医療の現場に、新しい有力な治療法が加わります

Top PDF 医療の現場に、新しい有力な治療法が加わります:

ン投与を組み合わせた膵島移植手術法を新たに樹立しました 移植後の膵島に十分な栄養血管が構築されるまでの間 移植膵島をしっかりと休めることで 生着率が改善することが明らかとなりました ( 図 1) この新規の膵島移植手術法は 極めてシンプルかつ現実的な治療法であり 臨床現場での今後の普及が期待されます

ン投与を組み合わせた膵島移植手術法を新たに樹立しました 移植後の膵島に十分な栄養血管が構築されるまでの間 移植膵島をしっかりと休めることで 生着率が改善することが明らかとなりました ( 図 1) この新規の膵島移植手術法は 極めてシンプルかつ現実的な治療法であり 臨床現場での今後の普及が期待されます

【研究内容】 膵島移植は、重症1型糖尿病に対する治療として既に臨床応用開始さ れている。この新しい治療は、全身麻酔や開腹手術を一切必要とせず、点 滴要領で短時間終えること可能である(図2) 。そのため、従来行われ てきた膵臓移植など臓器移植療法と比べ、安全・簡便・低侵襲など利点 着目され、次世代中心的移植医療なると大きく期待されている、ま だまだ克服すべき課題も多い。その課題一つ移植膵島細胞生着不良で ある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

あなたの健康づくりをお手伝い 人間ドックのご案内 病院の理念私たちは 生命への畏敬 を医療活動の原点として次のような病院を目指します 患者さん中心の安全で質の高い医療を提供します 人間性豊かで有能な医療人を育成します 新しい医療の研究 開発を推進します 地域の医療機関と協力し地域の医療福祉の向上に貢

あなたの健康づくりをお手伝い 人間ドックのご案内 病院の理念私たちは 生命への畏敬 を医療活動の原点として次のような病院を目指します 患者さん中心の安全で質の高い医療を提供します 人間性豊かで有能な医療人を育成します 新しい医療の研究 開発を推進します 地域の医療機関と協力し地域の医療福祉の向上に貢

*1 ♣糖負荷試験と◎S状結腸内視鏡検査はオプションなります。検査をご希望される場合は別途料金かかります (各8,500円(税別)) 。 *2 糖負荷試験は、糖尿病で通院治療方、胃や膵臓病気で手術を受けられた方、75歳以上方は危険を伴うことありますので ご遠慮ください。また、がん早期発見コースを併せて、ご希望される方は検査都合上2泊3日お取り扱いとなります。 料 金 ( 税 別 )
さらに見せる

12 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に

また,腎機能障害程度応じて,本剤群で尿路感染関連事象及び腎障害 発現割合増加している傾向認められている。 結果(まとめ) 軽度腎機能障害患者を対象としたエンパグリフロジン 1 日 1 回 10mg 又は 25mg 投与,及び中等度腎機能障害患者を対象としたエンパグリフロジン 1 日 1 回 25mg 投与は,投与 24 週後プラセボと比べて統計学的有意で臨床的意 味ある HbA1c 低下を示し,その低下は投与 52 週後まで維持された。ま た,エンパグリフロジンは空腹時血糖を投与期間中一貫して低下させ,臨床 的意味ある体重及び血圧変化を示した。全般的エンパグリフロジン 忍容性は良好で,軽度又は中等度腎機能障害患者で安全性プロファイル はプラセボと同様であった。尿路感染はすべて投与群で同程度発現であ り,性器感染はプラセボ群と比べてエンパグリフロジン群で発現割合高かっ た。エンパグリフロジン投与 52 週後腎機能パラメータ変化は小さく,3 週間後観察期で可逆的であった。本治験結果から,エンパグリフロジン は軽度又は中等度腎機能障害患者において HbA1c を低下させ,全般的忍容 性良好であった。
さらに見せる

99 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に記

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に記

本剤はテルミサルタン、アムロジピン及びヒドロクロロチアジド 3 種類降 圧薬配合剤であり、テルミサルタン単剤、アムロジピン単剤、ヒドロクロロ チアジド単剤あるいは 2 成分配合剤又は 2 成分単剤併用と比較して強力 降圧効果を有するため、過度血圧低下をきたす可能性否定できないこと から、患者安全性を考慮し、効能・効果関連する使用上注意を記載した。 用法・用量関連する使用上注意も記載している、原則としてテルミサ ルタン 80mg、アムロジピン 5mg 及びヒドロクロロチアジド 12.5mg を一定 期間、同一用法・用量で継続して併用し、安定した血圧コントロール得られ ている場合、本剤へ切り替えを検討すること。(「2.用法及び用量 用 ・用量関連する使用上注意」項参照)
さらに見せる

83 さらに読み込む

株式市場を通じた 新しい公共 の構築に向けた問題提起 新しい公共 で多様な主体の 協働の場 を形成するに当たって 投資家 / 投資機関の投資への考え方によっては 資本市場が より良い社会をつくる ための ひとつの有力な役割を果たし得る 欧州各国では 企業への投資に当たり 投資家が企業の社会面をも評価

株式市場を通じた 新しい公共 の構築に向けた問題提起 新しい公共 で多様な主体の 協働の場 を形成するに当たって 投資家 / 投資機関の投資への考え方によっては 資本市場が より良い社会をつくる ための ひとつの有力な役割を果たし得る 欧州各国では 企業への投資に当たり 投資家が企業の社会面をも評価

SRI運用:・根拠において、FRRは理事会とステークホルダー参加によって作られる監視委員会を持ち、 理事会は監視委員会に対して投資方針方向性、とりわけ、社会・環境・倫理を考慮している旨を 定期的報告しなければならない。 ・FRRは、全て株式運用委託機関に対してSRIに関する一般的調査を求め、さらに、SRI 特化した運用委託機関を公募し、2005年策定SRIガイドライン沿った資金運用を求めている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. はじめに (1) 平成 27 年 10 月から医療事故調査制度 ( 以下 事故調制度 といいます ) が動き出しました その制度の開始 ( 改正医療法の施行 ) までには厚労省 ( ないし日本医師会 ) が一般的なガイドラインを策定し 信頼の置ける確たる 指針 を臨床現場に示すものと思っていま

1. はじめに (1) 平成 27 年 10 月から医療事故調査制度 ( 以下 事故調制度 といいます ) が動き出しました その制度の開始 ( 改正医療法の施行 ) までには厚労省 ( ないし日本医師会 ) が一般的なガイドラインを策定し 信頼の置ける確たる 指針 を臨床現場に示すものと思っていま

そして、「遺族」や「わが国一般社会」信頼を前提し、「遺族」や「わが国一般 社会」を納得させ得る医療事故紛争解決手法は、医療死亡事故について、①死亡原因(真 実)を真剣解明(究明)すること、②そのことを遺族へ開示し真摯説明すること、③ 再発防止策検討又は再発防止を約束すること等であり、また、医療者側責任(過失) ある場合は、さらに、④遺族へ謝罪すること(もちろん、責任有る無しかかわら ず「共感表明」として謝罪は事故直後必要である)、⑤民事的賠償責任(医療事故保 険利用)を履行することということなります。これら医療事故紛争回避ないし解 決流れを、医療機関中立性・公正性・客観性・透明性をもって実行すること最も現 実的解決策であり、逆、それ外れるよう対応を医療機関行おうものなら、遺族 意思によって、いつ刑事事件化しても不思議ではなく、また、医療医療者に対するわ 一般社会から信頼は減殺され、医療死亡事故たび、 「医師21条届出をす べきかどうか」、「遺族刑事告訴しないかどうか」等について、医療者自身悩み続け ければならなくなります
さらに見せる

24 さらに読み込む

小児潰瘍性大腸炎患者を担当される医師 医療スタッフの皆様へ 本手引書作成の背景と目的小児潰瘍性大腸炎患者の治療 管理を行う上で 治療指針に沿った標準治療法とともに患児 家族の心理社会的な面のケアが重要視されるようになっています 寛解導入時の辛い入院治療 常に再燃の不安の中にある寛解維持期間 再燃寛解

小児潰瘍性大腸炎患者を担当される医師 医療スタッフの皆様へ 本手引書作成の背景と目的小児潰瘍性大腸炎患者の治療 管理を行う上で 治療指針に沿った標準治療法とともに患児 家族の心理社会的な面のケアが重要視されるようになっています 寛解導入時の辛い入院治療 常に再燃の不安の中にある寛解維持期間 再燃寛解

♦ 潰瘍性大腸炎における良好寛解維持は、適切内服治療とともに、正しい生活習 慣と精神的ストレス回避・軽減大切です。朝起きてから寝るまで一日や、一週間 スケジュールなど、お子さんあったペース配分を考えましょう。 ♦ 特に学校で生活は小さな不安やストレスありがちです。退院決まったら早め 学校先生と連絡を取って、具体的情報交換を始めましょう。腹痛や排便に対する心 配ある場合は席位置をトイレ行きやすい場所したり、授業中合図を決める どの配慮をお願いしましょう。インターネットなどから情報は一般的過ぎたり偏ってい たり、かえって学校生活過度制限を設けてしまう結果つながりかねません。また必 ずしも新しい知見基づいた情報ではないこともありますから、保護者と学校担当者主 治医を加えた三者面談でよく話し合って、お子さん合った管理と指導行える環境をつ くりましょう。
さらに見せる

31 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

また、国内外で実施した臨床試験成績から、非弁膜症性心房細動患者における虚血性脳卒中及び全身性塞栓症 発症抑制、並びに静脈血栓塞栓症(深部静脈血栓症及び肺血栓塞栓症)治療及び再発抑制本剤安全性及び 有効性示された。これら疾患で日本人患者推奨用法・用量を裏付ける成績も得られたことから、効能・効 果及び用法・用量係る承認事項一部変更承認申請を行い、2014 年 9 月承認を取得した。さらに、この効 能・効果及び用法・用量追加伴い、リクシアナ錠 60mg 剤形追加申請を行い、承認を取得した。 本剤適応となる患者集団では脳卒中既往例や高齢者多くみられ、通常錠剤飲みにくいなど、服薬アドヒ アランス低下懸念される。抗凝固療法における服薬アドヒアランス低下は、血栓塞栓症発症つながる ため、服薬アドヒアランス向上有用と考えられる口腔内崩壊錠(OD 錠)医療現場から要望された。そこで、 患者服薬アドヒアランスと安定した治療効果発現有用であると判断し、リクシアナ OD 錠剤形追加申請 を行い、 2017 年 8 月承認を取得した。
さらに見せる

163 さらに読み込む

1 高度医療評価制度 先進医療診療実施数 項目の解説 国立大学附属病院が教育 研究 診療の社会的責任に応えるためには新しい治療法や検査法を研究 開発する必要があります しかし我が国ではそれらの新しい治療法や検査法に効果が認められるまでは公的医療保険の適用がなされません そのため開発された新しい治療法

1 高度医療評価制度 先進医療診療実施数 項目の解説 国立大学附属病院が教育 研究 診療の社会的責任に応えるためには新しい治療法や検査法を研究 開発する必要があります しかし我が国ではそれらの新しい治療法や検査法に効果が認められるまでは公的医療保険の適用がなされません そのため開発された新しい治療法

24 多剤耐性緑膿菌(MDRP)による院内感染症発生患者数 ◆ 項目解説 免疫力低下した患者多剤耐性緑膿菌(MDRP)感染すると、難治性感染症を 引き起こし死至る場合あります。病院内手洗いを励行する等、適切院内感染予防対 策により、発症頻度を減じること可能です。当該指標は、院内感染予防対策実施とその効 果を示す指標です。各病院 DRP 検査実施に関する取り組みにより、その結果は影響を 受けることから、当該指標だけで病院間比較は困難であること留意する必要あります お、当該指標集計に際し、対象となる菌検査で検出されているものの発症していない症例 については除外しています
さらに見せる

86 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

過去メマンチン塩酸塩臨床試験参加後、同意撤回により中止となった患者、前観 察期中中止となった患者、副作用により中止となった患者、並びに後期第Ⅱ相試験 (IE2101 二重盲検期)で非盲検拡張期へ参加意思なかった患者 用法・用量 薬剤は 1 回 2 錠、1 日 1 回朝食後(朝食後服薬しなかった場合は遅くとも 14 時まで )経口投与した。メマンチン塩酸塩は 1 日 5mg より開始して 1 週間ごと 5mg/日ずつ 増量し、維持用量は 20mg/日とした。なお、本治験参加した臨床試験(前試験) おいて、副作用により 10mg/日減量となった被験者は、試験薬剤投与第 2 週より 10mg/ 日(維持用量)とした(使用薬剤:プラセボ 5mg 錠、メマンチン塩酸塩 5mg 錠、メマン チン塩酸塩 10mg 錠)。
さらに見せる

109 さらに読み込む

インスリン治療は良好な血糖値の維持に有効であり 早期に投与を開始することで糖尿病の進行を遅らせるとともに 合併症のリスクを抑制する重要な治療法です 近年様々な新規製剤が登場したことにより 積極的な治療が可能となった一方 それに伴う 低血糖 リスクの増加が未だ課題として懸念されています 今日のインスリ

インスリン治療は良好な血糖値の維持に有効であり 早期に投与を開始することで糖尿病の進行を遅らせるとともに 合併症のリスクを抑制する重要な治療法です 近年様々な新規製剤が登場したことにより 積極的な治療が可能となった一方 それに伴う 低血糖 リスクの増加が未だ課題として懸念されています 今日のインスリ

1)インスリン使用患者約 1/3 直近 3 ヵ月以内低血糖を経験、医師把握できないケースも 直近 3 ヵ月以内において、低血糖を起こしたことある人は 33.4%上り、インスリン使用者にとって 低血糖は身近問題であるといえます。基礎インスリン使用開始以来、午前から夜にかけて日中 低血糖を起こしたことある人は 47.0%、夜中から早朝にかけて夜間低血糖は 26.6%でした。 これにより、日中・夜間を問わず、1 日を通じて低血糖リスク存在すること分かりました。 加えて、低血糖を起こした場合、経験者 43.9%「必ずしも医師へ話さない」と回答したこと から、医師も把握していない潜在患者存在示唆されました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に記

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下, 添付文書と略す ) がある. 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には, 添付文書に記

本邦においては、アムホテリシン B を有効成分とし、デソキシコール酸を添加剤として加えた注射用アム ホテリシン B 製剤 1962 年承認されており、重症深在性真菌症患者を中心主要抗真菌薬 1 つ として現在も使用されている。本剤は、リポソーム化技術応用により、アムホテリシン B 真菌対す る作用を維持しながら生体細胞に対する傷害性を低下することを目的として開発された。本剤海外で 開発は、米国 Vestar 社(後 NeXstar Pharmaceuticals 社、現在 Gilead Sciences 社)によって行われた。 本邦においては、NeXstar Pharmaceuticals 社と業務提携を結んだ当社国内臨床試験を実施した。 2009 年 6 月はムーコル属などによる各種真菌種とリーシュマニア症に対する効能・効果、用法・用量 を追加取得した。
さらに見せる

82 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

過去メマンチン塩酸塩臨床試験参加後、同意撤回により中止となった患者、前観 察期中中止となった患者、副作用により中止となった患者、並びに後期第Ⅱ相試験 (IE2101 二重盲検期)で非盲検拡張期へ参加意思なかった患者 用法・用量 薬剤は 1 回 2 錠、1 日 1 回朝食後(朝食後服薬しなかった場合は遅くとも 14 時まで )経口投与した。メマンチン塩酸塩は 1 日 5mg より開始して 1 週間ごと 5mg/日ずつ 増量し、維持用量は 20mg/日とした。なお、本治験参加した臨床試験(前試験) おいて、副作用により 10mg/日減量となった被験者は、試験薬剤投与第 2 週より 10mg/ 日(維持用量)とした(使用薬剤:プラセボ 5mg 錠、メマンチン塩酸塩 5mg 錠、メマン チン塩酸塩 10mg 錠)。
さらに見せる

104 さらに読み込む

MS の新しい治療法 :MS の経口治療の科学と影響 対象者このアクティビティは 全世界の神経科医およびプライマリーケア医を対象としています 目的このアクティビティの目的は 多発性硬化症 (MS) の新しい病態修飾療法について

MS の新しい治療法 :MS の経口治療の科学と影響 対象者このアクティビティは 全世界の神経科医およびプライマリーケア医を対象としています 目的このアクティビティの目的は 多発性硬化症 (MS) の新しい病態修飾療法について

安全性および忍容性:注射可能インターフェロンおよびGAは長期間安全性記録存在します、その中等度治 療的有用性順守欠如によって低下する可能性あります。1日1回経口薬剤(フィンゴリモド、テリフルノミド) または1日2回(DMF)投与は、頻繁注入から不快感を取り除くことによって、順守を改善する理論上便益性考 えられます。しかし、忍容性問題は経口薬剤でも発生する可能性あります。例えば、フィンゴリモドでは帯状疱疹 起こる可能性あり、DMFでは胃腸障害、テリフルノミドでは髪薄くなることあります。さらに、経口薬剤それ ぞれで潜在的重篤全身性副作用起こる可能性あります。すべて経口薬剤少なくとも2回第3相臨床試験 で試験されました、「現実世界」で長期的経験はまだ限定的です。さらに、MS患者多くは出産可能性ある 女性であるため、催奇形性は重要事項です。フィンゴリモドおよびDMFは妊娠でFDAカテゴリーCであり、テリフルノミ ドはFDAカテゴリーX分類されています。しかし、ヒトでこれら薬剤催奇形性潜在性を実証した経験は非常限 定的です。インターフェロンβは、ヒトでより低い平均出産時体重、より短い平均出産時身長、早産と関連付けられてお り、FDA妊娠カテゴリーCです。 GAは、インターフェロンβと比較してヒトに関して利用できるデータ少数であり、 カテゴリーB分類されています。 [64] GAに関しては、動物またはヒトで 催奇形性効果まだ記載されていません。GA は現在、200万以上MS患者年経験あります(Teva Pharmaceuticals、私信、2014年3月)。
さらに見せる

12 さらに読み込む

3 特定保守管理医療機器 ( 法第二条第八項関係 ) 医療機器のクラス分類とは別に 保守点検 修理その他の管理に専門的な知識及び技能を必要とすることから その適正な管理が行われなければ疾病の診断 治療又は予防に重大な影響を与えるおそれがある医療機器を 特定保守管理医療機器 として各種の安全対策を講ず

3 特定保守管理医療機器 ( 法第二条第八項関係 ) 医療機器のクラス分類とは別に 保守点検 修理その他の管理に専門的な知識及び技能を必要とすることから その適正な管理が行われなければ疾病の診断 治療又は予防に重大な影響を与えるおそれがある医療機器を 特定保守管理医療機器 として各種の安全対策を講ず

旧法基づき、承認、許可申請なされたものは、旧法による承認、許可与 えられるものである、新法における承認、許可とみなされるものであること。 4 製造販売業等許可証掲示(規則第七条・第十六条・第百四十条関係) 製造販売業者、製造業者及び修理業者は、その許可証を掲示することとされてい る、薬事等改正及び整備政令附則により製造販売業許可、製造業許 可又は修理業許可を有しているとみなされた場合あっては、当該みなしを成 立させている旧法製造業許可証及び該当する製品承認書等写しを掲示す ることにより、当面間、製造販売業等許可証掲示とみなすこととしたこと。 5 事前申請
さらに見せる

23 さらに読み込む

1. はじめに今回 あなたに参加していただきたい試験は 臨床試験と言われるもので 新しい治療法の安全性と有効性を検討するものです 新しい治療法の安全性と有効性を検討するには 患者さんにご協力いただき その治療効果及び副作用の両面から研究しなければなりません また この臨床試験は 医療法人いたの会久留

1. はじめに今回 あなたに参加していただきたい試験は 臨床試験と言われるもので 新しい治療法の安全性と有効性を検討するものです 新しい治療法の安全性と有効性を検討するには 患者さんにご協力いただき その治療効果及び副作用の両面から研究しなければなりません また この臨床試験は 医療法人いたの会久留

6 ② 起こるかもしれない副作用、不利益 1) 肺塞栓症について 脂肪組織由来間葉系幹細胞を末梢静脈から投与する治療においては、 過去肺塞栓症による死亡事例報告されていいます(Yonsei med J.201354(5):1293-6)。肺塞栓症は、血液や細胞など血管詰 まることで引き起こされる病気で、初期症状としては、息苦しさ、胸痛 みられます。上記死亡事故例は、美容目的等で細胞品質や性状 確かでない脂肪組織由来間葉系幹細胞治療を受けた症例です。一方で、 これまで脂肪組織由来間葉系幹細胞を末梢静脈から投与した海外で 臨床研究では、肺塞栓といった重篤合併症報告はありません。 ( APOLLO trial(J.Am.Coll.Cardiol. 2012;59;539-540:14 症例)、 PRECISE trial(Am Heart J 2014;168:88-95 :23 症例) また、動物実 験等では肺塞栓症生じるリスクは末梢静脈から投与する細胞依 存すること報告されているため、本臨床研究では、安全であること 報告されている数細胞を末梢静脈から投与します。末梢静脈投与後 息苦しさ、胸痛など肺塞栓症疑われる症状あれば、ただちに当院
さらに見せる

16 さらに読み込む

世界には 新たな治療 これまでにない薬を待ち望む方々がたくさんいます 患者さんやその家族の希望をつくりたい 未来にわたって健康と医療に貢献したい 中外製薬は 革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し 世界の医療と人々の健康に貢献します という Mission ( 存在意義 ) を掲げ

世界には 新たな治療 これまでにない薬を待ち望む方々がたくさんいます 患者さんやその家族の希望をつくりたい 未来にわたって健康と医療に貢献したい 中外製薬は 革新的な医薬品とサービスの提供を通じて新しい価値を創造し 世界の医療と人々の健康に貢献します という Mission ( 存在意義 ) を掲げ

発売しました。この皮下注製剤は、国内関 節リウマチ市場では初となるオートインジェク ターも含まれています。  また、 「アクテムラ」 はロシュを通じてグロー バル展開を行っており、欧州では2009年関 節リウマチを適応症として販売を開始してい ます (欧州製品名: RoACTEMRA) 。英国、 フ ランス、 ドイツでは、中外製薬販売子会社 ロシュとコプロモーションを行っています。米 国では、2010年1月1剤以上TNF阻害剤 効果不十分中等度から重症成人 関節リウマチを適応症として承認を取得し、 2012年10月は生物学的製剤における一 次治療薬として適応承認されました。加 えて、中外製薬販売権を有する台湾、韓国 においても、2011年7月台湾で、2012年4 月は韓国で承認を取得しています。国内 続き、2013年10月は米国、2014年4月 は欧州で皮下注製剤承認され、販売を開始 しています。2014年9月は、欧州で早期 関節リウマチに対する承認を取得しました。  さらに、米国では2011年4月、欧州では 同年8月、sJIAに関する追加適応症つい ても承認を取得しています。また、2015年 全身性強皮症を予定適応症として、2016年 は巨細胞性動脈炎を予定適応症として、米 国食品医薬品局 (FDA) から 「Breakthrough Therapy (画期的治療薬) 」 指定を受けまし た。また、国内では2014年6月大型血管炎 を、2016年3月は全身性強皮症を予定適 応症として、それぞれ希少疾病用医薬品指 定を受けています
さらに見せる

132 さらに読み込む

はじめに 平成 23 年 12 月から平成 24 年 2 月にかけて実施いたしました 治療と就労の両立に関するインターネット調査 の折には ご協力をたまわり誠にありがとうございました 集計結果がまとまりましたのでご報告申し上げます 研究チーム一同 今回の貴重な調査結果を職場や医療現場に還元し 役立て

はじめに 平成 23 年 12 月から平成 24 年 2 月にかけて実施いたしました 治療と就労の両立に関するインターネット調査 の折には ご協力をたまわり誠にありがとうございました 集計結果がまとまりましたのでご報告申し上げます 研究チーム一同 今回の貴重な調査結果を職場や医療現場に還元し 役立て

がん治療と就労両立に関しては多岐にわたる問題あり、回答者方々は 実にさまざま工夫をしていました。知りたいことや、知っておきたかったこ とも数多く挙げられました。周囲へ公表を含む病気と向き合い方は人それ ぞれです、ほか体験者工夫や考え方は、私たち大きなヒントを与えて くれると思います

43 さらに読み込む

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

IF 利用の手引きの概要 - 日本病院薬剤師会 - 1. 医薬品インタビューフォーム作成の経緯 医療用医薬品の基本的な要約情報として医療用医薬品添付文書 ( 以下 添付文書と略す ) がある 医療現場で医師 薬剤師等の医療従事者が日常業務に必要な医薬品の適正使用情報を活用する際には 添付文書に記載さ

その後、肺炎クラミジア(クラミジア・ニューモニエ)及び肺炎マイコプラズマ(マイコプラズマ・ニューモニ エ)に対する効能・効果(適応菌種)追加承認事項一部変更承認申請を行い、 2011 年 7 月承認を取得した。 また、 2009 年 6~8 月、医療必要性高い未承認薬・適応外薬開発要望募集された際、社団法人日本 結核病学会及び社団法人日本呼吸器学会から、レボフロキサシン経口投与製剤(販売名:クラビット)つい て、『難治性結核(薬剤耐性、とりわけ多剤耐性結核治療。副作用ため他抗結核薬使用できない場合 結核治療)』適応追加要望提出された。本要望については「医療必要性高い未承認薬・適応外薬 検討会議」を経て、 2010 年 12 月厚生労働省よりクラビット製造販売業者である第一三共株式会社に対して 開発要請された。その後、結核療法研究協議会実施し公表した臨床研究、及び社団法人日本結核病学会実 施した使用実態調査(アンケート方式)結果を踏まえ、「肺結核及びその他結核症」効能・効果追加承 認事項一部変更承認申請を行い、2015 年 8 月承認を取得した。
さらに見せる

108 さらに読み込む

講演 1 潰瘍性大腸炎の治療における GMA の可能性 活動期と寛解期の新しい使用法 竹内健先生 日本では潰瘍性大腸炎 (UC) 患者は年々増加しており 中でも高齢の患者が増えているのが実状である UC 治療を取り巻く環境としては 近年 生物学的製剤を中心とした治療法も加わり治療の選択肢は増えたが

講演 1 潰瘍性大腸炎の治療における GMA の可能性 活動期と寛解期の新しい使用法 竹内健先生 日本では潰瘍性大腸炎 (UC) 患者は年々増加しており 中でも高齢の患者が増えているのが実状である UC 治療を取り巻く環境としては 近年 生物学的製剤を中心とした治療法も加わり治療の選択肢は増えたが

(図5) 。さらに、症例数は非常少ない、抗TNF-α抗体製剤 1次無効、2次無効であった症例におけるGMA効果を検討して みると、2次無効例でも有効例あった。カルシニューリン阻害薬 に対する反応性別解析でも同様、症例数少ないので 明確ことは言えない、2次無効例では半数は効果得られて いた。また、最初GMAで寛解導入至った症例と、至ら かった症例分けて、2回目GMA効果を検討してみると、最 初GMAで効果なかった症例では、その後GMAでも効 果低い、最初GMAで効果あった症例では、その後も
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...