収益分配金、解約金、償還金に対する課税

Top PDF 収益分配金、解約金、償還金に対する課税:

退職金についての市県民税はどうなるの? 私は平成 28 年 4 月に退職しました 勤続 30 年で退職金は 2,100 万円ですがこの退職 金に対する市県民税はいくらですか 通常の市県民税の課税は前年中の所得に対し翌年課税されるしくみになっていますが 退職金に対する課税については 他の所得と分離して

退職金についての市県民税はどうなるの? 私は平成 28 年 4 月に退職しました 勤続 30 年で退職金は 2,100 万円ですがこの退職 金に対する市県民税はいくらですか 通常の市県民税の課税は前年中の所得に対し翌年課税されるしくみになっていますが 退職金に対する課税については 他の所得と分離して

答え 平成 28 年 6 月にお送りしたのは、平成 28 年度分の市県民税の納税通知書 です。 市県民税の課税は前年中の所得に対し翌年課税されるしくみになってい ます。ですからあなたの場合も平成 27 年中にもらっておられた給与所得の 金額をもとにして平成 28 年度の市県民税が課税されたものです。これは今 年無収入であったとしても課税されるもので間違いではありません。

8 さらに読み込む

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 株式組入比率 信用取引比率 株式先物比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % % % 百万円 2016 年 12 月 20 日 10, ,033 1 期 (2017 年 5

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 株式組入比率 信用取引比率 株式先物比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % % % 百万円 2016 年 12 月 20 日 10, ,033 1 期 (2017 年 5

〈市況〉 当期の国内株式市場は軟調に推移しました。 国内株式市場はトランプ米政権が中国に対する追加関税の発動を発表したことやイタリアの政局の混乱な どがマイナス要因となり、2018年7月上旬まで下落基調で推移しました。その後は、米中の通商問題を巡る 交渉再開の動きが好感された一方、トルコリラの下落を背景とした欧州株式市場の下落が嫌気されたことな どもあり、9月上旬にかけて方向感の無い展開となりました。9月中旬には新興国通貨の反発を受けて上昇 に転じましたが、その後は反落し、堅調な経済指標の発表を受けて米国の長期金利が上昇したことや米中貿 易摩擦に対する懸念を背景に世界各国で株価が下落したことなどから国内株式市場は期末にかけて軟調に推 移しました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

2 収益分配金に関する留意事項 分配金は 預貯金の利息とは異なり 投資信託の純資産から支払われますので 分配金が支払われると その金額相当分 基準価額は下がります 投資信託から分配金が支払われるイメージ 分配金 投資者のファンドの購入価額によっては 分配金の一部または全部が 実質的には元本の一部払戻

2 収益分配金に関する留意事項 分配金は 預貯金の利息とは異なり 投資信託の純資産から支払われますので 分配金が支払われると その金額相当分 基準価額は下がります 投資信託から分配金が支払われるイメージ 分配金 投資者のファンドの購入価額によっては 分配金の一部または全部が 実質的には元本の一部払戻

課税上は、株式投資信託として 取扱われます 。個人受益者について は、収益 分配時の普通分配ならびに換金時および償還時の譲渡益に対して 課税され ます。NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資 非課税制度)の適用対象です。税法が改正された場合等には、変更となること があります。くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

6 さらに読み込む

配当所得 配当所得の金額 = 収入金額 - 元本取得のための ( 源泉徴収前 ) 借入金の利子 原則 支払い時に源泉徴収 確定申告によって精算 総合課税 申告不要あり 株式の配当 株式投資信託の収益分配金 保険会社から受け取る基金利息など 申告分離課税あり 例外 非課税株式投資信託の特別分配金 (

配当所得 配当所得の金額 = 収入金額 - 元本取得のための ( 源泉徴収前 ) 借入金の利子 原則 支払い時に源泉徴収 確定申告によって精算 総合課税 申告不要あり 株式の配当 株式投資信託の収益分配金 保険会社から受け取る基金利息など 申告分離課税あり 例外 非課税株式投資信託の特別分配金 (

を支払う際には、原則として、その会社には所得税を源泉徴収する義務がある。 2. 割引金融債の発行体が、投資家に対して、割引金融債の償還を支払う際 には、原則として、その発行体には所得税を源泉徴収する義務がある。 3. 国内の銀行が、預金者に対して、非課税ではない預金利子を支払う際には、 原則として、その銀行には所得税を源泉徴収する義務がある。

16 さらに読み込む

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 75 期第 76 期第 77

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 75 期第 76 期第 77

※「分配再投資基準価額」は、分配(税引前)を分配時にファンドへ再投資したものとみなして計算しています。また、受益権の分割も修正しています。 ※基準価額の計算において、運用管理費用(信託報酬)は控除しています(後述のファンドの費用をご覧ください)。 ※上記は過去の実績を示したものであり、将来の成果を示唆・保証するものではありません。 ※「期間別騰落率」の各計算期間は、基準日から過去に遡った期間の応当日までとし、当該ファンドの「分配再投資基準価額」を用いた騰落率を表しています。 ※実際のファンドでは、課税条件によって投資者ごとの騰落率は異なります。また、換金時の費用・税金等は考慮していません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

運用経過 当期の 1 口当たり純資産価格等の推移について 米ドル建米ドルヘッジクラス 円建円ヘッジクラス 円建為替ヘッジなしクラス ( 注 1) 課税前分配金再投資換算 1 口当たり純資産価格は 各クラスの公表されている 1 口当たり純資産価格に各収益分配金 ( 課税前 ) をその分配を行う日に全額

運用経過 当期の 1 口当たり純資産価格等の推移について 米ドル建米ドルヘッジクラス 円建円ヘッジクラス 円建為替ヘッジなしクラス ( 注 1) 課税前分配金再投資換算 1 口当たり純資産価格は 各クラスの公表されている 1 口当たり純資産価格に各収益分配金 ( 課税前 ) をその分配を行う日に全額

FOMENTO ECONOMICO MEXICANO SAB DE CV 3.34% ABBOTT LABORATORIES 3.26% AMERICA MOVIL SAB DE CV 2.88% (注) 組入比率は純資産価額に対する当該組入資産の評価額の割合です。端数調整方法の相違により、運用報告書(全体版)に記載されているファンドの 財務書類における数値と一致しない場合があります。以下の各グラフも同様です。

12 さらに読み込む

運用経過 (2017 年 6 月 21 日 ~2017 年 10 月 30 日 ) 基準価額等の推移 第 7 期首 : 10,119 円償還日 :10, 円 ( 作成対象期間中の既払分配金 :0 円 ) 騰落率 :0.6%( 分配金再投資ベース ) 分配金再投資基準価額は 収益分配金 (

運用経過 (2017 年 6 月 21 日 ~2017 年 10 月 30 日 ) 基準価額等の推移 第 7 期首 : 10,119 円償還日 :10, 円 ( 作成対象期間中の既払分配金 :0 円 ) 騰落率 :0.6%( 分配金再投資ベース ) 分配金再投資基準価額は 収益分配金 (

(作成対象期間中の既払分配:0円) 騰 落 率 :0.6% (分配再投資ベース) ※分配再投資基準価額は、収益分配(税込み)を分配時に再投資したものとみなして計算したもので、ファンド運用の実質的なパフォー マンスを示すものです。なお、当ファンドは当該期間中の既払分配がありませんので、分配再投資基準価額と基準価額は同一です。 ※分配を再投資するかどうかについてはお客様がご利用のコースにより異なり、また、ファンドの購入価額により課税条件も異なりますので、
さらに見せる

9 さらに読み込む

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 11 月 30 日から 2016 年 5 月 30 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 1

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 11 月 30 日から 2016 年 5 月 30 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 1

国債、政府保証債、地方債 -% 合計 -% 合計 100.00% ※組入比率は、純資産総額に対する評価額の比率。 ※公社債の「A-相当以上」 、 「BBB相当以上」および短期金融資産の「A-2相当以上」は、投資信託協会自主ルール「MMF等の運営に 関する規則」に基づき当社が作成したガイドラインで判断したもの。 「BBB相当以上」および「A-2相当以上」の上段の数値は1社の 信用格付業者等(金融商品取引法第2条第36項に規定する信用格付業者及び金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19年内閣府令第52 号)第116条の3第2項に規定する特定関係法人をいう。以下同じ。 )による信用格付けがあるもので、下段の数値は信用格付業者等の信用 格付けがないものです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2 2. 平成 29 年 12 月期の運用状況の予想 ( 平成 29 年 7 月 1 日 ~ 平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益当期純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない

2 2. 平成 29 年 12 月期の運用状況の予想 ( 平成 29 年 7 月 1 日 ~ 平成 29 年 12 月 31 日 ) ( 金額は百万円未満切捨て % 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 1 口当たり営業収益営業利益経常利益当期純利益利益超過 ( 利益超過分配金分配金は含まない

このような運用の結果、当期の業績は、営業収益15,118百万円、経常利益6,868百万円、当期純利益6,867百 万円となりました。分配については、「投資法人に係る課税の特例」(租税特別措置法第67条の15)の適 用により、利益分配が損金算入されることを企図し、また、法人税等の発生による投資主負担を最小限に 抑えるべく、前期までに内部留保した繰越利益の一部を分配に充当することとしています。これに加え、 当期は「平成21年及び平成22年に土地等の先行取得をした場合の課税の特例」(租税特別措置法第66条の 2)を適用し、当期未処分利益のうち210百万円を圧縮積立として内部留保することとしました。この結 果、投資口1口当たりの分配は7,213円となりました。
さらに見せる

31 さらに読み込む

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 投資信託証券比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % 百万円 2015 年 12 月 28 日 10, 期 (2016 年 12 月 5 日 ) 9,

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 投資信託証券比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % 百万円 2015 年 12 月 28 日 10, 期 (2016 年 12 月 5 日 ) 9,

以下は、当ファンドの組入投資信託証券の運用状況です。本書作成日時点で入手しうる直近の計算期間末日 ※ の 情報(年次報告書等)に基づき作成しています。運用管理費用率は、純資産総額に対する運用及び管理等にかかる 費用の総額の割合を示したものです。組入(上位)銘柄の比率は、各投資信託証券の純資産総額に対する比率です。 ※直近の計算期間末日は、バンガード・ジャパンストック・インデックスファンド、バンガード・500インデックスファンド、バンガード・パシフィック(日本を 除く)ストック・インデックスファンド、バンガード・トータルボンドマーケット・インデックスファンド、バンガード・ユーロガバメントボンド・インデックス ファンドは2017年12月31日、バンガード・ヨーロピアンストック・インデックスファンド、バンガード・エマージングマーケッツストック・インデックスファンド、 バンガード・エマージングマーケッツガバメントボンド・ ETF 、バンガード・リアルエステイト(米国を除く)・ ETF は2017年10月31日、バンガード・ショート タームインフレーションプロテクテッドセキュリティーズ・インデックスファンドは2018年9月30日、バンガード・ REIT ・ ETF は2018年1月31日となります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

外貨建て債券の発行者又は外貨建て債券の償還金及び利子の支払いを保証している者の信用状況の悪化等により 償還金や利子の支払いの停滞もしくは支払不能の発生又は特約による額面の切下げや株式への転換等が生じた場合 投資額の全部又は一部を失ったり 償還金に代えて予め定められた株式と調整金又はいずれか一方で償還

外貨建て債券の発行者又は外貨建て債券の償還金及び利子の支払いを保証している者の信用状況の悪化等により 償還金や利子の支払いの停滞もしくは支払不能の発生又は特約による額面の切下げや株式への転換等が生じた場合 投資額の全部又は一部を失ったり 償還金に代えて予め定められた株式と調整金又はいずれか一方で償還

・ 外貨建て債券の譲渡益及び償還益(それぞれ為替損益がある場合は為替損益を含みます。 )は、上場 株式等に係る譲渡所得等として申告分離課税の対象となります。 ・ 外貨建て債券の利子、譲渡損益及び償還損益は、上場株式等の利子、配当及び譲渡損益等との損益通 算が可能です。また、確定申告により譲渡損失の繰越控除の適用を受けることができます。 ・ 割引債(割引の方法により発行された公社債、分離元本公社債、分離利子公社債及び発行価額が額面
さらに見せる

5 さらに読み込む

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 投資信託証券比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % 百万円 2017 年 4 月 28 日 10, 期 (2017 年 11 月 10 日 ) 10,

設定以来の運用実績 決算期 ( 分配落 ) 基準価額 収益分配金 ( 課税前 ) 期中騰落率 投資信託証券比率 純資産総額 ( 設定日 ) 円円 % % 百万円 2017 年 4 月 28 日 10, 期 (2017 年 11 月 10 日 ) 10,

当期の収益以外 -円 翌期繰越分配対象額 225円 *「当期の収益」は「経費控除後の配当等収益」および「経費控除後・繰越欠損補填後の売買益(評価益を含む)」から分配に充当した金額です。 また、「当期の収益以外」は「収益調整」および「分配準備積立」から分配に充当した金額です。

8 さらに読み込む

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 5 月 29 日から 2015 年 11 月 29 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 6

- 1 - 新光 MMF( マネー マネージメント ファンド ) 1.1 万口当たり分配金 (2015 年 5 月 29 日から 2015 年 11 月 29 日まで ) のお知らせ 1 万口当たり分配金 期間お手取額税込み所得税地方税源泉税合計分離課税適用の方非課税制度ご利用の方 2015 年 6

※組入比率は、純資産総額に対する評価額の比率。 ※公社債の「A-相当以上」 、「BBB相当以上」および短期金融資産の「A-2相当以上」は、投資信託協会自主ルール「MMF等の運営 に関する規則」に基づき当社が作成したガイドラインで判断したもの。 「BBB相当以上」および「A-2相当以上」の上段の数値は1社 の信用格付業者等(金融商品取引法第2条第36項に規定する信用格付業者及び金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19年内閣府令第 52号)第116条の3第2項に規定する特定関係法人をいう。以下同じ。)による信用格付けがあるもので、下段の数値は信用格付業者等の 信用格付けがないものです。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint _ユーロランド分配金.pptx

Microsoft PowerPoint _ユーロランド分配金.pptx

収益分配 年6回の決算時に分配を行います。 販売会社との契約によっては、収益分配の再投資が可能です。 課税関係 課税上は、株式投資信託として取扱われます。個人受益者については、収益分配時の普通分配ならびに換金時および償還時の譲渡益に対して 課税されます。NISA(少額投資非課税制度)およびジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)の適用対象です。税法が改正された 場合等に は、変更となることがあります。くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。
さらに見せる

12 さらに読み込む

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

年 1 月期の運用状況の予想 (2018 年 8 月 1 日 ~2019 年 1 月 31 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

また、取得予定資産の場合は、各物件の前所有者等より提供を受けた情報に基づき、実績値をベー スに、費用の変動要素等を勘案し、算出しています。 ● 一般的に、取得する資産の固定資産税及び都市計画税については、前所有者と期間按分による計算 を行い、取得時に精算しますが、当該精算相当額は取得原価に算入されるため取得期は費用計上 されません。本投資法人においては、運用資産の固定資産税、都市計画税及び償却資産税のうち、 2018年7月期(第16期)に取得したコンフォリア上野入谷他7物件及び取得予定資産について、 2019年1月期(第17期)は費用計上されず、2019年度の固定資産税、都市計画税及び償却資産税 が、2019年7月期(第18期)から一部費用計上されることとなります。なお、取得済資産及び取得 予定資産の固定資産税、都市計画税及び償却資産税の年税額は81百万円と想定しています。 ● 建物の修繕費は、資産運用会社が策定した中長期の修繕計画をもとに、各営業期間に必要と想定さ
さらに見せる

76 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - AAAソブリン_分配金レポート201711

Microsoft PowerPoint - AAAソブリン_分配金レポート201711

販売会社 BNPパリバインベストメント・パートナーズ株式会社のホームページ(http://www.bnpparibas-am.jp/)においても 販売会社がご覧になれます。 (募集の取扱い、一部解約の請求の受付、償還及び一部解約の支払等を行います。) <ご注意> 投資信託は、その商品性から次の特徴をご理解のうえお申込みくださいますようお願い申し上げます。投資信託は預金ではありません。 投資信託は預金保険機構または保険契約者保護機構の保護の対象とはなりません。投資信託は元本および利息を保証する商品ではありません。 投資信託の設定・運用は投資信託委託会社が行います(販売会社は販売の窓口となります)。投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託 をご購入のお客様が負うことになります。銀行等の登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、日本投資者保護基金の補償対象とはなりません。 ※お申込みの際は必ず投資信託説明書(交付目論見書)をご確認の上、ご自身でご判断下さい。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Q1. なぜ分配金を引き下げたのですか A1. 今後も分配金の支払いを行いつつ信託財産の成長をめざす観点から 基準価額水準 市況動向 配当等収益の状況などを総合的に勘案し 分配金を引き下げることといたしました 引き下げた分配金の差額分は ファンドの純資産として留保され 決算日の分配落ち後の基準価額は

Q1. なぜ分配金を引き下げたのですか A1. 今後も分配金の支払いを行いつつ信託財産の成長をめざす観点から 基準価額水準 市況動向 配当等収益の状況などを総合的に勘案し 分配金を引き下げることといたしました 引き下げた分配金の差額分は ファンドの純資産として留保され 決算日の分配落ち後の基準価額は

■ 本見通しないし分析は作成時点での見解を示したものであり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。 Q4.分配を引き下げた分は、どうなるのですか。 A4.引き下げた分配は、ファンドの純資産に留保されます。 投資信託の分配は預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われます。引き下げた分配はファン ドの純資産として留保され、決算日の分配落ち後基準価額に反映されます。したがって、分配(1万口当たり、課 税前)と分配落ち後基準価額の合計は分配の額にかかわらず同額であり、分配の引き下げが受益者にとって 不利益になるものではありません。
さらに見せる

20 さらに読み込む

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

2. 平成 26 年 6 月期の運用状況の予想 ( 平成 26 年 1 月 1 日 ~ 平成 26 年 6 月 30 日 ) 営業収益営業利益経常利益当期純利益 (% 表示は対前期増減率 ) 1 口当たり分配金 ( 利益超過分配金は含まない ) 1 口当たり利益超過分配金 百万円 % 百万円 % 百

定める分配方針に基づき、分配の 額は利益の金額を限度とし、かつ、 租税特別措置法第67条の15に規定さ れている「配当可能利益」の金額の 90%に相当する金額を超えるものと しております。但し税務上の欠損 が発生した場合、又は欠損の繰越 控除により税務上の所得が発生しな い場合は、本投資法人が合理的に決 定する額としております。かかる方 針により、当期純利益335,078,277 円に剰余取崩額20,870,811円を加 算した金額の355,949,088円を利益 分配として分配することとしまし た。なお、本投資法人規約第17条第 4号に定める利益を超えた金銭の分 配は行いません。
さらに見せる

39 さらに読み込む

契約の概要 出資返戻金 出資返戻金 利益分配額 利益分配額 賞金等 会員様 匿名組合契約 愛馬会法人株式会社ロードサラブレッドオーナーズ 匿名組合契約 クラブ法人株式会社ロードホースクラブ JRA 出資金等現物出資出走 賞金分配時の 出資返戻金 利益分配額 の計算方法 出資返戻金 限度額の計算式賞金

契約の概要 出資返戻金 出資返戻金 利益分配額 利益分配額 賞金等 会員様 匿名組合契約 愛馬会法人株式会社ロードサラブレッドオーナーズ 匿名組合契約 クラブ法人株式会社ロードホースクラブ JRA 出資金等現物出資出走 賞金分配時の 出資返戻金 利益分配額 の計算方法 出資返戻金 限度額の計算式賞金

 ・主要株主:中村祐子、中村伊三美  ・他に行っている事業:なし 2.顧客から出資された財産の運用形態  競走用馬ファンドは愛馬会法人が顧客から出資された財産により取得し た競走用馬(本書面において「当該出資馬」という)を日本中央競馬会に 馬主登録のあるクラブ法人に匿名組合契約に基づいて現物出資し、クラブ 法人は当該出資馬を競馬に出走させて得た賞金等から「諸経費①」(※本書 面「12.(6)①」参照)を控除した額(本書面において「獲得賞金分配対象 額」という)を愛馬会法人に支払い、愛馬会法人は当該支払額から「諸経 費②」(※本書面「12.(6)①」参照)を控除した額を顧客に月次に支払い ます。それぞれの間の支払額は①JRAによる源泉徴収(JRA源泉税)、 ②クラブ法人から愛馬会法人に支払う際の20.42%の源泉徴収(クラブ法人 源泉税)、③愛馬会法人から顧客に支払う際の20.42%の源泉徴収(愛馬会法 人源泉税)と3段階で源泉所得税の徴収が行われます。ただし、決算期間に 控除された②クラブ法人源泉税、特別出走手当は顧客に年次に支払います。 ③愛馬会法人源泉税は顧客の確定申告により還付請求が可能な場合があり ます(所得金額によっては納付が必要な場合もあります)。また、当該出資 馬が引退・運用終了した際に支払及び精算がある場合には顧客に愛馬 会法人所定の方法で支払います。なお、それぞれの間の支払額は一定の基 準に従って「出資返戻」と「利益分配額」に区分した上で「利益分配額」 についてのみ源泉徴収が行われますので必ずしも全ての支払額に課せられ るものではありません。顧客にはご出資の際に掛かる競走馬出資金等の費 用の他に契約終了まで維持費出資等の追加出資を毎月お支払い頂く仕 組みです。
さらに見せる

8 さらに読み込む

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 88 期第 89 期第 9 期

の計算過程 (1 万口当たり 税引前 ) 配当等収益 経費控除後配当等収益 1 有価証券売買等損益 経費控除後 繰越欠損補填後売買益 2 分配準備積立金 3 収益調整金 4 分配対象額 ( 支払い前 ) ( 単位 : 円 1 万口当たり 税引前 ) 第 88 期第 89 期第 9 期

「公社債の価格変動(価格変動リスク・信用リスク)」、「為替変動リスク」、「カントリー・リスク」、「その他(解約申 込みに伴うリスク等) 」 ※ 新興国には先進国とは異なる新興国市場のリスクなどがあります。 ※ NDF 取引を行なう場合、コストは需給や規制等の影響により、金利差から期待される水準と大きく異なる場合があ ります。

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...