前連結会計年度末に比べて 2, 271百万円の増

Top PDF 前連結会計年度末に比べて 2, 271百万円の増:

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23

(2) サマリー情報 1 ページ 1. 平成 29 年 3 月期の連結業績 ( 平成 28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日 ) (2) 連結財政状態 訂正前 総資産 純資産 自己資本比率 1 株当たり純資産 百万円 百万円 % 円銭 29 年 3 月期 2,699 1,23

連結会計年度における現金及び現金同等物期末残高は12億68となり、連結会計年度比べ10億32 増加いたしました。 (営業活動によるキャッシュ・フロー) 営業活動によるキャッシュ・フローは1億33資金増加(前年同期は11億65資金減少)となり ました。この主な要因は、前受金増加額9億23及び非資金取引である貸倒引当金増加額3億48と仕 入債務増加額1億4増加要因が、税金等調整当期純損失13億44減少要因を上回ったこと よるものであります。
さらに見せる

17 さらに読み込む

小林製薬 (4967) 平成 30 年 12 月期決算短信 3. 連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 前連結会計年度 ( 平成 29 年 12 月 31 日 ) 当連結会計年度 ( 平成 30 年 12 月 31 日 ) 資産の部流動資産現金及び預金 64,9

小林製薬 (4967) 平成 30 年 12 月期決算短信 3. 連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結貸借対照表 ( 単位 : 百万円 ) 前連結会計年度 ( 平成 29 年 12 月 31 日 ) 当連結会計年度 ( 平成 30 年 12 月 31 日 ) 資産の部流動資産現金及び預金 64,9

④受取利息調整額△125及び支払利息調整額△125は、セグメント間取引消去及び 各事業セグメント配分しいない費用及び収益であります。 ⑤有形固定資産及び無形固定資産増加額調整額336は、全社資産増加額であります。 3.セグメント利益は、連結財務諸表経常利益と調整を行っおります。

16 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

1.経営成績等概況 (1)経営成績概況 ① 2018年3月期概況 当連結会計年度における世界経済は、先進国を中心緩やか回復しました。米国では雇用環境が改善するととも 、個人消費や設備投資が増加し、景気着実な回復が継続しました。欧州では、ユーロ圏を中心設備投資や生産 持ち直し動きが見られる等、景気緩やかな回復が続きました。中国では各種政策効果により景気持ち直し 動きが継続したほか、他アジア新興国経済も総じて緩やかな回復傾向が続きました。こうした中、我が国経済 は、世界経済回復を受け輸出や設備投資が持ち直すとともに、雇用・所得環境改善が継続し、景気は緩やかな 回復基調となりました。
さらに見せる

23 さらに読み込む

2 金額 ( 単位 : 百万円 %) 平成 23 年度末 平成 24 年度末 金額前年度末比金額前年度末比 個人保険 16,625, ,965, 終身介護保険 120, , 終身保険 2,381, ,97

2 金額 ( 単位 : 百万円 %) 平成 23 年度末 平成 24 年度末 金額前年度末比金額前年度末比 個人保険 16,625, ,965, 終身介護保険 120, , 終身保険 2,381, ,97

【26】市場整合的エンベディッド・バリュー ①市場整合的エンベディッド・バリューについて  エンベディッド・バリュー(Embedded‌Value:以下「EV」といいます。)は、生命保険会社が現在保有する保 険契約と総資産基づき、将来見込まれる利益現在価値などから計算される会社経済的価値であり、貸借対 照表などから計算される「修正純資産」と保有契約基づき計算される「保有契約価値」合計なります。  当社では、現状法定会計によって保険契約が将来にわたって企業もたらす価値を測定することは困難であり、 EVは生命保険会社企業価値を測定する指標として有用であると判断し、企業価値を評価するため社内尺度と しEVを位置付けおります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

コニカミノルタ ( 株 ) (4902) 2019 年 3 月期決算短 4. 連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結財政状態計算書 資産 流動資産 前連結会計年度 (2018 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 (2019 年 3 月 31 日 ) 現金及び現金同等物

コニカミノルタ ( 株 ) (4902) 2019 年 3 月期決算短 4. 連結財務諸表及び主な注記 (1) 連結財政状態計算書 資産 流動資産 前連結会計年度 (2018 年 3 月 31 日 ) ( 単位 : 百万円 ) 当連結会計年度 (2019 年 3 月 31 日 ) 現金及び現金同等物

物品販売による収益は、物品に対する支配が顧客移転した時点で収益を認識しおります。 また、収益は、顧客と契約において約束された対価から、返品、値引き及び割戻し等を控除した 金額で測定しおります。 サービス提供による収益は、履行義務が一時点で充足する場合は、サービス提供完了時収 益を認識しおります。履行義務が一定期間にわたり充足される場合は、期末日における取引 進捗度応じ契約期間にわたって収益を認識しおります。
さらに見せる

15 さらに読み込む

平成7年度一般会計当初予算 16億6,000万円 平成7年第1回つがる市議会定例会において 平成7年度つがる市一般会計当初予算が可決され ました 平成7年度一般会計の予算規模は 16億6,000万円で 前年度当初予算に比べて10億 5,300万円 4.6% の減となっています 私たちの暮らしに活かさ

平成7年度一般会計当初予算 16億6,000万円 平成7年第1回つがる市議会定例会において 平成7年度つがる市一般会計当初予算が可決され ました 平成7年度一般会計の予算規模は 16億6,000万円で 前年度当初予算に比べて10億 5,300万円 4.6% の減となっています 私たちの暮らしに活かさ

 3 月 8 日、第 21 回つがる市稲垣凧揚げ大会が稲垣町岩 木川河川公園で開催され、県内外から 30 団体、約 300 人 愛好者たちが集まっ凧揚げ腕前を競い合いました。  同大会は稲垣凧会(横山勇一会長)が主催。競技は各部 門分かれ行われ、凧揚げ方、安定度、凧描かれた絵 など審査が行われました。この日は風が弱い難しい条件で したが、参加者は風向きを読みながら持ち前技術で凧を揚 げいました。結果は次通りです。 (敬称略・最優秀賞のみ) 子供部:小見山結多、一般Aクラス:寺嶋年則、同Bクラ ス:山谷和寿、同Cクラス:福士紀美雄、団体部:かしわ 凧会、創作部:成田信栄 
さらに見せる

30 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

連結会計年度におけるわが国経済は、政府経済政策や日銀金融緩和政策を背景企業収益や雇用環境 改善傾向を維持し、緩やかな回復基調で推移いたしました。 このような状況下、当社は総合プラットフォームサイト「生活110番」及び専門性高いバーティカルメディア サイト運営を通して「生活お困りごと」を解決するサービスを行っまいりました。さらなるサービス価値向 上ため、WEB事業継続的な強化を図り、コンテンツ強化やサービス提供範囲拡大、新システム「Mover」 開発をいたしました。
さらに見せる

22 さらに読み込む

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

伪伪 2015 年 3 月期決算 売上高は 5 期連続で過去最高を更新 概要 2015 年 3 月期連結決算は 売上高が前期比 7.8% 増の 39,816 百万円 営業利益が同 2.1% 増の 1,398 百万円 経常利益が同 2.9% 増の 1,403 百万円 当期純利益が同 38.8% 増の

さらに注目すべき点は、 ただ売上高を伸ばしただけでなく、 分析ツールやコンサルティング、 運用保守サービスといった、 高い利益率加え、 継続した収益を確保できるストック型ビジ ネスが伸びたことである。 顧客増加も実現した。 期末顧客企業数は 112 社と前期比で 22 社増えいる。 Web アクセス解析ソリューション充実が主な要因であるほか、 自社開発ソリューションも拡充し、 けん引役となった点も見逃せない。 自社開発ソリューションとしては 14 年 5 月資本業務提 携した ( 株 ) モードツーと共同で、企業 Web サイト改善をワンストップで行うパッケージサー ビス 「siteVALUE」、 ログを可視化しインシデント発生時統合検索やセキュリティ監査時 調査活用できる 「4DP LogSearch」、 自治体向けホームページ利用者ニーズを解 析できる 「みやすい解析」 (15 年 4 月発売) などが発売された。
さらに見せる

12 さらに読み込む

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

大切なお知らせ 1 株当たり配当金及び配当性向推移  利益配分つきましは、中間配 当・期末配当年2回実施と安定 配当継続を基本とし、業績や将来 企業体質強化向けた内部留保を 総合的勘案しつつ、株主のみなさ まへ利益還元努めまいります。  この基本方針基づき、当期中 間配当金つきましは、当中間期 業績及び財務状況等を踏まえ、株 主みなさまへ一層利益還元を 行うこととし、1株当たり 30 とさ せいただきました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

オ ー ト バ ッ ク ス ・ 車 関 連 事 業 業 績 推 移 ○業務スーパー・食品関連事業 「業務スーパー」を運営するG-7スーパーマートを中心とした業務スー パー・食品関連事業2013年3月期業績は、売上高で前期比7.7%46,461 、営業利益で同7.3%1,255と増収増益であった。消費者低価 格志向が継続するなかで、食品スーパー業界低価格競争も激化しおり、 「業務スーパー」既存店ベース売上高は、前年同期比で横ばい水準留 まった。ただ、当期間においても関東・中部地区でドミナント戦略継続 より、新規出店を5店舗、移転新装を1店舗実施し、2013年3月末時点で103 店舗と、前年同月比で3店舗増加したことが増収要因となった。ただ、期初 出店計画である15店舗は下回った。これは、首都圏を中心同形態食品スー パーなど出店競争が激しくなっおり、条件合致した物件が少なくなった ことによる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

PAGE 2 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求前年度比 17.2% 増の 3436 億円に林業の成長産業化 森林吸収源対策の推進を前面に 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求の概要 1. 総括表 区 分 平成 28 年度平成 29 年度当初予算額概算要求額 対前年度比 百万円 百万円 % 公

PAGE 2 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求前年度比 17.2% 増の 3436 億円に林業の成長産業化 森林吸収源対策の推進を前面に 平成 29 年度林野庁関係予算概算要求の概要 1. 総括表 区 分 平成 28 年度平成 29 年度当初予算額概算要求額 対前年度比 百万円 百万円 % 公

協会報 日本林業 2016年 8月号 P AGE 4 自民党農政推進協議会(座長:西川公也)は8月26日自由民主党本部で農林水産戦略調査 会、農林部会と合同会議を開催し、平成29年度農林関係予算概算要求と同年度農林関係税制改 正要望農水省重点事項について協議を行うとともに、平成29年度農林関係予算について、全国農業 協同組合中央会、全国農業会議所、全国土地改良事業団体連合会、日本酪農政治連盟、日本養豚協 会、日本林業協会農林関連6団体から団体要請を聴取した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

(2) 財政状態 ( 連結 ) の変動状況 ( 百万円未満切捨て ) 総資産株主資本株主資本比率 1 株当たり株主資本 百万円百万円 % 円銭 18 年 3 月期第 1 四半期 186, , , 年 3 月期第 1 四半期 187, ,93

4. 法人税等計上基準は法定実効税率基づき計算しおります。また税効果について は、連結調整項目を除い連結会計年度より原則見直しをしおりません。 5. 賞与引当金については、当連結会計年度繰入見込額を月割で計上しおります。 6. 経過・未経過勘定処理については、計算期間が概ね同じなど大きく変動しないもの

8 さらに読み込む

② 単位 百万円 末 末 前年度末比 前年度末比 15,889, ,625, , , ,97, ,381, , , 定期付養老保険 122,71 86.

② 単位 百万円 末 末 前年度末比 前年度末比 15,889, ,625, , , ,97, ,381, , , 定期付養老保険 122,71 86.

一般貸倒引当金 貸借対照表資産控除項目として計上しいる貸倒引当金一部であり、貸倒実績率等合理 的な方法により算出した貸倒れ見込額であります。 その他有価証券評価差額 売買目的有価証券、満期保有目的債券、責任準備金対応債券、子会社・関連会社株式以外で時価 ある有価証券等係る評価差額であります。貸借対照表純資産あるその他有価証券評価差 額金は、この評価差額から法人税等相当額を控除した後金額でありますが、ここでは控除金 額90%(マイナス場合は100%)相当額を表示しおります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

( 百万円 ) 期単独 期単独 期連結 14/12 期は ヶ月 ( 年 月 ) の変則決算 業績推移 売上高 ( 左軸 ) 営業利益 ( 右軸 ) 期予連結 期計連結 期計連結 ( 百万円 ) 伪パンデミック感染症領域への開発を加速化伪 ファイナンスで 2,000 百万円を調達 研究開発へ重点配分

子会社リステックが保有する動物実験施設を活用 (3) 子会社リブテックについて 同社は 2013 年 12 月抗体医薬開発企業リブテック株式を約 90 で取得し、 子 会社化した (出資比率 52.9%)。 リブテックは、 がん幹細胞に関する抗体医薬品開発を行っ おり、現在 2開発パイプラインを持っいる。 1 つはヤクルト本社と共同研究プロジェ クトである 「LIV-2008」 (がん治療用抗体、2011 年導出) で、もう 1 つリード抗体 「LIV-1205」 は、 現在、 製薬企業へ導出活動を継続中となっいる。 自社動物施設を保有しおり、 臨床開発能力を持っいるが特徴となる。 年間売上高としては 100 前後で、 利 益ベースでは数千程度損失となっいる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

人件費 7 億 6282 万円 6.6%( 前年度比 106.8%) 予備費 2000 万円 0.2%( 前年度比 37.1%) 予備費の減 義務的経費 16.9% 人件費の増 扶助費 7 億 7681 万円 6.7%( 前年度比 97.2%) 補助費等 31 億 791 万円 26.9%( 前年度

人件費 7 億 6282 万円 6.6%( 前年度比 106.8%) 予備費 2000 万円 0.2%( 前年度比 37.1%) 予備費の減 義務的経費 16.9% 人件費の増 扶助費 7 億 7681 万円 6.7%( 前年度比 97.2%) 補助費等 31 億 791 万円 26.9%( 前年度

■平成30年度主な事業状況 平成30年度は、住民サービス維持・拡充と財政健全化両立方針沿っ予算を編成しました。 以下記した事業は、歳出額が大きな科目30件です。 突出し予算額が大きいものはふるさと納税に関する経費となっいます。寄附金を積み立てる「ふるさ と寄附金基金積立金」40億、寄附者に対する「ふるさと納税謝礼品」24億、それ以外で予算額 として大きいものは子育て関連や福祉関連経費として「特定教育・保育施設型給付費(保育所運営費)」、 「児童手当」、「介護・訓練等給付費」3件で合計6億4983。一部事務組合などへ負担金とし 、「鳥栖三養基西部環境施設組合負担金」、「広域介護保険負担金」、「鳥栖三養基地区消防事務組合負 担金」、「後期高齢者医療広域連合療養給付費負担金」4件で合計5億4109。その他も特別会 計へ繰出金として「農業集落排水特別会計繰出金」2億5896、起債償還元金3億8429 となっいます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2. 訂正箇所 訂正箇所 サマリー情報 1. 平成 26 年 3 月期の連結業績 ( 平成 25 年 4 月 1 日 ~ 平成 26 年 3 月 31 日 ) (1) 連結経営成績 (% 表示は対前期増減率 ) 売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

負債合計は135,291となり、連結会計年度と比較し8,340減少となりました。これは 主として、借入金返済及び社債償還等により有利子負債が7,824減少したこと等によるものであ ります。 純資産合計は38,329となり、連結会計年度と比較し4,318増加となりました。これ は主として、剰余金配当により1,387減少しましたが、当期純利益2,598を計上したこと、退 職給付会計基準等改正により退職給付係る調整累計額を2,797計上したこと等によるものであり ます。
さらに見せる

19 さらに読み込む

2 金額 平成 24 年度末 平成 25 年度末 ( 単位 : 百万円 %) 金額前年度末比金額前年度末比 個人保険 16,965, ,444, 終身介護保険 111, , 終身保険 1,979, ,63

2 金額 平成 24 年度末 平成 25 年度末 ( 単位 : 百万円 %) 金額前年度末比金額前年度末比 個人保険 16,965, ,444, 終身介護保険 111, , 終身保険 1,979, ,63

 当社では、現状法定会計によって保険契約が将来にわたって企業もたらす価値を測定することは困難であり、 EVは生命保険会社企業価値を測定する指標として有用であると判断し、企業価値を評価するため社内尺度と しEVを位置付けおります。  EV開示については、当社を含むT&D保険グループ(以下、当グループ)を始め多く保険会社が市場整合的 なEVを公表しいます。このような市場整合的EVに関する基準として、欧州主要保険会社CFO(Chief‌ Financial‌Officer:最高財務責任者)から構成されるCFOフォーラムが、市場整合的なEV係る計算基準整合性 をさらに高め、ディスクローズ基準を統一する観点から、平成20年6月「The‌European‌Insurance‌CFO‌Forum‌ Market‌Consistent‌Embedded‌Value‌Principles ©1 (以下、MCEV原則)」を公表しおります。( 1 ‌Copyright‌ Ⓒ‌ Stichting‌CFO‌Forum‌Foundation‌2008)
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

4.【参考】通期業績予想 連結損益計算書(期初予想/前期実績) () (%) () (%) () (%) Ⅰ.売 上 高 465,353 100.0 479,900 100.0 14,546 3.1 A テ ー マ パ ー ク 事 業 384,602 82.6 397,340 82.8 12,737 3.3 ① ホ テ ル 事 業 63,173 13.6 65,940 13.7 2,766 4.4 ② そ 事 業 17,576 3.8 16,620 3.5 △ 956 △ 5.4 ③

14 さらに読み込む

歳出 一般会計の歳出については図表 2 図表 3のとおりとなっています ヷ普通建設事業費ヷヷヷ7 億 5,964 万円 前年度比 : 8,88 万円 (14.8%) 増 ヷ人件費ヷヷヷ 1,562 万円 前年度比 : 1,14 万円 ( 1.8%) 減 ヷ公債費ヷヷヷ 182 万円 前年度比 : 6

歳出 一般会計の歳出については図表 2 図表 3のとおりとなっています ヷ普通建設事業費ヷヷヷ7 億 5,964 万円 前年度比 : 8,88 万円 (14.8%) 増 ヷ人件費ヷヷヷ 1,562 万円 前年度比 : 1,14 万円 ( 1.8%) 減 ヷ公債費ヷヷヷ 182 万円 前年度比 : 6

市町村が任意で行う積立金です。(※財政上必要応じ、随時還付を受けることが可能です。) 災害による減収補てんや災害応急復旧事業費その他災害伴う費用など充てるため積立金で す。積立を行うことで、災害時は普通納付金2範囲内で借入を行うことができます。 ※平成26年度積立見込額は1億2,625であり、災害時は約2億5,000程度範囲で 借入を行うことが可能です。
さらに見せる

5 さらに読み込む

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

一方、タイ子会社を軸とするASEAN展開お いも、ソリューション提案が今後成長カギ となります。技術開発面や製造面で日本国内から 協力を受け、ローカルニーズを充足するカスタ マイズを図りつつ、現地リーディングカンパ ニーに対しては、より高付加価値な製品を提案し いきます。インド事業は先行投資状況が続い いますが、当社にとって川下領域となるRCS(レ ジンコーテッドサンド)を手掛けおり、事業ノ ウハウを獲得しつつ、早期軌道化を目指します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...