3月にモノづくりをテーマとた新遊園地エリア「グッジョバ!!」が1周年を 迎えました。「グッジョバ!!」は、メディアの注目度も高く、テレビや新聞などの媒体で多数取り上げられた結果、 「よみうりランド」の認知が広がり、商圏の拡大にも貢献いたしました。また、「グッジョバ!!」で行われている ワークショップは季節ごとに内容を変更て実施、好評を博しております。年間を通じて開催たイベントにお きましては、6回目の開催となるゴールデンウィークの「全国ご当地大グルメ祭2016」や、松竹芸能プロデュース によるお笑い芸人とアシカのコラボレーションショー「アシカ・笑(しょう)3」、初夏に開催た恒例のほたる 観賞イベント「ほたるの宵」、夏は、テレビなどで活躍する人気の芸人が日替わりで登場する笑いの祭典「よみう りランド×よしもと ワイワイ笑フェス」や、食イベント「南国グルメフェスタ」などが好評を博しました。なお、 「グッジョバ!!」エリア内に、レストラン「グッジョバ!!キッチン」を新規オープン、幅広いお客様にご利用い ただいております。9月には、タツノコプロがプロデュースするハロウィンイベント「Yomiuriland H alloween2016」を開催いたしました。また、新たに、着ぐるみとプロジェクションマッピングが融合た オリジナルのライブショー「飛びだす!マッピング~モンスターからの贈りモノ~」を開催、多くのお客様で賑 わいをみせました。10月には、レストラン「Goodday」がリニューアルオープン、世界的照明デザイナー 石井幹子氏がよみうりランド向けにデザインたシャンデリア「JEWELRY JARDIN(ジュエリージャル ダン)」を導入いたしました。そして、冬の風物詩であるイルミネーションイベント「ジュエルミネーション」は、 今シーズンも石井幹子氏監修のもと、10月中旬より開幕いたしました。7シーズン目となる今回は、新たに「グッ ジョバ!!」エリアを、知恵をテーマとたウィズダムエリアとして拡張、球数は前回より100球多い500球の 規模に拡大いたしました。また、着ぐるみとプロジェクションマッピングのクリスマス版ライブショー「飛びだ す!マッピングⅡ~見習いサンタのラストギフト~」などのイベントを開催いたしました。これらが奏功、過去 最高であった昨シーズンのジュエルミネーションの入園者記録を塗り替えました。ジュエルミネーションの好調を 受け、前年に引き続き、最寄り駅の京王よみうりランド駅に新宿駅発の下り特急・準特急列車の一部が期間限定で 臨時停車いたしました。これらの結果、年間の遊園地入園者は過去最高を記録いたしました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

その後 2017 年 12 月に至るまで 同様の取引構造による本件取引は 当初の年間 80 百万円程度から増加しながら間断なく継続され 2017 年は月額 250 百万円 ~280 百万円となっており これまでの取引における受注総額は 122 億円程となっておりました この間 当該取引に必要なクライ

本件架空取引の概要、調査の状況、今後の対応方針等につきましては、下記のとおりです。 記 1. 本件取引の概要と判明に至る経緯 A 社は、2007 年以前より複数のクライアントとの間で直接映像制作取引を継続ていましたが、 2007 年春頃に、一部大手クライアントからの支払サイトが納品後 3~4 か月であることに起因、 受注増加に伴う運転資金の負担が増加てきたことを理由に、クライアントからの一次受託先を釣 りビジョンと、当該受託額の 95%の再委託料で釣りビジョンから A 社へ再委託するという映像制 作取引(以下、本件取引)を開始ました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

(2) 楽天優勝および日本一に伴う経済波及効果の推計観客増加に伴う観客消費額および仙台市内百貨店の優勝セール等開催による売上増加額の合計 ( 直接効果 :52 億 37 百万円 ) から誘発される経済波及効果は 原材料 サービスの需要増加に伴う一次波及効果が 18 億 13 百万円 個人消費の増加に

(2) 楽天優勝および日本一に伴う経済波及効果の推計観客増加に伴う観客消費額および仙台市内百貨店の優勝セール等開催による売上増加額の合計 ( 直接効果 :52 億 37 百万円 ) から誘発される経済波及効果は 原材料 サービスの需要増加に伴う一次波及効果が 18 億 13 百万円 個人消費の増加に

また、レギュラーシーズンよりも対戦相手のファンが数多く観戦、そのほと んどが宿泊するものと見込まれることから、観客全体の3割を宿泊客と想定て推 計ています。 この結果、CSファイナルステージおよび日本シリーズ開催による観客消費額 は図表3のとおり、3370と推計されます。これを日帰り・宿泊客別にみる と、日帰り客の消費額は1460、宿泊客は1910となっています。 また、消費費目別にみると、 「入場料」が882(構成比26.2%) 、 「宿泊費」 が75422.4%)、「飲食費」が65819.5%)、「グッズ購入 費」が57417.0%)、「交通費」が50214.9%)となってい ます。
さらに見せる

11 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

当セグメントの売上収益は、前年同期比19.5%増の290,599となり、調整後営業利益は前年同期比4,328 増加、27,865となりました。また、営業利益は、前年同期比3,956増加、26,127となりま た。 特殊鋼については、工具鋼は、国内向け、アジア向けともに需要が回復、前年同期を上回りました。産業機器材 料は、自動車関連の環境親和製品が増加たことに加え、その他産業部材でも半導体関連装置向け部材が好調だった ことにより、前年同期と比べて伸長ました。電子材料は、半導体パッケージ材料が好調となったことに加え、電池 用材料や有機ELパネル関連部材が増加た結果、前年同期を大きく上回りました。航空機関連材料およびエネルギー 関連材料は低調となりました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

当社は、平成 22 年 6 月 1 日、株主責任の一環として、当社の筆頭株主である当社取締役 相談役秋元竜弥との間で、当社取締役相談役秋元が保有する当社普通株式 763,620 株のう ち、担保が設定されている 240,000 株および株式が制度信用銘柄に選定されているために 預託ている 4,590 株を除いた 519,030 株について、事業再生ADR手続が成立すること を条件として、当社に対し無償譲渡することにつき合意いたしました。当社は、無償譲渡 を受けた自己株式 519,030 株式については、全て消却する予定です。この点の詳細につい ては、平成 22 年 6 月 1 日付「自己株式の無償取得及び消却に関するお知らせ」において公 表しております。
さらに見せる

6 さらに読み込む

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

医薬品 KG 1,046 -38.1% 3,324,030 -33.2% -64.1% プラスチック MT 11,219 4.5% 2,750,257 -7.2% -8.3% 原料別製品 6,478,915 90.9% 119.6% ゴム製品 MT 9,044 2.53,389,981 2.4倍 76.6%  ゴムタイヤ及びチューブ KG 9,042,158 2.53,381,790 2.4倍 76.7%  (自動車用タイヤ及びチューブ) KG 9,042,158 2.53,381,790 2.4倍 76.8% 紙類及び製品 MT 2,522 2.9倍 387,110 2.6倍 9.3%  紙及び板紙 MT 2,331 3.3倍 374,354 2.8倍 9.3% 非金属鉱物製品 512,150 25.6% 4.1%  ガラス及び製品 406,326 4.4% 0.7% 鉄鋼 MT 275 79.7% 291,758 70.8% 4.7%  管及び管用継手 MT 189 4.6倍 268,375 2.0倍 5.3% 非鉄金属 MT 126 126.0倍 266,827 9.4倍 9.2% 金属製品 1,514,427 39.9% 16.8%  くぎ・ねじ・ボルト及びナット類 MT 46 12.2% 1,428,419 44.6% 17.1% 機械類及び輸送用機器 47,857,088 6.6% 115.6% 一般機械 41,034,503 11.0% 158.0%  原動機 KG 1,187,573 -2.9% 39,249,638 12.3% 166.4%  事務用機器 783,316 -10.8% -3.7%
さらに見せる

26 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

Office 365 の導入 ・ 運用支援に加えて、 サービスラインナップの拡充も他の注力事業と 様に進んだ。 マイクロソフトのクラウドサービス環境である 「Microsoft Azure」 の運用監視、 バックアップ、 セキュリティの運用技術支援、 導入計画や各種オプションサービスの利用支援、 既存のネットワークとクラウドを併用するハイブリッドクラウドサポートなど、顧客のクラウドサー ビスの利用をトータルにサポートする 「Microsoft Azure マネージドサービス」、 システム管理 を一元化することでシステムの運用負荷の低減やコスト削減を実現する 「System Center 導 入支援サービス」、 クラウド環境では困難と言われているモバイルデバイスの統合管理基盤 を構築できる 「Enterprise Mobility Recovery Suite 導入支援サービス」、 災害時にクラウドの バックアップを行うシステム構築と運用サービスを行う 「Azure Site Recovery 導入支援サービ ス」 などが代表例である。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【通信ネットワーク・コンピュータシステムについて】 携帯電話やPC等を結ぶ通信ネットワークが、自然災害や事故(社内外の人的要因のものを含む)、急激なアクセスの集中等によって切断された場合には、当社グループの 事業及び業績に影響を与える可能性があります。コンピュータウィルスやハッカーの不正な侵入により通信ネットワークやコンピュータシステムに障害が発生た場合、 当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。計画を超えるユーザーの急激な増加等が発生た場合、設備投資の前倒しや計画よりも大きな費用負担が 発生、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭通期 15,

以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高は1,599(前年四半期比10.0%減)、 セグメント利益は113(前年四半期比68.6%減)となりました。 (コンシューマサービスセグメント) コンシューマサービスセグメントにおきましては、「サンプル百貨店」におけるサンプル商品の拡充と会員数の 増加に注力、主力の有償サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移ております。また、前第 2四半期連結会計期間より損益を取り込んでおりますファッションECサイト「MUSE&CO.」の売上貢献もあり、売上 高は堅調に推移ました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

-9- Ⅱ 第 44 期中間期(平成 29 月 9 月 1 日~平成 30 年 2 月 28 日)の業績の概況 当社が専門とするコンクリートの補改修市場については、高度経済成長期に大量に建設されたインフラが老朽化 の時期を迎えており、今後 20 年間で建設後 50 年以上を経過する建設物の割合が急速に増えてまいります。既存の 上下水道設備や管路、橋梁、港湾等の調査業務は急増ており、今後コンクリートの補修・改修の増加が見込まれ ます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

美容事業売上高は16,737 百万円 ( 前年同期はなし ) 事業利益( のれん償却前営業利益 )2,105 百万円 ( 同 ) のれん償却額 366 百万円 セグメント営業利益は1,739 百万円 ( 同 ) となった ミュゼプラチナムが運営する女性専用の美容脱毛サロン ミュゼプラチナム の顧客が

(決算短信へのリンクは こちら ) 2017年3月期第2四半期実績 2017年3月期第2四半期累計(上半期)実績は、前年同期比増収増益となった。具体的には、売上高20,999 (前年同期比+314.1%)、営業利益1,956+208.4%)、経常利益2,079+222.3%)、親会社株 主に帰属する四半期純利益1,136+186.0%)となった。2017年3月期通期決算同社予想に対する2017年3 月期第2四半期累計実績の進捗率は、売上高52.5%、営業利益48.9%、経常利益52.0%、親会社株主に帰属する四半 期純利益43.7%となった。尚、2017年3月期第2四半期累計実績の大幅増収増益の主な要因は、前年度(2016年3月 期)第4四半期より連結範囲に含めた株式会社ミュゼプラチナム(美容事業)の6ヶ月間分の寄与である。 四半期(累計)業績の推移
さらに見せる

5 さらに読み込む

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

3. 平成 31 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 4 月 1 日 ~ 平成 31 年 3 月 31 日 ) 経常収益 経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円

2.会計基準の選択に関する基本的な考え方 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 2 3.連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結貸借対照表‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 3 (2) 連結損益計算書及び連結包括利益計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥・・・・ 4 (3) 連結株主資本等変動計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 6 (4) 連結キャッシュ・フロー計算書‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 8 (5) 連結財務諸表に関する注記事項‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9 (継続企業の前提に関する注記)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 9 (セグメント情報等)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥10 (1株当たり情報)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13 (重要な後発事象)‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥13
さらに見せる

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...