入室システムは71百万円増収(同7. 0%増)と

Top PDF 入室システムは71百万円増収(同7. 0%増)と:

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【通信ネットワーク・コンピュータシステムについて】 携帯電話やPC等を結ぶ通信ネットワークが、自然災害や事故(社内外の人的要因のものを含む)、急激なアクセスの集中等によって切断された場合に、当社グループの 事業及び業績に影響を与える可能性があります。コンピュータウィルスやハッカーの不正な侵入により通信ネットワークやコンピュータシステムに障害が発生した場合、 当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。計画を超えるユーザーの急激な増加等が発生した場合、設備投資の前倒しや計画よりも大きな費用負担が 発生し、当社グループの事業及び業績に影響を与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

3. 平成 30 年 12 月期の連結業績予想 ( 平成 30 年 1 月 1 日 ~ 平成 30 年 12 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円

当社の報告セグメント、当社の構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の 配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象なっているものです。 当社、「プリンティングインキ」、「顔料」、「液晶材料」、「ポリマ」、「リキッドコンパウンド」、「ソリ ッドコンパウンド」及び「アプリケーションマテリアルズ」の7つの製品本部を基本として組織が構成されており、 各製品本部単位で事業活動を展開しています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報テーマパーク事業が堅調であったことなどから 売上高は 266,787 百万円 ( 前年同期比 0.3% 増 ) となりました 加えて 同事業において固定費や人件費などが減少したことにより 営業利益は 37,285 百万円 ( 同 6.9%

定性的情報 財務諸表等 1. 連結経営成績に関する定性的情報テーマパーク事業が堅調であったことなどから 売上高は 266,787 百万円 ( 前年同期比 0.3% 増 ) となりました 加えて 同事業において固定費や人件費などが減少したことにより 営業利益は 37,285 百万円 ( 同 6.9%

テーマパークのゲスト1人当たり売上高、前年同期を若干上回りました。チケット収入、2006 年9月にチケット 料金改定を行ったことなどにより前年同期を上回りました。商品販売収入、東京ディズニーランド商品店舗リニューア ル工事の影響などにより前年同期を下回りました。飲食販売収入、前年同期を若干上回りました。 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで、オープン5周年ならではのプログラムや、東京ディズニーシーのスペ シャルイベント連動したプログラムなどを実施し、客室稼働率前年同期ほぼ同様なりました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

213 年 5 月 23 日 ( 木 ) 当期純利益は 6 期ぶりに過去最高益を更新し大幅増配 (1)213 年 3 月期決算 213 年 3 月期の連結業績は 売上高で前期比 8.5% 増の 82,623 百万円 営業利益で同 2.4% 増の 2,622 百万円 経常利益で同 3.4% 増の 2,

ちなみに、2013年3月末の正社員が約150名であったのに対し、パート・ア ルバイト従業員数約1,660名なっている。正社員主に10-15店舗をグルー プにしたエリアマネージャーとして担当エリアの統括を行うほか、店長として 複数店舗(2-3店舗)を担当するケースもある。また、人材登用策の1つし て、経験が長く優秀なパート従業員を店長に抜擢するという取り組みも行って おり、2013年4月に首都圏エリアで2人のパート店長が誕生している。メリッ トとして、パート従業員のほうが、実務上の店舗運営について正社員よりも 熟知しているケースが多いこと(正社員通常2年周期の転勤だが、新規出店 が集中する数カ月で移動することもある)、固定顧客を持っていること、商 品に関して消費者目線でみることができること、テナントとして入る店舗の実 力を正しく評価できること、などが挙げられる。店長に抜擢されたパート従業 員にとっても、役職手当や成果給などが加わることで、収入がアップするい うメリットがある。同社で今後もこうした優秀なパート従業員の人材登用を 進めていくことで、店舗ごとの収益を向上していく方針だ。
さらに見せる

13 さらに読み込む

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

一方、タイ子会社を軸するASEAN展開にお いても、ソリューション提案が今後の成長のカギ なります。技術開発面や製造面で日本国内から の協力を受け、ローカルニーズを充足するカスタ マイズを図りつつ、現地のリーディングカンパ ニーに対して、より高付加価値な製品を提案し ていきます。インド事業先行投資状況が続いて いますが、当社にとって川下領域なるRCS(レ ジンコーテッドサンド)を手掛けており、事業ノ ウハウを獲得しつつ、早期の軌道化を目指します。
さらに見せる

6 さらに読み込む

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

同社の今期の業績計画、 第 1 四半期から第 4 四半期にかけて、 尻上がりに収益が拡 大していく想定なっている。 具体的に、 売上高が毎四半期、 前四半期比約 300 増収という内容だ。 この 300 増収幅のうち、 200 程度を IT インフラ関連事業 が担っているというのが弊社の推測だ。 今下期も、 ストック収入について安定的な成長が 見込まれ、 この点でリスク小さい考えられる。 しかし、 この実現のために既存契約 分からのストック収入の自然だけで足りず、 新規契約・新規顧客の積み上げ不可欠だ。 新規顧客 ・ 新規契約の獲得、 フロー型ストック型の両方の商材で進められることにな るが、 フロー収入、 期間損益への単純な影響にとどまらず、 ストック収入のベースを底上 げするという側面もあり、 業績インパクトより大きい弊社でみている。 例として MFP の販売 (フロー) その後のカウンター収入 (ストック) の関係が典型的だ。 これに、 スター ティア光などの典型的ストック型商材の新規契約が組み合わさって業績を作っていくことにな るが、 ハードル決して低くなく、 計画に対して上下する可能性ある。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2.報告セグメントの変更等に関する事項 昨今の当社グループにおける事業の多角化及びグループ会社の増加に伴い、当社平成27年6月に本社を 移転し、グループ会社の拠点集約を行いました。これを機に、今後、更なるグループ経営の推進に取り組ん でまいりますが、事業構造やビジネスモデルごとに区分した経営情報の開示を行うことが適切判断し、当 第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの区分を従来の「メディアビジネス」1区分から、「マーケ ティングソリューション」「コンシューマサービス」の2区分に変更しました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

3. 平成 30 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 29 年 4 月 1 日 ~ 平成 30 年 3 月 31 日 ) (% 表示は 通期は対前期 四半期は対前年同四半期増減率 ) 親会社株主に帰属 1 株当たり売上高営業利益経常利益する当期純利益当期純利益百万円 % 百万円 % 百万円 % 百

静岡よみうりカントリークラブ、オープンコンペの開催数を増やし、コンペ誘致を積極的に実施いたしました。 また、レディスティを新設したほか、女性をターゲットにしたイベント「レディスゴルフフェスタ2016」などを開 催し好評を博しました。これらの結果、入場者増加いたしました。 千葉よみうりカントリークラブ、昼食付き料金などの料金施策が順調に推移したほか、女性向け料金「女子 割」や、女性用アメニティグッズの充実など、女性をターゲットした施策を強化いたしました。これらの結果、 悪天候による影響があったものの入場者前年並みに推移いたしました。
さらに見せる

19 さらに読み込む

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

Research Report by Shared Research Inc. 経常利益 30 百万円 ( 同 82.1% 減 ) 四半期純利益 12 百万円 ( 同 89.4% 減 ) 上記数値は百万円未満を四捨五入した数値であり 会社発表数値 ( 百万

2018年12月期通期会社予想に対する第1四半期実績の進捗率、売上高22.5%(2017年12月期実績に対する前第1四半期 の進捗率19.7%)、営業利益3.6%(17.8%)、経常利益3.0%(17.5%)、当期純利益1.8%(16.8%)なった。 前年同期比 2018年12月期第1四半期実績、売上高1,713(前年同期比60.9%)、営業利益3678.8%減)なっ た。売上高大幅増収なったが、ポイント投資コンテンツメディアでの積極的な広告投資、M&A等に係る一時的費 用により大幅減益なった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

伪伪 Check Point 2016 年 6 月期は大幅な増収増益で着地 他社提携による販路も順調に拡大 2017 年 6 月期は引き続き増収増益を見込む 世界展開の布石にも取り組む考え 2016 年 6 月期は初めて配当を実施 1 株当たり 22 円 ( 百万円 ) 連結業績推移 ( 百万円 )

伪伪 Check Point 2016 年 6 月期は大幅な増収増益で着地 他社提携による販路も順調に拡大 2017 年 6 月期は引き続き増収増益を見込む 世界展開の布石にも取り組む考え 2016 年 6 月期は初めて配当を実施 1 株当たり 22 円 ( 百万円 ) 連結業績推移 ( 百万円 )

伪 格安航空券予約販売サイトを運営、世界展開を含むシェ ア拡大事業領域拡大に挑む アドベンチャー <6030> 、 格安航空券予約販売サイト 「skyticket (スカイチケット)」 の運 営を主力している。 また、 「skyticket」 内にて、 各種旅行商品 (旅行保険、 ホテル、 レン タカー予約等) を取り扱うほか、 生活予約サービス (マッサージ、 歯科医院等) への拡充も 図っている。 LCC (Low-Cost Carrier : 格安航空会社) の躍進等を背景として横断検索の需 要が高まるなかで、 利便性 (ネットで 24 時間、 横断検索や予約が可能) や価格優位性 (低 価格商品の提供、 国際線の手数料が無料)、 多言語化 (18 ヶ国語対応) による価値提供 により事業を拡大してきた。 LCC だけでなく JAL (日本航空 <9201>) や ANA (ANA ホールディ ングス <9202>) などの大手を含め、 国内線 17 社、 国際線 400 社以上の幅広い航空券を取 り扱っているところにも強みを持つ。 顧客層の中心 20 代から 30 代であり、 50% を超える高 いリピート率を誇る。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

平成 28 年福島県の貿易概況のポイント ( 確定値 ) 1. 福島県の貿易概況 ( 前年比較 ) 輸出額:707 億 46 百万円 約 26 億円の増加 (3.8% 増 ) 輸入額:3,046 億 49 百万円 約 944 億円の減少 (23.6% 減 ) 輸出入合計:3,753 億 95 百万円

医薬品 KG 1,046 -38.1% 3,324,030 -33.2% -64.1% プラスチック MT 11,219 4.5% 2,750,257 -7.2% -8.3% 原料別製品 6,478,915 90.9% 119.6% ゴム製品 MT 9,044 2.5倍 3,389,981 2.4倍 76.6%  ゴムタイヤ及びチューブ KG 9,042,158 2.5倍 3,381,790 2.4倍 76.7%  (自動車用タイヤ及びチューブ) KG 9,042,158 2.5倍 3,381,790 2.4倍 76.8% 紙類及び製品 MT 2,522 2.9倍 387,110 2.6倍 9.3%  紙及び板紙 MT 2,331 3.3倍 374,354 2.8倍 9.3% 非金属鉱物製品 512,150 25.6% 4.1%  ガラス及び製品 406,326 4.4% 0.7% 鉄鋼 MT 275 79.7% 291,758 70.8% 4.7%  管及び管用継手 MT 189 4.6倍 268,375 2.0倍 5.3% 非鉄金属 MT 126 126.0倍 266,827 9.4倍 9.2% 金属製品 1,514,427 39.9% 16.8%  くぎ・ねじ・ボルト及びナット類 MT 46 12.2% 1,428,419 44.6% 17.1% 機械類及び輸送用機器 47,857,088 6.6% 115.6% 一般機械 41,034,503 11.0% 158.0%  原動機 KG 1,187,573 -2.9% 39,249,638 12.3% 166.4%  事務用機器 783,316 -10.8% -3.7%
さらに見せる

26 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 親会社株主に帰属する当期純利益 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきまして、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社の業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業のオウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高1,288(前年四半期比28.1%)、 セグメント利益109(前年四半期比168.5%なりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 輸入動向 長崎税関は 輸入数量 輸入価額ともに全国第 2 位 (10 間 ) 過去 10 間の輸入動向を見ますと 輸入数量 ( ) は 33 個 ( 対前 10 比 15.4% 減 ) 輸入価額 ( ) は 791 億 32 百万円 ( 同 81.0% 増 ) でした このうち長崎税関の輸入数

2. 輸入動向 長崎税関は 輸入数量 輸入価額ともに全国第 2 位 (10 間 ) 過去 10 間の輸入動向を見ますと 輸入数量 ( ) は 33 個 ( 対前 10 比 15.4% 減 ) 輸入価額 ( ) は 791 億 32 百万円 ( 同 81.0% 増 ) でした このうち長崎税関の輸入数

昨年、政府の「2013 年度から日本版全地球測位システム(GPS)の整備、衛星輸出 など宇宙分野の産業振興を掲げ 2020 年度に宇宙産業の規模を 2 倍の 14~15 兆に拡大 する。 」というニュースから始まり、 「イプシロンロケット試験機打ち上げ成功」 、 「アイ ソン彗星接近・消滅」、「若田光一さんが日本人初の宇宙船船長に」など宇宙関連の ニュースが多く見られた 1 年でした。

9 さらに読み込む

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

単位 :100 万ユーロ ,066 73,129 (9,891,835 百万円 ) (8,789,861 百万円 ) 前年比 (%) ドイツ国外の対売上高比 (%) ,264 (920,430 百万円 ) 6,911 (830,679 百万円 )

モビリティのネットワーク化 インターネットの一部としてアクティブに機能するクルマを目指して ボッシュ、ドライビング・エクスペリエンス をよりインテリジェントでスマートなものにす るため、車内外のシステムをネットワークに接 続させるソリューションを提供しています。モ ビリティネットワーク化により、ドライバー だけでなく同乗者にとっても、安全で環境に優 しく、経済的なものになります。代表的な製 品・テクノロジー:Vehicle-to-Vehicle(車車 間)およびVehicle-to-infrastructure(路車 間)通信、ユーザーフレンドリーなインフォテ インメントシステム、クラウドベースのネット ワーク化ソリューションなど
さらに見せる

68 さらに読み込む

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

3. 平成 28 年 3 月期の連結業績予想 ( 平成 27 年 4 月 1 日 ~ 平成 28 年 3 月 31 日 ) 売上高営業利益経常利益 親会社株主に帰属する当期純利益 (% 表示は 対前期増減率 ) 1 株当たり当期純利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期 7,

(マーケティングソリューションセグメント) マーケティングソリューションセグメントにおきまして、第1四半期連結会計期間よりファイブスターズゲー ム株式会社の業績を連結損益計算書に反映させております。また、当社において新たなマネタイズ施策としてクラ イアント企業のオウンドメディア構築を支援する「コンテンツマーケティング」を推進してまいりました。 以上の結果、マーケティングソリューションセグメントの売上高1,985(前年四半期比19.8%)、 セグメント利益227(前年四半期比67.2%なりました。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

2 無担保債権の一部支払い繰延べ不動産担保等により保全されていない無担保債権部分 276 億 33 百万円 ( 同 276 億 36 百万円から変更 ) について その一部 4 億 29 百万円 ( 同 4 億 30 百万円から変更 ) を 3 年間の支払い繰延べに変更していただきました 3 無担保

Ⅲ 事業再生計画の概要について 1. 事業再生計画の概要 (1)開発事業等からの撤退 当社過去の業績悪化の反省を踏まえて、投資関連事業、開発事業から撤退し、当社ビ ジネスモデルの原点である中古マンション再活事業へ集中してまいります。当社平成 19 年 8 月に連結売上高 1,607 億の業績見通しを発表し、その達成のため、不動産仕入を積 極的に行いました。そのとき、これまで手がけてこなかった土地の仕入れなどの開発案件 にも範囲を広げました。しかし、開発案件土地を仕入れてから建物を建設して販売する ため資金を回収するために長期間(物件によって 2 年や 3 年)を要し、資金繰りが逼迫 する一因なりました。
さらに見せる

6 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 28 年 8 月期 4, , ,324 7, 平成 29

  (次期の見通し) ① 次期の運用環境 世界の主要先進諸国で低金利下で緩やかな成長を継続する見通しです。ただし、短期的に米国の金利引き 上げや大統領選挙のような不確定要因を控えており、経済の不透明性継続する考えられます。ただし、積極 的な金融・財政政策が継続することによって、日本経済個人消費を中心に底堅く推移する予想されます。不 動産投資市場で、低金利の長期化を背景として旺盛な投資意欲が持続するほか、資本市場のボラティリティ上 昇も安定インカムを生む不動産への投資需要を支えるもの想定されます。ただし、経済および資本市場に関す る不確実性が長期化する場合に、優良な不動産への投資意欲が一段と高まり、一方で地方の低グレード不動産 への投資意欲が弱含む可能性がある点に留意が必要です。不動産施設市場で、先進的物流施設に対するテナ ントの旺盛な賃借意欲が引き続き見込まれますが、平成29年に向けて新規供給が増加する中でエリア別の需給バ ランスの格差がより鮮明になることが予想されます。
さらに見せる

35 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 29 年 7 月期 4, ,163 3, 年 1 月期 745 7

(注1)三井不動産の物流施設事業において、三井不動産グループ(注2)が掲げる「共生・共存」及び「多様な価値観の連繁」の理念の もと、オフィスビル事業及び商業施設事業等において培ってきた専門性が高くかつ先進的な管理・運営ノウハウ等に加えて、総合不 動産会社としての街づくりをはじめする革新的な先行事例を通じて培ったノウハウ等を取り入れるとともに、物流施設に関わる 様々な主体(テナント、物流施設で働く従業員及び地域社会)の時代に応じて変化する多様なニーズを取り込み、物流施設の空間提 供にとどまらず、既存の枠にとらわれない価値づくりを目指した取組みを続けています。本投資法人、このような取組みから実現 した物流施設のクオリティを「三井不動産クオリティ」呼称しています。
さらに見せる

38 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

営業面で、東上線東急東横線・横浜高速みなとみらい線の相互直通運転を活用 し、企画乗車券の販売や沿線観光地 の積極的な宣伝活動を実施したほか、沿線の大学連携した両毛地区のPR活動を実施するなど、誘客を促進いたしました。さ らに、東京スカイツリータウン連携した企画乗車券を販売するなど増収に努めました。 バス・タクシー業におきまして、東京駅等東京スカイツリータウンを結ぶスカイツリーシャトル4路線のダイヤ改正を実施 したほか、高速バスにおいてお客様のニーズに対応した運行路線の見直しを実施いたしました。
さらに見せる

9 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

販売契約別でクラウド型サービス(月額契約)の需要が好調に推移する一 方で、オンプレミス型サービス(ライセンス契約)に関しても11月にミサワホー ムの大型商談が決まるなど、特に第4四半期(9-12月期)に需要が拡大した。 ミサワホーム<1722>が導入したシステム、クラウドサービスを提供するAWS (アマゾンウェブサービス)上に「eセールスマネージャー」のシステムを構築 したもの。クラウドオンプレミス両方の長所を取り入れたシステムで、全体 の投資コストを最小限に抑えたい言う顧客ニーズを実現した。顧客にとって 、AWSを利用することによって低コストで高セキュリティ、拡張性のあるシ ステム環境上で、自社のニーズに合わせたソフトウェアにカスタマイズするこ が可能になるといったメリットが生じる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...