北区版協働型行政の推進に向けて

Top PDF 北区版協働型行政の推進に向けて:

白河市市民参画・協働推進指針 市民と行政による「協働のまちづくり」に向けた推進指針を策定しました | 白河市公式ホームページ

白河市市民参画・協働推進指針 市民と行政による「協働のまちづくり」に向けた推進指針を策定しました | 白河市公式ホームページ

ƜƷǑƏƳཞඞƔǒŴࠊ૎ᢃփƴƓƍƯƸžӋ ӋဒƱң ң΁ƴǑǔLJƪƮƘǓƷਖ਼ᡶſƷܱྵǛ׋ǓŴ ᘍ૎ƔǒƷɟ૾ᡫᘍႎƳᘍ૎ǵȸȓǹƔǒŴࠊൟɼ˳ƴǑǔᐯ඙˳ᢃփǁƷ᠃੭ƕ൭NJǒǕƯƍLJ ƢŵƜǕƸŴࠊൟƕ଀ሊƷᇌకƔǒܱ଀ȷᚸ̖LJưŴLJƪƮƘǓƴ᧙ǘǔƜƱưŴࠊൟƱᘍ૎ƕ èǤdzȸȫȑȸȈȊȸƱƠƯŴƦǕƧǕƷਤƭཎࣱǛ෇ƔƠƳƕǒŴңщƠӳƍŴע؏ᛢ᫆Ʒᚐൿ ƴӼƚ[r]

27 さらに読み込む

JAIST Repository: 行政データの活用と課題 :  EBPMの推進に向けて

JAIST Repository: 行政データの活用と課題 : EBPMの推進に向けて

URL http://hdl.handle.net/10119/15667 Rights 本著作物は研究・イノベーション学会許可もと 掲載するものです。This material is posted here with permission of the Japan Society for Research Policy and Innovation Management.

5 さらに読み込む

大田区スポーツ推進計画 ( 改定版 ) ( 案 ) ~ スポーツ健康都市おおたの実現に向けて ~ 平成 30(2018) 年 3 月 大田区

大田区スポーツ推進計画 ( 改定版 ) ( 案 ) ~ スポーツ健康都市おおたの実現に向けて ~ 平成 30(2018) 年 3 月 大田区

3.3 ささえるスポーツ オリンピック・パラリンピックをはじめとする大規模な国際大会から市民マラソンなど 地域スポーツ大会まで、多く大会がスポーツボランティア支えられ成立しいる。 また、スポーツボランティアは、イベント運営支援だけでなく、日常的活動する地域 スポーツクラブや団体活動を支え、地域社会スポーツや健康づくりを推進する存在 でもある。一方、スポーツボランティアは、活動を通じて様々な人と関わり、社会的 貢献することで、生きがいを感じ、自己実現を図ることができるという要素もある。この よう、区民が生涯にわたってスポーツ親しめる環境を整備する上で、スポーツボラン ティアは欠かせない存在と言える。
さらに見せる

96 さらに読み込む

協働のまちづくり推進計画

協働のまちづくり推進計画

時間軸をとり、第1段階、第2段階、第3段階分け、個別施策実現向け検討す る。また、個別施策について、「現状と課題」「目標と構想」「効果」「方法と戦略」 分け、これから具体化されいく道筋を描くとともに、まちづくり要である地域 資源循環を可能させる「手段」整備として、地域諸資源(人材−物財−知恵

71 さらに読み込む

市民・事業者・行政の協働による取組の推進 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

市民・事業者・行政の協働による取組の推進 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

事 業 成果 等  環境保全活動取り組む10プロジェクトうち、3つプロジェクト活動が低迷しいることから環境保全 関する取組件数は、減少しいるが、プロジェクト当たり活動へ参画者数は、増加しいる。  ながのエコ・サークル認定事業所数は、平成28年度目標262件向け順調増加しいる。また、認定した全事 業所を対象現状調査を行った。
さらに見せる

3 さらに読み込む

平成 年度大田区区民協働推進会議活動報告 テーマ Ⅰ 学びに取り組む区民を地域活動につなぐための支援策 テーマ Ⅱ ( 仮称 ) 地域活動ハンドブックのための予備調査 平成 29 年 3 月 大田区区民協働推進会議

平成 年度大田区区民協働推進会議活動報告 テーマ Ⅰ 学びに取り組む区民を地域活動につなぐための支援策 テーマ Ⅱ ( 仮称 ) 地域活動ハンドブックのための予備調査 平成 29 年 3 月 大田区区民協働推進会議

⑬髙梨 輝美(たかなし てるみ)さん 矢口 3 丁目 40 歳代 東日本大震災経験を機、洗足池児童館ママ向け防災講座を受講した。また、マ ンション管理組合が設置した防災委員会ママ友と一緒入った。区民大学「災害と まちづくり」を受講し、そのメンバーで「防災まちづくり研究会」を立ち上げた。 住民目線、主婦目線でできる防災を広めようと、防災センスコーディネーターと称し 、防災まちづくり研究会会員、保育園や小学校保護者、マンション防災委員会 メンバーなど様々な立場で、防災講座を企画したり、講師を務めたりしいる。防 災まちづくり研究会を通じて、しくみ活用法を学ぶなど、活動幅が広がっい る。
さらに見せる

62 さらに読み込む

協働推進のための基本方針

協働推進のための基本方針

第 章 実践 向け 手順 ……………………………………………………………… 長野市取組 …………………………………………………………… 推進す ため環境整備 等組織力向上 向けた支援 長野市市民促進委員会設置

18 さらに読み込む

保育の場における発達支援 : 協働体制の確立に向けて(人文・社会科学系)

保育の場における発達支援 : 協働体制の確立に向けて(人文・社会科学系)

要 約 発達障害者支援法施行、学校教育法改正による特別支援教育推進以来、就 学前障碍 注1) をもつ幼児早期発見や支援体制整備、地域ネットワーク構築 など、様々な発達支援事業取り組みが自治体でなされるようなった。本研究で はA市発達支援事業資料を基、就学向け保育所における巡回相談を希望す る対象児数が増えること着目し、生涯発達観点からその支援を連続しいく ため巡回相談果たす役割は重要であること、また事例を通して保育所と共に親 子かかわる機関や専門職が役割分担し、 「」することが大切であることを 明らかした。更に質問紙調査から、保育者は専門家確かな専門性を求めいる ことがわかり、複数機関は親子に対する一定期間継続したかかわ りとお互い専門性を認め合い、しっかりした信頼関係支援手をつないで いくため日頃から交流が大切であると考える。
さらに見せる

19 さらに読み込む

資料12:平成28年度府中市協働事業評価結果及び平成30年度提案型協働事業選考結果並びに市民協働推進行動計画中間見直し等について(答申案)

資料12:平成28年度府中市協働事業評価結果及び平成30年度提案型協働事業選考結果並びに市民協働推進行動計画中間見直し等について(答申案)

事業実施に当たっては、目的や目標、課題を共有など情報共有、すなわ ち「目的共有原則」や「相互理解原則」が原則中でも特に重要で す。 市民提案事業場合、事業を実施する背景や目的、必要性を市民が設 定し、市が抱えいる課題や目指す姿、施策方向性などを共有したうえで、 事業実施向け取り組み、話し合いを重ねる中で、組織違いや制度違 いなどについても理解し合いますが、今年度特徴として、いずれも成 果は得られおり、情報共有ができいるものの、相手を尊重するあまり、一 部相手任せなっしまい、情報共有遅れが見受けられました。
さらに見せる

80 さらに読み込む

協働の推進 平成29年度行政評価(事務事業評価)実施結果 狭山市公式ウェブサイト

協働の推進 平成29年度行政評価(事務事業評価)実施結果 狭山市公式ウェブサイト

によるまちづくりを推進するため、地域活動を担う人材育成と、その人材を地 域で活かす仕組みづくりを進めるためは欠かせない事業である。 学び成果を地域社会へ活かすため仕組みづくりを意識し、多く人材向け を意識したカリキュラムを提供できるようなった。

3 さらに読み込む

高根沢町まちづくり協働推進計画

高根沢町まちづくり協働推進計画

3 まちづくり基本条例検討委員会設置要綱 (目的) 第1条 地方分権時代ふさわしい町民と自治体関係、町政運営基本理念や原則、 そしてこれらを実現するため基本的な仕組み在り方等を明らかし、町民信託 基づく町政運営を名実とも実りあるものとするためまちづくり基本条例及び住民 推進計画策定向けた検討を目的として、「高根沢町まちづくり基本条例検討委員 会」(以下「委員会」という。)を置く。
さらに見せる

60 さらに読み込む

協働型政策決定の法構造 ―自然再生推進法を素材として―

協働型政策決定の法構造 ―自然再生推進法を素材として―

再生法沿革で興味深い点は,多様な主体による参画,すなわちを自然 再生求める契機が,規制改革あったことである 10) 。2001年12月総合規制 改革会議「規制改革推進に関する第一次答申」では, 「自然再生,修復 有力な手法一つ地域住民,NPO等多様な主体参画による自然再生事業が あり,省庁枠を超え自然再生効果的・効率的な推進ため条件整備が 必要」と示されいる。これを受けた「条件整備」として,自然再生推進法が 2002年12月制定され,2003年4月「自然再生基本方針」が策定されいる 11) 。 規制改革における位置づけでは,採用は官僚主導と縦割り行政から 脱却,財政難と人材不足解消狙いがあり,それと同時に新規産業発展 とそれによる雇用創出が期待された。
さらに見せる

42 さらに読み込む

協働型行政への提言

協働型行政への提言

一方、では、平成14年4月、「」・ときめき戦略本部が設置され「」 へ取組を進めおります。その後、「」による推進をより明確するた め、平成15年10月、今後政展開にあたっては「区民とともに」をすべて施 策を貫く基本姿勢と位置づけた上で、「子ども」、「元気」、「花*みどり」三つ 重点戦略を強力推進し、さらに、基本計画2005や経営改革プラン策定作業 においても「区民とともに」を基本姿勢として政運営取り組んでいくこととして おります。「NPO・ボランティア活動促進委員会」では、「」を取り巻く こうした状況鑑み、「」へ取組を区民視点から協議・検討し、「」を 具体的進めるため」マニュアル作成について提言をまとめました。 この報告書はこうした「NPO・ボランティア活動促進委員会」二年近く わたる活動報告です。活動内容は二つあり、一つは、「NPO・ボランティアぷ らざ」開設準備・運営における協議・検討であり、もう一つは、「進め方、
さらに見せる

40 さらに読み込む

次世代型協働による総合計画の策定

次世代型協働による総合計画の策定

住民参加取組みは、さかのぼればかなり前からあるが、行政と住民がまちづ くりを行うというモデルは、形式的な取組みは見られるものの、住民が主体的行政と対 等パートナーとなっ取組みという点では、なかなか広がっいない。 これは、行政側、住民側両方課題がある。行政課題としては、まず、コストダ ウン主眼がいっいるという点がある。厳しい財政状況折、これまで行政で担っき た業務を少しでもボランティア担っもらえると、経費削減なるので助かるというこ とである。コストダウンは必要であるが、そこ視点が行きすぎると、住民ボランティア からは、仕事を行政から押しつけられいるという感覚が先なり、反発がでしま う。また、趣旨が自治体内で浸透しいないということがある。現場職員は、こ れまでニーズが多様化しいる住民へ対応中で、要望やクレーム頭を痛めることが 増えおり、住民と関わっまちづくりを進めること懐疑的な考えを持つ者も少な くない。そのため、推進担当課が、「が必要」、といっも自治体一丸となっ がなかなか進まないということがある。
さらに見せる

43 さらに読み込む

住民まちづくりにおける地域住環境点検・改善プログラムの構築
  -北九州市八幡東区枝光一区における民・学協働の取り組みを通じて- [ PDF

住民まちづくりにおける地域住環境点検・改善プログラムの構築 -北九州市八幡東区枝光一区における民・学協働の取り組みを通じて- [ PDF

 平成 21 年 9 月末まち歩きでは、新た 36 箇所問 題、34 箇所良好・改善(実施予定含む)事象が確認 されたが、そのうち、9 箇所は平成 22 年 1 月時点で既 改善されおり、改善経験蓄積が対応速度・質 向上繋がっいる。しかし、建物・宅地に関する事象 うち老朽空家問題は行政要請を通じても改善 至らず、積み残し課題となっいるケースが多い。  また、 平成 20 年改善要請箇所 79 件うち、 点検マッ プ記載された箇所が一致したものは 24 件(30.4%) とどまり、点検不備や問題発生後短期間で改善さ れたため、点検マップを経由せず改善されるケースが 多いことも明らかなった。
さらに見せる

4 さらに読み込む

矢板市市民協働推進指針(概要版)裏

矢板市市民協働推進指針(概要版)裏

様々な分野組織とにより、その特性や資源を有効活用することで市民ニーズをより的確把握し、 それら合わせたきめ細やかな公共サービスを提供することができます。 また、行政とは違う考え方触れることにより、職員意識改革と資質向上、行政改革推進もつながります。 ※1 市民とは市内住む人、市内で働く人、学ぶ人、活動する人達をいいます。(矢板市まちづくり基本条例より)
さらに見せる

1 さらに読み込む

「市民と行政との協働に関する報告書」 協働の取組み  上越市ホームページ

「市民と行政との協働に関する報告書」 協働の取組み 上越市ホームページ

また、 同年 9 月末時点で調査した女性登用率(各種審議会等全委員占める女性委員割合) は 34%となっおり、公募委員割合とともに今後増加しいくことは確実と思われる。 従来から市民委員は、行政サービス受益者として、行政考え方に対して個別事項つい 意見を述べるなど、補完的な役割を期待されいるものが多かったと考えられる。委員選出 においても、行政側で把握する情報中から、その分野で顕著な活動を展開する市民を 指名 し、就任をお願いするケースが一般的であったと思われる。しかし最近では、審議会等設置 あたっ、関連する課題に対して小論文を提出しもらうなど、市民委員を公募する動きへと変 わっいる。さらに、第 5 次総合計画策定における市民まちづくり会議よう、平成 14 年度・15 年度 2 年間渡っ基本構想素案づくりを公募委員 52 人が主導的担う形もあ った。高度な専門性を要求される協議は馴染まないものの、住民自治を一層推進いくため 、身近な課題解決ため審議会等において、公募委員割合が増え、公募委員が主体的 議を進めいくケースが増える傾向が考えられる。
さらに見せる

116 さらに読み込む

矢板市市民協働推進指針(概要版)表

矢板市市民協働推進指針(概要版)表

を進めるためは、行政全て部署、全て職員が市民とを進める窓口なることが不可欠です。 そのため、職員は市民と信頼関係を築くとともに、を進めるため基本的事項理解と意識向上が 必要です。また、市民団体などが公益的な活動を行うため新たな活動支援を検討する必要もあります。 まちづくり推進取り組みを確実実施しいくためは、情報を共有し、市と市民、または市民同 士体制創設など、新たな活動支援と促進を図っいく組織を整備しいく必要があります。
さらに見せる

1 さらに読み込む

地域連携教育の一試行 : 大学と地域の双方に成果がある「協働学習」に向けて

地域連携教育の一試行 : 大学と地域の双方に成果がある「協働学習」に向けて

まず,大学教育側から言えば,近年大学における教育がどのような能力形成役立つ かを明示することが強く求められるとともに,その成果を検証する必要性が高まっいる。 こうした獲得能力明確化と成果検証は大学教育全般求められいることだが,大学が外 部と連携し行う教育活動にとっては特に重要である。というのも,社会連携教育は大学 も学生も時間的・労力的・金銭的相当コストがかかる。それゆえ,そのコスト見合 うだけ意義と成果があるかどうかをより明確実証しなければならなくなっいる。そ もそも,コストがかかるも関わらず大学外で教育が必要だと考えられるようなっい るは,社会的要請される能力形成にとって社会連携教育が非常効果的であるという実 感基づいいる。そうであればこそ,社会的な場で活動することによって学生が「なんと なく大人なった」ではなく,「大人なる」こと具体的内容を明確化し,その到達水準 を検証することが必要なっいると言える。
さらに見せる

28 さらに読み込む

Show all 10000 documents...