原子力リスク特有の考慮事項

Top PDF 原子力リスク特有の考慮事項:

別添5:特定個人情報保護評価指針第10に定める審査の観点の主な考慮事項

別添5:特定個人情報保護評価指針第10に定める審査の観点の主な考慮事項

⑥ 特定個人情報提供・移転について、特定されたリスクを軽減するために講ずべき措置を 具体的に記載しているか。記載された対策は、特定個人情報保護評価目的に照らし妥当 なものか。 49. 特定個人情報提供又は移転記録を残している場合は、その記録内容や記録方 法、保存期間等を具体的に記載しているか。また、記録を残していない場合は特定個人情 報が不正に提供又は移転されることを防止できる理由を具体的に記載しているか。記載さ れた対策は、特定個人情報保護評価目的に照らし、妥当なものか。
さらに見せる

28 さらに読み込む

技術等検討小委員会 ( 第 2 回 ) 資料第 1 号 原子力発電所の 事故リスクコスト試算の考え方 原子力発電 核燃料サイクル技術等検討小委員会 ( 第 2 回 ) 平成 23 年 10 月 13 日 内閣府原子力政策担当室

技術等検討小委員会 ( 第 2 回 ) 資料第 1 号 原子力発電所の 事故リスクコスト試算の考え方 原子力発電 核燃料サイクル技術等検討小委員会 ( 第 2 回 ) 平成 23 年 10 月 13 日 内閣府原子力政策担当室

 経済・社会的損害(生産損失・就労不能による損害、風評被 害等)  損害額算定は公表された数値を参考とする  ただし、将来リスクは立地やプラント世代ごとに異なることに

15 さらに読み込む

特定個人情報保護評価指針第10の1に定める審査の観点における主な考慮事項

特定個人情報保護評価指針第10の1に定める審査の観点における主な考慮事項

⑥ 特定個人情報提供・移転について、特定されたリスクを軽減するために講ずべき措置を 具体的に記載しているか。記載された対策は、特定個人情報保護評価目的に照らし妥当 なものか。 49. 特定個人情報提供又は移転記録を残している場合は、その記録内容や記録方 法、保存期間等を具体的に記載しているか。また、記録を残していない場合は特定個人情 報が不正に提供又は移転されることを防止できる理由を具体的に記載しているか。記載さ れた対策は、特定個人情報保護評価目的に照らし、妥当なものか。
さらに見せる

29 さらに読み込む

の状況自己資本の充実度に関する事項 1. 信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳 信用リスク アセット エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 我が国の中央政府及び中央銀行向け 9,644 8,55

の状況自己資本の充実度に関する事項 1. 信用リスクに対する所要自己資本の額及び区分ごとの内訳 信用リスク アセット エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 エクスポージャーの期末残高 リスク アセット額 所要自己資本額 我が国の中央政府及び中央銀行向け 9,644 8,55

③系統および系統外出資  会員として総会等へ参画を通じた経営概況監督に加え、日常的な協議を通じた連合会等財務健 全化を求めており、系統外出資についても同様対応を行っています。  なお、これら出資その他これに類するエクスポ−ジャ−評価等については、①子会社および関連会 社については、取得原価を記載し、毀損状況に応じて子会社等損失引当金を、②その他有価証券につい ては時価評価を行った上で、取得原価と評価差額については、「その他有価証券評価差額金」として純資 産部に計上しています。③系統および系統外出資については、取得原価を記載し、毀損状況に応じて 外部出資等損失引当金を設定しています。また、評価等重要な会計方針変更等があれば、注記表にその 旨記載することとしています。
さらに見せる

10 さらに読み込む

レジメ目次は 以下のとおり リスクとリスクマネジメントの定義 事故等リスクマネジメントの流れ 事故等リスクの例及びリスクの許容基準の例 事故等リスクの鄭瀬艇的 定量的評価のアプローチ イベントツリー フォールトツリーを用いた事項等リスクの定性的 定量的評価のイメージ 事故等リスク解析評価結果の整理の

レジメ目次は 以下のとおり リスクとリスクマネジメントの定義 事故等リスクマネジメントの流れ 事故等リスクの例及びリスクの許容基準の例 事故等リスクの鄭瀬艇的 定量的評価のアプローチ イベントツリー フォールトツリーを用いた事項等リスクの定性的 定量的評価のイメージ 事故等リスク解析評価結果の整理の

また、フォールトツリー解析では、特に機械・電気系設備が対象となるが、フ ォールトツリーを作成して、リスクシナリオを展開する。 こうやって展開したリスクシナリオは原子力発電施設ようなものでは、数万 という膨大な数になるが、これらは、全てデータベースとして蓄積してリスク マネジメント関係者が使用できるようにする。

8 さらに読み込む

327 い. 更にそう多くはないが, 火災に伴う人的被害も発生している. こうした状況を考慮し, 海外と国内の原子力発電所における火災事象の発生傾向などを分析した. INSS では, 継続的に海外の原子力発電所の不具合情報を入手し, その情報で述べられている内容から得られる教訓の中で, 国内の原子力

327 い. 更にそう多くはないが, 火災に伴う人的被害も発生している. こうした状況を考慮し, 海外と国内の原子力発電所における火災事象の発生傾向などを分析した. INSS では, 継続的に海外の原子力発電所の不具合情報を入手し, その情報で述べられている内容から得られる教訓の中で, 国内の原子力

Trend Analysis of Fire Events at Nuclear Power Plants 島田 宏樹(Hiroki Shimada) * 要約 海外(1995 〜 2005 年)と国内(1966 〜 2006 年)原子力発電所で発生した火災不具合に ついて傾向分析を行い,両者比較を行った.これは原子力安全システム研究所(以下「INSS」と いう)原子力情報データベースに登録されている海外原子力発電所不具合事象から,1995 〜 2005 年 11 年間災害に関する不具合事象(暴風,豪雨,地震,津波,火災等)を抽出したところ,火 災が最も多く発生していることに着目したためである.火災不具合事象における故障原因別,プ ラントへ影響別,国内発生件数と比較等分析を行った.その結果,海外,国内とも電流過 熱,電気アークなど電気火災が全体約半分を占めており,電気設備保守管理が火災防護上最 も重要であることが判った.また,ユニット 1 基当たり年間火災発生件数から見ると,作業火災 は海外と国内ほぼ同じであるが,設備自体火災は国内では海外約 1/4 と少ない.これは,海外, 国内共に火気を使用する作業管理は同程度であるが,設備については保守方法違いによる差異 が出ていると推定される.
さらに見せる

11 さらに読み込む

300927_課_薬生薬審発0927第3号_核酸医薬品の品質の担保と評価において考慮すべき事項について

300927_課_薬生薬審発0927第3号_核酸医薬品の品質の担保と評価において考慮すべき事項について

二重鎖オリゴヌクレオチドを有効成分とする核酸医薬では、最終的な精製工程後にア ニーリングを行うことが多く、このような工程は原薬品質に与える影響が大きいため適切 な管理が必要である。また、有効成分がコンジュゲートオリゴヌクレオチド又は二重鎖であ る場合製造におけるコンジュゲート前中間体やアニーリング前中間体など最終製品重 要な品質特性と関連性が高い工程や中間体については、最終製品を用いた場合分析と比 較して、類縁物質プロファイルを評価しやすい場合がある。このような品質管理において 重要な中間体については、適切な管理項目と管理値設定が必要となるだろう。これら工程 管理として設定されるモニタリングや試験方法及びその適切性、管理値及びその設定根拠 について、説明する必要がある。なお、適切に管理された製造プロセスモニタリング結果 は、原薬構造特性(例えば、塩基配列)を支持する根拠一つとして用いることができる。
さらに見せる

15 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期財務諸表の

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ) : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期財務諸表の

売上高につきましては、ガス販売量減少によりガス売上高が減少したことなどから、前年同期に比 べ 1.1%減少 292 億円となりました。一方、売上原価につきましては、円安進行により原材料費が増 加したことなどから、前年同期に比べ 3.4%増加 171 億円となりました。 この結果、営業利益は前年同期に比べ 10.7%減少 34 億円、経常利益は 9.5%減少 34 億円、四半 期純利益は 0.1%減少 22 億円となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

    (売上高概況) コンテンツビジネス事業:地上波テレビ広告収入うちタイム収入につきましては、前年同四半期大型単発番 組「2014 FIFA ワールドカップ ブラジル」反動減がありましたが、レギュラー番組枠で収入増加や「FIFA クラブワールドカップ ジャパン2015」「ラグビーワールドカップ2015」など単発番組による収入などがあり、 前年同四半期に比べ14億3千5百万円(+1.7%)増収869億2千3百万円となりました。スポット収入につきまして は、スポット広告費地区投下量が前年同四半期を下回る中、好調な視聴率を背景に在京キー局間におけるシェア が大きく伸びたため、前年同四半期に比べ47億6千万円(+5.2%)増収959億9千9百万円となりました。また、興 行収入における美術展「モネ展」や幹事映画「バケモノ子」ヒット、物品販売収入における音楽CD販売増 加、コンテンツ販売収入における定額制動画配信サービス「Hulu」会員数増加などにより、コンテンツビジネ ス事業売上高は、セグメント間内部売上高又は振替高を含め、前年同四半期に比べ207億3千万円(+8.1%)増 収2,774億7千1百万円となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

このような状況もとで、当第3四半期連結累計期間当社グループ連結売上高は、主たる事業であるコンテ ンツビジネス事業におきましてパッケージメディア販売不振による物品販売収入減収があったものの、地上波 テレビ広告収入増収や、HJホールディングス合同会社及び㈱タツノコプロ連結子会社化による影響などによ り、前年同四半期に比べ93億2千4百万円(+3.7%)増収2,607億9百万円となりました。一方、売上原価と販売費 及び一般管理費を合わせた営業費用は、コンテンツビジネス事業拡大ため積極的な先行投資による費用増加 などにより、前年同四半期に比べ75億6百万円(+3.4%)増加2,312億5千2百万円となりました。この結果、営業 利益は前年同四半期に比べ18億1千8百万円(+6.6%)増益294億5千6百万円となり、経常利益につきましては5億 2百万円(+1.5%)増益347億9千3百万円となりました。また、特別損失において前年同四半期に東京スカイツリ ーへ送信所移転に伴う損失を計上した反動や、投資有価証券評価損減少などがあり、四半期純利益は前年同四 半期に比べ14億8千5百万円(+7.3%)増益218億9百万円となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

原子力 放射線部会部会報第 18 号 2016 年 6 月 17 日発行 原子力 放射線部会 ~ 住民目線のリスクコミュニケーション ~ 巻頭言 科学と安全と安心の悩ましい関係 東京大学大学院理学系研究科教授早野龍五東京

原子力 放射線部会部会報第 18 号 2016 年 6 月 17 日発行 原子力 放射線部会 ~ 住民目線のリスクコミュニケーション ~ 巻頭言 科学と安全と安心の悩ましい関係 東京大学大学院理学系研究科教授早野龍五東京

私が例会に参加する目的は情報収集です。敦 賀発電所は長期停止中であり所員士気維持向 上が重要です。私は原子力保安監督者として、 所員と積極的なコミュニケーションを図ることで 対応しています。こちらから話しかけることを きっかけに、相手話す将来心配事や日常不 満を傾聴し、お互い意見を交わす中で、共に頑 張ってこの難局を乗り越えようという連帯感が生 まれる、という図式を描きつつ悪戦苦闘していま す。ただ、コミュニケーションといっても何か話 ネタが必要です。それを入手するにうってつ け場所が例会です。会員方には分からないで しょうが、私にとって例会は様々な情報宝庫で す。これをもとに考えれば話題を広げることがで き、大変重宝しています。
さらに見せる

18 さらに読み込む

はじめに 1 私ども原子力事業者は 福島第一原子力発電所事故の反省に立ち 自主的 継続的に安全性向上活動を推進していかなければ日本の原子力に明日はない という危機感のもと 様々な安全性向上活動を推進してきた とくに 安全性の向上とリスクの低減に向け 確率論的リスク評価 ( 以下 PRA) を意思決定

はじめに 1 私ども原子力事業者は 福島第一原子力発電所事故の反省に立ち 自主的 継続的に安全性向上活動を推進していかなければ日本の原子力に明日はない という危機感のもと 様々な安全性向上活動を推進してきた とくに 安全性の向上とリスクの低減に向け 確率論的リスク評価 ( 以下 PRA) を意思決定

• 米国ACAD98-004(米国INPOが定めた技術者教育 ガイドライン)をベースに教育カリキュラムを構築し、系統全 体を俯瞰する技術力を有するエンジニアを養成中 • カリキュラムを修了したうえで資格認定ため力量確認を 実施し、システムエンジニアとして配置(現在5名を配置、 今後拡大予定)

11 さらに読み込む

1 検査の背景及び実施状況 (1) 参議院からの検査要請の内容 東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する 次の各事項である 原子力損害の賠償に関する国の支援等の状況 原子力損害賠償支援機構による資金援助業務の実施状況等 東京電力株式会社による原子力損害の

1 検査の背景及び実施状況 (1) 参議院からの検査要請の内容 東京電力株式会社に係る原子力損害の賠償に関する国の支援等の実施状況に関する 次の各事項である 原子力損害の賠償に関する国の支援等の状況 原子力損害賠償支援機構による資金援助業務の実施状況等 東京電力株式会社による原子力損害の

増により5.9億円、計器メーカーに対する120A計器増産要請により12.2億円、 それぞれ追加的な費用が発生していた。また、東京電力グループ事業子会社 として送配電事業を担う東京電力パワーグリッド株式会社(以下「東電PG」 という。)は、託送業務システム不具合等に伴い、電気使用量を小売電気事 業者に通知できない事態が生じていた。このため、小売電気事業者は、電気 使用者問合せに対応するためにコールセンターを設置したり、ダイレクトメ ールを送付したりするなど対応を行った。そして、そのために要した費用に
さらに見せる

30 さらに読み込む

Horizon Cloud on IBM Cloud のテナント デプロイに関する考慮事項 - VMware Horizon Cloud Service on IBM Cloud 21.1

Horizon Cloud on IBM Cloud のテナント デプロイに関する考慮事項 - VMware Horizon Cloud Service on IBM Cloud 21.1

Horizon Cloud Service でホストされた RDSH Microsoft リモート デスクトップ サービスおよび VMware Horizon テクノロジーを 使用して Horizon Cloud Service でアプリケーションや完全な共有デスクトップを提供 するためサーバベースモデル。各仮想デスクトップ単一接続と比較すると、 RDSH サーバでは、さまざまなユーザーから複数デスクトップおよびアプリケーション セッ ションをサポートできます。Horizon Cloud Service エージェントが、 Horizon Client から接続をサポートするために、RDSH サーバにインストールされます。
さらに見せる

56 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 3ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表

売上原価と販売費及び一般管理費を合わせた営業費用は、コンテンツビジネス事業増収に伴う費用増加や、 生活・健康関連事業へ参入による影響などにより、前年同四半期に比べ253億円(+16.4%)増加1,793億8千万 円となりました。 この結果、営業利益は前年同四半期に比べ71億6千4百万円(+44.0%)増益234億4千万円、経常利益は63億6千 万円(+31.7%)増益264億5千1百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は前年同四半期に比べ42億4千6百万 円(+33.9%)増益167億6千8百万円となりました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

原子力安全規制・原子力防災の充実・強化等に関する提言

原子力安全規制・原子力防災の充実・強化等に関する提言

3 (提言4)審査と検査はリスクに着目したものであるべき  原子力規制は、リスクを大きく下げる対象に注力することが重要であるが、 平成 32 年度から導入予定新検査制度について、 その本来設計思想 (リ スク・インフォームド、パフォーマンス・ベースト)に則った運用をする ためには、規制側・被規制側双方で多大な努力を要する。原子力規制委 員会は、米国等原子炉監督プロセス(ROP)例に学び、被規制者(事 業者、大学等)意見も汲みながら、リスク重視考え方が規制側・事業 者側双方で共有されるようにすること。
さらに見せる

7 さらに読み込む

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

目次 主要な指標... 3 自己資本の構成に関する開示事項... 4 定性的な開示事項 連結の範囲に関する事項 自己資本の充実度に関する評価方法の概要 会社グループ全体のリスクの特性並びにリスク管理の方針 手続及び体制の概要 信用リスク

(経済資本) 当社グループでは、リスクアペタイト・フレームワークに基づいて自己資本から一定ストレス状況 に耐えうる資本バッファ等を考慮上、主要なグループ会社等に対し経済資本を配賦しております。経 済資本配賦際には、グループ会社等過去リスク実績や業務運営方針・予算等を考慮した上で決定 しております。グループ会社等が業務運営に伴い保有するリスクを計量化し、当該リスクが配賦した経 済資本範囲内に収まっていることを確認することにより、自己資本充実度を評価しています。
さらに見せる

52 さらに読み込む

定量的なリスク評価と安全目標 確率論的リスク評価 (PRA: Probabilistic Risk Assessment) とは 原子力施設等で発生するあらゆる事故を対象として その発生頻度と発生時の影響を定量評価し その積である リスク がどれほど小さいかで安全性の度合いを表現する方法 地震や津波

定量的なリスク評価と安全目標 確率論的リスク評価 (PRA: Probabilistic Risk Assessment) とは 原子力施設等で発生するあらゆる事故を対象として その発生頻度と発生時の影響を定量評価し その積である リスク がどれほど小さいかで安全性の度合いを表現する方法 地震や津波

– 発電所パフォーマンス指標( PI)及び検査指摘事項重要度決定プロセス(SDP)評価 結果をリスク情報を活用して 4段階に色分けして、その後措置を決定している。パフォー マンス低下傾向が見られる発電所に対しては、 NRCは規制検査スコープを拡大する。 事業者にとっては、パフォーマンスが低下すると NRC検査に対応するために必要となる リソース(時間及び検査料)が増大することになる。このため、事業者がパフォーマンスを 維持に努めるインセンティブになっている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 : 無 (2) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4 ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (1) 四半期連結財務諸表の作成に特有の会計処理の適用 をご覧くださ

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」は、国内版は2016年3月にユーザー数全世界2500万人&国 内1500万人突破に伴う『μ'sic Foreverキャンペーン』実施により売上が増加しました。また簡体字版売上 も増加しました。 「BLEACH Brave Souls」は、英語版売上が増加しました。その他、 「天空クラフトフリート」 売上が堅調に推移しました。

13 さらに読み込む

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表の作成に

注記事項 (1) 当四半期連結累計期間における重要な子会社の異動 ( 連結範囲の変更を伴う特定子会社の異動 ): 無 (2) 簡便な会計処理及び特有の会計処理の適用 : 有 ( 注 ) 詳細は 添付資料 4ページ 2. サマリー情報 ( 注記事項 ) に関する事項 (2) 四半期連結財務諸表の作成に

国内売上高は前年同期比 3.8%増 2,245 億円となりました。電装機器やエンジンが減少したもの 、トラクタがエンジン排ガス規制強化後販売低迷から回復に転じ、農業関連商品も大幅に増加し ました。 海外売上高は前年同期比 11.9%増 8,171 億円となりました。北米では、為替改善や前期に実施 した事業買収効果に加え、需要拡大により小型トラクタ、建設機械、エンジンが伸長しました。欧州 では、底堅い工事需要を背景に建設機械、エンジンが堅調に推移したほか、農業市場向けインプル メントも増加しました。アジアでは、タイが雨季に発生した集中豪雨影響を受けたものの、乾季作に おける取水制限解除や為替改善効果により増加しました。中国では、コンバインが低調でしたが、 田植機、建設機械、エンジン伸長により大幅増となりました。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...